女「長門さんってかわいいよね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「パンツを脱いだ・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/03(水) 02:10:58.43 ID:dG1dNdxqP

女A「それに頭良いし運動神経抜群だよね」

女B「何より本読んでる姿が素敵」

女C「私ちょっと長門さんに数学の問題の解き方教えてもらおうかな」

女D「あんたただ長門さんと話したいだけじゃないの?」

女C「ま、まぁそうなんだけど」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/03(水) 02:13:08.72 ID:dG1dNdxqP

女C「長門さん。この問題の解き方教えてもらっていい?」

長門「いい」

女E「あっ、じゃあ私も教えて欲しいな」

女F「私も私も」

女G「私もお願い」

女H「ついでに私も」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:15:43.81 ID:dG1dNdxqP

女D「あんたらどっから出てきたのよ…」

女A「と言いながらちゃっかり教科書片手に列に並んでるのね」

女D「き、記念にと思って…」

女B「私は長門さんのお勧めの本を聞こうかな」


キョン「すまんが長門を呼んでくれ…ってこりゃ無理だな(家に忘れちまった教科書は不服だが古泉に借りるか…)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:17:57.17 ID:dG1dNdxqP

昼休み

女A「今日こそ長門さんと一緒に昼食を…ってもういない!?」

女B「明日は早めに誘うべきね」

女I「明日長門さんと昼食を共にするのは私よ」

女E「いや私だから」

女F「いやいや私でしょ」

女G「それは譲れないわ」

女C「皆で食べればいいじゃない…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:20:35.36 ID:dG1dNdxqP

体育

女体育教師「二人組になって準備運動してください」

女J「長門さん。私と準備運動しませんか?」

女B「いや私とやろう」

女D「ここは私だろ」

女H「今日は月曜日だし私の番よ」

女A「いや曜日で順番とかいつ決まったのよ…」

長門「…」

女体育教師「長門さんも困ってるしここは私とやりましょう」

女C「先生も参戦ですか!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:25:16.78 ID:dG1dNdxqP

放課後

女H「何でテニス部に入っちゃったんだろ…SOS団に入ってれば…」

女F「さすがにそれは…いややっぱり惜しいことをしたかも」

女D「どんだけ長門さんがすきなのよ…いや気持ちはわかるけど」

女B「SOS団は入りにくいけど文芸部なら入っても良かったな…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:28:55.26 ID:dG1dNdxqP



女E「長門さん、おはよう」

長門「おはよう」

女E「ふふ」

女D「機嫌良さそうだな」

女E「長門さんにおはようって言われちゃった…ふふ」

女G「自分から挨拶したんじゃない…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:39:30.71 ID:dG1dNdxqP

授業中

女教師「では長門さん、次のところを訳してください」

長門「彼らは八の字を描くかのようにまうが、その数字を一周し終えるのに費やされる時間が長ければ長いほど、食料源は遠くにあることになる。」

女教師「さすが長門さん完璧です。ハラショー!!」

女D「今英語の授業だろ…いや確かにすごいんだけど

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:41:58.34 ID:dG1dNdxqP

文化祭出し物決め

委員「何かやりたいものありますか?」

女G「メイド喫茶やりたいです」

女D「あんたは長門さんのメイド姿が見たいだけなんじゃないの?」

女G「見たくないの?」

女D「いや見たいけどさ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:44:16.99 ID:dG1dNdxqP

女B「私は占いが良いな」

女A「意外ね」

女B「想像してみなよ。魔法使いの格好をした長門さんが占いをする姿を」

女C「…」

女E「…」

女F「…」

女H「魔女っ娘ユキちゃんか」

女G「負けたわ。あなたが神か」

女B「いえ長門さんが女神よ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 02:50:09.46 ID:dG1dNdxqP

文化祭当日


女A「長門さんのおかげで大盛況ね」

女C「私達そろそろ休憩時間だしSOS団の映画見に行かない?」

女D「長門さんが出てるらしいし当然行くよ」

〜〜〜〜〜〜〜〜
女A「さすが涼宮さんね。長門さんの魅力を最大限に引き出してるわ」

女C「非の打ち所がないね」

女D「もう内容はどうでもよくなってるな」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:04:24.10 ID:dG1dNdxqP

女F「長門さんどこにいるか知らない?」

女G「さっき涼宮さんに呼ばれてどっか行っちゃったみたい」

女H「私も休憩時間長門さんと一緒にどっか回ろうかと思ってたんだけど…」

女B「じゃあ体育館にでも行ってみよっか。なんかやってるみたいだし」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:08:08.42 ID:dG1dNdxqP


ENOZ登場

女A「なんで涼宮さん!?しかもバニー」

女C「そんなことより見てよ!長門さんもいる!」

女D「なんだと…!?」

女B「ギターを持つ魔女っ娘ユキちゃん…たまりません」

女H「長門さんかっこいい…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:15:02.11 ID:dG1dNdxqP

演奏中


女I「上手い…」

女J「手の動きがすごいわね…」

女E「私明日からギター始めるんだ…」

女G「長門さんに手取り足取り教えてもらいたい」

女D「あんたらどんだけなのよ。まぁ私もちょっとギターやってみたくはなったけど」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:32:34.52 ID:dG1dNdxqP

体育祭

女K「クラブ対抗リレーは長門さんが出るんだよね」
女H「私SOS団が1位に100円かけるわ」

女I「私は200円賭ける」

女L「私もSOS団に1000円賭けるよ」

女M「じゃあ私は五千円」

女D「まぁ賭けにならないのは予想できるんだけどね。私は一万賭けるわ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:42:49.96 ID:dG1dNdxqP

女A「ついに長門さんにバトンわたったわ」

女A〜Z「長門さん!が…」

女D「ってもうバトン渡してるし!ボルトを超えてるんじゃ…」

女C「さすが長門さん、かっこいい」

女F「汗一つかいてないわ」

女G「私明日から陸上競技始めるわ」

女R「長門さんと一緒に走る…素晴らしいわ」

女D「あんたらギターはどうしたのよ。まぁ私も明日からランニング始めるけど」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 03:56:38.50 ID:dG1dNdxqP

新年明け

女Q「ふふ」

女A「ご機嫌ね」

女Q「聞いて驚け!長門さんから年賀状が来たの!」

女A「うん。知ってる」

女D「というか女子みんな長門さんと住所教え合ってたし。そりゃくるよね」

女Q「まぁそうなんだけど…そうなんだけども何というかこう…ね?」

女S「わかります」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 04:10:54.97 ID:dG1dNdxqP

校内百人一首大会


女B「例によって長門さんが1位、涼宮さんが2位か」

女X「長門さんを見て、私、雅な女になろうと思いました」

女F「私は畳に合う女になろう」

女U「私は明日から百人一首を嗜むことにするわ」

女D「というかうちのクラス女子何人いんのよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 04:30:27.25 ID:dG1dNdxqP

〜〜〜〜〜〜
キョン「すまんがちょっと長門を呼んでくれないか」

女A「ええ」


女C「あえて言わなかったんだけど、あの人って長門さんの彼氏じゃないよね?」

女A〜Z「……」


女N「ま、まぁもしそうだとしても長門さんが選んだんだから、きっといい人なんじゃないかな」

女Y「うん。それに長門さんが幸せなら私達も幸せだしね」

〜〜〜〜〜〜〜〜
キョン「あーその大したことじゃないんだがな、最近どうだ。元気か?」


長門「元気」




出会った頃の、あの何を考えてるかわからない顔は今はもう面影なく、はっきりと感情が読み取れる表情で長門はそう言った。


おわり

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 04:33:13.42 ID:dG1dNdxqP

ふぅ…

皆に愛される長門が書きたかった

もう満足

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 15:57:44.96 ID:dG1dNdxqP

暇になったら内容濃くして書き直すか

まだ色々ネタありそうだし



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「朝倉がネコになった」