長門「……クンニ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「こっ、これは工藤のチンコ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:10:06.95 ID:6c7IhI7QO

長門「……とは何?朝倉涼子」

朝倉「はいはい、今カレー出来ますからねー」
くつくつ

長門「……無視は感心しない」
グリッ

朝倉「おうふッ!?頚椎がッ!?」

長門「私のデータベースには無い」

朝倉「キョン君?キョン君に入れ知恵されたの?あのエロ甲子園め!」

長門「違う」

長門「道端で拾った小説に書いてあった」

朝倉「かぴかぴになってるフランス書房……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:15:07.78 ID:6c7IhI7QO

朝倉「……長門さんが知っても使う機会無いと思うわよ?」

長門「何故?」

朝倉「何故って……普通は女性がしないことだから」

長門「?」

朝倉「いや……そんなに首をかしげられても……」

長門「……」ピコピコ

朝倉「いや……そんなに首をペンギンみたいにピコピコさせても……」

長門「興味深い、教えてほしい」

朝倉「……」ゴクリ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:21:23.90 ID:6c7IhI7QO

朝倉(大抵いつもここで『長門さんが可愛い!』って襲い掛かっても首の骨折られるだけだしね……)

長門「?」

朝倉「うーん、じゃあストレートに言うわね」

長門「お願い」

朝倉「マンコやクリトリスや小陰唇や大陰唇を男性、及び女性に舌や歯を使ってペロペロしたりカリカリしたりして
性的興奮を高めて潮吹いたりなんか色んなものだだ漏れになったりすること」


長門「日本語でおk」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:25:40.87 ID:6c7IhI7QO

長門「今の朝倉涼子の話の中の単語90%が私のデータベースには無い」

朝倉「は?あるでしょ」

長門「無い」

朝倉「またまた」

長門「無いったら無い」

朝倉「じゃあ私達のここに付いてるコレ何て呼んでるの?」

長門「?」

朝倉「ほら、股間のパカパカ」

長門「アワビ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:30:22.53 ID:6c7IhI7QO

長門「……ということが昨日あった」

長門「朝比奈みくる」

みくる「は、はい?」ゴクゴク

長門「クンニリングス」

みくる「ぶほぁ!」ブハッ

キョン「朝比奈さんが飲んでたお茶を鼻から出した!?」

古泉「はっは、これはカメラは見た!決定的瞬間ですね」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:34:53.13 ID:6c7IhI7QO

みくる「ぶはっ!げっ!」

長門「……」
サスサス
みくる「あ、ありがとうございます、背中さすってくれて」

キョン「長門の衝撃的発言の所為なんだから謝る必要は無いと思います」

長門「……クンニリングス」シュン

キョン「やめろ、いくらモスバーガーからの新商品に出てきそうな名前でもやめろ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:42:02.33 ID:6c7IhI7QO

古泉「そういえば涼宮さんはどうしたんですか?」

キョン「掃除当番だから遅れるんじゃないか?いなくて正解だろ」

古泉「何故ですか?」

キョン「……明日起きてからいきなり世界が『クンニリングスが朝昼晩の挨拶の標準語』とかに変わってるかもしれんだろ」

古泉「……それは嫌ですね」

長門「話は終わってない、朝比奈みくる」

みくる「はい?」

長門「された事は?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:50:38.93 ID:6c7IhI7QO

みくる「はぇ?」

長門「ク!ン!ニ!リングス」

キョン「博多の塩みたいに言うのはやめなさい、朝比奈さんも俺達も迷惑してる」

長門「嘘、少なくとも貴方達二人は私の質問に対して迷惑はしていない、むしろ知りたがっている」

キョン「ははは、俺はそんなことない、古泉だろ古泉、なぁTENGAキング?」

古泉「肘で突くのはやめてください、実の妹をオカズにするような人にTENGAをバカにされたくありません」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 13:56:35.80 ID:6c7IhI7QO

長門「……」
ズイッ
みくる「あの……あの……」オズオズ

キョン「見ろ古泉、あの長門の無表情の接近戦を」

古泉「……僕だったら一秒KOですね」

長門「私という個は知りたがっている」キリッ

キョン「カッコつけてまで知りたい疑問じゃないよな」

みくる「ないです!」

長門「……チッ」

古泉「今舌打ちしませんでした?」

長門「してない」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:04:08.51 ID:6c7IhI7QO

長門「……以前、朝倉涼子の股間の匂いを嗅いだ時、嘔吐したほど臭かった」

キョン「お前は一体家で何をやっているんだ?」

長門「陰毛事件の時」

キョン「あぁ……なんかそんなことあったな、そう言えば」

長門「そのような箇所を何故好き好んで舐めるのか理解出来ない」

キョン「好きだからこそできるんだよ、長門」キリッ

古泉「これほどタイミングの悪い格好のつけかたも中々ありませんね」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:09:02.31 ID:6c7IhI7QO

キョン「……そんなに臭いのか?」

長門「臭い」

キョン「ゲロ吐くほど?」

長門「吐くほど」

キョン「……なんだよ」ガッカリ

みくる「キョン君?なんで私を見ながらガッカリするのかな?」

キョン「朝比奈さんはフローラルな匂いだと思ってたのに……」

長門「童貞乙」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:14:52.19 ID:6c7IhI7QO

キョン「ん?いや……待てよ……」

長門「?」

キョン「いい事思いついた」

古泉「?なんです?」

バターン!
ハルヒ「みんな!集まっ
キョン「あーあ、マンコ臭い女って最悪だなぁ!」

ハルヒ「んなっ!?なっ!?」プルプル

キョン「あぁ、悪いハルヒいたのか」

古泉「……バイト行ってきまーす」スタスタ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:21:48.80 ID:6c7IhI7QO

ハルヒ「いきなり何言ってんのよバカキョン!変態!」

キョン「いやすまん、今のは俺の中学時代の親友が言っていた言葉なんだ」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「いや、そいつな彼女と仲良く付き合ってたのに、ある事が原因で別れちまったんだよ……それが……」

キョン「マンコの悪臭の所為だったんだ……」

ハルヒ「……」

キョン「そんなどうでもいい下らない事で別れちゃうもんなんだな……」

ハルヒ「……」クンクン

キョン「どうしたハルヒ?急に前屈運動して」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:27:46.08 ID:6c7IhI7QO

次の日の朝

キョン妹「キョンくーん!浅田よー!キョンくーん!」
ドスドスドス!
キョン「うぶっ!朝くらい静かに起こせよ……ほら、上からどいてく……れ?」

キョン妹「?」

キョン「あれ?あれ?まさか……」クンクン

キョン妹「キョ、キョン君……くすぐったいよぉ……」

キョン「便所に置いてあるラベンダーの芳香剤の匂いがする!!!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:32:24.45 ID:6c7IhI7QO

ガチャ
キョンママ「またやらかしたのか!このキョン太郎!死ね!ダーイ!!!」

キョン「おはようございますお母様」

キョンママ「私の目がビックリマンシールのキラキラな内は兄妹間の性交は許さないって言ったはずだよ!!!」

キョン「成功した……」

キョンママ「性交だけにな!!!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:39:58.59 ID:6c7IhI7QO

ながもん家

ドゴーン!
朝倉「うぶぁ!?」

朝倉「な、なに?お腹に凄い衝撃が……」

長門「あ、ああああああ朝倉涼子」プルプル

朝倉「長門さん?」

長門「おちおちおちおち落ち着けもちつけ」プルプル

朝倉「長門さんがまたバグった!?」

長門「匂いが……」

朝倉「匂いって、やだ長門さん!下何か履きなさいよ!」

長門「嗅いでほしい」

朝倉「え?」

長門「嗅げ」
ガバッ
朝倉「うぶっ!……ん?」

朝倉「ガリガリ君ソーダ味の匂いがする!!!???」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:48:21.59 ID:6c7IhI7QO

朝倉「ちょ、ちょっと待って!まさか……」クンクン

朝倉「長門さん!マンコの匂い嗅いでみて!」

『うぶぁ!』ゲロッ
長門「嫌だ」

朝倉「もう大丈夫だから!嗅いでみて!」

長門「……」クンクン

長門「エバラ焼肉のタレ(甘口)の匂い!」

朝倉「ね!これってまさか……」

長門「涼宮ハルヒの力」

朝倉「……ねぇ長門さん?」

長門「?」

朝倉「別に今回の件このままでよくない?」

長門「陰毛が禿げあがるほど同意」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 14:54:22.31 ID:6c7IhI7QO

ドドドドドド!
ガチャ
キョン「あ、朝比奈さん!」

みくる「キョ、キョン君?どうしたんですか?」

キョン「朝比奈さんは何の匂いでした!?」

キョン「俺はうまい棒(サラミ味)の匂いでした!!」

みくる「匂い?」

キョン「知らないんですか!?」

みくる「?」キョトン
ガチャ
長門「ガリガリ君ソーダ味」

古泉「ドリアンでした……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:00:55.32 ID:6c7IhI7QO

キョン「なんかマンコやチン子の匂いが変化してるんですよ!全員!」

みくる「え?え?」

キョン「だから朝比奈さんも変わってるはずなんです!」

みくる「は、はぁ」

ガシッ
長門「実に興味深い」
みくる「長門さん?」
長門「嗅ぎたい」
キョン「以下」
古泉「同文」

みくる「きゃぁぁああああ!?」

クンクンクンクンクンクンクンクン

長門「……うぼぇ」ゲロッ
キョン「ぶぼっ!」ゲロッ
古泉「もふッ!」ゲロッ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 15:07:52.62 ID:6c7IhI7QO

古泉「……」

キョン「古泉があしたのジョーのジョーみたいに力尽きてる!うぼっ!」ゲロッ

長門「あの時嗅いだ匂いといっ……ぼっ!」ゲロッ

キョン「ど、どういう事だ……?」

長門「考えられる可能性は……涼宮ハルヒも朝比奈みくるのマンコの匂いはフローラルだと思ってたという可能性」

長門「それなら朝比奈みくるのマンコの匂いが変わらない理由に説明はつく」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:01:19.80 ID:6c7IhI7QO

みくる「……」シクシク

キョン「朝比奈さん、開脚しつづけなくてもいいんですよ?出産でもするんですか?」

長門「朝比奈みくるは心に深いダメージを負った、貴方達二人の所為で」

古泉「ダークシェルの軍人でも、こんなひどいこと言わないですよね?」ムクッ

キョン「あ、生き返った」

カチャ
ハルヒ「お、お疲れ……」

キョン「お、ハルヒ」

ハルヒ「……」モジモジクン

キョン「?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:07:48.94 ID:6c7IhI7QO

トテトテ
ハルヒ「な、なにジロジロ見てんのよ……」
ポスッ

長門「マン
キョン「長門、ちょっと待った!」
ブチュ

古泉「普通は手で口を押さえますよね?口で口を押さえたらテロですよね?」

ハルヒ「マン……?なによ有希」

古泉「ちゅっちゅスルー来ましたよ、しっかりバイトは入りましたけどね!」
ドタドタドタ!

みくる「私の出産ポーズもスルーですか……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:16:45.15 ID:6c7IhI7QO

ピポパポ

キョンママ「あ、ハルカちゃん?元気ですかこの野郎?」

キョンママ「こっち?女の子の方は可愛すぎて目に入れても痛いに決まってんだろ!!」

キョンママ「変な如意棒付いてる方はダメダメだね!ハム太郎もどきだね!」

キョンママ「あ、話脱線しちゃった、ところでマンコ何の匂い?私は練りケシの匂いだと踏んでるんだけど」

キョンママ「え?薔薇?なにそれ美味しいの?」

キョンママ「違う世界でハム太郎もどきといい感じになったからって調子に乗ってんのyou?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:27:27.92 ID:6c7IhI7QO

ハルヒ「……で?」

キョン「いや、なんでもない、ちょっと行きつけの喫茶店の話してただけだ」

長門「そう」

キョン「なんか暴漢に暴行されて辞めちゃったウェイトレスがまた帰ってきたらしいぞ、木ノ下瑠美とかいう子」

長門「興味無い」←暴行した張本人

ハルヒ「さ、無駄話はやめて団活の話するわよ!」

みくる「女性器の研究か何かですか?」

長門「吹っ切れたな」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:34:22.23 ID:6c7IhI7QO

ハルヒ「ま……いいか、今日は解散!」

キョン「は?来たばっかりじゃねーか」

ハルヒ「っるさいわねぇ!解散ったら解散!」
バタン!

キョン「荒れてんなぁ……」

長門「アレはハズレクジ引いたと見るべき、ちなみにガリガリ君ソーダ味は当たり」

キョン「そういや谷口は味噌汁だってよ」

長門「味噌汁っぽいからしょうがない事」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:44:01.71 ID:6c7IhI7QO

喫茶店

キョン「って事があってだな」

佐々木「なるほど……キョンの所為だったか」

キョン「なんか機嫌が悪いな佐々木」

佐々木「キョン、君の言動が周りに多大な影響を及ぼす事を少しは考えた方がいい」

キョン「佐々木……ハズレクジ引いたんだな?」

佐々木「……」←サンマの塩焼き風味だった

キョン「橘は?」

佐々木「ポテトチップスコンソメ」

キョン「昆布は?」

佐々木「檜の香り」

キョン「お、昆布が一番当たりだな」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 19:54:04.80 ID:6c7IhI7QO

佐々木「くつくつ、キョン、そもそも女性器が独特の匂いを発するのは仕様がない事なんだよ?」

キョン「お、今日は佐々木のオマンコ講座か?性毛講座に引き続き」

佐々木「おま……///ま、まぁそういう事だよキョン」

キョン「助かるよ」

佐々木「キョン、君は2ちゃんねるを知っているかい?」

キョン「なんだいきなり?知ってるよ」

佐々木「2ちゃんねるの書き込みに『ちょ……おま!』という書き込みがしばしばあるのは知ってると思うが」

キョン「あー、あるある」

佐々木「アレは、『ちょっとオマンコ臭いよ!』の略なんだ」

キョン「マジか!?」

佐々木「当然嘘だ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:02:31.26 ID:6c7IhI7QO

キョン「おい!」

佐々木「くつくつ、ちょっとしたイタズラだよキョン」

キョン「民明書房並の嘘だったな」

佐々木「話を戻そう、女性器は皆独特の匂いを発する、それは何故か?」

佐々木「答えはズバリ、女性器は新陳代謝した際のゴミが溜まりやすい構造になってるからだ」

キョン「あー、なんかそんな感じする」

佐々木「そ、その……男性で亀頭に皮を冠っている状態があるだろ///」

キョン「可愛いぞ佐々木」キュン

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:11:16.76 ID:6c7IhI7QO

佐々木「まぁぶっちゃけていうとそんな感じな訳だ」

キョン「どんな感じ?」

佐々木「だ……だからほうけぃ……///」

キョン「あぁ!包茎か!!」

佐々木「キョン!声が大きいよ!」

佐々木「ゴホン!つ、つまり実を言えば第二次成長期を終えた女性の方が匂いはそんなにキツくないんだ」

キョン「アレでか?」

佐々木「小学生や幼稚園児なんかはもっと臭い、理由はさっき言った通りだ」

キョン「確かに臭かったな……」

佐々木「え?」

キョン「え?」


キョン妹「くちゅん!風邪かなぁ……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:19:33.17 ID:6c7IhI7QO

店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

キョン「クンニで」
佐々木「同じく」

店員「はっ!?」

キョン「あ、いや、コーヒー、チンココーヒー、じゃなくてウインナーコーヒー」

佐々木「失礼した、エスプレッソで」

店員「ご、ご注文を繰り返させてもらいます、チンココーあ、いえ!ウインナーコーヒーお一つ、エスプレッソお一つでよろしいでしょうか?」

キョン「ぶっwwwww」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:27:48.53 ID:6c7IhI7QO

佐々木「ちなみに、クンニリングスとは起源が古代ローマからなんだよ」

キョン「古代ローマ……民明書房か……」

佐々木「そんなに根に持たないでくれキョン、これは本当の話なんだ」

佐々木「古代ローマでは、貴族の女性が奴隷の男性を使ってクンニリングスをさせていたんだよ」

キョン「旦那は怒らないのか?」

佐々木「まぁ中には純粋に性的欲求を満たすための人もいただろうが……大多数はある目的の為にクンニリングスをさせていた」

キョン「佐々木の蘊蓄はいつもドキドキするぜ!」

佐々木「理由はさっき言った事も関係している、性的欲求ではなく、掃除させていたんだよ、奴隷に」


ウィーン
店員「いらっしゃいま……」

長門「カレー特盛り一つ!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:36:43.97 ID:6c7IhI7QO

キョン「お、長門」

長門「……」

佐々木「長門さんどうぞ隣に座って」

長門「了解した」

キョン「今佐々木とクンニリングストリビア話していたとこだ」

長門「実に興味深い」

…………………
……………
……

長門「了解した、今日から朝倉涼子にクンニリングスさせることにする」

店員「お、おまたせいたしましたー、ウインナーコーヒー、エスプレッソ、カレー特盛りゆきんこスペシャルです」

長門「……!」

長門「……」クンクンクンクンクンクンクンクンクンクン

店員「お、お客様!?」

長門「何故貴様が当たりを引いている!」

店員「えぇ!?」←桃

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 20:40:02.25 ID:6c7IhI7QO

さらに用事ができた
すまんこ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/24(土) 23:55:08.56 ID:6c7IhI7QO

一方その頃

ゴシゴシゴシ
ハルヒ「なんでこの匂い落ちないのよ……」
ゴシゴシゴシ
ハルヒ「朝起きた途端にこんなことになってるなんて……」

ハルヒ「香水でごまかしたけど……」

ハルカ「ハルヒ?どうしたの家に帰ってきてすぐにお風呂に入ってるなんて」

ゴシゴシゴシ
ハルヒ「なんでもない!」

ハルカ「なんでもないことないでしょ!開けるわよ!」

ガチャ
ハルカ「……」

ハルヒ「……母さん?」

ハルカ「うぶっ!」ゲロッ
バターン!

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:00:49.08 ID:LdXnpe05O

長門「モブキャラがピーチなどと!」

店員「いえ、私には木ノ下瑠美って名前が……」

長門「シャラップ!」
バシーン!

店員「いだっ!?」

キョン「落ち着け長門、テイクイットイージー、暴行はやめなさい」

佐々木「いや、僕はいいと思うな」←サンマの塩焼き

キョン「佐々木さん?」

佐々木「キョンもサンマの塩焼きなんて嫌だろ?」

キョン「佐々木が黒い!黒いよ!落ち着け佐々木、サンマは今が食べ頃だ!」

長門「貴方が落ち着いて」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:08:19.14 ID:LdXnpe05O

こんにちは、朝倉涼子です。
今日も他校の知り合いとショッピングです。

朝倉「どう?キーボードの方は」

?「今は完全にお菓子係になっちゃってるんだけど……」

朝倉「貴女の部も大概ねぇ……SOS団といい勝負だわ……」

?「でも、でも!Mちゃんっていうキムチ好きそうな子もいるし!」

?「Rちゃんっていうドラム担当のカチューシャが何となく似合わない子もいるし!」

?「Yちゃんっていう池沼っぽい子もいるから大丈夫!!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:13:37.64 ID:LdXnpe05O

店員「……」ブクブクブク

キョン「長門、チョークスリーパーをやめなさい!店員が泡吹いてる!」

長門「グレーシー柔術にタップは存在しない」

キョン「完全に気を失ってるんだからタップどころじゃないだろ」

長門「……チッ」
ドサッ

キョン「今舌打ちした?」

長門「してない」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:20:50.78 ID:LdXnpe05O

佐々木「さぁ、話を戻そうか」

キョン「いつも冷静な佐々木さん、さすがです」

佐々木「クンニリングスは大抵の青少年は知っている単語だが、ではキョンに聞こう、君はアニリングスという言葉は知っているかい?」

キョン「アニリングス?」
長門「兄輪姦?」

佐々木「くつくつ、知らないか、行為自体は知っていても、名前を知らない人は多いからね」

キョン「気になるな」

佐々木「えーっと、つまり……」モジモジ

キョン「佐々木?」

佐々木「舌や指などで肛門を愛撫することをいうんだよ///」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:27:13.43 ID:LdXnpe05O

キョン「それは……ちょっと……」

長門「ウ○コを食べる事にどのような意味があるのか知りたい」

佐々木「そうだろう、大抵の人は排泄物の出る穴なんか好き好んで舐めはしないからね」

キョン「でも好き好んでする人はいるわけだろ?」

長門「検索開始」カシャカシャカシャ

長門「終了、スカトロマニアと推測される」

佐々木「残念ながらそうじゃないんだ、実は肛門周り及び肛門の中っていうのは結構強めの性感帯なんだよ」

キョン「だからぶっといウンコ出した後は気持ちいいのか!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:33:34.16 ID:LdXnpe05O

佐々木「女性も男性も、肛門の中約5センチの上辺りに強い性感帯があるのは知ってるね?」

キョン「しらん」

長門「マンPのGスポット」

佐々木「前立腺だよ、前立腺マッサージとかはよく聞くだろう?」

キョン「あー、なんか繁華街の立て看板に書いてあるな」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:40:04.56 ID:LdXnpe05O

朝倉「ところで○ギちゃん」

?「何?」

朝倉「……アソコ何の匂いだった?」ボソッ

?「あれ!?私達だけじゃないんだ!」

?「Rちゃんが『ははは!いつもム○の持ってきてくれる紅茶飲んでるからだろ、高級茶葉はやっぱり違うな』って言ってたけど」

朝倉「で?」

?「沢庵の匂い……」

朝倉「あ〜……納得というか何ていうか……」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:48:11.70 ID:LdXnpe05O

?「ほかにAにゃんっていう触角が二本ある子がいるんだけど、その子は鉛筆の芯の匂いだったわ」

朝倉「鉛筆の芯って匂い嗅ぐわよね、暇だと」

?「本人かなり落ち込んでたんだけど私の匂いで元気出したみたい」

朝倉「一回Aにゃんって子、殴った方がいいと思うわよ?」

?「それより、朝倉さんは?」

朝倉「その……」

朝倉「スイカの匂いだったわ」

?「寝てる間にカブト虫寄ってきそうね」

朝倉「恐ろしい事言わないで」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 00:54:19.02 ID:LdXnpe05O

次の日

長門「朝倉涼子、起きて」

朝倉「ふぇ……何?まだ5時じゃない、長門ふわん……」

長門「羽音がうるさくて眠れない」

朝倉「羽音?一体何いって……っておぉ!?」

長門「朝倉涼子の股間部分に大量のカナブンを確認」

朝倉「なんでこんな大量のカナブンが!?」ブチブチブチブチ

長門「匂いにつられて集まってきたと予想」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:00:24.26 ID:LdXnpe05O

谷口「おーす、キョン」

キョン「朝から味噌汁だな谷口、いや今日から味噌口だな」

谷口「そんな冗談はいいから……どうしたんだ?アレ」

キョン「アレって?」

ハルヒ「……」ズーン

味噌口「ずっとあんな感じだぜ?夫婦喧嘩か?」

キョン「誰が夫婦だ」

ハルヒ「……」ズズズーン

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:09:10.00 ID:LdXnpe05O

ガチャ
キョン「お、古泉先に来てたのか」

古泉「ええ……ってなんでそんなに距離を取るんですか?」

キョン「ズバリ言おう、臭いからだ」

古泉「あなたという人は……クラスに必ず一人はいるワキガの女性にもそんなストレートに言ってるわけじゃないでしょうね?」

キョン「バカな!お前だけだ!」

古泉「ですよねー」

みくる「キョン君、今お茶いれますね」

キョン「ほら、朝比奈さんだってマスクして無言の抗議活動してるぞ」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:16:47.58 ID:LdXnpe05O

ガチャ
長門「……」

キョン「お、長門、朝倉は今日どうしたんだ?休んでたみたいだが」

長門「大事な部分に切り傷を負った為休んでいる」

………………
…………

朝倉「やッ!一匹中に入った!長門さん取って!取ってぇ!」シタバタ

長門「了解した」

朝倉「ちょ、ちょっと待って!中で貼りついてるから慎重に!デリケートな部分だからし
長門「てい」
ズリュ
朝倉「ふぎゃぁあああああ!?」

……
………

キョン「朝倉でも怪我するんだなー」

古泉「それはそうと、長門さん」

長門「臭い」

古泉「……」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:27:13.63 ID:LdXnpe05O

古泉「何か手を打たなければいけないんじゃないでしょうか」

長門「手を打つとは?」

古泉「これもいわば世界改編ですよ?」

長門「情報統合思念体からも、現状維持と告げられている」←告げられていない

古泉「僕が困るでしょ!僕が!」

キョン「出たな、本音が」

古泉「森さんから毒ガス王子と呼ばれた気持ちがあなたに分かりますか!?」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:35:03.31 ID:LdXnpe05O

キョン「まぁ落ち着け古泉、ドリアンだって一皮剥けば美味しい、お前もチンコの皮剥けよ」

古泉「うまいこと言ったって顔しないでください」

ガチャ
ハルヒ「……」

キョン「ハルヒどうした?元気が無いぞ?」

ハルヒ「……はぁ」フィー

キョン「熱でもあるのか?」
ペタ
ハルヒ「!?///」カァァ

キョン「凄い熱だ!やっぱりお前風邪だろ!ちょっと臭いし!」

古泉「アホだ……この人アホだ……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:41:16.41 ID:LdXnpe05O

ハルヒ「帰る……」

キョン「あぁそうしろ!風邪は早めのパブロンAだ!」

ハルヒ「バカキョン!」
バタン!

キョン「大丈夫か?あいつ」

古泉「僕はあなたの頭の中の方が心配です」

みくる「でも……おかしいと思いませんか?」

キョン「何がです?」

みくる「見た感じ、涼宮さんはお股の匂いを気にしてる様子なのに……」

長門「一向にチンコマンコの匂いが元に戻る気配が無い」キリッ

みくる「そうです」キリッ

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 01:43:14.93 ID:LdXnpe05O

今日は疲れたんで寝るばってん

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 10:07:06.01 ID:LdXnpe05O

古泉「やはりこれは早く解決策を見つけなければいけませんね」キリッ

長門「臭い!」キリッ

キョン「古泉、バイト無いのか?さっきのハルヒの感じならバイトありそうな気がしたんだが」

古泉「ありそうな気がしたんなら、少しは気を使ってくださいよ!バイト依頼来てますよ、でも森さんから匂い馬鹿にされるからいきたくないんです!」

キョン「すまん……森さん」

長門「バイトの無断欠勤は死ぬべき」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 10:16:39.48 ID:LdXnpe05O

ガラッ
鶴屋「やあ!元気にしてるかいっ!」スパッ

ダッ
長門「しゃ!」
ドダン
鶴屋「ゆきんこっ!?」

キョン「出たぁ!長門有希の神速のタックルだぁ!!
鶴屋さんの匂いはどんな匂いなのか!?いやがおうにも私達の好奇心をあおる!
もう時間まで待てない!!
お願いだ早くパンツを脱がせろっ!!」

古泉「何故K-1の司会風なんですかね?」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 10:32:40.54 ID:LdXnpe05O



長門「……」ピクピク

鶴屋「もうっ!帰るよ!」プンプン
バタン!

キョン「な、長門が負けた……?」

古泉「彼女何者なんですか?人間ですか?」

みくる「長門さーん!起きてくださーい!」
ペチペチ

長門「……ゴブッ!」ビシャ

キョン「うわっ!長門が吐血した!?」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 10:40:54.62 ID:LdXnpe05O

長門「油断した」ベホマ〜

長門「彼女の下半身に集中しすぎてたのが敗因」

キョン「凄い膝蹴りだったもんな」

古泉「この前ヘリを撃墜されかけたんですから鶴屋さんにちょっかいかけるのやめません?」

キョン「というか、朝比奈さんに頼めばいい話だな、女同士股間の嗅ぎあいなんて日常茶飯事なんだから」

長門「確かに日常茶飯事」

みくる「ない、それは無い」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/25(日) 10:52:42.82 ID:LdXnpe05O

そして世界は元には戻らなかった

第一部完!

ちなみにハルヒは正露丸の匂いだったからあまり日常生活に影響なかった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門。お前の情報操作ってどこまでできるんだ?」