長門「バンプオブチキンは最高。神すぎる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハリー「おいパーカー、MJをフッたって本当か!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:00:06.36 ID:9JFFmQHjO

キョン「よっ また一緒だな」

長門「そう」

ハルヒ「何回も言ってるけど!ほんっっとにデートじゃないんだからねっ!勘違いすんじゃないわよ!!」

キョン「へいへい」

みくる「じゃあまた後でぇ」

古泉「では」

ハルヒ「ふんっ!」

キョン「んじゃ行くか、長門」

長門「」コクッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:01:48.11 ID:9JFFmQHjO

ツ〇ヤ


キョン「ここでいいか?」

長門「」コクッ

キョン「本のコーナーは……あっちだな」

長門「そう」

キョン「俺はレンタル漫画でも読んでるよ。昼までには帰るからな、どっぷりハマるんじゃないぞ」

長門「わかった」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:10:27.75 ID:9JFFmQHjO

長門「……」ペラッ

〜♪

長門「……」ペラッ

『ツツツタヤッ!ウェー・・・シートゥィ!!』

長門「……」ペラッ

『伊藤さとりがナビゲートする、TSUTAYA WAVD-C3 今日はシングルチャートをお送りします』

長門「……」ペラッ

『先週に引き続き、第1位に輝いたのはこのナンバー。若者の間で人気のカリスマ系バンド』

長門「……」ペラッ

『BUMP OF CHICKENで"R.I.P"』

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:19:53.10 ID:9JFFmQHjO

『そこに君がいなかったこと・・・
そこにぃ、僕がぁ、いなっかったことぉ・・・』

長門「……」ペラッ

『こんな、とーぜんを思うだけでぇっ
いーまがこれほど・・・』

テンレンレレン、テンレレレーン

女子高生A「ねぇ!これバンプじゃない!?」

女子高生B「ホントだ!きゃー!」

『そこに!きみがっ!いなかったことぉ!
わかち、あぁんえーないっ!とぉーぃっひ!のことぉっ!』

腐女子「ニヤニヤ」

長門「……」ペラッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:24:26.36 ID:9JFFmQHjO

女子高生C「ん?これ誰の曲だっけ?」

女子高生A「えっー!!知らないのー!?」

腐女子「クスクス・・・」

女子高生B「バンプ知らないなんて人生半分損してるよー!」

女子高生C「なによそれーw」

キョン「おい、長門。そろそろ時間だぞ」

長門「……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:29:38.30 ID:9JFFmQHjO

キョン「どうした?」

長門「これ」

キョン「ん、CD……?」

長門「買いたい」

キョン「ほお、長門も音楽なんて聞くんだな。よし!ちょっと待ってろ……」

長門「いい。代金は自分で払う」

キョン「いいからいいから。これぐらい買ってやるよ、いつも世話になってるしな」

長門「そう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:35:58.98 ID:9JFFmQHjO

ハルヒ「解散っ!」

みくる「さよーならぁ」

古泉「また学校で」

キョン「じゃあな、長門」

長門「……」コクッ


長門「……」

長門「……」ガサッ

長門「初めてCDを買った」

長門「……彼に買ってもらった」

長門「昼間のことを考察するに、このグループは若者や女子高生の間に絶大な人気を得ているものと思われる」

長門「これでまた少し普通の女の子に近付いた」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:44:52.59 ID:9JFFmQHjO

長門「さっそく聞いてみる。買ったのは新譜ではなく、このアルバム」

長門「ジュピター……日本語で木星」

長門「まず一曲目」ピッ


トゥントレントゥントレン

長門「……」

ジャカジャーン!

長門「……」

ダーン!ダーン!ダーーン!!

長門「間奏が長い」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:50:50.66 ID:9JFFmQHjO

飛ぼうとしたってぇ羽なんかないって
知ってしまったぁ夏のひぃ〜

長門「……」

届きはしないっ!あーの月ーも、あーの星もぉ〜

長門「……」

届かない場所にアッーるから!
自分の位置がよくわかる・・・

長門「……」

飛べない、きみわぁ、歩いてゆこー!

長門「……」

迷いながらぁ!間違いながらぁ!
歩いてく、その姿が正しんだっ!

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/16(水) 23:53:04.70 ID:9JFFmQHjO

すてぇじおっだぐらぁぁあん!

長門「……曲はいい。しかし、何を言っているのかよく聞き取れない」

長門「歌詞カード」

長門「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:03:40.06 ID:fF7sid10O

次の日


ガチャ

長門「……」

古泉「おや、珍しいですね。長門さんが最後に来るなんて」

長門「……」ボッー

古泉「?」

ハルヒ「遅いわよ有希!緊急会議があるって昨日言ったじゃないのよ!」

キョン「俺は聞いてないが」

長門「申し訳ない」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:06:51.98 ID:fF7sid10O

長門「……」ボッー

みくる「ふみゅ?」

ハルヒ「……ねぇキョン」

キョン「ん?」

ハルヒ「なんか今日の有希、様子が変じゃない?」

長門「……」ボッー

キョン「長門?」

長門「(私は涼宮ハルヒを観察するためだけに作られた。対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース)」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:19:34.50 ID:fF7sid10O

長門「(彼女や鍵である彼には足元にも及ばない。代わりのきく……価値のない人形)」

ハルヒ「おーい、ゆきー?」

長門「(しかし、悲観することはない……)」

長門「(あの届かない月や星の存在も、すべてが私の人生を照らしだす舞台照明……そう考えることもできる)」

ハルヒ「無視すんなっ!」

長門「(その行く先は360度すべてが道……選択肢は無限にある)」

キョン「ながとー!」

長門「(素晴らしい哲学……とても感動した)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:28:38.40 ID:fF7sid10O

ハルヒ「ゆきぃいいぃいいいいいいい!!!」

長門「(ここはコンサート会場……)」

みくる「な、長門さん……涼宮さんが……」

長門「(迷っていた日も、間違っていた日も、ライトは私を照らしていた……)」

古泉「ふむ」

キョン「どうしたんだ長門!帰ってこいっ!!」

長門「はっ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:38:07.46 ID:fF7sid10O

長門「なに」

ハルヒ「なにじゃないわよっ!あんたさっきからボッーとしちゃってさ!」

みくる「はわわ……」

ハルヒ「いい有希っ!?団長の発言には一言一句でさえ聞き漏らしたらダメなの!!シャキッとしなさい!!」

長門「考え事をしていた」

キョン「おいハルヒ」

ハルヒ「なによ」

古泉「まぁいいではないですか、長門さんにだって調子の悪い時はありますよ」

ハルヒ「古泉くんがそう言うなら……いいけど」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 00:47:36.45 ID:fF7sid10O

長門「……」

キョン「ホントに大丈夫か長門?お前がおかしいと俺はものすごく不安なんだが……」

長門「……また」

キョン「ん」

長門「またツタヤに行きたい……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:01:53.16 ID:fF7sid10O

再びツ○ヤ


キョン「ここ結構遠いんだよな」

長門「……」

キョン「もしかしてCDを買うのか?」

長門「そう。これ」

キョン「またこのバンドか」

キョン「なになに……バンプオブ…チキン……?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:12:57.13 ID:fF7sid10O

長門「歌詞がとても素敵」

キョン「へぇ」

長門「これこそ我々が探し求めていた進化の可能性」

キョン「そこまで言うか……」

長門「あなたも聴いてみるべき」

キョン「うむ。あの長門を呆然とさせたんだからな、聴かないわけにもいかないだろ。オススメの曲があったら今度教えてくれ」

長門「了解した」ガチャガチャ

キョン「って!!お前それ全部買うつもりか!?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:25:59.41 ID:fF7sid10O

長門「アルバム五枚とシングル十五枚。およびプロモーションDVDまで全て買い揃えた」

長門「リリースされた出た順から聴いていく……」

長門「1999年のアルバム。フレイムベインから」

長門「!?」

長門「手書きの歌詞カード……」

長門「ユニーク」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:35:01.92 ID:fF7sid10O

ガラスの眼をしたネコは歌うよぉ!

長門「……」

声が枯れたなーらっ
川に行こう!

長門「……」

昨日よりマシな飯が食えたならっ!

長門「……」

今日はいい日だったと、そーらを見上げて
笑い飛ばしてやるっ!

長門「……」キラキラ

あっー!
僕はいつもー!ちから強くぅ!生きているよーっ!

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:42:12.04 ID:fF7sid10O

ガラスの眼を持つ猫はあっー!
星になったよ・・・

長門「……」ウルウル

命のカケラを燃やし尽くしてしまったねー、イエー!
得意のブルースも聴けないねっー!

長門「……」

だけどお前のッ!そのーブルースはッ!
みんなの、心の中にぃ、刻まれたっ!

長門「!」

これから辛いことがっ!もしあったならばっ!
みんなは歌いだすっ!

長門「」ブワッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:49:06.46 ID:fF7sid10O

長門「……アルエと曲調が似ている。多少いい加減な気もするが」

長門「いい唄」グスッ

長門「これを16歳で書いた曲というからまた凄い」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 01:57:17.28 ID:fF7sid10O

翌日


谷口「卒業式のテーマだってよ、どうする?」

キョン「適当でいいだろ。というか、万が一選ばれでもしてみろよ。恥かしいぞ」

国木田「キョン。長門はんが呼んでるよ」

キョン「あっ」

長門「……」

キョン「どうした。何か用か?」

長門「これ、貸すから」ガチャガチャ

キョン「どわああああああああ!!!」ズーン!

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:07:14.24 ID:fF7sid10O

長門「じゃ」

キョン「待て待て待て!こんなに持っていけるかっ!」

長門「……」

キョン「カバンに入らん!」

長門「そう」

キョン「……だいいち、俺はこれだけの枚数をすぐには聴けないぞ。お前だって昨日買ったばかりだろうが」

長門「だいじょうぶ」

長門「それは布教用」

キョン「え!?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:19:26.08 ID:fF7sid10O

先生「はーい、次に先輩方と歌いたい卒業式の合唱曲を書いて下さーい」

クラスメイトA「どうしよっかなー」

長門「(決まっている。別れの唄と言えばバイバイ、サンキュー)」カキカキ

先生「みんなが挙げた候補は旅立ちの日、瞳をとじて、バイバイサンキューです」

クラスメイトB「バイバイサンキューって何?」

クラスメイトA「知らなーい」

長門「(……やはりカップリングはマニアックだったか)」

キモヲタ「バンプとかwww厨二乙www」

長門「!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:27:04.02 ID:fF7sid10O

クラスメイトA「キモヲタくん知ってるのー?」

キモヲタ「どぅふwどぅふwBUMP OF CHICKENといえば日本で最も痛いバンドwww」

キモヲタ「某大型掲示板でも叩かれまくってますね、はいwwwブヒwwwww」

長門「」ゴゴゴゴゴッ・・・!

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:38:16.98 ID:fF7sid10O

クラスメイトB「そうなんだ、キモヲタくんって物知りー(笑)」

キモヲタ「それほどでもww」

クラスメイトD「俺はバンプ好きだけどな……」

キモヲタ「こらこらww恥を知りなさいwww高校生にもなってバンプはないwwwww」

クラスメイトC「じゃあさ、キモヲタくんは普段どんな曲聴いてるの?」

キモヲタ「ブヒww主にヘビメタルですねwww町外れのライブハウスにも頻繁に通っていますよwwwやはりレベルの高い演奏は生にかぎるwwwww」

クラスメイトA「すごいね(笑)かっこいいねっ(笑)」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:44:14.59 ID:fF7sid10O

<深い愛、解き放てー♪


クラスメイトD「ん?」

キモヲタ「やっべ!」

先生「こら!キモヲタくん!授業中はケータイの電源を切りなさいっ!」

キモヲタ「ぶひひwwすいませんwwwww」

「「「あっはっはっはっは!」」」

キモヲタ「まったくwwwバンプなんて厨二病バンド挙げる奴は名乗り出るでござるよwwwww」

長門「」スッ

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 02:51:55.38 ID:fF7sid10O

長門「わたし」

キモヲタ「えっ」

長門「合唱曲にバンプオブチキンの唄を希望したのは、私」


ザワ・・・ ザワ・・・

クラスメイトA「……長門さんが?」

クラスメイトB「マジで!?」

クラスメイトD「長門さんは俺と同じ趣味……」ポッ

長門「……」

キモヲタ「え、え、え、えええええええっと、あの、その……」

長門「」ダッ!

先生「長門さん!」

キモヲタ「あっ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:10:16.06 ID:fF7sid10O

長門「」タッタッタ!

キョン「……だろう♪」

長門「」タッタッタ!

キョン「オウ、イエーイ!イエーイ!はぁ〜ん」

長門「!?」

キョン「おわ!!あぶねっ!……あれ、長門?」

長門「」ジワッ

キョン「えっ」

長門「」ダッ!

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:18:33.88 ID:fF7sid10O

キョン「ちょっ……待て!長門!!」

コンッ

キュルキュルル・・・!

週末の大通りをぉ〜 黒猫が歩くぅ〜


長門「っ!!……その曲は」

キョン「待てって!」

走ったぁー!走ったぁー!
生まれて初めてのー!

長門「いや、来ないで」タッタッタ!

キョン「ながとおおおおおおおおお!!!」ダッダッダッ!

やさしさがぁーっ 温もりがぁーっ
まだっ!信じられなくてぇぇ!

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:30:06.71 ID:fF7sid10O

どれだけ逃げたってぇ〜
かっわり者は追いてきたぁ!

長門「……」カァァ

長門「」シュタシュタシュタ!!

キョン「くそ……っ!はやすぎる」

古泉「んふ」

キョン「古泉!長門を止めろ!!」

古泉「はい?」

長門「!」

古泉「どうしたんですか、二人とも」

長門「危ない」

バチコーン!!

古泉「ッぽぅ!!」

キョン「よくやったぞ古泉!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:37:21.39 ID:fF7sid10O

長門「……」

古泉「」ピクピク

長門「だいじょうぶ?」

キョン「な゛がど……っ!」

長門「……ごめんなさい」

キョン「はぁ……はぁ……っ!やっと止まってくれたか……」カチッ

長門「……」

キョン「……ったく、どうしたんだっつーの」

長門「実は」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:47:04.27 ID:fF7sid10O

キュン「……なるほどな」

長門「」シュン

古泉「しかし、驚きましたね。あの長門さんが特定の音楽バンドにそこまで夢中になるなんて」

キョン「俺も谷口からCDプレイヤー借りて聴いてみたが、よかったぞ。バンプオブチキン」

長門「……もういい」

キョン「へっ」

長門「あんなものに熱狂していた自分が恥かしい」カァァ

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 03:53:52.92 ID:fF7sid10O

キョン「おいおい……そりゃないだろ」

長門「生きる意味だとか、オンリーグローリーだとか、馬鹿らしい……子どもじみてる」

キョン「長門……」

ハルヒ「フッ!そういうことだったのねっ」

古泉「涼宮さん?」

ハルヒ「有希、顔を上げて」

長門「……」

ハルヒ「ちゃんと私の目を見なさいッ!!」

長門「」ビクッ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 04:25:11.74 ID:fF7sid10O

ハルヒ「よく聞きなさい有希っ!今のあなたみたいに恥かしい恥かしいって!周りの言うことを気にして自分の本心を隠すような……っ!体裁を装うような奴が……っ!」

ハルヒ「私は大ッッ嫌いよっ!!」

長門「……」

ハルヒ「自分の気持ちを否定してまで、好きなモノを偽ってまで、人に馬鹿みたいって思われるのがそんなに恐い!?それで何かを築いていけるの!?」

長門「……ウッ」

ハルヒ「そういうのはねっ!負け犬の考え方っていうのよッ!!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 04:35:35.24 ID:fF7sid10O

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「キョンは黙ってなさいっ!」

キョン「しかしだな……」

古泉「ふっふ、ここは涼宮さんに任せましょう」

ハルヒ「ねぇ有希、あなたにいいことを教えてあげるわっ!」

長門「……?」

ハルヒ「この世の真実ッ!!」

長門「しんじつ……?」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 04:57:56.89 ID:fF7sid10O

ハルヒ「世界は残酷よ。強くて、怖くって、絶望的で、真っ暗闇だっ!!」

長門「……」

ハルヒ「でもね、人間はそんな世界に流されず、今や大昔では考えられないほどにまで文明を発展させてきたわっ!医療は進んだし、空も飛んだっ!これはもう神への冒涜ねっ!」

ハルヒ「どうしてそんな凄いことができたと思う?」

長門「……わからない」

ハルヒ「夢を叶えてきた偉人たちには宇宙の法則だとか、そんなものを遥かに超えたあるモノを持っていたからなの!!」

長門「それは?」

ハルヒ「それはっ……"情熱"よッ!」

長門「じょーねつ……?」

ハルヒ「ええ」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 05:16:32.92 ID:fF7sid10O

ハルヒ「ここでいう厨二病ってヤツね」

長門「厨二病……」

ハルヒ「誰がなんと言おうと関係ないっ!!世界がどうであろうと関係ないっ!!自分が信じるモノを貫き通すっ!!絶対的な精神ッ!!!」

ハルヒ「私なんていっつもそうよっ!宇宙人と遊ぶ夢だってそう!!私がやるって決めたんだからねっ!!」

長門「そうなのかもしれない……」

ハルヒ「お金?権力?地位や名誉?……違うッ!そんな女々しいもんじゃないッ!!」

ハルヒ「子どもの頃に誰もが憧れた、あのヒーローたちの力こそが全てを超越するのよッ!!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/17(木) 05:22:38.50 ID:fF7sid10O

長門「私もあなたのように突っ走って生きたい……」ユラ

ハルヒ「そうよ有希っ!!腹の底から自分を叫びなさいっ!!生きるっていうのは燃えることなのよっ!!」

長門「バンプオブチキンは最高。神すぎる」ファー

ハルヒ「人生っていうのは覚悟の物語だッ!!!」ドン!!


fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「朝からお姉ちゃんの顔みるなんて…」