キョン「出会った日から今でもな・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ(18)「こいつがオレの求めていたモンスターだぜ!」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:17:10.25 ID:80Br2VnI0

2月24日 クリスマス前日



ハルヒ「キョン、明日は何か予定有るの?」

キョン「いや、特にないがそれがどうかしたのか?」

ハルヒ「バカねぇ〜 明日はクリスマスよ?か、彼女とデートの予定とか無いの?」

キョン「どうだろうな・・・」

ハルヒ「い、いるの?」

キョン「いや、よくわからない」

ハルヒ「そ、そう・・・し、しょうがないから、明日は二人で遊ぶわよ!」

キョン「何故そうなる」

ハルヒ「何?雑用係の分際で団長の誘いを断る気!?」

キョン「はいはい行きますよ」

ハルヒ「じゃあ、明日10時に駅前でいいわね?遅れたら罰金よ!」

キョン「やれやれ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:19:53.24 ID:80Br2VnI0

12月25日 クリスマス当日


キョン妹「キョン君起きてー!ライダーキーック!」

キョン「ふごっ! 頼むから妹よ番組に影響されるのは止めてくれ・・・」

キョン「えーと今何時だ?」

キョン「9時か・・・飯食って仕度してからでも十分間に合うな」
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

キョン「んじゃ行ってくる」

キョン妹 「お見上げ忘れないでねー!」

キョン「はいはい」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:24:58.87 ID:80Br2VnI0

〜駅前〜
ハルヒ「遅い!罰金!」

キョン「まだ10時まで15分前だぞ?一体何時に来たんだ・・・」

ハルヒ「ついさっきよ!ついさっき!」

キョン「そーかいそーかい それで、何処行くんだ?」

ハルヒ「んーまずは買い物行きましょ!」
 

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:28:01.80 ID:80Br2VnI0

    ・
    ・
    ・
    ・
ハルヒ「結構遊んだし買ったわね」

キョン「ほぼ、俺の金だがな・・・」

ハルヒ「遅れたんだから当たり前でしょ! もう7時ね・・・ちょっと向こうの公園で休んでから帰りましょ!」

キョン「へいへい」

 ピト・・・

ハルヒ「ん?何かしら・・・キョン!雪だわ!雪!」

キョン「分かったからハシャグな!(雪か・・・あれからもう一年も経ったんだな)」

ハルヒ「キョン急にどうしたの?暗い顔して」

キョン「いや何でもないさちょっと昔を思い出しててね」

ハルヒ「親父臭い奴ねー」

キョン「悪かったな親父臭くて」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:31:53.31 ID:80Br2VnI0

〜1年前〜



佐々木「キョン、実は僕・・・海外に行く事になったんだ・・・」

キョン「また急だな・・・親関係か?」

佐々木「そうなんだよ父親の仕事の都合でね・・・」

キョン「そうか・・・それはいつ行くんだ?」

佐々木「明日だよ」

キョン「明日!?いくらなんでも早すぎるだろ・・・」

佐々木「本当はずっと内緒にして置こうと思ったんだけどね、言わなければ一生後悔すると思ったからさ」

キョン「そうか・・・」

佐々木「親友との別れ時間が刻一刻と迫っているんだよ?シンミリしないで欲しいね」

キョン「ああ、すまん」

佐々木「さてと、ここらで暴露大会でもどうだい?」

キョン「またいきなりだな」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:34:10.56 ID:80Br2VnI0

佐々木「まぁいいじゃないか さて、どちらから暴露しようか?」

キョン「いきなりだからなぁ・・・悪い、佐々木から頼む」

佐々木「しょうがないね、では僕から暴露させてもらうよ」

佐々木「僕はね・・・ずっと君が好きだったのさ 出会った日から今までずっとね・・・」

佐々木「本当は卒業の日にでも言おうと思ってたんだけどね まさか海外に行くとは思ってなかったからさ」

佐々木「キョン・・・返事は今してもらうよ?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:36:33.08 ID:80Br2VnI0

キョン「実はな佐々木・・・俺もお前の事が好きだったよ 出会った日から今までずっとな」

キョン「正直な話をすると、このままお前とずっと一緒に居たいくらいにな・・・」

佐々木「それは嬉しいね、僕も同じ気持ちさ・・・」

佐々木「もしまた逢えたらその時は親友じゃなくて恋人として逢おう」

キョン「ああ・・」

佐々木「おっとシンミリしてしまってすまないね」

キョン「いやいいさ」

ピト・・・

佐々木「ん?何かな?・・・キョン!雪だよ!雪!」

キョン「ああ、そうだな」

佐々木「キョン、君にはロマンと言う物が無いのかい?折角の雪だと言うのに」

キョン「ん?ああ、すまない」

佐々木「ほら!まるで、僕達を祝福してくれてるかの様だよ」

キョン「だといいな」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:38:34.21 ID:80Br2VnI0

次からペース落とします

佐々木「・・・じゃあ僕はここらで帰るよ」

キョン「そうか・・・良かったら送ってくぞ?」

佐々木「いや、今日は一人で帰りたい気分なんだ」

佐々木「だけど僕は幸せだよ?君と二人でこうして雪を見れたからね」

キョン「分かったよ んじゃまたいつかな・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:44:42.35 ID:80Br2VnI0

佐々木「あ、ちょっとまってくれキョン」

キョン「ん?どうしt・・・んむっ!」

佐々木「ん・・・最後に僕のファーストキスを君に捧げたよ」

キョン「いきなりでびっくりしたが、ありがとな・・・」

佐々木「では、また逢う日まで君を忘れないよキョン・・・大好きだ」

キョン「俺もだ・・・大好きだぞ」

佐々木「じゃあね・・・キョン」

キョン「ああ・・・」


あの時の佐々木の後ろ姿は不思議と大きかった・・・

  ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:55:36.00 ID:80Br2VnI0

〜現在〜

ハルヒ「だいぶ、公園に居たわね もう8時だわ」

ハルヒ「今日はもう帰りましょう!」

キョン「ああ、そうだな」

ハルヒ「じゃあね!キョン!また学校で!」

キョン「おう、またな」

    ・
    ・
    ・
キョン「なぁ佐々木・・・俺は今でもお前を好きだぞ」




キョン「出会った日から今でもな・・・」




〜完〜


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 03:57:10.15 ID:80Br2VnI0


初めてのSSなので文才なくて投下も少なかったですが

みなさん温かいレスありがとうございました!

また思いついたら書きます

では、良い水曜日を

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 04:01:27.73 ID:80Br2VnI0


一応終わりのつもりでしたが

続きの需要あります?

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 04:06:25.17 ID:80Br2VnI0

じゃあ佐々木が北高に転校してきたパターンで
投下無くなったんで書きます

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 04:13:09.92 ID:80Br2VnI0


〜北高〜

キョン「うーす」

ハルヒ「朝から眠そうな顔ね」

キョン「悪かったな元からだ」

ハルヒ「今日は転校生が来るんですって!不思議だと思わない?」

キョン「何処がだ、どっから見ても普通だろ」

ハルヒ「キョンはそんなんだからだめなのよ」

キョン「へいへいそーですか」

岡部「今日はみんなも知ってると思うけど転校生を紹介するぞー」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 04:24:48.22 ID:80Br2VnI0


ざわ・・・ざわ・・・

岡部「ほらみんな静かにーじゃあ入ってきて」

ガラガラガラ

佐々木「今日からこのクラスにお世話になります、佐々木__です」

キョン「っ!?」

岡部「と言う事だから、みんな仲良くやってくれ」

佐々木「(キョンには外国に行くって嘘ついちゃったけど大丈夫かな・・・?)」

ハルヒ「ちょっとキョンどうしたの?気分でも悪いの?汗がすごいけど・・・」

佐々木「ん?キョン・・・?え・・?」

キョン「いやハルヒ大丈夫だ よお佐々木随分見慣れた海外だな」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 04:41:12.41 ID:80Br2VnI0


ハルヒ「え?知り合い?」

キョン「ああ、中学時代のなs」

佐々木「親友さ」

ハルヒ「へ、へぇそうなの・・・」

キョン「ところで佐々木何故嘘をついた?」

佐々木「それはその・・・あまり聞かれたくないね」

キョン「そうかい、まぁ無理にとは言わんが」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/02(水) 05:03:25.06 ID:80Br2VnI0

一時限目

キョン「すぴー」

ハルヒ「キョンが寝てるわ・・・」

佐々木「寝てるわね・・・」

ハルヒ「佐々木さん、キョンの事好きでしょ?」

佐々木「え!?そ、そんな事ないわよ?よ?」

ハルヒ「やっぱり好きなんだ!」

佐々木「−−−!///そ、そういう涼宮さんもキョンの事好きなんでしょ?」

ハルヒ「な、何言ってるの?あんなバカ好きになるはずないでしょ//!アホ面だし!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「涼宮ハルヒのちょっぴり怖い怪談」