キョン「すごい技考えた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「財布落とした…!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:38:46.43 ID:kohe4SEWI

古泉「どんな技ですか?」

キョン「聞いて驚くなよ?」

古泉「ええ、勿論」

キョン「…言うぞ」ゴゴゴゴゴゴ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:44:20.62 ID:kohe4SEW0

キョン「エターナルフォースブリザード
一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ」

古泉「重度の厨ニ病患者ですね…」

キョン「ん?なんか言ったか?カッコいいだろ」

古泉「え…ええ…いいんじゃないでしょうか」

キョン「そうか!だよなあ」

この時、古泉の笑顔が過去最大級にひきつっていたのを
キョンは知るよしもなかった…

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:47:04.41 ID:kohe4SEW0

キョン「で、この技を習得しようと思うんだ」

古泉「いやいや物理的に無理があるじゃないですか」

キョン「お前の火の玉だって物理的に無理があるだろ」

古泉「それは僕が超能力を使えるだけであって…」

キョン「じゃあお前も大きく見れば人間じゃないか」

古泉「そ、そうですが…」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:49:39.34 ID:kohe4SEW0

キョン「同じ人間なら俺だって使えるかも知れないだろ?」

キョン「だから絶対に習得してやるよ」

古泉「それ以前にどんな修行をすればみにつくんですか?」

キョン「精神力と気合いだと思うんだ」

古泉「(いや…無理じゃん?)」

古泉「ま、まあ頑張って」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:51:49.70 ID:kohe4SEW0

キョン「じゃ、修行のために放課後の部活休むっていっといて」

古泉「分かりました」

古泉「(涼宮さんの機嫌をとるのにも苦労するのに…勘弁して欲しいですね)」

キョン「じゃ、また明日な!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:56:45.03 ID:kohe4SEW0

放課後

ハルヒ「キョンの奴雑用係のくせに無断欠席するなんて…」

ハルヒ「後で見てなさいよね!」

古泉「ま、まあ彼にも用事というものがある訳ですし…」

ハルヒ「でも雑用係に欠席は許されないの!」

ハルヒ「(どうしよう…キョン私のこと嫌いになっちゃたのかなあ…)」

prrrr

古泉「おっと、バイトが入ってしまいました、失礼します」

古泉「(彼も困ったものですね…)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 21:59:10.13 ID:kohe4SEW0



森「彼らは勇敢に戦ったわ」

古泉「ええ、いい人たちでした」

古泉「(無断欠席しないで下さいよもう…無断欠席しただけで2-3人死ぬんですから)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:01:36.03 ID:kohe4SEW0

翌日

キョン「くそっ、またダメか」

古泉「良い加減諦めたらどうでしょうか?」

キョン「いや、まだだ…俺は諦めたら負けだと思っている」

キョン「例えこの身が滅びようと、俺は諦めん!」

古泉「もうそのまま滅んでいいですよ」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:04:24.29 ID:kohe4SEW0

キョン「ブツブツ…」

キョン「やはりもっと精神力を鍛える必要があるか…」ブツブツ

ハルヒ「(何を考えてるのかな…やっぱり私のことを嫌いに…)」

prrrrr

古泉「ほんとあいつぶっ殺していい?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:08:39.21 ID:kohe4SEW0

更に数日後

キョン「舞い上がれ、華麗に空を舞う鳥の様に、
美しく、そして残酷に_____。
相手を凍らせ消し去る、それはまるで影すなわちシャドウ__。
今こそ解き放て!冷徹な氷よ!
エターナルフォースブリザード!!!!」

古泉「もう駄目だこいつ」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:10:25.55 ID:kohe4SEW0

キョン「畜生!どこがいけないんだ!」

古泉「いや無理だろ常識的に考えて」

キョン「悪いが俺は帰るぞ!さらばだ!」

古泉「ちょ…ちょっと…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:12:19.74 ID:kohe4SEW0

ハルヒ「(なんでキョン休みなんだろう…私に会いたくないから?)」

prrrrr

古泉「ほんとぶっ殺すぞ」

モブA「どうしたんだろう古泉君…」

モブB「いつものスマイルが…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:14:01.11 ID:kohe4SEW0

更に数日後

キョン「ククク…遂に…我の追い求めていた力だ…」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:17:45.07 ID:kohe4SEW0

キョン「おお古泉か」

キョン「朝からスマイルだな」

古泉「(お前の目は節穴か?)」

古泉「(というかもう邪気眼来るな)」

キョン「ふーおちゃおちゃ、朝比奈さんがいないな」

キョン「我慢するかな」

古泉「(あれ…あの話にならない?まさか諦めた?)」

古泉「(だとすれば…いいことですね)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:20:58.90 ID:kohe4SEW0

キョン「あ、古泉、やっと習得したぜ!」

古泉「(やっぱり諦めてなかったあああああああああああ)」ガビーン

キョン「まずな、精神統一させるんだ」

キョン「そうしたら」

キョン「エターナルフォースブリザード
一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ」

キョン「っていうんだ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:22:55.32 ID:kohe4SEW0

古泉「」ピキーン

キョン「やべえ!古泉凍らせてしまった!」

キョン「どうしよ…」

古泉「さ…流石に死ぬかと思いましたよ…」

古泉「中で炎出せなかったら死んでました」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:25:03.23 ID:kohe4SEW0

キョン「あれ?お前閉鎖空間じゃないと出来ないんじゃないの?」

古泉「生命の危機ですからね、そんなこと知ったこっちゃないですよ」

キョン「設定壊していいのかよ」

古泉「(お前普通の一般人って設定だからお前も変わらんわksg)」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:28:12.86 ID:kohe4SEW0

キョン「じゃあ実践だな」

キョン「よし行くぞ!」

古泉「ちょちょっとどこへ!?」

キョン「あのなーハルヒー」

ハルヒ「何よ?」

キョン「やっぱ長門は俺の嫁だよな」

キョン「逃げるぞ古泉!」ダダダダ

古泉「本格的に殺意は湧いてきましたよ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:33:57.02 ID:kohe4SEW0

キョン「よし古泉俺も閉鎖空間の連れてってくれ!」

キョン「蹴りは自分でつける」

古泉「は…はあ…」

古泉「ではいきますよ…!」



森「ちょっと古泉!なんで彼を連れて来てるのよ!」

森「大事な鍵なのにもしものことががあったら…」

古泉「うるせえクソババア、あいつから連れてけって行ったんだよ」

森「…後でちょっと来なさいよ…」

キョン「さあショータイムだ!」

キョン「エターナルフォースブリザード
一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:38:32.89 ID:kohe4SEW0

キョン「あ…あれ?」

キョン「うわああああああああんんんんんんんんん!!!!」

キョン「死ねるううううううううんんん!!!」

古泉「何してんの?あれ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:41:46.43 ID:kohe4SEW0

キョン「エターナルフォースブリザードがでねええ!!」

キョン「ちょ死ぬマジ死ぬってうわああああああ!!」ドタバタ

古泉「☆自☆業☆自☆得☆だょ♪」

森「スイーツ(笑)きめえ」

キョン「マジ死ぬってうわああああああ助けてってよおま」

キョン「うおうわああああああああああああ!!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:45:16.86 ID:kohe4SEW0

キョン「ちょっとおまいら口論してないで助けてよおお!!!」ダダダダ

古泉「ラーメンは味噌以外譲れませんね」

森「味噌(笑)塩こそ最強よ」

キョン「しかも議題くだらねえええええええええ!!!」

キョン「そんなんベッドの上で話し合えよおおおお!!」ジタバタ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:49:06.88 ID:kohe4SEW0



キョン「」ゼーハーゼーハー

古泉「もう閉鎖空間に行きたいなんて言わないでくださいよ…?」

キョン「ああ…懲りたわもう…」

古泉「放課後は必ずきて下さいよ?」

古泉「涼宮さん始め皆さん心配しています」

古泉「僕も将棋の相手がいなくて寂しいです」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:50:47.41 ID:kohe4SEW0

キョン「ああ、もうこんなこと考えないようにしよう」

キョン「やっぱ俺には平凡が一番だ」

古泉「では、また放課後に」

キョン「ああ、じゃあな」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:54:15.39 ID:kohe4SEW0

キョン「おお、ハルヒひさし振りだな」

ハルヒ「ったく!どこほっつき歩いてたのよ!」

ハルヒ「もう無断欠席は許さないんだからねっ!」

キョン「分かってるって」

谷口「朝からお熱いねえ」

国木田「空気嫁」

谷口「サーセン」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 22:58:10.61 ID:kohe4SEW0

やっぱり俺には派手なことじゃなく、
いつもと同じ様な日々を過ごしてるのが一番だな。
いつもの仲間、
いつもの友達、
いつもの家族、
いつもの変態、
これらが揃っている日常が一番だよな。

うん、今日も頑張って行こう。





そう俺は心に誓った_______。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:02:06.66 ID:kohe4SEW0

キョン「しっかしなんで失敗したんだろうな」

キョン「エターナルフォースブリザード
一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ」

キョン「うん、間違ってないよな」

キョン「一体何が…あれ?」

クラス一同「」ピキーン

キョン「凍ってる…」

キョン「やっぱ俺TUEEEEEEEEEEEEEE」



_________END

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 23:05:08.59 ID:kohe4SEW0

終わりです
勢いで書くもんじゃないですねやっぱり

風呂入る→思いつく→書くぜ

ダメだこりゃ
こんどは下書きします、ハイ
じゃあおやすみノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……涼宮ハルヒ。私のプリンを……」