キョン「なぁ古泉 このAV嬢って」 古泉「確かに彼女に似てますね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハニー・ポッター「暴いてみせるわ、マルフォイの企み」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 02:53:25.96 ID:tzx3xL+v0

キョン「やっぱあいつに似てるよな?」

古泉「似てますね、それも恐ろしいほどに」

キョン「…似てるというか正直これはもう」

古泉「はい、僕は限りなく本人だと思います」

キョン「だよな、俺もそう思う」

古泉「ええ それに彼女を知らない人物が初めてこのAVを見た場合……」

キョン「…どうなる?」

古泉「出演してるAV嬢に十人中、八〜九人が一見して目を惹かれるのではないでしょうか?」

キョン「…ふむ さてこの場合俺はどうすべきか?」

古泉「僕に聞かれても流石に返答しかねますね」

キョン「だよな」

古泉「はい」

キョン「よし、本人に会って直接聞くとするか」

古泉「んふっ お供しますよ」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 03:08:35.60 ID:tzx3xL+v0

古泉「…その前にですね」

キョン「どうした?」

古泉「実はですね…僕も昨日 谷口君ー国木田君のラインから借りたんですよ、とあるAVを」

キョン「我が1−5の誇るホットラインか…」

古泉「ええ、本当に彼らには感謝してもしきれません」

キョン「で、何借りたんだ?」

古泉「レズ物です」

キョン「………何?」

古泉「レズ物です」

キョン「二回言わんでいい」

古泉「んふっ すみません」

キョン「……今持ってるのか?」

古泉「ええ 昨日から衣食住共にしています」

キョン「見ていいか?」

古泉「これを見て貴方が後悔しないという保証は有りませんが、それでも良ければ」スッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 04:40:21.24 ID:tY7hYnzxO

キョン「これは……!」

古泉「当然の反応です。流石のあなたも驚かざるをえない」

キョン「古泉」

古泉「はい?」

キョン「これは俺が預かる」

古泉「! ちょっと待ってください!」

キョン「心配するな。あいつらには俺が返しておく」

古泉「そういう問題ではありません!僕はまだ7回しか自慰にしようしていないんですよ!?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 04:52:24.99 ID:tY7hYnzxO

キョン「一本のAVで7回なら充分だろ。製作者側だって満足する数字さ」

古泉「あなたはなにもわかっていない。僕はいつだって25回はっ……!」

キョン「ばらすぞ」

古泉「なっ!……仕方ありませんね。しかし、条件があります」

キョン「わかってるさ。観たら返す、あいつらにも説明して延長してもらうさ」

古泉「……ならばいいでしょう」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 05:03:12.13 ID:tY7hYnzxO

キョン「しかし、これで……」

古泉「はい。SOS団全員がAVの世界に足を踏み入れてしまっているということになります」

キョン「この下半身の憤りをどうすることができようか」

古泉「んふっ。僕でよろしければいくらでも」

キョン「よせ。仕事以外では抱かん」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 05:17:45.27 ID:tY7hYnzxO

キョン「とにかく、3人に事情聴取だ。ことと次第によっては……」

古泉「……んふっ。楽しみですね」

キョン「あぁ。前回の撮影はひどかったからな」

古泉「ええ。まさか二人揃って……」

キョン「言うな、古泉。過ぎたことだ」

古泉「失礼しました」

キョン「……とりあえず行こうか。まずはハルヒの家だ」

古泉「仰せのとおりに」

キョン「……今度の撮影では女の子の尿がいいなぁ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 05:35:53.19 ID:tY7hYnzxO

キョン「ここがハルヒの家か」

古泉「ええ。間違いありません」

キョン「よし、いくぞ」

―ピンポーン


キョン「……留守か?」


―ピンポーン


古泉「いえ、時間が時間ですから可能性は低いでしょう」


―ピンポーン


キョン「ってことは……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 05:55:29.35 ID:tY7hYnzxO

キョン「おっ……おい見えるか?古泉っ!?」

古泉「ええ。はっきりと……!」

キョン「! ならさっさと肩車代われ!双眼鏡を寄越せ!俺にもハルヒのオナニーを見せろ!」

古泉「ほぅ……。これはこれは……」

キョン「おいっ!聞いてるのか……って、おい!?」

古泉「大きな声を出して何ですか?少しは周りも気にしてください」

キョン「お前は俺の後頭部の不快感を気にしろ。動かすな!」

古泉「んふっ。涼宮さんの自慰を見ながらあなたの頭で自慰。最高です」

キョン「なっ…!馬鹿!止めろ!」

古泉「ああっ……もう少しっ!もう少しですっ!」

キョン「なっ!?本当に止めろ!おいっ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 06:16:16.82 ID:tY7hYnzxO

キョン「! そうだ!古泉!そこで止めたらいいものをやろう!」

―ピタッ

古泉「良いもの?それはなんでしょう?」

キョン「い……妹のパンツだ。もちろん使用済み」

古泉「……妹さんの?パンツ?」

キョン「あぁ、そうだ!今すぐ降りれば使用済み靴下もつけよう!」

古泉「妹さんのパンツと靴下……」

古泉「だめだよぅ、古泉くん。そんなとこきたないよぅ、ですか………」

キョン「お前、なにをぶつぶつ言って……」

古泉「うっ……!」

―びりゅっ

キョン「待てっ!なんか湿って…って、ウアアアアアアアアアアアアアアア!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/07(水) 06:18:44.75 ID:tY7hYnzxO

寝る



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カツオ「姉さん!ライアーゲームから招待状が届いたよ!」