涼宮ハルヒの卒業


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「ウソップ……生命保険に入らねぇか?」ウソップ「…は?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:00:05.46 ID:rixaBB1F0


:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
高校3年の2月下旬
どうやら冬が本気を出したらしい
「──なんつう寒さだ……」
こんだけ寒いんだ……学校ぐらい休みにしてくれよ

 この時期はもうほとんどの生徒が進路を決めている
かくいう俺も何とかFランの大学に入学が決まっていた いやおめでたい
がしかし進路が決まったのになぜ俺はこのくそ寒い中、学校へ向かっているというと

……補習だ。どうやら卒業ギリギリのラインらしい。見かけによらず頭が悪いのだ、俺は。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:03:56.74 ID:rixaBB1F0


    _,ノノ_ヾゞ, - 、ヾゝゞ        `              υ           υ
丿 ,.'_-ーヾゝゞヾゝゞ、_υ  ,'
 iiii/   νゞυ  ` -ヾゝゞ:::ゞ       ι                  `
 ./            'νヾゞ巛::   `           ψ
 i|          ψ      ζヾ           `                 υ
 i|  `                ヾゞヾ
ii i|        `
0)|     `
 i|
ii i|
 ii|.                    `
 ;ii|.        `
「……つ、疲れた」

学校までの間には長い坂がある。これを俺達は3年間も往復してる
数にすると大体800回ぐらいか?まぁそんぐらいこの坂を往復してるわけなんだが
実際もう何万回も往復してんじゃないか?って感じになってきた

やっと学校に着いたぜこんちくしょう

──ドンッ
「ぐへぁ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:07:33.97 ID:rixaBB1F0


              _人{::/:::/::::::::: ̄:::`ヽ、
             rヘヘ∨ムヘj"´`ヘr、:::ヾ::::::;j
         /::;イリ    j__  j ミ:::::ヽj::l
         !ハ::jjヽ、 ∠rォュ   ミ::::::::::リ
          U ヘ セ}   ゞー'′   ヾ⌒}
               l く             ソ丿
            i    __ ,     イ/
               ',  ̄_        ′リ
             ヽ     /   iヘ
                 ゝー <    /  ヽ
            _/:::::/ヽ  __/   /`ヽ、、
         /:::/:::::::/  ノ / ∧   /     ` ー 、_
       /:::/:::::::::::::l1  ト/ / ∧_/           `ヽ
谷口「ようキョン!」
「た、谷口……もうちょっと静かに挨拶できないのか?」
谷口「残念だが、そいつは持ち合わせていないな」

こいつ、くそやろう谷口もまた俺と同様バカなので同じ補習を受けている

谷口「ほら、もうあんまり時間ないぜ。」
「わかってるよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:11:12.51 ID:6D8tdYBRP

 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
 教室に入るとちらほらと生徒がいる。こいつらもまた卒業ギリギリの仲間なのだ
「なあ谷口」
俺は補修担当の教師が来るまで谷口と暇つぶしすることにした

谷口「あん?」

「お前は進路決まったのか?」

谷口「あーそれな。俺親父の仕事継がなきゃいけねえから大学行かねえんだ」

親の仕事?そんな話初めて聞いたぞ。いったいどんな仕事なんだ?っと聞き出そうと
した瞬間に教師が入ってきた。なんて空気の読めないやつなんだ……

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:11:40.02 ID:rixaBB1F0

           ||      | |  |  |ノ  ∨V_ | /ノリ
           ||  |   V、Nリ‐、‐|、    イ:rj゙ヽ||
           リ、  |   |   _,,    弋:リノ/|
     __     -、  | (|   ヽ "´ ̄`   ,   | |
     \ヽ  //;;;;\レ、V|   }          / / __     __
      `、V_/;;;;;;;;;;;\ |   |_    ー‐  ̄ イ /v´    ヽー‐´  ゙V|r、
       r゙-、);;;;;;;;;;;;;;;;;\\ N-`ー-  _/  ´ハ   /       7 ̄ヽ
      l--、j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/7 r´ |{  \__/    /  i          _7   /
       Vヽ);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /‐´  .| |  / |\___ノ   \_       〈.  /
小萌「はい、じゃあ最後の補習がんばっていきましょー」

……ふぁ、眠い
最後の補習か。そういえば俺まともに補習受けてなかったなぁ
と一応先生に悪いと思いつつも眠りの体制に入ってしまう

おやすみ先生。アイムスリーピンーグ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:14:49.52 ID:rixaBB1F0

──おき─キ─
……
───起きろキョン──
ん〜あと5分
__ノ:/.:! : : ::://`ヽ!: : !   \: : : ! l/ `ヽ:::::::::l: :
: : ::::/.:∧ __/! u  l\!__ノ  、ヽ_l/! _   j/!:::/. :
: :::::/l//ヽ: :::! r―- 、/   ヾ/ j/ _.. -― 、  l/. : :
//. : : : .::l: :∧  ̄ `ヾ `     〃¬¨ ̄`′/∧ : :
. /. : : : .::/l::/.::lヽ        ′         // く!::!:  :起きろバカキョン!!!!!!
/. : : : .::/.:j/.:::::!      ∠二ヽ`ヽ       ′_ノl:::!::
. : : : .::/.:::::::::::/!     l/¬ー- ヽ     i ! ー_!::!::
: : : .::/!::::::::/!∧ 。  {!     _/!   ;  !l厂 //l::
ヽ.:::/ l/!/ /::::::\ o ヽー‐ ´/ ノ  }j /!ト、〃.::!::
 ヽ! /  l /.:::/ j/ヽ、 `ニ´     ィ´/ !!/ヽ /.::
「ぬぁあああああああああああああああ!!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:16:09.29 ID:6D8tdYBRP

 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
…………
「ゆ、夢か……」
幸い教室には誰もいなかった。どうやら補習が終わったらしい

つーかなんつう顔して起こすんだハルヒは。


「……さて、部室いくか」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:22:03.27 ID:rixaBB1F0

         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
なんでまたこんな休みの日に部室に向かうのかというと
昨日ハルヒからこんなメールが来たからだ

『明日私帰るから部室に集合よ!来ないと殺すわよ!』

という何チャンネルかわからん掲示板に書き込んだら即刻通報したっとレスポンスされる
内容を送ってきやがった

ハルヒが帰る、というのはあいつは大学入試のために東京だかその辺まで行ってたらしい
その間はなんという平和だったことか……

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:23:39.16 ID:6D8tdYBRP

    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
「!?」
部室のドアを開けた瞬間俺の目の前に小泉がいた

小泉「こんにちは。お早いですねぇ」

顔が近いんだよコノヤロウ
「どけ、みんなはまだ来てないのか?」

小泉「ええ。しかしそろそろ来ると思いますが……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:26:34.48 ID:rixaBB1F0

                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
小泉と話していると長門が入ってきた

「おう長門。元気だったか?」

長門「元気」
ん〜相変わらずだ

続いて後ろから懐かしい人も来た。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:28:15.53 ID:6D8tdYBRP

            | |  !   |!_l_,,....ヽ  ,、    l....,,,,_ |   |  ! |
             | | l ', /!, l   \ ,\   l \ `!、  !  !  |
             | l, |! ゝ  lヽ、 ...  \ ヽ、_,.l. ヽ |  /  ,!|  |
            |,i ',!l   k l,r===   ヽ   ェ==y|/ l/ |  |
               !  ト、 ', l\     ;i       `! ´!^i  |   !
            /   ゝ.iヽ ', `    r-‐‐- ,      l  | ノ  |   |
     r- 、     /      |,r‐、ヽ.    Y ⌒ /     /   l  l   |
.     ゝ、 `'' 、 //ヽ   ||   l |ヽ、   `ニ´    /|    |  |    |
 (~` ‐- ,, ` y、 `''ー- 、ヽ/ l  ,i |  rf` 、 _,, イ、 | |     | _,l -‐''  ̄',
  `'' - ,,  `'' 、冫    ` y'   !, |_,./ ` ‐-、r-‐'"i,_| |      ',      |
r‐-- ...,,__`ァ 、        '    | / ',     |     ヽ|      ',       |,
みくる「あ!キョン君。お久しぶりですぅ」
あぁん。俺の心のオアシス、あすゎふぃなすゎん
「どうも。お久しぶりですね」キリッ

先輩である朝比奈さんは北高を卒業して大学生になった。
やっぱりハルヒを観察しなくてはいけないらしくちょくちょくSOS団の活動に
に顔を出していた。
……などとほのぼのしていたらついにやつが来た

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:31:39.26 ID:rixaBB1F0

            / / .:./.:/ :.:./ !:!:. ハ:.: ',:.:.:.  `!: l:.:.:ハ
                /.:, イ.:;'.:.`:ト 、バ:.ヽ\.:ヽ,.:.:.:.:.!: !ヘ:.:ハ
            / / イ.:.!.:.!:.!, --ヽ、\ ゝ久_丈i:. ! ハ:.ハ
             /:./  !.:.!.:.i.:f ィ´::ヾ    ´f´::::ヽヾ :!ヽ l:.ハ
              /:./ ,  !.:.!.:.iハ マ_;;;ノ  ,   マ_;;ノ j:. j/ j:.:ハ
            /:/∧,」 !.:.!.:.!ヘ ""  r==ォ "" ,/:.イ!ハ┘:!ヾ
         //!:.バ:.:.:| |.:.ハ.:V ゝ、  丶  /  ィ/:./:.:i/^l:.! ヽ
          レ' !:.! i.:.:.ヾ!ヽハ.:V.:.:.:.:>,  _ ィ´V.:/.:.:/  リ:|
           !:i !.:.:.:.:.:.:.:{ハ.:V'´ /′  .少'/`ー|  /j/
           ヾ ヽ_, '7// /-、  -/ "  /フ   ヒ=ヽ
              ハ ヽ. /// /'´ ̄/   ///  ,`弋 \
バンッ!!
ハルヒ「みんな!おっはよー!」

耳が痛いぐらいな大声でハルヒは入ってきた
ハルヒ「みんな久々ねー。あ、みくるちゃんお茶いれてっ」

みくる「はい、ただいま」

やれやれ、久々に会っても相変わらずだな……

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:36:47.95 ID:rixaBB1F0

               /∧-―ン´7    /  / /      ヽ、厶. ヽヘ
.              /  \/_,〃   〃 ,{ l  | 、     ヘ ヘ Vハ
            /  _//〉‐/.   `八、/ | l  ! 丶    |  l ト、 ',
           ,'  f⌒∨ /    /ハ {\!. |l {   \   |  | トく l
            / ハ.  V   ,ィfテ女 ヽ八 ヽ   ヽ_ !  l |/ |
             l l 〈_∧   {   lハ{_f::j:リヾ ` ヽ{`> 爪 l  ! |_  |
             | l   _ム _ゝへ | V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  > '´    ヽ            ィ=气 ル /  l\/!
             | l  { ー- ―― ヘ   , 、   ヽ   〃/i  ∧. |
          j八 1 、    __}  {  ¨ア    ,ムイ /  ,イ_」 |
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー   ,. イ   lV  / | l リ
        /  /  ハ   _... --‐〈. >‐r<  /  | j/,/' / j!〃
ハルヒはお茶を一気に飲み干すと、いきなり立ち上がりこう言った

ハルヒ「さて、みなさん。あと5日で卒業式です。あ、みくるちゃんはもう卒業してるけどね
    ですから、卒業までの時間、遊びまくりましょう!っと言う計画を考えています!!」
……やっぱりいつものハルヒだった。

小泉「それはいいですね」
みくる「どこかに出かけたりするんですか?」

ハルヒ「もちろん!いろいろ行くわよ〜!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:37:03.67 ID:6D8tdYBRP

             | |   ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
         ,.-、 | |   /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
       r‐| _ヽ,! |   ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     /! !〈 ∨ |  ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     ! '、 ヾ、\|  !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
.     \ \_ト}  `{  |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
       | `¨´/  | |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
      ',  {     !  |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ┌ゝ、__   ノ、  ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
     ト、.___ ̄__,'   ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
    __j`ー----‐/    \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
    「  ヽ、__ ______{   , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
ハルヒ「とりあえず明日と明後日、この2日間はネズミランドに行きます。
    そして3日目は休んで、4日目はお楽しみです!!」
そう言ってハルヒは満足したように座りだした

いろいろと待て、と思ったがどうせこれが最後だ。こいつの好きなようにやらせよう

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:42:08.13 ID:rixaBB1F0

.     /     ,  //  /  ヽ ヽ ヽヽ ニ'ャ- 、]` ' ¨ ̄ ~¨└ 、ヘ
     /     l  |'  /,'   、 ヽ | ,Xヽ ! |   , ,  ,'   、  `くヘ
    /     ii ! /   !    ハ ハ!',z=| /.リ  ,' l  !    \  \ヘ
    ,' ,' ,'    l  !/!  |   / / /  ″ ,|ハ ! / / |  !   |   ヽ  、 ヽ ヽ
    |│ |    !  l |  ,ト ー/- レ'    イ  | | /|/ ,ムイ !  !    }  | | !
    |││ ! / ! ヽ\八/,z≠     _,!  レハl ̄    レヽ ム、  | l l リ |
    | |  ! |く ム>、 ヽ ヽ ″   、_ r'´`|\| r==z     ヽ!''く. /  !│ ! l
    | |  | |l //l| |ヽ   へ _ __ .... ヽ.」  ! .:::::::::..    r=z ∨  ハ/レ' ,'
    レヘ、| |// ! !ヾ`ー ... ,  >-、 ヽ、 │ |    , - 、.. .:::::::. /}/ /!  /
      ヽ! /Vハ ! | //       \|___.!    L    )   ノ |  |  /
       レ' リ V|〃/|          //.\    ` ー' , '、 ヽ レ'
ハルヒの話の後は自由時間になった。
俺は暇なので小泉と金をかけてオセロ……

1000円負けたところで止めた

ハルヒは朝比奈さんとチョメチョメしていて
長門は読書をしていた

いつもとおなじSOS団の時間だ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:44:44.43 ID:6D8tdYBRP

──次の日
            /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',
              /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ
             ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ
          i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i
          | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |
          | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |
          ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l
              ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
          / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
            / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
         〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
ハルヒ「よっしゃあ!みんな!今日は遊びまくるぞい!!」

朝早く電話でたたき起こされ誰よりも早く某テーマパークに並んだ俺達……
とても眠いです先生

みくる「すごーい、これ全部回れますかね」

小泉「ご安心ください。僕が完璧にプランを練ってきましたから」キリッ
な ん だ と
しまった…出遅れたか……

ハルヒ「ほんじゃまずはこれ乗りましょ!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:48:58.61 ID:rixaBB1F0

       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/    …………
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                  >┬―''"´   /  ヽ
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
         _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
ハルヒが指さす方向には巨大なジェットコースターがあった。
……はぃ?ふと小泉を見ると何かを悟っているような顔をしていた
「おい、お前のプランじゃないのかよ」

小泉「……いえ、僕のプランはコーヒーカップやお化け屋敷などなんですが…」
「ずいぶんかわいいな。いや、今はそんなこと言ってる場合じゃない。これに乗ったら
確実にダウンする。そんな気がするぞ」

小泉「……奇遇ですね。僕も同じこと思ってました」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:50:45.18 ID:6D8tdYBRP

      ((  | ,'   /i / ! |ヽ ヽ  \    i !  ))
          | l  / 」ム、ヘ ! \\  ヘ   i |
         ヽハ  i ,イかi ヽゝ ,≧ム_ !  'ハ
       ((  ! ヽN `dzソ    たfリ >i!、i/ i ! ))
           | { i |     、  ゞc'  /ノ | i |
          ノ  |ヘ、   t.ニつ   /│ ! ,','
     ((  / , - l  へ、 ゛  _ ィ  l!  ∨  ))
       /  ./  ゝ  \  ̄ ト、 __|  i  ヘ
     /   │   \  l     il !  !   ヘ
みくる「涼宮さん……これ、乗るんですか?」ガクガク

ハルヒ「当たり前でしょ、ほらいくわよ!」
どうやら覚悟を決めるしかないな…
そう思い俺は先頭に並んだ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 03:52:53.99 ID:rixaBB1F0


──ぬぁああああああああああ
あああぁ…………
あぁ……
ぁ…
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
…その後も数々の絶叫マシーンに乗りまくった俺たちは悟りを開いていた。
1人を除いて…
ハルヒ「みんなへボイわねー。ユキ、次はあれ乗りましょ!」
と言い長門を連れ去ってしまった。すると小泉がこう言いだした
小泉「長門さんずいぶん疲れてるように見えるんですが気のせいでしょうか?」

「そりゃああんだけ乗ったんだ。無理もない」

小泉「……そうですね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:00:31.26 ID:rixaBB1F0

───
──

        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : :____ : レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : : ,ィニニヽ: :| INN| レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : /Λ 人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : : : : : : : ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
俺たちはネズミランドにあるホテルに入った。ドラクエの宿に見えるやつは心が汚い

ハルヒ「いや〜楽しかったわね!明日もこの調子でガンガン行くわよ!!」
ハルヒは元気そうに話しているが朝比奈さんと小泉はすでに寝息をたてていた。
「勘弁してくれ……なぁ長門」
と不意に長門に話しかけてみた

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:01:09.63 ID:6D8tdYBRP

        /     i、    ト、  \ハ       ハ
          /    i  i、\  ト、 ><i |   |   ∧
       ' /  i八 _|_ ヽ\| ´ ,≧=ミ|   |     \
         i/!  ii  ヽ|     癶rし'}ノ|   ト、    厂
        { | 八  {汽心     ヾ゚′|   ト )  /
       八 {  ヽ.!、ヾ゚' ,         | / ル'  /
         )ハ  }ハ     _       И i ii ∧{   ………
              ∨ヘヘ.           | i从{
                 Y `ト . _ .ィ   |/\__
                \{`ヽ从ハ     /// ̄ ̄`ヽ
                      __/ ノ    ///
長門は無言だった。
「ほら、長門だって相当疲れてるぞ」

ハルヒ「………んもう根性ないわねぇ。じゃあ明日はのんびりでいいわよ」
よかった。しぶしぶ納得してくれたようだ

さて。話も済んだし、俺も寝るかな

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:06:02.34 ID:rixaBB1F0

──2日目
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
この日は昨日とは打って変わって穏やかな乗り物ばかりだった。
小泉プランが決行されたのだ
小泉「いやぁ。これぐらいの乗り物が一番楽しいですね」ニコニコ

みくる「そうですねー」ニコニコ
小泉この野郎、あとでぶっ飛ばす
ハルヒ「なかなか楽しいじゃない。見落してたわ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:07:25.05 ID:6D8tdYBRP

           /゙i i  i  i  /  / . : i  | :i 、: . \: i: 、 ヽ
.        / / i  i,  i / /i : :/!  !  、: ヽ: . ヽ: . |\ ハ
.        / ,  .i!  i!  i' く/|:∠..! |ヽ iヽ ヽ: . |: : トヽ.〉ハ
.         i i ::i!  ll |f水j :|  ヽ:ト、\! へiヽ/!: :∨|ハ .ハ
.       l .::j ::i__ lj  ∨/} : i r≡ミ、    r=≡ミ! : ハ!V : ハ
       j ´      .:::ソ  i、: \   _'_    |: :ムノ: : : i, :i
         i   ー-´/ ̄ゝ |ヘ: :トヽ  V  ノ   /: /: : : : : ハ i
.       |      }:    .::ム: ヽi>  `¨´   /: /: : : : : / .i:i
         l         ::/ it- 、: : : i` -  i:´/: /: : ,i : : / .リ
       、      .....:/   \ 「|「|    .ソ∠: : :ハ: /
        `ー 、- ⌒¨¨´        |.|1|-、  __」|_ヽ\|-ヘ:{
ハルヒ「ふぃ〜、楽しかったわね!」
「もうくたくただ」
ハルヒ「じゃ、今日は解散!!明後日はお楽しみよ!明日の夜にみんなにメールするから!」
そう言ってハルヒは帰って行った。
さてさて、俺も帰って寝るかな。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:11:37.52 ID:rixaBB1F0

──次の日
             〃 / , '///ィ    ,'  i   ヽ   ヽ
                l l レ〃/   ,'/| i |    ヘ ヽ ヘ
               ゝ   !  ,イ⌒ | ハ ヽ     }  }  }
                   |  ,'   ヾ ヽ ヽ⌒X!  ! , ┴ - 、
                   ヽ { r=z、 ヽ \ \ノ , ' ,'⌒ヽ ヽ
.     |`丶、             ノヽ!     、  r=z レ'l   ,'⌒ヽ!  l
      ! \ `フ ' ‐ 、     , -―ヽ  (` ー‐ィ  ノヽ!  l    l   !
     フ ⌒!/    ` ――,-― 'フ ̄ ¨ 7''丶、 イ   |  |ー 、 l   !
    , イ __ ,'       -"´/ヽ__, '     ヘ    丶、/l.  !, -ヘゝ-'
   <___>'ミ         /ヽ、    , '  ̄  \     ヘ!  | -‐‐、>
この日は特にすることもなく妹とだらだら過ごしていた。
「平和だなぁ……」
っとボーっとしてるとハルヒからメールが来た
『明日は00駅に9時に集合だから!遅れたら罰金よ!!』
9時か…だったら8時半につけば罰金はないだろう。
最後ぐらい罰金は小泉に押し付けてみたいものだ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:12:49.71 ID:6D8tdYBRP

──その夜
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
うとうとし始めた時にケータイが鳴った
だれだよ……
??「ぎょぶぐ〜ん、ど〜じびょー」
「ぬぁ!!!あ、朝比奈さん!?」
小泉「はい。朝比奈みくるです。ちょっと来てくれませんか?」
「…………小泉、お前を殺しに行くから待ってろ」
そう言って俺は30秒で支度して家を出た

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:17:53.03 ID:rixaBB1F0

            l ,' i .:. / :.:l :.:.:._ム:|-‐七'´   \{ \:.,:._}`トヽ-:.、/ :. :.:.|:.:.| |
            リ | :.:./ ! :.:∧:.:.:.:.| ルチ示ミヾ      Xチ示ミヾ、/|`ヽ.:.リ:.:.l |
           l :./ |i :.:l:.ヽ :.:.|.〃{:.=え::::}       {:=え:::} マi.|:.:.:.:/:.:./:. !
              V   !ヘ.:{ :/l\iヾハう:::::イj        う::::::イj ルj:.:.;イ7イ :.:. l
              | :.:ヽ{i|:.:.:ヽ  と'=‐ '    ,    ゝ-='つ 厶': |/ }:.:i:.:.. |
              | :.:.':.:.:1:.:.:.:ハ                  /.:.:.:.:レ':.:.:i:.:.: l
               ! :/ .:.:,':.:. :.:小,     (⌒¨¨⌒ヽ     /.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.i:.:.: i
                 レ' .:.:./:.:  :.:.:|.:.ヽ、   `  ̄  ´     イ:.: :.:.:.:l:.:.:.:.:.:i:.:.: ',
             /" .:.:/    :.:.:|.:.:.:/> 、      ,.ィ<:.i:.|:.:  :.:.:.ハ:.:.:.:. i:.:.ハ
               / . .:.:/     :.:.l::.:// f| ` ー‐ '´ |\:.i:.|:.:   :.:.:.',:.:.:.:.i:.:.:.:.ヽ
            〃..:.:./  .:   :.:.:リ''´ / j        {j  ヽ!:.   .:.:.:.V{:. i:.:.:.:. ヽ
みくる「ふえ〜ん」グス
「あ、あさふぃなすゎん!!!小泉!おまえ何しやがった!!」
小泉「誤解ですよ。それより、非常事態です」
小泉はいつになく険しい表情で俺を見た
「ど、どうしたんだ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:21:28.22 ID:6D8tdYBRP


    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
小泉「あなたはエンドレスサマーのことを覚えていますか?」
エンドレスサマー…確か夏休みを何万回と繰り返したという奴だったな
「ああ。……もしかして」
小泉「お察しの通りです。私たちは繰り返しているのですよ。この卒業までの5日間を…」
「!?」
またか……じゃあもしかして長門は…
小泉「ええ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:22:45.73 ID:rixaBB1F0

    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、
長門「今回が15287回目に該当する」
な……なんだと…
小泉「エンドレスサマー同様、彼女はすべてを記憶しています…」
なんてこった…
「なんで…何で繰り返すんだ?」
長門「涼宮ハルヒは高校を卒業することを望んでないという可能性が高い」
くそっまたハルヒかよ……

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:26:57.00 ID:6D8tdYBRP

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ'"~~"'丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i' ::::    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! :::: :::.....   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,-~""";;;'''-;;;;__::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::: ::  ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,.,;.,〜-ー''''~ ̄:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
''''-,,、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-ー'""::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;´""'';,, ,,,`,-;;ー,,,,,__,;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''''-ー''"""''-ーー''~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺達は特に打開策もあげられずに解散した
どうすりゃいんだよ……
とりあえず明日を待つしかないな
そう思い俺はさっさと帰って寝ることにした

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:28:07.99 ID:rixaBB1F0

───次の日
         /´:::ゝ、i〉 :::::!:it::、_i i::::::i \::::::::::::::!:_;|-!‐!l::!:::: !イiヽヽ: |
           i .::/ //∧ :::| ! \ !`ヾ、:ヽ. \::::/i|ム‐|、i:/!:: | ! ', ヽヽ!
           | / !/ i::::〉:::ト:! ,ィ≠ミ:ヽ` 丶   ' ゞ;ィ=≠ミゝ|::: l,.| i::::i |
        i i、_」i |:/∧:::゙i`代〃 ::ハ         fヾ〃:ノ/ !::: !^l |::::ソ!
        | ::i `'\! | i´t、゙i. ゝ- '    ,    ゞ-‐' ' |:::ム./'"::::::| |
        l ::| ::::::::ii、!ヽ `ヾ_ゝ    、__,..__,     /::/´::::l:::::: :! |
           !:::i :::::::::i:ヾ. `  `‐ 、_          /!:/:::::::::i::::: / |
         ! :|i :::::::ヾ ゝ       ̄ ヽ     .イ:::/:/::::::::::/::: /:: l
         | :i l ::::::::::ヽ \.       `i _, < .|`メ/::::::::/::::::/}: /
         ヽ.! ヽ :::::_;; ゝ;:〉=-. ,_._   /     メ i:::::::/‐-、/ レ
          rヽr‐t´  ./:::::::::::....` ‐、/_    __,,} ヽ:/     ̄!`i‐、_
俺は待ち合わせの時間30分前に来たにも関わらずSOS団全員がそろっていた
ハルヒ「遅い!罰金よっ」
嬉しそうに言いやがるコンチクショウ
そうして俺たちはファミレスに入った

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:34:28.41 ID:rixaBB1F0

.:.:.:.:;:;:;l:.:.:.:.:.:;:;:;:;:l;:;:;:.:.:.:./ |;:;:;:.:.:.:.;:/|;:;:.:.:.ト;:,:,.:.l ヽ;:;:;.:.:.|;:;.:.l
:.:.:.:;:;:;l:.:.:.:.:.:;:;:;:;:|;:;:;:.:.:./ |,:,:,:.:.:.:;/ .l;:;:.:.:.l |;:;.:l/};:;:;:;:;.:.トr+-‐‐、
:.:.:;.;:;:|:.:.:.:.:.:;:;:;:;:|;:;:;:.:./\l,:,:.:.:./  j;:;:.:./ l:::/  .l;:;:;:;:;:.| i::|   }
:.:.:;:;:;:|:.:.:.:.:.:;:;:;:;:l;:;:.:./_.|,:`:x'    /;:;:./ //./゙ {:;:;:;:;:;:| l::!   |
:.:.:;:;:;:l:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;l;:.:;イ::;:::j/(つTヾ /;:./ / 〃   |i:;:;:;:;:;l//  / l
.:.:.;:;:;/`>、:;:;:;:;:|;:/i l:::::illii;:::::リ //  '  "   l.|;:;:;:;:;!/f=‐'゙ /
:.:./ /,/lヽ;:;:;:;レト{ ヽっ::ノ:::{      ゝ   ノ.|:;:;:;/ .|   /
:.;:.ヽ'. >  >ヽ;:;:ヽ   ヽ;;;;=''"    _,,ィ  /_=!:;:;/  .l  /
\;:;:,\へ!  ヽ;:;.`、、      l ̄ ヽj ,イ.!='' /;/ヽ、 /  〈_/i
  ヽ;:;:;.,\   ヽ;::;:ヽミ'''ー- ,,,._`ー_'',/.//  /:'   )^''、  `ヾf゙〉
   ヽ;:;:,<¨ヽ、  ヽー-≧ニェェ‐-=,,_ //   '  // i  `''、ー-'
ハルヒ「今日はSOS団最後の不思議探索をします!!」
探索……これでなにか見つければいいのか?
ハルヒ「午前中は二手に分かれて探索!午後はのんびりみんなでしましょ!」
そう言ってくじを差しだす。
くじが赤いやつを引いた

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:40:11.89 ID:rixaBB1F0

      /< / / / l 、  、:::::::::::、ヽ:::\:::ヽ\ >ヽ
      / ./7//  .l l ヽ ヽ :::::::::ヽヽ:::::ヽ::::l /ヽヽl
     / /イ l  ハ ハ  .ヽ \ ::::::::ヽ l:::::::ヽ::l ヽ::::ヽゝ
     l /イ  l  へ l ヽ .l\_ \ :::::::l:::::::::::l::::l ヽ::::::l
     l l l /::l .|  \. \l __--ヒ"\::::l::::::::::::lへ/:::::::l
     lハ l::::l ll.ヾ空''' `  '''ト咋''' vl:::::::::::l  l::::::::l
     ll l l:::ll:l┃''"'' 、   ''""''   .l::::::::::l /:::::::::::l
      l l l:::::l:┃   _       ./:::::::::l'':::::::l::::::l
       .ヽ r-ィ┠\. └―ヽ     /::::::::/::::::::::l:::::l
        リ--ヽ lヽ\   __ - ''フ::/::::/::::::::::/l::/
ハルヒ「んが……」
どうやらハルヒと一緒らしい。
小泉「では僕は朝比奈さんと長門さんとですね」
小泉め!朝比奈さんに変なことしたらぼこぼこにしてやる!!

そうして少し雑談したあと俺たちは二手に分かれた

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:52:22.05 ID:rixaBB1F0

            /ヽ/ | ;::::l i::/j_.j_ l  !!  i:!ヽ;、     _lj,_j_| トr-!´\_
            ,  \ | ::::l|.i::| ヽ| `ヽ.|ヽ, ヾ. \ ´_, |l /! ,i: |:::| l\ /
             l , // ∧ !::::;!ゝ| , =ゝ、 ヽ \ l   ,ゝ=,ル'、j/i  |-| ヽ, Y
            | lj/ / /jゝ\.!、イ ,.ィ !゙      ヽ ´| ,ノ メヾ|! │ ゙l ,イi│
            |イ l 'ーf |ヾ、l ` !ハノ|           l ゝ-/  〃 ir',/ i l ,'
           レ! l !::ゝ| :::\,, ゝ-‐'     ,     ー- ,,'/ /´:://!/リ
            ヽ! !:::! ヾ ll::::ヽ      ____      / /:::://::レ/
             ゞ、:::\ヽ!:: ゙,、     l/´  ̄`V     ,./ /::::/ /!::/
               >'´ |ヾゞ::::ト、\.   ヽ __ /   .// /!:::::!入レ'
           ,  ´ l   | ,/ヾ:::ヽ   `r 、 __ ,.   ´ , ,/ | リ / `ヽ.
           /    \ l/\ \!   '        /イ//レ ,/    l
ハルヒ「ほら!キョン!さっさと行くわよ!!」
「へいへい」
俺たちはしばらく公園やら町をぶらぶら歩いた
はたから見たらデートに見えるだろうな

ハルヒ「んーなにもないわねぇ」
当たり前だろ
「なあハルヒ、少し休憩しないか?」
そう言って先ほどのファミレスに入った


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 04:57:36.29 ID:rixaBB1F0

     / : : .:/ : : : : :/'´ ̄ ̄ ̄ \:.:\:.:_\
.    / : ..:./: :/ : .:./     __ \:.:ヽ}r_ ̄`l
    / : :.:._L.:/ : .:./ ,..- . : ̄:.:.:.:.:.|:. ̄`ヽ:.:ヽーミヘ
   l : : ノ j_/ : :.:./イ:/   ....:/:.} :}:.:.:.|:.:.:_L:.:ト、 ト.l
.   i f´ ノ/  . ./ . ./ . ..:.:.:.:/:./ ハ:.:.:イ´:.l :.:.:トソ、\--  ... _
_ . イ: :Vフ ! . :.:.:.|: :./: ..:.:.:.イ: .:./ / jイ/ ヽ:} :.:.:| ヽ:ヽ. ヽ       ̄ ¨ ―- _
 ,斗‐'.人__l: : :.:.:.「7ト:、/ /:.:.イ:/ /j/,ィ弐ミ、.:.::ハ ∨:∨             `i
 !イ´:/ /:! : :.:.:..!i _L/≧ァ<ノ'  /乍ォiハ ソ:.:/:.:.:! 〉:.:.|                  |
  |/  /:.r1: :..:..:.!く乍f了ト       ├jィリ//:.: |:.∨:.:l!:ト.、__               ,′
  ,.l| /: :.{|: :.: :.{ ` VZユ!   __{___ 二∠´ !:.: :.ハ::.:.:.:||:|/ヽ>ー---      /
< V :|: :.ヽ!: :. : ハ  !二二二_ァ‐__、┴=' /: : /:..!.:.:.:iイ!:.ヽ.:..\          /
. .!.`Tヽl!: :.:.:!: : : : :ヽ    `ー<ノ´   イ:.: :/:|/|:..:∧ハ:..:..\:. \    /
 |:..:.| . .|\-ヘ : ::\:.マ=...、    ´   /V:.../:.:.ハ.}:/  ト .:ヽ:.:.:.:\ ..丶、/::ヽ
 |..:..|. . .!  ヽ.ヽ: :.:.:.ト\.:.}>  ._ .イ:.`7:/:.:./:.:|′   l\:.\:.:.:.:ヽ、. .`..ーァ′
ハルヒ「なーんで何も出てこないのかしら」
「そりゃ簡単に見つかったらなぁ」
………っとしばらく沈黙したあとハルヒは俺に聞いてきた
ハルヒ「あんた、そういえば進路決まったの?」
「ん?一応00大学に進学が決まったぞ」
ハルヒ「そう。」
………また沈黙した。
すると小泉たちが入店してきた

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:04:49.31 ID:rixaBB1F0

───

──
     ./:.:.:.:.:/:.:l:.:.:/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:', //:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:,':.:.:.:.:.:.:/ミ                `
     /:.:.:.:/:l:.:.::|:./l:./.l:.:./|:.:./ ',:.:.lヽ:.:.l:.:.:.:.:.:/:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:,'、 _
      l:.:|:.:l:.:.|:.:.l リ l/ .レ .|/   ヽl ',:.l:.:.:.:./:/|./:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\           -─ ‐
     レ|:.:|:.:.l.V _ ,, - - ,,     _,, - ,,リ:.:.:.//レ,'.:/:.:.:.:/:.:/:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.lヽ
      レ|:.:.l:l  -rc.n- `  ./ -rcy、l:.:.:.:レ:.l .|:/:.:.:.:/:.:.l:.:/:.:.:.:.:.:',:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:`. ,,
       |/l:.:l   ヒニノ      ヒタ レl:./.|/ 〉:.:.:.:/:.:.:.レ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.l:.:.l:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.| " ‐,,          _ ''
       .l l:.ll.        |     .|:/.|  /:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ',:.l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:l    " - _ ,, - ' :.:.:.:./:
       \リ.l        〉     リ/  ,'.:.:/ ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.ヽ:l:.:.:/:.:.:.:.:.:./_,,l           |:.:.:.:.:./:.:.
         `l'.,           /   .|:.:/ l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:ヽ,':.:.:.:.:./  |          | ` -/:.:.:.
          !ハ\.   - ─   /     レ  |:/l:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:/  l_ ノ          .l  /:.:/、
.           `| \      /|        | /:.:.:./  /:.:.:.:.:.,, r '|:.:/   .|             //
その後は町をぶらぶらしたあと明日の卒業式について少し話をして解散した。
ハルヒは俺と話したあとからどうも寂しそうだった……

きっと俺はチャンスを逃したんだろう。
ハルヒの悲しげな背中を見て俺はそう思った

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:09:24.05 ID:rixaBB1F0

   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
俺は家に帰り、きっと来ないであろう卒業式の準備をしてベットに横たわった

はぁ、きっと卒業はできないな。まぁ次の俺なら何とかしてくれるだろう。
無責任な俺で悪かったな……
じゃあ次の俺、頑張ってくれ。
そして俺は眠りについた

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:16:36.45 ID:rixaBB1F0

───朝
           !   〃: : : : \ミ}: : \: : |  !:V   /
            !   {: : : : レ´ヾ`ー-  ー{」」_}:!  /
             l  _.Vヽ !<モ;;リ   イ;;テ>レ:リ   /
             !/   ヽ! ヒソ _ ヒソ / ̄ ヽ/
             |  , -― ヽ  !  !  ノ  ̄ヽ }
               ヽ/     >-`ニ´ィ <  j ∨
             \ !  ∠_/ニニニ l-r' !/ /
妹「キョンく〜ん」ドカッ
「ぐふぇあ!!何しやがるっ!」
妹「朝だよー!学校はー?」
おお、そうだった。今日は

学校の補習の日だ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:24:43.78 ID:rixaBB1F0

────────

─────

───
              _人{::/:::/::::::::: ̄:::`ヽ、
             rヘヘ∨ムヘj"´`ヘr、:::ヾ::::::;j
         /::;イリ    j__  j ミ:::::ヽj::l
         !ハ::jjヽ、 ∠rォュ   ミ::::::::::リ
          U ヘ セ}   ゞー'′   ヾ⌒}
               l く             ソ丿
            i    __ ,     イ/
               ',  ̄_        ′リ
             ヽ     /   iヘ
                 ゝー <    /  ヽ
            _/:::::/ヽ  __/   /`ヽ、、
         /:::/:::::::/  ノ / ∧   /     ` ー 、_
       /:::/:::::::::::::l1  ト/ / ∧_/           `ヽ
谷口「ようキョン!」
「た、谷口……もうちょっと静かに挨拶できないのか?」
谷口「残念だが、そいつは持ち合わせていないな」

こいつ、くそやろう谷口もまた俺と同様バカなので同じ補習を受けている

谷口「ほら、もうあんまり時間ないぜ。」
「わかってるよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:25:33.02 ID:6D8tdYBRP

────────

─────

───
             | |   ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
         ,.-、 | |   /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
       r‐| _ヽ,! |   ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     /! !〈 ∨ |  ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     ! '、 ヾ、\|  !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
.     \ \_ト}  `{  |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
       | `¨´/  | |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
      ',  {     !  |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ┌ゝ、__   ノ、  ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
     ト、.___ ̄__,'   ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
    __j`ー----‐/    \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
    「  ヽ、__ ______{   , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
ハルヒ「とりあえず明日と明後日、この2日間はネズミランドに行きます。
    そして3日目は休んで、4日目はお楽しみです!!」
そう言ってハルヒは満足したように座りだした

いろいろと待て、と思ったがどうせこれが最後だ。こいつの好きなようにやらせよう

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:35:05.57 ID:rixaBB1F0

────────

─────

───
        /     i、    ト、  \ハ       ハ
          /    i  i、\  ト、 ><i |   |   ∧
       ' /  i八 _|_ ヽ\| ´ ,≧=ミ|   |     \
         i/!  ii  ヽ|     癶rし'}ノ|   ト、    厂
        { | 八  {汽心     ヾ゚′|   ト )  /
       八 {  ヽ.!、ヾ゚' ,         | / ル'  /
         )ハ  }ハ     _       И i ii ∧{   ………
              ∨ヘヘ.           | i从{
                 Y `ト . _ .ィ   |/\__
                \{`ヽ从ハ     /// ̄ ̄`ヽ
                      __/ ノ    ///
長門は無言だった。
「ほら、長門だって相当疲れてるぞ」

ハルヒ「………んもう根性ないわねぇ。じゃあ明日はのんびりでいいわよ」
よかった。しぶしぶ納得してくれたようだ

さて。話も済んだし、俺も寝るかな

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:35:50.20 ID:6D8tdYBRP

────────

─────

───
    { \/∠ -'_二  :// .:/ ヽ:  lヽ:.  ヽ:.\:|
      /´ フ´  .:// / :/  | }  |:. ト:.  l:.  \_
     / / .:ィ :/ /ノ :/ | / { :|:. ∧ :!|:.  l:. `ヽ ̄´
      //i :/ /  ィ /{ .:!:ハォ:7 丁「「:. }:. | l ! トヽ
        /  | ..:!/イ7´丁ミヽト{ /'ァz=≠トv .ト: | | |
        | /| ../|{ fr筰ミト  ´ ´ヤぅ刈イ:  ト.}: :|!|
        ∧! !:/ 小.`辷:リ     `フ7′/.:レ } ハ
          /{イ:/ハ    '_  /´/:.   /l: /′
         / ´ |l j .:.\   ‘ニ’  /: ,.. ノ}//
        ハ ̄ ̄ ̄`ヽl>ュ.. _ イ:イイムハ{ _ノ{_
       ノ ̄ ̄ ̄  ‐- 、 ヽ/}  |/_j_.ゝ┴‐´三弐
     ≦三三三-_ _  \ト/´__.. -==―――`i、
長門「今回が15288回目に該当する」
な……なんだと…
古泉「エンドレスサマー同様、彼女はすべてを記憶しています…」
なんてこった…
「なんで…何で繰り返すんだ?」
長門「涼宮ハルヒは高校を卒業することを望んでないという可能性が高い」
くそっまたハルヒかよ……

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:45:08.49 ID:rixaBB1F0

─────そして
            /ヽ/ | ;::::l i::/j_.j_ l  !!  i:!ヽ;、     _lj,_j_| トr-!´\_
            ,  \ | ::::l|.i::| ヽ| `ヽ.|ヽ, ヾ. \ ´_, |l /! ,i: |:::| l\ /
             l , // ∧ !::::;!ゝ| , =ゝ、 ヽ \ l   ,ゝ=,ル'、j/i  |-| ヽ, Y
            | lj/ / /jゝ\.!、イ ,.ィ !゙      ヽ ´| ,ノ メヾ|! │ ゙l ,イi│
            |イ l 'ーf |ヾ、l ` !ハノ|           l ゝ-/  〃 ir',/ i l ,'
           レ! l !::ゝ| :::\,, ゝ-‐'     ,     ー- ,,'/ /´:://!/リ
            ヽ! !:::! ヾ ll::::ヽ      ____      / /:::://::レ/
             ゞ、:::\ヽ!:: ゙,、     l/´  ̄`V     ,./ /::::/ /!::/
               >'´ |ヾゞ::::ト、\.   ヽ __ /   .// /!:::::!入レ'
           ,  ´ l   | ,/ヾ:::ヽ   `r 、 __ ,.   ´ , ,/ | リ / `ヽ.
           /    \ l/\ \!   '        /イ//レ ,/    l
ハルヒ「ほら!キョン!さっさと行くわよ!!」
「へいへい」
俺たちはしばらく公園やら町をぶらぶら歩いた
はたから見たらデートに見えるだろう

………きっとこの光景も何万回と繰り返したんだろうな……
ハルヒ「ねえキョン」
「ん?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 05:52:35.94 ID:rixaBB1F0

       l ∧ ::! /l/ \_l/ ! l  :::ヽ   ::::::::l :::::/::! :::::l_ノヽニ三 :::::::::.
        l l ∧::l∧ f升ミヽ!   、ヽ  ::::\  _/!__/ ::l ::::l:::|:::::ヽ三 ::::::::::
        l l !::!ヽ!::l  k._j !    ヽ\`二¨ヽ::/ ! /!`/ ::::l::::!:. :::::!ニ :::::::::::
       l ! !:l l::::l  ゞ ソ        ´ 兀j`ヾ、j/::l:/   :::!::::l__/三 ::::::::::
       l ! !:l !::::!     ,     rf_丿 ハj :::〃  .:/_j::|三Ξ :::::::::
      /ヽ!:l !::∧           ゞ ン   // :  .:∧:::!:|::l三Ξ ::::::::
     /  ∧! l::l∧ヽ    、         ..::::/ .:  .:/ノ!::!::!::l三ニ ::::::
   /  、_/ ヽl:::!ニl :::\   `      ..:::::::/ .:: /.:::::|::l:::!_jΞU::::::
  /         :lヽ!ニ.!:::/ニヽ、   _.. -‐/..::://.::. :/!_j三三 U:::::
ハルヒ「あんた進路は決まった?」
「ああ、00大学だ」
ハルヒ「そう………」
その時俺の頭が殴られたような感じがした
………きっとここがチャンスなんだ
「……お、お前は決まったのか?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 06:11:32.12 ID:rixaBB1F0

        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
         ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
ハルヒ「………私この前東京で試験受けたって言ったじゃない?」
「ああ」
これが正解なのだろうか…
ハルヒ「それで昨日、合格通知が来たの」
「すごいじゃないか。で、どこの大学なんだ?」
ハルヒ「……アメリカの、今でいう東大レベルの大学」
………アメリカ………しかも東大レベルだと!?どんだけすごいんだこいつは


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 06:17:11.55 ID:rixaBB1F0

その後古泉たちと合流、そんで明日の卒業式のことを話したり
町をぶらぶらして解散した。
正直俺もまだ混乱していた…

俺にどうしろってんだ………

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 06:35:17.60 ID:rixaBB1F0

─────

───その夜
            l:./.7.::.::./:イ/ /:イ:.::.::./::.:./::.:....:.::.:l
             |:{/ 7:.::: イ′ー 、/´ /:.:. イ:::.:.:/:./:.:|:.:.:|:|
           j,小.|:.:/   _  \_j/ /::/j:/::.:/:.:.:.!:!
           /小.!/     ``=ミr‐ミ'/⌒} /イ::./:..|:.::ハ!
           ノイイ/!′       } ノ _ ムーノ:/:.:/|:/
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´ |       /ノ    ヽV:イ:./ j′
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |  l       /       { ノ´
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l  l   く`{        i′
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l ハ  `ソ_       }
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
はぁ、どうすりゃいいんだ
だいたいハルヒはそのアメリカの大学とやらに行きたくないのだろうか……

今は……9時か。
俺はケータイをとりハルヒに電話した
『今から00公園にこい!』
そう一言だけ伝えて俺は公園に向かった


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 06:52:19.62 ID:rixaBB1F0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ
……ハルヒはまだ来てないようだ。
当り前か。でもなんて言えばいい
何も考えないであいつを呼んじまった…

俺が何を言おうか考えていたら暗闇からハルヒの姿が見えた

69 名前:残ってるとは思わなかった。保守ホントにありがとう[] 投稿日:2010/02/16(火) 16:30:03.41 ID:rixaBB1F0

       〈/j:::/V」:::::::/ ij\ i|ハ:::::i \::斗l:::::::::::::i i i >、
           /r'´ `ヽ::::i rイミッヾ  \::i /ヽ iト、::::::l  i_〉| |
        /:i     ヽi {oじリ`    ゝィf必ァ、i::::::::l/::::::| |
         {:{      i ゝ='      ゞoじソ) i:::::::i)! |::::L!
         i:i      i    ___'__   `='´ !:::::i::::l l:::::::|
       ,---ヘ     ト、  /` ̄´ ヽ   / i:::::/:::└┘::::l
      /:::::::::::::::ゝ   ノ \ ヽ___ノ  / ./:::/__::::::::::i|:::::!
    ,ノ:::::::::::::::\ 、_./ ヽ  `丶 _ -‐'´ l// | |i::::::/i::::i
   f´:::::ヽ、::::::::::::\/  ヘ     ||    ノ| 。| 。l 。|ヽ/ i::j
   丿:::::`ヽ,::::::::::::::::ヽ    \    ||     `i´`´`´  ト、リ
  /::::ヽ:::::::::::i:::::::::::::::ヘ     ゝ__||     i  / ::  .i:::}
ハルヒ「いきなり電話で呼び出してなんなの!まったく」
「ああ、すまん」
ハルヒ「…で、なんか用なの?」
「……お前、アメリカの大学行くの嫌なのか?」
ハルヒ「っ!行きたくないわけじゃないわよ!でも…」
「寂しいのか?」
ハルヒ「そっ、そんなわけないでしょ!変なこと言わないで」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 16:57:25.16 ID:rixaBB1F0

    l    ,.ィォ      l´:|    !     ヽ  ヾ〉. !
    l   く,イ升      l   ハ、  l`ヽ    },ィ  ト、  l
    l   / ,イ !:     Tヽl.、 ヽ |  ヽ、 ィ´ヽ、!.、〉 l
    ll  / ム、Y!.     ト、! ``弋ト、   イ汝}f`!ムト、 !
    l! く,.イ ,r.、.}i      l くr'fc=.、      ー-='.l ハ  l
    l!」|ゝ、込 l!     | 戈::ンj         l,イムjト、!
   ∠_ `ヽムへ、j      ト、_           `,./l. l ,': }
 /´    `ヽヽ:ヽ ヽ、!   ハl´  ヽ.       ,. '´/ !|/イ ノ
./      ヽ! ',:{   '、   ト、 t_」_      /,イ ノ / ,′
ハルヒ「ただ………」
そう言ってハルヒは黙り込んでしまった。
「なぁハルヒ」
ハルヒ「何よ」
「明日って、卒業式だよな」
ハルヒ「あたりまえじゃない。もう忘れたの?」
「いや、確認しただけだ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 17:01:25.89 ID:rixaBB1F0

───
──

     レ /: : /人|: {: : : i ||´':|メ、__,、ヽ \: : |i`"  リ .': : : : : : : i: :∧:
     / /: : 〈λ |: {: : : :i リ 人---、    \|iー`゛丁 i: : : : : : :}: :| i '
    〈/: : : :∧: :|: : i: : iィシ弐芹≡ゞ      イ≡斥ミッi: : : : : : i::〈/: : i
     .:: : : : | {: :λ: : : {ヾ弋;;;;;;cノ       弋;;;;cノ メi: : : : : ::|: |: : :: :i
    ,: : : : : |/ {弋;:: : :'   ゙ ̄´´      .   ̄ " /: : : : : :': :|: : : : :i
.    ,:: : : : : : : : 人 ヘ: : :li            ′    /: : : : : : : |: : ハ: : i
    ,: : : : : : : : : : : :\: :人                  : : : : : : : : : :/ |: i
    i: : : : : |: : : : : : : : :ヽ : 、      ´  `     , ′: : : : : : : : :.,  |::i
    i|: : : : 从: : : : : : : : : ヽ: |ゝ、        ,, <: : : : : : : : : : : /   |:i
    |{: :: : : ∧: : : : : : : : : : : 、  ≧ ,__  イ: : : : : : : : : : : : λ:/    li
………
……
「ハルヒ」
ハルヒ「さっきから何よ!もう」
「お前にもうひとつ言いたいことがある」
ハルヒ「だから何?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 17:29:28.63 ID:rixaBB1F0

───
──

  |ヽ::::::ハ:.:.:.:.ハ  /////// , /////// / .:,イ:.:/l ::|::|:.|:.|
  |:.:.{:.:.:._∧:.:.:.: ヽ             //:.:.:.//::/: |:.|:.|
.   V:.:/  ヽ:.:.:.:. >、   ´`    .イ</:.:.:.://::/⌒レ|/
    〉'´ ̄`ミト\:.:.: \ > 、__ . ィ ´ ┬/:.:./ /   ハ
.   /         ヽ>-\ `'<__/  |// / -―‐-  |
  l  / ̄`    ハト、\     |   ,.イ ./          |
  |    ´ ̄`   }_ \ ヽ__}_/ /l  / ̄`    l
「………俺は、お前が好きだ」
ハルヒ「……………はぁ!?」ゴスッ
「ぐはぁ」
ハルヒのパンチがボディに……

ハルヒ「い、いきなりなに言いだすのよあ、あんたは!!
    だ、だいたい何であ、あたしなんか」

「……なんでだろうな、俺にもさっぱりわからん」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 17:34:16.38 ID:rixaBB1F0

.       /::::::/:;::::::://j l::!::::::匕ヶイ:/l:|
      {ハ/::ハ::::〈/Y j::l:::::::|tノ`/イ /′
       冫,'::/ー、::::::〈/:::ハ:::::|" 〉:|
    f¨~、{/ノ、 ヽ:::::::|`ヽ、:k,イ:::j
    }  `ー'‐ '⌒ーーへ o人ソ:/ヽー‐ 、_
    {             ~^ヽ}´}    l   ` ー──-  _
     Z    , ─ ‐ - ._  乂    |     j     l  `ー ォ
ハルヒ「なによそれ」
「………でもな、いつの間にか好きになっちまったんだよ」
ハルヒ「…………そう……」
「ハルヒ、だからな 俺がここで待ってるから…
 そのアメリカの大学とやらに行ってこいよ。」
ハルヒ「!………」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 17:46:49.79 ID:rixaBB1F0

.   /:::::. / /:::::ヽ.\:::::::::\        `   ´ /:;:::::::/|::::||    ̄ _)、
.   ,′::::Y\/::::::::::::::::::\:::::::::\ー------−':::∧::/ !:::ハ    ̄ , j
  |:::::::/::::::::::|:::::::::\:::::::::`丶、::\>  `二ゝ-' .._';!  !/  ∨     {'
  |::::/:::::::::::::|:::::::::::::::\::::::::::::::>ヘ、/        ヽ '    ∨-- . !
  |::ハ::::::|:::::|:::::::::::::::i:::',`¨¨¨´   ,.'        ∧   r'´    `⌒ヽ.
  、| ∨::|:::::|::::::::::::::ハ:::}     ノ           ∧ r’          ヽ
      ヽ::ト、::∨:::::::/ リ     ,ノ            ハ '、    _      'i、
.     jノ ノヽ∨:/     _ノ              ,′} r'`´ `ヽ-、    )
      (   ヽ!    /                 └、ヽ、|      ゝ、  i
       ト、 __,、_,.- '´                     ノ、 〉       ';  ,!
       |                         ヽ\′      l.ノ
ハルヒ「………」ボスッ
「ぬはぁ!」
またボディに……
ハルヒ「……バーカ///」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:01:02.70 ID:rixaBB1F0

───
──
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ
その後ハルヒは俺を数発殴って帰った。
ボクサーはもっとひどいパンチを受けてるのか…
と考えてるとケータイが鳴った
古泉『今晩は。今、お時間いただけますか?』
「ああ、またなんかあったのか?」
古泉『ええ。少しばかり。とりあえず今から■■公園に来てください』

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:11:39.38 ID:rixaBB1F0

       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
              \.:! }  ヽ      イ    / Y
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
公園につくと古泉、長門、朝比奈さんがいた
古泉「今晩は。夜遅くに申し訳ございません」
「ああ、まったくだ」
古泉「たった今機関から連絡がありましてね……」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:16:46.84 ID:rixaBB1F0

            /:/∧,」 !.:.!.:.!ヘ ""  r==ォ "" ,/:.イ!ハ┘:!ヾ
         //!:.バ:.:.:| |.:.ハ.:V ゝ、  丶  /  ィ/:./:.:i/^l:.! ヽ
          レ' !:.! i.:.:.ヾ!ヽハ.:V.:.:.:.:>,  _ ィ´V.:/.:.:/  リ:|
           !:i !.:.:.:.:.:.:.:{ハ.:V'´ /′  .少'/`ー|  /j/
           ヾ ヽ_, '7// /-、  -/ "  /フ   ヒ=ヽ
              ハ ヽ. /// /'´ ̄/   ///  ,`弋 \
           /  { y'// ,'---/   //- ′.Y´  , `ヽ`l
          /   ヽfl l l  !   /  //〈  `ー〈::....ノ   V
         /        !l l !. ! ./ ///   ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
.      /       _∧ l ! !ロj ///     フ-、`ー┴‐-〃
.     /       /  ハヾ l l ///   ヽ  |  `ー‐一′
古泉「彼女、涼宮ハルヒの能力が完全に消えた…と」
「……は?」
長門「観測対象、涼宮ハルヒが持つ情報操作能力は完全に無くなった」
「……本当なのかそれは……」
古泉「どうやら本当みたいです。現に今午前0時を過ぎましたが、ループが起こる様子はありません」
「確かにそうだが……」
みくる「私も、上司の人から連絡がありまして同じことを言われました」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:26:44.89 ID:rixaBB1F0

           /::ィ: : : : : : : : :| : : : |: ::|.  ヽ.:ヾ.: :::::::::::`、::ト:l  l|
           /|: : : : : : : : : |: : : ::| ::|  , -、:::ヽ:::::::::::::|:::::|゜
           |/|: : : : : : : : :|: : :::ヽ、::l'´   .\:l `_、::::::|::::|
            | {:.: : : : : :: : |: : :::::| |::{ ,ィ。升 ` {::,'`、|::::|
            .冫: : :, -`、.::| : ::::| ヽ:|.` ´ '    `ヽ i:亅
             'オ.:::::{ 舍k \: ::|  `      ,'l´ |/
           /|,':::、.:`、_少 `、::|.      __ . ィ`|
 .          .|   /::::_::::::::,l\`l:|     ̄-ャィ'
         / i    ̄` 、 `:/  `.l:ト.、     /
        /    ヽ     ` 、  .:l|::/,ゝr-−'
     /       ヽ     Α:::::::|/::::|:::::`.
「まじでか…でもなんで」
古泉「おや?おわかりではないのですか?」
「………」
その時俺はついさっきハルヒに言った言葉を思い出した…
古泉「あなたのせい、いや。あなたのおかげと言うべきか」ニヤニヤ
「黙れ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:37:24.39 ID:rixaBB1F0

  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
古泉「そにかく、涼宮さんはあなたとこの世界で普通に生きていたい。そう望んだのでしょう」
「……」
古泉「まぁ話はこれで全部です。では、失礼します」
そう言って古泉は帰った。


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:44:58.25 ID:rixaBB1F0

           /:/: : :i: :f::.∧:ゝ: : :ヘ:.、: :.,、‐-ゝ、',: : : :i: :.:',: ',
           .i:.i: : : :i:.:.i: :i _,ゝ:'、'.、: :\ ' ‐ 、,: :'`',: : :i: :i'、i: :',
         i:.i: : : :.',: i.ィi   ヽゝ ' ‐ ゝ:.佗示ハ',: :.i:./: i: :.:',
          .',i: i: : : :'、'i...,ィ示:、.      マ:::::::リ i:./レ、: : : : ',
            '、:.'、: : :.:ト代::::::ハ        ゞ-‐' .i: : :iノ: : : : :.',
            ゝヽ、:_ゝ`マ:ソ  ' _     i: : :.i: : : : : : ヽ
              '、i: :ヽ    f´  .}   イ: : : :i\: : : : : :\
               }:i: :.::.ゝ 、  `' ‐´  イ/: : :./ir‐-\: : : : : \
みくる「私も帰りますね。あ、卒業式はちゃんと見に行きますので」
「は、はぁ」
みくる「ではキョンくん。おやすみなさい」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 18:54:38.96 ID:rixaBB1F0

───
──

                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l
                      |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `
                          lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |
             l 、    ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
長門「………」
「どうした、長門」
長門「私と古泉一樹、朝比奈みくるは卒業式が終わった後それぞれの所属機関に戻る。」
「そうなのか。するとしばらく会えないのか?」
長門「……」コク
「…そうか。」
それだけ俺に伝えて長門は帰った

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:05:55.13 ID:rixaBB1F0

────────

─────

───卒業式

    _,ノノ_ヾゞ, - 、ヾゝゞ        `              υ           υ
丿 ,.'_-ーヾゝゞヾゝゞ、_υ  ,'
 iiii/   νゞυ  ` -ヾゝゞ:::ゞ       ι                  `
 ./            'νヾゞ巛::   `           ψ
 i|          ψ      ζヾ           `                 υ
 i|  `                ヾゞヾ
ii i|        `
0)|     `
 i|
ii i|
 ii|.                    `
校長の無駄に長い話が終わり
あっけなくも無事に俺たちは卒業した。

最後に担任の話を聞いてやっと自由な時間だ
さて、待ち合わせの校門に行くか。
ハルヒはとっくに行ったみたいだし

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:26:10.64 ID:rixaBB1F0

 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ  `      `       `     "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                `  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ ; ;ヾ `                 "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ; "ヾ    `    `         "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ";                   "ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|                   | ̄ ̄.| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |                   | __...|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
校門にいくと予想どうりSOS団全員が俺を待っていた。
ハルヒ「遅い!罰金よ罰金!」
最後の最後まで俺はこいつらより早くこれなかった


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:38:26.28 ID:rixaBB1F0

     レ /: : /人|: {: : : i ||´':|メ、__,、ヽ \: : |i`"  リ .': : : : : : : i: :∧:
     / /: : 〈λ |: {: : : :i リ 人---、    \|iー`゛丁 i: : : : : : :}: :| i '
    〈/: : : :∧: :|: : i: : iィシ弐芹≡ゞ      イ≡斥ミッi: : : : : : i::〈/: : i
     .:: : : : | {: :λ: : : {ヾ弋;;;;;;cノ       弋;;;;cノ メi: : : : : ::|: |: : :: :i
    ,: : : : : |/ {弋;:: : :'   ゙ ̄´´      .   ̄ " /: : : : : :': :|: : : : :i
.    ,:: : : : : : : : 人 ヘ: : :li            ′    /: : : : : : : |: : ハ: : i
    ,: : : : : : : : : : : :\: :人                  : : : : : : : : : :/ |: i
    i: : : : : |: : : : : : : : :ヽ : 、      ´  `     , ′: : : : : : : : :.,  |::i
    i|: : : : 从: : : : : : : : : ヽ: |ゝ、        ,, <: : : : : : : : : : : /   |:i
    |{: :: : : ∧: : : : : : : : : : : 、  ≧ ,__  イ: : : : : : : : : : : : λ:/    li
ハルヒ「それよりキョン!今日からユキと古泉君が東京の大学。
    ミクルちゃんが実家に帰っちゃうんだって!!あんた知ってた?」
…なるほど。そういう風に伝えたのか…
「ああ。昨日こいつらから聞いたよ」
ハルヒ「………みんな簡単に会えなくなっちゃったわね」
「………そうだな」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:43:36.13 ID:rixaBB1F0

ヽ  _.././  / ::/i :::::  :: ::ヽ..   ヽ  ::::',  ',.、\ヽ/
 i// /i   i ::/ ヽ::ハ::  ヽ :::,ヽ::.. ヽ ヽ::. :::::i  l::i  ヽ',
 /..._ i::i  .-i:i.:::i..._ ヽ:i ヽ、ヽヽ:ヽ\:::_..-‐''"´:i  iヽ/:::::i
 l  l.//l   l,ハ.l_,,,,,, _`ヽ '、ヽ \-'´_..z.....ヽ/.l  :i ヽヽ、 l
. l  / ,' l   l .//o´`'‐i-   `'- 、 'lo ,....`iヾl.l  l. ヽヽヽl
. l ./ / l   l 〈i l ::::: l          l :::::: l '/i  lli  ', ヽヽ
. l/ /,' .li   lヽ ',o _.l        io..._/ //l  .l/l  ', :ヽヽ,
./ /.l  l:',  lヽ、´ ̄      '     ̄ / ,'i  :/:::l  l l l_/
,' /::l  .l:::',  ',''ヽ     ー---一     /:/ /:: :l  .l ::l
\i  i.._ .l ::',  ',::::',             /// :/:: ::// ::/
 ', 、 ::',`' :::ヽ :::',::::`'- ._        _.-´:::/:/ :/: :::::,':::i :/
  ヽ' , ::ヽ :::::i:,::::',:::::i:::::::i`'‐- -‐'´/:::::// :/  ::::/:::/:::/
  ヽヽ',:::i\::::i:\\_.-‐i      l''-、/ /./ ::::////l:l
     ヽi _',::i..-‐ '-、i        ''i/ '-/:/./// ',i
   _..-‐'l´ l/    l`_    _  l  ,'./ `"'l'‐- ..._'
しばらく沈黙が続いたあとハルヒは大声で話し始めた


ハルヒ「みくるちゃん!!」

みくる「は、はいぃ!!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:48:31.33 ID:rixaBB1F0

    /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::./  /:.:.:.、.:.\.:.:\:.:.ヽー、`‐、__  __ _ oヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.、.:.:ヽ、ヽ、ヘ:.ヽヘ:.Y´`ー': : :`´: : : : :`:-.、l. \
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ  /:i:.:.:.:.:.:.:ト、:ヽヽ:i,ハ:!、:.!:.:.l:!/: :/:./: : : : : : : : \\ ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.|  /:.:!:.:.:.:.:.:.::! i:.:.:l  i ,x=.〉l:.:ィ:!: :.:/: :_/: l: : ;.:. : :.\: : :ヽヽ、',
.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::l:.:.:.| /|:.:.:l:.:.:.:.:.:./ l:./  〃 /ィイ:/: :.ィ: ./ !: :l: : :、:.:. : : :ヽ:. : :!:!ヽヽ
.!:.!:.:.:!:.:.l:.:.:.:::::|:.:.:Y:.:ト:.::ト;:.:.:.:/‐- l′  / !: : !|: :/ !/  !: :ト: : :ヘ:.:.:. : :.l:ヽ: l:.l Y
l:.:!:..::|:.:.:|:.:.:/|、:..:',|ハ:.:lヘ:../.x≠      ィ|: : iヘ:{`` ー 'ヾ:l\: :|ヽ:.:.:. l: :.l: l: ! ヽ
|:!|:.::::!.:.::K   イ::!.:ヽ:::ヘ、| ,jk"     _/、|ヽ:l  ___ 、     ヽ! ヽ.::,': : !::l: ! /
|{ l:.::::l.:.:::!::∨ ヽ:ヽ.:ヽ::ヘ_    `´人 `i: : ト " ̄ `    _  ∨: :/}/!/ l
` ヽ:.::l:.:::〉/ /`71:.\:.`ー.、 ニニ≦l´|: :.i:'|: : |       ' ´ ̄"./:|:.:.: :|:/′/
  \}:.:!Y !、:.:! |.:./ >-,-‐ ´ ̄ `ーヽ、!:|: : |    , ‐ ‐‐ 、    /: |:.:. : i′/
.   /ソ \!:|.、! l:/,〃´/   - ─‐‐´ `ーy‐ 、   ー 、._ ノ  /{: :.!:.: : | ,'
    ´   i′ヽy〃  !         /  /::,ヘ _  _ .- ´  ヽ: ヽ: :.Y
ハルヒ「どこの馬の骨かわからない男と付き合っちゃだめよっ」

みくる「は、はひ〜」

ハルヒ「男が出来たら私に見せなさいよー!」
そういってハルヒは朝比奈さんに抱きついた
朝比奈さんに男など俺が全力で阻止する!

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 19:53:47.74 ID:rixaBB1F0

.       / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ {  /  l ! '.   |ヽ  :|│ i|   | l、   >
      / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \ ア `ヽVi ヽ l >弋!ヽ|   | | lヽ<|
      l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄ !ィ≠kト、  ヽ X ァ示k i|   リj│ l |
      ││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j  |{i.f:::ハ`   \´f_::::バj〉  ム「| ∨ |
        j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  W  |!_r';_リ       r';;_/ リ  /´}.|:  l
         ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N   ハ     '       /  /_ノ j ,' jl
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|.|   {小    v== ‐ァ   /  //  ̄ / リ
            `l ヽム        '         /:/ ルイ八   | \   `ー'´   /  //   / イ/
            ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il  ヽ  |ヽ  >、 __ , </  //   //〃
            ヽ lヽ >,、       イ/7 /  ヾ、  \ !_ ゝ‐< _|  //  /7  /'/〃
            \! V厶|>ー <レ_'/ //       r ''7´\   /< _   / /〃∠≧<
            r‐-(^>'´/ノ      L、ヽr/7、_    / / //   ,/== \/ /ノ´   ̄ヽ
ハルヒ「ユキ。あんたはもう少し感情豊かになりなさい。すっごいかわいいんだから!」


長門「…」コク

長門、おまえはそのままが……いやまて、あっちの長門もずいぶんと……

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:01:26.16 ID:rixaBB1F0

                /´ /::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
               j:::::::::::i:::::::::::`ヽ:::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::..、
                 ' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::トヽ
              / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l
                /::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N
            |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ!
            |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/::i
                    |ハ:|ヘ:ハ.  }        |: /ァ<:ハ{
                   |! ハ 込 ゝ         |//  ハ
                   |!   >‐、‐  ´      / 〉、
                      _rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ
ハルヒ「古泉君もいろいろとありがとね。あなたのおかげで安心して団長を
    務められたわっ!」

古泉「恐縮です。」ニコッ

……古泉、お前はどうでもいい

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:07:03.77 ID:rixaBB1F0


       l......::::::::::::::::::::::::::l´ r-/......./...  :::::::l:::::::ヽ    ! } Tj'ソ  .|::ィ::::::::|/ヽ:::::::::::::::::::::::||'
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::フ//::::::/:::::::::::/|:イ:::::l:l:.',   / ´     l/|::::::/rヘヽ}:::::::::::::::::iヽ!
.         l::::::::::::::::::::::::::::::;〃ヽ':::::::::!::::::/ヽ //!::::,':|::::i r ´         |:::/ r-'ノ:::::::::::::::::::l !
      j::::::::::::::::::::::::::::〃i {r./::::::::|/ Fテ、X /:::/:/!::l  ヽ,       |/ r イ::::::::::::::::::::::i
       /::::::::::::::::::::::::::/ !::', (/::::::::::i   { i;/ /:/j::/ i:/   、__,..       /  |/ヽ::::::::::::l:ヘ
     /:::::::::::::::::::::::::::::!、l ,' ト'|:::::::::::|   `'   {  /  |'    '.             \|X::i\
    /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l_ |:::l::::::|::::|       ヽ        i           //    \_
   /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i:ハ::::::',:::|  \, '´            丶---ー、    //        ヽ
.   |::〃:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::|'| l:::::::ト;:|  r 'l                ヽ、// , -‐'´        \
   !' |:::::::::::::::::::: :/ヽ:::::::::::l. rl::::::!_!|._ /イ::!                / , ' , ‐'´
   | i::::::::::::, -‐'´ ̄` ヽ、::',::!' !::::| j:::::/|;'                i. /, '
ハルヒ「キョン!」
「な、なんだ?」
ハルヒ「…私のわがまま聞いてくれてありがとね。」
……意外な言葉だった。まさかハルヒの口から感謝の言葉が出るとは誰が予想しただろうか

「気にしてないよ。それに俺もずいぶん楽しませてもらった。ありがとよ」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:12:46.04 ID:rixaBB1F0

         ./ /  / / 'l :l :::   ヽ ヽ  ヽ ヽ ヽヽ _
        / /   /  l .l ::ヽ ::::::  ヽ::: ヽ  ヽ ヽ:;...._ ヽ'-i .i‐i
       / //  ./l  ::l ハ ::::ハ::::::::::::::: ヽ:: ハ:::ヽ ヽ_ `'', /   l
      ,' , ' ,' / il :::- -i.,_ l \:::ヽ::::: iヽ.-''´ l  ::l ヽ_/i    l
     / , '  ,' ヽ / l :::l l _', '- \ ',-,< _--..l l  :::l _..:l  _- ''''ヽ_
    //  ,' :i :Y  l :::l:l/l。'-._   ´'ヽ ' l。;;:::l`l  ::l ll i y , ,' -' ―_
   /./   l ::l :/`l-l ::::l ' l:::;;;;::|     ` l::;;;:::l l ::::l.l ll l //- '´   ヽ` i
   ,' ,'   ,' :::l :::l l lヽ :::l ヽ__::,'      ヽ-‐' l :::::ll .l:l l::l        ヽ
   i./   l :::l :::ヽl l l ::',       '       l ::::l::l l:l/l.l         ヽ
  ,','    .l :::ハ:::::l::| | |ヽ_ヽ     -  ‐'    /l :::l:::|,.i:::: l l          ヽ
  ll     l ::ll :::::l:ヽ_l  ヽ::ヽヽ.,_        /::l ::/:/::::::: l l_          ヽ
  l     .l ::l l ::::l:::::::ヽ l ::::::l::::l::::'::; ._  _.. 'l´_:::l :/:/::::::: /   ' ,_         \
  l     l :l l ::::l::::::::::l lハ :::l::_ ' ̄l     l  ,' /_:_i_:_:_:/     'l          ヽ
  l      l l l :::::l::::::::_l l-‐ヽ::l /-' . . .   ヽi/./  // /'- ._ _. ._ l          ヽ
  .l     ヽi .ヽ:::l_-l .l l   ヾl' ' __ ` ' './/  // / _ - ' _‐ '´ '- _         l
   l      .ヽ >'  l .l l    l‐'´   `'-/    ' .' ,'    ,'     l '- _       l
   `' .,_     /   l l l    l-‐'  ̄ '‐-/    ,' ' '           l  ' ,      l
         /    l l l   .l      /    ,' .,' ,'           ヽ_        l
      _ -' ´    l .l l   .l     /    ,' ,' ,'                   , '
ハルヒ「………皆さん!これからも好奇心や楽しむ心を忘れずに。
    そしてSOS団の一員だったことを誇りに思ってください。」
ハルヒ「それでは、今日を持ちまして…………」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:17:30.42 ID:rixaBB1F0







         「SOS団を解散します。」






96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:33:08.45 ID:rixaBB1F0

────────

─────

───

──そして

.     厶ィfテ/   / / / | l     \ ヽ   ヽ ∧ `¨ト、
.     〉 //   ,' / / l | ト、ヽ   ヽ. ヽ. ハ ∧\/ハ
   ,' K´_/:.   l:/ 八 小  ヽ \   ヘ   |:.:|_ヽ.|
   |/:.:./l:.:..  /| >、∨| ヘ  \ \ ,.ィ'"「 |.:.:.|:.:.:.:.:ハ、
   /!:.:./ |:.:.:. i|/   \  ヽ.  ヽ/  Vl| l|.:.:.|:|\:.:.}ハ
.  /|/ /|:.:.:. | ,ィfテ心y、   \  ,ィfテ心yVリ:.:.:l:ハ ∨ リ
  i ,|,' /:::|:.:.:. lヽ.{ト;;;;;;;;リ      {ト;;;;;;;;ソ }7 .:.:,'/∧ }ハ
  |/ | /:::::|:.:.:  l  乂__ン        ヽrzン' / .:.:/: /::,レ´l:.|
  |ヽ::::::ハ:.:.:.:.ハ  /////// , /////// / .:,イ:.:/l ::|::|:.|:.|
  |:.:.{:.:.:._∧:.:.:.: ヽ             //:.:.:.//::/: |:.|:.|
.   V:.:/  ヽ:.:.:.:. >、   ´`    .イ</:.:.:.://::/⌒レ|/
    〉'´ ̄`ミト\:.:.: \ > 、__ . ィ ´ ┬/:.:./ /   ハ
.   /         ヽ>-\ `'<__/  |// / -―‐-  |
ハルヒ「じゃあ私、もう行くけど……ちゃっ、ちゃんと待ってなさいよね!!」
「おう。」
ハルヒ「……………」
「……ハルヒ。安心して行ってこい」
そう言って俺はハルヒに近づいた

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:36:45.23 ID:6D8tdYBRP


;;::::::::::::::::::::l    , : ':::::::::::::::::::::::::`'、;;;;;;;l::::::::i::ハ::::::::l ! i::::::::::::i:!::::::::::::::!:::::i::::::::::
;;::::::::::::::::::::l  ./::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::':,;;; ハ;;;;;;i::!>:::::!  i!;;::::::::::i::!:::::::::::::i:::::i::::::::::
;::::::::::::::::::::::;;/:::i;.;.::::::::::::::ヽヘ:::::::::ヽ::::,∨ 〉/!i   ∨  |;;;;;;:::::::i::i!::::::::::::l:::::i!::::::::
:::::::::::::::::::::::i.:.:.::::i;;;;;ヽ/:::::::::ヾ:::::::::::::ト:::∨´メ-―     l:::::!::::::/::::::::::::::::l!::::i!::::::
:::;;:::::::::::::::::::i:.:..::::!;;∠:i\::::::::::::\::::::::lヘ::i  !    ,,.   l:::::|::::/:::::::::::::::::ハ:::i\:::
:::;;;:::::::::::::::::::l:.:..::::イ;ハ!  >:::::::::::!ヾ::::i∨! '、,,/´    i:::::i!:/::::::::::::::::::ハ::i  }
::::;;;i;:::::::::::::::::l:.:.:.::i:|::! ∠≦ \:::::l;;i:::/::}   'i/      l:::::i !:::::::::::::::::/  リ  ノ
';::;;;;!::::::::::::::::::l:.:.:.:!ハ! 〃´,,`  ヾi{;;!/;;/          l:::l :l:::::::::::::::/  / //
;';::;;;;il;;:::::::::::::::ヽ::::l  /  i.;!    !ヽノ           i:::i. l::::::::::::/,> '´/::::
∧;;;iハヾ:::::::::::::::ヘ::i  ゝ  i゚j       ` 、           !::! i::::::::;/:(__./:|::::::::
;;;;ヘ;;l;;ヾ;;\:::::::::::::ヘ    ,,_/      /         i/  l:::::/ ,'    !:::::::
/´`',l;;ヘヾ;;;;;\:::::::::\___/////    〈            i/ /     !::::/
/⌒`',;;;;;i \;;__二ニ-く       , '             /       ∨
i  ⌒',;;;;;',\\:::::::::::::::ヾ`>      、ヽ           , '
ヾ  .ノソヾ', \\::::::::::::::\      ,'、::'.,
;;;;\,,,_``\\;;;\\:::::::::::::\    ハヽ;:',
;;;;;;\;;\厂 r‐v‐ハ;:\:::::::, 、:\ _ノ リ ∨ヽ、_ , 、 -−''^ヽ
;;;;;;;;;;;i\\ i  ヾi \::\/ ', \    ヽ;::::|       `、

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:42:48.32 ID:rixaBB1F0

/イ /イ`:/: :/:l: :/:./`ヽ l: : :ト: : :.:ヽ:.:.:.. : : :.:.l:.:.:|:.:..   :.:ヽーj ノー 二
` /´: : : /: : l:. l /l:/   \ヽ:.| ヽ: : :.ト 、:.:. : :|ヽ_L:.:.:.:.|:...| ドイ ̄:.:|
  L〉: : : l : : |:. |:| |′    ヽヽ  \:.{  \: :イ´l:|:.:. :.:.|:.:.:!:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
  |: : : : :! : : |:. :l{   z三ミ 、、 \   \ /ヽj  }l!:.:. :.:l:.:.:l!.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  {/: : :.:!: : .ハ:. :ト  ´  `ヽ  ´  {ー'r_z三ミ、 |:. :.:/:.:.:ハ:.:l:.:.:.:.:. :.:|:.:.!
 /: /: :.:|: |: :..ヽ:ヽ ////      i   ´    ` j: : /: : /: }/ハ:.:.:. :.:!:.:.l
./ /: :.:小 :!: :.:.:.:ヽ:\   /⌒ ー--、‐ 、 //// /://:.イ:.:.:/:.:.:.:.!:.:.: : ト:.:.l
':/!: ::. :.|:ハト: :.:.:.:.:.:ト.ー  /         \i   /イ:.:/´:.:|:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.: : | l:.:l
/ | : :.:.:.l:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.l:.:\ {         j   /:/:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:. : l !:.!
! !: : :.:.:|!:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l´ノ \ー-  ___ノ  .イ:/:./}:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.: :l j:リ
| ,.ゝ---― 7´: \:.ヽ   ` 、 ‐ _ .. .<_:.:.:./:/:.j:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/ !:.:.:/ //
イ        { : : {  \ヽ      ̄/ ヽ:..:..ヽソ/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/  j:.:/ /´
       ヽ: :\   `\     {   〉:../´ `7:/- :._:.:./  /´
ハルヒ「ななななな!なにすんのよいきなり!アホキョン!!」
ッドス
「グヘァ!!」
今までで一番きいた……

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:48:45.61 ID:rixaBB1F0

─────

───
           /: : :.:/ / : : : : : : : : i: : :ヽ: : : : : :\
          /: : : / ∠: : : :/ : : : : : : : : : :}: : : : : : : :ヽ_
          ,': : : :_| / } : /: : : : : : :,'|: : :│: : l : : : : : V、_ \
          lr―く_Y二7: /: : : : : / / |: : : j: : :_j_:. :|: : : ∨二/
.          lヽ_∠7: : : :.:l:´: ̄ :7 メ l: : /:|:´:/|: :`ト : : : }\
         l : :/ /: : : : : i: : : /j:/ /: :/ j: ,:斗_、/: : : /|  ',
         |: :/ /|: : : : : :l: ィ示テミ //  /ィチ仔Y: :/: |l │
         |: | l:从 :l: : : : Yノ゚::ハ      iトイj アイ: : : :l|  |
         |: | |: : :N: : : : : V仁ソ      `'ー" |: :!: : : : | /
         |: | |: : :| |ヘ: : : : :'、::::::     '  :::::: ,': :.!: : : : |Y
         |: |__j: :.:.| |い: : : : :}   ー  '   イ: ノ: : : :l l: !|
         |: :|: : : i:|_|: :j: : : :l }≧=ー----‐=≦  /):!:|ノリ
         !: :l : : :{.:rー|: :l: :乂           /::::/: リ
「じゃあまたな、ハルヒ。風邪ひくなよ」
ハルヒ「わかってるわよアホキョン!あんたも風邪ひかないようにね!」
「ああ。」
そう言ってハルヒは歩き出した

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:55:56.63 ID:rixaBB1F0

──

         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.
………あ!!そうだ!

「ハルヒ!!」

ハルヒ「?」
俺は肝心なことを言うの忘れていた……

「あー、なんだ…その…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 20:56:59.21 ID:6D8tdYBRP









          「お、お土産よろしく頼むぞ」












110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:02:45.71 ID:rixaBB1F0

──

   { _ - <´ / ;:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::;; ヽ  \/
   >    / ;;:;:/.::::::::::::/::::::|::::i::::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::::::\::::ヽ:::::::::::::::::::;;i i\__、\
  λ 冫  /  /    /.......l.....{............'......:'....\...................ヽ  ヽ     |  |     〉
 /  〉/   {  l  .:::::::::::|::::::∧:::::l::::::::::::::'::::::ヾ::::::\:::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::.....| ;;l   ∧ミ、
 | / \__/l ...:l:::::::::::::::::|:::::/ レ::::ト::::::::::::::'::::::ヽ::::::::::\:::::::::::ヘ::::::::|::::::::::::::}::;; ト,  /::::ヽ |
  {::::::/ /::::l::::::|::::::::\::::|::::/  l.:.ハ:::::::::::::,::::::::\::::::::::\:::::::::ヘ, ー´ ̄::::::|::::::ハ~~\::::ハl
  {::::/ /:::::::l::::::|::::::::::::::\::l   l:::l ヽ::::::::::,::::ハ::ヽ、::::::::::::\/ヘ::::|:::::::::::l::::::::::|   l:::::}
  |::〈 /:::::::::l::::::|::::::::::::::::∧l\  l:::'  \:::::::::::ヘ\ \::::/"::::} ヘ::|:::::::::l::::::::::::|  入:}
  |::::ヽ:::::::::::::l:::::|::::::::::::::/ リ  \,_::i_,、 \:::::::::ヘ ヽ乂 :::::::::::}   〉|::::::::l:::::::::::::レ´:::::::|
  l::::∧::::::::::::::l.:| ヽ::::::::i 彡毛三≡ッル     \`ー ィ ≦三毛リミョノ::::::::/:::::::::::::::::::::ハ::::::|
  l:::ハ::::::::::::::::|::::'::\::::i <"弋__案ツゝ      \::::〈弋__案八ィリ::::::::::/:::::::::::::i::::::::/ i:::|
  ツノ ヘ::::::::::::::::|::::::::::\li  、 乂彡"        ヽ゛ ≦彡 /::::/::::::::::::::i:::::::/  i:|
  リ  \::::::´~|::::::::::::::\   ;;; ;;;;           ;;;; ;;;;   //;;;;::::::::::::,ーi::::::/    il
     / ̄/  l:::::::::::::::.::|ヽ、        .:i         / /;;::::::::::::::::/   `ヽ リ
    i   l  l::::::::::::::::::ト _                    /;;::::::::::::::::/      /
    i   l  从::::::::::::::::::::ゝ_    ⊂=ー....´⊃    ≦/::::::∧:::::::/     /|
    人   l  /ヾ::::::::::::::::::::ヽ> ,,, _  、、 _   <  /:::::::/ 乂/        }
ハルヒ「はぁ?………あんたってやつは……」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:03:53.65 ID:6D8tdYBRP









「ホントに」









112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:06:04.03 ID:rixaBB1F0

      Vハ/~7 ゙/  /:,' :.:.:l :.l :.:.:.:....     ヽ:.:. .:.:..ハ  ∨\___∧
.      /ヘ;;;∨ /  .:/:.:l :.:.:! .:{  :.ヽ:.:...    :ヽ:.:.:.:.:.!:l   ',  冫^ハ
     /ヽ厶;;;V  :.l.:.┼-、ハ :.:',  :.:.: .:.:.    .:|ヽ:.斗:!‐  .:|}ノk.:.. .:.
     ,′.:/∧;;|  :.:|.:.:.| :.:i`ヽ、:.:ヽ :.:.ヽ 、:.:..:.:/l. ',.:∧|  :.:|:l l ヽ ::| i
     /.//:j∧!   :.:|! .:|\:{ __ ゙、ヽ !\ :.:.\ X:.:::.j__,V,、jl  :.:|ヘ li V| |
    l |.:V:.〈 |:..|   :.:|!V,ィ尓干ミ、\{  `ー =ゝ >尓チ圷ヾ.: :.:| } | j:| |
    | |:.:.:.:i:N:..|:.:.:.:.:.l:.lヾ{ トイ.::::::i}`        " トイ.:::::i| jイ :..:i_ノl |:V l l
    | il:.:.:..!:.:.ハ:.:.:.:.!l.:.',. 弋_;;::zリ          弋_;;:zリ ! .:.:,'.:.::|_/:/_j/,,、_
    l l.ヽ:.:.,rヘ,,ム .:.:八:.:ヽ ゝー‐'          `ーf¨ヽj .:.:./:.:.ノ'fー'": : : : : ヘ
    ヾレ''": : :~∧.:.:.:.:.\:.\         j         ヽ 丶:./:.:./ヲ: : : : : : : : : }
     ,r'".: .: : : : : ::.ヽ:.:.:.:.:.:ヘ、 >  ーr-┬-r '    ,.イ∧ \/-{: : : : : : : : : : :{
    {: : : : : : : : : : : : \{\:ヽ iヽ、   ゝ __ノ    / /;_ム  \∨: : : : : : : : : }
     }: : : : : : : : : : : : :ヾVヘ\ヽ  >, 、 __,. ィ<  /{ ノ     \: : : : : : : ,r'ヘ
    7,、 : : : : : : : : : : : :Vヘ  \  | O    / 厂       ヽ: : : : ,r'  l

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:06:40.84 ID:6D8tdYBRP










                「バーカ///」










114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:08:57.71 ID:rixaBB1F0

                        ,,,iiiiiiiii,,,、
    涼宮ハルヒの卒業        ,lllllllllllllllllllii,,
                       ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  '!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .'lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll".゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .'lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .'!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、おしまい

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:35:35.92 ID:rixaBB1F0

自分で最初から読みなおしてみた


なんぞこれwwwwwwwwwwwwwwww
gdgdで申し訳ない…

そんなgdgdなSSを最後まで見てくれてホントにありがとう

次はもっといい作品書けるようにしときます。
ではまたの機会に



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「ひぃぃ!!なんなんですかもぅ!!」コナン「待て〜!!光彦ぉ!!」