キョン「朝比奈さんが団長机の上で大便をしていた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒを炎天下の車に閉じ込めたい

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:03:35.84 ID:WyFirbYw0

俺がノックを忘れ、団室のドアを開けると、
そこにはにわかには信じられないような光景が広がっていた。

メイド服を着た朝比奈さんが、団長机の上で大便をしていたのだ。
朝比奈さんは、俺に気がつくと酷く狼狽して立ち上がり、机から転げ落ちた。

白い陶磁器のようなお尻から、まだ千切れていない一本糞。

団長机には新聞紙が敷いてあり、
その上にはとぐろを巻いた糞が朝比奈さんのお尻に繋がっていた。

朝比奈さんは今までに見たことがないくらいに狼狽し、
どうか、黙っていてください! 忘れてください! と叫んで、
新聞紙で大便を包み、お尻の大便をパンツに押し込め、団室から去っていった。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:08:18.57 ID:WyFirbYw0

「今日、みくるちゃん休みだって?」

「ああ。俺が来た時にちょうど出くわしてな。ゴメンってさ」

ハルヒ、長門、古泉が来る前に、机や床に残っていた大便を掃除して、
窓を開けて換気をしておいた。

これで誰も気がつかないだろう。

しかし、何故、朝比奈さんはあんな事をしたのだろう?

謎は深まるばかりだ。

朝比奈さんと、大便。
結びつかない。

謎だ。

謎。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:11:43.29 ID:WyFirbYw0

次の日。

朝比奈さんはいつものメイド服姿でお茶を入れてくれた。
しかし、俺とは目を合わそうとしない。

気持ちは分かるが、こんな事で朝比奈さんと喋れなくなるのは悲しい。

俺は、団活が終わった後、朝比奈さんにメールを打った。

『今日、会えませんか?』

返事はこうだった。

『御免なさい。会えません』

電話をしても出なかった。
俺は、どうすればいいのだろう?

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:17:29.26 ID:WyFirbYw0

その次の日、また次の日も、ぎくしゃくとした空気は続いた。

ハルヒが言う。

「あんた、最近みくるちゃんに避けられてない?」

そうかも知れん。

古泉が言う。

「何かあったんですか? ご相談に乗りましょうか?」

ありがたいが、流石に無理だろ。

長門が言う。

「状況は把握している。けれどこれは貴方と朝比奈みくる次第。私には何もできない」

そうかい。俺が行動を起こさないと駄目だってことだな。

その次の日。
俺は朝比奈さんの教室へ向かった。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:24:57.15 ID:WyFirbYw0

朝比奈さんは、休んでいた。

鶴屋さんが、教えてくれた。
彼女は、俺が来た理由を、何となく感づいているかのようだった。

「キョン君。みくると何かあったのかい?」

「いえ……その……」

「最近のみくるの様子はおかしいよ? まるで、大好きな人にこっぴどく振られたみたいさ」

まさか俺が朝比奈さんの想い人なわけはないだろうが、
それでもあんな現場を男に見られたのだから、それは朝比奈さんにとって大きなショックだろう。

「……便」

鶴屋さんが呟いた。

「それって……」

「そう……か。キョン君も、見ちゃったんだね」

詳しい話をするからと、俺は鶴屋さんに校舎裏に連れてこられた。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:31:44.77 ID:WyFirbYw0

「……あたしがみくると仲良くなったのは、ある所を目撃してからなのさ」

「それって」

「そう。放課後の、教室の教壇の上で、みくるは大便をしてた」

「……何で、朝比奈さんはそんな事を?」

「小さい時からの癖、らしいよ。初めて見たとき、わんわん泣いてね」
「でも、あたしは嫌いになれなかった。みくるだって、好きで机の上で大便しているわけじゃないんだからね」

「だから、友達になった……?」

「それがなくても、友達にはなったろうさ。でもね」
「みくるの事、誰にも言っちゃいけないよ」

「分かっています。でも……その癖は治す事はできないんでしょうか?」

「……うちの知り合いの心療医に診て貰ったんだけど」
「どうも無理っぽいんだ」

「そうですか」

「できれば……今まで通りに接してあげてくれないかな?」

「でも、朝比奈さんは俺を避けてます。今まで通りなんて」

そう。朝比奈さんは、俺と喋らなくなった。
もう、今まで通りには戻れない。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:40:07.28 ID:WyFirbYw0

「……なら、話し合うしかないね」

「何を話せばいいんです? そもそも、喋ってくれないんですよ?」

「そこは、あたしがセッティングするよ」
「……キョン君には、みくるを傷つけないようにしてもらいたいだけ」

勿論、天使のような朝比奈さんの心を傷つける真似なんてしたくはない。
けれど、話し合っても、結局はそうなるんじゃないか?

「あたしは、大丈夫だと信じてる」
「キョン君は優しい人だよ」
「普通、あんな姿を見て、ここまで心配はしないさ」

「でも、俺は」

俺の口を、鶴屋さんの人差し指が封じる。

「でも、は無しだよ。大丈夫、キョン君なら……」


詳しい日取りなどは後で連絡するから、と鶴屋さんは行ってしまった。
俺に、何ができるのだろうか?

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:49:37.44 ID:WyFirbYw0

考えをまとめようと、俺は団室に向かった。
この時間なら、誰もいないだろう。

鍵を借り、ドアを開く。

そこには、朝比奈さん(大)が団長机の上で大便している姿があった。

「朝比奈さん……」

「キョン君……! また、見られちゃいましたね」

現在の朝比奈さんと違い、狼狽はしなかったものの、朝比奈さん(大)は顔を真っ赤に染めていた。
成熟した大人の女性のお尻から、出ている一本糞。
それは何故か、とても美しいものに見えた。

「今日、来たのは大便をする為だけじゃないの」

朝比奈さん(大)は言う。

「これから、この時代にいる私に接すると思うけど。キョン君の思ったとおりに行動して欲しいの」

「俺の、思った通りに、ですか?」

「うん。……それだけ」

朝比奈さん(大)はいつの間にか消えていた。大便も消えていた。
残っていたのは、糞の匂いだけだった。
俺は、窓を開けて換気しながら、朝比奈さん(大)の言った言葉を考えた。

「……俺の、思った通りに」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 04:55:39.81 ID:WyFirbYw0

鶴屋さんから、電話がきた。

『みくるを、説得したよ』

「説得、ですか」

『うん。いつまでも、このままじゃ駄目だってね』
『キョン君なら、分かってくれるって言ったから』

「そりゃあ、俺は良くても……朝比奈さんが」

『それを含めて、ね。キョン君が、良い理解者になってくれるってところをアピールしてほしいな』

「……上手くいくでしょうか?」

『……正直、お姉さんにも分からない』
『けど、キョン君の思う通りにすればいいと思うよ』
『あたしは、そうして、今のみくるとの関係を創ってきたから』

「俺の、思う通りに……」

『ん。頑張ってね』


待ち合わせは、日曜日のSOS団の部室。
鍵や校内への立ち入りの方は、鶴屋さんが何とかしてくれるそうだ。

俺は、俺の思う通りに行動すればいい。
しかし、何をどうすればいいんだ? 脳裏に焼きついた朝比奈さんのお尻は、何も答えちゃくれなかった。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:01:48.84 ID:WyFirbYw0

土曜日の不思議探索。

幸いな事に、朝比奈さんとペアになる事は無かった。
これがこんなにほっとしたのは、初めての事だった。

朝比奈さんは、口数が少なく、それは他の三人にも伝わっていた。

「一体、何があったんです? 明らかに、貴方達の様子はおかしいですよ」

古泉が言う。
顔が近い。

「……悪いが、お前にも話せない。俺たち二人の問題だから」

「そう、ですか。なら、これ以上の詮索は致しませんが」
「涼宮さんも、何か変だとは思っています。どうか、宜しくお願いしますよ」

「……分かってる」

明日だ。
明日には、解決させなければならない。

俺の思う通りに。
俺は、何を思えばいいのだろう?

朝比奈さんの大便について、何を思えばいいのだろうか?

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:06:30.14 ID:WyFirbYw0

日曜日。
午後三時。

俺は北校に入り、団室のドアを開けた。

朝比奈さんが、団長机の上で大便をしていた。

もう、驚きは無い。

「……朝比奈さん」

「……キョン君」

沈黙が続く。ぶりぶりと、大便の排泄される音だけがBGMとして流れる。

最初に口を開いたのは、朝比奈さんだった。

「……こんな、女の子、変ですよね」
「机の上で、大便するような女の子、いませんよね」

朝比奈さんは、泣いていた。
それでも、俺に向かって笑みを浮かべていた。

「笑ってください。罵ってください。私は、大便女なんです」

俺は首を横に振る。

「笑いませんよ。笑えないですよ、俺には」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:15:00.69 ID:WyFirbYw0

「何でですか? いっそ、罵倒してくれたほうが……!」

そう言うと、朝比奈さんは顔を俯かせ、嗚咽を響かせ始めた。

俺は、何も言えなかった。

泣きながら、自分の癖を治せないでいる朝比奈さん。
大人になっても、治せない朝比奈さん(大)の姿。

今と未来。
重なり合って、どうしようもないという事だけが、俺にも分かる。

俺は朝比奈さんに近づいた。

「来ちゃ、駄目! 臭いの! 私の大便、とても臭いの!」

知ってますよ、朝比奈さん。
でも。
だからこそ。

俺は――。


「キョンくん?」

朝比奈さんが顔を上げる。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:21:01.37 ID:WyFirbYw0

俺は朝比奈さんの隣に、そう、団長机の上に無理矢理座った。

「な、何を……」

ズボンとパンツを脱ぎ、下腹部に力を込める。

景気の良い音を立て、俺の肛門から大便が出た。

「キョン君……!」

「俺は、思ったんですがね、朝比奈さん」

行動してから、言葉を紡ぐ。

「別に、癖なんてたいしたもんじゃないんですよ」
「ハルヒは授業中によく屁をこくし」
「古泉は四六時中、股間の位置を直してます」
「長門は、本を読み出すと、止まりません」
「だから、俺の癖は――机で大便をする事なんです」

「そ、そんなわけが」

「今、ついた癖ですから。朝比奈さんにとやかく言われる筋合いはありませんよ」

団室の中には、俺たち二人の大便の音と匂いが充満していた。
朝比奈さんは、泣いていた。
俺は、下を見る。
朝比奈さんと、俺の大便が、混ざり合っていた。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:26:46.75 ID:WyFirbYw0

新聞紙で大便を包みながら、俺たちは無言だった。

鞄の中に、ビニールに包んだ新聞紙の塊を入れ、俺は言う。

「これで、俺と朝比奈さんは同じ癖の持ち主になりましたね」

「え…・・・」

「この事は、誰にも言わないでくれますか?」
「俺たち二人の秘密です」

「……はい」

「それから」
「今度、癖が出そうな時は、俺もご一緒させてもらえますか」
「一人だと、恥ずかしいので」

「……キョン、君」

朝比奈さんは、目じりに涙を溜めながらも、微笑んで言ってくれた。

「また、一緒に、大便しましょうね。……机の上で」

俺たちは微笑みあった。

もう、わだかまりは無くなった。
代わりに、一つ、二人だけの秘密ができた。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/21(水) 05:29:46.48 ID:WyFirbYw0

土曜日の不思議探索。

今日は朝比奈さんとペアになった。
他愛も無い世間話で、笑いあう。

ハルヒたちも、俺たちを不審に思うようにはならなくなったようだ。

けど、俺と朝比奈さんの距離はずっと縮まったように思える。
というのは錯覚だろうか?

古泉が言う。

「問題は解決したようですね」

長門が言う。

「やはり貴方は、優しい人」

ハルヒが言う。

「デートじゃないんだからね!」

そう。デートじゃない。
俺と朝比奈さんは、人気の少ない公園のベンチで、大便をした。
ただ、それだけだ。

しかし、朝比奈さんの笑顔に、もう曇りは無かった。

 〜fin〜

29 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/07/21(水) 05:30:28.59 ID:WyFirbYw0

 変ですね。何故ばれたのでしょうか?
 というか、何となく、自分でも分かってますよ、ええ。
 糞SSは自分のライフワークですからね。
 不眠症なうえに便秘続きなんでむしゃくしゃして書きました。
 今は、ちょっとだけ気持ち良いです。
 どうもありがとうございました。

36 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/07/21(水) 05:45:01.95 ID:WyFirbYw0

 いや、何か色々とありがとうございます。
 自分の駄SSでも読んでくださる人がいると思うと、胸が熱くなります。
 ちょうど便意も来ましたのでトイレに行ってきます。
 では、また。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「進路か・・・安価で決めるか」