キョン「ハルヒ、しりとりしないか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド博士「夜神月くんそこに3冊のノートがあるじゃろ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:05:28.58 ID:WYrnNQBj0

ハルヒ「え、何よ急に」

キョン「いいじゃねぇか。この授業は退屈でたまらん
    暇つぶしにしりとりするぞ」

ハルヒ「確かに退屈だわ
    そうね、いいわよ」

キョン「よしきた」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:10:42.39 ID:WYrnNQBj0

キョン「んじゃあまずは涼宮ハルヒのヒからな」

ハルヒ「な、何よそれ」

キョン「ダメか?」

ハルヒ「なんか最初に自分の名前使われるのって嫌じゃない?
    そういうもんは普通切り札にとっておくものでしょ?」

キョン「わがままなやつだな」

キョン「わかったよ、んじゃお尻の「り」な」

ハルヒ「なんでそこでお尻になるのよ!訳がわからないわ
    それにあたしの後ってのもなんか嫌よ」

キョン「なんだよ?じゃあなんならいいんだ?
    シコリの「リ」か?」

ハルヒ「さっきからなんなのよあんたのチョイスは!どうかしてるわよ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:13:33.89 ID:WYrnNQBj0

キョン「わかったよならお前が決めろ」

ハルヒ「そうこなくっちゃ!
    そうね……ミステリーの「リ」よ!」

キョン「おいおいちょっと待て、それは納得がいかん」

ハルヒ「はぁ?どこがよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:20:59.73 ID:WYrnNQBj0

キョン「その場合普通「い」だろうが!「ー」←これはどこにいったんだ?」

ハルヒ「さすがはバカキョンね……
    そういうルールにしてしまったら「あ行」の出番が極端に増えるじゃない!」

キョン「そこで潰し合うのがおもしろいところだろ!?
    『え〜もう「い」なんかないって〜』とか言うのがしりとりだろうが!」

ハルヒ「そんなものわざわざ「ー」←これの存在を認めなくてもできるじゃない!
    スイカ、真っ赤、民家、実家、ほらこれでもう
    『もう「か」なんてないわよ〜』って会話が生まれるじゃないの!」

キョン「お前普通イカはでてくるだろ……民家ってなんだよ」

ハルヒ「そ、それは今はいいじゃないの別に!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:25:13.59 ID:WYrnNQBj0

キョン「わかったよ
    このままじゃいつまで経っても始まらないからな
    今回は特別に「ー」←こいつの存在は無視という方向でいく」

ハルヒ「わかればいいのよ!」

キョン「臨死体験ってしたことあるか?」

ハルヒ「は?急に何よ?しりとりはどこにいったのよ」

キョン「もう闘いは始まってる
    余計な口は今後一切許さん
    その時点でお前の負けとする」

ハルヒ「ちょ、何言っt……っは!」

キョン「……さあ、お前の番だ
    『ミステリー』の「り」
    そして『臨死体験ってしたことあるか?』の「か」」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/08(土) 06:31:00.66 ID:WYrnNQBj0

ハルヒ「っく……なんて高レベルな争いなの?
    序盤からこんなに飛ばしてくるなんて
    中々やるじゃないの」

キョン「どうした?早く言わないとお前の番は終わっちまうぞ?
    ほら残り5秒だ」

ハルヒ「か、考えられないわ!!
    時間制限があると言うの!?
    たかが授業中の暇つぶしなのよ?
    わざわざこんなに緊張感を持たなくたっていいのに……」

キョン「2……1……0」

キョン「おいおいもう終わりか?
    随分拍子抜けだ
    まあ今回は俺の勝ちということで文句はないな?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:36:05.73 ID:WYrnNQBj0

ハルヒ「甘いわね……バカキョン」

キョン「なんだと?」

ハルヒ「よーく、あたしの発言を振り返ってみなさい」

ハルヒ「勝負はまだ、終わっちゃいないわ!!」

キョン「ま、まさか……」

ハルヒ「あははっ!そうよ!そのまさかよ!
    今からおよそ22秒前のあたしの発言
    『か、考えられないわ!!』から始まるセリフ
    それは前回のキョンの発言『臨死体験ってしたことあるか?』の「か」から続いている言葉なのよー!!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:40:07.09 ID:WYrnNQBj0

キョン「な、なんだってー!!!!」

先生「こらそこォ!!うるさいぞ!!!」

キョン「あ、すいません」

キョン「つまりお前はあれか?
    タイムオーバーで負けたと見せかけて
    実はもう既に後に続く言葉をこたえていた。ということなのか!?」

ハルヒ「そうよ!思い知った?これがあたしの実力よ!」

キョン「くそ……こいつは予想以上の腕だ
    しかしな、ハルヒ。お前はまだまだ甘い」

ハルヒ「な、何よ!完全に騙されていたじゃない!」

キョン「騙された?俺が?いつ?」

ハルヒ「いつって……あんたさっk」

キョン「おっと、まさか『騙されてあげていた』ということに気がついていないのかな?」

ハルヒ「な、なんですって!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:44:42.23 ID:WYrnNQBj0

キョン「お前が言ったセリフをそのまま返すのも癪だが、仕方がないだろう
    『俺の発言をよく振り返ってみろ』」

ハルヒ「ま、まさか……いえ、何も見当たらないわ!
    どう考えたってあたしの勝ちよ!
    あんたやっぱり騙されていたのね!」

キョン「ふふふ……あはは、あーっはっはっは!!」

ハルヒ「ぐっ……」

キョン「しょうがない、説明してやろう」

ハルヒ「こいつッ!!」ギリッ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:48:56.73 ID:WYrnNQBj0

キョン「お前は『か、考えられないわ!!』から続くセリフだと言ったな?」

ハルヒ「え、ええ、そうよ!」

キョン「その4行にわたる長々としたセリフは
    『わざわざこんなに緊張感を持たなくたっていいのに……』という文章で締めくくられている。そうだな?」

ハルヒ「そういうのはいいから!もったいぶらないで早く言いなさいよ!!」

キョン「ふふっ……そのすぐ下の俺の発言を見てみろ」

ハルヒ「はぁ?そのすぐ下って……ま、まさか!!」

キョン「そうだ、そのまさかだ
    ハルヒの言葉『わざわざこんなに緊張感を持たなくたっていいのに……』
    つまり俺へと続く文字は「に」だ」

キョン「そしてそのすぐ下にある俺の発言
    『2……1……0』
    後は、わかるな?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:51:04.51 ID:WYrnNQBj0

ハルヒ「に、いち、ぜろ…………その最初につく言葉は、「に」
    あんたも、既に自分のターンを終了させていたと言う訳ね」

キョン「その通りだ」

ハルヒ「これは一本とられたわ……今回はあたしの負けね
    でも!まだしりとりというゲームは終わった訳じゃない!!」

キョン「ああ、そうだn」

キーンコーンカーンコーン

キョン「おっと、どうやら、幕を閉じるときがきちまったらしい」

ハルヒ「なんて、なんて残酷なの……?
    たかがチャイム、されどチャイムとはよく言ったものね」

キョン「ああ、その通りだな」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 06:52:28.21 ID:WYrnNQBj0

ハルヒ「キョン!また勝負をさせてもらうわ!!
    その時は、あんたに絶対勝ってみせるから!!」

キョン「ふっ、楽しみに待ってるぜ」

ハルヒ「ええ、勝ってみせる……必ず」

先生「お前ら2人、ちょっと職員室にきなさい」

キョン&ハルヒ「嫌だ!!」

先生「なっ!」

キョン「「い」やだ…ってな」

〜終わり〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「そうだ、ハルヒに腹パンしよう」