ハルヒ「ご、ごめんなさい…許して…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ…

ツイート

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 22:31:35.83 ID:UYVIZA2T0

ハルヒ「ご、ごめんなさい…許して…」

キョン「お前な、自分が何したか解ってんのか…?」

ハルヒ「だって、だってぇ…」メソメソ

キョン「立派な傷害だぞ!?レイプだよレ!イ!プ!強姦だ!」

ハルヒ「うっ…うっ…ごめんなさい…」

キョン「ああっ…くそ、叫ぶと肛門に響くぜ…」

ハルヒ「でも、だって、キョンだって悪いわよ!紛らわしい言い方で…」

キョン「最近…古泉が格好よく見えちまうんだ…」

ハルヒ「うわぁあああああん!ごめんなさいごめんなさい!」ピャー

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 17:12:35.36 ID:EnkVC2QdO

>>93
キョン「泣きながら逃げようとするな」

ハルヒ「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい」ビクビク

キョン「これじゃあ今日の予約もキャンセルしないとじゃないか、大損害だどうしてくれるんだ?」

ハルヒ「え…その…これ…」スッ


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 17:20:00.53 ID:EnkVC2QdO

キョン「その金は当然頂く、お前が俺をレイプした時のプレー代だからな…それとは別に今日の収入が無くなったんだ」

ハルヒ「ご…ごめんなさい」

キョン「さて…どうしたものか…あ」ピーパラッパパラッパ♪

ハルヒ「!!」ビクッ

キョン「電話か…ちょうどいいキャンセルするか…ん(いや…待てよ)」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 17:29:21.83 ID:EnkVC2QdO

森「あのう…キョン君?私です、あの、今日もあの…」

キョン「あぁ…すみません…実は…今日は新人を連れて来てまして…ちょっと遅れます、教育に手間取ってて」ニヤ

ハルヒ「ひっ」

森「新人…ですか?あの…貴方以外の方とは…」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 17:38:03.30 ID:EnkVC2QdO

キョン「じゃあ今日は行かなくていいんですね?」

森「い…嫌…いじわる言わないで下さい」

キョン「じゃあ大人しく待っていて下さい」ピッ

ハルヒ「き…キョン?」

キョン「こいハルヒ、俺の分まできっちり働いてもらう」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 17:48:45.55 ID:EnkVC2QdO

キョン「さぁ準備完了ですね」

森「フーフー」

キョン「ボールギャグからよだれが垂れまくっていますよ?そんなに良かったんですか俺の愛撫?」

森「フーフー」コクコク

キョン「年下の男に愛撫だけで二回も潮吹かされて恥ずかしく無いんですか?」
森「フーフーフー!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 18:18:17.23 ID:EnkVC2QdO

キョン「おっと、暴れないで下さい目隠しが外れたら…当分お預けにしますからね」

森「フー」シュン

キョン「さて…これぐらいで良いかな、森さん今から新人が貴方を抱きます」

森「フーフーフー」フルフル

キョン「ほんの少し前迄童貞だった奴ですからぎこちないかも知れませんが、激しく腰を振れるので楽しんで下さい」ニヤ


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 18:35:14.35 ID:EnkVC2QdO

キョン「さぁ、お前の出番だぞ…俺の代わりに森さんを楽しませろよ」

ハルヒ「フーフー!」フルフル

キョン「…いいから、ほら手はここ、股を開かせて…」

キョン「ほ〜ら、ゆっくり入れて、よし、じゃあ右手は腰に…左手は内股をこう…」

ハルヒ「フーフー」ヌプ

森「フーフー…フッ!」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 19:16:41.31 ID:EnkVC2QdO

キョン「よーし、教えた通りに最初はゆっくりかきまわすようにな」

ハルヒ「フー…フー…」ヌチュクチュ

森「フー…ンッ…ンン…フー」

キョン「おぉ…良いよ〜良いよ〜、じゃあ次は反応が大きくなった箇所で速く出し入れしろ、少しずつ速くな」

ハルヒ「フーフーフーフー」パンパングチュクチュパンパンパン

森「ンー!ンッンッンッ…フーフーンー!!」


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 19:28:57.49 ID:EnkVC2QdO

キョン「森さん!乳首がこんなに固くなってますよ!童貞君は美味しいですか?(尻しかしてないしな)」ギュッ

森「フー!!ンッンッンー!」

キョン「お前も擦れて気持ち良いのか?乳首たってるぞ」ギュゥ

ハルヒ「フー!!」パンパンパン

キョン「ほれほれ、うつべしうつべし!後少し」ジーボロン


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:00:17.75 ID:EnkVC2QdO

ハルヒ「フーフーフーフーフーフー!」パンパン゚パンパンパン゚パン

森「ンッンッンッンッンッンンッンーーーーっ!!!」

ハルヒ「フーフーフーフーフーフー!」パンパンスパパンパンパンスパパン

キョン「あー、もういいもういい…逝ってるのに酷い奴だな」シコシコ


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:08:34.58 ID:EnkVC2QdO

森「フーーーー、フーーーーー」

キョン「森さん、気持ち良かったですかー?」スッ


森「はあはあはあはあ」グタッ

森「はあはあはあ…ぐっ、キョン…君…はあはあ」

森「私を…はあ…犯してたのは…誰なんですか?」

森「はぁ…女の子なんでしょう? 胸が当たってたし柔らかくて小さくて…誰何で…あン!?」モゴ


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:17:05.43 ID:EnkVC2QdO

キョン「誰か何て気にしなくていいんですよ」チュポグチュ

森「ング、ひょんく…」グチュグポッグポ


キョン「ほらほら頭動かしてー腰振ると痛いんですよ尻が」グポグポグポグチュ

森「ンオ、ン、ング…」グチュグポグポグチュ


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:47:43.32 ID:EnkVC2QdO

キョン「いいですか!森さん!誰かなんて気にしなくていいんですよ!」グポグポグポグポグポ

森「ング、ング、ング」グチュグチュ

キョン「気持ち良ければ関係なぁっ!!」ドクドク

森「ーーーー!!」



キョン「で、さっきのは気持ち良かったですか?」ヌチャ

森「ふぁい…気持ひ良かったでふ、またお願いひまゃふ」タラー

キョン「まいど」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:59:59.05 ID:EnkVC2QdO

キョン「ひーふーみー♪」

ハルヒ「………」

キョン「いや〜得るものは大きかった…」

ハルヒ「あたしは何か大切なものを失った気がするわ…」

キョン「ほれ」スッ

ハルヒ「何よこれ?」

キョン「何ってお前が稼いだ金だろう」


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 21:02:12.89 ID:EnkVC2QdO

ハルヒ「だって…あんたの代わりで働いて…それはあんたのじゃ」

キョン「代わりでも何でも働いたのはお前だからな」

ハルヒ「そう…じゃあ遠慮無く」

キョン「でだ…その金でお前が俺をもう一度買えば良い訳だ、それで今日の稼ぎは完璧」

ハルヒ「えっ」ビクッ

キョン「ほれ上に乗れハルヒ」



おしまい

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 21:41:34.46 ID:EnkVC2QdO

残念だが俺は>>1でもUYVI2ATOでもない
それでも良ければ寝落ちするまで書くぞ
需要があればだが

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 22:23:40.66 ID:EnkVC2QdO

ハルヒ「上に乗れって…」

キョン「仕方無いだろう、誰かさんのせいで尻が痛くて俺は何もできないんだ」

ハルヒ「だからそれは悪かったってば…」

キョン「全治三週間だ」

ハルヒ「ごめんなさい」シュン

キョン「レイプでアナルバージンを奪われた」

ハルヒ「すいません」ブワッ

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 22:32:20.87 ID:EnkVC2QdO

キョン「三週間も仕事を休めんしお前には手伝ってもらわなければならん」

ハルヒ「はい…」

キョン「それには一度お前を抱かなくては」

ハルヒ「ちょっと!それとこれとどう関係あるのよ?」

キョン「お前処女だろう?」

ハルヒ「は…はぁ?!何言ってんの?そんなわけないじゃない!」

キョン「嘘をつくな!臭いでわかるんだよ!(嘘だけど)」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 22:59:58.85 ID:EnkVC2QdO

ハルヒ「ぐっ、それとあんたとするのとどんな関係があるのよ…」

キョン「客の中には攻めるのが好きな奴もいる…お前みたいな女がいたら間違いなく…」

ハルヒ「ま…間違いなく?」ゴク

キョン「犯される、こんな張形でな」スッ

ハルヒ「ひっ」ビク

キョン「初めてが…こんな道具が良いのか?」

ハルヒ「い…いやぁ…」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:06:11.70 ID:EnkVC2QdO

キョン「そうだろう、そうだろう…さ、おいで」





ハルヒ「はっはっはっ」グチュグチュグチュ

キョン「ぐっ、おいおい…ノリノリで腰振ってるじゃない…か」ドクドク

ハルヒ「はっはっはっ」グチュグチュグチュ

キョン「は…ハルヒ?」

ハルヒ「はっはっはっ」グチュグチュグチュ

キョン「はる…ひ…」ビクビクッ






ハルヒ「はっはっはっ」グチュグチュグチュ

キョン「………」


ハルヒ「はっはっはっ」グチュグチュグチュ


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:15:25.97 ID:EnkVC2QdO

キョン「あいつは猿か!動けないと思って好き放題動かして…ん」タータタタータタタータラタタタッタ

キョン「お…この音は…>>200か」




長門
みくる
朝倉
鶴屋

佐々木
古泉
国木田
谷口
からどうぞ

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/22(木) 23:17:05.07 ID:PMlLNPJr0

佐々木

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:25:08.14 ID:EnkVC2QdO

キョン「よう佐々木、何のようだ?」

佐々木「やぁキョン…そのあれだ…今晩頼めるかな」
キョン「あぁ…構わないが…実は身体を痛めててな俺は動けないがいいか?(今回はハルヒは連れて行かなくていいだろ)」

佐々木「そ…それは…是非宜しく頼むよ」


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:36:59.65 ID:EnkVC2QdO

佐々木「あぁ!キョンキョン!!」グッチュグッチュ

キョン「………」

佐々木「はぁっ、あぁっ!当たっているよ、君のが当たっているよ」ズポズプ

キョン「………」

佐々木「ん…あぁ、奥に…擦れて…あぁっ!!」グチュ

キョン「………」

佐々木「あっあっあっ!キョンキョンーーー」ビクビク

キョン「楽だな」ボソッ


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:53:23.33 ID:EnkVC2QdO

佐々木「はぁはぁはぁ」クタ

キョン「お前はいつもすぐに逝くな、何でそんなに弱いんだ?」

佐々木「はぁはぁ…それは…相手が君だからさ…」

キョン「俺に鷹並のテクは無いんだがな…それに今は動いてないぞ」

佐々木「くつくつくつ…そう言う意味では無いのだよ」

キョン「ん、よくわからんが満足したのか?」

佐々木「あぁ…満足だよ…動けない君をむさぼるなんていつもと違った趣向で興奮したよ…また頼むよ…」

キョン「そうか…満足したなら良いがお前は常連様だからな…サービスしてやる」ガシッ

佐々木「えっ?」

キョン「逝っとけ」グイッグイッグッグ

佐々木「あ゛あ゛あ゛ーーーー!!!!!!」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 00:06:08.31 ID:cbVIPLJ5O

キョン「楽だったな…ん…」チャッチャッチャラッチャ

キョン「こいつは…>>212か…」

212 名前:sage大尉 ◆sage/xLnlI [] 投稿日:2009/10/23(金) 00:12:12.39 ID:mAi3X4Nl0

みくる

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 00:21:54.23 ID:cbVIPLJ5O

キョン「朝比奈さん…どうしました?」

みくる「あの…キョン君…今晩良いですか?」

キョン「あぁ…すいません、わかってるとは思いますが…身体がまずいので今日はお散歩はできませんよ?」

みくる「は…はい、では今日はホテルでお願いします」

キョン「あぁ、それと助手を連れて行きますから」

みくる「えっ?」ツーツー


218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 00:36:35.21 ID:cbVIPLJ5O

みくる「んーんーんー!」

ハルヒ「ゴメンねみくるちゃんゴメンね」ヒュッヒュッ

みくる「ん゛ーーー!!」ビシッビシッ

キョン「そうだハルヒ、背中から尻にかけてな、打つべし打つべし…だ」ウ゛ィーン

みくる「んっ!んっ!んぅ」チョロチョロ

キョン「ほらほら朝比奈さん、もう漏れちゃってますよ」スッ

ハルヒ「あぁ、みくるちゃんの白い肌が真っ赤に…」ゾクゾク


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 00:48:12.72 ID:cbVIPLJ5O

キョン「ほらハルヒ今度は胸をいじってやれ、お前の言うロリ巨乳をなぶるんだ」ポイッ

ハルヒ「ロウソク…ほんとにSMなのね…」

キョン「何を今更、朝比奈さんはな痛くされるのが好きなんだ…このロウソクも凄いんだぞ」カチャ

ハルヒ「見たとこ普通のロウソクよ?」

キョン「そう、普通のロウソクなんだぜそれは」

ハルヒ「どういうこと?」

キョン「通常SMで使うロウソクってのは低温ロウソクって言ってあまり熱くないんだが…」ポタ

みくる「んーーーー!!!!!」

キョン「これは仏壇から拝借した只のロウソク」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 00:56:32.73 ID:cbVIPLJ5O

キョン「…この針で乳首を…そう」

キョン「違う!そこに縄を通すんだよ!」

キョン「ほれ、この張形…アタッチメントパーツならお前も朝比奈さんも楽しめるだろ、両方に付いてるからな」






ハルヒ「ほらほらほら!泣きなさい!もっと泣き叫びなさい!!」パンパンパンパン

みくる「ん゛ぅーーーー!んっんっんっんっーー」

キョン「ド変態共め」


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 01:06:37.06 ID:cbVIPLJ5O

ハルヒ「打つべし打つべし打つべし打つべし打つべし打つべし打つべし打つべし」カクカクカクカクカクカクカクカク

みくる「………」クタ

キョン「もういい、失神してるぞ朝比奈さん」




キョン「で?どうでした?良かったですか?」

みくる「………」

キョン「良かったかって聞いてるんだよ」バチッ

みくる「!!…ふぁい、とても良かったです…また…お願いしま…す」ビク

キョン「まいど」



ハルヒ「あたしまだ逝ってないわよ!」

キョン「お客様第一だ、お前は朝比奈さんを壊す気か」


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 01:11:08.78 ID:cbVIPLJ5O

キョン「ふう、何だかんだでハルヒがいて助かったな…力むと尻はまだ痛いしな」ピーヒャラピーヒャラタタタタタタ

キョン「ん、これは…>>230か」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/23(金) 01:19:24.40 ID:UsTJl0260

きょこたん

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 01:32:01.36 ID:cbVIPLJ5O

キョン「何だ橘?」

橘「何だじゃないのです!もうすぐ約束の時間です!」

キョン「まだ二時間も先だぞ」

橘「その時計は壊れてるのです!」

キョン「はいはい、あ〜そうだ、俺はちょっと怪我しててな今日は騎乗位以外できないがいいか?」

橘「む〜、や…です、けど怪我なら仕方無いのです」

キョン「よし、じゃあ今から行くな(橘ならハルヒはいらんな)」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 01:41:55.17 ID:cbVIPLJ5O

橘「ん…む…、ん〜」クチュチュパ

キョン「ん…」チュクチュ

橘「んっ…はぁ、キョンさぁん…」チャプチャプ

キョン「ん?何だ橘?」チャポーン

橘「む〜、橘じゃなくて京子って呼ぶのです」

キョン「何だ?京子?」ナデナデ

橘「えへへ〜」ニマ


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 01:49:58.59 ID:cbVIPLJ5O

キョン「しかし考えたな、風呂の中なら尻も痛くない」

橘「えっへん!これならゆっくり顔を見ながら愛しあえるのです!」

キョン「明るいから京子の顔がはっきり見えるしな」チャポチャポ

橘「あっ、あんまり顔を見ないで欲しいのです」カァァ

キョン「どっちだよ…ほらほら、もっとエロイ顔見せてみろ」チャプチャプチャプ

橘「んっんっんっ」キュ


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 02:01:33.34 ID:cbVIPLJ5O

キョン「しがみつくな…キスができないだろ」チャポチャポチャポ

橘「そっ、んなっ…ことっ…言わ…れてもぉっ」

キョン「あ〜、京子とキスしたいな〜、キスできなきゃ止めちゃおうかな〜」チャプチャプチャプチャプチャプ

橘「ずっ、るい…のですっ、あっ…あっあっ」

キョン「少しなら…平気かな…よっと」ザバッ

橘「!!」クルッ

キョン「よがれ京子、バックで犯してやるよ」グチュパンパンパンパンパン

橘「ーーーーーーっ!」


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 02:16:02.78 ID:cbVIPLJ5O

橘「ごめ゛ん゛な゛ざい゛」ヒックヒック

キョン「あ〜、いいからいいから」ナデナデ

橘「ぎ…気持ち゛よぐっで…ひっく、逝ったら…ひっく」ヒック

キョン「大丈夫大丈夫」ナデナデ

橘「お…おしっこ…ひっく…漏らしちゃって…ひっく…」

橘「キョンさんと…お風呂…汚しちゃって…ひっく、ごめんなさい…」

キョン「全然汚れてなんかないぞ、大丈夫だ」ナデナデ

橘「キョンさん!」

キョン「只…おしおきはしないとな」ニヤ

橘「ひっ」ビク


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 02:33:10.03 ID:cbVIPLJ5O

キョン「おおっ良いぞ」シコシコ

橘「んっんっ」クチュチュル

キョン「そうそう、もっと奥にも舌を入れてくれ」シコシコシコ

橘「んーんっんっ」チュルグチュ

キョン「き…傷には…唾をつけときゃ治るって言うからな…もっと…ぐっ、かきまわせ」シコシコシコシコ

橘「んっんっんっんー」チュチュチュチュルグチュ

キョン「あっは!ふぅおっ!!」ドクドクドク


241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 02:37:31.48 ID:cbVIPLJ5O

橘「キョンさんのなら汚くなんてないのです!」

キョン「良くできたな、偉いぞ京子」ナデナデ

橘「えっへん!良くできたご褒美が欲しいのです!」

キョン「んー、何が欲しいんだ?」ギュー

橘「えへへ〜、キスして下さい」ギュ

キョン「歯を磨いてからな、お前が」グイッ






橘「また…お願いします」グス

キョン「まいど」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 02:44:07.31 ID:cbVIPLJ5O

キョン「さって…次はっと…、あ〜もうこんな時間かそろそろ寝るかな」

キョン「朝倉と鶴屋さんから電話がかかってこなくて良かった…、あの二人は厄介な変態だからなぁ」

キョン「稼いだ額は…まぁまぁだな、今日も良い夢見れそうだ」





(´Д`)ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「罰ゲームとして涼宮さんとお付き合いしてください」