古泉「ここに三人の宇宙人がいますよね?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「ずっと一緒にいられたらいいな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:16:50.48 ID:1LH9HLH10

キョン「ああ、長門と朝倉…それに喜緑さんがいるな」

古泉「この中から好きな宇宙人を一人選んでください」

キョン「はっ?」

古泉「おやっ?聞こえませんでしたか?」

キョン「いや、そういうことじゃなくて…なんで選ばないといけないんだ?」

古泉「まぁ、そう固いことを言わず好き子を選んでください」

キョン「選べと言われてもな…」

長門「(私を選ぶべき)」

朝倉「(私を選んでくれないかな〜)」

喜緑「(キョンさん…)」

キョン「さて、誰を選んだものか…」



誰を選ぶべき?>>12

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:21:36.15 ID:AAG2y7PD0

朝倉

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:27:52.69 ID:1LH9HLH10

キョン「よく分からんが…じゃあ朝倉で」

朝倉「やったぁー!!」

長門「そんな…」

喜緑「ううっ…」

古泉「ほう、朝倉さんを選びましたか。なるほど」

キョン「それで?これは一体何なんだ?」

古泉「なにってあなたの彼女を決めたんですよ」

キョン「彼女!?」

古泉「そうです。おやっ?もう一人の挑戦者が来たみたいですね」

キョン「おいっ!ちょっと待て!彼女って――」

谷口「うぃ〜す。…んっ?なにやってるんだ?おまえら?」

古泉「谷口君ですね。お待ちしてましたよ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:33:44.66 ID:1LH9HLH10

谷口「はっ?俺を待っていたってどういう……」

古泉「ここに二人の女性がいますよね?」

谷口「二人の女性って…ああ、いるな。AAランクの女子が二人も」

古泉「ええ、この中からお好きな女性を一人選んでください」

谷口「なんだと!?」

長門「……」

喜緑「……」

谷口「で、でもよ、え、選ぶって一体何のためにだよ?」

古泉「もちろん、お付き合いするためです」

谷口「!!」

古泉「さぁ、お好きな女性を選んでください」

谷口「そうだな…じゃあ俺は……」


選んで>>35

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:38:14.78 ID:dpTCPRf+0

キョンが両方取る

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:42:56.26 ID:1LH9HLH10

しょうがない…古泉にするか

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:49:38.65 ID:1LH9HLH10

谷口「彼女か…正直、どっちも捨てがたいな…」

谷口「よしっ!決めたぜ!俺は――」

長門「断わる」

喜緑「いやです」

谷口「えっ?」

長門「彼と付き合うくらいなら死んだ方がマシ」

喜緑「私も同感です」

谷口「……」

古泉「しょうがありませんね。なら僕と付き合いましょうか?」

谷口「はっ?」

古泉「んふ」

谷口「……ご、ごゆっくりー!!」

古泉「おやっ、逃げてしまいましたか」

キョン「何なんだよ、一体…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 19:57:12.87 ID:1LH9HLH10

古泉「失礼しました。改めてご説明しましょう」

キョン「頼むぞ」

古泉「あなたに朝倉さんを選んでもらったのは他でもありません」

古泉「彼女と付き合ってください」

キョン「なぜだ?」

古泉「ええ、どうやら彼女たちは恋愛に興味があるそうなんです」

キョン「なるほど」

古泉「本来なら三人同時にお相手してもらいたのですが…」

キョン「まぁ、無理だわな」

古泉「ええ、なので彼女たちの中から一人だけ選んでもらいました」

キョン「そういうことか…」

朝倉「よろしくね、キョンくん」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:05:53.00 ID:1LH9HLH10

キョン「しかし、付き合えといわれてもな…」

古泉「なにかご懸念でも?」

朝倉「もしかして私のことが嫌い…?」

キョン「いや、そういうことじゃないんだが…その…」

古泉「なんでしょう?」

キョン「女性と付き合った経験がないからどうすればいいのか分からん」

古泉「ああ、そういうことでしたか。それならご安心ください」

キョン「ずいぶんと自信があるみたいだな」

古泉「ええ、僕が的確なアドバイスを差し上げますよ」

キョン「そうかい。ならさっそく頼みたいんだが…」

古泉「なんでしょう?」

キョン「これから俺は朝倉と何をすればいいんだ?」

古泉「そうですね……まずは>>50なんてどうでしょう?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 20:09:05.48 ID:QHPDUe9Y0

デート

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:13:29.17 ID:1LH9HLH10

キョン「デートか…なるほど建設的な提案だな」

古泉「ありがとうございます」

キョン「朝倉、デートするか?」

朝倉「もちろん!」

キョン「そうか。なら一緒にデートでもするか」

朝倉「わぁーい!キョンくんとデートデート!」

キョン「こ、こらっ!抱きつくな!バカ!」

長門「イラッ」

喜緑「イラッ」

古泉「んふ。熱々ですね」

キョン「やかましい!ってか朝倉!お前はさっさと離れろ!」

朝倉「えへへ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:20:14.77 ID:1LH9HLH10

古泉「ところで…デートプランはお決めなのですか?」

キョン「あーそういうばそうだな。どこ行きゃいいんだ…」

キョン「朝倉、お前行きたい場所とかあるか?」

朝倉「私はキョンくんと一緒に居られるならどこでもいいわ」

キョン「そ、そうか…(やばい、一瞬ドキッとしてしまった)」

キョン「なぁ、古泉、お前どこか良いデートスポット知らないか?」

古泉「そうですね…一つありますけど」

キョン「おお、なんだ?教えてくれ」

古泉「>>65なんてどうでしょうか?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 20:26:46.77 ID:QHPDUe9Y0

水族館

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:36:04.16 ID:1LH9HLH10

キョン「ふむ、水族館か」

朝倉「行きたい行きたい!私水族館に行きたいわ!」

キョン「なら水族館にするか」

朝倉「私ね、一度イルカさんを見てみたかったの!」

長門「イルカさん(笑)」

喜緑「キョンさんに好かれようとして必死ですね」

キョン「それじゃあ、明日は水族館に行くからな」

朝倉「うん!楽しみにしているわ」

長門「良い事を思いついた」

喜緑「どうしたんです?」

長門「明日のデートをぶち壊すアイディア」

喜緑「それは興味深いですね。どんなアイディアなんです?」

長門「>>72をして二人のデートをぶち壊す」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:38:15.95 ID:QHPDUe9Y0

イルカショーで朝倉を水浸しにする

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:45:48.49 ID:1LH9HLH10

長門「イルカショーで朝倉を水浸しにする」

喜緑「それは素敵なアイディアですね」

長門「そう。明日がとても楽しみ」

古泉「(明日のデートは大丈夫でしょうか…)」


キョン「明日は朝倉とデートか…」

キョン「やっぱりオシャレした方がいいんだろうか?」

キョン「しまったな、古泉に聞いておけばよかった…」

キョン「しょうがない、自分で明日着ていく服をコーディネートするか」

キョン「………>>82を着ていくか」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 20:47:27.73 ID:QHPDUe9Y0

いつもの私服

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 20:57:11.75 ID:1LH9HLH10

キョン「まっ、ここは無難にいつもの私服にするか…」

キョン「ん〜こんな感じかな?背中にゴミとかついてないよな?」

キョン「ってなに俺は必死になってるんだ、まったく」

キョン「朝倉涼子、か……悪くないかもな」


長門「何してるの?」

朝倉「あっ長門さん。明日デートで着る服を選んでたのよ」

長門「そう」

朝倉「う〜ん…何を着ていけばいいかしら」

長門「ニヤッ」

長門「ならこれを着ていくべき」

朝倉「えっ?>>91を着ていくの…?」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 20:59:25.38 ID:xR7DsCRM0

ブルマ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:07:46.98 ID:1LH9HLH10

朝倉「ダメよ!ブ、ブルマなんて恥かしいわ!」

長門「そんなことはない。ブルマは男性の永遠のあこがれ」

長門「それに朝倉涼子、あなたとブルマは相性がいい」

朝倉「どういうこと…?」

長門「ブルマはあなたの自己主張するお尻を覆い隠し、それをより官能的に
    見せることができる。しかもそのムチムチとした太ももがブルマの効果を
    引き立て、彼を悩殺することになる。だからブルマをはくべき」

朝倉「そ、そうかな…」

長門「そう」

朝倉「分かったわ。明日はブルマを履いていくわ」

朝倉「……でも恥かしいから上からスカートも履いておこう」

長門「チッ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:20:18.43 ID:1LH9HLH10

―デート当日―

朝倉「ごめんね、待たせちゃった?」

キョン「いや、俺も今来たところだ」

朝倉「そっか、なら安心した。じつは私、今日寝坊しちゃったの」

キョン「寝坊?」

朝倉「うん、デートのこと考えてたら緊張しちゃって眠れなくなっちゃったの」

キョン「そ、そうか(俺は逆に今、緊張してる…)」

朝倉「なにか言った?」

キョン「いや、それよりも早く水族館に行こうぜ」

朝倉「うん、行きましょう」

キョン「(んっ?そういえば古泉からアドバイスもらったよな…)」

 古泉「デートを始める前にまずは相手の服装を褒めるといいですよ」

キョン「そうだった。服を褒めりゃいいんだな。でもなんて褒めるべきか」


朝倉さんを褒める一言>>113

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:22:38.98 ID:dpTCPRf+0

よく似合ってるな

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:33:13.57 ID:1LH9HLH10

キョン「なぁ、朝倉」

朝倉「なに?」

キョン「あのさ…よく似合ってるな」

朝倉「えっ?」

キョン「あっいや、だから今日の朝倉だよ」

朝倉「あ、ありがとう…(ど、どうしよう!キョン君に褒められちゃった!)」

キョン「やっぱり俺もオシャレして来るべきだったかな…」

朝倉「そ、そんなことないわ!今のままでもキョンくんは十分かっこいいわ!」

キョン「えっ?」

朝倉「あっその…えっと…」

キョン「朝倉」

朝倉「は、はい」

キョン「ありがとうな」

朝倉「キョンくん…」


古泉「いいですよ!いいですよ二人とも!この調子で頑張ってください」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:41:48.53 ID:1LH9HLH10

朝倉「ねぇ、見て見てキョンくん!キレイなお魚よ!」

キョン「ほぉ…こいつはきれいだな。どこの熱帯魚だ?」

朝倉「あっ!あっちのお魚もすごいわ」

キョン「そんなに急がなくても魚は逃げないぞ――って行っちまった」

キョン「やれやれ、子供みたいな奴だな」

古泉「んふ。どうやらデートは順調のようですね」

キョン「おわっ!?古泉!」

キョン「なんだお前、付いて来たのかよ」

古泉「ええ。ところで…そろそろ次のステップに移ってはいかがでしょうか?」

キョン「次のステップってなんだよ」

古泉「朝倉さんと手をつなぐんです」

キョン「なっ!?」

古泉「恋人同士なら当たり前の行為だと思いますが…いかがでしょう?」

キョン「そうだな…しかし、どうやって誘えばいいんだ?」

古泉「ならこう言えばいいのです。……>>132、と」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:45:20.92 ID:dpTCPRf+0

幸せになるおまじないしてやるよ
ちょっと手を貸してくれ

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 21:52:45.41 ID:1LH9HLH10

キョン「………」

古泉「どうしました?」

キョン「古泉、お前モテるだろ?」

古泉「えっ?」

キョン「早速、その手を使わせてもらうわ」

古泉「はぁ…ありがとうございます」

古泉「あっ、もう一つ言い忘れてたことがありました」

キョン「なんだよ?」

古泉「もう少ししたらイルカのショーが始まりますよ」

キョン「イルカのショー?」

古泉「覚えてないんですか?朝倉さん、イルカが観たいって言ってましたでしょ」

キョン「ああ、そういえばそうだったな」

古泉「まったく、ちゃんとエスコートしてくださいよ」

キョン「分かってるよ」

古泉「(困ったものです)」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:02:40.97 ID:1LH9HLH10

朝倉「キョンく〜ん!こっちにクマノミがいたわ」

キョン「ん〜…」

朝倉「どうしたの?もしかしてクマノミ興味ない?」

キョン「なぁ、朝倉、幸せになるおまじないしてやるよ」

朝倉「えっ?いきなりどうしたの?」

キョン「ちょっと手を貸してくれ」

朝倉「こう?――!!」

キョン「それで?クマノミがどこにいるって?」

朝倉「クスッ」

キョン「な、なんだよ!何がおかしいんだよ」

朝倉「ううん、意外と積極的なんだな〜と思って」

キョン「それはその……ほらっ、さっさと行くぞ」

朝倉「(照れなくてもいいのに)」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:08:52.00 ID:1LH9HLH10

長門「これは由々しき事態…」

喜緑「ギギギ…私のキョンさんがあんな眉毛に」

アナウンス「場内の皆様にお知らせします。只今よりイルカのショーを行います」

キョン「おっイルカのショーだとよ。朝倉、観に行くか?」

朝倉「いいの!?」

キョン「当然だろ。デートなんだから」

朝倉「うん!」


喜緑「長門さん、いよいよですね」

長門「>>72の計画を実行して二人のデートをぶち壊す」

喜緑「うふふ…楽しみだわ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:16:48.94 ID:1LH9HLH10

朝倉「うわぁー!本物のイルカさんだわ!」

キョン「コラコラ、そんなにはしゃいだらプールに落ちちまうぞ」

朝倉「そんなヘマしませんよ〜だ」

喜緑「あっ宇宙人!」

朝倉「えっ!どこどこ!?」

長門「そい」ドン

朝倉「きゃっ!」

ボチャーン

キョン「朝倉!」

朝倉「うううっ!だ、誰か助けて!」

キョン「くそっ!ど、どうすればいいんだ!」


ここは男としてどうするべき?>>152

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:18:54.54 ID:S2PBIJ/A0

助ける!!

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:25:49.91 ID:1LH9HLH10

キョン「待ってろ!朝倉!今助けるぞ!」ドボン

朝倉「キョンく…ん……」

キョン「おっおい!朝倉!しっかりしろ!」

古泉「手を貸します!つかまってください!」

キョン「すまん、古泉!」


朝倉「………」

古泉「ふむ、どうやら息をしていないようですね…」

キョン「朝倉!しっかりしろ!」

古泉「ここはアレをするしかないみたいですね」

キョン「アレ?アレってなんだ!何をすりゃいいんだ!」

古泉「落ち着いてください。ここは朝倉さんに>>166すべきです」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 22:28:07.96 ID:QHPDUe9Y0

心臓マッサージおよび人工呼吸

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:35:27.40 ID:1LH9HLH10

キョン「そ、そうだよな、すぐにやるべきだよな」

古泉「ええ、早く人工呼吸なさるべきでしょう」

キョン「朝倉、すまん…許してくれよ!」


喜緑「キィィィィィ!!!私のキョンさんがぁ!!」

長門「計画が裏目に出てしまった…」


朝倉「……う〜ん…あれっ?ここは?」

キョン「目が覚めたか?ここは医療室のベットだ」

朝倉「そっか…私溺れちゃって…」

キョン「ああ、一時はどうなることかと思ったよ」

朝倉「……グスン…」

キョン「朝倉?」

朝倉「…ごめんね…私のせいでデートを台無しにしちゃって…」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:44:41.04 ID:1LH9HLH10

朝倉「キョンくん…危ないって言ってたのに…それのに…」

朝倉「それのに私…キョン君にいっぱい迷惑かけて…心配かけて」

キョン「いいって、気にすんなよ」

朝倉「そんなの無理よ!せっかく褒めてくれたお洋服もびしょびしょになったし…」

朝倉「ううっ…グスン…」

キョン「(参ったな…)」

キョン「(こういう時はなんって慰めればいいんだ?)」

キョン「………」



>>190さん、お願いしやす

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:46:31.92 ID:S2PBIJ/A0

朝倉が無事でいてくれればそれだけでいい

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 22:54:47.66 ID:1LH9HLH10

キョン「そうだな、それがいいよな…」

キョン「朝倉、ベットに腰かけてもいいか?」

朝倉「うん……」

キョン「なぁ朝倉、そんなに自分を責めるなよ」

キョン「俺はさ、朝倉が無事でいてくれればそれだけでいいんだよ」

朝倉「………」

キョン「だってその…朝倉は俺のた、大切な彼女だしな」

朝倉「キョンくん…?」

キョン「それにだ、迷惑かけたと思うんだったらこの後も付き合え」

キョン「デート、まだ始まったばかりだろ?」

朝倉「キョンくん…」

キョン「朝倉……(あれっ?なんかいい雰囲気だぞ)」

キョン「(もしかしてこれは>>215するチャンスか!?)」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 22:56:21.12 ID:5LTTy6ld0

SEX

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:04:21.59 ID:1LH9HLH10

キョン「(もしかしてこれはセックスするチャンスなのか!?)」

キョン「よしっ!」

朝倉「キョンくん?」

キョン「なに、心配ないさ。俺も初めてだ」

朝倉「えっ?なにが?」

キョン「そりゃまぁ、アレだよアレ」カチャカチャ

朝倉「え〜と…どうして服を脱いでるの?」

キョン「どうしてって服着たままじゃやりづらいしな」

朝倉「(やりづらい?)」

朝倉「ってちょっと!パンツ一丁じゃない!」

キョン「いざっ朝倉!」

キョン「とぉっ!」

古泉「てめぇーはバカかぁ!!」ボグッ

キョン「ぶべら!!」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:09:39.67 ID:1LH9HLH10

キョン「なにすんだ!古泉!」

古泉「あなたは頭が沸いてるんですか!どこでするつもりなんです!」

キョン「うるせぇ!こいつはチャンスなんだよ!口を出すな」

古泉「だからと言ってここでするのはマズイですよ。医療スタッフも戻ってきますし」

キョン「そう言われてみればそうだな…さすがにここでするのはダメか」

朝倉「ねぇ、ちょっと!一体何の話なのよ!」

古泉「いえ、お構いなく」

キョン「なら古泉、教えてくれ、どこですりゃいい?どこなら問題ないんだ?」

古泉「やれやれ…困った人ですね…」

古泉「いいですか?こういう時は>>246に連れ込むのがいいんですよ」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:10:41.02 ID:QHPDUe9Y0

自宅

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:18:34.68 ID:1LH9HLH10

キョン「なるほど、そいつは名案だな!第一金がかからない」

古泉「えっええ…」

キョン「朝倉、良かったらこれから俺の家に行かないか?」

朝倉「えっ?キョン君の家に?」

キョン「ダメか?」

朝倉「私はいいけど…本当にお邪魔してもいいの?」

キョン「勿論だよ」

朝倉「そ、そっか。ならお邪魔しちゃおうかな」

キョン「ああ、それがいい」ニヤッ

古泉「(うわっ…)」


喜緑「ギギギ…あの眉毛、キョンさんのお家に行くだなんて…」

長門「大丈夫、すでに手は打ってある」

喜緑「ほんとうですか!?」

長門「次の手として>>265を実行する」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:20:37.86 ID:ppcQ2T6tO

キョンの家爆破

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:27:58.47 ID:1LH9HLH10

喜緑「それはとても素晴らしい計画ですね!」

長門「そう。彼の家が吹き飛んでしまえばイチャイチャできない」

キョン「それじゃあ、俺の家に行こうか」

朝倉「うん」


キョン「着いたぞ。ここが俺の家だ」

朝倉「へぇ〜素敵なお家じゃない」

喜緑「長門さん!今ですよ!」

長門「分かってる…ポチっとな」カチッ

キョン「さぁ、あがってくれ」

朝倉「お邪魔しま〜す」

喜緑「ちょっと!長門さん!爆破されてませんよ!」

長門「ちゃんと押している…なぜ?」



谷口「お、俺の家が……そんな…」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:34:30.16 ID:1LH9HLH10

妹「あっ!キョンくんおかえり〜!」

キョン「ただいま」

朝倉「こんにちは」

妹「えっと…どちらさま?」

朝倉「初めまして朝倉涼子です」

妹「もしかしてキョンくんの彼女?」

キョン「まぁ、な…」

妹「ふ〜ん…そうなんだ」

キョン「な、なんだよ」

妹「キョン君の彼女って>>295だね」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 23:35:54.39 ID:kYDj4TWC0

有希ちゃんと違っておっぱいが大きい

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:41:41.42 ID:1LH9HLH10

朝倉「えっ!?」

キョン「お、お前、なに言ってるんだよ」

妹「いいな〜お姉ちゃんおっぱい大きくて〜」

長門「殺す…あのクソガキ殺す」

喜緑「お、落ち着いて!長門さん!」

妹「キョンくんもおっぱい大きいと思うよね?」

キョン「えっ?俺?」

妹「有希ちゃんよりも全然大きいよね〜」

キョン「まぁ、確かに豊満かも…」

朝倉「んもう!知らない!」

妹「あっそういえばね!さっき>>315から電話があったよ」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/19(土) 23:42:40.85 ID:ibnR8VWEI

う ち ゅ う の ほ う そ く が み だ れ る !

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:47:32.58 ID:1LH9HLH10

キョン・朝倉「えっ?」

妹「あっあっあああああああ…」

妹「うぶぶぶぶぶぶぶぶ」

朝倉「えぇーー!?」

キョン「しまった…また発作が出やがった」

朝倉「発作?」

キョン「ああ、妹の奴、病気なんだ…」

朝倉「病気…」

妹「あばばばばばばっばば」

キョン「まっ大抵は>>335をしてやると治るんだけどな」

朝倉「なら早くやってあげた方がいいわ」

キョン「そうだな…いつものように>>335をしてやるか」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:48:46.24 ID:ppcQ2T6tO

ジャイアントスイング

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:53:07.41 ID:1LH9HLH10

キョン「さてと…危ないから朝倉は下がってろよ」

朝倉「うっうん(妹さんが一番危ないんじゃ?)」

キョン「せーの!」

妹「うぶぶぶぶぶぶ」

妹「うぶぶぶぶぶぶ」

キョン「そいっ!」

グシャッ

妹「………」

キョン「よしっ、これで大丈夫だ」

朝倉「(そうなの?)」

妹「イテテ……あれっ?また発作起きちゃった?」

キョン「ああ、でもすぐに治ったぞ」

妹「そっか、ありがとう。それでね>>356から電話があったんだよ!」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:54:18.27 ID:ldpskbl40

佐々木

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/19(土) 23:59:55.29 ID:1LH9HLH10

キョン「佐々木から?一体なんだろう…」

朝倉「ねぇキョンくん、佐々木さんって誰?」

妹「キョンくんの元カノだよ!」

朝倉「!!」

キョン「バカッ!違うっつーの!」

朝倉「へぇ…キョンくんの元カノなんだ。そうなんだ」

キョン「朝倉さん…?」

朝倉「それは是非ともお会いしたいわね!」

キョン「ちょっと待て!誤解だ!あいつは俺の元カノじゃない!」

朝倉「じゃあ何なのよ!その佐々木っていうのは!」

キョン「あいつは俺の>>372だ!」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 00:00:54.55 ID:jn3c+7TT0



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:09:00.37 ID:4zGQy1/l0

キョン「あいつは俺の嫁だ!」

キョン「というのは冗談なんだが…あいつは単に俺のともだ――あれっ?」

妹「お姉ちゃんなら怒って帰っていったよ」

キョン「えぇぇぇぇ!!」


古泉「ふう…やはり二人が心配でつい来てしまいました…」

古泉「おやっ?あれは朝倉さんでは――」

朝倉「あっ古泉くん…」

古泉「ど、どうして泣いてるんですか!彼はどうしたんです?」

朝倉「知らないわ!あんな酷い人!」

古泉「朝倉さん…?」

朝倉「グスン…」

古泉「(これは何か言葉をかけた方がいいのでしょうか…)」

古泉「(そうですね…ここは>>392と言って励ましてみましょう)」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 00:10:42.94 ID:3m2rv/Mv0

やらないか

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:20:08.91 ID:4zGQy1/l0

古泉「やらないか」

朝倉「えっ?」

古泉「あんな最低野郎は捨てて僕とお付き合いしませんか?」

古泉「朝倉さん、僕ならあなたを泣かせるようなまねはしません」

古泉「彼と違ってね」

朝倉「………」

古泉「好きです。僕と…古泉一樹と付き合ってください。お願いします!」

キョン「朝倉!」

朝倉「キョンくん…」

キョン「古泉!てめぇどういうつもりだ!人の彼女に告白しやがって!」

古泉「彼女?あなたには嫁がいるのではないですか?」

キョン「違う!それは誤解だ!」

古泉「んふ。では朝倉さんに決めてもらいましょう。僕とあなた、どちらを選ぶか」

古泉「さぁ朝倉さん、選んでください。ここに二人の男がいますよね?」

朝倉「わ、わたしは…わたしは…>>412を選ぶわ」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:21:06.23 ID:m3c1Djxj0

長門

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:25:59.23 ID:4zGQy1/l0

キョン・古泉「へっ?」

朝倉「私ね、ようやく気づいたの。やっぱり男って嫌だわ」

朝倉「自分勝手だし、性欲の塊だし…」

朝倉「その点、女の子は違うわ。男と違ってキレイだし」

朝倉「だからね、私長門さんと付き合うことに決めたわ」

朝倉「そういうわけだから、さようなら」

キョン「………」

古泉「………」

キョン「えっ?何これ?」

古泉「んむ。乙女心は複雑怪奇ということですね」


おわり



楽しかった。乙

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:27:18.33 ID:zVYcHlNHO

じゃあ続きは俺が

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:31:47.32 ID:zVYcHlNHO

キョン「えっ?何これ?」

古泉「んむ。乙女心は複雑怪奇ということですね」

キョン「いや違うだろ」

古泉「んっふそれでは>>452と言って彼女を説得しましょう」

452 名前:ググ検検[Google検索師検定]準1級 ◆Google./Sg [] 投稿日:2009/12/20(日) 00:32:41.00 ID:jLMapQ5/O

ジャンケンで負けたほうが好きな人を言う

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:36:38.81 ID:zVYcHlNHO

古泉「ジャンケンで負けたほうが好きな人を言う…というのはどうでしょう」

キョン「ふむ…」

古キ「じゃんけんぽん!」

勝者>>468

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:37:30.43 ID:N3QeXV/00

なんのためのジャンケンなんだよ

安価なら森さん

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:41:57.41 ID:zVYcHlNHO

森さん「どうやら私の勝ちのようですね」

古キ「いつのまに!?」

森さん「ふふふ…」

森さん「私は>>485さんが好きです///」

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 00:42:13.00 ID:7/wfi3Oi0

キョン

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:46:08.97 ID:zVYcHlNHO

キョン「お…俺…?」

森さん「はいっ///」

古泉「(なんでしょう…この展開…)」

キョン「それじゃあ>>509をまずしましょう」

森さん「///」コク

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:51:51.11 ID:m3c1Djxj0

デート

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:54:21.29 ID:zVYcHlNHO

キョン「じゃあデートしましょうか!」

森さん「///」コク

キョン「じゃあ古泉後は頼んだぞ」

森さん「未来はあなたにかかっている」

古泉「ええー…」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:56:52.25 ID:zVYcHlNHO

古泉「行っちゃいました」

古泉「ふむ…」

古泉「朝倉さんもとっくの昔に帰りましたし…」

>>530>>533

古泉「!!!」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:59:22.23 ID:m3c1Djxj0

佐々木

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 00:59:26.65 ID:Vy8TdbqN0

やらないか

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:04:26.34 ID:zVYcHlNHO

佐々木「やらないか」

古泉「!!!」

佐々木「…というのは冗談でキョンはどこだい?」

古泉「メイドとデートに行きました」

佐々木「えー…」

佐々木「決めた!僕もメイドになる!」

古泉「えー…」

佐々木「まずは>>542からしなくちゃ」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:06:32.30 ID:s5az9VXf0

自慰

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:10:15.19 ID:zVYcHlNHO

佐々木「まずはじ…自慰をしなくちゃ」

古泉「(帰りますか…)」

佐々木「ん…はぁう…」

佐々木「もうイきそうだょお…」

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:16:21.03 ID:zVYcHlNHO

佐々木「はぁ…これでメイドに一歩近づいたね」

佐々木「じゃあキョンの元にいこうかな」

九曜「――私も―――行く――」

佐々木「九曜さんいたんだ」

九曜「―――いた―――」

佐々木「キョンの所に行くなら>>558をしなきゃいけないよ」

九曜「―――///―――」

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:18:51.71 ID:GoQ/i5Tx0

丸坊主にする

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:21:56.72 ID:zVYcHlNHO

佐々木「丸坊主にしなきゃいけないよ」

九曜「―――///―――」

佐々木「さあさあ」ウィーン

九曜「――まって―――」

九曜「―――>>570―――」

佐々木「そっちでもいいかもね」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:25:58.69 ID:m3c1Djxj0

藤原にビンタ

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:30:57.43 ID:zVYcHlNHO

九曜「―――行って――きま―――す」シタタタタタ


佐々木「ごゆっくり〜」

佐々木「じゃあそろそろいk」

九曜「――ただ――いま―」

佐々木「速いね」




藤原「いったー」ヒリヒリ

574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:35:09.41 ID:zVYcHlNHO

キョン「お前らなにやってんだ?」

佐々木「わぁああああ!!きききキョン!」

キョン「驚きすぎ」

森さん「ユニークな子ですね」

キョン「それに僕っ子なんですよ」

森さん「あらあら」

九曜「―――ご主――人――たま――」

九曜「―――噛んだ―――」

キョン「なっ!!メイド!?」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:39:40.29 ID:zVYcHlNHO

もう俺の手に負えなくなった

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:44:02.30 ID:zVYcHlNHO

森さん「メイドになるには>>584>>585をしなきゃいけないんですけどしましたか?」

九曜「――して―――ない」

佐々木「僕も」

森さん「じゃあやりなさい!メイドは甘くないですよ!」

キョン「いい上司だなぁ…」

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:47:29.55 ID:PAVvl0Dm0

剃毛

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 01:49:10.36 ID:jDLgywuq0

丸坊主

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 01:58:43.87 ID:zVYcHlNHO

九曜「――その必要は――ない――」

キョン「え?」

佐々木「僕たち元々丸坊主」

キョン「///」

森さん「そろそろいきましょうか」

キョン「そうですね」

キョン「じゃあな佐々木に九曜」



佐々木「さてどうしようか」

九曜「―――>>592――」

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 02:03:39.84 ID:N3QeXV/00

立候補

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 02:16:00.42 ID:zVYcHlNHO

佐々木「なななななななににににりりらりりっこいうほするんだだだだい????????」


九曜「――――――――――――>>596―――――――――――――――――――」

佐々木「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 02:18:19.58 ID:7M11KVHM0

居んの彼女

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 08:02:20.79 ID:zVYcHlNHO

佐々木「もうどんな展開か忘れてしまったよ」

九曜「―――うん―――」

佐々木「とりあえず>>618をしようか」

九曜「―――お―け――」

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 08:20:56.75 ID:ARCsS6au0

ラジオ体操

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 08:30:44.14 ID:zVYcHlNHO

佐々木「1・2・3・4」

九曜「――5――・――6――・――7――・――8――」

佐々木「九曜さん…いちいちめんどくさいよ」

九曜「―――仕様――――」

佐々木「――のかわりに>>621にしようか」

九曜「―――!――!――」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 08:32:22.52 ID:+kljBK6gO

キョンにアタック

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 08:34:36.10 ID:zVYcHlNHO

佐々木「キョンにアタックにしようか」

九曜「キョンにアタックキョンにアタックキョンにアタックわキョンにアタックキョンにアタックかキョンにアタックキョンにアタックっキョンにアタックキョンにアタックた」

佐々木「うわぁ…」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 08:39:13.46 ID:zVYcHlNHO

佐々木「これは酷い…やっぱり>>627にしよう…」

九曜「キョンにアタックキョンにアタックそキョンにアタックキョンにアタックれキョンにアタックキョンにアタックがキョンにアタックキョンにアタックキョンにアタックいキョンにアタックキョンにアタックいキョンにアタック」


佐々木「うるさい!」

九曜「」シュン

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 08:52:12.29 ID:tPalkC0dO

4P

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 09:14:16.26 ID:zVYcHlNHO

佐々木「4pにしよう」

九曜「4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P」

佐々木「もういや!!!!!!!!」

九曜「P4P4P4P4P4P4P4P4P自分でP4P4P4P4P4P4P4P4P4P4PいったP4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4PくせP4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4PにP4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P4P」

佐々木「ごめんね」

633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 09:21:02.26 ID:zVYcHlNHO

佐々木「じゃあ>>635か>>>636にしようか」

九曜「」コク

佐々木「話すの面倒なんでしょ」

九曜「」コク

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 09:22:16.83 ID:ekMagAU6O

海賊王になる

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 09:22:49.23 ID:zVYcHlNHO

(´-`)

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 09:25:33.59 ID:zVYcHlNHO

九曜「海賊王になる海賊王になるおなか海賊王になる海賊王になるすい海賊王になるた海賊王になる」

佐々木「そうだね>>639をたべようか」

九曜「(´-`)う(´-`)(´-`)(´-`)ん(´-`)(´-`)(´-`)」

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 09:27:38.52 ID:ekMagAU6O

人肉

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 09:30:40.01 ID:zVYcHlNHO

佐々木「人肉をたべようか」

九曜「(´-`)(´-`)(´-`)(´-`)やだ(´-`)(´-`)(´-`)(´-`)」

佐々木「なぜ?」

九曜「はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 10:33:57.84 ID:zVYcHlNHO

キョン「…夢か」

古泉「ちょっといいですか?」

キョン「なんだ?」

古泉「ここに三人の宇宙人がいますよね?」


655 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 10:35:57.16 ID:zVYcHlNHO

キョン「ああ、長門と朝倉…それに喜緑さんがいるな」

古泉「この中から好きな宇宙人を一人選んでください」

キョン「はっ?」

古泉「おやっ?聞こえませんでしたか?」

キョン「いや、そういうことじゃなくて…なんで選ばないといけないんだ?」

古泉「まぁ、そう固いことを言わず好き子を選んでください」

キョン「選べと言われてもな…」

長門「(私を選ぶべき)」

朝倉「(私を選んでくれないかな〜)」

喜緑「(キョンさん…)」

キョン「さて、誰を選んだものか…」

誰を選ぶべき?>>658

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 10:38:43.18 ID:mL6dUsfB0

喜緑さん

660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 10:43:20.59 ID:zVYcHlNHO

キョン「じゃあ喜緑さん」

喜緑「まぁ!私ですか」

長門「(あのワカメを選ぶとは)」ワナワナ

朝倉「(キイイイイイ!!!)」

喜緑「ふふふ…」

古泉「じゃあまず>>704からしましょうか」

704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 13:43:58.32 ID:ixHkDTSA0

デート

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:14:25.67 ID:zVYcHlNHO

キョン「旅行にいきましょうか」

喜緑「いいですねどこにいきましょうか」

キョン「函館!!」

長門「(ずるい)」

朝倉「(キイイイイイイイイイ!)」

古泉「旅費は機関持ちですので」

キョン「いつもすまんな」

古泉「ふふふ…」

キョン「お礼に>>679をあげる」

古泉「!!!!」

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:17:32.27 ID:7S3VqsJE0

ウンコ

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:22:10.70 ID:zVYcHlNHO

キョン「ほらよ」

古泉「あ…あ…りがとうございます」

長門「(お礼をするかそこで…)」

朝倉「キイイイイイイイイイ!!」



うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ安価が厳しい!!厳しいよおおお!!

689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:33:04.04 ID:zVYcHlNHO

次の日

キョン「じゃあいこうか長門」

長門「うん」

長門「(情報操作は得意)」ニヤ

キョン「2人っきりで旅行とは少し恥ずかしいな」

長門「大丈夫私もだから」

キョン「じゃあいこうか」ギュッ



喜緑「あのやろう」

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 11:45:59.91 ID:zVYcHlNHO

喜緑「あの根暗に主役をとられた…」

「――私―にまかせ――て――」

喜緑「あなたは>>693さん」

「――この――世界は――1度改変された―世界―」

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:51:05.25 ID:LSONQVJZO

タモリ

695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 11:54:04.81 ID:zVYcHlNHO

喜緑「改変された世界ですか…」

タ「まずは…」

タ「いっただきまーす!!!」ガバッ

喜緑「ああああああああああ」

734 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:20:36.29 ID:zVYcHlNHO

キョン「函館についたぞ」

長門「雪がふってる」パァアアアア

キョン「良かったな」

長門「うん!!」




喜緑「あんの根暗消失verになってやがる」

朝倉「情報操作は得意(笑)」

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:22:41.88 ID:zVYcHlNHO

キョン「さてどこにいこうか」

長門「>>738

キョン「おお」




朝倉「あの野郎手繋いでやがる」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:31:05.54 ID:8PBhMCWj0

まずはお腹すいたからラーメン屋

741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:35:25.93 ID:zVYcHlNHO

キョン「近くにいちもんじってラーメン屋が確かあったな」

長門「いこういこう」ギュッ



朝倉「いこういこうギュッだとよ」

喜緑「寒気した」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:37:49.93 ID:zVYcHlNHO

キョン「ここは食券で頼むのか」

キョン「俺は味噌」

キョン「長門は?」

長門「>>745



朝倉「私は塩」
喜緑「私は味噌」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:40:42.40 ID:VdDMIXjKO

のうみそ!

750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:47:02.71 ID:zVYcHlNHO

長門「のうみそ」

キョン「ミソラーメンふたつな」

長門「そう」

キョン「座るか」

長門「BGMがハリクリ」

キョン「クリスマスだなあと4日で」




朝倉「クリスマスとか縁ねーし」ズルズル
喜緑「塩も美味しそうね」
朝倉「一口あげる」
喜緑「ありがとう」
朝倉「江美里のも一口ちょうだい」
喜緑「もちろん」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:54:36.91 ID:zVYcHlNHO

長門「熱い」

キョン「水飲め水」

長門「食べ終えてから一気に飲むそれが私」

キョン「そうかい」ズルズル

キョン「うめぇ」




朝倉「食べ終えてから一気に飲むそれが私」キリッ
朝倉「だってお」バンバン
喜緑「静かにしなさい」
朝倉「ごめんね」
喜緑「せっかく観光にきたからどっかいきましょうか」
朝倉「キョン君について行けばどこか行けるんじゃない?」
喜緑「クリスマスファンタジーにいきたい」
朝倉「ほほう」

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 18:58:11.06 ID:zVYcHlNHO

キョン「ごちそうさま」

キョン「次どこにいく?クリスマスファンタジーがおすすめらしいけど」

朝喜「ナイス!」


長門「>>758

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 19:07:05.67 ID:8PBhMCWj0

キョンに任せる

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 19:17:04.48 ID:zVYcHlNHO

長門「あなたに任せる」

朝倉「クリスマスファンタジー決定ね」

キョン「アニメイトに行こう」

喜緑「ええー…」

長門「OK」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 19:28:04.50 ID:zVYcHlNHO

アニメイト店内

キョン「なんか他の店と違うよななんか」

長門「雰囲気がね」

キョン「そう雰囲気が」


喜緑「あ…この雑誌かってない」
朝倉「あ…このマンガ新刊かってないや」
喜緑「結構楽しいわね」
朝倉「うん」

764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 19:33:29.07 ID:zVYcHlNHO

キョン「次どこいく?」
長門「クリスマスファンタジー」

キョン「あいよ」



喜緑「きた」
朝倉「よし」


朝倉「なんでクリスマスファンタジーに行きたかったんだっけ」
喜緑「さあ」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 19:36:29.40 ID:zVYcHlNHO

キョン「さてついたが」
長門「することがない」
キョン「>>770に移動するか」

長門「それが妥当」



朝倉「うわぁーこのツリーデカいー」
喜緑「きてよかったね」
朝倉「うん」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/12/20(日) 19:58:23.39 ID:ARCsS6au0

青森

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:17:55.50 ID:zVYcHlNHO

うんこでそう
疲れたから力抜いてやるな



キョン「あおもりについたぞ」

長門「りんご」

朝倉「りんご」

喜緑「他に何があるの?」

朝倉「ねぶた」


780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:23:27.28 ID:zVYcHlNHO

キョン「あおもりでなにすんだ」

長門「>>782


あさくら「ねぶたってなに」

きみどり「まつり」

あさくら「りんごうま」シャクシャク

きみどり「はなしをちゃんとききなさい」

あさくら「ごめんね」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:34:44.29 ID:al7COPTW0

あなたを換金して涼宮ハルヒの出方を見る

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:40:49.30 ID:zVYcHlNHO

きょん「おれおかねになるのか」

ながもん「そう」



あさくら「わたしかう」
きみどり「いやいやわたしがかう」


ハルヒ「私が買うわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


きなあき「!!!」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:43:46.13 ID:zVYcHlNHO

きょん「なんでおまえがあおもりにいるんだ」

ハルヒ「暇だからよ!!」

ながもん「わたしとかれのすてきなじかんをけがされたきぶん」

ハルヒ「なにいってるの?」

ながもん「かかれ」


喜朝「へい」


ハルヒ「いやああああああああああ!!!!!!」


きょん「なんであのふたりがあおもりにいるんだ」

ながもん「さあてね」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 20:46:31.35 ID:zVYcHlNHO

きょん「ったくクレイジーなやつだぜ」

ながもん「まったくだ」

きょん「おい相棒」

ながもん「なんだ」

きょん「かえるか」

ながもん「うん」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 22:09:54.39 ID:AeydFUnEO

きょん「さて地球がヤバいわけだが」

ながもん「あのタコやろうクレイジーだぜ」

きょん「お前の親戚じゃないのか」

ながもん「あれは親戚じゃない」

きょん「そうか」

792 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 22:11:35.61 ID:AeydFUnEO

きょん「しかしあのUFOでかいな」

ながもん「あれは地球で言う犬小屋レベル」

きょん「興味深い」

ながもん「ふふふ…」

794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 22:13:46.56 ID:AeydFUnEO

キョン「インデペンデンス・デイの話はここまでにするか」

長門「そう」


朝倉「私達空気ね」
喜緑「そうね」

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 22:15:50.52 ID:AeydFUnEO

キョン「さて地元に帰ってきたわけだがなにをする」

長門「>>800

キョン「そういえばハルヒどうなったんだ」



朝喜「ふふふ…」
ハルヒ「はぁふん…」

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 22:21:10.96 ID:1dhYTNNF0

セクロス

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/20(日) 23:06:11.36 ID:AeydFUnEO

長門「えっちしよ…///」

キョン「こっこいつあ破壊力抜群だぜ…」

長門「いいの?」

キョン「」グイッ

長門「きゃっ」




朝倉「あー」
喜緑「とうとうきましたね」

………………
……………
…………
………
……

817 名前: ◆LV4lVKV0.aL/ [] 投稿日:2009/12/20(日) 23:54:39.38 ID:AeydFUnEO

明日休みでよかった……

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 01:40:06.12 ID:lO8DC09NO

長門「あふん」

キョン「ふう……」

>>911>>913

キョン「なんでお前がここにいるんだ」

>>911>>917

911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 01:48:20.69 ID:lO8DC09NO

九曜

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 01:53:41.57 ID:lO8DC09NO

おはよう

917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 02:06:01.42 ID:TPnTSssS0

>>913
なんか書けって言ってスマンかった

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 02:23:47.55 ID:lO8DC09NO

九曜「―――――なんか書けって言――――ってスマンかっ―――た――― 」

俺「分かればいいんだ」
俺「行こうか九曜」

九曜「―――うん――」

俺「じゃあなみんな!!」

九曜「――ばい―ばい―――」

長キ「……」


happy end



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「ボクも博士が作った道具がほしいです!」