ハルヒ「こんな小さいのが生徒会長?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「駆け落ちだと?」

ツイート

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 06:22:42.18 ID:MUIfvX7QO

ハルヒ「ねえねえ、キョン。見てみてこんなちっこいのが会長らしいわよ」
くりむ「な!?ちっこいっていうな」
キョン「そうだぞハルヒ。初対面の人に失礼だ」ハルヒ「みくるちゃんと対のマスコットとしてほしいわ。よし、ついてきなさい」
くりむ「や〜め〜て〜、ひっぱらないで」
キョン「おいハルh」
杉崎「会長がサラわれてる!?(なんと言うお助けイベント)会長待っていて下さい!」キリ


いや、やっぱ生徒会知らないし無理だ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 07:37:58.44 ID:MUIfvX7QO

生徒会は少しアニメ見てた

杉崎「待てい!!うちの会長を返しt…」
くりむ「杉崎?」
ハルヒ「何よ?」
杉崎「び、美少女だ!!ツンデレだ!!!」
ハルヒ「え?何??何なの」ビク
杉崎「これは生徒会にh」
くりむ「杉崎!!!」
杉崎「は、はい!!」
くりむ「そこで正座」
杉崎「え?またまた会長冬の地面は冷たいんですよ」
くりむ「正座」
杉崎「…はい」
キョン(なんだろう、微妙に仲間意識が)
ハルヒ「ねぇ、あんた何なの?このちっこいのと知り合い?」
杉崎「もちろん。そして知り合いよりも友情よりも深い仲です」
くりむ「う、嘘だからね。杉崎相手にそんなことないんだから」
杉崎「またまた、会長ルートはいつでも入れるですよ」
ハルヒ「まあいいわ。今日のところは諦めるけど次はつれていくからね」
くりむ「いや」
杉崎「いつでも生徒会室に遊びにきてください」くりむ「杉崎!!」
キョン「いや、それは駄目だと」
ハルヒ「わかったわ」
キョン「おい」


誰かかいてくれると嬉しいな

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 08:03:07.33 ID:MUIfvX7QO

キョン「…で団活を急遽休みにしてまで何故生徒会室に?」
ハルヒ「だってちっこいの」
キョン「会長な」
ハルヒ「む、あの会長面白いじゃない」
キョン「わからなくはないが、さっきの今で押しかけるのは」
ハルヒ「ヤッホー!お邪魔するわよ」
キョン「人の話を聞きなさい!!」
真冬「きゃ!?どなたですか?」
ハルヒ「あれ?ちっこい会長さんは?」
キョン「ハルヒ下だ下」くりむ「…」
ハルヒ「…雲隠れとはやるわね。忍者?」
くりむ「何んにもしてない!!!」
杉崎「あ、さっきの」
キョン「どうもすいません。こいつがどうしてもって」
杉崎「大丈夫ですよ。今日は雑務もあらかた終わってるんで」
真冬「…」
くりむ「真冬ちゃん?どうしたの」
真冬「……いい」
くりむ&ハルヒ「え?」真冬「いきなりなんですかこの素敵イベントは。真冬この後の展開しだいではもう〇▲※%」
杉崎「真冬ちゃんストップ!」
真冬「あれ?声に出てました?」
杉崎「うん、かなり…大声で」
キョン「な、なかなか面白い人ですね」
杉崎(そういや真冬ちゃん大丈夫なの)ヒソヒソ
真冬(何がですか?)ヒソヒソ
杉崎(いや、男性なんだけど)
真冬(あれ?そういや気になりません)
ハルヒ「ほっぺた柔らかい」
くりむ「や〜め〜て、ツヤツヤになる」
キョン「こらハルヒ止めなさい」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 08:34:29.83 ID:MUIfvX7QO

くりむ「てや! それで何しにきたのよ」
ハルヒ「何にもただ面白そうだったから」
くりむ「な!?生徒会はね忙しくて大変なの暇つぶしに使わないでほしいわ」
ハルヒ「じゃああれは?」
くりむ「?」
キョン「むむむ、なかなか強い」
杉崎「そちらこそ」
キョン「…よし一角目とれた」
杉崎「くっ」
真冬「中目黒もいいけど彼もなかなか…」
(キョン「負けたから罰ゲームな」
杉崎「え?顔が近いんだk!?」)
真冬(最高です!!!)
くりむ「何してるの!杉崎!!」
杉崎「オセロですよ会長」
くりむ「見ればわかる!」
杉崎「まあまあ、ほらマシュマロですよ」
くりむ「それよりもくぁいぎぃ」モグモグ
キョン「食べながら話たら駄目ですよ」
杉崎「だってまだ知絃さんと深夏がきてないですもん」
くりむ「…ほんとだ」キョロキョロ
杉崎「会長気づいてなかったんですか」
ハルヒ「何読んでるの?」
真冬「BLっていって女性方みなさんが大好きな本です」
ハルヒ「へ〜、見してもらえr」
キョン「読むな!!ただでさえ古泉があれなのにこれ以上被害を増やさないでくれ!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 08:58:01.55 ID:MUIfvX7QO

深夏「お〜い、外まで騒がしいのがまる聞こえだぞ」ガラ
杉崎「おっす深夏」
キョン「あ、どうも」ペコ
深夏「どうも…え〜と杉崎どなた?」
杉崎「え〜とだな、あれ?知らない」
深夏「知らないのかよ!」
キョン(ついに名前が言える)「あ、俺は」
ハルヒ「キョンよ。雑用その一」
キョン「どちくしょう!!!」
杉崎「雑用と雑務か似てるな」
キョン「だな」
真冬「…」キラン
くりむ「が、外人さん?」
キョン「いえ、普通の日本人です」(ちょっとばk天然か?)
深夏「それで生徒会に何の用事が?」
ハルヒ「ないわよ。ただこのちっこい会長さんが面白そうだったから」
深夏「あ〜」
くりむ「そこ納得しない!」
深夏「まあ、ゆっくりしていってくれ」
くりむ「だ〜か〜ら〜」
杉崎「まあまあ、今日ぐらいいいじゃないですか」


さて、そろそろ限界なわけだが
誰かかく人いない?

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 09:42:11.22 ID:MUIfvX7QO

誰もいないのか

知絃「あかちゃん可愛い声が外までまる聞こえよ」
キョン「どうもキョンです」開き直り
知絃「あら、どうも。ついにキー君にもお友達が」
杉崎「友達なら他にもいますってば」
知絃「ふふふ、友達だと思っていても」
杉崎「止めてください友情を疑いたくなるようなことを言うのは止めてください」
知絃「冗談よ」
キョン(綺麗な人だな)
深夏「熱血マンガが最高だよな!」
ハルヒ「次の映画は熱血でいくわよ!」
深夏「私も出してくれよ」
真冬「真冬はぜひ杉崎先輩とキョンさんのラブシーンを!」
キョン&杉崎「止めてください」
知絃「あら意外にお似合いかもしれないわよ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 09:44:14.93 ID:MUIfvX7QO

くりむ「みんな集まったみたいね。…余計なのもいるけど」
キョン「すいません」
ハルヒ「ん?」
くりむ「まあ、いいわ。では会議をはじめます」
知絃「今日の議題は?」
くりむ「ん〜、角〇とファン〇ジアについて」
杉崎「駄目です!いろんな意味で駄目です!!」
くりむ「え〜、じゃあ」
ハルヒ「宇宙人や未来人や超能力者について話しましょ」
キョン「いや、それはなんでも」(ひくだろ)
くりむ「…面白そう」
キョン「食いついただと!?」
くりむ「じゃあ先ずは宇宙人から」
杉崎「タコとかそんな感じですか」
真冬「触手とかウネウネしたのですか」
深夏「宇宙戦争とか燃えないか」
知絃「のぺっとしていて気持ち悪いもの…キー君みたいに」
杉崎「え?」
くりむ「宇宙人=杉崎で決定!」
杉崎「ええ!?」
キョン(長門も見た目は人間だしあながち間違いではないか。そういや男の宇宙人て見たことないな)
ハルヒ「あんた宇宙人なの?」
杉崎「違います!純地球産です」
ハルヒ「なんだ。危うく連れて帰って解剖するとこだったわ」
杉崎「ははは」(恐い、知絃さんとは違った意味で恐い)


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 10:12:16.37 ID:MUIfvX7QO

くりむ「なら次は未来人」
杉崎「さっきので宇宙人終わり?」
知絃「宇宙人≦キー君で決定したでしょ」
杉崎「え?何?俺宇宙人より何か大きいの?」
真冬「…ゴクリ」
(杉崎「みてくれ。こいつをどう思う」
キョン「…凄く大きいです」)
キョン(さっきからあの子の視線が痛い)
深夏「いろいろあるんだ。気にしないでやってくれ」
キョン「ん、わかった」
杉崎「未来人か…これといって何も思い浮かばないですね」
真冬「未来からきた成長した息子と現在の自分とのイケない関係ですね」
深夏「未来人と戦争…ターミ〇ータとかか!」
キョン「いや、あれは未来に行くから未来人じゃ…ん?でもメタ〇スライムみたいなのは未来からの死角だし、どっちだ?」
知絃「万馬券とかで大儲けが出来そうね」
杉崎「バックトゥー〇フューチャー!!」
くりむ「結論未来人は機械でお金持ち」
キョン「おい!…はっ!?ついツッコんでしまった」(朝比奈さんが機械だと言われた気がしたから)
くりむ「…」ウルウル
ハルヒ「あー、泣かした。キョン最低」
キョン「ごめんなさい。つい」
知絃「仕方ないわね。あかちゃん綿あめよ」
くりむ「やったぁ♪」
キョン「…」
ハルヒ「よかったじゃない」
キョン「いや、うんよかった」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 10:40:37.11 ID:MUIfvX7QO

くりむ「最後は超能力者!」
杉崎「もう何もいいません」
知絃「賢明な判断ね」
キョン(古泉か…気持ち悪いとかか)
杉崎「やっぱり手から炎とか念力とか透視とかですか」
くりむ「杉崎えっち」
杉崎「な!?違いますよ!そんなつもりで言ったんじゃ」
知絃「キー君不潔」
ハルヒ「むっつりスケベ」
真冬「軽蔑します」
深夏「犯罪者だけにはなるなよ」
杉崎「いつもより激しい!?」
真冬(激しi)
キョン&杉崎「もういいです!」
くりむ「それで超能力者は〜?」
真冬「超能力者ですか…ん〜難しいです」
ハルヒ「そういやあんた昔古泉くんが超能力者だとか言ってなかった?」キョン「な、なんのことだ?知らないな」
ハルヒ「まあ、どうでもいいけど」

古泉「くしゅん、寒いですね団活がないと心まで寒いです」
古泉「…一人鍋でもしますかね」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 10:44:13.69 ID:MUIfvX7QO

真冬「古泉くんて誰ですか?」
ハルヒ「うちの副団長よ。頼りになってどっかの雑用とは大違い」
キョン「悪かったな」
真冬「どんな見た目なんですか?」
キョン(興味津々?)「そういや前みんなで部室で撮った写メが…あった。こいつです」
真冬「!?」
ハルヒ「どうしたの?大丈夫?」
真冬「真冬は真冬は今最高にハイってやつです」
(キョン「杉崎も大分ほぐれてきたな」
杉崎「誰のせいだよ//」キョン「なんで今日はもう一人呼んである」
古泉「どうも初めまして古泉一樹です。今夜は寝かせないぜ☆」
キョン&杉崎「それは俺のセリフだ!」)
真冬「…我が生涯に一片の悔いなしです!」
キョン「落ち着いてください。モノローグだだもれです」
深夏「やっぱ超電磁子砲とかじゃないか」
杉崎「レールガン!?」知絃「嫌な人間を地中深くにテレポート」
杉崎「すいませんでした!!」
くりむ&ハルヒ「結論杉崎が悪い」
杉崎「なんでですか?なんでハモったんですか」キョン「なかなかいい会議だった…のか?寧ろ会議って何だ?」
くりむ&ハルヒ「これにて今日の生徒会(団活)終了」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 10:48:33.12 ID:MUIfvX7QO

見にくいのは携帯だから仕方ない
正直誰かくるまでの繋ぎだったんだが
生徒会アニメしか知らないからラノベの文体がわからない
なので全て会話文でやってみた

あとは任せた

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 13:20:50.38 ID:MUIfvX7QO

くりむ「さあ、みんな帰るよ〜」
ハルヒ「結構楽しめたわ」
知絃「あかちゃん鞄忘れてるわよ」
真冬「私のコスモは大爆発です」
深夏「いや、そろそろ落ちつこうな」
キョン「ん?杉崎は帰らないのか」
杉崎「ああ、雑務が残ってるから」
キョン「…」
くりむ「杉崎はいいんだよ。進んでやってるんだから」
キョン「やれやれ、ほら半分かせ」
杉崎「え?」
キョン「雑用と雑務の仲だ。手伝ってもいいだろ」
真冬「ああ、放課後に男二人で何をするつもりですか」
知絃「あらあら、そこまでの仲だなんて」
深夏「流石にひくぞ」
くりむ&ハルヒ「…」
キョン「いや、違うぞ。お前達が考えてることなんて一つもないぞ」
くりむ「へー、男もハーレムに入るんだ。杉崎変態!!」
ハルヒ「キョン古泉だけじゃもの足りないの?」キョン「ハルヒ!しっかりBLの意味わかってるじゃないか」
杉崎「はー、ほら会長もみんなも遅くならないうちに」
くりむ「残る」
杉崎「え?」
真冬「残って手伝います」
知絃「キー君と彼だけじゃ心配だからね」
深夏「さっさとやっちまうか!」
ハルヒ「団員の後始末は団長の仕事だからね」
杉崎「ま」
みんな「ま?」
杉崎「負けたー」
キョン「何にだよ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/18(金) 13:31:50.74 ID:MUIfvX7QO

キョン「ん〜、これで最後っと」
ハルヒ「意外に時間掛かったわね」
キョン「杉崎も大変だな」
杉崎「何ハーレムの為ならこんなの朝飯前さ」
くりむ「毎回おもうんだけど動機が不純」
知絃「まあいいじゃない。それより早く帰らないと怒られるわよ」
深夏「何やってんだよー。さっさと帰ろうぜ!」
キョン「俺たちも帰るか」
ハルヒ「そうね。…ねぇ明日も来ていい?」
くりむ「だm」
知絃「ええ、どうぞ。キー君以外の男の子がいるのもなかなか楽しめたし」
真冬「真冬からもお願いします。ネタが沢山なんです」
深夏「今日は楽しかったからな。いつでも来いよ」
キョン「だそうだハルヒ」
くりむ「むー」
杉崎「ほらほら拗ねない。最後にとっておいたマシュマロあげますから」
くりむ「むー…偶にはだからね」
ハルヒ「ありがとう。く、くりむちゃん」
くりむ「!?えへへハルヒちゃん」
キョン(なんだろう和むな)
杉崎(会長も楽しそうだったし新しい友達もできた今日充実した日だな)


ときメモ4やりたいので終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「特務機関ハーレム…?」