ハルヒ「古泉君がウンコ漏らした……!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン…あっ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:27:21.18 ID:jongqAto0

団室中に異臭が漂う。
古泉君の足元には、ゲル状の茶色い物質が今もなお、ぽたぽたと落ちていた。

「朝比奈さん。すいませんが、雑巾で床の掃除をお願いします」

「は、はい」

「俺は古泉を着替えさせてきますので……いいな、ハルヒ?」

「う、うん。頼むわ、キョン」

「ほら、古泉。ズボンとパンツ脱いで、とりあえず俺のジャージをはけ」

「……ふぐっ……すびば……せん……」

「いいから、ほら。じゃ、いくぞ」

キョンが古泉君の肩を支え、団室から出て行いった。
みくるちゃんが雑巾を絞って床を拭き始める。

「……手伝う」

「長門さん、汚れちゃいますよ」

「平気」

……まさか、古泉君がウンコを漏らすなんて。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:32:40.83 ID:jongqAto0

あたしも床の掃除を手伝い、あらかた綺麗になった頃。
キョンと古泉君が帰ってきた。

古泉くんはうなだれていて、何も話そうとはしない。

「とりあえず。シャワー借りて身体は洗った。汚れたズボンとパンツは?」

「ビニール袋に入れてある」

「そっか。ありがとな、長門」

「……古泉くん、大丈夫ですか?」

みくるちゃんのかけた声に、古泉君はびくっとする。

「……あ…・・・う」

「朝比奈さん。俺が、こいつを送っていきます。いいよな、ハルヒ」

「うん。男の子同士の方がいいでしょうしね」

「……あんまり、気にしないでいいんですよ、古泉くん」

「そう」

結局、古泉君はそれから一言も喋らなかった。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:37:35.08 ID:jongqAto0

「まさか、古泉君がウンコ漏らすとはね……」

「人間ですもの。仕方がないと思います」

「……古泉一樹は、傷ついていると思われる」

「ま、このことにはあまり触れないほうがいいでしょうね」

「それでいいんでしょうか?」

「みくるちゃん?」

「わたしたちは、SOS団の仲間です。お友達なんです! 何か、できる事があるはずです!」

「……私もそう思う」

「そうね。……あたしたちで、古泉君の心の傷を、癒してあげましょう!」


そうは言ったものの、どうすればいいのか、あたしには分からなかった。
高校生になって、女子の目の前でウンコを漏らした古泉君。
彼の心は、既にボロボロだろう。

あたしたちに、何ができるのだろうか?

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:40:37.84 ID:jongqAto0

――
俺は古泉を連れて、こいつの家まで向かっている。
いつものこいつらしくなく、うなだれて、その顔は見えない。
ブレザーの上着に、ジャージのズボン。
……笑えねえよな。

「なあ古泉」

「……」

「気にする事はないぞ?」

「……」

「みんな、あれくらいの事で笑ったりするもんか」

「……」

「なあ。元気出せよ」

「……から」

「ん?」

「もう……お終いですから」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:44:38.10 ID:jongqAto0

「お終い?」

「……涼宮さんが望んでいた僕の役割……好青年のイエスマン」

「まあな」

「それが……目の前で、ウンコを漏らしたんですよ……」

「……」

「もう……世界はお終いなんです……!」

「……閉鎖空間は?」

「……え?」

「閉鎖空間は発生してんのか?」

「……いえ……感知できませんが」

「なら。大丈夫ってことだよ」

「……どういう意味ですか」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:49:04.58 ID:jongqAto0

「ハルヒの奴がお前に幻滅したのなら、閉鎖空間ができてもおかしくはない」

「……」

「でも、今現在はできていない」

「……」

「何でか、分かるか?」

「……」

「あいつはお前に幻滅なんかしてない。むしろお前の事を心配してるんだよ」

「僕を……心配……?」

「大切な仲間……友達が、目の前で糞を漏らした」
「その事実より、漏らした本人の心の傷を心配してるんだ。そうじゃなきゃ、今頃ぎゃーぎゃー喚いてるところだ」

「……そう……ですかね」

「そうだよ。俺たちを、誰だと思ってる?」
「固い絆で結ばれた……SOS団だぜ?」

「……は……は」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 01:54:31.61 ID:jongqAto0

「ここでいいのか」

「はい……ありがとうございます」

「明日は……学校に来いよ?」

「! ……はい!」

彼は僕を家まで送り届けてくれた後、そしてそれ以前にも、優しい言葉をかけてくれた。
これが友達……なんだろうか? 家の鍵を開け、玄関で靴を脱ぎ、部屋に入る。

そこには、森さんがいた。

「森……さん……」

「古泉。一部始終は知ってるわ」

「その……僕は……」

「済んでしまった事を嘆くより、これからの事を考えるのよ」

「……はい」

「そのビニール袋、貸して。洗うわ」

「え……でも」

「言うとおりになさい」

「……はい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:00:57.29 ID:jongqAto0

森さんは汚れた衣服を水洗いすると、洗濯機に放り込んだ。
申し訳ない気持ちで、胸が押しつぶされそうだった。

「……最近、貴方の身体の調子がおかしいのは知っていたわ」
「ジャンクフードに、不摂生な生活……これじゃ下痢して漏らすのも当たり前よ」
「貴方の担当としての責任は私にあるから、酷くは言えないけど」

「いえ! これは僕の責任で……」

「責任うんぬんより、これからは漏らさない事を考えましょう」
「そうね……食生活の改善はもちろんだけど」
「トイレトレーニングをし直しましょう」

「は? ……えっと」

「ここにオマルを用意しておいたわ」
「さ。これに用を足しなさい」
「ちゃんとできるかどうか、見ててあげる」

これは何かの試練なのか。
屈辱的ではあるが、僕に抗う術は無かった。
下半身のみ全て脱ぎ、オマルに座る。

傍から見ると滑稽に思われるかもしれないが、僕と森さんは大真面目だった。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:04:35.29 ID:jongqAto0

「踏ん張りなさい」

「はい……ふんっ……」

 ポチャン ポチャン

ほんの少し、軟便が出た。
それもそうだ。団室で、大量に出したのだから。
でも。
僕は踏ん張った。

 ジョロジョロジョロ……

尿が出た。
止まらなかった。
五分くらいは出ていたと思う。

森さんの目は、冷ややかだった。

「それだけ?」

「……はい」

「ま、今はそれでいいわ」
「とりあえず、明日からはこれを使用しなさい」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:23:07.91 ID:jongqAto0

森さんが取り出したのは、成人用紙オムツだった。
僕が? オムツ?
笑い出したくなるのを抑える。
糞を漏らす男には、オムツは確かに必要だからだ。

「じゃ、私は帰るから」

「はい」

「……ご飯、作っておいたから。チンして食べなさい」

「あ……何から何まで、ありがとうございます」

「馬鹿ね……」

森さんが帰った後、僕は久しぶりに誰かが僕の為に作った手料理を食べた。
とても美味しかった。
涙が出た。
嬉しいのと、悔しいのと、どちらの涙だったのか。

風呂に入り、丹念にお尻を洗い、眠った。

明日は、学校に行かなくてはならない。
彼と約束したから。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:28:11.33 ID:jongqAto0

――
「古泉くん、来てますかね」

「どうだろ? ショックで寝込んでなきゃいいんだけどね」

登校中、みくるちゃんと出くわしたあたしは、
朝の挨拶のすぐ後に始まった問題について話し始めた。

「だいたい、ウンコなんて人間誰でも出すものなのよ」
「みくるちゃんだって、臭っさいウンコを毎日出してるんでしょ」

「ふええ、毎日じゃありませんよ! 一週間おきです!」

「便秘って辛いわよね……そういう意味じゃ、古泉君の下痢便は羨ましいわ」

「人前で漏らしたら、そんな事は言えないかと思いますよ?」

「まあ……ね。問題は、古泉君に、どう接するかよ」

「いつも通り……じゃ駄目なんですか?」

「変にお漏らしに触れないことが、かえって気を使わせる事になるわ」
「だから……できれば笑って済ませられるようにしたいのよ」

「笑って、ですか」

「そう。なんてことのない、普通のミスって事にしてしまうのが一番なのよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:32:14.06 ID:jongqAto0

「あ、長門さん。おはようございます」

「有希……何それ? 携帯?」

「昨日、撮った動画……」

「こっこれ! 古泉くんが漏らした場面じゃないですか!」
「即刻、消すべきです! こんなの残しておいたら……!」

「待って、みくるちゃん!」

「え」

「使えるかもしれない……この動画……!」

あたしの脳裏には、一つのアイディアが浮かんでいた。
もしかしたら、古泉君に致命的なダメージを与えてしまうかもしれない。
だけど――。

これしか方法は無い。

詳しい説明を二人にして、後は団室に古泉君が来るのを祈るしかなかった。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:37:18.61 ID:jongqAto0

――
長い長い坂道を、汗を流しながら歩く。
今日は古泉は来るだろうか?
あいつなら来るだろう。
古泉の強さ……精神的なものを含めて、それを俺は知っている。

前方に、見覚えのある背中が見えた。

「よっ、古泉」

「おや、おはようございます」

いつもの古泉だ。

「……昨日は、面倒をおかけしてしまって」

「何を言うか。いつもは俺が助けられてるんだろうが。たまには借りを返させろ」

「……ありがとうございます」

だから礼を言うな。
しかし、古泉のズボンが妙に膨らんでいる。
何なんだろうか?
問い詰めるのは止めにした。
これ以上、お漏らしについて触れる事はないだろう。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:41:04.89 ID:jongqAto0

――
教室につくと、ハルヒが迫ってきた。

「キョン。古泉君はどうだった?」

「ああ。昨日は凹んでたけど、今朝は来てた。いつもの古泉に戻ってたよ」

「そう……」

「なあ、あの件だけど」

「大丈夫。分かってるから」

「ならいいんだ。……お前、古泉を嫌いになったか?」

「そんな訳ないでしょ。あんたより頼りになる副団長よ」

「へいへい」

予鈴が鳴り、授業が始まった。


放課後、あいつは団室に来るはずだ。
いつも道理、ボードゲームをしよう。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:46:13.00 ID:jongqAto0

――
授業が終わり、僕は掃除当番だった事を思い出す。
手早く済ませ、団室に行かなければならない。
お漏らしの件は、大丈夫だろう。
彼らは、仲間で友達だ。

オムツをはいてきたお陰で、今日は二度も漏らしたけれど、事なきを済んでいる。
ありがとうございます、森さん。

団室への廊下を歩く。
階段を下りる。

オムツの中身が少しチャポチャポするが、まだ大丈夫。

扉をノック。

「どうぞー入っていいわよー」

涼宮さんの声だ。
いつも通りに扉を開け、入る。

「すみません。掃除当番で遅れてしまいました」

「そんなの適当に済ませちゃえばいいのに! 古泉君は真面目ね!」

いつも通りのやりとり。
しかし、これが幸せってものなんだろう。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:51:06.43 ID:jongqAto0

――
「よう、古泉。今日はどのゲームで勝負をする?」

キョンが言う。
でも、今日はゲームどころじゃないの。
問題を片付けなくてはならない。

「今日は、鑑賞会をするわ!」

「なんだ? 聞いてないぞ?」

「言わなかったもの! さ、有希! プロジェクターをセットして!」

有希は素早くカーテンを閉め、スクリーンを吊り下げる。
みくるちゃんはお茶を入れている。

「明かりを消して!」

「その前に、皆さんお茶をどうぞ〜」

みくるちゃんがお茶を配る。
準備は整った。

皆、お茶を啜りながらスクリーンに向かう。

スタート。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 02:55:07.60 ID:jongqAto0

『ああっ、あっあっ』

『どうした古泉?』

『あっあのあのあの』

『お、おい!』

 ブチャブチャブチャブリブリブリブリブリブリ……

古泉君の、お漏らし現場の動画だ。
有希が撮ったのを、映写した。

古泉君を見ると、身体は固まり、顔は真っ白だった。
ごめん、古泉君。

「……何だよ……何なんだよ、これは!」

キョンが怒鳴る。
うん、分かってる。
でもね。
必要な事なの。

「お前、自分が何をしたのか分かってるのか!」

ええ。勿論よ。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 03:02:19.23 ID:jongqAto0

「ふぐっ……だめですぅ……」

みくるちゃんが一番? 早いのね。

「私も……限界……」

有希、ありがとう。

「あ……何だ、これ……」

キョン。説明してなくて悪かったわね。

「あたしも、もう駄目ぇ!」

 ブリブリブリギュルギュルギュルギュルギュルボルボルボルボル……

あたし、みくるちゃん、有希、キョンが、同時に下痢便を漏らした。
団室は、昨日の比ではない臭さに包まれた。

「え……? あの、え?」

古泉君が戸惑っている。
何が起きたのか、どうしていいのか分からないんだろう。
だから、わたしは言った。

「古泉君! あなた以外、全員ウンコを漏らしたわ! 綺麗にするの、手伝って!」

そう。みくるちゃんのお茶には、超強力な下剤を致死量ギリギリまで入れてあった。
下剤が入っていないお茶を飲んだ古泉君だけが、漏らしていない。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 03:06:38.98 ID:jongqAto0

「図ったな、ハルヒ……」

「ふふふ……団員は一蓮托生よ……」

「と、止まりません……!」

「お腹、痛い……」

さあ! 古泉君! 今こそみんなの世話を焼いて、昨日の失敗を取り返すのよ!
それしかないの! ウンコなんて、誰でもするんだから!

だけど。
古泉君は。

青白い顔に引きつった笑顔を浮かべ。

叫んだ。

「馬鹿にしてんじゃねぇえええええええっ!」

ちょっと、古泉君。
馬鹿になんかしてない。
わたしは、みくるちゃんは、有希は――。

古泉君が団室から飛び出す。

あたしたちは、漏らしながらも彼を追った。

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 03:12:00.88 ID:jongqAto0

――
屋上。

古泉はこんなところまで走ってきやがった。
俺たちは糞を漏らしてるんだ。
走らせんなよ。
まあ、気持ちは分からんでもないが。

「古泉君、話を……」

「うるさい! みんな僕を馬鹿にして! 糞漏らし野郎って思っているんでしょう!」

「そんな事ありません!」

「……これは、SOS団員の皆が同じ立場でありたいという」

「はっ! これを見てくださいよ!」

古泉君はズボンを脱いだ。

オムツをしていた。

「貴方達は、下剤か何かで漏らしを再現したんでしょうが、僕は違う!」
「デフォルトでお漏らし体質なんですよ! はははははっ!」
「面白いでしょう? 笑いたければ遠慮は要りませんよ? というか笑え!」

……古泉君っ!

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/14(水) 03:19:22.57 ID:jongqAto0

――
それからの事は、あまり覚えていない。
俺が覚えているのは、古泉がオムツを脱ぎ、振り回しながら屋上から飛び降りたところまでだ。

ああ、古泉は死んじゃいない。
落下の最中に、漏らした下痢便がクッションになり、両手両足とあばら全部と頭蓋骨陥没で済んだ。

俺たちは、団室で話し合っている。

古泉が退院してきたら。
どう出迎えるかを。

「だから、やっぱりみんなで漏らすの!」

「それは駄目だったろうが。触れずにおくのが一番だ」

「宿便が全部出てスッキリしました〜」

「SOS団全員の脱糞動画が撮れて満足」

古泉よ。
俺たちは、お前の仲間で、友達だ。
だから――。

帰って来いよ、この団室へ。
糞漏らしでもオムツでも、構わない。
お前はたった一人のお前なんだから。

 【End】

108 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/07/14(水) 03:21:54.09 ID:jongqAto0

 仲良しSOS団が書きたくて書きました。
 中学の頃の経験を元にしましたが、何故か心が痛いです。
 優しくされると余計に……ですよね。
 ご覧になった方々、どうもありがとうございました。

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 03:24:24.10 ID:jongqAto0

 漏らしてもエンガチョされなかった良い思い出です。
 いい友人でした(過去形)。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「からいのは嫌い………」