橘「キョンさん、これを見てほしいのですっ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「事件だ!」満潮「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 19:07:27.83 ID:NwcOYlqt0


キョン「おお、これは豪勢ななお弁当だな。
    で、それを俺に見せびらかして一体どうするつもりなんだ?」

橘「それはお弁当を>>5と食べようと思っていたからなのです。」



昨日も同じようなスレ立てちゃったけど、懲りずにまた立ててみた。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:07:42.15 ID:GbhIp0pJ0

朝倉

8 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:22:36.63 ID:NwcOYlqt0

橘「それはお弁当を朝倉さんと食べようと思っていたからなのです。」

キョン「一体どうして朝倉なんかと?」

橘「朝倉さんは料理が上手なのです。だから私の料理を食べてもらってアドバイスをもらうのです。」

キョン「そうなのか。朝倉なら長門と同じマンションの○○号室にいるぞ。」

橘「ありがとうなのです。それではいってきますっ。」バイバーイ

キョン「(ちゃんとできてればいいんだけどな・・・。)」



9 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:23:56.57 ID:NwcOYlqt0

ピンポーン

橘「朝倉さーん。」

朝倉「あら、あなたは確か佐々木さんのお友達の橘さんね?一体私に何の用かしら?」

橘「朝倉さんはお料理が上手と聞いたので、私の作ったお弁当にアドバイスがほしいのです。」

朝倉「そんなことならお安いご用よ♪さ、あがって。」

橘「おじゃましまーす。」

朝倉「で、どんな料理を作ってきたのかしら?」

橘「まずは私の自信作>>12なのですっ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/28(日) 20:30:23.77 ID:j0Dnq8Zm0

トリカブトの丸焼き

14 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:39:23.65 ID:NwcOYlqt0


橘「まずは私の自信作のトリカブトの丸焼きなのですっ!」

朝倉「あら、どうしてこんなものを丸焼きにしたのかしら?」

橘「この前散歩してたらきれいなお花が咲いていて美味しそうだったからつい。
  ささ、遠慮せずに食べてください。」

朝倉「・・・いただきます。」パクッモグモグゴックン

朝倉「えーっと、これはどうやら有毒植物みたいね。私だったから生きてるけど
   普通の人間が食べたら確実に死んでるわよこれ?」

橘「そうだったんですか。」ションボリ

朝倉「(え、なんかものすごく落ち込んでるし・・・。)」

朝倉「で、でも味付けはしっかりしていたから食材さえ失敗しなければ大丈夫よ♪」

橘「ほんとですか?ありがとうなのですっ。」キラキラ

橘「じゃあ次は>>22を食べてほしいのです。」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:44:25.01 ID:GbhIp0pJ0

たわしコロッケ

25 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 20:53:41.12 ID:NwcOYlqt0

橘「じゃぁ次はたわしコロッケを食べてほしいのです。」

朝倉「(た、たわし?何言ってるのこいつ?)」

朝倉「ねえ橘さん。たわしって食べ物じゃないくらいわかるわよね?」

橘「亀の子たわしって書いてあったからきっと亀の珍味なのです!
  ささ、どうぞ召し上がれ。」

朝倉「いい?亀の子たわしは形が似ているだけで、亀の子は使われていないの。
   これで食べ物じゃないってことがわかったかしら?」

橘「うう、食べてくれないんですか?」ウルウル

朝倉「(うっ、そんな涙目で私を見つめないで・・・。)」

朝倉「分ったわよ。食べるわよ!」ジョリジョリモサモサ

朝倉「これは口の中が傷まみれになるからやめた方がいいわよ」ウルウル

橘「そうですか・・。」ションボリ

朝倉「ていうか、料理の練習をしてどうするのよ?誰かに御馳走するわけ?」

橘「そうなのです!>>35に私の手料理を食べてほしいのです。」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 21:02:54.86 ID:XtJxKQDD0

 |ヽ
 |w0) 剣崎
 |⊂
 | 

38 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 21:30:41.13 ID:NwcOYlqt0

橘「そうなのです!剣崎に私の手料理を食べてほしいのです。」

朝倉「(ちょっとダディャーナザァン)」

橘「あいつの滑舌はひどいのです。だから私の美味しい料理で少しでもよくなったらなって」テヘッ

朝倉「そうなの・・・でもいまのあなたの腕前じゃオンドゥル語どころか失語症になっちゃうわね」

橘「だからお願いです、朝倉さん。私に料理を教えてほしいのです!」

朝倉「(死者を出す前に私が何とかしなければ・・・。)」

朝倉「分ったわ。そうね、まずは食材選びk」ピンポーン

橘「だれか来たみたいなのです。」

朝倉「はーい」ガチャ

朝倉「あら>>43いらっしゃい」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 21:35:44.98 ID:GbhIp0pJ0

あちゃくらさん

49 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 21:51:07.12 ID:NwcOYlqt0


朝倉「あらあちゃくらさん、いらっしゃい。」

橘「ちっちゃい朝倉さんがいるのです!すごく可愛いのですっ!」キラキラ

朝倉「ちょうどよかったわ。あちゃくらさん、あなた橘さんに料理を教えてあげて。」

あしゃくら「え、でも長門さんのお世話はだれがするんですか?」

朝倉「これは人命がかかってるの。緊急事態なの!」ボソッ

あしゃくら「どういうわけか知りませんがそこまで言うならやりましょう」ボソッ

橘「さっきからなにをこそこそしてるんですか?」

朝倉「いや、あちゃくらさんに住み込みで教えてもらうことにしようって話してたんだけど。
   橘さんの家はあちゃくらさんが行っても大丈夫かしら?」

橘「あちゃくらさんと生活できるんですか?全然問題ないです。
  むしろ大歓迎なのですっ!!」

朝倉「じゃあよろしく頼むわね、あちゃくらさん♪」

あちゃくら「任せてください」

橘「じゃあ今日はこれで失礼するのです。」バイバーイ

51 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:07:18.26 ID:NwcOYlqt0

一週間後
ピンポーン
橘「こんにちはーなのです!」

朝倉「いらっしゃい、橘さん。」

あちゃくら「ただいま・・・。」

朝倉「どうしたのあちゃくらさん?そんなにやつれてしまって。」

あちゃくら「お料理を教えようとしたんですが、あれはもはや料理を超えてました。
      寝る時もずっと抱きしめたままで、それでいて寝ぞうがわるい」ボソッ

朝倉「そうだったの・・・ご愁傷様♪」

あちゃくら「まさか、こうなることを見越して?」

朝倉「さぁ?どうだか♪」

あちゃくら「ひどいです〜朝倉さ〜ん」ウルウル

橘「また二人だけでお話ですか?それより私のお弁当(改)が完成したので
  剣崎に食べさせようと思うのです。ここに呼んでもいいですか?」

朝倉「もう好きにして頂戴。」

プルルルプルルル
橘「もしもし、剣崎さんですか?急用があるのですぐ○○マンションの○○号室に来てください」
ガチャッツーツー

52 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:08:40.43 ID:NwcOYlqt0

数分後

ピ゚ンポーン

剣崎「ダディャーナザァン」

橘「いらっしゃいなのです。その人は朝倉さんです。」

剣崎「アザァグラザァン?ハディメマジィデ」

朝倉「・・・どうも。」(ほんとにひどい滑舌ね)

橘「実は私のお弁当を食べてほしくて来てもらったのです。
  まずは>>55から食べてください。」


ごめん、ほんとに剣崎わからない><

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:11:59.42 ID:RpKL4cqo0

虎太郎のスパゲティ
とっても不味いけど橘さんは大好き

59 名前:[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:21:50.38 ID:NwcOYlqt0

橘「まずは虎太郎のスパゲティから食べてください。」

朝倉「自分のものは食べさせないの?」

橘「まずいものを先に食べさせて感覚を麻痺させるのです」ボソッ

朝倉「(なかなか賢いけどこの子の料理に意味あるのかしら・・・)」

剣崎「ウェエエエイ!!ウェイ!ウェイ!ウェッ!ウェッ!ウェイ!」

朝倉「・・・・ほとんど残してるし。」

虎太郎「ワーチョマーチョマーチョナチョノーン?」

朝倉「誰?」

橘「食べましたね!じゃぁ次は私の>>60を食べてください。」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:22:33.98 ID:k6GWfvAj0

イナゴの佃煮

64 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:36:36.78 ID:NwcOYlqt0

橘「じゃぁ次は私のイナゴの佃煮を食べてください。」

剣崎「(イナゴ…バッタ…カメンライダー・・・ミカタ?)」

剣崎「オレァ クサムヲ ムッコロス!」

朝倉「え?今何て?」

剣崎「ヘシン!」

橘「うわっ、剣崎さんが急に変身したのです!」

朝倉「危ないっ」ブンッガキィン

朝倉「橘さん、危ないから少し離れていてね・・・。」シャキィィン

剣崎「ダディャーナザァーン!ナズェミデルンディス!」

橘「やっぱり聞き取れないのです・・・」

朝倉「覚悟しなさい♪」

剣崎「ウェエエエイ!!ウェイ!ウェイ!ウェッ!ウェッ!ウェイ!」

剣崎「グハァ」

朝倉「勝負ありね♪」


67 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:41:23.85 ID:NwcOYlqt0

剣崎「ウゥゥ、今やらなくては、エライシゴトダ!」

橘「カラダガドロボーニナルド!」

朝倉「望む所だ。ケッチャコ。」

ダダダダッ スパンッ ボトッ ゴロゴロ

橘「ゲゲゲー!」

床に転がる剣崎の頭

血まみれのナイフをいとおしく眺める朝倉

泣きわめく橘



果たしてこの世界に平和は訪れるのだろうか?




71 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:44:19.69 ID:NwcOYlqt0


いろいろとごめんなさい
今回は完全なる知識不足でした

72 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 22:53:17.11 ID:NwcOYlqt0

これより>>1の童貞卒業までを描いたサクセスストーリーに変わりますが需要ある?w

77 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 23:03:30.87 ID:NwcOYlqt0

さて俺が童貞を卒業したのは3月12日のことだ
(全然サクセスストーリーじゃないぜw)

78 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 23:08:01.67 ID:NwcOYlqt0

なんか入試の関係で高校生だったから彼女に「家来る?」
と聞いてみるとあっさりOK

ちなみにこの時点で家に誰もいないことは伝えてあった

んで、まぁコンドーム買いにいくよな

ローソン行ったよ

で、店員が2人で一つのレジにいるの

女がピッってして男が袋に入れてるの

だから他の客の後ろに並んで男が「こちらのレジどうぞ」っていうのを狙った

成功した

んで家帰ってつける練習したw

80 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 23:11:35.65 ID:NwcOYlqt0


で、数日前から部屋の大掃除するわな

俺の家は田舎だからとにかくカメムシが出てきた

でもそれ以上に陰毛が出てきた

ほんと彼女の前で陰毛出てきたらいやだからめっちゃ掃除した

で、見つかったらまずいものも隠した。元カノのものとか

(今まで付き合った人数は今の彼女も含めて4人です)

ほんとにこれ需要ある?

82 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 23:15:42.62 ID:NwcOYlqt0

なさげやからオチ言うね

俺緊張のあまり




















勃たなかったんだ


83 名前:(0w0)[] 投稿日:2010/03/28(日) 23:16:51.01 ID:NwcOYlqt0

で必死にしごいて挿入したら



















すぐに出ちゃったんだ

以上だ、いい夢見ろよ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「おいハルヒ、飲みすぎだ」