長門「スーパーロボット大戦をやる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ひろし「どうだ!しんのすけ!」しんのすけ「気持ちいゾ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 14:40:42.08 ID:BjdYJ1J00

長門「ゲームスタート」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 14:42:51.84 ID:BjdYJ1J00

長門「スーパー系で実行」

あちゃくら「せっかくのスーパーロボット大戦ですからねっ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 14:46:01.82 ID:BjdYJ1J00

長門「マジンガーZの搭乗席、危険極まりない」

あちゃくら「そうですねぇw」

長門「兜甲児、面白い人」

あちゃくら「いかにも昭和のヒーローですよね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 14:48:44.54 ID:BjdYJ1J00

長門「あしゅら男爵が出た」

あちゃくら「長門さん!ショックビームに気をつけて!」

長門「平気。マジンガーZはその程度では滅びない」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 14:52:06.39 ID:BjdYJ1J00

長門「ロケットパンチ」

甲児「ロケットパーーンチ!!!」

ダメ1721

あしゅら「くははははは!死ね!兜甲児!」

ダメ687

長門「問題ない」

あちゃくら「マジンガー堅いですねぇ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 14:56:45.26 ID:BjdYJ1J00

長門「ゲッターロボを確認」

あちゃくら「味方の増援ですね!ゲッターきましたわぁ!」

竜馬「甲児くん!援護するぞ!!」

甲児「すまねえリョウ!よしいくぞあしゅら男爵!」

長門「お決まりのパターン。でも燃えてしまう」

あちゃくら「長門さんってこういうのでも燃えるんだ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:00:37.49 ID:BjdYJ1J00

長門「とどめはゲッタービームに限る」

あちゃくら「なんとなくとどめって大技つかいますよね^^;」

あしゅら「くそ!覚えていろマジンガーZ!」

あちゃくら「私なら絶対逃がしませんよw」

長門「だめ。これがお約束」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:03:28.13 ID:BjdYJ1J00

長門「インターミッション」

あちゃくら「改造しないんですか?」

長門「まだいい」

あちゃくら「長門さんって貯めてから一気に改造するタイプなんだぁ」

長門「そう。そのほうが強さを実感しやすい」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:08:10.09 ID:BjdYJ1J00

長門「2話」

あちゃくら「アムロ再臨 ですって!アムロ来ますね!」

長門「何に乗っているのか疑問」

あちゃくら「あ!来ましたね!相手はジェリド中尉です!」

長門「彼はやられ役。障害にはならない」

あちゃくら「あ!アムロだ!」

長門「リック・ディアス…そう…」

あちゃくら「嫌いなんですか?」

長門「ディジェを期待していた」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:13:27.84 ID:BjdYJ1J00

長門「カミーユ」

あちゃくら「来ましたねぇ味方の増援!カミーユはマーク2だぁ」

長門「結構熱い」

あちゃくら「ジェリドはバイアランのくせにぃ!」

長門「アムロには当たらない」

ジェリド「くそっ!カミーユ!覚えていろ!!」

長門「負け犬」

あちゃくら「言いすぎですw」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:17:03.31 ID:BjdYJ1J00

長門「3話」

あちゃくら「最初のほうはサクサク進みますねぇ」

長門「…!!」

あちゃくら「あ、3話はガンダムWの話ですかぁ」

長門「ヒイロ…!」

あちゃくら「え!スキなんですかヒイロ」

長門「嫌いじゃない。同じ匂いがする」

あちゃくら「意外ですぅ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:19:32.79 ID:BjdYJ1J00

長門「バスターライフル」

あちゃくら「MAP兵器ですか!」

長門「おちろおちろ」

あちゃくら「リーオーがゴミのようですw」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:23:25.35 ID:BjdYJ1J00

長門「!」

あちゃくら「あ、ゼクスですねぇ。いきなりトールギスですかぁ」

長門「バスターライフル、命中37%。これでは不確定」

あちゃくら「精神使いましょう」

長門「いらない。あてる」

あちゃくら「長門さんって無駄に精神コマンド使わない人なんだぁ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:26:34.70 ID:BjdYJ1J00

長門「やはり外した。リセット」

あちゃくら「集中つかいましょうよぅ!」

長門「いらない。いつかあたる」

あちゃくら「まどろっこしいですねぇ!私ならバンバン使うのに!」

長門「あなたが急進派だったの、わかる気がする」

あちゃくら「えへっ☆」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:29:21.52 ID:BjdYJ1J00

ゼクス「ふんっ、その程度でh」

長門「また外れた。リセット」

あちゃくら「まどろっこしいなぁ!もう!」

長門「可能性が1%でもあればいつかあたる」

あちゃくら「長門さんらしいです」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:31:57.00 ID:BjdYJ1J00

長門「なかなかいいバランス」

あちゃくら「これってまだ発売されてないですよねぇ。どこで入手したんです?」

長門「自作」

あちゃくら「自作www」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:37:29.64 ID:BjdYJ1J00

長門「当たった」

あちゃくら「もう!やっとですかぁ」

長門「でもリセット」

あちゃくら「なんでですか!」

長門「反撃に当たった。彼が次のターンに落とされる可能性がある」

あちゃくら「…はぁ。ひらめきつかいましょうよう…」

長門「いらない」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:40:21.38 ID:BjdYJ1J00

長門「成功」

あちゃくら「あれから5回もリセットですよぉ…」

長門「5回ならいいほう。Fではあたりまえ」

あちゃくら「出た!長門さんって昔かたぎのスパロボ厨だ!」

長門「そう。最近のは簡単すぎる」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:44:29.26 ID:BjdYJ1J00

長門「クリア」

あちゃくら「3話でこれじゃあ先は長いですね…」

長門「その方が長く遊べる」

あちゃくら「また改造しないんですか?」

長門「まだ。部隊が鮮明ではない。ヒイロ・ユイは去る可能性がある」

あちゃくら「自分で作ったんでしょう!?」

長門「製作過程のメモリーを抹消した」

あちゃくら「なるほど!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:48:05.99 ID:BjdYJ1J00

長門「4話」

あちゃくら「今度は誰が出るんでしょう」

長門「楽しみ」

第4話 レッツ!コンバイン!!

長門「コン・バトラー」

あちゃくら「きましたねぇ」

長門「合体」

あちゃくら「わくわくしてますね?w」

長門「合体はロマン」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:52:42.58 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「長門さんはリアル系よりもスーパー系派なんですね」

長門「そう」

あちゃくら「私はリアル系ですねぇ」

長門「邪道。これは゛スーパー゛ロボット大戦」

あちゃくら「いいじゃないですかぁ。リアルロボット大戦があればとっくにやってます!」

長門「そう」

あちゃくら「あ、コンバトラーの合体シーンですよ!」

長門「ここは熱心に作った記憶がある」

あちゃくら「好きなんですねぇ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 15:56:29.67 ID:BjdYJ1J00

長門「バトルチェーンソー」

ヒョウマ「くらいやがれ!バトルチェーンソーー!!」

あちゃくら「超電磁ヨーヨーの方が強いのでは?」

長門「せっかくのコン・バトラーV。武器は全部見る」

あちゃくら「武器多いですからねぇ、コンVは」

長門「Fの頃が一番多かった」

あちゃくら「F好きですねぇ。私はαかな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:00:15.64 ID:BjdYJ1J00

長門「ガルーダ」

あちゃくら「親玉ですねぇ」

長門「超電磁スピンで倒したい」

あちゃくら「大技で倒すの好きなんですねぇ」

長門「それもロマン」

ヒョウマ「超電磁 タ・ツ・マ・キィィィィ!!!」

長門「ここ。ここ最高。ここ」

あちゃくら「興奮しすぎです長門さんw」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:04:57.66 ID:BjdYJ1J00

ヒョウマ「超電磁 スピイイイイィィィン!!!」

長門「いい。何度見ても熱い」

あちゃくら「わかりましたから」

ガルーダ「うわああああ!そんなぁ!!!」

長門「ガルーダ、また」

あちゃくら「味方になりますかねぇ?」

長門「わからない」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:08:18.64 ID:BjdYJ1J00

長門「5話」

あちゃくら「次はなんでしょう」

長門「碇シンジ」

あちゃくら「シンジくんですね。ってことはエヴァですかぁ」

長門「そう」

シンジ「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

長門「逃げちゃダメ」

あちゃくら「話始まらないですからね逃げちゃw」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:11:39.82 ID:BjdYJ1J00

長門「綾波レイ」

あちゃくら「きた…」

長門「彼女は見たくない」

あちゃくら「…なんとなく…わかります」

長門「私は彼女じゃない」

あちゃくら「大丈夫です。知ってます」

長門「そう」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:15:13.34 ID:BjdYJ1J00

長門「サキエル」

あちゃくら「てことは、わざとやられるのかな?で、暴走ですよね?」

長門「倒す」

あちゃくら「無理でしょうw」

長門「無理ではない。Fでは当たり前」

あちゃくら「Fでもサキエルは無理ですよ!」

長門「そうだった」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:18:39.84 ID:BjdYJ1J00

長門「Fではゲストは逃がさなかった」

あちゃくら「よくやりますねぇ…何も得しないじゃないですか」

長門「そこが腕の見せ所」

あちゃくら「今のスパロボはそういうのないですもんねぇ」

長門「そう。時代は変わった。スパロボも変わる」

あちゃくら「なんだかなぁ…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:23:17.74 ID:BjdYJ1J00

長門「倒せなかった」

あちゃくら「そりゃそうですって」

長門「暴走」

あちゃくら「お決まりですね」

長門「お決まりはお決まりでもこれは燃えない」

あちゃくら「そうなんですか」

長門「そう。やはりスーパーロボットじゃないと燃えない」

あちゃくら「エヴァも相当スーパーですよ」

長門「これはスーパーには該当しない。燃えない」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:28:53.42 ID:BjdYJ1J00

長門「6話」

あちゃくら「次はなんでしょうねぇ」

長門「神勝平」

あちゃくら「ザンボット3ですね。意外に早い登場じゃないですか?」

長門「好き。一番」

あちゃくら「そうなんですかw」

長門「そう」

あちゃくら「あ、ザンボエースだ!Z以来ですね」

長門「ザンボット関連には気合をいれて作ったメモリーが残っている」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:32:18.35 ID:BjdYJ1J00

カッペイ「どけどけぇ!ザンボマグナムだい!」

あちゃくら「あ!すごい!声は大山のぶ代さんです!」

長門「そう」

あちゃくら「さすが長門さん、不可能を可能にしましたね!」

長門「当然。神勝平の声は大山のぶ代以外にはいない」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:38:40.53 ID:BjdYJ1J00

長門「キングビアル」

あちゃくら「これもZ以来ですかね」

長門「合体シーン」

あちゃくら「アニメまんまですねw」

長門「音楽がたまらない」

カッペイ「ザンボット3ってんだい!どうだいどうだい!」

あちゃくら「戦闘中じゃなくても勝平はフルボイスなんだw」

長門「好き。一番」

あちゃくら「わかりましたってw」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:42:00.06 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「ってことはブライトさんやセイラさんも声でるんですね!」

長門「そう。音声情報の構築はそう難しいことではない」

あちゃくら「さっすが長門さんですね」

長門「そうでもない。趣味」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:47:30.96 ID:BjdYJ1J00

長門「改造に着手する」

あちゃくら「ザンボット3ですかw」

長門「もちろん。フル改造」

あちゃくら「好きなんですねぇ」

長門「そう。最終話は涙なしでは見れない」

あちゃくら「泣くんですか長門さん!!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:50:43.52 ID:BjdYJ1J00

長門「例え」

あちゃくら「そうですよね、びっくりしたぁ」

長門「私という個人では、バッタを取る回が一番泣くに値する」

あちゃくら「なんですかそれw」

長門「見て」

あちゃくら「機会があればw」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:53:45.00 ID:BjdYJ1J00

長門「7話」

あちゃくら「次はー?」

長門「刹那・F・セイエイ」

あちゃくら「!! 初登場ですね!!」

長門「そう」

あちゃくら「すごいじゃないですか長門さん!」

長門「そうでもない」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 16:59:13.46 ID:BjdYJ1J00

長門「パトリック・コーラサワー」

あちゃくら「模擬戦w」

長門「障害にはならない」

あちゃくら「おお!エクシアが動いてるぅ!」

長門「GNサーベル」

コーラ「模擬戦なんだよおおおおお」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:07:01.75 ID:BjdYJ1J00

長門「8話」

あちゃくら「そろそろ部隊も整ってきましたねぇ」

長門「ザンボットがいればそれでいい」

あちゃくら「^^;」

長門「キラ・ヤマト」

あちゃくら「SEEDですかぁ。SEEDはどうですかぁ?」

長門「嫌いではない」

あちゃくら「え!意外ですねぇ!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:10:58.14 ID:BjdYJ1J00

長門「やめてよね」

あちゃくら「そこが好きなんですかwww」

長門「そう」

ミゲル「生意気なんだよ!ナチュラルがMSなどとぉおお」

あちゃくら「声、西川さんwww」

長門「そう」

あちゃくら「本家でもいなかったのにw」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:16:20.08 ID:BjdYJ1J00

長門「9話」

あちゃくら「あれ?主人公の話ですかね?主人公はキョン君なんですかw」

長門「…」

あちゃくら「メカは…ケンター・イライフ…」

長門「そう」

あちゃくら「なんですかこれw」

長門「スーパー系の主人公機」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:18:37.04 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「あ、副座式ですね…ってサブパイ長門さんじゃないですかぁ!」

長門「彼を守ると約束した」

あちゃくら「そうですけどw」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:21:49.83 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「キョンくんは声でないんですね。何故です?」

長門「その方が想像力を掻き立てる」

あちゃくら「そうですかw」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:26:41.86 ID:BjdYJ1J00

ナガト「敵機体確認。攻撃態勢」

キョン「くらえ!スーパーボルトマグナムゥゥ!!!」

長門「いい出来」

あちゃくら「ケンター・イライフやたら強いですねw」

長門「彼が落ちたらゲームオーバー」

あちゃくら「私はそれが目的ですけどね」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:36:00.45 ID:BjdYJ1J00

長門「10話」

あちゃくら「次」

長門「エイサップ鈴木」

あちゃくら「リーンの翼かぁ!初ですねぇ」

長門「2話までしか見てない」

あちゃくら「作れないじゃないですかww」

長門「いるだけ」

あちゃくら「せめて見てあげて…」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:41:40.91 ID:BjdYJ1J00

長門「11話」

あちゃくら「あ!早乙女アルト!!」

長門「マクロスF」

あちゃくら「初参戦のオンパレードですねぇ!!」

長門「ランカ・リー」

あちゃくら「歌詞付きで歌入ってますしw」

長門「マクロスは歌がないとダメ」

あちゃくら「そうですよねぇ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:43:51.32 ID:BjdYJ1J00

自分で書いててなんだが…





















このスパロボめっさ欲しい

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:56:00.85 ID:BjdYJ1J00

長門「12話」

第12話 エクソダス

あちゃくら「キングゲイナーですねこれは」

長門「これは最後が理解不能」

あちゃくら「私もよくわからなかったです…」

ゲイン「エクソダス、するかい?」

長門「する」

あちゃくら「何からですか」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 17:59:40.48 ID:BjdYJ1J00

長門「アナ・メダイン」

あちゃくら「かわいいですよねぇアナ姫さま」

長門「声がたまらない」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:03:47.46 ID:BjdYJ1J00

長門「13話」

あちゃくら「まだ参戦するのかな?」

長門「キリコ・キュービィ」

あちゃくら「きましたねぇ!」

長門「ボトムズは嫌いではない」

あちゃくら「本家では出てないですよねぇ。なんででしょう」

長門「おそらく小さすぎるから」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:12:05.11 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「ATですか?でももう関係ないじゃないですか。マクロス7のシビルとか出てるし」

長門「そう」

あちゃくら「そろそろ本家で出てもいいじゃないですか。ねぇ?」

長門「同意する」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:17:57.82 ID:BjdYJ1J00

長門「14話」

あちゃくら「もうさすがに新規参戦はないですよね?」

長門「マサキ・アンドー」

あちゃくら「え?サイバスターですかw」

長門「そう」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:20:26.64 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「サイバスターはもういいんじゃ…」

長門「声」

あちゃくら「え?」

長門「緑川光」

あちゃくら「…長門さんってなんか…古いですね」

長門「否定はしない」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:25:51.69 ID:BjdYJ1J00

長門「15話」

あちゃくら「そろそろ分岐来ますかね?」

長門「…戦車」

あちゃくら「え…?」

長門「クルマ」

あちゃくら「なんですか?」

長門「メタルマックス、来た」

あちゃくら「なんですかそれwww」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:28:45.69 ID:BjdYJ1J00

長門「知らない?」

あちゃくら「さあ…」

長門「そう」

あちゃくら「なんですかメタルマックスって?」

長門「昔、そういうゲームがあった。ファミコン」

あちゃくら「ファミコンwww」

長門「メカは主に戦車」

あちゃくら「無理があります」

長門「そう」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:32:30.42 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「ほらぁ…戦車じゃやられちゃったじゃないですかぁ」

長門「いい。むしろここからが本番」

あちゃくら「大破しても大砲撃ってる!」

長門「そう」

あちゃくら「無理でしょう!?」

長門「そういうゲームだった」

あちゃくら「…」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:34:39.12 ID:BjdYJ1J00

長門「16話」

あちゃくら「なんとかクリアできましたね。次は?」

長門「BB」

あちゃくら「え?」

長門「ボーダーブレイク」

あちゃくら「もうなんでもありかww」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:39:04.58 ID:BjdYJ1J00

長門「今のはジョーク」

あちゃくら「いやもういてもいいんですけどね」

長門「分岐」

あちゃくら「宇宙がリアル系中心で、地球がスーパー系って感じですかね。どうします?」

長門「・・・・・・」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:48:03.17 ID:BjdYJ1J00

長門「もちろん地球」

あちゃくら「そうですよねぇ」

長門「17話」

あちゃくら「レッツ!ボルトインですか。ボルテスVですね」

長門「そう」

あちゃくら「やっといつもの感じに戻りました」

長門「天くううぅぅうぅ剣」

あちゃくら「どうしたんですか急にw」

長門「この言い方、好き」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:51:16.54 ID:BjdYJ1J00

長門「ボルテスバズーカアーーーー」

あちゃくら「好きなんですねw」

長門「割と」

あちゃくら「あ、コン・バトラーと合体攻撃できますよ!」

長門「熱い、熱い熱い」

あちゃくら「興奮しすぎです」

長門「はぁ、はぁ」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:54:53.85 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「長門さんはボルテスとかコンバトラーとか見たんですか?」

長門「・・・・・・見てない」

あちゃくら「ダメじゃないですかぁw2chで笑われますよw」

長門 ぷくっ

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 18:57:13.16 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「むくれないでくださいよお」

長門「原作を見たかは問題ではない。愛があれば構わない」

あちゃくら「そうですかぁ?」

長門「スパロボの作品全ては把握していない」

あちゃくら「さすがにねぇ」

長門「そう」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:01:32.21 ID:BjdYJ1J00

長門「18話」

あちゃくら「もうやりすぎです!」

長門「平気。スパロボなら48時間は耐えられる」

あちゃくら「またメガネのお世話になりますよ!」

長門「いい。コンタクト」

あちゃくら「もうしりません!」

長門「来た。プロ」

あちゃくら「プロ来ましたか」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:07:26.70 ID:BjdYJ1J00

長門「プロ、好き?」

あちゃくら「え、別に好きってわけじゃないです!ただ見ただけです!」

長門「俺は戦闘の?」

あちゃくら「プロだぜ!」

長門「そう」

あちゃくら「・・・・・・」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:09:46.48 ID:BjdYJ1J00

長門「マジンガーブレエエエド」

あちゃくら「マジンガーブレエエエド!!」

長門「この言い方、最高峰」

あちゃくら「わかります!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:13:33.66 ID:BjdYJ1J00

プロ「甲児くんいくぞ!準備はいいか?」

甲児「いつでもおkだぜ!鉄也さん!」

プロ&甲児「ダブルマジンガーブレエエエド!!」

長門「・・・いい」

あちゃくら「プロさま・・・」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:19:03.55 ID:BjdYJ1J00

プロ「俺は戦闘のプロだぜ!!」

長門「来たこれ」

あちゃくら「かっこよすぎですぅ」

プロ「サンダーブレエエエエク!!」

長門「もう我慢できない」

あちゃくら「え?」

長門「脱ぐ」

あちゃくら「ダメ長門さん!!!乱心しないでえええ!!」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:25:32.94 ID:BjdYJ1J00

長門「はぁはぁはぁ」

あちゃくら「はぁはぁ!もう!それはダメです!!」

長門「我慢できなかった」

プロ「ドリルプレッシャー パアアアァンチ!!」

長門「ああ言ってるからやはり脱ぐ」

あちゃくら「こらああああ!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:27:52.79 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「もう!どんだけプロ好きなんですかっ!!」

長門「プロ。きっと夜も・・・」

あちゃくら「アホですか!!!」

長門「でも・・・」

あちゃくら「プロは多分童貞です!」

長門「!!」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:33:16.42 ID:BjdYJ1J00

長門「プロのはず・・・」

あちゃくら「童貞です」

長門「気を取り直す」

あちゃくら「そうしてください」

長門「クリア」

あちゃくら「プロもフル改造ですか?」

長門「もちろん」

あちゃくら「他にお金まわしたほうがいいんじゃ・・・」

長門「プロだから」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:37:47.25 ID:BjdYJ1J00

長門「プロと勝平・・・はぁはぁ」

あちゃくら「なに考えてるんですか長門さん!!」

長門「BL」

あちゃくら「プロと勝平とか濃すぎますからwww」

長門「あり」

あちゃくら「コミケにでも出ますか?w」

長門「そうしてみる」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:51:45.40 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「いいからゲームしたらどうです!?」

長門「プロのお小遣いは月1000円で、大半がお菓子代に消えるという」

あちゃくら「なにそれwwww萌えまくりですぅwwww」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 19:58:40.44 ID:BjdYJ1J00

長門「19話」

あちゃくら「やっと進みましたね」

長門「ラライライライララーイ」

あちゃくら「ライディーンですか」

長門「そう」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:02:05.05 ID:BjdYJ1J00

あきら「ゴオオオォォッド!! ゴオオオオォォガン!!」

長門「ここも好き。ゴオオオの部分、好き」

あちゃくら「やたら低い声ですよね」

長門「たまらない」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:09:51.93 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「もう終わり!やりすぎです!」

長門「一万年と二千年前から?」

あちゃくら「あいしてる〜♪」

長門「そう」

あちゃくら「アクエリオンだああ☆」

長門「20話、やる」

あちゃくら「もう!しょうがないんだから!」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:14:21.33 ID:BjdYJ1J00

長門「無限パンチの射程は無限」

あちゃくら「やりすぎでしょうw」

長門「失敗した。これでは動く必要がない」

あちゃくら「そりゃそうです」

長門「修正の必要あり」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:24:59.92 ID:BjdYJ1J00

長門「21話」

あちゃくら「あ!敵でシャアがいますね。逆シャアでしょうか」

長門「残念」

あちゃくら「クワトロ大尉で使いたいですよねぇ・・・」

長門「そう」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:31:16.62 ID:BjdYJ1J00

あちゃくら「隕石を落下させるみたいですねぇ」

長門「させない」

あちゃくら「あ!見てください!アムロの隣接時に説得ができます!」

長門「!」

あちゃくら「これはもしや・・・」

長門「仲間になる可能性がある」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:35:15.55 ID:BjdYJ1J00

長門「・・・ダメだった」

あちゃくら「あとあと響いてくるんじゃないですか?」

長門「その可能性は高い」

あちゃくら「っていうかいつの間に宇宙なんですか?」

長門「分岐は終わった。今は宇宙」

あちゃくら「そうなんですか」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:40:39.59 ID:BjdYJ1J00

長門「そろそろ友人を呼びたい」

あちゃくら「ゆ、友人って!??」

長門「古泉一樹」

あちゃくら「なんで彼を呼ぶんですか!」

長門「ユニーク」

あちゃくら「ユニーク・・・ですか・・・」

長門「そう。呼ぶ」

あちゃくら「好きにしてください」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:50:10.43 ID:BjdYJ1J00

古泉「やあ、おまたせしました」

長門「いい。入って」

古泉「おや?スーパーロボット大戦ですかぁ。どうしたんですこれ?」

長門「作った」

古泉「うふっ、さすが長門さんですねぇ。ゲームを一本作ってしまうとは驚愕です」

長門「・・・」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:53:09.76 ID:BjdYJ1J00

古泉「で、僕に何をさせるんです?」

長門「何も」

古泉「え?」

長門「見てて」

古泉「見てるのは構いませんが・・・長門さんだけゲームなんて少しずるいですねぇ、うふっ」

長門「うふっ」

古泉「?」

長門「ユニーク」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 20:59:46.98 ID:BjdYJ1J00

長門「22話」

古泉「ずいぶん進んでるんですねぇ」

長門「そうでもない」

古泉「いえいえ、ご立派です」

長門「うふっ」

古泉「?」

長門「なんでもない。部隊は地球に落とされた」

古泉「それは難儀ですね、だいじょうb」

長門「うふっ」

古泉「・・・・・・」

長門「・・・・・・」

あちゃくら(からかってるんだわ、からかってるんだわ完全に!)

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 21:02:04.86 ID:BjdYJ1J00

長門「おでまし」

古泉「おっと、これはシャイニングガンダムですかぁ。僕、好きなんですよ、ガンダム」

長門「聞いていない」

古泉「おっと、これは失礼」

長門「うふっ」

古泉「???」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/22(金) 21:14:27.49 ID:BjdYJ1J00

長門「ドモン・カッシュは相変わらず熱い」

古泉「僕もああいう男に憧れてしまいますよ」

長門「デビルガンダム」

古泉「おや、いきなりですねぇ」

長門「まだ第一形態、先は長い」

古泉「そのようですねぇ」

ドモン「お前らの手は借りん!」

長門「一人で挑むのは得策ではない」

古泉「全くですね」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:13:41.26 ID:QE7IKqEG0

長門「シャアアアアイニング・フィンガアアア」

古泉「な、長門さん!?」

長門「なに」

古泉「い、いえ」

長門「魂の叫び」

古泉「な、なるほど」

キミドリさん「こんばんわ」

古泉「うあ!なんですこの風船は?」

長門「友人」

キミドリさん「よろしくおねがいいたします」

古泉(さすが長門さんだ・・・)

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:17:53.54 ID:QE7IKqEG0

長門「なんとかクリアした」

古泉「ドモンさんは第三勢力でしたねぇ」

長門「平気。そのうち仲間になると思われる」

古泉「まぁそうでしょうが・・・僕としてはすぐに改造したかったところです」

キミドリさん「古泉さんはガノタですか?」

古泉「え、いや、オタクではありませんが・・・」

キミドリさん「そうですか・・・私はガノタです」

古泉(風船のガノタですか・・・)

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:24:30.73 ID:QE7IKqEG0

長門「23話」

古泉「どんどんいきましょう。まだ時間はあります」

長門「黙ってて」

古泉「おっと、これは失礼」

長門「ショウ・ザマ」

キミドリさん「ダンバインですねぇ。好きです」

長門「私も割りと」

古泉「トッド・ギネスは仲間になるでしょうか」

長門「期待はできない」

キミドリさん「ルートによっては、あるいは・・・ですね」

長門「そうかもしれない」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:33:20.87 ID:QE7IKqEG0

古泉「やはりさすがショウ・ザマさんですねぇ。ひょいひょい回避できますね」

長門「少し回避を上げすぎた。調整が必要」

キミドリさん「あんまり避けても簡単ですからね」

長門「常に70%ほどの被命中率で丁度いいと思われる」

古泉「それは当たりすぎでは?」

長門「集中があれば問題ではない」

古泉「そうでしょうか・・・」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:38:07.66 ID:QE7IKqEG0

古泉「というかなんなんですか、このグレートマジンガーの命中率は。オーラバトラー相手にショウより高いじゃないですか」

長門「機体をフル改造、PPをすべて命中にまわした結果」

古泉「うふっ。好きなんですか、鉄也さんが・・・僕も・・・大好きです」

長門「あなたには聞いていない」

古泉「いえ、言わせていただきます。正直、たまりません」

長門「ガチホモは黙れ」

古泉「うふふっ」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:41:06.44 ID:QE7IKqEG0

プロ「命を燃やすときが来たぜ!!」

キミドリさん「しょっちゅう命を燃やしてしまうんですね」

長門「彼は熱い」

古泉「はぁはぁ、たまりません」

プロ「ドリルプレッシャー パアァァンチ!!」

古泉「はぁはぁ我慢できそうにありません」

長門「して」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:44:53.14 ID:QE7IKqEG0

古泉「いいんですか!?」

長門「違う、我慢をして」

古泉「なんだ・・・」

キミドリさん「当たり前です」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:52:26.05 ID:QE7IKqEG0

長門「24話」

古泉「つぎはなんですかね、楽しみです」

長門「ロール・クラン」

キミドリさん「ダンガイオーですか?」

長門「そう」

古泉「パイさんはいいですよね」

長門「彼女も熱い」

キミドリさん「飛んで行きますからね」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:56:59.61 ID:QE7IKqEG0

長門「飛んでいくのはミアだと思った」

キミドリさん「そうでしたっけ?」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 00:59:15.47 ID:QE7IKqEG0

古泉「ランバさんでは?」

長門「そう、そうだった」

キミドリさん「腕にのったまま飛んだら死にますよね、普通」

長門「気にしてはいけない」

古泉「無粋ってものですね」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:07:47.16 ID:QE7IKqEG0

長門「25話」

古泉「そろそろ部隊も完成してきましたか?」

長門「まだ。ヒイロ・ユイとドモン・カッシュがまだうろついている」

キミドリさん「まったくどこをうろついてるんですかねぇ・・・」

カトル「ふふふ。だぁめなんだよぉぉぉ。僕に近づかないでよおぉぉぉぉ!!」

長門「!!」

古泉「これは危険ですね!」

長門「MAP兵器を撃たれた」

キミドリさん「ローリングバスターライフルですか」

長門「ステージの最初からやり直し」

古泉「これはひどいですねぇ」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:13:19.86 ID:QE7IKqEG0

キミドリさん「あ、ヒイロの増援ですね!メリクリウスでしょうか」

古泉「トロワ・バートンもいますね。ヴァイエイトでしょう」

長門「熱い展開」

古泉「おや?トロワさんがウイングゼロに撃墜されてしまったようです」

長門「これはこういうイベント」

キミドリさん「Wも最近では劇場版ばかりでしたからね。TV版での参戦はうれしい限りですね」

長門「WはやはりTV版がいい」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:24:44.09 ID:QE7IKqEG0

長門「勝利条件確認。ヒイロ・ユイでウイングゼロを撃墜」

古泉「ずいぶん無茶な条件では?」

長門「余裕。メリクリウスには電磁シールドがある」

古泉「なるほど」

キミドリさん「もつでしょうか」

長門「軽減はされる」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:33:31.08 ID:QE7IKqEG0

長門「任務完了」

古泉「ヒイロ・ユイが仲間になりましたか」

キミドリさん「デュオも来ましたね。デスサイズはいつ見てもかっこいいですね」

長門「あの格好良さは反則」

古泉「一度あの鎌で釜をほr」

長門「黙って」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:45:41.20 ID:QE7IKqEG0

長門「26話」

古泉「まだ参戦するようですよ」

長門「アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ」

キミドリさん「蒼き流星SPTレイズナーですね」

古泉「いったいどれだけの参戦ですかw」

長門「結構」

キミドリさん「でもスーパー系は少ないですねぇ」

長門「熱いスーパー系は限定されてしまう」

古泉「そういうものでしょうか」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 01:48:14.54 ID:QE7IKqEG0

長門「それに、リアル系はリアル系で熱さが違う」

古泉「わかります。スタイリッシュな熱さというか、例えにくいのですがね」

長門「わかったような口はゆるさない」

古泉「・・・・・・」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 02:03:38.49 ID:QE7IKqEG0

長門「シャア・アズナブル」

古泉「これはこれは。仲間になりますかね?」

長門「やってみる価値はある」

キミドリさん「ハマーン・カーンもいますね」

長門「彼女には渡さない」

アムロ「シャア!いい加減に目を覚ませ!こんなことをしている場合じゃないだろう!?」

シャア「隕石を落とせば地球に居続ける人と地底人を同時に始末できる!アムロ!なんでこれがわからん!!」

ハマーン「アムロ・レイ、シャアを誑かすとは許せん!死ねぇ!」

アムロ「なに!?うああああ!!」

長門「!!!!」

古泉「!! アムロが・・・」

キミドリさん「死んでしまいましたねwww」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 02:13:35.50 ID:QE7IKqEG0

長門「・・・・・・」

古泉「・・・・・・」

シャア「ハマーン・カーン!なにを!!」

ハマーン「シャア、これで邪魔者は排除した。共に地球圏を・・・」

シャア「ハマーン、それだけは許せん」

長門「!?」

シャア「アムロと私の間に入るな!!」

ハマーン「シャ、シャア!なにを!?」

シャア「ブライト聞こえるか? 私は今からそちらにつく。こんな騙まし討ちに近いやり方でアムロを失うなどと・・・私のプライドが許さん」

ブライト「なんだって!?」

長門「・・・」

古泉「まさかアムロとシャアの選択フラグなのだったのでしょうか・・・?」

キミドリさん「斬新すぎですwwwww」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 02:30:12.96 ID:QE7IKqEG0

長門「作った私でも驚き」

古泉「かつてない選択ですものねw」

ハマーン「私を裏切るのか!?シャア!!」

シャア「私の信念を裏切ったのはお前だ!ハマーン」

キミドリさん「無駄にかっこいいですねシャア」

ブライト「全軍!サザビーを中心にキュベレイを包囲!アムロの弔い合戦と思え!!」

カミーユ「許せない!許せないんだ!あんな卑怯なマネでアムロさんを!よくもおお!」

甲児「ハマーン!男同士の話し合いに割って入るなんざ最低だぜ!!」

プロ「戦争にルールはない・・・がアムロの仇はとらせてもらう!」

ヒイロ「任務了解。目標ハマーン・カーン」

勝平「アムロのあんちゃんの仇うちだああ!!」

刹那「アムロ大尉が!! ガンダムだ!!!!」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 02:40:43.22 ID:QE7IKqEG0

長門「はぁはぁ」

古泉「ものすごいことになりましたねw」

ブライト「なんだこの光は!?」

シャア「これは!?サイコフレームの共振!?アムロへの皆の思いが集中しているのか!」

エイジ「V−MAX以上の力だ!」

ロール「なんだっての!?」

豹馬「おい見ろ!νガンダムが!!」

竜馬「再生した!??」

アポロ「へへっ!すげえじゃねえか!」

アルト「信じられんな!」

長門「!」

古泉「もしや・・!」

アムロ「み・・・んな・・・」

ブライト「アムロか!!」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 02:54:00.24 ID:QE7IKqEG0

長門「さすがに無理」

キミドリさん「あなたが作ったんですよw」

古泉「いいじゃないですかぁ!十分燃えさせていただきましたよ」

ハマーン「こ、こんなことで・・・シャア・・・」

長門「やった」

古泉「ハマーンはさすがに仲間になりませんでしたね」

長門「あの女は嫌い」

キミドリさん「だからこんな扱いなんですねw」

長門「そう」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 07:53:05.29 ID:QE7IKqEG0

長門「今日は土曜日。一日やる」

古泉「・・・おや、もう朝ですか。すみません、寝てしまったようです」

キミドリさん「おはようございます。朝ご飯です」

古泉「これはこれは、ありがとうございます」

長門「卵かけご飯」

古泉「いいですねぇ」

長門「食べたらプレイを開始する」

古泉「僕はまだいたほうがいいんでしょうか?」

長門「いい」

古泉「そうですか・・・別に構いませんが」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 08:04:28.00 ID:QE7IKqEG0

長門「27話」

古泉「今の敵対勢力はどこなんですか?」

長門「ネオ・ジオンは崩壊した。あとはザフト、OZ、ティターンズ、異星人連合、地底人、情報思念体の急進派」

古泉「急進派ですかw」

キミドリさん「いいんですか勝手に作ってw」

長門「いい。これはゲーム。現実ではない」

古泉「そうなんですが」

キミドリさん「不謹慎ですよ」

長門「作ったものは仕方ない」

古泉「今からシナリオは変更できないですから・・・しょうがないですね」

長門「ない」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 08:23:04.87 ID:QE7IKqEG0

長門「ラウ・ル・クルーゼ」

古泉「SEEDですねぇ」

シャア「仮面で顔を隠すのには、他人の及ばない深い理由があるのだろう?」

ラウ「ふん、知ったような口を叩いてくれるじゃないか。今はエゥーゴのパイロットか?落ちたものだな!赤い彗星も!」

古泉「仮面は熱いですよねぇ」

長門「そう」

キミドリさん「でもシャアのほうが強いですよねぇ」

長門「そうでもない。彼のニュータイプ能力は決して高いとはいえない」

古泉「では、クルーゼといい勝負をしそうですね。これは楽しみです」

長門「そう。楽しみ」

シャア「いけ!ファンネル!!」

ラウ「フッ、この程度かな?赤い彗星は!」

長門「なかなか強い」

古泉「いいですねぇプロヴィデンス」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 08:37:28.10 ID:QE7IKqEG0

刹那「おまえは!! ガンダムじゃない!!」

ラウ「ガンダムさ!私が世界を変えるガンダムだよ!」

キミドリさん「なんですかこの会話はw」

古泉「刹那は人をガンダムかそうでないかで判断しますねw」

長門「ユニーク」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 08:45:51.74 ID:QE7IKqEG0

キラ「それでもっ!守りたい世界があるんだああーーー!!!」

ラウ「ぬおおおお!?」

長門「やった」

キミドリさん「こういうのってなんとなくその作品のキャラでトドメ刺しますよね」

長門「その方が熱い」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 09:04:51.31 ID:QE7IKqEG0

長門「結局逃げられた」

古泉「まだザフトは壊滅できないってことですね」

長門「そうかも」

キミドリさん「まだ先は長いですね」

長門「もう28話なのに」

古泉「何話まであるんでしょう?」

長門「わからない」

キミドリさん「この分だと100話近くになるんでしょうか」

長門「ばっち来い」

古泉「古いですねw」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 09:37:56.65 ID:QE7IKqEG0

長門「敵はOZ」

古泉「おや?敵はウイングゼロですねぇ」

長門「ゼクス・マーキス」

古泉「あ、ヒイロ・ユイがトレーズにガンダムエピオンを託されましたねぇ」

キミドリさん「ということは、決闘ですかね」

ながと「そう」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 09:45:59.65 ID:QE7IKqEG0

長門「エピオンが使えるのは嬉しい」

キミドリさん「まあすぐにゼロに乗り換えでしょうけどねぇ」

ゼクス「ぬううおおおお!!」

長門「ゼクス・マーキス撃破」

ゼクス「行かねばなるまい」

ヒイロ選択「ウイングゼロを譲るorエピオンを譲る」

古泉「あっ!選択できるみたいですね!」

長門「これは秀逸」

キミドリさん「これもかつてないです」

長門「エピオン一択」

古泉「ゼロはいいんですか?」

長門「エピオンのほうがレア」

キミドリさん「ですよねぇ」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:18:57.41 ID:QE7IKqEG0

長門「ヒイロ・ユイでは格闘が心もとない。五飛にする」

古泉「結局ヒイロはアルトロンになっちゃいますよ」

長門「平気。彼はフリーダムに乗せる」

キミドリさん「え!?そこでの乗り換えできるんですか?」

長門「モビルスーツなら平気」

古泉「夢のようです」

長門「キラ・ヤマトはストライクに。ムウ・ラ・フラガにはEx−sガンダムに」

古泉「いつの間にEx−sいたんですか?」

長門「機体のみ入手。第4次と同じ」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:29:35.54 ID:QE7IKqEG0

長門「29話」

ヒイロ「全ターゲットロック、ハイマットフルバーストとやらを使う」

古泉「専用のカットインまであるんですかw」

長門「中々手間がかかった」

キミドリさん「MSパイロットはみんなハイマットできるんですか?」

長門「そう」

古泉「個人的にはディアッカのカットインが見てみたいですね」

長門「ある」

キミドリさん「カツ・コバヤシにも?」

長門「ある」

古泉「その情熱は敬服に値しますね」

長門「そうでもない。趣味」

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:36:43.07 ID:QE7IKqEG0

長門「敵の増援」

古泉「あ、あれはなんです?」

長門「ラーーーーーー」

アサクラミエル「ラーーーーーー」

長門「ラーーーーーー」

キミドリさん「統合思念体の急進派ですか?w」

長門「そうだと思われる」

あちゃくら「なんですかそれはぁ!!」

古泉「うわあ!なんですか彼女は!?」

長門「ペット」

あちゃくら「ペットじゃありません!それよりアサクラミエルってあたしじゃないですか!!」

長門「もう少し寝てたら?」

あちゃくら「家事があります!」

長門「そう」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:42:28.95 ID:QE7IKqEG0

アサクラミエル「ソレムリ ソレムリ」

びいいいいいむ

キョン「うわあああああ!!!」

古泉「ゲーム内にも彼が出ているんですかw」

長門「そう」

ハルヒ「キョンーーーー!!」

古泉「涼宮さんもですか;」

長門「そう。彼女はSOSシップの艦長、指揮官」

古泉「実にお似合いです」

キョン「うわあああああ!助けろ!!古泉!朝比奈さん!長門おおお!!!」

ハルヒ「緊急回収急いで!!!」

キミドリさん「どこかで見たことある描写ですねw」

長門「・・・」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:48:47.02 ID:QE7IKqEG0

ブライト「あれでは近づけん。手の打ちようがないな・・・」

ハルヒ「あたしにいい考えがあるわ!!」

ミサト「ハルヒに?聞かせて」

ハルヒ「世界中の電力を掻きあつめて大砲で撃つの!そうすればあいつのバリヤーも貫けるはずよ!!」

ミサト「それしかないわね。なんだかいい考えだわやたらと」

ハルヒ「名づけて!コジマ作戦!!!!」

古泉「涼宮さんらしいですね」

キミドリさん「ミサトさんの立場が・・・」

長門「いい」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 10:58:51.53 ID:QE7IKqEG0

キョン「俺はごめんだぜ。あんなのにはもう乗ってやらん」

ナガト「大丈夫」

キョン「!?」

ナガト「あなたは死なないわ。私が守るもの」

キョン「ナガト・・・」

長門「・・・はぁはぁ」

古泉「なるほど、これがやりたかったんですね^^;」

ハルヒ「出撃!!」

キョン「くらええええええええ!!」

アサクラミエル「アーア、ザンネン」

どかーーーん

ハルヒ「やったあ!!!」

キミドリさん「これは・・・」

長門「やりすぎた」

古泉「そうでしょうね・・・」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 11:03:21.79 ID:QE7IKqEG0

長門「30話」

古泉「まだドレイク軍もデビルガンダムも残ってますよ?」

長門「忘れてた」

キミドリさん「ちゃんと完結するんでしょうか・・・?」

長門「わからない」

藤原忍「やああぁぁぁってやるぜ!!」

長門「きた」

古泉「お、ダンクーガですかぁ」

長門「今回では分離は不可能」

キミドリさん「えええ、そうなんですかぁ?」

長門「さすがに作るのが面倒」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 11:23:23.28 ID:QE7IKqEG0

忍「覚悟しやがれミケーネのモグラども!」

亮「いくぞ忍!」

沙羅「いつでもいいよっ!!」

雅人「いこう忍!」

古泉「彼らはいつでも熱血ですね」

長門「Fでは全員の精神コマンドに気合があったくらい」

キミドリさん「それはそれで無駄な気が・・・」

長門「新では忍にのみ唯一、激怒という精神もあった」

古泉「なんです?それは」

長門「敵全員に50〜100の微ダメージ」

キミドリさん「い、いらなすぎる・・・」

長門「消費ポイント70」

古泉「嫌がらせですねw」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 11:47:12.63 ID:QE7IKqEG0

忍「いくぜ!断空剣!!!」

ダメ3898

長門「断空剣の威力は以上な気がする」

古泉「それがいいんですよ」

長門「そう」

忍「断・空・剣!!」

長門「断・空・剣」

古泉「声も素敵ですねぇ。矢尾一樹さんですか」

長門「少ししゃがれた感じがたまらない」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 11:58:17.11 ID:QE7IKqEG0

長門「31話」

古泉「順調ですね」

長門「波乱万丈・・・!」

キミドリさん「やっときましたねぇ、ダイターン3」

長門「これで日輪と月光の合体攻撃が見れる」

万丈「いくぞ君たち!準備はいいか?」

勝平「いつでもいいぜ太陽のあんちゃん!!」

長門「はぁはぁ」

古泉「長門さんザンボット好きですねぇ」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 12:06:16.45 ID:QE7IKqEG0

ダバ・マイロード「こちらエルガイム!地球の皆さん!応答ください!」

長門「!!!」

古泉「おや!?これはエルガイムですか、久々の参戦ですね」

長門「32話にてやっと」

古泉「おや!BGMは風のノーリプライですね。僕好きです」

長門「私も割りと」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 12:12:32.66 ID:QE7IKqEG0

ギャブレー「逃がさんぞダバ・マイロード!!」

ダバ「しつこぞ!ギャブレー君!!」

キミドリさん「ギャブレーは仲間になるんでしょうか?」

長門「わからない」

古泉「動くエルガイムなんて夢のようですねぇ。本家でも復帰してほしいところです」

長門「同意」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 14:16:15.28 ID:QE7IKqEG0

長門「33話」

古泉「ティターンズとの決着ですかぁ」

キミドリさん「ジェリド、ヤザン、ロザミアにレコアとサラ。そしてシロッコですか」

長門「勢ぞろい」

古泉「少々手こずりそうですねぇ」

長門「大丈夫。こちらにも大部隊がある」

キミドリさん「長いステージになりそうです」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 14:27:17.76 ID:QE7IKqEG0

長門「まずはジェリドを排除する」

ジェリド「カミーユ!待ってたぜ!」

カミーユ「ジェリドか!」

古泉「お決まりですね」

アルト「しつこい男は嫌われるぞ」

ジェリド「ふんっ色男か!貴様から落としてやる!」

キリコ「邪魔だ!どけ!」

ジェリド「貴様はレッドショルダーか!おもしろい!見せてみろよ実力を!!」

古泉「こういう作品を越えた会話も楽しいですね」

長門「そう」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 14:52:25.53 ID:QE7IKqEG0

長門「もう少しで撃墜」

古泉「さっさと落としてしまいましょう」

長門「もちろんカミーユで撃墜」

カミーユ「動きすぎたなっ!」

ジェリド「カミーユ!貴様は俺の・・・!!」

ちゅどーーーん

古泉「どのスパロボにもかならずあるステージですね、退屈といえば退屈でしょうか・・・」

長門「まって」

キミドリさん「ん?なんでしょうあれは?」

ブライト「なんだこの生物は!?」

豹馬「ものすげえ数だぜ!」

甲児「怪獣みてえだ!」

ダバ「これは・・・もしや!?」

アムロ「知っているのかダバ君!?」

エイジ「これは宇宙怪獣です!!」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 15:06:17.48 ID:QE7IKqEG0

長門「!!」

古泉「なんと!驚きですね」

エイジ「見境なく生命体を滅ぼす宇宙の魔物です!!逃げて!!」

シャア「あの数・・・尋常ではない!」

健一「この数はティターンズと一緒に戦っても決して勝てない!」

シロッコ「なんだこれは!?なんだというのだ!」

ブライト「全員退避!!退避だ!!」

長門「予想外」

キミドリさん「そうですね、まさかここで宇宙怪獣とは・・・」

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 15:15:36.11 ID:QE7IKqEG0

-----「宇宙怪獣」・・・地球はこの未曾有の危機に対し、対処の方法を持ち得なかった。
ドレイク軍は地球支配を諦め、バイストン・ウェルに一時帰還。地底人勢力は地底へと姿を消し、異星人連合も
とばっちりを避け、各々の星へと一時後退を余儀なくされた。
しかし地球人は愚かだった。この機に乗じてOZ、ティターンズは各地で制圧行動を開始し、さらに地球連合は新軍隊「アロウズ」を発足させる
宇宙怪獣と統合思念体・・・最悪の組み合わせが地球を襲っているというのに・・・。

そして舞台は5年後・・・


長門「はぁはぁ」

古泉「突然随分年月が経ちましたね」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 15:21:13.05 ID:QE7IKqEG0

ブライト「どうだアムロ、アロウズの動向は」

アムロ「ひどいものだ。各地でシロッコやトレーズの部隊と戦闘を広げている」

カミーユ「今は同じ地球人・・・ましてや同じ連合で争いをしているときではないのに!」

ミサト「ブライト艦長、本部より入電です『ノアの箱舟』が完成したと・・・」

ブライト「ヱクセリヲン・・・か」

長門「ガンバスターくるううううううううう」

古泉「うふふっw」

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 16:31:11.11 ID:QE7IKqEG0

プラント

古泉「プラントに舞台が変わりましたね」

長門「そう」

ネオ・ロアノーク「見つけたぜ、子猫ちゃん・・・」

長門「デスティニー」

古泉「そうか、5年後だからデスティニーになったんですね」

長門「ムウ・ラ・フラガは宇宙怪獣にやられたから」

古泉「そうでしたねぇ」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 16:38:11.39 ID:QE7IKqEG0

シン「また戦争がしたいのか!!あんたたちはぁ!!」

長門「デスティニーは割りと好き」

古泉「ええっ!?キラ様無双じゃないですか!」

長門「ここではさせない」

キミドリさん「乗せ変え誰でもできますしね」

長門「ディアッカ無双」

古泉「www そういえば男はみんなディアッカ好きですよね?なぜでしょう?」

長門「異性にもてない感じが共感を誘うのだと推察される」

古泉「なるほど」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 16:48:22.70 ID:QE7IKqEG0

古泉「僕はもちろんアスランさん派ですね」

長門「ディアッカが至高」

キミドリさん「長門さんは色物好きですねw」

長門「そうでもない」

アスラン「君をこんなところで死なせるわけにはいかない!」

古泉「ああ!一度言われたいものです」

長門「ガチホモ黙れ」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 16:58:51.82 ID:QE7IKqEG0

長門「35話」

古泉「しばらくはデスティニーが続きそうですね」

長門「そう」

シン「ユニウス・セブンを地球に落とすだって!?」

長門「また地球の危機」

地球
スメラギ「ブライト艦長!聞こえますか?こちらソレスタルビーイング!スメラギです」

ブライト「スメラギさん!無事でいてくれたか!」

スメラギ「ユニウス・セブンが地球に落下します!支援を!」

アムロ「何だって!?ザフトが動いたのか!」

スメラギ「通信を傍受しましたが、どうやらクーデターのようです!」

カミーユ「クーデター・・!」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 17:32:15.81 ID:QE7IKqEG0

ブライト「我々も向かいます!」

スメラギ「頼みます!」

古泉「また隕石落下阻止ですねぇ」

長門「そう」

キミドリさん「いっそ核でも撃ってしまえばいいのに」

長門「核、反対」

古泉「しかしこれで連合はますます宇宙に勢力を拡大させます」

長門「今は地球人同士が戦うときではない」

古泉「全くです。愚かとしか言えません」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 17:42:17.64 ID:QE7IKqEG0

古泉「おや、ユニウス・セブン残骸にシロッコの部隊が展開しています。協力してくれるのでしょうか?」

長門「・・・」

シロッコ「諸君!聞きたまえ!今という時に我々地球人同士が戦っている場合ではない!」

キミドリさん「おやまあ。ごもっともな意見ですね」

長門「・・・」

シロッコ「諸君!私とともに来るがいい!こちらには核ミサイルを撃つ用意がある」

長門「・・・」

シロッコ「エゥーゴならびにザフト正規軍が私に従わないのなら、私にも核は撃てないだろう」

古泉「ようするに地球はたすけてやるから自分に付け・・・ということですね。これは」

長門「・・・」

キミドリさん「そんなことをしたらシロッコの思うツボですよ。飲めませんね」

長門「・・・飲む」

キミドリさん「えっ!?」

長門「地球を救うには他に方法がない」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 17:48:25.42 ID:QE7IKqEG0

ブライト「汚いマネを・・・構わん、ユニウスセブンに攻撃を集中させろ!」

リリーナ「待ってくださいブライト艦長」

ブライト「リリーナ外務次官・・・!」

リリーナ「シロッコのいうことはもっともです。従いましょう」

長門「・・・」

古泉「それではシロッコの思うツボです。やっかいなお嬢様ですね」

長門「わからなくはない」

キミドリさん「ですが・・・」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 17:51:12.69 ID:QE7IKqEG0

古泉「結局、シロッコに従う形になりましたね」

キミドリさん「ザフトの少数も我々についてきました。シンたちですね」

長門「結構めちゃくちゃ」

古泉「いいんじゃないですかぁ?これはこれで、未だかつてない展開です」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 17:55:39.18 ID:QE7IKqEG0

古泉「思ったとおり、我々は戦力を分断させられ、OZとアロウズの掃討作戦に参加させられましたね」

キミドリさん「地球を救えたのには丁度いい代償でしょうか・・・」

長門「これからシロッコの寝首を掻く」

古泉「まぁそうなるでしょうね、彼に地球圏は絶対に任せられないですから」

長門「今は我慢のとき」

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:05:38.20 ID:QE7IKqEG0

長門「ここから分岐。我々スーパー系は、OZの掃討に参加する」

古泉「そのようですね。我々は特機とW勢、オーラバトラーにキリコだけのようです」

長門「プロと勝平がいればいい」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:13:09.68 ID:QE7IKqEG0

古泉「W勢はいつの間にかEWバージョンですね。ヒイロもゼロカスタムにのってます」

長門「エピオン・・・」

キミドリさん「おやまぁ、ヤザンとレコアが仲間に加わってます」

長門「今の私たちはティターンズに該当する。当然」

古泉「主人公たちがティターンズとは・・・感慨深いものがありますねぇ」

長門「アムロやブライトの制服もティターンズになった」

キミドリさん「似合いませんね」

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:25:07.92 ID:QE7IKqEG0

古泉「トレーズ軍との直接対決になりますね」

長門「そう」

キミドリさん「いっそトレーズに付くってのはどうでしょう?」

長門「ティターンズもOZも同じ」

キミドリさん「OZのほうがエレガントですよ」

長門「話がややこしくなる」

キミドリさん「そうですねw」

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:29:58.43 ID:QE7IKqEG0

古泉「トレーズとリボンズを打ち破ったら、シロッコは我々を背後から撃つつもりでしょうか」

長門「その可能性は高い」

キミドリさん「そうか・・・平気なんですか?」

長門「平気。スーパーロボットはそんなのには負けない」

古泉「ここに甲児くんがいたら『その通りだぜ長門』とか言ってそうですね」

長門「はぁはぁ」

古泉「さぁ、OZを討ちましょう!いささか不本意ではありますが」

長門「討つ」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:36:55.81 ID:QE7IKqEG0

トレーズ「来たか」

ヒイロ「・・・」

トレーズ「いささか失望したよ。君たちが地球を救うためとは言え、シロッコに付くとは」

五飛「これは・・・俺の正義ではない!!」

トレーズ「そうだろう。君たちには失望と同時に哀れみを感じる。やがてはシロッコに討たれるというのに・・・」

長門「させない」

トレーズ「そうはさせない・・か・・・。何故だろう?君たちならできる気がするのは」

ヒイロ「いくぞ・・・トレーズ・・・!」

トレーズ「いいだろう!これも時代の必然だ!掛かってきたまえ!!」

長門「遠慮はしない」

470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:46:57.94 ID:QE7IKqEG0

古泉「うわ、トールギスUのHPが?????です。これは相当強いですね」

トレーズ「そんなものかね?私をさらに失望させないでくれたまえ!」

長門「集中のショウ・ザマでさえ79%も当たる可能性がある。手ごわい」

キミドリさん「スーパー系で必中+鉄壁をかけるしかありませんよ」

古泉「うわっ、ダイターン3が一撃で半分以下です!これはつらいですねぇ」

長門「改造しないのが裏目に出た」

キミドリさん「ここはプロとザンボットに任せるしかありませんね」

長門「そう」

トレーズ「そんなもので私は倒せんよ!!」

プロ「グレートブースターーー!!」

古泉「フル改造の熱血必中でわずか16700とは・・・」

キミドリさん「これは辛いですね・・・」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 18:58:16.21 ID:QE7IKqEG0

がしっぼかっ!どごんどごん!

・・・

・・・・・・

古泉「・・・・・やっと・・・もうじきトドメですね」

キミドリさん「リセット回数が尋常でなかったですからねw」

長門「そう」

五飛「トレーズ!決着をつける!!」

トレーズ「いいだろう。来たまえ!少年!」

どごんっ!

長門「やった」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 19:07:36.28 ID:QE7IKqEG0

五飛「貴様!手を抜いたな!?」

トレーズ「ふ・・見抜かれていたか・・・さすがだな・・・」

古泉「アレで手を抜いていたなんてひどすぎますw」

トレーズ「どうやら時代は私を選んでくれなかったようだ・・・時代が求めているのは・・・君たちのような者だ・・」

五飛「貴様!この部隊の配置も!貴様自身も!全て手を抜いたな!??答えろ!」

キミドリさん「尋常じゃない数のMSでしたがw」

トレーズ「どうか・・・私を失望させるようなことはしないでくれ・・・必ず・・・シロッコを・・・宇宙の獣たちを・・・」

五飛「俺は認めん!!認めんぞおおおおお!!!うわああああああああああ!!!」

古泉「トレーズの思い、無駄にはできませんね・・・」

長門「必ず・・・シロッコを・・・宇宙怪獣を・・・!」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 19:19:02.19 ID:QE7IKqEG0

古泉「なんにせよ、これでOZは終わりです。あとはイノベイターですが・・・それはリアル系に任せましょう」

キミドリさん「シロッコは打ってでますかね?」

長門「こちらの背後をつくのは容易。可能性は高い」

古泉「おや?なにかあったみたいですよ?」

ミリアルド「こちらはホワイトファング!聞こえるか!地球の諸君!我々は地球軍に対して宣戦を布告する!!」

古泉「バカな!トレーズはもういないんですよ!?」

長門「そう。それが彼の出した答え・・・」

キミドリさん「なににしろ、まだ終わってはいないということですね」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 19:55:33.90 ID:QE7IKqEG0

古泉「やはりというべきか、ホワイトファングの掃討作戦も参加命令がきましたね」

長門「そう」

ヒイロ「ケリをつける」

キミドリさん「これで本当に終わりですね」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 19:59:09.69 ID:QE7IKqEG0

長門「Wに関してのみ」

キミドリさん「そうですね」

古泉「まだ敵は多いですよティターンズにアロウズ・・・宇宙怪獣と統合思念体・・・」

長門「それだけではない」

古泉「そうですね。一旦退いたとはいえ、まだ色々な勢力が拡大中です」

長門「まだまだ先は見えない」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:03:11.19 ID:QE7IKqEG0

ミリアルド「来たかエゥーゴ・・・いや、今はティターンズか」

古泉「ミリアルドはエピオンですね、いつの間に入れ替わったんでしょう?」

長門「それは言わない約束」

古泉「そうですね・・・」

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:09:05.59 ID:QE7IKqEG0

リリーナ「お兄様やめて!もうこんなことをする必要はないでしょう!?」

ミリアルド「あるのだリリーナ!私にはやるべきことが!」

ヒイロ「ゼクス!一体なにが目的だ!」

古泉「彼の言うとおりです。もう戦う必要はありません」

長門「彼には彼の思惑がある」

キミドリさん「一体どうするんでしょう?いまさら人類に戦いの愚かさを見せ付けても無意味だと思いますが」

長門「わからない」

ミリアルド「リーブラを地球に落とされたくなければ掛かってくるがいい!ティターンズ!」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:14:58.31 ID:QE7IKqEG0

古泉「すごい数のビルゴUですね」

キミドリさん「これは骨が折れそうです」

長門「物の数ではない」

古泉「僕ならMAPを見た瞬間に電源を切りそうですw」

長門「わからなくはない。でもプロも勝平も戦っているのに逃げるわけにはいかない」

キミドリさん「これは相当感情移入されてますねw」

長門「私もエゥーゴ」

古泉「長門さんw帰ってきてくださいw」

長門「私は正常」

キミドリさん「だめですねこれはw」

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:20:38.42 ID:QE7IKqEG0

ミリアルド「どうした!その程度かティターンズ!」

豹馬「くそっ!MSのバリアが邪魔だぜ!」

プロ「バリアに頼るとは汚い連中だ!」

忍「関係ねぇ!たたっ斬るのみだ!」

健一「そのとおりだみんな!」

長門「そう」

ヒイロ「・・・!」

ミリアルド「わが軍が押されている!?やはり侮れん!エゥーゴ!」

ヒイロ「お前の負けだぜクス!軍を退け!」

ミリアルド「そうはいかんのだ!私は!!」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:31:35.31 ID:QE7IKqEG0

ミリアルド「私は!人類全ての業を背負うと決めたのだ!」

ヒイロ「何を言っているゼクス!?」

ミリアルド「宇宙怪獣は地球に目をつけた!ならば地球を潰して、人類は宇宙に移住するべきなのだ!!」

ヒイロ「地球を潰しても奴らは人類を殺す!」

ミリアルド「そうだろう!しかし!しかしだ!万が一やつらの目標が地球なら!私はそれを実行する!万が一でも人類が助かるのなら!!」

古泉「なるほどねぇ」

キミドリさん「地球を潰しても奴らは止まらないでしょう。人類を抹殺するまでは」

ミリアルド「どのみち人類は助からん!地球で未だ紛争が続いている限りはな!貴様らもシロッコを討つつもりなのだろう!?ならば紛争は止まらない!
       人類の助かる道もない!貴様らが地球人と戦う限りはな!!」

古泉「・・・・・・」

キミドリさん「・・・・・」

ミリアルド「ならば私は!万が一、いや100兆分の一でもいい!可能性にかけるのだ!!」

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:34:16.51 ID:QE7IKqEG0

古泉「なんだかこの方に申し訳ありませんね」

キミドリさん「シロッコだのリボンズだの言ってられないんですよね、今は」

長門「そう。今は地球人同士が戦う意味はない。彼はそれを伝えたかった」

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:39:11.06 ID:QE7IKqEG0

ヒイロ「ゼクス・・・貴様の想いは受け取った。だが地球は潰させない!!」

ミリアルド「それでいいヒイロ!!!来い!!!」

長門「決着はつけなければならない」

古泉「悲しいですね・・・」

キミドリさん「無意味な闘いです・・・」

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:48:05.27 ID:QE7IKqEG0

ヒイロ「ゼクス・・・」

ミリアルド「と、とどめを刺せ・・・ヒイロ・・・私の役目は終わった・・・」

ヒイロ「お前を死なせはしない・・・俺たちと共に来い!ゼクス!」

ミリアルド「貴様らが・・・これ以上無駄な紛争を拡大しないと誓えるか・・・?」

ヒイロ「ああ・・・誓ってやる・・・」

ミリアルド「そうか・・・やはり君たちに賭けてみて良かった・・・」

古泉「最初からそのつもりだったんでしょうか」

キミドリさん「一世一代の説得だったんですね・・・」

長門「そう」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 20:57:53.23 ID:QE7IKqEG0

古泉「これからどうしましょう?アロウズはどうなったんでしょうね?」

長門「ブライト・ノアから入電。リボンズは戦死、アロウズは解体」

キミドリさん「むこうも上手くいったようですね」

古泉「ゼクスとの約束を果たすためにも、我々はシロッコとの戦いを避けねばなりませんね」

長門「そう」

キミドリさん「ですが彼は一筋縄ではいきませんよ」

長門「答えは出ている」

古泉「というと?」

長門「彼に従う」

キミドリさん「それしかないのでしょうか・・・」

長門「信じる」

古泉「・・・」

長門「パプティマス・シロッコを信じる」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:06:04.74 ID:QE7IKqEG0

シロッコ「私を信じる・・・?」

ブライト「そうだ、必ず我々人類を救ってくれるな?」

シロッコ「ふ、ふふふ」

ブライト「?」

シロッコ「ふははははははは! いいとも!救ってやるさ。貴様らを消したあとでな!」

キミドリさん「やはりこいつは・・・!」

長門「信じる」

古泉「もう無理でしょう」

長門「それでは彼との約束を破棄することになる」

古泉「ですが・・・」

シロッコ「全軍!エゥーゴを討て!!」

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:15:07.52 ID:QE7IKqEG0

ブライト「!!」

シロッコ「全く貴様らの甘さには感服する。あの世で後悔するがいい」

古泉「完全に悪役の台詞ですが・・・」

長門「信じる」

シロッコ「ん?なぜだ?なぜ反撃してこんのだ・・・」

甲児「だってよう、俺はお前さんを信じてんだぜ・・・?」

リョウ「そうだ・・・仲間を信じるのは当然のことだ・・・」

シロッコ「・・・バカな。生の感情に支配されるなど、愚か者のすることだ!」

シンジ「信じてます・・・うぐっ!」

ミリアルド「そうだ・・・人類は・・・ぐっ!」

アムロ「シロッコ・・・見えないのかお前には・・・この想いの光が」

シロッコ「想いの光・・・?そんなもので私が惑わされると思っているのか!?」

カミーユ「解るはずだ。お前には解るはずだ!こんなことしてる場合じゃないって!解るはずだ!!!」

シロッコ「カミーユ・・・・ビダン・・・!?」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:24:06.37 ID:QE7IKqEG0

サラ「パプティマス様・・・私は彼らに従います」

シロッコ「サラ・・・!?バカな!目を覚ませ!」

レコア「私も行きます・・・ありがとう、シロッコ・・・」

シロッコ「レコア!」

ヤザン「なんだかわからんが、あの光を見てたらやつらと行くのもいいと思っちまった。俺も焼きがまわったのかもな!」

シロッコ「ヤザン!!?貴様まで!!?」

シャア「シロッコ、私はお前を人類を導くニュータイプの一人だと思っている」

シロッコ「シャア・・・」

ハマーン(シロッコ・・・ニュータイプならわかるだろう・・・わかりあえるということが、わかるだろう・・・)

シロッコ「な、なんだ!ハマーンの声?」

甲児「シロッコ・・・」

アムロ「シロッコ・・・」

サラ「パプティマス様・・・」

全員「パプティマス・シロッコ・・・!」

シロッコ「う、うああああああああああ!!!!!」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:31:59.05 ID:QE7IKqEG0

シロッコ「・・・・・・・・・・・」

カミーユ「シロッコ・・・!?」

シロッコ「艦長、ジ・Oで出る・・・」

アムロ「シロッコ!」

・・・

シロッコ「アムロ・・・レイ・・・」

アムロ「?」

シロッコ「見せてくれないか・・・その光を・・・もっと近くで・・・」

アムロ「ああ」

シロッコ「暖かい・・・どこか・・・懐かしい・・・これは、母か・・・母の暖かさだ・・・」

アムロ「そうだ・・・家族の暖かさだ・・・」

シロッコ「家族・・・か」

長門「・・・・・・」

シロッコ「ジュピトリスはこの空域を離脱する!!」

長門「!!」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:37:51.12 ID:QE7IKqEG0

シロッコ「ふん・・この私が生の感情に振り回されるとはな・・・」

シャア「それが人間だ」

シロッコ「シャア・・・そうかもしれんな・・・」

古泉「すごいですね・・・」

キミドリさん「感動です・・・」

長門「信じるのは・・・大切」

シロッコ「これより我々は、宇宙怪獣に対する戦力の増強とエゥーゴへの支援をする。それでいいか?」

アムロ「ああ・・・ありがとう」

シロッコ「ふ、ありがとう・・・か・・・数十年ぶりに聞いたな」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:43:25.04 ID:QE7IKqEG0

エンドロール

古泉「・・・え・終わりですか・・・?」

長門「第一次はここまで」

キミドリさん「そんなぁぁぁぁぁ」

長門「大丈夫。第二次がある」

古泉「それはよかった」

長門「そう」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/23(土) 21:47:33.56 ID:QE7IKqEG0

みんなここまでの支援マジ感謝です!
自分でもこんなことになると思ってなかったのですが・・・
楽しんでいただけたなら幸いです

とりあえずこのスレはここまでにして、次回、また第二次をやるかもしれません
そのときも同じスレタイでやろうと思うんで支援よろです

つか仕事なんですよwこれからずっとw
だから一回落としますね
じゃ!

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 06:41:04.03 ID:l8gmBvIzO

長門「第二次、スタート」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 06:46:55.69 ID:l8gmBvIzO

あらすじ

長門自作のスパロボをプレイ中の長門とそれを見守る古泉、キミドリさん。

宇宙怪獣の脅威に晒された地球で、エゥーゴは不本意ながらティターンズの軍門に下り、OZとアロウズを壊滅させる。
そしてゼクスの申し出により、シロッコの説得に成功したエゥーゴは、打倒宇宙怪獣に向けて動き出すのであった。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 06:53:06.10 ID:l8gmBvIzO

古泉「さて、どうしましょうね?」

長門「ガンバスターが完成した」

キミドリさん「ということはいよいよ宇宙怪獣との闘いになるのでしょうか?」

長門「そう」

葛城ミサト「地底人が動き出した!?このタイミングで!?」

長門「!」

ショウ・ザマ「ドレイク軍まで地上に出て来た!どうなっているんだ!?」

古泉「どういうことでしょう?」

長門「わからない」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:05:18.99 ID:l8gmBvIzO

暗黒大将軍「ふわっはっはっ!聞こえるか?地上のものども!我々は今一度、貴様らに宣戦を布告する!我らドレイク・ミケーネ連合軍がな!!」

古泉「これはまたトンデモ展開ですね」

長門「そう」

ドレイク「我々はオーラロードを使い、密かに地底人達と連絡を取った。同じ種族で愚かな闘いを続けた貴様達にはもう、我々に勝つ術を持ち得ていないだろう!」

キミドリさん「つまり、地球人同士が戦って、疲弊したところを狙っていた・・・ということですか」

古泉「なるほど。しかしこちらにはシロッコの戦力と我々がいます。地底人達は我々がまだシロッコ軍と戦っていると思っているのでしょう。そこで、我々がシロッコと手を組めばあるいは・・・」

シロッコ「聞こえるか?シャア」

シャア「シロッコか?」

シロッコ「今はあんな連中に関わっている時ではないが、仕掛けて来るなら仕方がないだろう。私は貴様たちに協力し、奴らを討つ」

シャア「そうしてくれると有り難い」

古泉「すごいですねぇ、シロッコのジ・Oが仲間ですよ。他にもヤザン、レコア、サラ、ロザミアもいます」

長門「はぁはぁ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:11:40.04 ID:l8gmBvIzO

長門「ミケーネが攻めてきた」

古泉「先兵は彼らですか。ドレイク軍は様子を見ているようです」

キミドリさん「ズル賢いですね、彼らは失敗すればバイストン・ウェルに引き上げればいい。我々ではあそこに行けないでしょうから」

長門「卑怯」

古泉「ドレイクの考えそうなことです」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:24:43.59 ID:l8gmBvIzO

甲児「ブライト艦長!今すぐ奴等をたたくべきだぜ!」

ゼクス「彼らには話し合いは通用しないな。地球人の存命など無関係だからな」

ブライト「やるしかないのか・・・」

シャア「こんなことをしている時ではないが、黙ってやられるわけにもいかん。艦長、やるしかないぞ」

あしゅら「ふははははっ!兜甲児!どうした掛かってこい!」

古泉「困りましたねぇ。どうやら彼らは本気のようです。立ち向かわねば宇宙怪獣の前に、彼らに殲滅されてしまいます」

長門「そう。彼らは地球人のことを考えない」

キミドリさん「やるしかありませんねぇ」

長門「ない」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:34:23.29 ID:l8gmBvIzO

トーレス「艦長、光子力研究所の弓教授から通信です!」

弓「こちら弓だ。今、我々はミケーネの攻撃を受けている!研究所を守れるのは君たちしかいない!頼む!研究所を守ってくれ」

甲児「なんだって!くそっミケーネの野郎!俺は行くぜブライトさん!」

長門「お決まりの研究所攻め・・・はぁはぁ」

キミドリ「長門さんが好きそうな展開ですね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:43:25.11 ID:l8gmBvIzO

甲児「行くぜミケーネども!たたき潰してやらぁ!」

あしゅら「ふはははは!そんなボロボロのマジンガーで何ができる!?」

甲児「うるせぇ!マジンガーは無敵だ!」

長門「そう、マジンガーは無敵」

長門「スーパー系のノリにはいささか付いていけませんね」

長門「なら帰る?」

古泉「そんなぁ!ここまで一緒にプレイした同志じゃないですか」

長門「そう。同志」

古泉「最後まで付き合わせていただきますよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:48:36.66 ID:l8gmBvIzO

あしゅら「行けぇ!ものども!」

機械獣「がああああっ!」

甲児「うわあああっ!どうしたマジンガー!お前と俺はこんなところでくたばる奴じゃないだろう!?」

弓「甲児くん・・・」

プロ「甲児くん!一人では無理だ!」

長門「プロ・・・はぁはぁ」

甲児「鉄也さん!鉄也さんが来てくれりゃ百人力だぜ!」

あしゅら「ふはははは!グレートマジンガーもすでにボロボロではないか!地球人同士の闘いでな!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 07:54:29.72 ID:l8gmBvIzO

甲児「はぁはぁ・・・くそっ!鉄也さんがいるとは言え、さすがにまずいな!」

プロ「甲児くん!男なら弱音は吐くな!やるしかないんだ!」

甲児「そうだったな!すまねぇ鉄也さん!」

弓「甲児くん!すぐに研究所に戻れ!君に渡したいものがある!」

古泉「まさか・・・」

長門「はぁはぁはぁ」

キミドリさん「カイザー来ますかね?」

プロ「ここは俺に任せて、行け!甲児くん!」

甲児「す、すまねえ鉄也さん!!」

弓「こっちだ!甲児くん!」

甲児「格納庫!?・・・こ、こりゃあ!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 08:05:16.99 ID:l8gmBvIzO

テテテッ!テテテッ!タララララッタッララー♪

長門「このBGM・・・!」

甲児「すげぇ!すげぇパワーのマジンガーだ!弓博士!このマジンガーは!?」

弓「それがマジンカイザーだ!甲児くん!」

長門「はぁはぁ!」

古泉「興奮しっぱなしですね、長門さん」

キミドリさん「長門さんが一番好きな展開ですからねw」

あしゅら「なんだあのマジンガーは!?」

甲児「これならどんな奴が相手でも楽勝だぜ!行くぜあしゅら男爵!」

機械獣「ギヤアアアア!!」

プロ「なんという強さなんだ!マジンカイザー!」

弓「・・・鉄也くん!」

プロ「!!」

弓「君にも渡したいものがある!」

古泉「何でしょう?グレートブースターでしょうか?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 08:12:55.41 ID:l8gmBvIzO

プロ「こ、これは・・・!」

タララッ!タララッ!タララッ♪

キミドリさん「なんでしょう?聞いたことないBGMですよ?」

長門「どきどき」

プロ「このグレートは一体!?」

弓「それがグレートマジンカイザーだ!!」

長門「!!!!!」

古泉「なんですかそれはwww」

長門「熱すぎるはぁはぁ」

プロ「甲児くん!君のマジンカイザーと、このグレートマジンカイザーなら、間違いなくミケーネに勝てるぞ!」

甲児「鉄也さん!!」

キミドリさん「いいんですか?勝手にグレートマジンカイザーなんて作って・・・」

長門「いい。自作。なんでもあり」

古泉「それにしてもカッコイイですね、グレートマジンカイザーは」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 08:28:12.96 ID:l8gmBvIzO

鉄也「スパイラルクラッシャーパァァンチ!!」

古泉「技もグレードアップしてますね」

長門「強い」

キミドリさん「最大改造が引き継がれてるんでしょうね」

あしゅら「ぐああああああっ!!」

甲児「あばよ・・・あしゅら男爵・・・」

プロ「甲児くん、この力があれば、ミケーネを倒せるぞ!」

弓「二人とも、頑張ってくれ!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 11:53:18.88 ID:l8gmBvIzO

古泉「あとは暗黒大将軍だけですね」

長門「違う」

キミドリさん「地獄大元帥や闇の帝王ですね」

長門「そう」

古泉「ということはまだまだ先は長そうですね」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 12:13:28.91 ID:l8gmBvIzO

暗黒大将軍「ありったけの機械獣を用意せよ!おのれ、マジンガーどもめ!あしゅらを倒したくらいでいい気になりおって!」

豹馬「すげぇじゃねえか!マジンカイザーにグレートマジンカイザーなんてよ!」

甲児「へへっ!まあな!」

プロ「たしかにカイザーは強力だ。しかし2体だけでどうこうなるもんじゃないぜ」

甲児「なんだよ鉄也さん、弱気だなぁ」

プロ「考えてもみろ甲児くん。俺たちはいいが、他のみんなの機体は以前からの戦いでボロボロだ。いくら修理したところで機体にガタがくるのは当然だ」

長門「全味方機体が弱体化・・・」

古泉「カイザー以外の装甲やHPが減ってますね。これは新しい」

長門「難易度、増」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 12:36:50.93 ID:l8gmBvIzO

ブライト「特機の強化改造・・・!?」

早乙女博士「そうです。地底人連合や宇宙怪獣と戦うには、特機の強化が必要です」

リョウ「俺たちの機体が強くなるのなら・・・」

早乙女博士「我々、科学者同盟は、各機体にとりつける強化改造パーツを開発済みです。すでにゲッターに関しても、新しい機体を用意しています」

ハヤト「ゲッターの新型だと!?」

早乙女「そうだ。ただちに研究所に戻って来てもらいたいが・・・む!?」

ブライト「どうかしましたか?」

早乙女「どうやら敵に嗅ぎ付けられたようだ!ブライト艦長!支援を頼む!」

ブライト「なんですって!?すぐにそちらへ向かいます!」

キミドリさん「特機の強化ですか、確かに必要ですね」

長門「強化・・・はぁはぁ」

古泉「しかし、敵が素直に見過ごしてくれるとは思いません。戦いは避けられないでしょう」

長門「邪魔はさせない」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 13:41:35.13 ID:l8gmBvIzO

リョウ「研究所はやらせんぞ!暗黒大将軍!」

暗黒「ふん!今更来ても遅いわ!」

早乙女「リョウ君!ハヤト君!ムサシ君!すぐに格納庫へ!」

リョウ「わかりました!」


長門「くる・・・新型!」

古泉「真ゲッターでしょうか?」

キミドリさん「ゲッタードラゴンかもしれませんね」


リョウ「これが新しいゲッターか!」

早乙女「そうだ!それがゲッターカスタムだ!」

リョウ「ゲッターカスタム・・・!」

古泉「なんだかわかりませんが、真ゲッターに似ていて格好いいですね」

キミドリさん「オリジナルのオンパレードです」

長門「我ながら秀逸」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 16:28:21.22 ID:l8gmBvIzO

リョウ「ダブルゲッタァァァビィィィムッ!!」
長門「おお」

リョウ「ゲッタァァライトニングスパァァァァク!!!」

長門「おおお」

古泉「新技もすごいですね」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 17:32:07.73 ID:l8gmBvIzO

暗黒大将軍「くそっ!後退だぁ!覚えていろよゲッターロボ!」

長門「おととい来やがれ」

古泉「w」

早乙女「これで特機の強化改造が行えるな」

ブライト「特機のパワーアップは果たせても、MSの方は…」

シロッコ「それに関してはこちらに任せてもらおう」

カミーユ「シロッコ?」

シロッコ「ジュピトリス製のMSと強化部品を用意した至急、そちらに送ろう」

シャア「シロッコ、すまない」

シロッコ「なぁに。今の我々は同志だ。気にしないで戴きたい」

古泉「彼も変わりましたね」

長門「人類は手を取り合わねばならない」

キミドリさん「そうですよ。ティターンズだエゥーゴだのは後回しです」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 17:44:39.72 ID:l8gmBvIzO

トーレス「艦長!ティターンズの輸送部隊から緊急連絡!輸送機が何者かに襲撃を受けた模様!」

ブライト「なに!?馬鹿な!今、宇宙には宇宙怪獣以外の敵はいないはずだが・・・まさか!」

シャア「・・・まさかな」

トーレス「これは!?通信に強制的に割り込んできます!」

デラーズ「我々はデラーズ・フリート!!宇宙に住む者の代弁者だ!連合の支配に苦しむ人々のために、我々は今、立ち上がった!」

ゼクス「愚かな!また要らぬ戦いを繰り返すつもりか!」

シャア「むう・・・」

長門「無意味」

古泉「しかし、確かに連合の宇宙支配をよく思わない人はいるでしょうね」

キミドリ「それは宇宙が平和になったあとで言うべきですよ。今はそのときじゃないはずです」

長門「その通り。愚か」

ゼクス「馬鹿な・・・!馬鹿なっ!!」

カトル「せっかくのゼクスの説得も、届かない人達がいるなんて・・・」

エイサップ「全く馬鹿だよ!どうするんです!?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 17:53:32.38 ID:l8gmBvIzO

シロッコ「残念だが、彼らは古い考えに凝り固まった人種のようだ。私のように、人の心の光を見せつけられても無駄だろう」

ゼクス「戦うしかないと!?」

シロッコ「・・・そうなるだろうな、彼らがそれを望む以上」

シンジ「宇宙を好きにさせてあげればいいんじゃないでしょうか?」

シロッコ「そういうことではないのだ、少年。今、我々人類の心が一つでないことに問題があるのだよ」

カミーユ「シロッコの言う通りだ!くそっ!ジオンめ!」

シャア「エギーユ・デラーズ・・・ハマーンの亡霊め!」


古泉「今このタイミングで立ち上がるとは、これは本当に心の光を見せても無駄でしょうね」

長門「全く愚か。許せないほど愚か」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 18:06:51.58 ID:l8gmBvIzO

ガトー「閣下、見事な宣戦布告でございました」

デラーズ「うむ、ガトーか。我々は悪しき連合からの呪縛を今、打ち払わねばならんのだ。宇宙怪獣などという脅威に晒されておる今、連合の者どもに支配されていては共倒れになる」

ガトー「やりましょう!我々だけでこの宇宙の平和を勝ち取るのです、閣下!」

デラーズ「うむ、ガトーよ、頼むぞ。なに、こちらには恥知らずの裏切り者、シャア・アズナブルの残したアクシズがある。その戦力もな。勝てる。我々は勝てるのだ」


長門「アホ」

古泉「ですねえ」

キミドリさん「古い考えです。頑固な老人ですね」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 18:20:09.31 ID:l8gmBvIzO

シロッコ「すまんが、こちらからは輸送機の救援に向かえる戦力はわずかしか出せない。今、ジュピトリスはデラーズ・フリートの襲撃を受けている」

ブライト「大丈夫なのか!?」

シロッコ「愚問だな、ジュピトリスを預かるこの私だぞ」

シャア「わかった。輸送機はこちらから迎えに行こう」

アムロ「こちらが宇宙にあがるまで持ち堪えてくれればいいが・・・絶望的だな」

シロッコ「もしもの時のために輸送機には連合出身のパイロットを配置している。彼らに頼むしかあるまい」


古泉「連合出身、ガトーの出現・・・彼らですね」

長門「わくわく」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 18:26:22.42 ID:l8gmBvIzO

コウ「くそっ!ジオンめっ!」

バニング「ウラキ!無駄口を叩くな!死ぬぞ!」

キース「このっ!このぉっ!」

輸送機機長「ジュピトリスからの援軍が近い!頑張ってくれバニング大尉!」

バニング「了解!ウラキ!キース!持ち堪えろ!」


長門「きたあああ」

古泉「やはり彼らでしたか」


コウ「コンテナを一基奪われた!?くそぉっ!」

バニング「馬鹿者っ!今はそんなことを気にするなっ!自分の命を守れ!」

コウ「は、はいっ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 19:02:40.24 ID:l8gmBvIzO

ヤザン「へっ!連合のおぼっちゃまかい!助けにきてやったぜ!」

バニング「ありがたい!」

ヤザン「ラムサス!ダンケル!準備はいいな!」

ラムサス「了解!」

ダンケル「いつでもOKです!」


古泉「まさかヤザン隊が救援にくるとは。シロッコも粋な計らいをしますね」

長門「コウ達とヤザンの共闘・・・はぁはぁ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 19:13:46.82 ID:l8gmBvIzO

ヤザン「ジ・Oか!好きに使わせてもらうぜシロッコ!」

デラーズ兵「くそっ!なんだあいつらっ!強すぎる!」

ヤザン「ふははははっ!墜ちろぉっ!」


古泉「ヤザンは相変わらずですね」

長門「ヤザンにジ・O、ラムサス、ダンケルがハンブラビ。コウに3号機、バニングとキースがジェガン。熱い。ジ・O強いはぁはぁ」

キミドリさん「よくシロッコがジ・Oを譲りましたね」

長門「量産されたのかもしれない」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:22:19.23 ID:l8gmBvIzO

ブライト「間に合ったか!」

シャア「あれはジ・Oか?」

カミーユ「出ます!」

ブライト「よし出撃!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:28:33.84 ID:l8gmBvIzO

散らばったコンテナを助けた数により、補給物資が変わります

古泉「うわ、難しいですねこれは」

長門「強化物資…沈ませない」

キミドリさん「斬新ですね」



……

長門「左上のコンテナだけどうしても救えない、悔しい」

古泉「長門さんに感情をあらわにさせるとは…って自作でしたね」

長門「むきいいい」

キミドリさん「リセット12回目です」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:32:01.78 ID:l8gmBvIzO

長門「やっと成功」

キミドリさん「ジェガンのバルカンが鍵でしたね」

長門「補給物資ワクテカ」

古泉「すべて救出したのですから、さぞやいい物が手に入ることでしょうね」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:42:49.96 ID:l8gmBvIzO

Hi−νガンダム
ナイチンゲール
ストライクフリーダム
∞ジャスティス
デスティニー
レジェンド
アカツキ
フルアーマーZZ
FAZZ×2機
Zプラス×2機
ディジェ
ジ・O×3機
スターク・ジェガン×5機


長門「いっぱいきた」

古泉「全て救出しただけあって、かなり豪華な物資ですね」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:50:41.26 ID:l8gmBvIzO

長門「乗換えわくわく」

古泉「しかしシロッコはこんなMSどこから入手したんでしょう?ザフト製もありますよ」

長門「それを気にしてはいけない」

キミドリさん「この世界ではデスティニーなんかもシロッコ製なんじゃないですか?」

長門「そう」

古泉「いささか無理があります」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 22:58:34.33 ID:l8gmBvIzO

ガトー「閣下、朗報です。きゃつらから奪ったコンテナの中にこんなものが…」

デラーズ「…ふむ、でかしたぞガトー」

ガトー「これで一気に奴等を叩くことができます!」

デラーズ「うむ…頼んだぞ、ガトーよ」

シーマ「ガトー少佐、コンテナかっさらってお帰りかい?」

ガトー「シーマ・ガラハウ…!」


古泉「きましたねぇ…シーマです」

長門「そう」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/24(日) 23:34:43.87 ID:l8gmBvIzO

ブライト「なんだって!?奪われたコンテナの中身は核搭載のガンダム!?」

バニング「はい、不覚でした。この失態は私の責任です。軍法会議はすぐに受けるつもりです」

ブライト「今はそんなこといい!それより核だ!一体どこに撃つ気なのか…」

シロッコ「…ソロモンだな」

アムロ「現在の我々の宇宙の拠点か」

シロッコ「ああ、間違いないだろう。私の勘もそう言っている」

ショウ「あそこには今、エクセリヲンとガンバスターが!」

シロッコ「それはそうだろう。それが目的だろうからな」

豹馬「冗談じゃないぜ!5年もかけてやっと完成したってのに!」

ティエリア「愚かな…」

古泉「本当に愚かですよ。エクセリヲンとガンバスターがなくなれば宇宙怪獣に対抗できません」

キミドリさん「彼らは本当にそのことを分かって撃つ気でしょうか?」

長門「そう。おそらく見せしめのつもり」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 00:15:29.76 ID:plkR13GyO

ブライト「総員、ソロモンへ向かう!」

古泉「間に合うでしょうか?」

長門「わからない」



ソロモン

ブライト「よし、間に合ったな!総員、出撃!」

アポロ「けっ!敵はジオンの雑魚どもかよ!」

シャア「油断するな、歴戦の兵でもある」

ロックオン「よし、狙い撃つぜ!」

長門「ガトーがいない」

古泉「お約束で、後からの登場でしょうね」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 00:51:36.52 ID:plkR13GyO

コウ「くそっ!ガンダム2号機は!?」

アムロ「あわてるなウラキ少尉、現れることは明らかだ。今は目の前の敵に集中しろ!」

ガトー「ふん!私はここだ!」

バニング「2号機か!?」

忍「あんなところかよ!?」

アルト「あの位置では間に合わない!」

ロックオン「ダメだ!射程外だぜ!」

コウ「いける!ガンダム3号機なら!うわあああああっ!」

ガトー「ソロモンよ!私は帰ってき…」

コウ「あたれぇぇーーっ!!」

ガトー「なにっ!?」


古泉「間に合いましたね」

長門「核を撃たせなかった。作戦成功」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 02:47:46.33 ID:plkR13GyO

ガトー「邪魔するなっ!」

コウ「うわあっ!」

ガトー「あと少しでソロモンごと連合の戦力を消滅させられたものを!このような者に!」

コウ「うおおおおっ!マイクロミサイルでっ!」

ガトー「笑止!!」

コウ「かわした!?」


古泉「あのセリフを言わせないってありなんですか?w」

長門「たまにはあり」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 03:05:38.01 ID:plkR13GyO

コウ「それならっ!ビームサーベルだああっ!」

ガトー「なにっ!?しまった!核バズーカがっ!」

アムロ「よくやったぞウラキ少尉!」

ガトー「ちっ!アムロ・レイか!ウラキ少尉とやら、この屈辱は忘れん!」

長門「撃退成功」

キミドリさん「核も取り戻しましたね」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 05:15:05.60 ID:plkR13GyO

長門「コンペイトウは無事、守った」

古泉「あとはデラーズフリートを叩きつぶすだけですね」

ブライト「アクシズが襲われた!?」

シロッコ「どうやらソロモンの核は陽動だったようだ。敵の本隊はアクシズを襲っている」

シャア「…」

アムロ「シャア…」

シャア「ああ、私が執った作戦と似ている」

ブライト「我々は至急、アクシズに向かう!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 05:29:03.15 ID:plkR13GyO

古泉「アクシズを地球に落とす気ですね」

長門「そう」

キミドリさん「それにしても地球はすぐに何か落とされますねw」

シーマ「おやまぁ、エゥーゴの連中、やっとお気付きかい?」

シャア「すでにアクシズは占拠されたか…」

ガトー「核を撃てなかったのは無念だが、こちらはアクシズを掌握した」

コウ「ガトーめ!」

長門「アクシズを取り戻す」

古泉「それしかありませんね」

ブライト「アクシズに火が点いた!」

トーレス「アクシズ!地球に向けて降下開始です!」

ブライト「総員出撃!なんとしてもアクシズの核ノズルを破壊しろ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 07:33:04.76 ID:plkR13GyO

ゼクス「愚かな!」

甲児「ばっきゃろう!今はこんなことしてる時じゃねえだろ!」

健一「俺たちがアクシズを止めてみせる!」

ゲイナー「キング!ゲイナァァァ!」

刹那「俺が!俺たちが!ガンダムだ!」

長門「熱くなってきたはぁはぁ」

古泉「どうなってしまうんでしょうかねぇ?」

キミドリさん「今後に期待です」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 07:52:18.67 ID:plkR13GyO

ガトー「アクシズは止めさせん!このノイエ・ジールがな!」

コウ「ガトーーー!」

ガトー「いつぞやの男か!」

シーマ「精々頑張っておくれよ、ガトー。フフフッ…」

長門「シーマ・ガラハウ…」

古泉「何か考えてますね…」

シャア「ええい!邪魔をするな!」

カミーユ「ジオンめっ!」

アムロ「無駄な抵抗はやめろ!」

ブライト「頑張ってくれみんな…!」

長門「ジオンの戦力…ザクV、ドーベンウルフ、ゲーマルク、ギラ・ドーガ、ヤクト・ドーガ…」

キミドリさん「ジオンの中でも強力なものばかりですね」

長門「手強い」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 08:23:48.99 ID:plkR13GyO

シーマ「そろそろさね…」

デラーズ「シーマ!?なんのつもりだ…」

シーマ「あれをご覧?」

デラーズ「あれは…連合の艦隊?…まさか!」

シーマ「そうさ!核兵器を搭載した連合の宇宙艦隊さね!」

デラーズ「貴官、どういうつもりか」

シーマ「連合のお偉いさんは、お前を連れて行けば私を見逃してくれるとさ…フハハハッ!」

古泉「やはりシーマが裏切りましたね」

長門「そう」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 11:52:40.43 ID:plkR13GyO

シーマ「どうかしてる!ガトーの奴、デラーズごと艦を沈めるなんて!くそっ!」

ブライト「連合艦隊だと!?どういうんだ!?」

連合「全核ミサイル!発射!!」

ガトー「なんだと!?」

長門「アクシズ撃破」

古泉「ここはシーマに感謝ですね」

シーマ「どこへ戻るって言うんだい!!もうやるっきゃないのさ!!己の道は己で開く!!」

キミドリさん「シーマがちょっと可哀相です」

長門「自業自得」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 18:05:17.74 ID:plkR13GyO

ガトー「ふはははっ!甘いな!今計算してみたがアクシズの破片は重力に引かれて落ちる!貴様らの奮闘があだになったな」

コウ「3号機がそんなことをさせない!」

ガトー「な、なにを!?」

コウ「3号機でアクシズを押す!」

ガトー「愚かな!何っ!?」

甲児「俺も押すぜっ!」

アムロ「やってみなきゃわからん!」

シャア「馬鹿なことは分かっている…しかし!」

ガトー「なんと愚かな!」

エイサップ「愚かでもやるんだよ!」

刹那「うおおおおっ!ガンダァァァム!!」

アムロ「νガンダムは伊達じゃない!」

ガトー「馬鹿な!こんなことに何の意味がある!?」

カミーユ「意味ならある!今、俺たちは地球人同士で戦ってる場合じゃないんだ!」

ガトー「な…なにを…」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 18:11:47.31 ID:plkR13GyO

シャア「貴様も世界を憂いる者ならば分かるだろう!今はこんなことで地球人が争うのは無意味だと!」

ガトー「し、しかし…」

豹馬「コンバトラー、フルパワーだ!」

忍「うおおおっ!やぁってやるぜっ!!」

ガトー「エゥーゴの機体が全てアクシズを押すとは…それほどまでに…な、なんだこの光は!?」

アムロ「これはサイコフレームの光!?」

カミーユ「いけます!アムロさん!」

ガトー「この光…あ、暖かいだと!?」

コウ「ガトー!お前も手伝え!」

ガトー「………くっ!」

アムロ「ガトー!?感謝する!」

ガトー「ぬおおおおっ!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 18:25:38.79 ID:plkR13GyO

長門「激アツ、はぁはぁ」

トーレス「き、奇跡です!アクシズが進路を外れていきます!」

ブライト「なんだ!どういうんだ!?」

ガトー「ぬぅおおおおおっ!!」

カミーユ「やった!アクシズが離れていく!」

アルト「やったか!」

ヒイロ「任務…完了」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/25(月) 18:52:23.89 ID:plkR13GyO

シャア「アナベル・ガトー…」

ガトー「シャア大佐、いや、シャア・アズナブルか…」

シャア「デラーズフリートは壊滅した。どうだ?我々と来る気はないか?」

ガトー「私は敵だぞ!?」

アムロ「しかし世界を想う気持ちは我々と同じだ。エゥーゴはあなたを歓迎する用意がある」

ガトー「………」

シャア「ジオンの再興については後だ。今は我々にその力を貸してほしい」

ガトー「シャア…大佐…」

古泉「ガトーが仲間になるとは…」

長門「やった、やった」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 03:47:53.10 ID:HGq0kqnWO

ガトー「約束通り、私が強力するのは地球の危機が去るまでだ…その後はまた敵として相見えるだろう」

コウ「ガトー…」

シャア「シーマ・ガラハウは逮捕されたか」

カミーユ「ええ、みたいです」

ガトー「シーマめ…」

トーレス「地球の光子力研究所から連絡です!どうやらミケーネが本格的に活動を開始した模様!」

甲児「なんだって!?あいつら!」

古泉「休むことなく次はミケーネですか…」

長門「わくわく」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 04:10:01.33 ID:HGq0kqnWO

地獄大元帥「ふわっはっはっ!地球人どもが同士討ちをしている今がチャンスだ!いけっ!光子力研究所を叩き潰せっ!」

弓「くうっ…これではもたない…!」


ドモン「そこまでだ!」

地獄大元帥「なにものだ!?」

ドモン「貴様らこそ何者だ!民間の建物をこんな大勢で狙うとは!それでも男か!」

地獄大元帥「ふん!構わぬ!あのガンダムもやってしまえ!」

ドモン「ふん、このゴッドガンダムに戦いを挑むとは!いいだろう!ガンダムファイト!レディーゴォォォォォっ!!」

古泉「おや、思わぬ助けが入りましたね」

長門「そう」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 04:18:13.27 ID:HGq0kqnWO

ドモン「どうしたどうした!その程度か!?」

地獄大元帥「なんだあいつの強さは!?」

ブライト「なんとか間に合ったようだ…む、なんだ?あのガンダムは」

シャア「艦長、直接接触を試みる。出撃を」

ブライト「よし、総員出撃!」

アムロ「ガンダムのパイロット!援護に感謝する!どこの所属だ!?」

ドモン「所属!?俺はガンダムファイターだ!」

カミーユ「あの男、たしか前に地球で会った男だ!」

ドモン「邪魔するなら貴様らも叩くぞ!」

甲児「ばっきゃろう!この研究所は俺の家も同然だ!邪魔なんかしねぇよ!」

ドモン「…む、ならば引っ込んでいろ!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 10:54:23.57 ID:HGq0kqnWO

長門「ドモン・カッシュはツンデレ」

キミドリさん「そのようですねw」

地獄大元帥「くそっ!エゥーゴめ!撤退だあっ!」

ドモン「ふん、大したことない奴等だ」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 11:40:52.27 ID:HGq0kqnWO

長門「なんだかんだでドモンが仲間になった」

古泉「ドモンは一人でデビルガンダムをやっつけたようですね」

長門「リアル系での話だった可能性がある」

古泉「さて、これからまた分岐ですね。ミケーネとの決戦と、ドレイク軍との戦闘です。どちらへ行きますか?」

長門「……」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 11:49:35.79 ID:HGq0kqnWO

???「そろそろ頃合か…」

???「私の出番ですね…」

???「ああ、頼むぞ。地球の生命体の補完はお前にかかっている」

???「ふふっ、わかってますわ」

長門「!!?」

古泉「何者でしょうか?」

キミドリ「見当がつきませんね」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 11:59:20.01 ID:HGq0kqnWO

甲児「これで終わりだぜ!闇の帝王!」

闇の帝王「余がこんなところで滅びるものか!行け!地獄大元帥!」

地獄大元帥「貴様らはこれで終わりだ!」

プロ「それはこっちのセリフだ!地獄大元帥!」

古泉「結局、やはりミケーネとの決戦を選びましたか」

長門「スーパー系。はぁはぁ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 12:16:36.57 ID:HGq0kqnWO

甲児「ファイヤーブラスター!!」

プロ「プラズマサンダーブレェェーク!!」

リョウ「ダブルゲッタァァビィィィム!!」

地獄大元帥「ぬあああああああああっ!こんなところでぇぇぇっ!!」

豹馬「これで残るは闇の帝王!!貴様だけだぜ!!」

闇の帝王「ぬぅ!おのれエゥーゴ!!」

???「そこまでね」

アポロ「なんだこいつは!?」

キリコ「何者だ!?」

はんた「人間!?」

長門「!?」

古泉「何者でしょう!?」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 12:22:04.64 ID:HGq0kqnWO

???「ごきげんよう、エゥーゴのみなさん」

ナガト「朝倉涼子…」

キョン「朝倉!?あいつはナガトに消されたはずじゃ…」

朝倉「お久し振り、キョン君」

甲児「おいキョン!誰だありゃあ?なんで生身でこの地底にいられるんだ!?」

キョン「兜、話せば長くなるが…」

ハルヒ「なになに!?あいつ転校したんじゃないの!?キョン!説明しなさい!」

キョン「実は…」

ハルヒ「統合思念体の手先?あいつが!?」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 12:36:53.74 ID:HGq0kqnWO

キョン「朝倉!なんのつもりだ!」

朝倉「ごめんねキョン君。まだミケーネを壊滅させるわけにはいかないの、許してねっ」

ぶおおおおっ!

キョン「うわっ!」

甲児「なんだこれは!」

シャア「!!」

アムロ「ここは…地上…?」

朝倉「まだ闇の帝王を倒させるわけにはいかないから、地上に移動させてもらったの」

ハルヒ「どういうつもりよ!あんた!」

朝倉「うふっ、何も知らないというのはいいものね、涼宮さん」

ハルヒ「な、なによ?」

ナガト「朝倉涼子を敵性と再判断。攻撃を開始する」

どどどどどっ

朝倉「ふふっ、無駄なの。私は以前の私じゃないんだから、ナガトさん」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 12:43:37.63 ID:HGq0kqnWO

朝倉「ねぇ、この世界が何だか考えたことがある?キョン君」

キョン「知るかそんなの!」

朝倉「そうよね、そうなってるんだもの。当然かぁ。さて、エゥーゴはイレギュラー。そろそろ消えてもらおうかしら」

キョン「やめろ朝倉!」

朝倉「うん、それ無理っ☆バイバイ、キョン君」

キョン「わあああっ!」

ずおおおっ!
ばこぉぉぉん!

朝倉「攻撃が遮断された!?何者?」

???「フフフッ、君たちも動き出したのかい?」

朝倉「あなたは!?」


古泉「なんだかまた話がトンデモ展開ですね」

長門「自分でもよくわからない」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 12:54:13.02 ID:HGq0kqnWO

???「久し振りだね、碇シンジ君」

シンジ「えっ?」

豹馬「シンジの知り合いかよ?」

シンジ「さぁ、ぼくは知りません」

渚カヲル「今度こそ君を幸せにしてみせるよ、碇シンジ君」

シンジ「何を言って…」

朝倉「邪魔するの?あなたには何も関係ないんじゃない?」

カヲル「そうはいかないさ。僕はシンジ君を守るためにここにいる」


キミドリさん「新劇場版のカヲル君でしょうか?」

長門「わからない」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 13:14:31.90 ID:HGq0kqnWO

朝倉「…そう、あなたはそちらに付くのね、残念っ」

カヲル「またおいで。その時は君たちの本当の目的も聞かせてもらうよ」

朝倉「うふふっ。そうするわ。エゥーゴさん、よかったね、延命できて。またしばらくの間、戦いを楽しんでね!ばいばい!」

キョン「なんだったんだ…」

シンジ「君は…?」

カヲル「僕はカヲル。渚カヲル。よろしくね、碇シンジ君」

シンジ「どうして僕のことを…?」

カヲル「さぁ、どうしてかな?それじゃあ僕はもう行くよ。他にやることもあるからね。君たちとはまた会うことになるよ。それじゃあ」

ブライト「……なんだったんだ…?」

アムロ「俺たちはあの少年や少女に振り回されているのか…?」

ナガト「………」

長門「………」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 13:21:40.99 ID:HGq0kqnWO

シロッコ「ブライト艦長、聞こえるか?よくない事態だ」

ブライト「シロッコか?なんだ?」

シロッコ「ブルーコスモスがプラントに向けて核を撃ったようだ」

シン「なんだって!?プラントは無事なんですか!?」

シロッコ「一基のプラントが壊滅した」

シン「な、なんで!どうして!」

アスラン「落ち着け、シン!」

シン「でも!」

キラ「一体…どうして…?」

シロッコ「先のユニウスセブン落下事件と、アクシズ落下事件の報復だろう」

シン「そんな!アクシズは関係ないじゃないですか!」

シロッコ「連合…いや、ブルーコスモスはそうは思っていないようだ」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 13:28:22.56 ID:HGq0kqnWO

シン「そんな!」

ゼクス「また…戦争か…!」

デュオ「ちくしょう!あいつらもうゼクスの説得を忘れちまったのかよ!」

シャア「ブルーコスモスは狂信的だ。一筋縄ではいかんだろう」

ゼクス「戦わずして納める方法はない…か。愚かな!」

甲児「また宇宙と地球で戦いが始まるってのかよ!?」

ハルヒ「仕方ないわね、プラント側もただ黙ってるってわけにもいかないでしょうし」

コイズミ「困ったものです…」

古泉「あっ、僕ですね。いたんですか」

長門「あなたはSOSシップの副艦長」

古泉「なるほど、光栄です」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 14:28:17.62 ID:HGq0kqnWO

アスラン「ブルーコスモスをやめさせなくては!」

デュランダル「聞こえるかエゥーゴ。私はこれから連合に対して宣戦布告をするつもりだ。黙って死ぬつもりはないのでね」

キラ「待ってください!それじゃあまた戦争が始まります!」

デュランダル「キラ君。それもやむなしといったところだろう」

キラ「でも!」

デュランダル「さて、本題はこれからだ。私は君たちの戦力が欲しい。こちらに付いてはくれまいか?」

ブライト「…それはできません」

デュランダル「ほう…」

ブライト「今、我々地球人が戦っている場合じゃないんです」

デュランダル「それは分かる。しかし向こうは私たちのことを地球人とは認めてないだろう。宇宙の化け物とね…」

長門「…」

古泉「さて、困りましたね…」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 15:55:19.52 ID:HGq0kqnWO

カミーユ「俺たちには何ができるんでしょうか?争いをやめさせる事は…」

アムロ「それは難しいだろうな…」

ショウ「しかし、黙って見ているわけにはいかないと思います」

シャア「そのとおりだ…今、我々にできることをするしかないだろう」

シンジ「今、僕たちに出来ること…」

古泉「さて、何をするべきなんでしょう?」

長門「争いを止める」

キミドリさん「武力介入すると…?」

長門「わからない…」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 16:13:46.00 ID:HGq0kqnWO

刹那「武力介入では何も生み出せない…俺たちが学んだことだ…」

甲児「そうだぜ!戦って解決したんじゃ今までと同じだ」

ハヤト「では話し合いでもしてみるか?核を撃たれた今更に」

シャア「……プラントの欠片を地球に落とすか、艦長」

ブライト「な、何を言っているシャア!」

シャア「この戦いの元凶はブルーコスモスにある。ならば彼らに天罰を下し、戦いを無くす。それだけだ」

アムロ「貴様!まだそんなことを!」

シャア「誰かがやらねばならんのだ!アムロ!」

ゼクス「…確かに…今、地球のことを考えられるのは我々だけだ…ならばその試練も踏み越えなければなるまい…」

古泉「主人公たちがコロニー落としですか!?」

長門「ざ、斬新すぎるはぁはぁ」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 16:21:35.27 ID:HGq0kqnWO

甲児「じょ、冗談じゃないぜ!そんなことできるわけないじゃないか!」

シャア「甲児くん、君の良心もわかる。しかし、地球を救うには方法がない。どう喝以外に我々がとれる手段はないのだ」

甲児「で、でもよぉ、正義を守るはずの俺たちがコロニー落としだなんて…」

シャア「では正義とはなんだ?」

甲児「え…?」

シャア「今の我々の正義とは、地球を守るため、地球の結束を乱す輩を滅ぼすことにあるのではないか?」

忍「でも!でもよぉ!」

シャア「無理にとは言わん。この作戦に参加したくないものは…自らの手を汚したくないというものは参加しなくていい」

アムロ「俺たちが…プラントを落とす…か…」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 16:39:34.42 ID:HGq0kqnWO

シャア「無論、プラント落としは最後の手段だ。それまではザフト、連合共にどう喝して様子を見る。それでも争いを止めない場合には…」

アレルヤ「プラントを落とすんですね?」

シャア「そうだ」

アムロ「俺たちは…この手を汚さなければ地球を守れないのか…くそっ!」

シャア「アムロ…」

プロ「俺は乗るぜ。地球を守ると言っておきながら、自らの手を汚したくないというのは少々虫がよすぎるからな」

甲児「………」

忍「俺たちも乗ったぜ」

ゲイナー「…僕は…」

シンジ「僕にはできません…」

ブライト「では明日までに各自、よく考えて答えを出してくれ。本当に、参加できるものだけで構わん」

長門「………」

古泉「辛い選択ですね…」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 16:53:53.14 ID:HGq0kqnWO

結局、作戦に参加するのは以下のメンバーとなった

シャア、アムロ、カミーユ、ドモン、刹那たち、ヒイロたち、キリコ、アルト、ゲイン、竜馬たち、アポロたち、鉄也、忍たち、キョンたち、はんたたち

となった

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 17:32:48.85 ID:HGq0kqnWO

ブライト「で、具体的にはどうする?」

シャア「まずはザフトを威嚇する。プラントに核を撃つとな」

ブライト「本気か!?」

シャア「もちろんデマカセだ。しかしそれでプラントも少しは躊躇うだろう。その間にブルーコスモスに対して威嚇をする。今度は本気だ。プラントを奴等の頭上に落とすとな。実際に落とすのはプラントの小さな欠片だ。被害を必要以上に拡大させん」

アムロ「落とすことに…なるだろうな」

シャア「ああ、彼らが威嚇で止まるとは思えん。それだけ狂信的だからだ」

古泉「本気なんですね…複雑です」

長門「…そう」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 18:47:26.23 ID:HGq0kqnWO

古泉「プラントの確保に成功ですね。ここまではまぁ特に大したことはないでしょう」

ブライト「シャア、頼む」

シャア「こちらはエゥーゴ独立艦隊だ!ザフト軍に告ぐ!今は地球人同士で無駄な争いをしている時ではないはずだ!今すぐ行軍をやめていただきたい!さもなければ、こちらにはプラントに核ミサイルを撃つ用意がある!繰り返す!」

イザーク「なんだと!?ふざけた真似を!ブルーコスモスを擁護するというのか!?」

シャア「そうではない!ブルーコスモスにも相当の用意がある!今すぐ行軍を中止していただく!返答を!」

ディアッカ「おいおいマジぃ?どうかしてるんじゃないのか?あいつらは」

デュランダル「シャア大佐、ブルーコスモスにも相当の用意がある…と申したが…本当かね?」

シャア(この男…)

シャア「そうだ。繰り返すがブルーコスモスにも相当の用意がある!今すぐ行軍の中止を!」

デュランダル「わかった。全軍、停止だ!」

イザーク「なっ!?馬鹿なっ!?」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 19:55:22.25 ID:HGq0kqnWO

あれ…?
バレンタインって都市伝説じゃないの?

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:02:25.19 ID:HGq0kqnWO

甲児「プラント落としだなんて、そんな馬鹿なことは俺たちで止めるんだ!」

洸「止める?シャア大佐の作戦を妨害するのか?甲児くん」

甲児「ああそうさ!いくら小さなプラントの破片でも、きっと民間人にも被害が出る!そんなこと許しておけるか!」

シンジ「僕も賛成です。プラントを地球に落とすなんて…」

ゲイナー「でもどうやって?」

甲児「へへっ!俺にいい考えがあるぜ!」


古泉「話がややこしくなってきましたね…」

キミドリさん「止めるってどうするんでしょう?」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:21:02.91 ID:HGq0kqnWO

ブライト「やはりブルーコスモスは勧告を無視したか」

アムロ「やはり…落とすのか?シャア」

シャア「やむを得んだろう」

アムロ「………」

シャア「ブルーコスモスに告ぐ!再三の勧告を無視した貴官らに対し、我々はプラントを落とす!これは諸君らの暴虐が招いた天罰と思え!」

ジブリール「天罰だって?ずいぶんなめたことを言ってくれるじゃないか!構わないよ!進軍しろ!ハッタリに決まっている!」

シャア「愚かな…やむを得ん!プラントに取り付けた推進剤に火を入れろ!」

トーレス「破片、降下開始!」

ジブリール「馬鹿な!本当に落とすなんて!そんな馬鹿な!奴らに本当にそんなことが出来るのか!?」

トーレス「降下、順調です。このまま行けば地上のブルーコスモス本部に衝突します」

長門「わくわく」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:30:14.32 ID:HGq0kqnWO

甲児「そうはさせねぇぜ!!」

シャア「兜甲児!?」

甲児「シャアさんよ!悪いけどやっぱ俺たちにゃ向いてねえんだ、こういうのはよ!」

豹馬「スーパーロボットの全力を使えば、あんな小さな破片なんてイチコロだぜ!」

シャア「…そうか。やはり彼らが…」

甲児「ファイヤーブラスター!」

豹馬「超電磁スピィィィン!!」

健一「天空ぅぅ剣!!」
勝平「ムーンアタァァック!!」

万丈「サンアタック乱れうちぃぃぃっ!」

ずどどどどどぉぉぉん!!

甲児「やった!粉々だぜっ!」

アムロ「フッ、彼らにしてやられたな、シャア」

シャア「…フッ」

長門「スーパーロボットはあはあ!」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:37:20.37 ID:HGq0kqnWO

ジブリール「は、はぁはぁ、あははははっ!そら見ろ!やはり脅しじゃないか!全軍突撃だぁっ!」

連合兵「………」

ジブリール「何をやってるんだよ!突撃だよ突撃!聞こえないのか!」

連合兵「…できません」

ジブリール「な、なんだと!?」

連合兵「彼らの勇士を見せられて、戦争などできないと言ったのです!」

ジブリール「なにを言ってるんだ!奴らを殺せっ!宇宙の化け物だぞ!」

ナタル「もう終わりです、ジブリール」

ジブリール「なんだと!?」

パンッ!

ジブリール「ぐあっ!そ、そ、そんな…この…僕を撃つ…なんて…」

ナタル「もう…こんな争いは止めにしましょう…」

パンッ!



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:42:08.87 ID:HGq0kqnWO

アムロ「連合が退いてゆく!?」

甲児「ほーら見ろ!本気になればみんなわかってくれるんだ!例え狂信的な奴等でもな!」

シャア「脱帽したよ、甲児君…」

甲児「へへっ!元はと言えばあんたの作戦があったからだ!俺たちはそれを止めただけだよ!」


古泉「一件落着でしょうか」

長門「やはり人を信用することは大切」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/26(火) 20:52:42.25 ID:HGq0kqnWO

シャア「すまなかった、君たち。やはり人はわかり合える存在のようだ」

豹馬「なーに、いいっていいって!俺たちが勝手にやったことだからよ!怒られるんなら俺たちの方だぜ」

甲児「そうそう、俺たちゃ仲間じゃねえか!謝ったりしないでくれよ」

シャア「仲間…か。そうだな」

………

???「やはり彼らはイレギュラー。ほっとくわけにはいかぬ」

朝倉「ふふっ、まさか本当に争いを納めてしまうなんてね!ちょっと感動しちゃったな」

???「次の手筈は…?」

朝倉「もうそろそろ彼らを使おうかなっ?」

???「任せたぞ」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 01:15:44.44 ID:df61XX36O

ノリコ「ガンバスターの調整も済んだわ、これで宇宙怪獣を叩ける!」

タシロ「エクセリヲンも完成だ。いよいよかもしれんな」

古泉「とうとうこの時がやってきたのかもしれませんね」

長門「宇宙怪獣」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 01:44:52.80 ID:df61XX36O

ブライト「さて、これからの事だが…」

アムロ「ガンバスターも完成した。そろそろうって出るべきかも知れんな」

ダバ「宇宙怪獣…ですか…」

エイジ「奴らは今どのあたりに…?」

ブライト「今は火星にとどまっているようだ」

キリコ「目と鼻の先だな」

カトル「しかし何故彼らは襲ってこないのでしょう?」

ブライト「私もそれが気になっていたところだ。もしかして奴らは我々とは敵対しないかもしれんな」

エイジ「そのような甘い考えは捨てたほうがいいでしょう。彼らに一度目をつけられたら逃げる術はない」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 02:15:27.03 ID:df61XX36O

トーレス「ちょっと待ってください!あ、あれは!?」

朝倉「ごきげんよう、エゥーゴのみなさん」

ナガト「朝倉涼子…」

キョン「また来やがったのか!」

朝倉「戦いは楽しんでいる?そろそろ例の敵が目覚める頃よ」

アムロ「例の敵…宇宙怪獣か!?」

朝倉「そう、あなたたちはそう呼称しているのね。大変な戦いになるけど安心して。あなたたちはきっと無事だから」

シャア「どういうことだ?」

朝倉「さぁ?また今度教えてもいいかな?それじゃ、またね!」

ハルヒ「ちょっと待ちなさいっ!」

ダバ「行ってしまった…」

キミドリさん「一体どういうことですかね?」

長門「さあ…」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 05:53:14.33 ID:df61XX36O

参戦作品

Zガンダム、逆シャア、スタメモ、ガンダム00、Gガン、W
エルガイム、ダンバイン、レイズナー、ボトムズ、リーンの翼、マクロスF
マジンガー、グレート、ゲッター、ライディーン、ボルテス、コンバトラー、ダンクーガ、ザンボット、ダイターン
トップを狙え、アクエリオン、メタルマックス、涼宮ハルヒの憂鬱

こんなもんか?
なにか抜けてるかも

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 06:07:36.87 ID:df61XX36O

トーレス「月基地から入電!火星にて、宇宙怪獣が動き出した模様!」

ブライト「なんだと!」

アムロ「あの少女の言う通りか」

ブライト「これより我々は火星にむかう!」

タシロ「聞こえるかね?エゥーゴの諸君。私はエクセリヲンの艦長、タシロだ」

ブライト「エクセリヲンの!?」

タシロ「私たちは君らと共闘する気だ。よいかね?」

ブライト「もちろんです。エクセリヲンとガンバスターがあれば百人力です」

古泉「やっとガンバスターが仲間ですか」

長門「やったやった」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 06:18:30.67 ID:df61XX36O

トーレス「宇宙怪獣確認!も、ものすごい数です!」

甲児「やるしかねえぜ!」

ブライト「よし!総員出撃!頼んだぞ!」

ノリコ「ガンバスターも出ます!」

タシロ「頼んだぞ!」

キミドリさん「いよいよ宇宙怪獣との戦いですね」

古泉「勝てるでしょうか?」

長門「スーパーロボットは無敵」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 09:56:56.76 ID:df61XX36O

忍「くそっ!次から次へと!無限かこいつら!」

キリコ「弾切れか…!」

豹馬「こっちもだ!エネルギーがもたねえ!」

ゼクス「くっ!エピオンでは遠距離に対応できん!」

ハルヒ「みんな弱音吐いてんじゃないわよっ!」頑張るのっ!

アスカ「悔しいけど、バカハルヒの言うとおりよっ!」

甲児「しかしそうは言ってもよ…!」

ノリコ「うわあああああああああっ!スゥゥゥパァァァ!!イナズマァァァ!!キィィィィィック!!!」

ずごごごごごごごぉん!!!

アポロ「すげぇぜあいつ!」

アルト「さすがは対宇宙怪獣用兵器か…!」

タシロ「しかし、このままでは…」

トーレス「なっ!宇宙怪獣が退いて行きます!」

ブライト「なんだって!?」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 10:03:10.18 ID:df61XX36O

ハルヒ「はっはっは!きっと私たちに恐れをなしたのよ!そうに違いないわ!」

ブライト「バカな…このまま戦えば負けていたのは我々だ…何故?」

ハルヒ&アスカ「だぁかぁらぁ!私たちにビビったんだってばぁ!」

ミサト「ハルヒ、アスカ、ちょっと黙ってて」

ハルヒ&アスカ「なによっ!ぷくっ」

ミサト「どういうことでしょう?」

ブライト「わからん…どういうんだ…?」

古泉「涼宮さんとアスカはキャラが似ていますねw」

長門「そう、単純」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 14:02:41.95 ID:df61XX36O

シャア「第2波に備える。補給と整備を」

朝倉「その必要はないと思うわ」

キョン「朝倉!?」

朝倉「こんにちは。また会ったわね。宇宙怪獣さんはどうだった?」

ブライト「な、なにものだ!?」

朝倉「ほどよく戦えたでしょっ?感謝してね?彼らを撤退させたのは私なんだから。あ、とはいっても攻めさせたのも私なんだけどねっ☆」

古泉「どういうことでしょう?」

長門「……」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 14:08:00.29 ID:df61XX36O

朝倉「私たちは情報統合思念体よ?知能をもたない生物を扱うことなんて簡単なんだから」

キョン「いったいどういうことなんだ朝倉!」

朝倉「うふっ。聞きたい?なら教えてあげる。この戦い…いえ、この世界はね、ある一人の女の子に作られた世界なの。キョン君、あなたならわかるわよね?」

キョン「そんな…まさか!?」

ハルヒ「どういうことよ!?キョン!」

キョン「………」

朝倉「あははっ!教えてあげたら?いえ、無理か。あなたにそんな度胸ないわよね」



334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 14:16:14.04 ID:df61XX36O

朝倉「もうわかったでしょ?そのある女の子がこの世界を望んだ。スーパーロボットが正義の戦いで世界を守るような世界をね。一体、何に影響されたのかしらね?」

甲児「どういうことなんだよ!説明しろキョン!」

キョン「そんな…嘘だろ…?」

シンジ「キョン君…?」

朝倉「だから私たちは私たちの役割を果たしたの。でもね、私はそうはいかないわ」

キョン「!?」

朝倉「また私の情報にエラーが発生したみたい。私はあなたたちを消したくなっちゃった☆だから、死んで?エゥーゴのみなさん」

ナガト「!!」

朝倉「おいでなさい!デストロイインターフェース!!」

アムロ「巨大ロボット!?」

朝倉「どっちが強いか、勝負しましょうか?エゥーゴの方々」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 14:27:17.00 ID:df61XX36O

朝倉「目標はSOSシップよ。行きましょう。デストロイインターフェース!」

甲児「なんだか知らねえがそうはさせねえ!行くぜみんな!出撃だ!」

アムロ「Hi-νガンダム出るっ!」

シャア「ナイチンゲールのシャアだ。出るぞ」

豹馬「俺たちも行くぜ!」

朝倉「ふふっ、無・駄・な・の。このインターフェースにはどう足掻いても勝てないわ」

アポロ「やってみなけりゃわかんねーだろーが!」

朝倉「すぐにわかるわ」

キョン「…俺も出る…行こう、ナガト!」

ナガト「そう」

ハルヒ「一体どういうことなのよ…!」

古泉「こういうことでしたか」

長門「我ながら大胆なシナリオ」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 14:55:36.01 ID:df61XX36O

甲児「ぐわああああっ!」

アムロ「ううっ!

朝倉「ふふっ、その程度?じゃあとどめね?」

ナガト「させない」

朝倉「また邪魔するのね?ナガトさん。悪いけど今回は以前のようにはいかないわ」

ナガト「うっ!」

朝倉「今の私はスペックがアップされているの。あなた以上にね、ナガトさん」

ナガト「あきらめない…」

朝倉「無駄なの。あきらめなさい」

ずどごぉぉぉん!!

キョン「ぐわあああっ!!」

ハルヒ「キョン!!!」

甲児「ぐううっ!」

忍「く、くそっ!」


339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 15:04:14.71 ID:df61XX36O

朝倉「じゃあこれで終わりね。死になさい」

ずどごぉぉん!
がきんっ!

朝倉「!!」

カヲル「そうはさせないよ、僕がね」

朝倉「また邪魔するの?あなたは何がしたいのかしら?」

カヲル「僕はただシンジ君に生きていてもらいたいだけさ」

朝倉「友情というやつ?それとも愛情かしら?どちらにしろあなたにも消えてもらうわね?」

カヲル「はああああっ!」

朝倉「!!空間遮断フィルターが!消えた!?」

カヲル「さあ今だよ。長くは持たない。彼女を消して…くれ…!」

シンジ「カヲル君!」

カヲル「また…その名を呼んでくれるんだね…う、嬉しいよシンジ君…」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 19:29:35.42 ID:df61XX36O

シンジ「でも…君が!」

カヲル「ぐうっ!いいんだ…シンジ君…さあ早く…こうして敵のバリアーを解いている…のは…ちょっと辛いんだ…ぐっ!」

ミサト「あれは…ATフィールド!?あの子、使徒なの!?」

カヲル「さぁ早く…もう…持たない…」

朝倉「やめなさい!」

甲児「あいつが使徒だろうが今は協力してくれてる!今だ!朝倉を叩こう!」

リョウ「うおおおおっ!」

ドゴッ!!

朝倉「きゃあああっ!くそっ!使徒の分際でぇっ!」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 19:44:46.42 ID:df61XX36O

朝倉「ま、まさか…このインターフェースが、や、敗れるなん…て…」

どかあああああん!

甲児「やったぜ!!」

シンジ「カヲル君っ!」

カヲル「し、シンジ君…よかった…無事…で…」

シンジ「カヲル君!しっかりしてよっ!死んじゃダメだよ!」

カヲル「いい…んだ…僕は…君に生きていて欲しい…それだけ…なんだから…ぐっ!」

シンジ「か、カヲル君!」

カヲル「また…友達になれて…嬉し…か……たよ……」

シンジ「カヲルくぅぅぅぅーーーん!!!」

ミサト「あの子…まさか…」

シンジ「なんでだろう…まだ会ったのは2回目なのに…なんだか…前から知っていた…気がするのは…ううっ」


356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 19:49:00.85 ID:df61XX36O

???「ふふっ、遊びはこれくらいにしようかな?」

シンジ「!!!」

キョン「朝倉が…何人も!?」

朝倉「当然よ?だって私は量産型。まさか一人だけだと思ったの?」

甲児「だ、ダメだ…勝てねえ…」

朝倉「言ったでしょ?無駄だって。さぁ今度こそ死になさい?」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 19:53:49.80 ID:df61XX36O

キョン「な、ナガト…!」

ナガト「……私には…どうすることもできない…」

キョン「そんな…」

朝倉「さあ」

朝倉「これで終わり」

朝倉「デストロイインターフェース!!」

豹馬「あ、あんなのが何体も…!?」

朝倉「諦めて銃を降ろすの。それが一番楽に死ねるわよ?」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 19:58:41.38 ID:df61XX36O

甲児「ぐああああああっ!!!」

リョウ「甲児く…うわあああっ!!!」

シンジ「せっかく…せっかくカヲル君が…うわっ!」

忍「ちくしょう!まるで歯がたたねぇ!うぐわあああっ!」

プロ「今度ばかりは…ダメ…かもな…ぐっ!」

アムロ「何も通用しないとは…うわっ!!」

キョン「ハルヒ!ハルヒ!」

ハルヒ「ま だ ま だ い け る で しょ !! が ん ば る の !!」

キョン「!!!!」



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:04:27.78 ID:df61XX36O

キョン「…ナガト…機体を頼む…」

ナガト「…わかった」

ハルヒ「いけぇぇぇっ!諦めるなあぁ!」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「あ!キョン何やってるのよ!あんたも戦うの!!」

キョン「ハルヒ…楽しいか…?」

ハルヒ「え……?」

キョン「楽しいかって聞いてんだよ!答えろ!!」

ハルヒ「き、キョン…?」

キョン「…俺はこんなのゴメンだ…カヲル君も死んだ…これからまた誰かが戦死するかもしれない…そんなのはもうゴメンなんだ…」

ハルヒ「大丈夫よ!だれも死なずに危機を乗り越えられるわ!だってあたしたちは正義だもの!!」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:09:22.25 ID:df61XX36O


バチィッ!!!

ハルヒ「……キョ…」

ミサト「キョン君がハルヒを…殴った…?」

キョン「…碇を見てみろ」

ハルヒ「……泣いてる、泣いて戦ってる…」

キョン「楽しいか?ハルヒ」

ハルヒ「…………」

キョン「楽しいかって聞いてんだよこのバカ野郎っ!!!!」

ハルヒ「…こんなの…違う…」

朝倉「!!」

朝倉「やめなさい!キョン君、それ以上刺激させないで!!」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:14:36.46 ID:df61XX36O

キョン「お前が…望んだんだ…これを…」

ハルヒ「違う!私はこんなの望んでなんかいないっ!!!」

朝倉「!!!」

甲児「み、見ろっ!!」

アムロ「あの少女たちが…消えていく!?」

朝倉「あーあ、残念。ここまでかぁ。おめでとう、ゲームクリアよっ☆ よかったね、延命できて」

シャア「なんだ?何を言っている…?」

キョン「!! 朝倉が…消えた…?」

ハルヒ「……え…?」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:23:06.15 ID:df61XX36O

甲児「どういうことなんだ…?」

ミサト「…キョン…君…?」

キョン「…………」


………


コイズミ「おそらく涼宮さんは、この世界を望んだのでしょうね。このロボットアニメのような世界で、自分が主役となって世界を守りたい…と」

キョン「世界改変が行われたってわけか…しかし、いつだったんだ?俺はずっとこんな世界に住んでいた気がするが…」

コイズミ「きっと、以前の世界はもっと平和だったのかもしれません。さらに言うなら、MSやスーパーロボットなんていうものは存在しない世界だったのかも…」

キョン「MSが…存在しないだって?バカバカしい!あるわけねーだろ、そんな世界」

コイズミ「んっふ。果たして本当にそう言えるのでしょうか。ねぇナガトさん?」

ナガト「………」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:28:11.43 ID:df61XX36O

うぃぃぃん

ハルヒ「………」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「ごめんなさい、私、楽しかった…あの危機感を楽しんでた…」

キョン「ハルヒ…!」

ハルヒ「シンジには悪いことしたわ…でもねぇ!キョン!あんたが私を殴るなんて百万光年早いのよぉぉぉっ!!!!」

キョン「うおおおっ!?」

ハルヒ「こらあぁぁ!逃げんなぁぁぁ!!」

コイズミ「どうやら、涼宮さんは自分の力には気付いていないようですね。これは幸運です。ね、ナガトさん?」

ナガト「…」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:33:54.48 ID:df61XX36O

ビービー!

コイズミ「おや?警報ですね」

ブライト「宇宙怪獣が消えたことにより、異星人連合が再進攻してきた!総員!出撃準備だ!」

キョン「嘘だろ!?またかよ!」

ハルヒ「だいっじょーぶよキョン!!」

キョン「もう誰一人死なせないんだから!敵も味方もねっ!さっ行くわよっ!」

コイズミ「彼女がああおっしゃっているのですから、きっと大丈夫なのでしょう」

キョン「だといいがな…」

ナガト「………そう」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:39:15.05 ID:df61XX36O

うわああああ
痛恨のミス!!!
キョンのところハルヒのミスです…orz

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:46:06.65 ID:df61XX36O

エンドロール

古泉「なるほどねぇ、すべては涼宮さんの造りだした世界、ということだったんですね」

長門「そう」

古泉「しかし、他人事ではありませんね。こうならないように、我々は努力を怠ってはいけない…という訓示を見せられたようですよ」

長門「そう」

古泉「ゲームも終わったことだし、僕はそろそろ家に帰ります。では」

長門「…まって」

古泉「?」

長門「ありがとう」

古泉「これは光栄です」

-----第二次、完-----

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/27(水) 20:49:42.94 ID:df61XX36O

ちなみにみくるが登場しなかったのは…

ハルヒが願ったからという裏設定



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「な、長門さん!私のチンコ返してください…!」