佐々木「キョン、もうすぐファイターズのCS第二戦が始まるのだが」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:右代宮戦人「SEXなんて存在しない!そんなの都市伝説だ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:05:50.09 ID:BKdp3qmP0

「やぁ、キョン。お邪魔するよ」

「おう、佐々木か。遅かったな、もうすぐ始まるぞ」

「いつもすまないね、キョンが贔屓にしているチームだって試合があるというのに」

「別にかわまわねえよ。佐々木にはいつも勉強みてもらってるんだからな。そのお礼だ」

「くっくっ、そういうことならば遠慮は要らないね。キョンの優しさに甘えるとしよう」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 18:07:16.63 ID:BKdp3qmP0

※このスッドレは『涼宮ハルヒの分裂』に登場した僕っ娘『佐々木さん』を愛する1が楽しむスレです。
※原作『涼宮ハルヒの分裂』までのネタバレがあるかもしれません。アニメだけしか観ていない人はご注意ください。
※ハルヒキャラでのネタ投下大歓迎です。巨×竜戦も歓迎です。
※話の流れは実際の試合展開に順じます。
 ⇒ CATV「GAORA」で視聴できます

【主な登場人物】
 ・佐々木さん:北海道日本ハムファイターズファン
 ・キョン:読売ジャイアンツファン

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:08:03.74 ID:BKdp3qmP0

「それにしても、昨日の試合はとてもエキサイティングだったね」

「そうだったか? 俺は一晩寝たら忘れちまったよ」

「あれほど劇的な幕切れを目の当たりにしたのは、生まれて初めてのことだったよ。おかげでなかなか寝付けなかったくらいだ」

「奇遇だな。俺も昨日は寝つきが悪かったよ……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:10:21.26 ID:BKdp3qmP0

「今日の先発は、岩隈と糸数か」

「そのようだね。岩隈は球界屈指のエースピッチャーだ」

「1stステージ第一戦でも、完投勝利してたくらいだからなぁ」

「厳しい戦いになることは間違いないよ。でも僕のファイターズは勝ってくれるはずさ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:14:16.59 ID:BKdp3qmP0

「糸数ってやつはあんまり知らないんだが、どんな奴なんだ?」

「そうだね、悪い投手ではないんだ。ただ勝ち運がないかもしれないね」

「調子がいいときは点を取れない。大量点を取った試合は崩れてしまうというようにね」

「それじゃあ、今日は楽天の勝ちか」

「キョン……、昨日負けたからといって親友に当たるのは良くないと思うよ……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:17:14.82 ID:BKdp3qmP0

一回表 公0−0鷲 一死 P:糸数
高須 からさん

「さて、始まったな」

「楽天打線は調子がいいからね。なんとしても先頭は――」

「お、三振か」

「ふむ、まずまずといったところだね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:20:07.72 ID:BKdp3qmP0

一回表 公0−0鷲 一死一塁 P:糸数
渡辺直 左安
鉄平 右安

「うう、鉄平の前に走者を出すのはよくないね……」

「昨日ホームラン打たれてるしな」

「ああっ!」

「今のは綺麗に打たれたな」

「さっそくピンチだよ、あまりよくない流れだね……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:23:14.39 ID:BKdp3qmP0

一回表 公0−0鷲 二死一塁二塁 P:糸数
山崎 二飛

「ふぅ……」

「そこまで緊張することないだろ、まだ始まったばっかりだぞ」

「山崎を舐めてもらってはこまるよ。彼はここぞというときに打つ厭な打者なんだぞ」

「いや、俺はお前を心配してだな……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:25:00.09 ID:BKdp3qmP0

一回表 公0−0鷲 チェンジ 一塁二塁残塁 P:糸数
セギノール 左飛

「うん、まずまずといったところだね」

「さて、俺の方は……」

「キョン……、まだ始まったばかりだよ……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:28:14.64 ID:BKdp3qmP0

一回裏 公0−0鷲 一死 P:岩隈
田中 からさん

「岩隈はさすがに安定してるな」

「大丈夫だよ。まだこれからさ……」

「そんなに追い詰められた表情で言われても説得力がないぞ……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:30:18.05 ID:BKdp3qmP0

一回裏 公0−0鷲 一死一塁 P:岩隈
森本 中安

「よし! よく打ったぞ、ひちょり!」

「これで稲葉の前に走者が出たな」

「うん! 稲葉さんならなんとかしてくれるよ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:32:44.47 ID:BKdp3qmP0

一回裏 公0−0鷲 一死一塁 P:岩隈
稲葉

「♪いーまーみーせろー おまえのそーこーぢからをー」

「…………」

「♪つーきーすーすめー しょうりをつーかーみーとれー」

「……俺は歌わないからな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:35:04.56 ID:BKdp3qmP0

一回裏 公0−0鷲 二死三塁 P:岩隈
稲葉 からさん(森本エンドラン → 捕手悪送球で三進)

「ううむ……」

「いいじゃねえか、進塁打が出たと思えば」

「だがキョン、稲葉さんが……」

「お前、本当は勝ち負けとかどうでもいいんじゃないのか……?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:38:29.72 ID:BKdp3qmP0

一回裏 公0−0鷲 チェンジ三塁残塁 P:岩隈
高橋 二ゴ

「先制点が欲しかったところだが、それは求めすぎというものだね」

「まぁこんなもんだろ。んで巨人は……」

「おお、一点返しているじゃないか」

「連敗は避けたいところだからな。なんとしても勝ってくれ!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:41:09.84 ID:BKdp3qmP0

二回表 公0−0鷲 二死 P:糸数
草野 投ゴ
リンデン 左飛
中村

「そういや昨日はどうしたんだ? 一応お前のこと待ってたんだぞ」

「昨日は予備校があってね。帰りが遅くなってしまったんだ」

「そうか、やっぱりお前の学校は大変なんだな」

「大変ではあるが、悪いことばかりでもない。おかげで昨日は劇的な瞬間を目撃できたのだからね」

「まさかとは思うが、サヨナラの場面で帰ってきたのか……?」

「キョン! キミの慧眼は、時々超人的な域に達するのだね。まさにその通りだ!」

「僕が帰宅してテレビをつけてみれば、九回裏一死満塁で三点のビハインド。ホームランが出ればサヨナラの場面だった」

「そして僕は祈ったんだ。ホームランを打ってくれ、とね。するとどうだい! まさにその通りの展開となったわけさ!」

「…………」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:44:18.94 ID:BKdp3qmP0

二回表 公0−0鷲 チェンジ一塁 P:糸数
中村 左安
藤井 右飛

「佐々木、お前のお祈りを禁止する」

「えっ? どしてだい?」

 お前がやるとシャレにならないんだよ……。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:49:32.10 ID:BKdp3qmP0

二回裏 公0−0鷲 一死 P:岩隈
スレッジ 二直
小谷野 二ゴ

「なんかサクサク抑えられてるな」

「そうだね、上位は良く打っているのだけど、下位は打てていないのだよ」

「昨日も下位で打ったのは鶴岡だけだったからね」

「金子も打ってなかったのか。意外だな」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:52:21.74 ID:BKdp3qmP0

二回裏 公0−0鷲 チェンジ一塁 P:岩隈
糸井 中安
鶴岡 遊ゴ

「さすが岩隈って感じだな」

「不振の糸井にヒットがでただけでもよしとしなければね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:56:47.78 ID:BKdp3qmP0

三回表 公0−0鷲 二死 P:糸数
高須 からさん
渡辺直 二ゴ

「糸数は調子よさそうだな」

「そのようだね。でも安心できないのがファン心理なのさ……」

 その気持ちはわからないでもないが、俺の袖口を握り締めるのはやめろ。 服が伸びる。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 18:59:06.87 ID:BKdp3qmP0

三回表 公0−0鷲 二死二塁 P:糸数
鉄平 右二安
山崎

「キャ――!」

「安心しろ、ファールだ」

「はは、そのようだね。僕としたことが取り乱してしまったよ……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:01:32.39 ID:BKdp3qmP0

三回表 公0−0鷲 チェンジ二塁 P:糸数
山崎 遊ゴ

「佐々木」

「なんだい? キョン」

「糸数が抑えたぞ、だから目を開けても大丈夫だぞ」

「嘘だったら怒るからね……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:06:02.23 ID:BKdp3qmP0

三回表 公0−0鷲 チェンジ P:岩隈
金子 三ゴ
田中 からさん
森本 からさん

「岩隈の調子もよさそうだな」

「そのようだね。このまま完投されてしまうと困るよ……」

「昨日も点を取れたのは終盤だったみたいだしな」

「こちらがつけいる隙は、楽天の中継ぎ陣だからね。岩隈をなんとか降ろして欲しいところだよ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:10:02.10 ID:BKdp3qmP0

四回表 公0−1鷲 無死 P:糸数
セギノール 中本

「セのCSは1-2のままか……」

「相手は最優秀防御率のチェンだから……キャ―――!」

「おちつけ佐々木、まだ1点だ……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:12:01.03 ID:BKdp3qmP0

四回表 公0−1鷲 二死 P:糸数
草野 二ゴ
リンデン 三邪飛

「ホームラン打たれたけど、糸数は持ち直したみたいだな」

「…………」

「だからお前も持ち直せよ、佐々木……」

「…………」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:17:27.54 ID:BKdp3qmP0

四回表 公0−1鷲 チェンジ一塁 P:糸数
中村 よんたま
藤井 三飛

「ほら、見てみろ佐々木。糸数がちゃんと抑えたぞ」

「……うん」

「それに次は稲葉から始まるぞ!」

「そうだね、キョン。稲葉さんならすぐに逆転してくれるさ!」

 佐々木は単純なやつなんだな……。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:20:15.38 ID:BKdp3qmP0

四回裏 公0−1鷲 無死二塁 P:岩隈
稲葉 左二

「やった! さすが稲葉さんだね!」

「ラッキーもあったけど、これはいい流れだな」

「僕が祈ったかいがあったというものだよ!」

 だからやめろ。お前がやるとシャレにならないんだよ……。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:23:13.26 ID:BKdp3qmP0

四回裏 公0−1鷲 一死三塁 P:岩隈
高橋 一ゴ進塁打

「うん、信二はいい仕事をしたね!」

「四番に送りバントさせるとか、けっこうすごいことさせるな」

「これも我がチームの持ち味なのさ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:24:38.44 ID:BKdp3qmP0

四回裏 公0−1鷲 二死三塁 P:岩隈
スレッジ 一直

「そんなぁ……」

「今のは運が悪かったな」

「うん……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:26:25.29 ID:BKdp3qmP0

四回裏 公1−1鷲 二死三塁 P:岩隈
小谷野 右二

「やったー! ねぇキョン見た? 小谷野が打ってくれたよ!」

 ああ、見たさ。冷静なお前がはしゃぎまわる珍しい姿をな……。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:28:43.67 ID:BKdp3qmP0

四回裏 公1−1鷲 チェンジ二塁 P:岩隈
糸井 捕邪飛

「糸井にはもう少しがんばって欲しいが、追いついただけでも収穫だよ」

「岩隈相手によく打ったな」

「ふふ、それにねキョン。巨人も追いついたようだよ」

「マジか! よく打ったな」

「一緒に日本シリーズで戦えるといいね」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:33:22.04 ID:BKdp3qmP0

五回表 公1−1鷲 二死 P:糸数
高須 右飛
渡辺直 右飛

「稲葉は危なっかしい補り方するな」

「ファンを喜ばせる演出と言ってもらいたいね、キョン」

「そう言いながら顔まっさおだったぞ、お前……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:37:51.80 ID:BKdp3qmP0

五回表 公1−1鷲 二死一塁 P:糸数
鉄平 よんたま
山崎

「急にストライクが入らなくなったな」

「糸数にはこういうことがまれによくあるんだ……」

「佐々木、日本語がおかしくなってるぞ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:40:12.46 ID:BKdp3qmP0

五回表 公1−1鷲 チェンジ一塁 P:糸数
山崎 右飛

「結局全部ライトフライだったのか」

「うん、いいことだ。稲葉さんが活躍している場面を拝謁できるのだからね」

「結局それか」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:42:28.19 ID:BKdp3qmP0

五回裏 公1−1鷲 無死一塁 P:岩隈
鶴岡 右安

「こいつ、相変わらず面白い顔してるな」

「鶴岡捕手のことかい? まぁ否定はしないが……」

「きっとアホの坂田って呼ばれてるんだろうな」

「ノーコメントを貫くよ……、ファンとして」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:48:00.38 ID:BKdp3qmP0

五回裏 公1−1鷲 二死二塁 P:岩隈
金子 犠打
田中 からさん

「うーん、賢介は岩隈に合ってないね……」

「三三振か、こりゃちょっとひどいな」

「昨日はよく打ってくれていたのだけど、やはり相性というものがあるのだろうね……」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:50:12.16 ID:BKdp3qmP0

五回裏 公1−1鷲 二死二塁 P:岩隈
森本

「よし、このままフォアボールになれば……」

「タイムリーじゃないのかよ!」

「キョン! ひちょりがフォアボールなら、稲葉ジャンプができるんだぞ!」

「結局それかよ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:54:32.89 ID:BKdp3qmP0

五回裏 公1−1鷲 チェンジ二塁残塁 P:岩隈
森本 投ゴ

「ああ……、ひちょりのバカ……」

「そこまで稲葉ジャンプがしたかったのかよ!」

「まぁいいさ、いずれやる機会にめぐり合うはずだ。それよりキョン」

「なんだよ、そんなに嬉しそうな顔して……」

「巨人が逆転したようだよ、おめでとう!」

「おお! チェン相手にがんばってるな!」

「尚も無死一二塁のチャンスだそうだ、がんばってくれたまえ。僕のためにもね」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 19:58:41.72 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 無死一塁 P:糸数
セギノール よんたま

「キョン! 大道がタイムリーツーベースを打って5−2になったそうだ!」

「すげえじゃねえか! チェン相手に勝てるかもしれんぞ!」

「そうだね、僕も日本シリーズが楽しみになってきたよ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:02:48.19 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 一死一三塁 P:糸数
草野 右飛
リンデン 中安

「しかし、キョン。つき合わせてしまって悪いね。巨人の試合だって気になるところだろう」

「気にするなよ。お前には恩があるからな。それに――」

「それに、なんだい?」

「ペナント圧勝したからな、CSも余裕だと思ってたんだ……」

「キョン、キミは意外と迂闊なのだね……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:04:24.74 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 一死一三塁 P:糸数
中村

「とか言ってる間に、すげえピンチだぞ……」

「ええっ!?」

「佐々木、お前も意外と迂闊なやつだな……」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:07:41.58 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 チェンジ一三塁残塁 P:糸数
中村 三併殺

「お、併殺か。ラッキーだったな」

「よかったぁ……。これ以上点を取られたら、本当に厳しくなってたもん……」

「…………」

「あれ? キョンってばどうしたの?」

「いや、お前も女の子らしい口調になれるんだなと思ってな」

「キョン、今の発言は忘れて欲しい……」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:09:45.31 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 一死二塁 P:岩隈
稲葉 左安
高橋 犠打

「やったぁ! さすがは僕の稲葉さんだね! 岩隈だってものともしないよ!」

「…………」

「キョン、親友からのお願いだ忘れてくれ……」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:17:39.74 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 二死二塁 P:岩隈
スレッジ からさん

「さすが岩隈って感じだな」

「そうだね、けれどスレッジだって球数を投げさせた。終盤に効いてくるはずだよ」

「そういや岩隈って完投しないイメージだよな」

「だから、こそ球数を投げさせて中継ぎで勝負をしたいんだ」

「すまん、佐々木」

「どうしたんだい? キョン」

「お前のことをただのミーハーだと思ってた俺を許してくれ!」

「…………」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:22:15.39 ID:BKdp3qmP0

六回表 公1−1鷲 チェンジ一二塁残塁 P:岩隈
小谷野 よんたま
糸井 左邪飛

「糸井はあまり良くないね……」

「夏頃はすげえ打ってた気がするんだけどな」

「故障明けから、左方向へ打ち上げてしまうことが目立つんだ。すこし心配だよ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:24:32.84 ID:BKdp3qmP0

七回表 公1−1鷲 一死二塁 P:糸数
藤井 右安
高須 犠打

「なんかあっさり得点圏に進められちまったな」

「あまりよくない流れだね……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:26:56.80 ID:BKdp3qmP0

七回表 公1−1鷲 二死一二塁 P:糸数
渡辺直 遊ゴ
鉄平 敬遠

「お、敬遠か」

「うーん、仕方ない選択だね」

「鉄平にはホームラン打たれてるしな」

「でも山崎にはフェンス直撃のタイムリーを打たれている。やはりどちらも怖い存在だよ」

「楽天って怖いチームだったんだな……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:33:29.14 ID:BKdp3qmP0

七回表 公1−1鷲 チェンジ一二塁残塁 P:糸数
山崎 左飛

「うん、糸数はよく抑えたね」

「こっちはシビアな投手戦って感じだな」

「そっちの試合はどうなんだい?」

「また追加点取って6−2だ。今日は勝てそうだな」

「キョン、油断するのはいけないよ。昨日の試合だってあるんだ」

「いや、昨日の試合はワンサイドだっただろ」

「そうじゃないよ、日本ハムの試合さ。九回に大逆転するかもしれないという危険性を説いたまでさ」

「佐々木、お前ってたまにいやな奴になるな……」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:36:34.16 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公1−1鷲 一死二塁 P:岩隈
鶴岡 右飛
金子 左二

「よし! 誠よくやった!」

「次は田中か」

「そうだね、でも彼ならやってくれるはずさ」

「四三振にならなきゃいいがな」

「キョン、意趣返しのつもりかい……?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:39:33.20 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公1−1鷲 一死一三塁 P:岩隈
田中 中安

「うん! 賢介よく打った!」

「おお、本当によく打ったな」

「いい流れだね! これで逆転も見えてきたよ!」

「巨人と一緒の流れになるかもな」

「うん! キョンと一緒だね」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:42:21.36 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公1−1鷲 一死一三塁 P:岩隈
森本 捕ゴ

「スクイズ警戒か」

「ここでの失点は試合を決めかねないからね」

「って、ええっ……」

「止めたバットか」

「緊張感が薄れるね……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:44:29.88 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公1−1鷲 二死満塁 P:岩隈
稲葉 敬遠

「♪ラー ラララーラーラーラーラー」

「嬉しそうだな」

「♪いーまーみーせろー おまえのそーこーぢからをー」

「ドームだけじゃなくて家まで揺れてたな」

「きょ、キョン!? それはほ、ほんとうなのかい?」

 すまん、冗談だ。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:48:02.17 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公3−1鷲 二死一二塁 P:岩隈
高橋 左二点タイムリー!

「キャーキャー! キョンやったよ! 信二が打ったよ!」

「ああ、そうだな」

「稲葉さんが敬遠された時は悔しかったけど、信二が溜飲を下げてくれたよ!」

「うむ」

「これで今日の試合ももらったね! キョンと一緒に祝勝会ができるよ!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:50:13.41 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公3−1鷲 二死満塁 P:岩隈
スレッジ 死球

「スレッジになんて球投げやがる! 乱闘だ! 乱闘パーティーだ!」

「佐々木、嬉しいのはわかるが、俺の台詞を取らないでくれ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:52:45.85 ID:BKdp3qmP0

七回裏 公3−1鷲 チェンジ三者 P:岩隈
小谷野 中飛

「ああ……」

「四番のヒットで逆転したんだ。2点もあれば充分だろ」

「うん、そうだね! キョンはよくわかっているよ!」

 お前のノリは未だにわからないけどな。

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 20:57:30.81 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 無死一二塁 P:糸数 → 宮西
セギノール 右安
草野 左安

「あれ?」

「ピンチだな」

「ピンチだね……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:03:14.64 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 無死満塁 P:宮西 → 金森
リンデン よんたま

「……キョン」

「どうした?」

「僕はこれから目と耳をふさぐことにした。いい結果だけ伝えて欲しい」

「なに言ってんだ。せっかく中継見てるんだからそんなことするなよ」

「やだ……、負けるところなんか見たくないもん……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:06:09.15 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 無死満塁 P:金森
中村 → 中島 → 憲史

「代打の代打か。さすがノムさんだな」

「…………」

「なぁ佐々木」

「やだ!」

「いや、俺はまだなにも……」

「やだ!」

 すごい壁を感じるぞ……。

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:07:40.78 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 一死満塁 P:金森
憲史 一ゴ(本塁フォースアウト) → 代走 聖沢

「佐々木、金森が抑えたぞ」

「やだ!」

 完全にシャットアウトしてるんだな……。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:09:23.94 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 二死満塁 P:金森
藤井 三ゴ(本塁フォースアウト)

「佐々木、また抑えたぞ」

「やだ!」

「いや、金森が抑えてるんだって」

「もう、キョンいじわるしないでよ。ボク何も聞きたくないんだってば」

 なんだよこいつ、ちょっと面白いじゃないか……。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:14:24.81 ID:BKdp3qmP0

八回表 公3−1鷲 チェンジ満塁 P:金森
高須 からさん

「おー、金森ってやつすげえな」

「……キョン」

「どうした? なんか涙目になってるぞ……?」

「試合ってどうなった?」

「ああ、金森が無失点に抑えたぞ」

「ほんと……?」

「ほんとだって、画面見てみろよ。っておい、なんで抱きつくんだ!」

「だって僕怖かったから……、迷惑じゃなければ少しだけこのままで居させて……」

 迷惑じゃない。迷惑じゃないが、妹の視線が痛い……。

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:18:59.76 ID:BKdp3qmP0

八回裏 公3−1鷲 チェンジ P:岩隈
糸井 左飛
鶴岡 遊ゴ
金子 二直

「さすが岩隈だな」

「うん……」

「九回はやっぱり久か?」

「うん……」

「なんだかえらくしおらしいな……」

「うん……」

 くそ、おとなしい佐々木もちょっとかわいいじゃねえか。

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:24:00.50 ID:BKdp3qmP0

九回表 公3−1鷲 一死 P:金森 → 武田久
渡辺直 二ゴ

「しかし、久か。こりゃ決まったんじゃねえか?」

「そうでもないんだ。優勝が決まった試合でも、久は抑えられなかったし」

「そんなこともあったのか。でも大丈夫だ、安心しろよ」

「……どうして?」

「俺が大丈夫って言ったら大丈夫なんだよ。だから安心して観戦してろ」

「うん、わかった……。キョンのおかげで安心したよ……」

 小声で「ありがとう」と聞こえた気がしないでもないが、気のせいだろう。

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:25:30.89 ID:BKdp3qmP0

九回表 公3−1鷲 一死一塁 P:武田久
鉄平 死球
山崎

「だ、大丈夫だ。気にするな」

「…………」

 頼む! 久! 抑えてくれ!!

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:27:37.61 ID:BKdp3qmP0

九回表 公3−1鷲 一死一二塁 P:武田久
山崎 左安

「佐々木、大丈夫だからな。大丈夫」

「………………」

 おい、久! なにやってんだ! 頼むから抑えてくれよ!

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:30:56.45 ID:BKdp3qmP0

九回表 公3−1鷲 二死一二塁 P:武田久
セギノール からさん

「よっしゃー! よくやったぞ久!」

「……ふふ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:41:47.72 ID:BKdp3qmP0

九回表 公3−1鷲 試合終了 P:武田久
草野 からさん!

「ナイスだ! 久、よくやった!」

 あれほど泣きそうだった佐々木も、今は嬉しそうに微笑んでいる。

「俺の言ったとおりになったろ? だから怖がる必要なんてないんだよ」

「うん、キョンのおかげだね。ありがとう」

「これで王手か、先に日本シリーズ決められちまいそうだな」

「ふふ、もしそうなったら一緒に応援してあげるよ」

「そりゃ心強いな。楽しみにしてるぜ」

「うん、僕も楽しみだよ。……ずっと、ずっとキョンと一緒に居られればいいな」

「そんなの当たり前だろ。ずっと一緒だ」

 佐々木と一緒に日本シリーズの応援ができたら、さぞ楽しいことだろう。

「ありがとう、キョン。僕うれしいよ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 21:47:34.86 ID:BKdp3qmP0

というわけで、佐々木ちゃんとキョンのイチャラブ野球観戦は終わりです。
クソスレにお付き合いいただきありがとうございました。

またテレビ中継のあるときにでもスレを立てるかもしれません。
見かけたらよろしくおねがいします。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、何をそんなに驚くことがあるんだい?」