唯「紬ちゃん、ねえ紬ちゃんってば」 朝倉「えっ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「カヲル、だめぇ…シンジにバレちゃう…あっ」

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 17:56:27.18 ID:i+CqYKhi0

唯「えっへへ〜、ムギちゃんむぎゅ〜〜♪」

朝倉「ちょっ、何?はなれ…て!」

律「おっす!唯!ムギ!」ガチャッ

唯「めっす!」ビシッ

朝倉「何なの、まったく…」ポンポン

律「…」

唯「…」

朝倉「…?!」

唯「ムギちゃんそこはさっすでしょ〜」プクーッ

律「唯許してやれ、ムギにも疲れてる日くらいあるって」

朝倉「…ムギ?」

唯「気を取り直して〜、ムギちゃんむぎゅ〜〜♪」ムギュ

朝倉「ちょっとダメ、助けてぇ長門さーん///」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 18:22:01.11 ID:i+CqYKhi0

唯「今日のムギちゃんの髪の毛まっすぐキレーい♪」クンクン

朝倉「も、もう…、クンクンしないで!はなしてぇ!」

律「お?今日のムギはイヤイヤかぁ?」ニヤニヤ

唯「んん〜、よいではないかよいではないか〜♪」

律(今日のムギなんだか大人びて、キレイって感じだな)ウズウズ

律「じゃあたしも、ムギー!むぎゅ〜」ヒシッ

朝倉「ちょっと!あなたまで///ぁん」

朝倉(少し前の私だったら情報操作でいくらでもどうにかなったのに…)

―――回想――――――――――

長門「…あなたには能力の規制を引いた」

長門「これは情報統合思念体、わたしの意向でもある」

長門「これからは普通の女子高生として情報収集にあたるよう…」

朝倉「…はい」シュン

長門「でも、困ったらいつでも助けにはなる」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 18:39:02.31 ID:i+CqYKhi0

唯「余は満足じゃ」ツルツル

律「ふぉっふぉっふぉ」テカテカ

朝倉「うぅ…、もうお嫁にいけない…」グスッ

澪「うっす、唯!律!ムギ!」

唯「あ!澪ちゃんだ!」

律「おーっす澪!」

朝倉「ぅ…うっ…」スンスン

澪「ムギ、唯と律にやられたか?あいつらも悪気があるわけじゃないんだ、許してやってくれ」ナデナデ

朝倉「ぅう、あ…、あなたっていい人ね…」グス

澪「ほら、じゃあ梓にどやされる前に練習はじめるぞー」

唯「えぇ〜!?」

律「ティータイムが先だろ!?」

澪「ったく、ムギ私も手伝うから準備しようか」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 18:59:45.94 ID:i+CqYKhi0

朝倉「…なに?私がこの人達のためにお茶を入れなきゃいけないの?」

澪「どうしたんだよムギ?遅れてきた反抗期たか?」

澪「そう言えば髪まで染めて…、今のもいいけど私は昔のブロンドも好きだったよ」

澪「でも、中身は変わらない…、あのあったかくておいしいお茶はムギにしかできないからさ」

朝倉「///」ジーン

唯律「ま〜だ〜?」ワイワイ

澪「ささっと準備して、お茶して、練習だ!!」

朝倉「…はいっ///」ボソ

朝倉(紅茶を入れるくらい、今の普通の女子高生であるわたしにだってできるわっ)

朝倉(ムギとかいう子がどんな子だかわからないけど、一日やそこいら代わりぐらいやってやるんだから)

梓「こんにちはー」

唯「おーっす!あずにゃん!」

律「おう!あずさ!」

梓「もう…、また練習より先にお茶ですか?」プンプン

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 19:23:47.77 ID:i+CqYKhi0

梓「!」ピーン

梓(なんかムギ先輩?いつもと様子が違う…)

朝倉「あつっ」ビクッ

梓(お茶を入れるのもぎこちないし…)

朝倉「はい、お茶どうぞ」

梓(みなさんへの接し方も少しおかしい…)

朝倉「あず…さ?ちゃんもこっちでお茶のまない?」

梓「あ…、はい」

唯「あー!りっちゃんが私のクッキーとったー」ワイワイ

梓(容姿もがらりと変わってるし…)

律「ふふーん、食べ盛りなのだよっ!」ガヤガヤ

梓(みなさん…、気づいてない?)

ガチャッ

さわ子「あら、みんな♪やってるわね〜」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 19:33:39.16 ID:i+CqYKhi0

さわ子「ムギちゃ〜んわたしにもおねg…」

朝倉「はーい」

さわ子「あれ、…どなたかな?」

唯律澪梓「!!!!!」ェ

朝倉「うっ…、私は」

唯「!!やだな〜!ムギちゃんはムギちゃんだよ!」

律「!!さわちゃん…おかしなこと言っちゃって!」

澪(うーん、確かに違う気もしてきた)

さわ子「わるいんだけど、学年とクラスは?」

朝倉「…」ブルブル

朝倉「わ…、わたしは県立北高2年X組、朝倉涼子です!!」

唯律「!?」ビクッ

澪(サイテーだ、友達を間違えるなんて…)アワアワ

梓(やっぱりな)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 19:59:39.91 ID:i+CqYKhi0

朝倉「きょっ、今日はその、琴吹紬さんの代理で…」

唯律澪「…」チーン

朝倉(あーぁ気まずい、こんなんで言い訳になるわけないか…)

朝倉「だますつもりは無かったんだけd…」

唯「そ、そんなことないよ!」

律澪「!!?」

唯「勘違いしちゃったけど、涼子ちゃんはとってもいい子だった!」ヒシッ

朝倉「!?」ドキッ

澪「この紅茶、ムギには劣るかもしれないけど、とってもやさしい味だったよ」

律「…そーだそーだ!のりもバッチリだったし!転校して桜が丘高校軽音楽部へきなよ!」

澪「無茶いうな!バカ律!」ゴスッ

律「…一日だけだなんて、もったいないじゃねーか」ウルウル

梓「わっ私も、あんまりお話できなかったけど…その…」

朝倉(な…なんなの…?これ……)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 20:12:52.75 ID:i+CqYKhi0


唯「だ…、だから、涼子ちゃんとしてまた来てね」ウルウル

朝倉「う…うん」オロオロ

澪「そうだな!せっかくだからムギ本人にも交えて」

律「え…演奏も聴いて、もらいたいし…な」グスッ

朝倉「…」

律「今日は…ごめんな、みんなこれじゃ演奏にならない」

朝倉「…ううん」

梓「そ、そうだ!そうですよ!せっかくだからバンドメンバーとしても!是非!!」

朝倉「ふふっ…、考えておくね…」

澪「…」グスッ

朝倉(はぁ〜〜、嫌になっちゃう)

朝倉「みん…な、あ…あの」



朝倉(嬉しいのに…、素直に振舞えないなーんて……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 20:40:36.40 ID:i+CqYKhi0

長門「おっす」ヒョコ

唯「めっす!」ガバッ

律「さっす!!」サッ

梓「!!!!」サササッ

澪(…なんで梓まで身構えた?)

長門「今日は失礼した、あなたがたのご友人琴吹紬は家にお送りした」

朝倉「…な、長門さん」

長門「今日は朝倉涼子の面倒見をしていただき感謝する」

澪(本当は朝倉さんには唯と律の面倒見させちゃったんだけど…)

唯「りょーこちゃん、むぎゅう〜〜」ムギュ

朝倉「む、むぎゅっ///」ヨシヨシ

唯「また会おうね?」

朝倉「うん…」(不思議だな…)

律「ぜったいだぞ!りょうこちゃん!!」

朝倉「う…、うん」(人間じゃないのに、涙がでる)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/16(金) 20:58:02.68 ID:i+CqYKhi0

朝倉「ねぇ?長門さん?」

長門「なに?」

朝倉「その…、また皆にあえる…かな?」

長門「私はあなたの助けになるといったはず」

朝倉「!!そ、そっか、そうだよね!ありがとう長門さん」ムギュ

長門「いい」スリスリ

朝倉「それと…ね?よりたいところがあるんだけど」

長門「?」






朝倉「楽器屋さん!!」

長門「いい、…ただしお菓子屋が先」

おわり

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 21:14:37.02 ID:i+CqYKhi0

長々と失礼しました、ご閲覧ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「そろそろ本気出す」