長門「跡形もなく吹き飛ばす」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:天龍「絶対に笑ってはいけない鎮守府24時?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 13:54:34.20 ID:/PzKkYop0

文芸部室

ハルヒ 「ちょっと!キョン!またパソコンの調子が変になったんだけど!」

キョン 「あぁー はいはい 見てやるから、ホレ、そこどけろ」

長門 「…」

キョン 「ふーむ ダメだお手上げだ全然分からん」

ハルヒ 「は?何よそれ!ホンット役に立たないんだから!」

ハルヒ 「もういいわ、有希に見てもらうから」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 13:58:15.92 ID:/PzKkYop0


ハルヒ 「有希、お願い」

長門 「…」コクッ

〜数分後〜

長門 「原因不明、私でも直せない」

ハルヒ 「え?有希でもダメなの?」

ハルヒ 「ホントに壊れたのかしら…」イライラ

キョン 「まぁ機械にも気分があるんだろうさ 気長に待てって」

ハルヒ 「うっさいわね!ったく…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:02:27.20 ID:/PzKkYop0


古泉 「ふむ…なんだか今日の涼宮さんは特に荒れていますね」ヒソヒソ

キョン 「マジか」ヒソヒソ

キョン 「で?このままじゃマズいのか?」ヒソヒソ

古泉 「そりゃもう」ヒソヒソ

古泉 「なのであなたには………をして涼宮さんの機嫌を取り繕ってもらいましょう」ヒソヒソ

キョン 「そう来たか…」ヒソヒソ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:06:05.30 ID:/PzKkYop0


キョン 「ゲフンッ あぁ〜 ハルヒ、どうだ?たまには二人で帰らないか?」

ハルヒ 「!?」カァァ

長・朝 「!?」

ハルヒ 「なっ!なっ!何言ってんのよ!なんで私があんたと帰んなきゃならないわけ!?」

キョン 「いやっ たまにはそういうのもいいかなぁ〜って」

ハルヒ 「嫌に決まってるでしょ!バカ!」

キョン 「うっ…」

古泉 「ここで引いてはいけません!多少強引にでも!」ヒソヒソ

キョン (よしっ)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:11:52.45 ID:/PzKkYop0


キョン 「けどさ、ハルヒ…」グイッ

ハルヒ 「!?」

パシィン!!

長・朝・キ・古「!?」

ハルヒ 「しつこいのよ!」

ハルヒ 「今日はもう解散!」バタン!

キョン 「うっ…古泉…てめぇ恨むからな」

古泉 「まぁ待ってください、僕も彼女があんな行動に出るとは思ってもみませんでした」

古泉 「僕としたことが…長門さん、僕が何か見落としていた点はあったのでしょうか?」

長門 「」ブツブツブツブツ

キョン 「なっ…長門?」

長門 「何でもない、…涼宮ハルヒの精神状態は普段と変わりなかった」

長門 「私も帰る」バタン

古泉 「…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:17:16.24 ID:/PzKkYop0

キョン自宅

キョン 「はぁ〜今日もドッと疲れたなぁ」

テレビ 『……でした。繰り返しお伝えします』

『今日午後18:30頃、○○町にある××屋付近で大規模な爆発がありました』

『調べによると、爆発したのは涼宮ハルヒさん16歳で』

『辺り一面が木っ端微塵に吹き飛びました』

『尚、警察は自爆テロの可能性を視野に入れ、捜査を進めております』

キョン 「なっ…ハ、ハルヒが吹っ飛んだ…?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:22:43.19 ID:/PzKkYop0

翌日文芸部室

ダッダッダッダ!バン!
キョン 「古泉!」ハァハァ

古泉 「えぇそろそろ来られると思っていましたよ」

キョン 「どういう事なんだ!?ハルヒがぶっ飛んだって!」

古泉 「えぇ、僕も最初は信じられませんでしたよ」

古泉 「けれど機関の方でも調べましたが、確実にアレは涼宮さんだったそうです」

キョン 「…!?…なんだよ、それ…」ガクッ

古泉 「真に残念です…」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:26:51.60 ID:/PzKkYop0


キョン 「!? ちょっと待て!アイツは…ハルヒは神様なんだろ!?」

キョン 「こんな事で死ぬものなのか!?いや、それ以前に」

キョン 「なんでこの世界は消えないんだ!?」

古泉 「…」

キョン 「おい!何とか言えよ古泉!」

古泉 「涼宮さんは神でなければいけませんか?」

キョン 「!?」

古泉 「考えてもみてください、今までが異常だったと思いませんか?」

古泉 「ただの少女に振り回される日々、機関がどれ程苦労したか、あなた分かります?」

古泉 「それに比べ、彼女のいない今はどれほど平和な事か、素晴らしいではありませんか」

キョン 「古…泉?」

キョン 「まさかお前たちが!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:31:56.59 ID:/PzKkYop0


古泉 「それは違います、仮にも今まで神と崇めていた彼女を、僕たちが殺すなどありえません」

キョン 「!…じゃあ、どうしてハルヒは!」

古泉 「…ここで問答しても仕様の無い事です」

古泉 「まず、さしあたって僕たちが励むべきは勉学でしょう、そろそろ予鈴も鳴ります」

古泉 「この件についてはまた放課後という事で」

キョン 「……あぁ」

廊下

キョン 「……」トボトボ

みくる 「あっ!キョン君!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:35:21.57 ID:/PzKkYop0


キョン 「朝比奈さん!」

みくる 「聞きました涼宮さんの事…とてもショックでした」

キョン 「朝比奈さん……、そうだ!未来からは何か連絡はありませんでしたか!?」

みくる 「あのぅ…それは禁則事項なので」

キョン 「…そ、そうです…か」

みくる 「あのぅキョン君、無理かもしれないけど、元気出してください」

キョン 「…」

みくる 「」ギュッ

キョン 「!」

みくる 「私がついてますから」

キョン 「朝比奈さん…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:42:53.55 ID:/PzKkYop0


キャー! ウワアァァ!
大変だ!人が! まだ火が上がってるぞ!
ギャアアー!!

女子生徒 「こんなコトって…」

男子生徒 「ひでぇなこりゃ」


数分後1-5教室

生徒 「なんだ?さっきの音、それに振動…」ザワザワ
生徒2 「何かあったのかな」ザワザワ

ガラッ!
男子生徒「たっ大変だ!さっき体育館で爆発があったんだって!」
 「キャー ウソ何それー マジかよ」ザワザワ
男子生徒 「火はもう消し止められたみたいだけど…」

「そっ…それで?…その、誰か死んだりしたのかよ?」

男子生徒 「…あぁ、北高のマドンナ、朝比奈先輩だ」

ザワワッ!

キョン 「!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:46:33.13 ID:/PzKkYop0


生徒 「どういうことだ?朝比奈先輩…ってゆーか爆発があったのに死んだのは一人だけなのか!?」

男子生徒 「それが…なんというか、説明しずらいんだが」

男子生徒 「簡単に言ってしまうと朝比奈さん自身が爆発したみたいなんだ」

「!?」ザワワ!

キョン 「なっ…そんな…こんなコトって…」ダダッ!

谷口 「あっオイ!キョン!」ダダッ

国木田 「僕も行くよ!」タッタッタ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:50:30.72 ID:/PzKkYop0

体育館

キョン (うっコゲ臭ぇ…!)

先生 「むっ、生徒だな!ここからは入ってはいかん!」

キョン 「けど、部活の先輩かもしれないんです!」

先生 「やめておけ!木っ端微塵に吹き飛んでしまっている、判別なんかつかんだろう」

谷口 「」ガシッ!

キョン 「谷口!?」

谷口 「もうやめろ!涼宮の件もあるんだろうが、諦めろ!」

キョン 「…くっ…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:54:11.37 ID:/PzKkYop0

教室

キョン 「」

谷口 「ずっとあの調子だぜ」

国木田 「そりゃそうだろうね、親しい人が二人も相次いで不審死しているんだから…」

谷口 「なぁ、キョン」

キョン 「谷口、やめとけよ 俺に関わるとお前まで吹っ飛んじまうぞ」

谷口 「…」

キョン 「だからもうこれ以上俺に関わらないでくれよ…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:57:51.42 ID:/PzKkYop0


谷口 「馬鹿野郎!友情ってモンがあるだろうが!」

谷口 「吹っ飛ぼうが何されようが関係ねぇ!」

キョン 「谷口…」

谷口 「だからちっとは頼れってんだ…」

キョン 「あぁ悪かったな、どうかしてたみたいだ」

谷口 「わかれば良いってことよ ちょっくらトイレ行ってくるわ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:02:09.31 ID:/PzKkYop0

「うわぁー!まただ!また吹っ飛んだぞ!」
「次は1-5の谷口だ!」

>>36 いや、こうだろ

ザワワ…
   ザワワ…

キョン 「そんな、たかがトイレに行った間に爆発するなんて」

国木田 「もしかしたら、この学校自体もう安全じゃないのかもしれない…」

国木田 「キョン!一緒に逃げよう!」グイッ

キョン 「あっ…あぁ!こんn「ズドーン!!」

キョン 「国木…田?」

キョン 「うっ うわああああぁぁぁ」ダッダ!

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:07:41.85 ID:/PzKkYop0

廊下

キョン 「」ドンッ
?? 「うわっビックリしました」
キョン 「あっ、古泉!」

古泉 「どうも、それにしても…

キョン 「もう放課後になんて言ってられないぞ!とにかく文芸部室だ!」

キョン 「長門に会おう!」

古泉 「は、はぁ…」

文芸部室 前

古泉 「文芸部室…」

キョン 「…?どうした、嫌な気配がするってか」

古泉 「いえ、ブンゲイブシツ…文ゲイ部室…」ブツブツ

キョン (今朝のコイツはどこに行ったんだ…)

キョン 「おい!入るぞ!古泉!」

古泉 「」ブツブツ

キョン 「だめだ、放っておこう」ガチャン

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:10:41.67 ID:/PzKkYop0

文芸部室

キョン 「やっぱりいたか、長門」

長門 「」

キョン 「真っ先にお前に聞くべきだった」

キョン 「今までの事件、お前は何を知っている?」

長門 「…」

キョン 「答えてくれ、長門」

長門 「…」フルフル

キョン 「長門…!」

「ドゴーン!」

キョン 「!?」

キョン (廊下から…!?まさか、古泉!)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:15:37.06 ID:/PzKkYop0

古泉 「アデゥー」

キョン 「これはひどい」

長門 「これ」

キョン 「!?」

長門 「コレが答え」

キョン 「そんな…長門だったなんて…」

長門 「つまりヤンデレ、黒長門 好きに呼んで」

長門 「そして理由は以下略」

長門 「さぁ、私を愛して 私だけを見て」

キョン 「こんな、こんな事をするヤツを愛せだと!?ふざけるな!」

長門 「そう、なら死んで一緒に(ry」

キョン 「うわああああぁぁぁあぁあぁ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:18:27.39 ID:/PzKkYop0


長門 「という同人誌を書きたいと思う」

キョン 「ジャンルは?」

長門 「サスペンス?」

キョン 「妥当なトコロだな」

キョン 「あと改善すべき点は後半の異常なまでの疾走感だ」

長門 「それは否めない、筆者がインフルエンザの病み上がりだから」

長門 「多めに見てほしい さもなくば」

長門 「跡形も無く吹き飛ばす」


終わり

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 15:19:19.95 ID:/PzKkYop0

書き溜め無しは大変ってコトがわかりましたとさ

おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のびた「最近ジャイアン共が調子乗ってるから安価で復讐する」