古泉一樹の殺人


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジが行方不明?」

ツイート

1 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 21:37:44.82 ID:2GN9YDXmO

古泉「……困ったものです……」

3 名前:サボテン ◆WWLovejExI [>>2まだわかりません。] 投稿日:2009/11/01(日) 21:42:25.63 ID:2GN9YDXmO

15:30 放課後 -SOS団部室-

古泉「おはようございます」ガチャッ

キョン「なんだお前か」

古泉「おや、これは珍しい、あなただけですか」

キョン「ハルヒは職員室で説教。朝比奈さんは掃除。長門も掃除だ」

古泉「説教……というと?」

キョン「あいつ、何が気に喰わなかったのか、谷口の髪をむしりやがった」

古泉「……それは……」

5 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 21:44:34.83 ID:2GN9YDXmO

キョン「まぁ、あいつのことだ。説教なんて右耳から左耳へ流れてるだろ」

古泉「目に浮かびます」

古泉「それより、どうですか?ソリタリアでも……」

キョン「微妙なものを持ってきたな」

古泉「これなら、あなたにも負けませんよ」

キョン「どうかね……」

6 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 21:50:27.39 ID:2GN9YDXmO

15:36 放課後 -SOS団部室-

キョン「俺の勝ち、だな……」

古泉「これは、負けてしまいましたね……」

キョン「お前が俺に、ゲームで勝てる日が来るのかね?」

古泉「いつか、負かせてみせますよ」

キョン「楽しみにしてるよ。……あ、カバンにジュースあったんだ」ガサガサ

古泉(また負けてしまいました……頑張ったのになぁ……)

キョン「朝比奈さんのお茶が飲みたいねぇ。喉が渇いて仕方がない」カシュッ

古泉(今度は何で勝負しよう……。黒髭……とか?)

キョン「んぐっ……んぐっ」ゴクゴク

古泉(人生ゲームは、……何げに悲惨な人生になると凹むんですよね……)

キョン「…………ぐっ!!」

古泉(そうだ、ダルマおとしだ!!)

7 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 21:53:53.07 ID:2GN9YDXmO

キョン「ぐぐっ……げっ!!」

古泉「……ん?どうされました?」

キョン「ゲホッ!!ゲホッ!!う、げぇっ!!」ビシャビシャ

古泉「ち、血!?」

キョン「か、……かはっ……」

ドサッ

古泉「……あ、……あの……」

キョン「…………………………」

古泉「………………」

古泉「そんな……ばかな……」


15:40 放課後 -SOS団部室-
事件発生

8 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 21:56:39.34 ID:2GN9YDXmO

ハルヒ「ごっめーん!!遅れちゃった!!」バターン!!

みくる「おくれましたー」

長門「………………」

古泉「あ………………」

ハルヒ「………………」

みくる「………………」

長門「………………」

古泉「………………」

ハルヒ「………………キョン?」

ハルヒ「うそ、でしょ?キョン?」

古泉「涼宮さん、これは……」

ハルヒ「人殺し!!!!」

古泉「えぇっ!!」

11 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:00:41.25 ID:2GN9YDXmO

ハルヒ「古泉君、いつかやるとは思ったけど……」

みくる「は、はわわわわ……」

古泉「誤解です!!僕ではありません!!」

ハルヒ「うそ!!古泉君の制服、血塗れじゃない!!」

古泉「これは!?そうか、彼が咳き込んだとき……」

長門「ソリタリアの盤面をみると、寸前まで彼らはゲームで遊んでいたと推測される」

ハルヒ「やっぱり、いつもゲームで負けていた恨みが……」

古泉「誤解です!!というか、僕が負けるのが当たり前みたいに言わないでください!!」

ハルヒ「あなたゲームへなちょこじゃない!!」

古泉「言わないでください!!」

13 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:04:36.67 ID:2GN9YDXmO

ハルヒ「みくるちゃん、警察を呼んで!!」

みくる「は、はい!!」

古泉(まずい、このままでは僕が犯人にされてしまう……)

ハルヒ「有希、古泉君を押さえて」

古泉(涼宮さんの様子だと、本当に僕が犯人にされてしまう)

古泉(もしかしたら、本物の証拠が、突然発生する可能性も……)

古泉(しかし、許せない……誰が彼を……彼をこんな目に……)

古泉(本当の犯人を見つけられるのは、今、僕だけ……)

古泉(捕まってなんて……いられない!!)

16 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:07:03.59 ID:2GN9YDXmO

古泉「ぬわーーーーーーー!!」

ガシャーンパリーン!!

ハルヒ「窓から逃げた!!」

ドサッゴロゴロッ

古泉「ぐぁぁぁっ!!い、いったぁぁぁあああ!!」

ハルヒ「生きてる!!」

古泉「とりあえず、逃げるんだ!!」ダッ

ハルヒ「逃げた!!逃げたわ!!」

17 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:11:05.69 ID:2GN9YDXmO

ハルヒ「逃げられないわ。日本の警察は優秀だもの」

ハルヒ「そう、例えどんなに逃げても、町中の監視カメラを利用して捜し出すことが出来るの!!」

ハルヒ「踊る大捜査線でやってたわ!!」

長門「え」

ハルヒ「他にも、秘密の警察ロボが表れたりするの!!小さな探偵や、名探偵の孫も、警察に協力してくれるはず!!」

長門「……事実と、フィクションは違う」

ハルヒ「すべて事実よ!!」

長門「……そう」

22 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:13:56.00 ID:2GN9YDXmO

古泉「逃げなきゃ、逃げなきゃ!!」

古泉「アレは……彼の自転車!!こんなところに停めて登校していたんですか……」

古泉「………………」

古泉「少し、貸していただけますか?」

古泉「僕が、必ずあなたを殺した真犯人を探します」

古泉「少し、僕に自転車を貸してください」

古泉「鍵……この程度なら……っ!!」バキッ

古泉「さぁ、まず何処に行きましょうか……」

24 名前:サボテン ◆WWLovejExI [投げ出したことあったかな?] 投稿日:2009/11/01(日) 22:18:32.05 ID:2GN9YDXmO

16:00 夕刻 -アーケード街-

古泉「やみくもに逃げるより、まずは長期逃亡のため、食料を買い込みましょう」

谷口「ん……おぉ、古泉じゃないか?あの変な活動は休みか?」

古泉「あ、あなたは……。ええ、まぁ、そんなところです」

谷口「そっか。大変だよなお前も」

古泉「そうですね。……今まさにと言う感じです」

谷口「キョンも大変だぜ。まぁあいつは、毎日朝比奈さんのお茶のために行くって言ってたが」

古泉「はは、彼らしい言葉です」

古泉「でも……彼はもう……」

28 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:21:41.74 ID:2GN9YDXmO

古泉(お茶……そういえば、彼は今日何かを飲んでいた……)

古泉(ジュース……確かそれを飲んで彼は……)

古泉「谷口さん、彼は今日何かジュースを買っていませんでしたか?」

谷口「あ?いや、あいつはたいていペットボトルのお茶を飲むから、ジュースは……」

古泉「そうですか」

谷口「いやまて、確か、昼休み自販機に国木田と行った気が……」

古泉「なっ!!それは本当ですか!?」

30 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:27:08.19 ID:2GN9YDXmO

谷口「な、どうしたんだよ突然……。あぁ、確か国木田と自販機行くって、少し教室をでたよ」

谷口「俺は行かなかったからわからんが、国木田ならキョンが何買ったか知ってるんじゃないか?」

古泉「国木田さんですか。ありがとうございま……

??「そこまでだ古泉一樹!!」

古泉「なっ!?」

谷口「なんだ、警察?」

警察「お前は完全に包囲されている!!おとなしく投降しろ!!」

谷口「古泉、お前何したんだよ!?」

古泉(妙だ……この大人数、いつの間に?まるで、ここにはじめから僕がいたのを知っていたかのようだ……)

32 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:32:47.56 ID:2GN9YDXmO

同時刻 コンピ研部室

ハルヒ「逃がさないわよ、古泉くん」

部長「なんだこれ……なんで町中の監視カメラの映像が、僕らのパソコンで見られるんだ……?」

長門「警視庁のPCにアクセスしている」カタカタカタカタ

部長「警視庁……警察が、町の人間のプライバシーを侵害しているのか!?許されないだろ!!」

長門(勿論、こんなものは元から警視庁で行われていない)

長門(彼女が存在すると認知した結果、これは具現化しただけ)

みくる「古泉君、囲まれましたね」

ハルヒ「逃がさないわよ、絶対!!」

部長「……というか、何で僕らの部室にいるんだ?」

ハルヒ「パソコンいっぱいで、雰囲気出るでしょ?」

33 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:36:09.49 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -アーケード街-

古泉「まいりましたね……何か、涼宮さんに都合の良い力が働いているのでしょう」

谷口「おい、古泉……こりゃなんだよ!?」

古泉「……少し、協力していただけますか?」

谷口「は?何を……」

古泉「動くな!!動くと、この人質の目を潰すぞ!!」ガシッ

谷口「は?なにを……ぁ、いたっ、いだだだだだ!!目を押さえるな!!」

警察「ば、バカな真似はやめろ!!」

34 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:42:04.69 ID:2GN9YDXmO

古泉「出来るだけ痛そうにしてください……そこのゲームセンターに入ります」

谷口「痛そうじゃなくて痛いんだよぉぉぉおお!!」

古泉「いいか、ついてくるなよ!!」

警察「くそっ、人質とは……。最近の若者はなんて卑怯な……」

谷口「目が、メガァァァァァアアア!!!!」

古泉「その調子です!!」グググ

谷口「ひぎゃぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!」

35 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:47:21.05 ID:2GN9YDXmO

16:15 夕刻 -スガイアミューズメントビル-

谷口「あー、エクストラレベル14いってんじゃん……」

谷口「……で?説明しろよ?お前何やらかしたんだ?」

古泉「実は…………」


………………………………d`ー゜

谷口「キョンが……マジかよ……」

古泉「残念ながら……真実です」

谷口「キョン…………」グスッ

古泉(そうだ、彼はもういない……)

古泉(また一緒にゲームをすることもないし、彼と肩を並べて歩くことも……)

古泉「………………」ジワッ

古泉(っ!!ダメだっ!!泣くな!!)ブンブン

古泉(泣くのは、すべてがおわってからだ……)

36 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:50:39.44 ID:2GN9YDXmO

谷口「古泉……お前、本当にやってないのか?」

古泉「……彼に誓って言います。僕は、無実です」

古泉「……しかし、犯人を探そうにも、外がアレでは……」

谷口「……入り口が磨りガラスでよく見えないが、警察か?たくさんいるな……」

古泉「まずは、ここから逃げる算段を……」

谷口「……なぁ、古泉」

谷口「絶対真犯人、見つけてくれるか?」

古泉「…………はい」

谷口「……良い方法がある」

38 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:53:33.80 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -アーケード街-

警察「誰か出てくるぞ!!」

谷口「た、助けてくれぇぇぇ!!」

警察「人質だ!!人質が出てきたぞ!!」

谷口「あ、あいつ狂ってる!!二階のカラオケボックスの調理場で、ガス栓開きやがった!!」

警察「何!?」

谷口「自爆する気だ!!」

警察「は、離れろ!!離れるんだ!!」

40 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 22:59:19.14 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -スガイアミューズメントビル屋上-

古泉「アーケードでよく見えませんが、悲鳴からして、成功のようですね……」


回想――――――――――――――――――――

谷口「お前は屋上へ行け。俺は警察をビルから離す」

古泉「屋上……なるほど、アーケードが邪魔して、僕の姿は視認が難しくなる」

谷口「あと、俺が時間を稼ぎ、お前を逃がす。……あいつの自転車は、近くの公園に置いておく。取りに来い」

古泉「助かります」

谷口「あと、俺の番号」

古泉「番号?」

谷口「携帯だよ。お前、俺の知らないだろ?交換だ。何かあったら、情報を交換できる」

谷口「……絶対犯人を見つけろよ」

古泉「……ありがとうございます」

谷口「おうっ」ニカッ

42 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:02:22.35 ID:2GN9YDXmO

古泉「しかし、ビルとビルはこんなに離れているのですか……」

古泉「落ちないように飛び越えないと……っほ!!」スタッ

古泉「ともかく、国木田さんですか。谷口さんの話だと、西区の方に住んでいると……」

古泉「事情も電話で話してくれているらしいし、本当、彼は良い友人を持ちました……」

古泉「……僕も、その友人に、入っていたのでしょうか?」

43 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:10:43.84 ID:2GN9YDXmO

16:10 -コンピ研部室-

ハルヒ「……おかしいわね。谷口が出てきて5分。動きがないわ」

みくる「ビルのなかにカメラはないんですか?」

ハルヒ「みくるちゃん、ノリ気ね、いいわ!!」

みくる「……私も、古泉君が許せませんから」

長門「映像、三番モニタに出力」

ハルヒ「……何よ、何処にもいないじゃない?」

みくる「もしかして、屋上?」

ハルヒ「っ!!それよ!!」

44 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:14:01.83 ID:2GN9YDXmO

ハルヒ「有希、さっきみたいに、よろしく」

長門「了解」

長門「警視庁より緊急通達。被疑者、古泉一樹、アーケード街ビル屋上を逃走中」

部長「はは、本当、信じられないよ」

部長「まさかこの部屋から、この町の警察、すべてを動かせるなんて!!」

ハルヒ「見てなさい、古泉君……」

みくる「………………」コソッ

45 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:18:30.33 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -アーケード街-

警察「……何?わかった」

警察「A班、B班、別れて西と東から屋上へ!!挟み撃ちだ!!」

谷口「なっ!!ち、ちょっと待て!!何でそんなことわかるんだ!?」

警察「教えられない」

谷口(おいおい、何か妙だぞ?)

谷口(電話はまずい……。確か、同じDoCoMoだよな?メールにするか……)


47 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:22:10.11 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -???-

古泉「メール?谷口さんから……」ピッ


『屋上はまずい。なぜかバレ。何かが妙だ』

古泉「……バレた?なぜ……。しかし、間一髪ですね」

ガチャ

古泉「服が血塗れのままではいけませんからね。着替えさせていただきました」


同時刻 -アーケード街・デパート・職員専用ロッカールーム-

48 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:24:22.76 ID:2GN9YDXmO

古泉「誰の服かはわかりませんが、拝借しますよ」

古泉「おや、サングラス。ワックスまで……」

古泉「しばらくは、変装、とまではいきませんが、これで姿をかえましょう」

古泉「…………わりと良いんじゃないですかね?」

古泉「………………」

古泉「………………キラッ☆」

50 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:29:06.78 ID:2GN9YDXmO

16:30 夕刻 -西区-

古泉「姿を変えた途端、追ってくる気配がなくなりましたね」

古泉「では、なぜあの時、僕が屋上にいたのがバレたのか、考えてみましょう」

古泉「簡単に考えて、誰かに見られた。しかし、人はいなかった」

古泉「見るにしても、遠くから、近くから、様々なな見方があります」

古泉「加えて、最初に見つかったとき、一瞬で多くの警察に囲まれた」

古泉「つまり、誰かが僕を見付け、一度に大人数を呼ぶ事が出来る条件」

古泉「ふむ………………」

古泉「無理じゃね?」

52 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:32:10.64 ID:2GN9YDXmO

古泉「そんなこと、監視カメラすべてを見ることが出来るならともかく……」


―――――――――――――――――――――――――――d`ー゜

古泉「涼宮さん、この映画おもしろいですよ」

ハルヒ「なにこれ?」

古泉「踊る大捜査線2です」

古泉(これで、退屈しないといいなぁ……)

―――――――――――――――――――――――――――d`ー゜

古泉「………………」

古泉「僕のバカ……」

55 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:36:29.57 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -中央区コンビニ前-

谷口「あのままあの場所にいたら、事情聴取とかされたんだろうなぁ……」

谷口「なんとか逃げたけど……」

谷口「なんだろ、警察の動きが異様だったぜ」

谷口「……キョン、本当に死んだのか?俺には信じられないな……」

谷口「……ん、あの後ろ姿……」

みくる「……」

谷口「朝比奈さん、帰るところか?」

谷口「……お、HUgE今月号だ」

56 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:39:56.86 ID:2GN9YDXmO

同時刻 -コンピ研部室-

長門「使用説明は、以上」

ハルヒ「簡単ね!!」

部長「何で僕まで手伝わなきゃ……」

ハルヒ「やっぱり、こういう部隊を動かす仕事は私よね」

長門「帰っていい?今夜、おでんだから」

ハルヒ「うん、有希、ありがとね」

ハルヒ「絶対、キョンの仇を討つの!!」

長門「………………」

長門「そう」

58 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:43:53.69 ID:2GN9YDXmO

17:00 夕刻 -国木田宅-

国木田「谷口から……話は聞いてるよ」

古泉(目が赤くなってる……)

国木田「で、何を聞きたいの?」

古泉「彼と昼休み、自動販売機にいきましたね?」

国木田「うん、僕はコーヒーを買ったよ」

古泉「彼は、何を?」

国木田「何も買ってないよ」

古泉「……なんですって?」

国木田「キョンは、飲み物を買わなかった」

59 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:46:11.18 ID:2GN9YDXmO

古泉「彼は普段、飲み物を持って学校に?」

国木田「いや、キョンは昼に自動販売機で飲み物を買うんだ」

古泉「じゃあ、彼は何処からジュースを……」

国木田「多分、あれかな?」

古泉「あれ?」

国木田「自動販売機の前で、鶴屋さんに会ったんだ」

古泉「鶴屋さん?」

60 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:50:23.45 ID:2GN9YDXmO

回送

キョン「たまには健康を考えないとな……」

国木田「キョン、ひょろいからね」

キョン「言うな。あれ、釣り切れ……まいった、大きいのしかない」

鶴屋「あっ、キョン君!!どうしたのかなっ!!」

キョン「あぁ、鶴屋さん。いや、釣り切れなんですが、大きいのしかなくて」

鶴屋「ふぅん。だったら、これ、いる?」

キョン「良いんですか?」

鶴屋「おう!!先輩からの、気前の良いオゴリだよっ!!」

キョン「そんな、ちゃんと後日返しますよ」

鶴屋「いいからっ!!」

キョン「じゃあ、遠慮なく……」

61 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:53:54.62 ID:2GN9YDXmO

古泉「まさか、じゃあっ!!」

国木田「その飲み物に、毒が……」

古泉「犯人は、まさか……」

国木田「……ねぇ、もしも、だよ」

国木田「鶴屋さんは、犯人じゃないとしたら?」

古泉「どういう事ですか?」

国木田「その飲み物に、鶴屋さんは、毒が入っていると知らなかった……としたら?」

古泉「まさか……じゃあ……」

古泉「鶴屋さんは、被害者?」

65 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/01(日) 23:57:01.31 ID:2GN9YDXmO

古泉「……どちらにせよ、鶴屋さんに会う必要がありますね」

国木田「そうみたいだね」

古泉「ありがとうござい……っ!!」

国木田「どうしたの?」

古泉「い、いえ。ありがとうございました」

古泉(閉鎖空間?微量ながら、近い何かを感じた……)

古泉(涼宮さんの力で、何かが具現化したのか?)


ピリリリリリッ ピリリリリリッ

古泉「谷口さんから……電話」

68 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:00:58.81 ID:e9a12zwRO

谷口『よう。自転車、西区の公園に置いておいたぜ』

古泉「近くですね。ありがとうございます」

谷口『いいって。国木田にはあったか?』

古泉「はい。次は鶴屋さんです」

谷口『ふぅん。……そういや、さっき朝比奈さんを見たぜ』

古泉(涼宮さんと一緒じゃない?)

谷口『とにかく、俺は家に帰る。ニュースとかなってるかもしれん。内容あとで教えてやるよ』

古泉「助かります」

谷口『じゃぁな』

ブツッ

69 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:06:32.70 ID:e9a12zwRO

17:20 夕刻 -西区公園-

古泉「自転車は……あれですね。……おや?」

みくる「………………」

古泉「あ、朝比奈さん……」

みくる「なんで、キョン君を殺したんですか……」

古泉「朝比奈さん、僕は……」

みくる「キョン君、可哀相なキョン君……」スラッ

古泉(アレは、ナイフ?にしては、妙な形を……。未来のものですかね)

みくる「キョン君を返して!!」ダッ

古泉(っ!!僕を殺すつもりだ!!)

71 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:08:56.53 ID:e9a12zwRO

同時刻 -長門宅-

長門「ただいま」

朝倉「あ、おかえりなさい!!」

長門「おでん」

朝倉「へ?今日、おでんっていってましたっけ?」

長門「……」コクッ

朝倉「ご、ごめんなさい。わすれてて……野菜炒めに……」

長門「……っ!!」ジワリ

朝倉「ご、ごめんなさい!!」

長門「……おでん……」

73 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:14:20.76 ID:e9a12zwRO

同時刻 -西区公園-

みくる「うぅぅぅぅっ…………」グググ……

古泉(一レス跨いでる間に、マウントポジションをとられてしまいました……)

古泉(ナイフは、パチパチと音を立てている……スタンガンもかねてるのか……)

古泉(かするだけで危ない……)

みくる「ふににににぃぃぃぃ!!!!!!」

古泉「朝比奈さん、やめてください!!こんなこと、彼は望んでない!!」

みくる「私が望んでます!!」

古泉「鉄板と思われた台詞が無意味に終わりました」

みくる「ふにゅぅぅぅぅぅぅ!!」

古泉「助けてぇぇぇぇええ!!!!」

74 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:16:39.44 ID:e9a12zwRO

古泉「こうなれば、僕も本気を出します!!」

ドン!!

みくる「きゃっ!!」ドサッ

古泉「今のうちに逃げろ!!」

みくる「………………」キュウ

古泉「鶴屋さんの家は遠くない!!急がないと」シャカシャカ

みくる「………………」

75 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:18:12.10 ID:e9a12zwRO

同時刻 -長門宅-

朝倉「長門さーん、出てきて下さーい」

押入「………………」

朝倉「押入に籠もっちゃった……」


76 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:22:28.93 ID:e9a12zwRO

17:40 夕刻 -西区すずらん通り-

古泉「つ、疲れた……」

古泉「チェーンが外れるなんて……まいりましたね……」

古泉「えっと、ここを、こうして……こうで……」

バラバラバラ……

古泉「え、なんでチェーンバラバラになるん?」

古泉「……まいりましたね」

プップー!!

森「古泉君!!」

古泉「森さん!!」

新川「のるんだ!!」

古泉「助かります!!」

78 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:26:57.16 ID:e9a12zwRO

同時刻 -コンピ研部室-

ハルヒ「どうなってるのよ!!何で見つからないの!?」

部長「か、考えられるのは、彼がカメラに見られていると気付き、対応をとったか、かな」

ハルヒ「たとえば?」

部長「変装、とか?」

ハルヒ「変装……。っ!!屋上に突撃したときの映像、アーケードの映像をみせて!!」

部長「あ、あぁ……」

ハルヒ「………………」

部長「なぁ、僕、帰っていいか?」

ハルヒ「黙って。みくるちゃんもどっか行っちゃったんだから、あんたはその代わりになって働きなさい

部長「……そんな」

ハルヒ「………………ん?」

79 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:28:48.46 ID:e9a12zwRO

ハルヒ「ちょっと、この男、アップ」

部長「はいはい……」

ハルヒ「……見つけた、こいつよ!!」

部長「西区に向かっているな」

ハルヒ「……アレを使いましょう」

部長「アレ?」

ハルヒ「有希の話によると、確かこのファイルを……」

部長「……?」

80 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:33:08.86 ID:e9a12zwRO

17:45 夕刻 -すずらん通り2丁目-

古泉「助かりました」

森「そう、よかったわ」

古泉「今すぐ、鶴屋邸に行きましょう。お願いします、新川さん」

新川「………………」

古泉「新川さん?」

森「ごめんなさい、古泉君」

シャッ ガチャッ

古泉「な、防壁ガラス!?ドアにもロック!?なぜ僕を閉じ込めるんですか!?」

森「世界の……ためよ……」

古泉「……そういうことですか。そうですね、僕らは彼女をまもる、『機関』でしたね」

新川「すまない、古泉君」

81 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:38:48.88 ID:e9a12zwRO

森「あなたが警察に捕まり、法に裁かれれば、彼女は平穏でいられるの」

新川「今、彼女はこの町のすべての警察を動かしています。そのうち、日本中、世界中を……」

森「そうなると、あなた一人のために、世界が彼女の手足になる」

新川「それは、避けるべきです」

シュゥゥゥウ

古泉(ガス!?)

森「安心して。あなたは裁かれない。裁かれた振りをするだけ。その後は……」

森「誰にも触れず、一人で暮らすの。死ぬわけじゃないわ……」

新川「君のアフターケアは、機関がきちんとするよ」

森「一生、ね」

古泉「……冗談じゃない……」

85 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:42:42.76 ID:e9a12zwRO

古泉(くそっ、眠くなってきた……けど、ダメだ!!)

古泉(誓ったんだ……真犯人を見つけると……)

古泉(彼に!!)


ざわっ


古泉(っ!!)

新川「微量の、閉鎖反応!!」

森「彼女、本気で古泉君を捕まえる気ね。今度は何が具現化されたの!?」

古泉「……どうやら、僕は助かるみたいですね……」

森「なにっ!?」

古泉「微弱な閉鎖空間。これで」

ボッ

古泉「力を使える!!」

87 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:47:09.56 ID:e9a12zwRO

ガッシャァァン!! ドサッ ゴロゴロ

古泉「痛っ〜〜〜〜!!ああぁぁぁあああ!!」

森「ドアを!!」

新川「なんてタイミングだ!!」

キキィッ!!

森「小泉君、大丈夫!!」

古泉「約束なんです……真犯人を捕まえる……それが、彼のためであり……」

古泉「彼女のためです……」

森「………………古泉君」

新川「………………」



??『やっと見つけたわよ、古泉くん』

88 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 00:53:26.51 ID:e9a12zwRO

ゴウッ!!ガシャァァン!!

古泉「なっ!!」

森・新川「ロボット!!??」

ロボ『観念しなさい、古泉君!!』

古泉「す、涼宮さんなんですか!?」

ロボ『そうよ。警視庁特殊武装二足歩行機、略してSOSロボ!!』

古泉「何処を略したらそうなるんですか!?」

森「あのロボが、閉鎖空間の発生源」

新川「恐らく、彼女の願望が形づくられたものでしょうが……神人のそれに近いですね」

森「武装した神人ロボ?」

新川「どうやら、向こうからはこちらの様子を伺えているらしいですな」

森「なんですかそれ、私たち、相手できないじゃないですか!!」

新川「相手をしたら、正体がばれますからね」

森「最悪……」

90 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:05:12.14 ID:e9a12zwRO

ロボ『古泉君がかしてくれたアニメの通り、パトレイバーみたいなやつっているのね』

古泉「僕のバカ」

ロボ『さ、投降しなさい。さもなくば、この警視庁なんちゃらロボが、あなたを踏み潰すわ』

古泉「略したのに、忘れたんですか……」

森「………………」ザッ

新川「………………」ザザッ

古泉「………………え?」

91 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:08:12.00 ID:e9a12zwRO

森「行きなさい」

新川「ここは、私たちに任せなさい」

古泉「いいんですか?」

森「私たちだって、あなた一人が罪を背負うことを、よくは思わないわ」

新川「真実があるなら、それで君も、彼女も、彼も救われるなら」

森・新川「行きなさい!!」

古泉「………………」ジワッ

古泉「……っ!!」ブンブン

古泉「はいっ!!」

ダッ

92 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:11:17.77 ID:e9a12zwRO

ロボ『待ちなさいっ!!』

森「ピピーーーーッ!!」←笛

ロボ『へ?』

新川「はいはーい、ちょっと君良いかな?」

ロボ『な、なによ?』

森「免許証もってる?免許証?」

ロボ『め、免許証?』

新川「や、最近無免許ロボが多くてね」

ロボ『そ、そうなの?』

森「ほら、免許証、見して?」

ロボ『あ、あの、その……』

94 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:14:38.90 ID:e9a12zwRO

同時刻 -コンピ研部室-

ハルヒ「どいするのよ!?免許証なんてないわよ!!」

部長「ぼ、僕だって!!というか、こんなロボ自体しらなかったし……」

ハルヒ「捕まっちゃうの!?捕まっちゃうの!?」

部長「運転してるのは君だろ!!遠隔操作でも、操作してるのは君だ!!」

ハルヒ「ど、どうしよう!!」

――――――――――――――――――――――――――――――

新川「勝ったな」

森「世間知らずの小娘相手なんて、わけ無いわ」

102 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:30:31.83 ID:e9a12zwRO

18:00 夕刻 -鶴屋邸-

古泉「自動販売機で、買った?」

鶴屋「そっ。十本くらいいっぺんに買ったんだ。沢山買ったから何上げたか忘れちゃった」

古泉「そして、買ってすぐに……」

鶴屋「キョン君に会ったんだ」

古泉「となると……」

古泉(彼のカバンに入ってから、誰かが毒を?)

古泉「振り出しだ……」

鶴屋「よく解らないけど、聞きたいことは、それだけ?」

古泉「あ、はい……」

鶴屋「そっか!!ほいじゃね!!」


バタン

103 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:34:21.71 ID:e9a12zwRO

古泉(訳が分からない……)

ピリリリリリッ ピリリリリリッ

古泉「谷口君?」

谷口『よう。何かわかったか?』

古泉「……何も分からなくなりました」

谷口『こっちもだ。ニュースになってるかと思いきや、平和なもんだぜ』

古泉(涼宮さんの力か?)

古泉(涼宮さんの力が、真犯人の証拠を消してる?)

古泉(僕を犯人にするために……)

谷口『今から、あえるか?そうだな、学校で待ち合わせしよう』

古泉「わかりました」

105 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:37:01.94 ID:e9a12zwRO

19:00 夜 -学校前-

谷口「……よう。疲れてるな」

古泉「……まぁ」

国木田「大丈夫かい?」

古泉「国木田さんまで……」

谷口「なぁ、俺、今から最低の質問するぜ?」

古泉「…………どうぞ」

谷口「…………おまえ……」

谷口「やってないんだよな?」

古泉「…………その自信も、無くなりそうです」

106 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:40:51.16 ID:e9a12zwRO

国木田「十分だよ」

古泉「……正直、訳が分かりません」

谷口「あー、そういうときは、あれだ。整理しようぜ」

谷口「キョンは、ジュースを飲んで、死んだ」

国木田「ジュースは、鶴屋さんが買ったもの」

古泉「鶴屋さんがジュースに毒を入れる隙はなかったはず」

谷口「ジュースは、現時点の情報で、キョンしか触っていない」

古泉「……そうですね」

谷口「なぁ」

谷口「ものすごく、見逃してる可能性が、一つあった」

国木田「え?」

谷口「それは、……あいつが……


警察「動くな!!」

109 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:50:44.33 ID:e9a12zwRO

古泉「警察!!」

ハルヒ「そこまでよ古泉君」

部長「これで帰れる……」

警察「殺人事件の容疑で、所まで来てもらう」

谷口「そんな、少し!!少しまってくれ!!」

国木田「もう少しで真犯人が分かるんだ!!」

ハルヒ「真犯人は古泉君。それ以外に無いわ。私がそう言うのだから、間違いないの!!」

谷口「こいつウゼェェェエッ!!!!」

国木田「谷口、本音漏れてる!!」

古泉「……わかりました」

谷口「古泉!!」

110 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:53:15.23 ID:e9a12zwRO

古泉「……僕はここまでですね」

国木田「そんな……」

古泉「二人とも、お願いがあります」

古泉「彼の友人として、真犯人を、捕まえてください」

国木田「古泉君……」

谷口「けっ!!ふざけんな!!何他人事になってやがる!!」

谷口「おまえも友達だろ!!」

古泉「……そうですか」

古泉「ありがとうございます」

112 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:56:22.24 ID:e9a12zwRO

古泉「二人とも、お願いします」

国木田「古泉君!!」

谷口「古泉ぃぃぃぃっ!!」

キョン「古泉っ!!」

ハルヒ「古泉君……」

古泉「さようなら…………」

ハルヒ「……これで、よかったのよね」

キョン「さぁ。俺にはわからんな」

ハルヒ「……そうね。本当は、私にも分からないわ」

キョン「……あぁ」

113 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 01:58:44.50 ID:e9a12zwRO

キョン「というか、俺には何がどうして古泉が逮捕されたのかわからん」

ハルヒ「あぁ、それはね、古泉君がキョンを殺しちゃったの」

キョン「マジか?」

ハルヒ「マジよ」

キョン「……そっかー」

ハルヒ「そうよ」

キョン「とまってー!!そのパトカーとまってぇぇええ!!!!」

115 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:01:58.95 ID:e9a12zwRO

国木田「谷口、さっき、何て言おうと思ったの。」

谷口「いや、あいつ、生きてるんじゃねって……」

国木田「涼宮さん、どうしてキョンが死んでるって思ったの?」

ハルヒ「だ、だって、キョンが血の海に突っ伏して……動かなくて……」

国木田「脈は?」

ハルヒ「えっと……こ、混乱しちゃって、診てなかった、かも」

谷口「なぁ、キョンがもらったジュースって?」

国木田「健康考えて、……確か、トマトジュースを……」

三人「………………」

117 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:05:29.81 ID:e9a12zwRO

古泉「い、生きてたんですか?」

キョン「生きてたもなにも、ちょっと気管に入ってむせただけだろ」

古泉「倒れたのは?」

キョン「むせて息できなくて、目眩して」

古泉「今まで出てこなかったのは?」

キョン「目眩して突っ伏して、そのまま寝た」

古泉「………………」

キョン「なんか、大変だったのか?」

古泉「……いいえ」

古泉「あなたが生きているなら、こんなの、全然平気です」

キョン「そ、そっか」

古泉「はい!!」

118 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:08:08.47 ID:e9a12zwRO

警察「話終わったか?行くぞ」

古泉「へ?」

キョン「ち、ちょっと待ってくれ!!俺は生きてるぞ!!古泉は俺を殺してない」

谷口「そうだ!!」

ハルヒ「キョンが生きてるなら、無罪よね?」

部長「帰りたい」

国木田「早く解放してよ」

警察「は?何言ってるんだ?こいつはな……」








警察「朝比奈みくる殺害容疑がかけられてるんだよ」

120 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:13:47.43 ID:e9a12zwRO

同時刻 -長門宅-

朝倉「わーっ!!野菜炒めすごくおいしーわぁっ!!」

朝倉「さめちゃったらおいしくなくなっちゃうわよねぇ?全部たべちゃおう!!」

押入「………………」

長門「………………」ガラッ

朝倉(出てきた!!アマテラスお祭り作戦成功!!)

長門「食べる」

朝倉「はいはい。いまご飯よそいますよー」

長門「………………」ワクワク





121 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:14:40.40 ID:e9a12zwRO

なにか分からなかった場所とかありますか?
無いならよかったーって、私が喜びます。

125 名前:サボテン ◆WWLovejExI [] 投稿日:2009/11/02(月) 02:24:48.07 ID:e9a12zwRO

やったー。ありがとうございます。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「また、七夕に会おう」