古泉「素敵な夢をみていた気がします」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「うわ…お尻でも感じちゃうんだ……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:06:50.68 ID:EXhC4yFL0

いつも通り
そう、いつも通りに僕は目を覚ます。
目を覚ますところまではいつも通りだった。

僕は泣いていた

なんとなく理由がわかる。
夢だ。
さっきまでみていた夢。
なんだかとっても素敵な夢だった。
さて、バイトにいかなくちゃな……



店長に怒られてしまう……

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:14:51.09 ID:EXhC4yFL0

バイトに向かう途中、夢の内容を思い出すのに必死で、電柱にぶつかった。

古泉「…せっかく思い出してきたのに」

ちょっとだけ思い出した。
窓からグラウンドが見える部室、何部かはわからないけど、僕を含めた男女5人がいた。

古泉「あんな高校生活を送りたかった……」

すれ違いざまに聞いていた女性に白い眼差しを向けられる。
独り言が多くなってしまった。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:22:46.44 ID:EXhC4yFL0

「いらっしゃいませ」

今日はコンビニのバイト。
そういえば、最近妙な客がくる。

「………」

少女は無言でレトルトカレーとお菓子をレジに出す。
いつも同じ物を買っているので、レジを打たなくても正確な代金を出してくる。

この少女のどこが妙かというと、この時間は学校のはずなのにコンビニにいること。明らかに彼女は女子高生くらいだった。
そして、買う物は決まっているのに、しばらくの間、なにもせずに立っている。
僕を観察しているようにも思えた。

「カレー、お好きなんですか?」

思い切って話しかける。

「……覚えてない?」

「……え?」

そのまま何も言わずに帰ってしまう。
さて、どこかで会っただろうか?

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:27:04.20 ID:EXhC4yFL0

また同じ夢をみた。

一人は、神に等しい力を持つ少女。
一人は、未来からきた未来人。
一人は、宇宙人的存在だけど、宇宙人ではない少女。
そして僕は超能力者。

だけど、一人だけ、普通の青年がまざってた。

なぜ、一人だけ普通の人がまざってるのかな?
そんな、当たり前の疑問をもって、目を覚ます。

今日もバイトだ。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:31:18.16 ID:EXhC4yFL0

「学校はどうしてるの?行かなくても大丈夫なの?」

「大丈夫。だからあなたは安心して……」

なんだか大げさというか、僕の問に対する答えではないのではないか?
それに、あの子は見覚えがある。

あっ、そっか。
そりゃそうだ、毎日コンビニに来てるんだから。
さぁ、さっさと家に帰ろう。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:37:48.99 ID:EXhC4yFL0

「次、お前のばんだぞ」

「えぇ、わかってますよ」

僕と、普通の青年がオセロをしていた。
そして窓際に、あの少女がいた。
少女は、読んでいた分厚い本を閉じる。
それを合図に、皆、手を止める。

「もうこんな時間ね、はいっ、解散!」



………目が覚めた。
酷くリアルな夢だった。
それに、この夢をみたら、しばらくの間、放心状態になる。
それも3日目、なのに慣れない。

なんだったんだろうなぁ、あれは……

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:45:36.06 ID:EXhC4yFL0

「本はお好きなんですか?」

「………あの夢をみたの?」

やはりだ、この少女はなにかおかしい。
なにかおかしいところを隠さないとこもおかしい。

「……なにか知ってるのですね?」

「また、昔みたいになりたい?」

「……はい」

無意識ではいと言ってしまった。
なんだろう、よくわからない。

「私は、感情が完成され、完全な人間になれた」

「感情を無くすのが怖いのですか?」

「違う。感情が完成した今だからいえる。感情が無くなってもいい、あのころに戻れるなら……」

そう言ってコンビニから出て行く。
思ってもないような言葉が勝手に出て来て、彼女と会話をしていた。
まるで、自分ではなく、もう一人はの自分が彼女と会話をしていたみたいだ……

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:53:46.26 ID:EXhC4yFL0

「どうです?長門さんも」

「………」

「長門、チートはなしだぞ」

「わかった」

「長門さんに勝てる訳ないじゃないですか」

「……そうでもないぞ古泉。長門、2つ同時に置くのは無しだ」

「あら、面白そうね?あたしたちも混ぜなさいよ!」

「でしたら、五人でできるこれなんてどうでしょう?」





目が覚める。
違う。違うんだ。
あれは夢じゃない!あまりにもリアルだ!
こっちが夢なのかもしれない。
いや、ここはパラレルワールド?異世界?

どっちが夢なのかわからなくなってきた。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:56:49.76 ID:EXhC4yFL0

「長門さん!」

「もう名前まで思い出したのね?」

「ここは?この世界は現実なんかじゃないんですよね?」

「なにを言っているの?」

「はい?」

「これ下さい」

「……え?」

「これ下さい」

「長門さん?」

「……あの、なんで私の名前知ってるんですか?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:05:07.23 ID:EXhC4yFL0

やっと思い出した。
けど遅かった。
せめて長門さんが覚えているうちに思い出していれば、問い詰めることができたのに。

とりあえず今は寝るべきだ。
今すぐ向こうの世界に行かなくては……

コンビニのたなから睡眠薬的なのをとる。




早く向こうへーーーーーー
夢の世界へ………

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:11:07.99 ID:EXhC4yFL0

「どおした古泉?」

「いえ、なんでもありませんよ」

さあ、どうしようか。
放課後まで目が覚めないですむのか……

パタン

長門さんが本を閉じた。

「じゃあ今日は解散!」

よかった。
そういえば今日は何日だっただろうか……

「今日は何日でしたっけ?」

「ん?今日は七夕だろ?」

「あぁ、そうでした。ありがとうございます」

七夕
嫌な予感しかしない。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:18:26.43 ID:EXhC4yFL0

「長門さん!」

「……なに?」

「なにじゃないですよ!わかってますよね?」

「……なんのこと?」

どおしようか。とりあえず説明する。

「僕が飛ばされたパラレルワールドですよ!」

「なにを言っているの?」

「だから、えっと…、この世界は夢なのですか?」

「そう」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:25:28.38 ID:EXhC4yFL0

「そんな……」

つまり、この世界は全て涼宮さんの夢。
ということは、僕にとって、この世界は現実ではない。

「僕も夢の中の人物ですか……」

「この世界は現実」

「え?」

「涼宮ハルヒはこの世界を現実と思っている」

「つまり、涼宮さんが現実だとおもった世界が現実になるというわけですね?」

「そう」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:28:48.25 ID:EXhC4yFL0

「他の人は?」

「現実」

「じゃあ僕がさっきまでいた世界は?」

「夢の世界」



目が覚める


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:43:40.99 ID:EXhC4yFL0

ちゅっと6時まで保守よろ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 17:57:07.28 ID:EXhC4yFL0

まだあったね

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:09:27.18 ID:EXhC4yFL0

もう、目が覚めるという表現は間違いになってしまった。
なぜなら、この世界は夢だから。
……そういえば、やけに静かだ。
本当に物音一つしなかった。

ガサッ

「うわぁ!」

………自分が動いた音に驚く。
よかった。音が無いわけではない。

早速、外に出てみる。
いつもと同じ風景。
ただ一つ、ピースが足りない。

人間がいない。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:15:40.98 ID:EXhC4yFL0

なんで人がいないのに、電気が付くのだろうか?
そんなことを考えていたら、あることに気が付いた。

「涼宮さん……」

この世界が涼宮さんの夢ならば、夢をみている……
眠っている筈の涼宮さんがいるのじゃないか?
残念ながら、僕は涼宮さんのお宅にお邪魔したことがない。
けど、一応僕は、機関の人間だ。涼宮さんの家くらいしっている。
できることなら、本人に紹介してもらいたかった。


そして、目が覚める。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:21:36.01 ID:EXhC4yFL0

「僕は、現実ですか?」

「現実……。あなたは」

「なるほど、では、あなたは?」

「私たちも現実」

「彼は?」

「夢」

「朝比奈さんは?」

「夢」

「他の人は?」

「夢。しかし、夢というのは、私たちにとってにすぎない。涼宮ハルヒが望むこの世界は現実になるから」

「では、僕たちは、いるべき場所へ帰るべきなのでは?」

「あなたがそれでいいなら」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:26:27.93 ID:EXhC4yFL0

なんだろう。
古泉くんをみると、懐かしくなってくる。
古泉くんは転校してきたから、まだ知り合って一年くらいなのに。
でも、ずっと昔。
私が生まれるずっとずっと昔。
もしかして、古泉くんとは前世で知り合ってたのかもね。

「今日は解散!先に帰るから、戸締りしといてね」

そういって、私は部室から出る。
この世界は現実なのかな?現実にしては楽しすぎない?

たまに、そんな事を、ふと考える。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:30:49.26 ID:EXhC4yFL0

「あった、涼宮さんの家」

「お邪魔しまーす」

「んっふ、誰もいないのに、なにを言ってるのでしょうね、僕は」

「………独り言が増えました」

「やっぱりここにはいませんでしたか……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:49:48.18 ID:EXhC4yFL0

私は、願った。





すると、目の前に欲しかった服が出てきた。






便利な能力

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:51:47.27 ID:EXhC4yFL0

俺は願った。






何もおきない。






あたりまえだ。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 18:55:48.34 ID:EXhC4yFL0

おわり

57 名前:廣田 ◆HIROTA/yU6 [] 投稿日:2009/10/21(水) 20:58:27.95 ID:EXhC4yFL0

まだあったんかい

また書くからよろしく



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:夜神月「ERO NOTE?」