キョン「…ラブプラス?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レッド「いいか?エリカさんをよく見ておけ」メタモン「……」

ツイート

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 00:24:32.85 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「ちょっとキョン!何DSにちんちんこすりつけてんのよ」

キョン「ああ、タッチペン無くしちまってな。試しにこれでラブプラスやったら
    すごい興奮するんだよ」

ハルヒ「…そんなゲームなにが楽しいのよ」

キョン「ちょっと待ってな。なかなかリフレインキスが終わらなくって」

ハルヒ「ちんちんくっつけといてなにがキスよ」

キョン「んっ!あ〜あ。画面がドロドロになっちまった」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 00:31:27.04 ID:KY1G6tPv0

キョン「あ〜あ。なかなか精子って落ちないもんだな」

ハルヒ「…しなさいよ」

キョン「えっ?なんか言ったか?」

ハルヒ「アタシのこともアンタのおちんちんでDSみたいに
    グリグリしなさいよって言ってるの!」

キョン「お前何言ってんだよ?」

ハルヒ「いいから早く」グイッ

キョン「おっお前そんなの汚いぞ」

ハルヒ「どう?尿道に残った精子をアタシの鼻にグリグリなすりつけてる気分は?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 00:49:17.34 ID:KY1G6tPv0

キョン「…グニグニしてて気持ちいい」

ハルヒ「でしょう。次はおめめをグリグリしていいよ」

キョン「さすがにそれは危ないって」

ハルヒ「ふふ、キョンのならいいのよ」

キョンの亀頭がハルヒの眼球を撫でる。

ハルヒ「あぁ、ちょっと痛いけど気持ちいい」

キョン「おい、涙出てるぞ!やっぱやめよう」

ハルヒ「嬉しくて泣いてるの、察しなさいよ。キョンの精子がアタシの目を
    泳いでるのが見えちゃいそう」ヌルヌル

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 00:57:11.25 ID:KY1G6tPv0

ハルヒの耳の穴、髪の毛とキョンのオスの匂いをこすりつけると、ハルヒは
おもむろに服を脱ぎだし、靴下だけの状態になった。

ハルヒ「ラブプラスじゃ、こんな所グリグリできないでしょ?」

ハルヒの薄桃色の乳首を、赤黒いキョンの亀頭が透明の液を塗りたくる。
たまに乳房にペニスを食い込ませると、ハルヒが吐息を漏らす。

キョン「ハルヒ…下の方もやりたい」

ハルヒ「うん。パンツが濡れてて気持ち悪いから、キョンが脱がせて」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:04:42.20 ID:KY1G6tPv0

キョンが下着を脱がせると。甘酸っぱい匂いが漂ったような気がした。
それほどにハルヒの秘部はヌラヌラとよだれを垂らしていたのだ。

キョン「お前、こんなにエロかったっけ?」

ハルヒ「そんなこというなぁ。だって、キョンが寧々さんにハマってからこの何カ月の間、
    一人エッチもせずに待ってたんだよ?エッチなゲームみたいにつるつるのアソコじゃないけど、
    キョン専用のアソコなのに」

キョン「ごめんなハルヒ。気づいてやれなくって」

キョンがペニスをハルヒの恥肉にあてがう。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:12:46.43 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「ふぁ、きてぇ」

キョン「いーや、まだだ」

キョンはペニスの先でハルヒの濡れた肉をクチュクチュとなぞる。

ハルヒ「そんなぁ。早く入れてよう。…頭おかしくなりそう」

キョン「お前の弱点は覚えてるんだぜ?」

そういうとキョンは、器用に指でハルヒの秘部を拡げ、これでもかというほど
大きくなったクリトリスをむき出しにした。そしてまたそこを亀頭で転がすようにいじる。

ハルヒ「だめぇ。だめぇ意地悪しないでぇ」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:18:53.20 ID:KY1G6tPv0

キョン「そんなに入れて欲しいのか?」

ハルヒ「うんっうん。久しぶりにイクのはやっぱりちんちん入れた時がいい」

キョン「どうしようかな?」

ハルヒ「そんなぁ。早くいれ、んぁぁぁっ」

不意にハルヒの膣の中をキョンのペニスが貫いた。

ハルヒ「そんなっいきなり…あっあっあっ」

キョンは激しく腰を振りながら、ハルヒの乳首にむしゃぶりつく。

ハルヒ「ひぁぁ、キョンすごい。もうイッちゃうぅ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:26:09.62 ID:KY1G6tPv0

その瞬間、キョンの腰の動きが止まる。

ハルヒ「なんでぇ?何でやめちゃうの…もうちょっとでイキそうだったのにぃ」

キョン「久しぶりだからな。そう簡単にはイカせないぞ」

ハルヒ「そんなぁ、バカキョン」

そういいつつも、ハルヒの顔はこの上なく幸せそうだった。

キョン「お前が好きなやつやってやるよ」

ハルヒ「うん。アレだいしゅきぃ」

ハルヒは四つん這いになりキョンはゆっくりと後ろから、ペニスを挿入する。
そして、これでもかという位ゆっくりと、ハルヒの膣内を味わうように腰を動かす。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:41:14.82 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「ふーふーんあぁ」

キョン「どうだハルヒ」

ハルヒ「おちんちんあったかくて、気持ちいい」

キョン「肛門にトイレットペーパーついてるぞ」

ハルヒ「そんなぁ。んぁぁ、ひ、どいよ」

キョン「冗談だよ。そろそろいくぞ」

キョンが腰の動きを速めようとするとハルヒが言った。

ハルヒ「久しぶりだから…顔見ながらイキたい」

キョン「わかったよ」

正常位になると、またキョンは激しく腰を振り始めた。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:46:55.47 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「はぁっキョン、はぁぁ」

キョンの身体にハルヒは必死でしがみつく。
ハルヒの胸には、ポタポタとキョンの汗が落ちた。

キョン「お前、何か締まりすぎだぞ」

ハルヒ「んあぁぁ、しかたないのぉ」

キョンは激しく腰を振りながらも、ハルヒが一番感じる部分を執拗にこする。

ハルヒ「あぁあ、イクぅ、キョン!キョン!」

キョン「俺もだ」

          ビュッビュルドクドク

ハルヒ「ふぁぁ、あつい」

キョンは射精が完全に終わるまで、ハルヒの膣内で精子をかき混ぜ続けた。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 01:54:22.98 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「はぁはぁ、しあわせ」

キョン「俺もだ」

ハルヒ「そういえば忘れてた」

キョン「何をだ?」

ハルヒ「キスして?…寧々さんよりも長く」

キョン「ゲームと自分を比べんなよ。ほら」

ハルヒ「んちゅ、ぷはぁもっとぉ」

汗ばんだ身体で激しく抱き合いながら、二人は激しくキスをし続けた。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 02:03:18.21 ID:KY1G6tPv0

ベッドの上で、ハルヒはキョンに腕枕をされている。

ハルヒ「ねぇキョン。気持ち良かった?」

キョン「ああ、これ以上ないって位にな」

ハルヒ「ホントに?じゃあアタシと寧々さんどっちが好き?」

キョン「あのなぁ。あれはゲームだぞ」

ハルヒ「どっちが好きなの?答えて!」

キョン「ハルヒに決まってんだろ」

それを聞いたハルヒの顔がパァっと明るくなる。

ハルヒ「じゃあもうラブプラスなんてやらなくていいよね!」

キョン「それとこれとは話が別だ。俺がゲームを楽しむのをお前が決めることじゃないだろう?
    実際に浮気してるわけでもないのに」

ハルヒ「…そうね」

キョン「ちょっと寝ようぜ。久しぶりで疲れたしな」

ハルヒ「…うん」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 02:20:57.98 ID:KY1G6tPv0

キョンが目を覚ますと、そこは以前来たことのある、あの暗い空間だった。
ただ一つちがうのは、キョンはベッドの上で鎖に繋がれていたことだった。

ハルヒ「ふふ、目を覚ました?キョン」

キョン「おい、ハルヒ何だよこれ」

ハルヒ「アタシもわからないわ。でもね、ゲームの中の寧々さんみたいに
    キョンのことを狭いところに閉じ込めて、一人占めしたいなって思ってたら、
    叶っちゃった。ふふ」

キョン「バカなこと言うな。早くこの鎖をはずせ!」

ハルヒ「いやよ」

ハルヒはキョンの股間を愛おしそうに撫でた。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 02:29:43.05 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「ふふ、おちんちんかわいい」

キョン「こんな時に何バカなことやってんだよ」

ハルヒ「これじゃあラブプラスも出来ないね。キョン」

キョン(そうか、俺がラブプラスにはまったことに怒ってんだな)

ハルヒ「なんかちんちんが縮まってるよ。怖いの」

キョン「ハルヒ、俺が悪かった。もう二度とラブプラスとかやらない!
    お前だけを見てるから。な?」

ハルヒ「…本当?」

キョン「ああ、本当だとも」

ハルヒ「嬉しい…でも一度裏切られたらそんなに簡単に信じられないわよ」

キョン「じゃあどうすりゃいいんだよ!」

ハルヒ「アタシの言うこと、全部聞いてくれたら信じるわ」

キョン「…わかったよ。なんでもする」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 02:44:04.93 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「ありがとう。やってほしいことがありすぎて困るわ」

キョン「なにがしたいんだよ」

ハルヒ「そういえばキョン、アタシがせっかくお尻の穴いじってあげようと
    したのに、拒否したわよね。それ以来してなかったけど、今日はいじらせてもらうわ」

キョン「…好きにしろ」

ハルヒの白い指がキョンの肛門を押し広げていく。なかなかきつくて入らなかったが、
ハルヒは唾で指をぬめらせ、人差し指が全て挿入された。

ハルヒ「ああ、あったかい。あら?おちんちんが大きくなってない?」

キョンの肛門がグリグリと掻きまわされる。

キョン「んんっ」

ハルヒ「ふふ、夢がひとつ叶ったわ」

ハルヒは肛門から指を抜くと、人差し指の匂いを嗅いだ。

ハルヒ「あぁ、いい匂い。キョンも嗅いでみて?いや、味わってみて」

そういうとハルヒは、人差し指をキョンの唇にグリグリと押しつけた。
    

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 02:54:47.52 ID:KY1G6tPv0

キョン「んぷっやめろ」

ハルヒ「早く指をなめなさいよ。言うこと聞くんでしょ!」パリン

どこかでガラスの割れる音がした。キョンは仕方なく自分の肛門の匂いのする指を舐めた。

ハルヒ「あぁ、キョンのその悔しそうな顔…すごいかわいい」

キョン「ほら、これでいいのか」

ハルヒ「そういえばキョン。お腹すかない?」

キョン「俺は…別に」

ハルヒ「キョンが寝てる間にね、誰もいないスーパーから色んな食べ物持ってきたの。
    アンタ少し体調悪そうだから、精のつきそうなものがいいわね」

そういうとハルヒは納豆と生卵を取り出し、それらをぐちゃぐちゃとかき混ぜた。

キョン「それを俺にくれるのか?」

ハルヒ「うん。でもキョン手が使えないもんね。食べさせてあげる」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 03:00:11.45 ID:KY1G6tPv0

そういうと、ハルヒは納豆を自分の口に含んでもぐもぐと噛み始めた。
十分に咀嚼した後で、飲み込まずにキョンに顔を近づける。

キョン「おっおい何するきだよ?」

キョンの言葉を遮るように、ハルヒはキョンに口づけをした。
そして口の中に含んでいた、噛み砕かれた納豆を、キョンの口に送り込む。

キョン「んっんん、んぷぅ」

ハルヒ「残さず食べるのよ。愛情がこもってるんだからね」

キョンはえづきながらも、それらを何とか飲み込んだ。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 03:10:36.81 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「やっぱり納豆は臭いわよね。何か飲み物はと」

ハルヒは下着を脱ぎ、スカートをまくってキョンの顔の上でまたがるポーズをとった。

キョン「おっおい」

ハルヒ「ジュースだすね。ちょっとまって」

ハルヒの性器から、最初にぴゅっと尿がこぼれると、その後は勢いよく尿が
キョンの顔に降り注いだ。

キョン「んんん、ペッ」

ハルヒ「ほらぁちゃんと飲んでぇ」

          ジョジョジョビチャビチャ

ハルヒ「キョン…アタシのおしっこおいしかった?ふふ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 10:17:23.26 ID:KY1G6tPv0

キョン「かはっゴホゴホ」

ハルヒ「まだ、納豆の匂い消えてない。仕方ないわね」

ハルヒの肛門が、あくびをするように大きく開き、尻がぷるぷると震えはじめた。

キョン「おっおい。どうしたんだ?」

ハルヒ「ネコハルヒだよ。どこでもうんちしちゃうにゃ〜」

キョン「そっそれだけはやめてくれぇ」

ハルヒ「んんん!にゃ〜」

          ブリュブピピピモリモリ

キョンの顔面に、湯気が立ちそうな位な、ハルヒの出したての大便が落ちていった。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 10:25:25.96 ID:KY1G6tPv0

キョン「うわぁぁあ、うぷっおえぇ」

ハルヒ「おしりタッチペンでグリグリしてあげるね?」

そういうとハルヒは腰を落とし、キョンの顔に乗っかっている大便を、
キョンの皮膚に染み込ませるように、自分の尻でかき混ぜ始めた。

キョン「うががぁ。うぷっうぇえ」

          グチャグチャヌリュヌリュ

ハルヒ「ふふ、キョンの顔とアタシのお尻がうんちまみれ…」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 11:08:49.92 ID:KY1G6tPv0

ハルヒ「はぁ〜気持ち良かった」

キョン(これでもとの世界に戻れるだろう)

キョンの思った通り、目が覚めるとそこは元の世界だった。

キョン(うう、あれは結局夢だったのか?やな夢だぜ)

キョンは枕元に置いてあったDSを開き、電源を入れる。

キョン「寧々たんの顔でも見て、落ち着くか…」

画面がついた瞬間、信じられない光景が映っていた。
そこにはデキシーズの服を着た女が大便をしている後ろ姿が映し出されたからだ。

キョン「…寧々さん?」

キョンの声に反応して、画面の中の女が大便をしながら振り返った。

キョン「ひぃぃっ」

振りかえった寧々の顔は、大便にまみれてニヤニヤと顔を歪めていた。

キョン「いやぁぁぁ」



            完

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/06(火) 12:04:35.80 ID:KY1G6tPv0

イイハナシダナー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:唯「(友達が出来ない・・・・・・)」