長門「古泉一樹、あなたにお願いがある」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門有希「・・・・飲んで」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 20:24:07.48 ID:l53MsLB70

古泉「何でしょう?」

長門「私はこれからりんごを食べる。だけどその食べたりんごを”毒りんご”だとみんなの前で言って欲しい」

古泉「フムフム」

長門「言った後、古泉一樹あなたは”彼にキスをして起こしてもらうしかない”ということも言って欲しい」

古泉「腹黒い方だ」

長門「私は彼とキスをしているときの、彼の唇の感触、舌の温度、唾液、鼻息のニオイに興味がある」

古泉「わかりました。ご協力致しましょう」

長門「感謝する」 うはうは

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:50:21.55 ID:T6ox3Vyo0

キョン「おーす…ん?珍しい組み合わせだな」ガチャ

長門「お腹がすいた」

ハルヒ「やっほう!ん…珍しいわねアンタが先にいるなんて」ガチャ

長門「このりんごを食べよう」スチャ

みくる「遅れてごめんなさぁ〜い」ガチャ

長門「いただきます」

長門「非常においしい」モグモグ

長門「ぐわ」ガタ

長門「うぐぐ」プルプル

長門「謀った…な…」ピーン

長門「ぐは」ガク…


キョン「長門?」

ハルヒ「有希、どうしたのよ、ねえ!」

みくる「ひゃああ、長門さんが、長門さんがあ〜…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 21:56:30.31 ID:T6ox3Vyo0

長門(ゴー)

古泉「…」コクリ

古泉「えー、オホン…長門さんはどうやら毒りんごを食べてしまったようです」

キョン「毒りんご…?」

古泉「彼に…じゃなかった、貴方にキ

キョン「古泉…」グイ

古泉「えぐっ、ちょ、何ですか…」ググ

ハルヒ「何故、有希が食べたりんごが毒だと判ったのかしら…」

古泉「何でって…」

みくる「ああ…あああ…なんてこと…」

古泉「話を聞いてくださ…ぐえ」

キョン「語るに落ちるとはこのことだ…つまり毒りんごを用意したのは…」

ハルヒ「あんたよ!古泉一樹!!」


長門(大変なことになった)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:04:03.91 ID:T6ox3Vyo0

古泉(長門さん!エマージェンシー!エマージェンシー!)

長門(早くキスのくだりを話すべき)


古泉「は、話しを聞いてください…苦しい」

キョン「ふざけなさんな!てめえ、絶対に許さん…ッ」

古泉「ですから…」

ハルヒ「うわぁぁああん!有希、有希ぃいいっ!目を覚ましてよぉ〜」ピャー

古泉「だからね、あのね」

みくる「ひゃああ〜誰か〜人殺し〜」タタタタ…

古泉「あっ!ちょ、待って!あさひんぐっ」

キョン「よくも長門を…ッ!オラッ!」バキ

古泉「ぶほっ」ズシャ


古泉(長門さん!指示を!)

長門(彼が私のために烈火の如く怒っている…私だけのために)ニヤニヤ

古泉(ながとさぁ〜ん!?)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:14:33.42 ID:T6ox3Vyo0

古泉「わかりました!正直にいいます!え〜あのですね、えと、その」

キョン「言い訳ならあの世で長門本人にいいな…俺達は…」ポキポキ

ハルヒ「アンタを許すつもりはないのよ…」パキポキ

古泉「あわわ、な、長門さんを助ける方法が一つだけあるんです!」

キョン「ほう…続けろ」

古泉「それは」メシャコ

長門(ストレートが綺麗に入った)

古泉「はっぶふぉお〜…」ボタボタ

ハルヒ「常識で考えなさいよ古泉君…どうやって死者を助けるつもり…?」

古泉「ほほ…ほぼほぉ…」ドクドク


古泉(長門さん!一旦起きて!)

長門(さすがの私もここで起きるのは頂けない。立場が無い)

古泉(僕の立場は!?)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:23:01.98 ID:T6ox3Vyo0

キョン「大丈夫か…古泉…」

古泉「あ…あいじょふれふ…」ダラダラ

キョン「そうかそうか…ソアッ」バチィ

古泉「ん゛んっ」

長門(逆水平…わたしのための…)ポー…

キョン「長門を殺しておいて大丈夫たぁ御機嫌じゃぁねぇか!古泉さんよおっ!」

古泉「だ、だから…長門さんを助けるには…」

キョン「まだ言うかッ!」ブア

古泉「ひぃっ!」

ハルヒ「待ちなさい、キョン」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:28:49.98 ID:T6ox3Vyo0

古泉「しゅ、涼宮さん…?」

ハルヒ「一応言ってみなさい…」

古泉「あ、ありがとうございます!ありがとうございます!」

ハルヒ「10……9……」

古泉「ひぃ、あのですね、彼が長門さんにキッスをすると生き返るんじゃないかなと…」
  (あれ…?これやられフラグ…?流れ的に…このssの…)

ハルヒ「…8…7654321…」

古泉「うふ」

ズダァン!!

古泉「おふぉ…かは…こは…」

長門(逆一本…受け身をとらないとそうなる…)

ハルヒ「有希…今仇を獲るから…」ポロポロ

古泉「ひひぃいぃいぃぃ…」ズリズリ…

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:39:02.48 ID:T6ox3Vyo0

キョン「立てるか…古泉…」

古泉「は、話しを、げほ、聞いて…」

キョン「話しはもういい…胸糞が悪くなるだけだ」グイ

古泉「いたたた…は、離して…」

キョン「お前は長門を殺した…そのうえ死者を冒涜するか…」グイー

古泉「ちょっ、持ち上げすぎ…く、苦しい…」ギリギリ

長門(ネックハンギングツリー…相当の腕力が必要な大技…あれも私のため…)ポ

キョン「時世の句を聞こうか」


古泉(ながとさぁ〜ん!僕が死ぬ!早く起きてください!)

長門(そうしたら彼が私にキスする意味が無くなる。頑張って欲しい)

古泉(状況を考えてください!)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 22:49:36.20 ID:T6ox3Vyo0

古泉「うぐぐぐ…ふんもっふ!」バッ

キョン「…!」

古泉「げほっ!ごほ…もうヤメ!ヤメです!長門さん起きてください!」

キョン「なに?」

古泉「これはお芝居なんです…げふっ…長門さんが考えた…」

キョン「え…マジか?」

古泉「マジなんです…どうやら長門さんは…」

ハルヒ「脈が無いわ…呼吸も止まってる…」

古泉「なが…な…」

キョン「古泉…少しでもお前を信じた俺がバカだったよ…ハルヒ」

ハルヒ「…」コクッ

古泉「長門さん!なに仮死状態に…

バキャッ!

長門(クロスボンバー…胸が熱くなる)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:03:00.87 ID:T6ox3Vyo0

古泉「ぐほ…ほぐ…」フラフラ

キョン「そろそろ終わらせよう…古泉」ガシ…グィーン

古泉(世界が…反転して…これは…!)

長門(そう、ドリル・ア・ホール・パイルドライバー………わたしのための…)

古泉(まだいうか)

長門(ちなみにこの技はバディ・オースティンというレスラーが対戦相手を二人死なせた危険な技)

古泉(まじすか)


キョン「ハルヒ」

ハルヒ「ええ」


古泉(あの、何かやってるんですけど…)

長門(うかつ…ただのドリル・ア・ホール・パイルドライバーではなかった)

古泉(というと?)

長門(ツープラトン・パイルドライバー…正式な名称はハイジャック式パイルドライバー)

古泉(化けてでてやる)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:26:02.33 ID:T6ox3Vyo0

―――――……―――――…―――

―――……――――…―――……――

古泉「…う」

古泉「うぁいたたたたっ!痛い!ぎゃあああっ!」

キョン「起きたか」

ハルヒ「どう?ダブル腱固めのお味は…」

古泉「ぐあああああああっ」

キョン「ハルヒ!トドメを!」

ハルヒ「ダメよ!今手を離したらロープブレイクされるわ!」

キョン「くっ…俺とした事が…朝比奈さんがいてくれれば…くそぉ!」

その時、一つの影が宙を舞った

コーナーから飛んだ影は身を翻し、古泉のがら空きになった上半身に襲いかかる

キョン「ムーンサルト・ボディプレス…お…お前は…!」

ハルヒ「有希ぃ!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:33:34.39 ID:T6ox3Vyo0

カンカンカン……

キョン「長門、お前…死んだはずじゃ…」

長門「熱い血潮が私を動かした…貴方のおかげ」

ハルヒ「有希、有希ぃ…よかったよぉ〜」ピャー

長門「心配掛けた」

古泉「」

キョン「お前がいてくれなかったらどうなってたか…勝てたのはお前のお陰だ」ナデナデ

長門「違う。勝ったのは皆の力…あのハイジャック式パイルドライバーは見事だった」

ハルヒ「もう、有希!大好き!」チュッチュ

古泉「」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:40:09.64 ID:T6ox3Vyo0

ハルヒ「ん〜、ちゅっちゅ」

長門「…あなたはしてくれないの?」

キョン「え?」

長門「ちゅっちゅ」

古泉「」

キョン「い、いや…しかし…」

ハルヒ「やっちゃいなさい!今日は無礼講よ!あ、あたし、あっち向いてるから…」

キョン「コホン……じゃ、じゃあいくぞ…」

長門「んむ〜」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/26(金) 23:43:40.79 ID:T6ox3Vyo0

チュッ

長門「……おでこに…」

キョン「そっ…それでいいだろう」////

ハルヒ「情けない男ね〜…」
   (でも、ちょっとホッとしたかも…)

古泉「」

長門「…これでは不満…」

長門(でも…わたしを大事にしてくれていることは理解できた)

長門(わたしは…そんなあなたのことが…)


おし まい








古泉「」




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンのおちんちんってどうなってるのかしら…」