キョン「なにかがおかしい……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉、神のいない世界を見たくないか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:13:07.41 ID:PvQr/Ebh0

長門「お腹の子……」

長門「名前、あなたが決めていいから……」

キョン「なにかがおかしい……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:18:07.08 ID:PvQr/Ebh0

キョン「待て」

キョン「それは本当に俺の子なのか?」

長門「……」

キョン「『なにをあなたはおかしいことを言っているの?』みたいな目で見るな!」

長門「……」

長門「こういうときはどういうい表情をすればいいかわからない」

キョン「泣けばいいんじゃないか?」

長門「……」

キョン「ええい、泣くな!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:20:01.95 ID:PvQr/Ebh0

長門「お腹の子はあなたの子」

長門「これは事実」

キョン「……お前がそういうならそうなんだろう」

キョン「何かが起こること自体には慣れた」

キョン「だが中身まで譲歩したつもりはなかったんだが……」

キョン「とりあえず、詳しい話を聞かせてくれ」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:21:51.52 ID:PvQr/Ebh0

キョン「そのお腹」

キョン「いつからおかしくなった?」

長門「妊娠三ヶ月」

キョン「いや、一昨日までは普通だっただろう!?」

長門「……」

キョン「いや、だから『あなたはなにを無責任なことを言っているの?』みたいな目で見るな!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:24:03.37 ID:PvQr/Ebh0

キョン「昨日起こっていなかったことが、今日当たり前に起こっている」

キョン「みたいな経験はあるけれども…」

キョン「これはどうしたものか」

長門「……」

キョン(うーん、こいつに聞いてもラチがあかない…)

キョン(別の誰かに聞かないと…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:25:47.76 ID:PvQr/Ebh0

ガチャッ

キョン「!?」

キョン「朝比奈さん!?」

みくる「あ……」

みくる「………」

キョン「……ド」

キョン「ドブ虫を見るような目で見られている……!」

みくる「……あの」

みくる「まだいたんですか?」

キョン「ぐはあっ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:27:48.50 ID:PvQr/Ebh0

キョン「こ、これはどういうことですか?」

みくる「さあ?」

みくる「自分で考えればいいんじゃないですか?」

キョン「……」

キョン(つ、冷たい…)

キョン(というか怖い…)

キョン(なにがあったんだ、三ヶ月前の俺…)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:30:31.58 ID:PvQr/Ebh0

キョン「とりあえず古泉に話を聞かないと……」

キョン「こいつに当たれないなら本格的に終わりだ……」

プルルプルル

キョン(頼んだぞ…)

ガチャッ

キョン「おい、古泉か!」

古泉「……」

古泉「……」

古泉「……ああ、あなたですか」

キョン(この微妙な間……)

キョン(よそよそしい!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:32:08.98 ID:PvQr/Ebh0

古泉「今更何か話すことでも?」

キョン(この棘のある言い方…)

キョン(三ヶ月前の俺はなにをしたんだ……)

キョン「話を聞いてくれないか」

古泉「ははっ」

古泉「話すこと、まだあるんですか?」

古泉「ちゃんちゃらおかしいですね」

キョン「ち、逐一傷つく!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:33:58.41 ID:PvQr/Ebh0

キョン「いや、あるとかないとかじゃなく」

キョン「わけがわからないんだ」

キョン「普通に部室にきたら長門がいて…」

キョン「妊娠三ヶ月って…」

古泉「……」

古泉「話次第では拳が飛ぶという条件で」

古泉「あなたの話を聞いてあげましょう」

キョン「……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:36:50.86 ID:PvQr/Ebh0

キョン「本当に話したとおりだ」

キョン「例の十二月の世界改変のときと同じで、朝起きたら長門が妊娠していて…」

古泉「……」

古泉「なるほど」

キョン「教えてくれ、この世界ではなにが起こってる!」

古泉「長門さんの言うとおりですよ」

古泉「長門さんのお腹の中にいるのはあなたの子です」

キョン「……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:39:56.86 ID:PvQr/Ebh0

キョン「……」

古泉「……あの」

古泉「その様子だとあなたの話は本当のようですね」

古泉「苦し紛れの弁解などではなく」

キョン「……どうしてそう思う」

古泉「いえ、失敬」

古泉「あなたはある日突然、おかしくなったように人が変わってしまって」

古泉「どう表現すればいいのでしょう」

古泉「そうですね。あえて品のある言い方をすれば」

古泉「性豪に」

キョン「……」

キョン「品があるのか!?それは!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:42:04.57 ID:PvQr/Ebh0

古泉「いや、これでも本当に表現を抑えたつもりです」

古泉「数ヶ月まえのあなたは本当に酷かった」

キョン「朝比奈さんの目が凄かったのも……」

古泉「当然です」

古泉「目の前であんなものを見せられたら」

キョン「おい、なにをしたんだ俺は!」

キョン「イチモツでも見せたのか!?」

古泉「それくらいならまだしも……」

古泉「おっと、そこから先は」

キョン「き、気になる…!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:45:32.13 ID:PvQr/Ebh0

古泉「長門さんに直接聞いてみたほうが良いでしょう」

古泉「あなたの話が真実だとするなら、おそらく犯人は……」

キョン「またハルヒの仕業か?」

古泉「まさか」

古泉「おそらく長門さんの仕業でしょう」

キョン「……正直、そっちのほうが厄介だ」

古泉「さすが物分りがいい」

古泉「三ヶ月前のあなたが戻ってきて、私も安心しました」

古泉「とにかく、ひとまずは直接、長門さんと話してみるべきです」

キョン「ああ、そうだな」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:48:14.11 ID:PvQr/Ebh0

キョン「……長門」

キョン「話があるんだ」

長門「……」

長門「新居の話?」

キョン「違う」

キョン「というか、朝比奈さんの眼が痛いからそういう切り返しはやめろ」

長門「……」

キョン「とりあえず、人の見てる前ではどうかという話だ」

キョン「部室の外へ」

朝比奈「あーあ、またいやらしいことでもするんですね」

朝比奈「いつまで発情期やってるんですか、キョン君も長門さんも」

キョン「そんな性格でしたっけ!?あなた!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:51:02.20 ID:PvQr/Ebh0

………

キョン「……とりあえずいつもの喫茶店だ」

長門「……」

キョン「話を聞かせてもらいたい」

キョン「三ヶ月前になにがあったのか」

長門「……どうしてそういうことを聞くの?」

キョン「眼が覚めたら、お前が突然妊娠していたからだ」

長門「………」

キョン「あーもう!聞き方が悪かった、だから泣くな!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:56:42.98 ID:PvQr/Ebh0

長門「三ヶ月前」

長門「あなたは……」

キョン「俺は……?」

長門「軋むベッドの上でやさしさを持ちより」

長門「私の身体をきつく抱きしめてくれた」

キョン「……」

長門「……」

キョン「……尾崎豊か!」

長門「ポッ」

キョン「ポッ、じゃない!真面目に答えろ!」

長門「怖い……」

長門「でもそういうときのあなたも素敵」

キョン「完全ホの字じゃねえか!」

キョン「なにをして、長門がここまでオチたんだ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 19:59:44.89 ID:PvQr/Ebh0

長門「私もあなたに聞きたい……」

キョン「……」

長門「……」

長門「日本国憲法では…」

長門「結婚年齢は男性が18歳、女性が16歳」

長門「私たちが結婚できるまであと2年ある」

キョン「……」

長門「……」

キョン「……そういう話は」

キョン「後でいいから!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:20:04.82 ID:PvQr/Ebh0

キョン「どういう経緯でお前が妊娠したかという話だ!」

長門「……」

店員「……あの、お客様」

キョン「……あ、すんません」

長門「受精と」

長門「着床」

キョン「いや、そういう保健体育的な話でなくて…」

キョン「す、すみません!そんな変な話じゃなくて…」

キョン「ああ、もう!」

長門「?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:21:57.41 ID:PvQr/Ebh0

キョン「そういうことじゃなく、なんというか詳しい話を…」

キョン「ここでこういう話をするのもなんだが……」

長門「……」

長門「今日は、そういうプレイ?」

キョン「そういうことでもない!」

長門「?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:25:54.70 ID:PvQr/Ebh0

………

キョン「結局、長門の部屋か…」

長門「ぬぎぬぎ」

キョン「部屋に入っていきなり服を脱ぐな!」

長門「『とりあえず一発ヤってから』と」

長門「いつもあなたが…」

キョン「どんなキャラ設定だ!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:46:12.16 ID:PvQr/Ebh0

長門「だけど」

長門「昨日あなたは『俺好みのいやらしい女になってきたな』って…」

キョン「いや、待て、そんな好みなんてある覚えは…」

長門「……」

キョン「じっと見るな!」

長門「……」

キョン「おい、なんだ、急に立ち上がって」

ガララッ

キョン「?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:47:12.36 ID:PvQr/Ebh0

ガララッ

長門「これを入れて一日過ごせ、って……」

キョン「……」

長門「……」

キョン「……それ」

キョン「バイブローターやないかーい!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:48:10.66 ID:PvQr/Ebh0

キョン「長門さん、それバイブローターやないかーい!」

長門「……」

キョン「バイブローターやないかーい!」

長門「……」

キョン「バイ……」

長門「……」

キョン「すまん、ちょっと気がおかしくなった」

長門「……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:54:45.66 ID:PvQr/Ebh0

キョン(とりあえず、だ)

キョン(あのときの世界改変のときのエラーと同じと考えると…)

キョン(長門の奥底で、こう、ムラムラした気持ちが溜まってきて)

キョン(こんなキャラになったわけか…)

キョン(いや、まて…)

キョン(俺も変なキャラになっているということは)

キョン(俺にこういうことをしてほしいと、ずっと考えてたわけか…)

キョン(いや、待て、それは早計すぎる……)

キョン(でもそうじゃないと……)

長門「?」

キョン「くっ、まともに顔が見れない……」

長門「ぬぎぬぎ」

キョン「だから脱ぐなッ!今だけは脱ぐなッ!」

キョン「流される!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 20:57:40.78 ID:PvQr/Ebh0

キョン(しかし普段の長門に性欲はあるんだろうか…)

キョン(ないとするなら、この改変はハルヒの仕業になるわけか?)

キョン(だが、こんな改変をしていったいどういうメリットが…)

キョン「あれ?」

キョン「そういやハルヒは……?」

長門「……」

キョン「……」

長門「ぬぎぬぎ」

キョン「身体でごまかそうとするな!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:01:58.74 ID:PvQr/Ebh0

キョン「俺はお前をそんないやらしい娘に育てた覚えはありません!」

長門「……」

キョン「くっ、潤眼で上目遣いという高度な技を覚えやがって…」

キョン「なんか俺が悪いみたいじゃねえか……」

長門「……」

キョン「……というか」

キョン「そんなことよりハルヒだよ!」

長門「彼女は……」

長門「……ふふっ」

キョン「長門が笑っただと……」

キョン「しかも邪悪に……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:05:26.73 ID:PvQr/Ebh0

長門「そんなことより……」

長門「いつもみたいに……」

キョン「くっ……」

キョン「待て、くるな……」

長門「あなたがもしこの事態に気づいたら……」

長門「二度と返さないように、プログラムを組んでいる」

キョン「な、なに…?」

キョン「くっ……」

ガチャガチャ

キョン「……開かない!?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:07:35.87 ID:PvQr/Ebh0

長門「……」

キョン「ま、待て!」

キョン「長門!」

長門「……あなたが悪い」

長門「あなたが、私を、こんな風にした」

キョン「な、長門、待て……」

キョン「長門……」

長門「××××」

キョン「えっ?」

キョン「今なんて……」

キョン「うわっ、う、うわああああああっ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:09:58.14 ID:PvQr/Ebh0

ガタンッ

キョン「うわあっ!」

キョン「………?」

キョン「ここは、部室……?」

キョン「はーっ」

キョン「なんか凄い夢を見た……」

長門「……」

キョン「うおっ!」

長門「?」

キョン「……ああ、いや、気にしないでくれ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:11:50.02 ID:PvQr/Ebh0

長門「……」

キョン「……」

キョン(や、やべえ)

キョン(顔合わせにくい…)

長門「……どうかした?」

キョン「いやいやいやいや!」

キョン「なんでもない!」

キョン(こ、このタイミングで急に顔を近づけてこないでくれ!)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:15:24.43 ID:PvQr/Ebh0

キョン「……あの長門」

キョン「一応聞くけど、身体に異変とか、ないよな」

長門「ない」

キョン「……いや、ならいいんだ」

キョン「まさかと思っただけで」

長門「……」

キョン「とりあえずシャワーでも浴びてさっぱりとしたい…」

キョン「お前もそろそろ帰るか?長門」

長門「……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:17:47.13 ID:PvQr/Ebh0

キョン「あ、そうだ」

キョン「そういえば他のみんなは?」

長門「……」

キョン「……長門?」

長門「……あなたは不思議なことを言う」

長門「ここには、あなたと私しかいない」

キョン「え、あ、いやハルヒとか古泉とか朝比奈さんは……」

長門「ここには、この世界には」

長門「あなたと私しかいない」

長門「そういう風にプログラムされている……」

キョン「……え?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:20:06.35 ID:PvQr/Ebh0

キョン「どういうことだ」

キョン「何かの間違いだよな……おい!?」

長門「……確かに間違い」

長門「もう一人いる」

キョン「どういうことだ?」

長門「……コクリ」

長門「お腹の子は」

長門「あなたが名前を決めてもいいから」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/07(日) 21:21:35.22 ID:PvQr/Ebh0

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド博士「夜神月くんそこに3冊のノートがあるじゃろ?」