長門「…これ、食べて」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「夏休みじゃし安価で温泉旅行にでもいこうかの」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 02:07:26.35 ID:PxJSDl2H0


キョン「これか。ああうん、これをね」

長門「……食べて」

キョン「その前に、一ついいか」

長門「…………?」

キョン「これは何だ」

長門「チョコレート」

キョン「何だか根っこのようなものがはみ出てるんだが」

長門「チョコレート」

キョン「あと、何だか毛のようなものまで生えてる気がするんだが」

長門「チョコレート。手作り」

キョン「…………」

長門「……食べて」




後は任せた

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:08:49.78 ID:QzDlVzRZ0

長門「私の手を見て」

キョン「なんだ?・・・って、長門どうして包帯なんかまいてるんだ!?」

長門「私の体の一部を入れた」

キョン「はぁ!?・・・うぷっ」

長門「吐き出さないで。全部食べて。」

キョン「そんなもの喰えるわけないだろっ!」

長門「だめ。全部食べて。」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:12:05.08 ID:QzDlVzRZ0

キョン「ちょっ、包帯をほどくな!!」

スルスルッ

長門「私の手を見て」

キョン「うぅおわぁっ!!ひどい傷じゃないか!っていうか手首がえぐれてるじゃないか、お前大丈夫なのか!?」

長門「あなたのために、こんなにたくさん入れたから、食べて。」

キョン(ウプッ、だめだ気持ち悪い、気味が悪い、吐きそうだ)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:15:21.73 ID:QzDlVzRZ0

長門「食べて」

キョン「こんなもん喰えるか!!」

長門「食べて。早く食べて。」

キョン「い、嫌だ!拒否するッ」

ドガッ ベシャ グキッ

キョン「ゲホッ、、な、長門っ、いきなり何するんだ!」

長門「・・・・・ 食 べ て 。」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:20:17.36 ID:QzDlVzRZ0

長門「食べて。食べて食べて食べて食べて食べて食べて食べて」

ドガッ グキッ ベシャッ ズドンッ

キョン「長門っ、長門、やめてくれっ」

長門がキョンを暴行するうちに、手首の傷は開き、血がどくどくと溢れ出した。
それでも長門はキョンに暴行を続ける。
部室の床が血の海になる。

キョン「ゼエ、ハァ、・・・もうわかったからやめてくれ、勘弁してくれ」

長門「私のチョコレートを食べてくれるまでやめない」

ボコッ グキッ ベシャ ガゴッ

キョン「もうわかったッ、食べる、食べるからっ!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:24:46.45 ID:QzDlVzRZ0

キョン「うぷっ・・・」

長門「食 べ て」

目の前にあるチョコレートは、よく見ると血液に染まって赤みがさしていた。
おそらく、この中に長門の手首の肉が混入している。
普通の人間なら、こんな物を食べたりはしない。

長門「食 べ て」

長門が見つめてくる。どうやら俺がこれを食べるまで監視され続けられそうだ。
ここは食べるしかない。

ゴクリ・・・

むしゃむしゃ

キョン「うっ、うぷっ、ゲロゲロゲロ」

長門「・・・」

キョン「ゲロゲロリ」

長門「私のチョコレートを、吐き出した・・・」

キョン「うぷっ、すまない長門っ、とてもじゃないが俺には喰えん」

長門「私のチョコレートを、私の身体を、私の愛の形を、吐き出し、た」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:27:33.29 ID:QzDlVzRZ0

長門がナイフを取り出す。
そのナイフで長門は、自分の手首を斬りつけた。

キョン「ちょ、何するんだ長門!!やめろ!!」

長門「あなたに食べてくれるまで、やめない」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:32:56.03 ID:QzDlVzRZ0

あっという間に、部室の床が血染めになった。

長門「食 べ て」

キョン「うぷっ、」

長門「食、べ、て。」

キョン(食べる以外に道はなさそうだ。ゴクリ・・・)

パクッ

キョン「うっ・・・・・」

長門「どう?おいしい?」

キョン「・・・うぷっ」

長門「お い し い ?」

キョン「うっ、うぷっ、・・・」

長門「お、い、し、い?」

再び吐き気がこみ上げてくる。
例のチョコレートは3分の1ほど口に入れた。

チョコレートをよく見ると、そこから肉片のような物がはみ出ていた。

キョン「うっウゲエエエエェェェェェエエエエエ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:37:29.33 ID:QzDlVzRZ0

がちゃ

ハルヒ「おっまたせ〜」

みくる「すぐにお茶いれますからね〜」

ハルヒ・みくる「・・・・!!!!」


部室の床は血の海となっていた。
床には、体中に暴行をされた跡があるキョンが横たわって、けいれんしている。
眼の焦点が合っていない。どうやら発狂しているようだ。
机の上には、血にまみれたチョコレート。
そしてキョンのすぐそばに、返り血を浴び、両手首から血をどくどくと流す長門が、
無言でキョンを見下ろしていた

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:42:16.49 ID:QzDlVzRZ0

みくる「ふぇ〜〜〜」バタッ

ハルヒ「ちょっと、一体何があったの!!??」

長門「・・・・・・」

ハルヒは、机の上にある、もはやチョコレートとは言えない物体を見、

発狂した

ハルヒ「ぃぃいいやぁぁぁぁああああああああああ!!!!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:47:32.61 ID:QzDlVzRZ0

キョン「・・・な、がと・・・うっ」

長門は無言でキョンを見下ろしている。

キョン「ながと・・・おれが、悪かっ、た、謝る、ごめ

ブスッ

キョン「っぐはぁっ」

胸にナイフを刺され、キョンは息絶えた


部室に残ったのは、

発狂したハルヒ

気絶したみくる


血に染まり、立ち尽くす長門

そして、

対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスが残した、
唯一の「感情」と呼べるもの、
それが形となった、

長門の人肉チョコレート

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/14(日) 04:51:23.01 ID:QzDlVzRZ0

長門「食、べ、て。」

おわり?



めちゃくちゃ中途半端な形で終わってしまった。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【安価】提督「艦娘の頭上にフラグが見える」