シンジ「やめてよ・・・」アスカ「うるさいわね、黙ってなさいよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「不幸だ」上条「それ俺のセリフ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:56:34.54 ID:TR5T733j0

シンジ「うぐっ」  ドゴォン

アスカ「・・・・」

シンジ「アス・・・ガァハッ」 バキッ

アスカ「チッ・・・・」

シンジ「やめてよ・・・・プェッ」 バチンッ

アスカ「うるさい!黙ってサンドバックになってなさいよ!」

シンジ(いつまでこんなことされるの・・・学校で・・・・)

 

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:01:23.12 ID:TR5T733j0

ヒカリ「アスカー、なにして・・・・またやってるの?」

アスカ「ヒカリ、どうしたの」

シンジ「ハァ・・・ハァ・・・」ガクッ

ヒカリ「一緒に帰ろうと思ったんだけど、まだ続けるの?」

アスカ「・・・もういいわ、帰る。」スタスタ

シンジ「・・・クソッ・・・クソォ・・・・ウゥ・・・」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:06:46.59 ID:TR5T733j0

シンジ「アスカ・・・あいつが来てから全部狂ったんだ・・・」

   「僕がムカつくからって・・・殴ってばかりで・・・・」

   「トウジたちはいつも通り接してくれるけど・・・」

   「女子からはひどいいじめを受けるようになった・・・」

   「あいつのせいで・・・はぁ・・・帰ろう僕も・・」スタスタ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:13:53.69 ID:TR5T733j0

家に帰宅後・・・

シンジ「ハァ・・・家に・・・入りたくないな・・・」ガチャッ

   「!!・・・委員長来てるの・・・・・・」

アスカ「遅かったじゃないの」スタスタ

シンジ「!!!!!!・・・・ちょっと寄り道してて・・・」

アスカ「いちいち言い訳すんじゃないわよ!」ドゴッ

シンジ「グファッ・・・クッ・・・」

アスカ「早くアタシの前から消えてくれないかしら?」

ヒカリ「もぅ・・・シンジくん早く消えなさいよ・・・邪魔・・・」

シンジ「・・・・ハィ・・・」スタスタ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:21:15.57 ID:TR5T733j0

シンジ「・・・」ガチャッ

   「自分の部屋なのに・・・落ち着かないな・・・」

   「なんだよ・・・なんでこんな目に遭わなきゃ・・・グスッ」

アスカ「ちょっとシンジ、こっちきなさいよ」ガチャッ

シンジ「!!!・・・・な・・・何・・・」

アスカ「いいからこっちきなさいって言ってんのよ!」ガシッ

シンジ「痛ッ痛ぃ!髪掴まないで!放してよ!」

アスカ「うっさい」バキッバキッドゴッドシャッ

シンジ「ウッ・・・・・」ガクン

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:28:52.96 ID:TR5T733j0

シンジ「ウ・・・ゥン・・・・!!!」

   「なん・・・で僕、裸・・・に・・・縛られてるの・・・」

アスカ「なんかムカつくからヒカリと一緒にアンタの体に落書きするの」

ヒカリ「そういうこと。じゃあ早速♪」

アスカ「あ、だめよヒカリいきなり下から書いちゃ、顔から書かなきゃw」

ヒカリ「ごめんごめんw」

シンジ「ア・・・ァ・・・・・やめッ・・・・」ガタガタッ

ヒカリ「ちょっと動かないでよ!」バチンッ

シンジ「ウッ・・・・」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:33:00.83 ID:TR5T733j0

シンジ(僕・・・今何されてるんだっけ・・・)

   (ああ・・・体中落書きされてるんだっけ・・・)

   (アスカだけじゃなくて委員長にまで・・・いつものことか・・・)

   (だれか・・・だれか助けてよ・・・・)

ミサト「ただいまぁ」

アスカ・ヒカリ「えっ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:42:59.50 ID:TR5T733j0

ミサト「あれ?誰か遊びにきてるの・・・!」

アスカ「あ・・・これは・・・・その」

ミサト「アスカ・・・そっちの子も・・・何してるの・・・」

シンジ「ミサト・・・さん・・・」

アスカ「シンジがこういうことしてほしいからってしかたなく!」

ミサト「シンジ君・・・・そうなの?」

シンジ「・・・・・!」ビクッ

アスカ(あんた・・・違うって言ったらどうなるか分かってる?)

シンジ「・・・はい」

ミサト「・・・ともかく、今日はもうやめなさい。」

   「あなたも、もう帰りなさい」

ヒカリ「は、はい・・・アスカ、じゃあね」スタスタ



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:50:29.07 ID:TR5T733j0

ミサト「とりあえずシンジ君、体洗ってきなさい」

シンジ「・・・はい」スタスタ

ミサト(体中に・・・目立たないけど軽いアザが・・・たくさん・・・)

アスカ「ちょっとあたしが先に入るからあんた後からはいりなさいよ」

シンジ「・・・・」

ミサト「アスカは後で入りなさい、シンジ君はやく入ってらっしゃい」

シンジ「はい・・・」スタスタ

アスカ「チッ・・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:56:54.87 ID:TR5T733j0

シンジ「ハァ・・・インク・・・落ちないや・・・」

   「家出しても・・・結局連れ戻されるだけだし・・・」

   「ミサトさんも・・・何が『今日はやめなさい』だよ・・・」

   「委員長も・・・アスカが来るまであんなじゃなかったのに・・・」

   「どうして・・・どうして僕だけが!」

   「いっそのこと・・・アスカを・・・いや、やめよう・・・」

   「どうせそんな勇気も出ないだろうし・・・」 

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:02:41.26 ID:TR5T733j0

翌日、学校・・・・
シンジ「ウッ・・・ウッ・・・カハッ」

アスカ「今日はこれくらいにしてあげる」スタスタ

シンジ「・・・・あ・・・」

レイ「・・・どうしてやり返さないの?」

シンジ「見てたの?・・・やり返したら何されるかわかんないよ・・・」

レイ「そう・・・・」スタスタ

シンジ「綾波・・・・・・!」

ヒカリ「シンジ君・・・あの・・・」

シンジ「ぇ・・・な、何」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:06:50.74 ID:TR5T733j0

ヒカリ「もう・・・アスカは帰ったでしょ?」

シンジ「ぅ・・・うん」

ヒカリ「口から血が・・・保健室・・・行こう?」

シンジ「ぇ?・・・なんで・・・・」

ヒカリ「傷口からばい菌が入ったらいけないから・・・」

シンジ(なんでこんなに・・・優しいの?)





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:18:04.20 ID:TR5T733j0

シンジ「痛ッ・・・ィ・・・」

ヒカリ「動いちゃ駄目・・・ごめんねシンジ君・・・」

シンジ「・・・・ぇ?」

ヒカリ「ホントはね・・・あんな事・・・したくなかったんだ・・・」

   「アスカが怖いから仕方なく・・・みんなだってそうよ?」

シンジ「・・・・そうなんだ・・・いや・・・なんとなくわかってた。」

   「でもなんで・・・今頃そんなことを?」

ヒカリ「・・・まさかあんな事までするとは思わなくって・・・」

   「もう我慢の限界だったの・・・本当にごめんね・・・」

シンジ「いいよ・・・別に・・・・」

ヒカリ「・・・その・・・お詫びに何か・・・・・」

   「・・・なんでもひとつ言う事聞いてあげる」

シンジ「・・・何でも・・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:23:23.37 ID:TR5T733j0

シンジ(なんでも・・・か。何にしようかな・・・・)

   (・・・僕の童貞・・・もらってくれるかな・・・)

   (いや・・・こんなこと頼むのは駄目だ・・・)

   (・・・でもなんでもって言ってるし・・・・)

   (・・・『見る』だけなら・・・いいよ・・・ね・・・)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:26:03.80 ID:TR5T733j0

シンジ「・・・委員長の裸・・・見てみたい・・・」

ヒカリ「え!・・・わ、わかった・・・」

   「そうよね・・・私もシンジ君の裸見ちゃったし、」

   「これで・・・おあいこだよね。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:32:25.42 ID:TR5T733j0

ヒカリ「・・・どう?」

シンジ(委員長の裸・・・すごくきれいだ・・・)ドクンッ

   (乳首が立ってる・・・すごいきれいだな・・・)ドクンッ

   (くびれも・・・くっきりしてて・・・)ドクンッ

ヒカリ「・・・下も脱ぐね・・・」

シンジ「!!!!!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:39:35.95 ID:TR5T733j0

ヒカリ「脚・・・開いた方がよく見えるよね?」プルプルッ

シンジ(・・・委員長の・・・あそこ・・・・)ドクンッドクンッ

   (ピンク色・・・・・・すごくエッチだな)ドクンドクンッ

   (あ・・・この小さい豆みたいなの・・・クリ○リス・・・)ドクンッ

   (あれ?・・・濡れてる・・・委員長・・・感じてるの)ドクンドクンッ


シンジ「委員長・・・・ハァハァ・・・」シコシコ

ヒカリ「・・・なに?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:45:34.00 ID:TR5T733j0

シンジ「僕・・・やっぱり見るだけじゃ・・・我慢できない・・・」シコシコ

ヒカリ「・・・じゃあ・・・・挿れてみる?」

シンジ「委員長・・・いいの?」

ヒカリ「うん・・・いいよ。」

シンジ「委員長!」ガバッ




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:52:36.70 ID:TR5T733j0

ヒカリ「痛・・・ん・・・」

シンジ「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」パンパン

ヒカリ「シンジ君・・・気持ちいい?」

シンジ「すごく・・・気持ちいいよ。委員長・・・大丈夫?」

ヒカリ「大丈夫だよ・・・もっと・・・動いてもいいよ?」

シンジ「じゃあ・・・」パンパンパンッ

ヒカリ「あっ・・・んんっ・・・っ」

シンジ「委員長・・・僕もう・・・・」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:03:15.45 ID:TR5T733j0

ヒカリ「・・・中に出してもいいよ・・・」

シンジ「え!・・・でも中に出したら・・・」

ヒカリ「・・・シンジ君が今まで味わった痛みに比べれば・・・」

シンジ「いいんちょ・・・・ウッ」ヌポッ ドピュドピュッ

ヒカリ「どうして外に・・・出したの?」

シンジ「・・・僕の童貞もらってくれただけで十分だよ。ありがとう」

ヒカリ「シンジ君・・・ごめんね・・・グスッ」

シンジ「そろそろ・・・帰ろうか?」

ヒカリ「・・・・うん」






38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:12:28.77 ID:TR5T733j0

帰宅中・・・・

シンジ「じゃあ・・・僕、こっちだから・・・」

ヒカリ「あ、うん・・・じゃあね。・・・あのシンジ君・・・」

シンジ「・・・どうしたの?」

ヒカリ「あのね、もしも・・・・またヤリたく・・・なったら・・・」

   「いつでも・・・・言ってね。あ・・・アスカの前以外でね・・・」

シンジ「うん・・・ありがと。じゃあまたね。」

ヒカリ「また明日!」スタタッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:27:17.73 ID:TR5T733j0

帰宅・・・

シンジ「委員長と・・・しちゃった・・・」

   「たまには・・・いい事もあるんだな・・・でも・・・」ガチャッ

アスカ「・・・今日は随分遅かったじゃない?何してたのよ」

シンジ「・・・・別に何だっていいだろ?」

アスカ「!あんた誰に口きいてんのよ!ええッ!」バキッ

シンジ「カフッ・・・・・・」

アスカ「あんた・・・明日から学校でどうなるか覚えてなさいよ」ドゴッ

シンジ「ウッァ・・・・チッ」ゴホゴホッ

アスカ「・・・今日は随分生意気ねあんた・・・・イラつくわね」ボゴォン!

シンジ「グァッアアアアアアアアアアアア!!」

アスカ「今度そんな態度とったら・・・殺すからね?」スタスタ

シンジ「グッ・・・ウゥゥ・・・頭から血が・・・止血しなきゃ・・・」フラフラ

   「ミサトさんは・・・帰ってないよね・・・ハァ・・・」

   「幸せ・・・使いすぎたかな・・・グスッ・・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:36:23.90 ID:TR5T733j0

シンジ「・・・明日から・・・もっとひどい目にあうんだろうか・・・」

   「・・・ちょっと・・・調子に乗りすぎたかな・・・」

   「僕が・・・意見しちゃだめなのかな・・・」

   「結局・・・僕は不幸になるのかな・・・ハァ・・・」

アスカ「シンジ、ちょっと来なさいよ」ガチャッ

シンジ「・・・なんだよ・・・」

アスカ「・・・ッ・・・」ガシッ

シンジ「グッ・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:46:57.38 ID:TR5T733j0

アスカ「あんた今日はホント生意気ね・・・」バキッ

シンジ「ゲホッ・・・・・・」

アスカ「あたしにあんな口聞いて・・・ただで済むと思ってんの?」バキャッ

シンジ「ガハッ・・・ウゥ・・・」ガクッ

アスカ「アァ・・・イライラするわねぇ!」ドゴッドゴッドゴッドゴッ

シンジ「ウッ・・・ウッ・・・アスカ・・・」ガクガクッ

アスカ「もういい・・・早く消えて、」バキッ

シンジ「・・・・・」ガクガク

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 23:53:36.24 ID:TR5T733j0

翌日、学校休み時間・・・・

シンジ「痛ッ・・・ガァ・・・ウウウウ!」ガクガク

アスカ「みんなぁ・・・こいつのこと蹴りまわそうよ」グリグリッ

女子たち「・・・うん、」ゲシッゲシッ

トウジ「おい・・・さすがにやり過ぎやぞ、やめたれや。」

アスカ「あんたは黙ってなさいよ。それとも・・・あの事ばらされたいの?」

トウジ「ッ・・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:01:35.86 ID:aIXFdcWG0



委員長(ごめんね・・・シンジ君)ゲシッ

シンジ(委員長・・・わかってるよ・・・・)

アスカ「ハァ・・・なんかまだイライラするな・・・」ドスッ

シンジ「ッ・・・お腹っ・・・踏まないでぇ・・・」

アスカ「うっさいわね・・・じゃあ土下座してごめんなさいっていいなさいよ」グリグリッ

シンジ「・・・・・・」

綾波「・・・・それくらいにしておいたら?先生来るわよ。」

アスカ「・・・チッ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:07:41.51 ID:aIXFdcWG0

放課後・・・・

アスカ「トウジ・・・あんた自分の立場わかってんの?」

トウジ「どういう・・・意味や」

アスカ「あんた自分の妹相手に・・・あんな変態な事しといてさぁ・・・」

   「あんたがバラすなっていうから黙ってあげてるのに・・・・」

トウジ「ッ・・・せやかて・・・・あれはやり過ぎなんちゃうか?」

アスカ「はぁ・・・これ以上出過ぎた真似したら・・・みんなにバラすよ?」

トウジ「・・・ゎ・・わかった・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:14:29.90 ID:aIXFdcWG0

同刻、保健室・・・・

シンジ「いッ・・・つぅ・・・」

ヒカリ「ごめんね・・・いつもこんな目になって・・・」

シンジ「いいよ・・・仕方ないし・・・気にしてないから」

ヒカリ「シンジ君・・・・」

シンジ「あの・・・委員長・・・・その・・・もう一回・・・」

ヒカリ「・・・したくなったの?」

シンジ「ぅ・・・うん・・・・」

ヒカリ「・・・・いいよ。」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:26:16.30 ID:aIXFdcWG0

ヒカリ「ん・・・んふ・・・ん・・・」ジュパッジュパッ

シンジ「委員長の口・・・すごく気持ちいい・・・」ビクッビクッ

   「もう・・・い・・・イク!!」ドピュッ

ヒカリ「ん・・・ん!・・・いっぱいでたね・・・」ゴク

シンジ「・・・今日はもうこれくらいでいいよ。」

ヒカリ「え?・・・もういいの?」

シンジ「早く戻ったほうがいいよ・・・アスカと帰る約束してたでしょ?」

ヒカリ「うん・・・じゃあ、行くね。」ガチャッ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:33:48.15 ID:aIXFdcWG0

帰宅中・・・

プルプルッ
シンジ「携帯・・・めずらしい・・・だれだろ」ピッ

ミサト「あ、シンジ君今日シンクロテストあるから、昨日言うの忘れてた、ゴメ」

シンジ「・・・わかりました。」ピッ

   「・・・いかなきゃ・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:43:07.00 ID:aIXFdcWG0

ネルフ、自動販売機前・・・
アスカ「あ〜あ、やっとテスト終わった。シンジ、ジュース」

シンジ「・・・綾波、ジュース」

レイ 「ありがとう」

アスカ「何無視してんのよ!」バシッ

シンジ「ウッ・・・・」

レイ 「アスカ・・・あまりやり過ぎは良くないわ。」

アスカ「なにあんた、あたしに指図するの?人形のくせに」

レイ 「パイロットが万全じゃない状態で使徒と戦うのは危険」

アスカ「いいじゃない別に、こいつが死んでもあたしがいるんだから」

レイ 「作戦に支障が出る、だからやり過ぎはよくない」

シンジ「綾波・・・」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:49:37.85 ID:aIXFdcWG0

アスカ「ハイハイわかりました。ったくなんなのよ」スタスタ


シンジ「綾波・・・ありがとう」

レイ 「私はただ事実を言っただけ。じゃあ、私帰るから」スタスタ

シンジ「・・・僕も帰ろう・・・ん?あれは・・・」

カヲル「やぁ、シンジ君」

シンジ「!・・・なんで僕の名前を?」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 00:58:30.62 ID:aIXFdcWG0

カヲル「一応、僕もここの関係者だからね。」

シンジ「そう・・・なんだ。」

カヲル「だから挨拶しに来たんだ。」

シンジ「ああ・・・でも関係者ってどういうこと?」

カヲル「僕もパイロットなんだ。」

シンジ「え?そうなんだ・・・・」

カヲル「これからテストがあるから、今日はもうお別れだね。」

シンジ「じゃあ、さよなら・・・」スタスタ

カヲル「フフ・・・ガードの固そうな人だな・・・シンジ君」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 01:05:46.09 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校休み時間・・・
アスカ「昨日は監視の目があったからきつくしなかったけど・・・」ドゴォン

シンジ「うっぁああああああああああ」ボタボタッ

女子たち「・・・」ザワザワ

トウジ「アスカッ何しとるんや!血ィ出とるやないか!」

アスカ「ちょっと血が垂れてるだけじゃない。」

シンジ「トウジ・・・いいよ・・・いつものことだから」フラフラ

アスカ「ほら、こう言ってるし・・・それに口挟むなって言ったはずよ?」

トウジ「ッ・・・・クソッ」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 01:12:08.76 ID:aIXFdcWG0

HR・・・・
先生「明日、転校生が来ますから。」

一同「・・・」ザワザワ

先生「以上、ほかに何かありますか?おや・・・シンジ君、額から血が・・・」

シンジ「いえ、たいしたことないので・・・」

先生「ともかく保健室に行ってきなさい。では、HR終了。」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 01:18:50.60 ID:aIXFdcWG0

放課後、保健室・・・

シンジ「ハァ・・・・」

ヒカリ「大丈夫?結構血が出てるし・・・病院行ったほうが・・・」

シンジ「大丈夫だよ、家だったらこれ以上ひどい目に遭ってるから・・・」

   「ありがとう、手当てしてくれて・・・帰ろうか、アスカはもう帰ったみたいだから」

ヒカリ「うん、そうだね。・・・ねぇ・・・手、つないで帰ろ?」

シンジ「え!?・・・ぅん・・・いいよ。」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 01:27:19.16 ID:aIXFdcWG0

帰宅中、寄り道・・・

ヒカリ「そこの公園で休まない?」

シンジ「そうしよっか」

ヒカリ「ふぅ・・・・」

シンジ「あの・・・いつもありがとう、手当てしてくれて」

ヒカリ「え・・・いいよ、これくらいしかできないから・・・///」

シンジ「それでも、十分過ぎるほど嬉しかったんだ・・・」

ヒカリ「シンジく・・・あ、また血が垂れて・・・ハンカチは・・・」ゴソゴソ

   「ちょっとこっち向いて、」フキフキ

   「シンジ君・・・キス・・・する?」

シンジ「!・・・いいよ・・・・///」

ヒカリ「ん・・・・」

シンジ「ん・・・・ふっ・・・・」

   「そろそろ・・・・帰ろっか。」

ヒカリ「うん。」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 01:37:07.20 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校・・・
シンジ「・・・・・」

アスカ「ああもうイライラするわあんた見てると」バキッ

シンジ「ハァ・・・・ハァ・・・・」

女子たち「さすがにやり過ぎよね・・・もう見てらんないよ・・・」ヒソヒソ

アスカ「何?あんたたち文句でもある訳?」

女子たち「・・・・」

シンジ「・・・・ハァ」

アスカ「・・・なにため息ついてんのよこの馬鹿シンジ!」ゴシャッ

シンジ「!!グハッ」ボタボタッ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:00:05.41 ID:aIXFdcWG0

シンジ「う・・・がッ・・・・・・」ドサッ

女子たち「もう・・・いや・・・・」ザワザワ

トウジ「シンジ!シンジ!・・・おい失神しとるぞ!ちょっと保健室運んでくる!」

アスカ「もう・・・別にほっといてもいいのに」

トウジ「・・・お前・・・正気か?シンジこんなボロ雑巾にして・・・・」

アスカ「だからぁ、そいつが最近生意気だからヤキ入れてるだけだって。」

トウジ「・・・もうええ、保健室運んでくる。」ダダダッ


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:08:29.10 ID:aIXFdcWG0

シンジ「ん・・・あれ・・・トウジ・・・」

トウジ「シンジ!目ぇさめたか!・・・・すまん、助けれんくて・・・」

シンジ「いいよ・・・トウジ・・・アスカに何か弱み握られてるんでしょ・・・」

トウジ「・・・・」

シンジ「トウジのためにも・・・僕を助けようなんて、思ったらだめだよ・・・」

トウジ「でもっ・・・ワシはっ!もう限界なんじゃ!・・・くッ・・・」

シンジ「トウジ・・・・」キーンコーンカーンコーン

   「ほら・・・もう授業が始まるよ。僕の事はいいから、教室に戻って。」

トウジ「・・・すまん・・・シンジ・・・」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:22:11.14 ID:aIXFdcWG0

放課後、体育館裏・・・・

アスカ「トウジ・・・口挟むなって言ったのに」

トウジ「・・・もうみんな我慢の限界なんや・・・もう終いにしようや」

アスカ「終わりに?・・・あんただけ終わりにしてあげてもいいのよ?」

トウジ「!・・・バラす・・・のか・・・」

アスカ「だって、そんな反抗的な態度取るんだったら、うっかり口から・・・」

トウジ「・・・クッ・・・」

アスカ「フフ・・・自分の妹襲うなんて・・・とんだ変態お兄さんね。」

トウジ「違う!・・・あれはっ・・・妹から・・・」

アスカ「それにしても、ヤったことにかわりはないでしょ?」

トウジ「ウッ・・・・・・・」

アスカ「あんたの・・・そのチ○ポで・・・襲ったんでしょ?」

トウジ「・・・・・・」

アスカ「まぁ、バラさない条件がないわけでもないのよ?」

トウジ「・・・・なんや条件て・・・・」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:28:27.87 ID:aIXFdcWG0

アスカ「毎日ここで、そのチ○ポをあたしの足でしごくの」

トウジ「!・・・なんでや・・・・・・・」

アスカ「あたし、これでもあんたのこと気に入ってるの。だからよ?」

トウジ「意味が・・・分からんわ・・・・」

アスカ「だから・・・これくらいで譲歩してあげるって言ってるの、分かる?」

トウジ「・・・・」

アスカ「いいわね、毎日だから。じゃあね」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:35:05.73 ID:aIXFdcWG0

同刻、保健室・・・
ヒカリ「・・・シンジ君・・・わたし・・・もう・・・」ギュッ

シンジ「・・・大丈夫だよ・・・・」ギュッ

ヒカリ「でも!・・・このままじゃ・・・シンジ君が・・・グスッ」

シンジ「アスカのことは・・・僕が自分で何とかするから・・・泣かないで」

ヒカリ「・・・少しの間だけ、抱きしめたままでいさせて・・・・」ギュッ

シンジ「・・・・・」ギュッ

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:42:33.13 ID:aIXFdcWG0

帰宅・・・・

シンジ「・・・・」ガチャ

   「早く・・・部屋に・・・!」ドンッ

アスカ「チョロチョロ鬱陶しいわね。どきなさいよ」ドンッ

シンジ「ッ・・・・・・・・・・」ガチャ

   「・・・・そういえば先生、転校生が来るって言ってたのに・・・」

   「転校なくなったのかな・・・・・・どうでもいいか・・・寝よう」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:50:32.97 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校・・・
先生「先日、転校生が来るはずだったのですが諸事情のため、」

  「今日登校することになりました・・・カヲル君、自己紹介を」

一同「あいつ・・・けっこうカッコいいな・・・」ザワザワ

カヲル「どうも、渚カヲルです。よろしく」

シンジ「あ・・・あの人・・・」

カヲル「先生、あの席が空いているのであそこに座ってもいいですか?」

先生「ああ、いいですよ」




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 08:55:00.01 ID:aIXFdcWG0

カヲル「よろしくね、シンジくん。」

シンジ「うん・・・でも転校生って君だったんだね。」

カヲル「ちょっとテストが長引いてね、今日登校する事になったんだ。」

シンジ「そうなんだ・・・でも、学校で僕と仲良くしないほうがいいよ・・・」

カヲル「どうしてだい?」

シンジ「それは・・・すぐにわかるよ・・・」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:03:25.11 ID:aIXFdcWG0

学校、休み時間・・・
アスカ「ねえあんた、カヲル・・・だっけ?シンジ仲良くなろうなんて・・・」

   「思わないほうがいいわよ?」

カヲル「どうしてだい?」

アスカ「こいつと仲良くしたら、あんたもこういう目に遭うって事よ」バキッ

シンジ「ゲホッ・・・ゲホッ・・・」

カヲル「!・・・そうか、シンジ君・・・君の体のアザはアスカさんがつけたものなんだね?」

シンジ「・・・・・」

カヲル「それにしても・・・許せないね、シンジ君にこんな事するなんて」

アスカ「・・・・転校生のくせに生意気いうじゃない」ガシッ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:13:21.71 ID:aIXFdcWG0

カヲル「いきなり胸倉をつかむなんて・・・野蛮だね」

アスカ「あんた・・・どうなるかわかってんでしょうね。」ギリッ

カヲル「手を放してくれないか?携帯が鳴っているんだ。」ピッ

   「カヲルです・・・はい、わかりました、すぐにいきますよ。」

アスカ「ちょっと!まだ話は終わってないわよ!」ガッ

カヲル「邪魔だよ、君の相手をしているほど暇じゃないんだ僕は」ドンッ

アスカ「キャッ・・・いたた・・・」ドサッ

   「なによあいつ・・・なんなのよ!」バンッ

女子たち「・・・」ザワザワ

ヒカリ(シンジくん・・・)

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:21:26.10 ID:aIXFdcWG0

放課後・・・
アスカ「クッ・・・なによあいつ・・・何よあいつ!」グリグリ

トウジ「ん・・・くっ・・・・ん・・・」ハァハァ

アスカ「トウジ、あんた何?足で気持ちよくなってるの?ホント変態ね」

トウジ「グッ・・・」ハァハァ

アスカ「まあ妹に腰ふる変態だから・・・こういうことでも感じるよね。」グリグリ

トウジ「アスッカ・・・もう出てまう」ドピュッ

アスカ「・・・ホント変態ねあんた、あーすっきりした。じゃあねー」スタスタ

トウジ「・・・いつか殺したる・・・絶対にっ・・・クソ・・・」ギリッ




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:28:06.89 ID:aIXFdcWG0

ネルフ、シンクロテスト後・・・

シンジ「カヲル君・・・僕と仲良くしちゃ駄目って・・・言ったのに」

カヲル「なぜ、そんな事をいうんだい?僕は君と仲良くなりたいんだ。」

シンジ「だって・・・このままじゃ、カヲル君まで標的に・・・」

カヲル「君と仲良くなれるならそれでもいいさ。」

シンジ「カヲル・・・君・・・でも・・・」

カヲル「明日からもよろしく頼むよ、シンジ君」

シンジ「うん・・・よろしくね。」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:39:00.02 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校昼休み・・・ついに保たれた均衡は崩れていく・・・

シンジ「ゥア゛ッ・・・・」ゴホゲホ

アスカ「いちいちあたしの前に立つんじゃないわよ」バシッ

カヲル「アスカさん、いつまでそんな野蛮な事をするつもりだい?」

アスカ「またあんた・・・いちいち口挟むんじゃないわよ!」ブンッ

カヲル「そんな生半可な攻撃で・・・」ガシッ

アスカ「!、ちょっとはなしなさいよ!」ジタバタ

カヲル「みんなも・・・いい加減、うんざりしてるんじゃないかい?」

一同「・・・・」ザワザワ

カヲル「どうやら、君は一人のようだね」

アスカ「・・・何言ってんのよ、みんなそんなわけないでしょ。」



トウジ「・・・・もう、たくさんや・・・」ボソッ



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:44:25.54 ID:aIXFdcWG0

アスカ「あ?トウジ・・・何か言った?」

トウジ「もうたくさんや、言うたんや・・・」

アスカ「へぇ・・・そんなこといっていいと・・・」

ヒカリ「もうやめてアスカ!」

アスカ「!!・・・・何言ってのヒカリ・・・あんたも一緒にしたじゃない」

ヒカリ「それは・・・アスカが怖くて・・・でももういやなの!」

アスカ「あんたたち、二人ともどうなるかわかってんでしょうね・・・・」


シンジ「やめろよアスカッ!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:54:20.76 ID:aIXFdcWG0

シンジ「・・・委員長やトウジに手を出したら・・・僕が許さない・・・」

アスカ「・・・ッ生意気いってんじゃないわよ!!!!!」ゴォッ

カヲル「見苦しいよ、アスカさん」ガシッ

アスカ「ッつ・・・放しなさいよッ!放せ!」

カヲル「今日からいじめられるのは・・・『君』だよ」

アスカ「何言ってんの・・・ウッ」バチンッ

カヲル「今までシンジ君が受けた痛み、味わってみるかい?」

アスカ「なに・・・ょ・・・・」ガタブル

トウジ「もう、お終いやで、アスカ。」

アスカ「なによ・・・なんなのよ・・・」ブルブル


レイ 「・・・自業自得ね」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 09:59:02.99 ID:aIXFdcWG0

帰宅中、公園・・・
アスカ「ヒカリ!なんでアタシを裏切ったのよ!」ガッ

ヒカリ「ッ・・・・もういやだったの・・・シンジ君いじめるの・・・・」

アスカ「善人気取ってんじゃないわよ!」バキッ

ヒカリ「ィッ・・・・」


シンジ「あれは・・・アスカと・・・・委員長!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:02:44.30 ID:aIXFdcWG0

アスカ「ヒカリがッ・・・ヒカリが裏切るから・・・」

   「みんなあたしから離れていっちゃったじゃない!」ドンッ

ヒカリ「ウッ・・・ケホケホ」ドサッ

アスカ「あんたのせいで!」

シンジ「やめろ!アスカ!」

アスカ「!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:08:45.56 ID:aIXFdcWG0

シンジ「委員長に手を出したら・・・許さないって・・・言っただろ」

アスカ「邪魔よあんた!あたしは今ヒカリに用があるの!」

シンジ「委員長・・・大丈夫?・・・!口から血が・・・」

ヒカリ「大丈夫・・・あたしも・・・自業自得だから・・・」

アスカ「無視してんじゃないわよ!」ブンッ

ヒカリ「きゃあああああ!」シンジ「!」ザッ

シンジ「グッ・・・」ガクッ

ヒカリ「シンジ君!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:18:02.47 ID:aIXFdcWG0

ヒカリ「大丈夫シンジ君!シンジ君!」

シンジ「大・・・丈夫。肩に石が当たっただけだよ・・・」

ヒカリ「アスカッ・・・もう・・・もうやめて!」

アスカ「・・・ああ、そうか、シンジ・・・全部あんたが悪いのよ・・・」

ヒカリ「アス・・・カ・・・」

アスカ「あんたがいなければこんな事にはならなかったのよ・・・」

   「あんたがいなければ!うあああああああ」

アスカの手にはナイフが持たれていた、シンジたちはまったくの丸腰。
シンジはもう死んでも仕方ないか、と半ば諦めていた。

アスカ「あんたが死ねば全部元通りにぃぃぃ・・・!」

レイ 「碇君が死ぬのは駄目」ガシッ

アスカ「レイッ!あんたなんでここに・・・」





120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:24:23.43 ID:aIXFdcWG0

レイ 「なんでこんなことをするの?」

アスカ「シンジが・・・シンジがいなければこんな事には!」

レイ 「それはあなたの勝手な思い込み。」

アスカ「何よあんたまで!」

レイ 「それより碇君、シンクロテストがあるから。それを伝えにきたの」

   「あなたも・・・じゃあ、あたし先行くから」タタタッ

アスカ「・・・・あああああもう!」ガシャンッ

   「もういい!あたし行くから!」スタスタ

シンジ「・・・・」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:30:04.24 ID:aIXFdcWG0

シンジ「・・・委員長・・・」

ヒカリ「シンジ君・・・立てる?」

シンジ「うん・・・ねぇ、委員長・・・」

ヒカリ「なに?」

シンジ「二人っきりの時は・・・ヒカリって呼んで・・・・ぃぃ?」

ヒカリ「!・・・いいよ。」

シンジ「じゃあ、ヒカリ・・・なんか照れるな///」

ヒカリ「フフッ・・・シンジ君帰ろっ」

シンジ「うん。」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:41:53.41 ID:aIXFdcWG0

シンクロテスト終了、帰宅後・・・

シンジ「今日は・・・ちょっと幸せすぎたかな・・・」ガチャッ

アスカ「・・・・」ギロッ

シンジ「な、なんだよ・・・・」

アスカ「あんたの・・・あんたのせいで」ブツブツ

シンジ「自業自得・・・だろ・・・綾波だって言ってただろ・・・」

   「邪魔だからどいてよ」ドンッ

アスカ「ちょっと・・・肩ぶつかってんじゃないわよ!」バキィッ

シンジ「ア゛ア゛ッ・・・・痛ッ・・・いつまで僕に暴力振るつもりなの?」

アスカ「あんたがいなければ・・・あんたがいなければあぁああっぁぁあ!」

シンジ「もうやめてよ!」ドゴッ

アスカ「ウぁッ・・・・」ドサッ

   「・・・・・・・・スゥ・・・」

シンジ「・・・気を失ったのか・・・・」

   「・・・寝よう・・・もう疲れた・・・」ガチャ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:47:05.86 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校・・・・
アスカ「あたしの・・・上履きがない・・・」

カヲル「あれ?どうしたのアスカさん。そんなところで突っ立って」クスクス

アスカ「あんた・・・」

カヲル「もしかしてこれを探してるのかい?ゴミと間違えて捨てるところだったよ」ポイッ

アスカ「ッ・・・・」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 10:54:46.25 ID:aIXFdcWG0

学校、昼休み・・・
アスカ「何すんのよ!やめなさいよ!痛ッどこ触ってんのよ!」

カヲル「心配しなくてもいいよ、君に触れたところで、君に発情なんてしないからね」

アスカ「いいから放しなさ・・・痛ッ」バチンッ

カヲル「君はシンジ君にもっと酷いことしていたはずだよ?」

   「むしろこれくらいで済まされている事を感謝しなくちゃ。」

アスカ「こぉんのおおおおお」じたばた

シンジ「もういいよ、カヲル君、それぐらいで・・・」

カヲル「シンジ君がそういうなら」ポイッ

アスカ「キャッ」ドサッ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:01:46.04 ID:aIXFdcWG0

放課後、体育館裏・・・

アスカ「なによトウジ・・・あたしを呼び出して何の用?・・・」

トウジ「今までの屈辱ここで晴らさせてもらうで・・・」ガバッ

アスカ「ちょッ・・何すんのッんッンーー・・・・」

トウジ「静かにせえや・・・ここでやられた屈辱の日々、忘れたとは言わさへんで」

アスカ「んッンッンー!」

トウジ「お前の体で・・・楽しませてもらうで・・・・」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:07:48.53 ID:aIXFdcWG0

トウジ「・・・ンッ・・・どうや・・・」パンパンッ

アスカ「ンー!ンー!」じたばた

トウジ「ワイの味わった屈辱・・・お前にも味わってもらうで!」パンパンッ

アスカ「ンッ・・・フッ・・・ン・・・ンー!・・・グスッ」ガクガク

トウジ「そろそろ・・・出すで・・・」

アスカ「!!!!ンン!ンンンンンーーーー!」

トウジ「ウッ」ドピュドプュドピュ

アスカ「ンン・・・はっ・・・ハッ・・・・ウゥ・・・」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:16:32.54 ID:aIXFdcWG0

アスカ「あ・・・あああ・・・・なん・・・何・・・すんの・・・よ・・・」

トウジ「俺は・・・今までの借りを返しただけやで・・・」スタスタ

アスカ「汚されちゃった・・・あたしの体・・・汚されちゃったよ・・・」

   「もう・・・なんでこんな事になるのよ・・・・」

   「どうして・・・こんな目に・・・」 

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:20:31.92 ID:aIXFdcWG0

帰宅中・・・
カヲル「シンジ君、アザも大分マシになってきたね。」

シンジ「うん、カヲル君の・・・・おかげだよ。」

カヲル「僕は正直にアスカさんに言っただけだよ。あとはみんなとシンジ君の・・・」

   「頑張りがあったからだよ・・・」ソッ

シンジ「!、カヲル・・・君?なんで急に僕の手を掴んだりして・・・」

カヲル「君の手に、触れたくなったんだ。」

シンジ「・・・何いってるのカヲル君・・・じゃあ、僕こっちだから」スタスタ

カヲル「じゃあね、シンジ君・・・相変わらずガードが固いな・・・フフッ」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:25:26.61 ID:aIXFdcWG0

帰宅中、公園に寄り道・・・

シンジ「あ、・・・ヒカリ・・・」

ヒカリ「あ、シンジ君。どうしたの?」

シンジ「いや、ちょっと寄り道してただけ」

ヒカリ「そうなの?・・・ねぇ・・・二人きりみたいだし・・・」

シンジ「うん・・・キス・・・しよ」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:30:49.66 ID:aIXFdcWG0

帰宅後・・・
シンジ「あれ?トウジ・・・どうしたの?」

トウジ「おう、シンジ今帰ったんか・・・ちょっとアスカに用があってな」

シンジ「アスカ・・・に?・・・家にいないの?」

トウジ「さっきからインターホン鳴らしとるんやけどなぁ・・・」

シンジ「まあとりあえず入ってよ。」ガチャ

トウジ「おう・・・すまんな」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:36:44.26 ID:aIXFdcWG0


シンジ「アスカ・・・いるなら出てよ・・・」

アスカ「!・・・・」ガタブル

シンジ「・・・?なんで黙ってるの?」

トウジ「アスカ・・・今日ここに来た理由は2つあるんや・・・」

   「ひとつは、もうあんなことはせぇへん。借りは返したからな」

   「もうひとつは・・・ケンスケのことや・・・」

アスカ「・・・・・!」ガタブル

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:44:33.82 ID:aIXFdcWG0

トウジ「アスカ・・・お前・・・ケンスケのことも脅しとったらしいのぅ・・・」

   「おかしい思たんや・・・いきなり転校したからな・・・」

   「理由聞いたら、脅迫にもう耐えられんて・・・あいつ自殺したんやぞ!」

シンジ「!・・・トウジ・・それって・・・ホント・・・なの?」

トウジ「ああ・・・ホンマや・・・出来る事ならこいつをもっと・・・」

   「生き恥晒させたいところやけどな・・・」

シンジ「トウジ・・・・」

アスカ「あいつが悪いのよ・・・シンジをいじめるなって生意気言うから・・・」

トウジ「こいつ・・・まだ言うとんかゴラァ!!」

シンジ「トウジ!・・・いいよもう・・・」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 11:51:07.90 ID:aIXFdcWG0

トウジ「悪いなアスカ・・・やっぱ前言撤回するわ・・・」

   「お前・・・もっと酷い目見んとわからんらしいな、自分のした事が・・・」

シンジ「トウジ・・・」

トウジ「シンジ・・・ワイな・・・ちょっと前までこいつにチンコ踏まれながら・・・」

   「おもちゃにされとったんや・・・・」

   「だから今日・・・こいつを襲ってやったんや」

シンジ「!・・・アスカ・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 12:41:40.39 ID:aIXFdcWG0

トウジ「アスカ・・・もっとひどい目にあわせたる・・・」ガバッ

アスカ「キャッ・・・いや・・・ぃゃ・・」ガタガタ

トウジ「反省せんのやったら、するまでいたい目にあうだけや」ビリリッ

シンジ「トウジ!・・・・」

トウジ「止めんな!」ビリビリッ

アスカ「ぃ・・・ぃいやぁ・・・」ガタブル

トウジ「中学生にしちゃ出来すぎたからだやのう・・・」モミモミ

アスカ「あ・・・うぅ・・・」ビクッビクッ


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 12:48:13.65 ID:aIXFdcWG0

トウジ「シンジ・・・ワイを外道と思うんやったらそれでええ。」

   「でもこうでもしな気が済まんのや・・・・アスカ・・・挿れるぞ」

シンジ「・・・・」

アスカ「もぅ・・・ゃめて・・・」ブルブルッ

トウジ「もう遅いわ!」パンパンッ

アスカ「ンアァァァアアアアア!!!!!」

トウジ「今回も、中に出させてもらうで・・・・」パンパンパンッ

アスカ「イヤッ・・・やめッ・・・やめてぇええええ!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 12:56:03.84 ID:aIXFdcWG0

トウジ「いやがっとる割にはビチョビチョやぞ、ここ・・・」パンパンッ

アスカ「アッンッ・・・ンン!」

トウジ「ワイをオモチャにしたのも・・・こうされたかったからちゃうんか!ええ!」パンパン

アスカ「ンンン!・・・・ア゛ッイクッ・・・アアアアア!」ビクンビクンッ

トウジ「出すぞ・・・・ウッ」ドピュドピュドピュッ

アスカ「あぁぁ・・・また・・・汚されちゃった・・・・・う・・・」ビクンビクン

トウジ「これで懲りたら・・・もう反省する事やな・・・じゃあな、シンジ」スタスタ

シンジ「トウジ・・・・後始末・・・・」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 12:59:08.74 ID:aIXFdcWG0

シンジ「アスカ・・・自分で後始末してね、臭うから・・・」

アスカ「ぅ・・・・・ぅ・・・・グスッ」

シンジ「もう寝よう・・・」

アスカ「汚されちゃったぁ・・・また・・・グスッ」

シンジ「・・・・」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:05:13.18 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校・・・

先生「今日は惣流さんは休み・・・ですか。では授業を始めます。」


昼休み・・・

カヲル「シンジ君、ちょっといいかい?」

シンジ「?カヲル君どうしたの?」

カヲル「ちょっと図書室まで一緒に来てくれないかい?調べ物があるんだ」

シンジ「別に良いけど、」

カヲル「フフッありがとうシンジ君」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:12:50.19 ID:aIXFdcWG0

図書室・・・
シンジ「こんな奥の方まで来て・・・何を調べるの?」

カヲル「・・・君の心を調べに来たんだ。」ガシッ

シンジ「え?カヲル・・・君・・・何ッ・・・するの」ジタバタ

カヲル「何って・・・・こういうことさ」チュッ

シンジ「!!!!!!!!!!!!!」

カヲル「実を言うと、君が好きなんだ。」

   「ひと目見た時から・・・ね。」

シンジ「カヲル・・・・君」ガタブル



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:22:18.08 ID:aIXFdcWG0

シンジ「やめて・・・カヲル君・・・僕・・・そんな趣味は・・・」ジタバタ

カヲル「性別のことを気にしているのかい?愛があればそんなの関係ないさ」チュッ

シンジ「!ンンッハッやっやめてったらカヲル君!」ドンッ

カヲル「おっと・・・つれないねぇ、シンジ君」

シンジ「冗談もほどほどにしてよ!」

カヲル「冗談?こんなに思いを伝えているのに、どうしてそんな事を言うんだい」スリスリ

シンジ「ちょッどこ触ってるのカヲル君ッ」ビクッ

カヲル「どこ?君のペニスを触ってるんだけど・・・」キーンコーンカーンコーン

シンジ「!もう授業始まるよっ」ダダダッ

カヲル「ふぅ・・・ホント、ガードが固いね。フフッ」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:26:10.53 ID:aIXFdcWG0

放課後、保健室・・・

ヒカリ「そう・・・そんな事が・・・」

シンジ「カヲル君が・・・そんな趣味だったなんて・・・」

   「いい友達になれると思ったのに・・・」

ヒカリ「でも、きっと諦めてくれるわよ。いやって言ったんでしょ?」

シンジ「うん、ねぇヒカリ・・・一回だけしよ・・・」

ヒカリ「うん・・・いいよ・・・」




175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:32:16.28 ID:aIXFdcWG0

帰宅中・・・
シンジ「ヒカリは今日用事があるから一緒に帰れないし・・・」

   「カヲル君がまさかあんな趣味だったなんて・・・」

カヲル「呼んだかい?」

シンジ「うわあああああああああああああああ!!!!」コテッ

カヲル「そんなに驚くなんて・・・ちょっと傷つくな。」

シンジ「ごっごめんカヲルく・・・どこ触ってるのカヲル君!」ビクン

カヲル「シンジ君、あそこの公園のトイレに行こう」ガシッ

シンジ「えっ・・・え?・・・なにするの!ちょッ放しッあああああ」ズリズリズリ


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:38:19.21 ID:aIXFdcWG0

シンジ「っ・・・やめてぇ・・・・・カヲル・・・君」ビクビクッ

カヲル「君のペニスは大きくてとても固いんだね」シュッシュッ

シンジ「うっ・・・・だ・・め・・・」ビクビクビクッ

カヲル「あれ?変な汁が垂れてきたよ。」シュッシュッシュ

シンジ「あ・・・もう・・イク!」ドピュッドピュピュ!

カヲル「君の愛液はとてもおいしいよ・・・ペロ」クスクス

シンジ「う・・・カヲル・・・君」ガクガク

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:44:10.17 ID:aIXFdcWG0

カヲル「さぁ、シンジ君今度は僕が気持ちよくなる番だよ」パンッ

シンジ「ッ・・・おしり叩かないで・・・!!アッーーーーーー」ズブリッ

カヲル「ん・・・すごくしまりのいいお尻だよ、シンジ君」パンパンッ

シンジ「アッアッアッ・・・ウッ」ガクガク

カヲル「ん・・・そろそろ僕は限界だよ・・・ん!」ドピュドピュドピュドピュ!

シンジ「アアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:50:27.34 ID:aIXFdcWG0

カヲル「ふぅ・・・シンジ君、君のお尻から僕の愛液が溢れてるよ・・・フフッ」

シンジ「カヲル・・・君・・・どうして・・・こんな・・・」ドプドプ

カヲル「君を愛しているからさ。」

シンジ「ウッ・・・ゥウアァァ・・・グスッ」

カヲル「・・・ちょっと強引過ぎたかな・・・今日はもう帰るね、」

   「じゃあね、シンジ君。いつか僕の愛に振り向いてくれると信じてるよ」スタスタ

シンジ「・・・・」ドプドプッ

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 13:56:43.03 ID:aIXFdcWG0

帰宅後・・・・
シンジ「僕は・・・女の子が好きなんだ・・・女の子が・・・」ガチャッ

アスカ「・・・・・」ジロッ

シンジ(僕は・・・女の子が・・・好きなんだ!)ガバッ

アスカ「ちょっと何すんのよ!」ジタバタ

シンジ「僕はッ僕は女の子が好きなんだぁぁぁぁぁぁ!」

アスカ「何言ってんの・・・や、やめて何スンのよ!」ビリリッ

シンジ「ハァ・・・ハァ・・・僕は・・・グスッ・・・ウゥゥ・・・」ビリリッ

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:01:06.69 ID:aIXFdcWG0

シンジ「あぁ・・・ハァハァ」パンパンパンッ

アスカ「ン!あっあっあっあ・・・・ウッ・・・」ビクビク

シンジ「アッ・・・アスカぁ・・・気持ちいいよ・・・」パンパンパン

アスカ「・・・・・・・」ガクガクガクッ

シンジ「ウッ」ドピュッ

アスカ「!・・・・・・・・」

シンジ「・・・・俺って・・・最低だ・・・」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:09:55.13 ID:aIXFdcWG0

シンジ「寝よう・・・」ガチャッ


ミサト「ただいま〜」スタスタ

   「シンジ君起きてる?できればご飯作ってくれないかしら?」

シンジ「・・・わかりました。」

ミサト「今日はやたら疲れてるみたいね。どうかしたの?」

シンジ「・・・・・・・・・・・・・・・ミサトさん・・・」ギュッ

ミサト「!・・・どうしたの?シンジ君からくっついてくるなんて、珍しい・・・」

シンジ「僕・・・同級生にお尻を・・・犯されたんです・・・・グスッ」

ミサト「!!・・・・そう、辛かったわね・・・・」

シンジ「他に・・・かけてくれる言葉はないんですか?・・・・・・・」


ミサト「・・・・・・・・あたしが慰めてあげようか?」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:16:39.26 ID:aIXFdcWG0

ミサト「んっ・・・ん」ジュポジュポッ

シンジ「アッ・・・すごくいい・・・です・・・ミサトさん!」ドピュッ

ミサト「いっぱい・・・出たわね。」ゴクッ

   「まだイけるわね。あたしが動くからシンジ君は寝てて。」

シンジ「はい・・・」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:18:04.35 ID:aIXFdcWG0

シンジ「・・・・・ん?」ピヨピヨ

   「朝・・・・?夢・・・・か?」

   「学校・・・・いこう」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:23:54.39 ID:aIXFdcWG0

学校、昼休み・トイレ・・・・

シンジ「ふぅ・・・・」

カヲル「やあシンジ君。」

シンジ「!・・・カヲル・・・・君」ガタブル

カヲル「・・・」ガシッ

シンジ「ッ・・・」ズリズリ

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:30:46.02 ID:aIXFdcWG0

カヲル「個室なら、まわりから見えないよ。」パンパンッ

シンジ「ァッ・・・アッ・・・・」ガクガク

カヲル「シンジ君、本当に嫌がってるのかい?ビンビンだよ?」パンパンッ

シンジ「ウ・・・」ビクビクッ

カヲル「そろそろ出すよ。」ドピュッ

シンジ「・・・・・」ドシャッ

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:33:37.20 ID:aIXFdcWG0

放課後・・・・

アスカ「イタッ・・・・なにすんのよ・・・・」

女子たち「なんで学校来るの?ウザったいのよあんた」ドゴッボコッドコ

アスカ「ウッアッカハッ」

女子たち「アハハッハハ」ケラケラ

アスカ「・・・・ううう」プルプルッ

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:40:15.03 ID:aIXFdcWG0

アスカ「・・・ぶっ殺す・・・・」プルプルッ

女子たち「え?なんか言った?」

アスカ「負けてらんないのよ!あんたたちなんかにぃいぃぃぃぃぃぃぃい」ビキビキッ

女子たち「ヒィッ!」

アスカ「ららあああああかあぁぁぁぁああああ!」バキバキバキベキドゴッ

この日、女子中学生5人が病院送りになった。原因は不明のまま・・・

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:45:51.42 ID:aIXFdcWG0

帰宅中・・・
シンジ「はァ・・・・」

ヒカリ「どうしたの?ため息なんかついて・・・・」

シンジ「幸せになったのか不幸になったのか・・・いまいち分からなくて」

ヒカリ「・・・もう駄目だと思ったら、いつでもあたしが抱きしめてあげるよ?」

シンジ「ヒカリ・・・ありがとう。」



カヲル「あの女・・・いったい誰なんだい?」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 14:49:43.12 ID:aIXFdcWG0

シンジ「じゃあ、また明日ね、ヒカリ」チュッ

ヒカリ「うん、また明日ね。」チュッ




ヒカリ「フフッシンジ君・・・」

カヲル「やあ、洞木さん」

ヒカリ「!な、渚君・・・・」 

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:00:45.45 ID:aIXFdcWG0

カヲル「洞木さん・・・君はシンジ君とどういう関係なんだい?」

ヒカリ「どういう関係って・・・」

カヲル「恋人関係?」

ヒカリ(そういえば・・・付き合ってくださいとか・・・言ってないな・・・)

カヲル「違うの?なら話は早い。」ガッ

ヒカリ「グェッ・・・な・・に・・を・・・首・・・苦しッ・・・」

カヲル「率直に言おう。僕のシンジ君に近づかないでくれるかい?」メキメキ

ヒカリ(なに・・・この握力・・・中学生じゃない・・・片手で持ち上げるなんて・・・)

カヲル「分かってくれたかい?」パッ

ヒカリ「ガハッ・・・ゲホゲホ・・・」ブルブルッ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:07:11.97 ID:aIXFdcWG0

カヲル「じゃあね、洞木さん。また明日」スタスタ

ヒカリ「なんなの・・・あの人・・・・」

   「シンジ君・・・怖いよ・・・」ブルブルッ



カヲル「これで洞木さんもおとなしくしてくれるだろう・・・」

   「僕のシンジ君にキスするなんて・・・許せないからね。」

   「さぁ、明日が楽しみだ。」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:21:43.34 ID:aIXFdcWG0

帰宅後・・・
シンジ「ふぅ・・・・」ガチャ

アスカ「らぁあぁああああああ!」バキッ

シンジ「グギャッ」ドシャァッ

   「???・・・・アスカ?」

アスカ「もう・・・誰にも負けない・・・誰にも!」ブンッ

シンジ「うわっ!」ガシャァン!

   「アスカ、落ち着いてよ!アスカ!」

アスカ「もう・・・負けな・・・・すぅ・・・すぅ・・・」ガクッ

シンジ「なんだよ、もう・・・」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:29:55.04 ID:aIXFdcWG0

翌日、学校・下駄箱・・・

アスカ「・・・・・また・・・上履きが・・・」

カヲル「・・・・」スタスタ

アスカ「・・・ッまたお前かぁぁぁああああああああああ!」バッ

カヲル「うわッなんだい?僕は何もしてないのに。」

   「とうとう、頭がおかしくなったのかい?」

アスカ「・・・あんたの右手に持ってるの・・・何よ?」

カヲル「ああ、さっき水溜りに落ちてたから捨てようと思ってね。」

アスカ「・・・それは・・・あたしの上履きよ・・・」プルプル

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:37:41.47 ID:aIXFdcWG0

アスカ「最初っからあんたは気に入らなかったのよ・・・」

カヲル「奇遇だね、僕もだよ。シンジ君にあんな事する人なんて大嫌いだよ。」

アスカ「あんただけは・・・冷静に考えたら・・・あんたが来てから・・・私は・・・」

カヲル「フフッ自業自得って言葉をしらないのかい?」

アスカ「・・・ッアア・・・殺す・・・・」ビキビキッ

カヲル「・・・出来るのかい、君に?そんな非力な体の君に・・・」

アスカ「うるさい!」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:46:24.78 ID:aIXFdcWG0

アスカ「さすがのあんたも、鉄棒で殴られてたら耐えられないでしょ!」ブンッ

カヲル「・・・フッ」ガキィン!

アスカ「?・・・こ・・・これって・・・ATフィールド・・・」カランカランッ

カヲル「これで分かったかい?」ガッ

アスカ「グッ・・・クゥ・・・カハッ・・・」

   (うそ・・・こんな細身で・・・こんな怪力・・・ATフィールド・・・)

   (こんなの・・・勝てっこないじゃない・・・)



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:50:38.10 ID:aIXFdcWG0

カヲル「ATフィールドを見られたらちょっとまずいんだ。」

   「悪いけど、君には死んでもらうよ」メキメキッ

アスカ「カッ・・・ガッ・・・・ウ・・・」ギリギリッ

   「こんな・・・奴にぃ・・・・」ギリッ


シンジ「カヲル君!」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 15:57:37.52 ID:aIXFdcWG0

シンジ「何してるんだよ!カヲル君!」

カヲル「・・・シンジ君、君の苦しみの根源を今消してあげるよ。」

アスカ「ケハッ・・・クッ・・・」ジタバタ

シンジ「・・・ッ・・やめて!カヲル君やめてよ!」

カヲル「!・・・どうして?」

シンジ「・・・・・・ッいいから!」

カヲル「・・・シンジ君が、そういうなら・・・仕方ないね・・・」

アスカ「ゲホッゲホッ・・・・ウッ・・・ウッ・・・シンジ・・・」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:05:47.70 ID:aIXFdcWG0

カヲル「僕は先に教室へ行くね。」スタスタ


シンジ「アスカ・・・」

アスカ「どうして・・・あんな事いったのよ・・・あんたの情けなんか・・・」

シンジ「・・・もう誰かが虐げられてるのを見るのは、いやなんだ・・・」

アスカ「・・・とんだお人好しね・・・・あんた・・・反吐が出るわ」

シンジ「先に教室・・・行くね。」

アスカ「・・・待ちなさいよ・・・」

シンジ「?」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:11:24.99 ID:aIXFdcWG0

アスカ「腰が抜けて・・・動けないのよ、連れて行きなさいよ。」

シンジ「・・・わかったよ。」


   「・・・・僕のこと、まだ嫌い?」

アスカ「・・・・嫌いよ・・・大ッ嫌い・・・・」

シンジ「そう・・・」

アスカ「・・・・・」



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:19:42.65 ID:aIXFdcWG0

昼休み、廊下・・・・

シンジ「・・・?なに綾波。」

レイ 「・・・渚カヲル・・・彼は使徒よ。」

シンジ「!?・・・・カヲル君が?そんな訳・・・」

レイ 「嘘じゃないわ。ネルフの調査で分かったの。」

シンジ「そんな・・・」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:24:28.93 ID:aIXFdcWG0

レイ 「今後、彼との接触は控えるように、との事よ」

シンジ「・・・・・わかった」

レイ 「じゃあ。」スタスタ

シンジ「・・・待てよ・・・じゃあ僕は・・・使徒に・・・犯されたのか・・・」

   「あ・・・あああ・・・・うわああああああああああああああ!」

先生 「碇君、廊下で叫ばないでね。」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:36:10.29 ID:aIXFdcWG0

放課後、校門・・・・

シンジ「僕は・・・男どころか・・・人じゃないものに・・・犯された・・・」

   「・・・もうやだよ・・・・」


ヒカリ「あシンジく・・・どうしたの、シンジ君?」

シンジ「ヒカリ・・・」

ヒカリ「また・・・いやな事・・・あったの?」

シンジ「・・・・」

ヒカリ「シンジく・・・!」ビクッ

カヲル「・・・・」ジロッ

ヒカリ「あ、あたし・・・用事あるから帰るね、じゃあ」タタタッ


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:48:04.07 ID:aIXFdcWG0

帰宅中・・・

シンジ「はあ・・・また一人で帰るのか・・・!・・・あ・・・」

カヲル「シンジ君、一緒に帰らないかい?」

シンジ「ッ・・・来ないでっ!・・・・カヲル君は・・・人じゃないんでしょ!」

カヲル「・・・バレてたんだね・・・」

シンジ「もう近寄らないで・・・カヲル君なんか・・・嫌いだ・・・」

カヲル「でも、僕はシンジ君が好きだよ。」ジリジリ

シンジ「来ないで!」ダダダッ

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 16:55:33.91 ID:aIXFdcWG0

シンジ「ハァハァハァ」ダッダッダッ

   「ここまできたら・・・!!!!」

カヲル「どうして逃げるんだい?」

シンジ「うわッあああああああああああああああああああ」ダダダダダッ



アスカ「あれは・・・シンジと渚・・・カヲル・・・」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:00:52.60 ID:aIXFdcWG0

シンジ「なんだ・・・・なんだよ・・・あれ・・・・!!!」ダダダッ

カヲル「逃げないでくれよ。シンジ君。」ガシッ

シンジ「ッあ・・・・あああ・・・・・」

アスカ「あんた何してんのよ!」ガバッ

カヲル「うわっ・・・っと・・・、また君か、邪魔しないでくれないか。」



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:12:05.53 ID:aIXFdcWG0

カヲル「君はあの時始末すべきだった」ガシッメキメキメキッ

アスカ「ウッグぁあアッ!・・・・・・腕がぁ!」メキメキ、ブチッ

   「アアアアアアアアアッ・・・・ァアア腕がぁ!あたしの右腕がぁ!!!!!」

カヲル「早く死んでくれないか?」ミシッミシッ

アスカ「ガッカハッァ・・・ァ・・・・」メキメキメキ・・・

   (やっぱ使徒相手に、生身じゃ勝てないよね・・・ごめん、シンジ)バギャッ

アスカ「・・・・・・・・」ドチャッ

シンジ「・・・・アスカ?・・・アスカ?」

   「起きてよアスカ・・・ねぇ起きてってらアスカァ!」

アスカ「・・・・・・・・」

シンジ「う・・・わああああああああああああああああああ!!」    

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:34:34.10 ID:aIXFdcWG0

シンジ「アスカ・・・アスカ・・・・」

   「カヲル君・・・なんで・・・アスカにこんな事するの?」

カヲル「君こそ、彼女を助けてもなんの得もないだろう?」

シンジ「でもっ・・・それでも・・・僕は・・・アスカが・・・」

   「・・・・許さない・・・・絶対に・・・・」

カヲル「僕を殺すのかい?シンジ君。」

シンジ「・・・そうだよ、殺してやる・・・・」

カヲル「なら、そこにあるナイフで僕を刺すといい。」

   「君にやられるなら本望だよ。」


シンジ「ッ・・・・・・・・・・・・・うぁぁあああアアア!!!!」ドシュッ

カヲル「・・・君は僕より、彼女の方が大事なんだね・・・・残念だよ。」ドサッ

シンジ「・・・・・・」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:40:01.18 ID:aIXFdcWG0

シンジ「アスカ・・・・・・!・・・息がある・・・救急車を!」

アスカ「シンジ・・・・逃げ・・・て、あんたじゃ・・・そいつには・・・・」

シンジ「意識が・・・・・・・・・終わったんだよアスカ・・・もう・・・」

アスカ「うッ・・・・・うぅ」




264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:46:29.19 ID:aIXFdcWG0

翌日、病院・・・・

ミサト「・・・幸い、右腕は接合に成功したそうよ。」

   「ただ、肩の骨が砕けてるから、治るのに時間がかかるわ。」

シンジ「そう・・・ですか」

ミサト「一週間後には面会も可能だから、見舞いに行きましょ。」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/20(月) 17:58:33.13 ID:aIXFdcWG0

一週間後、病室・・・・

シンジ「アスカ?・・・・」

アスカ「・・・見舞いに来てくれたの?・・・私のために?」

シンジ「うん。」

アスカ「あたし、あんたにひどい事いっぱいしたのに・・・・・・」

シンジ「もう終わった事だからいいんだ。」

アスカ「ふつうなら殺されてもおかしくないわよ・・・アタシなんか・・・」

   「なのに・・・どうして?アタシを助けたの・・・?」

シンジ「・・・アスカと・・・仲良くなりたかった・・・から・・・・」

アスカ「・・・なにいってんのよバカシンジ・・・バカ・・・」

シンジ「ずっと・・・こうやって話したかった・・・」

   「どんなにイラついても、どんなに憎くても・・・いつか・・・・」

   「いつか・・・こんな風に話せる日が来ると・・・信じてたから」

アスカ「・・・ホントお人好しね・・・バカみたい・・・・ハハハッ」


END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「橘…頼みがある」