古泉「ラブレター、ですね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたの事嫌い」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:03:45.34 ID:T91mxgAQ0

※この作品にはオリジナルキャラクターが登場します

AM 7:50

キョン「ぐ、今日も心臓破りの坂を登りきったぜ…」

古泉「おはようございます」

キョン「…古泉か(今日もエセスマイル全開だなお前は)」

キョン「お前はこの坂が辛くないのか」

古泉「最初は辟易しましたが、もう慣れてしまいましたよ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:08:39.78 ID:T91mxgAQ0

キョン「そうかい…俺はいつまで経っても慣れん、卒業するまでこのままかもな」

谷口「ようキョン、お、古泉も一緒か」

国木田「2人ともおはよう」

キョン「おう」

古泉「おはようございます」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:14:23.25 ID:T91mxgAQ0

キョン「坂がキツくてかなわん、という話だ」

谷口「お、それは俺も常々思っていたところだ」

谷口「いっそ学校側がエスカレーターでも設置してくれねえかな」

キョン「またアホな事…と言いたい所だが悪くないなその案」

国木田「どれだけ学校に費用があったら造れるのさ、それ」

古泉「ははは…」カパ(下駄箱を開ける)

カサ…

キョン「?何か落ちたぞ古泉」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:16:03.86 ID:T91mxgAQ0

キョン「て、コレは…」

国木田「もしかして…」

谷口「ま、まさかの…」


古泉「ラブレター、ですね」


谷口「ちくしょおおおおおおおおおおお!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:22:29.72 ID:T91mxgAQ0

谷口「なん…だと…下駄箱にラブレター、だと…!!」

国木田「へえ、やっぱり古泉君はモテるんだね」

古泉「…いえ、そんな事は」

キョン「…たいして動じない所を見ると、お前、初めてじゃないだろ」

古泉「!…ま、まあ」

谷口「何!?前にも貰った事あんのか!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:27:30.06 ID:T91mxgAQ0

キョン「1度や2度でもない、どうだ?」

古泉「…はい」

谷口「吐け!吐いちまえ!!今までにどれ位貰ったんだ古泉!!!」

国木田「谷口興奮しすぎだよ」

古泉「…その、まあ、なんというか…」

キョン谷口国木田「…」ゴクリ


古泉「…少なくとも週に1枚は…」


キョン国木田「!!!」

谷口「やめろ…俺のライフはもう0だ…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:34:04.34 ID:T91mxgAQ0

キョン「驚いたな…(そういやコイツは超絶イケメンの部類だったな)」

国木田「身近にここまでモテる人がいるなんて…」

谷口「…お前は今誰とも付き合ってない…つまり全て断ったって事だな…」

古泉「…はい」

谷口「…何故だ!何故そんな世の男どもを全て敵に回すような真似を!?」

キョン「うるせえぞ谷口」

古泉「それは…今、僕としては特定の女性とお付き合いするつもりがない事と、」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:39:09.78 ID:T91mxgAQ0

古泉「バイトが忙しい、という事ですかね」

キョン「…!」

谷口「な…バイトなんて辞めて、可愛い女の子とスクールライフをenjoyすればいいじゃねえか!!」

古泉「諸事情で、そうもいかないのです」

国木田「古泉君ってなんのバイトやってるの?」

古泉「…まあ、たいした仕事ではありませんが…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:46:33.41 ID:T91mxgAQ0

キョン「…それより、それは誰からなんだ?」

ガサガサ

古泉「…名前は書いて無いようですね」

谷口「見せろ!」バッ

キョン「おい谷口…」

谷口「…『前から貴方の事を見ていて、凄く素敵な人だと思ってました
貴方の事を考えると夜も眠れなくて、勉強も手につきません
よかったら、今日の放課後、体育館裏に来て下さい』…」

キョン「…なんかベタだな」

国木田「でもゾッコンみたいだね」

谷口「」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:50:04.16 ID:T91mxgAQ0

キョン「で、どうすんだお前は」

古泉「仮にも女性との約束をすっぽかすわけにはいきませんから、
会いにはいきますよ」

キョン「そうか(ムカつくぐらいに紳士的だな…)」

古泉「やはりお付き合いするわけにはいきませんが」

キョン「…」


谷口「」

国木田「涙を流したまま気絶している…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 11:57:10.02 ID:T91mxgAQ0

PM12:34 教室 昼休み

キョン「漫画やラノベじゃあるまいし、あんなモテ男がいるとは」

国木田「キョンはいままでそんな話聞かなかったの?」

キョン「あいつはそんな事自慢したりしないし、聞いたことねーよ」

谷口「古泉は『北高女子が選ぶ、付き合いたい男子ランキング』ぶっちぎりの1位なんだよな…」

キョン「…なんでそんな事知ってんだお前」

谷口「女子の情報集めてるとな、好むと好まざると耳に入ってくるんだよ…あいつが
バレンタインに貰ったチョコの数知ってるか?」

キョン「喋るな、聞きたくない」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:03:16.45 ID:T91mxgAQ0

悪いけど特定の2次キャラ当てられても性格は反映できそうもない

キョン「学祭の劇であいつ主役やってたが、観客の女子は熱のこもった視線で見てたっけか」

国木田「本当にモテモテなんだね…」

谷口「くそ…モテる男皆死ね…」


ハルヒ「あんたたち何の話してんの?」


キョン「…ハルヒか」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:06:38.25 ID:T91mxgAQ0

キョン「(こいつに教えたら面倒な事になりそうだな)…いや、」

谷口「古泉がラブレター貰った、て話だ」

キョン「(ちょ、谷口てめえ!)」

ハルヒ「何それ!古泉君が?」

キョン「(あ〜あ…)」

谷口「今朝、あいつが…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:11:31.79 ID:T91mxgAQ0

谷口「…だとよ」

ハルヒ「ふ〜ん、古泉君が…」

キョン「…あいつが誰かと付き合うのはどうなんだ?」

ハルヒ「ダメよ!恋愛にうつつをぬかしてSOS団の活動が滞るなんてあってはならないわ!!」

キョン「…だろうな」

ハルヒ「でも、放課後か…」

ハルヒ「面白そうだし、その様子を見に行く事にするわ!!」

キョン「何!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:15:05.94 ID:T91mxgAQ0

PM4:37 放課後 体育館裏

キョン「全く…人の恋路を弄ぶとはな」

ハルヒ「そんなつもりないわよ…それに」

ハルヒ「あんただって人の事言えないじゃない」

キョン「…まあな(正直、全く興味ないといえば嘘だからな)」

キョン「ていうか…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:18:37.68 ID:T91mxgAQ0

谷口「あ、朝比奈さん!お久しぶりです!!」

みくる「あ、はい…」

長門「…」

キョン「なんで朝比奈さんと長門も連れてきたんだよ」

ハルヒ「副団長の一大事なのよ?団員全員で見守るのは当然でしょ!」

キョン「何が一大事だか…」

国木田「シッ、来たみたいだよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:42:12.62 ID:T91mxgAQ0

谷口「あ…あれは高良みゆき!」ボソボソ

キョン「知ってんのか?」ボソボソ

谷口「知ってるも何も俺ランクA+の美少女だ!くう、古泉め」ボソボソ

ハルヒ「静かにしなさい!」ボソボソ


みゆき「あの、お手紙読んで下さいましたか…?」

古泉「…はい」

みゆき「あの…私、前から古泉君の事見てて、かっこいいな、って思って…」

古泉「…それは、ありがとうございます」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:48:07.31 ID:T91mxgAQ0

みゆき「それで、その…あの…よ、良かったら、付き合って下さい!」


覗いてる一同「!!」


古泉「…大変嬉しいのですが、今、僕は女性とお付き合いするつもりはありません」

みゆき「!」

古泉「そういうわけで、貴方の気持ちに応える事はできません…」

みゆき「…そう、ですか…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:50:55.34 ID:T91mxgAQ0

みくる「振っちゃいました…」ボソボソ

谷口「や、野郎…何て勿体無い真似を!」

ハルヒ「だからうるさいわよあんた」ボソボソ

長門「…」


みゆき「あ、あの!」

古泉「はい?」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 12:55:43.64 ID:T91mxgAQ0

みゆき「だったら、というわけじゃないんですけど…」

みゆき「…今度の日曜日に、お買い物に行くので、付き合って貰えませんか?」

古泉「はあ…」

みゆき「!あ、あの、付き合うって、そういう事ではなくて…その、お友達で、というか…」


国木田「意外な展開だね」ボソボソ

ハルヒ「あの子やるじゃない」ボソボソ

キョン「…でも古泉は付き合う気ないっぽいからな…」ボソボソ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:00:46.78 ID:T91mxgAQ0

古泉「…分かりました、それならお付き合いしましょう」

みゆき「ほ、本当ですか?ありがとうございます!」


ハルヒ「古泉君が戻る前にあたし達は部室へ戻るわよ!」

キョン「お、おう…じゃあな、お前ら」

国木田「うん、また明日…ほら行くよ谷口、起きて」

谷口「…♪俺の忘れ物〜…」ブツブツ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:04:17.85 ID:T91mxgAQ0

PM5:02 文芸部室

キョン「猛アタックだったな…」

みくる「なんだかロマンチックでした…」

長門「…」

ハルヒ「…決めたわ!」

キョン「おい…まさか…」

ハルヒ「日曜日は、2人の行動を監視するわよ!」

キョン「(やっぱり!)…待て待て」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:08:49.08 ID:T91mxgAQ0

キョン「当人同士の話なんだから、俺たちはもう良くないか?」

ハルヒ「でも、もし古泉君が心変わりしちゃったら困るでしょ」

キョン「SOS団の活動には…差し障るかもしれんが…」

キョン「(あいつは心変わりなんてしないと思うけどな)」

ハルヒ「そうならない為にも、私たちで監視するのよ!!」

みくる「ええ〜」

ハルヒ「当然古泉君には内緒だから!!いいわね!!」

キョン「やれやれ…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:12:24.00 ID:T91mxgAQ0

PM7:12 キョン宅 自室

キョン「(まあ教えるけどな)…つーわけだ、古泉」

古泉『…了解しました』

キョン「…なんか、面倒になっちまったな」

古泉『高良さんには悪いですが…これで涼宮さんが楽しめるのなら安泰ですよ』

キョン「おいおい……なあ、1つ訊いていいか?」

古泉『なんでしょう?』

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:16:19.96 ID:T91mxgAQ0

キョン「お前が普通の人間だったらどうする?」

古泉『…』

キョン「ハルヒがヘンテコパワーを持つこと無く、お前も『機関』に属する事の無い、
普通の奴だったら……誰かと付き合ったりはしたのか?」

古泉『…さあ、どうでしょう』

キョン「さあ、ってお前…」

古泉『失礼、ではまた明日』

キョン「おい、こいず」

ブッ ツー、ツ、ーツー、…

キョン「…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:20:16.72 ID:T91mxgAQ0

日曜日 PM1:15 駅前

キョン「…で、集まったわけだが」

キョン「なんだこりゃ」

ハルヒ「帽子とグラサンだけど?」

キョン「なんでこんなもんが必要なんだ!?」

ハルヒ「尾行といったら変装でしょ、今日はお互い移動するんだから、
こっちも準備しないと」

キョン「あのなあ…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:23:59.78 ID:T91mxgAQ0

ハルヒ「はい、コレは有希とみくるちゃんの!」サッ

長門「…装着完了」スチャ

みくる「ふええ、前が良く見えません…」

キョン「…おい、コレはなんだ」

ハルヒ「付け髭がどうかしたの?」

キョン「俺はこんなの付けないといかんのか!?」

ハルヒ「そうよ、男は付け髭でしょ、さっさと付けなさい!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:27:22.70 ID:T91mxgAQ0

ハルヒ「あははははは!!」

キョン「お前が付けろって言ったんだろ!!」

長門「…ユニーク」

みくる「キョンくん、熊さんみたいです…」

キョン「(せめて口髭なら良かった…顎鬚かよ!!しかももみ上げまであるボッサボサの!!)」

ハルヒ「あははははは…あ、来たみたいね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:30:10.29 ID:T91mxgAQ0

みゆき「お待たせしました、済みません私から誘ったのに…」

古泉「いえ、僕も今来た所ですよ」

みゆき「そうですか?」

古泉「ええ、では行きましょうか」


みくる「古泉君、30分前から来てたのに…」

長門「ジェントルマン」

ハルヒ「あんたとは大違いね」

キョン「うるさい!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:40:01.11 ID:T91mxgAQ0

PM 1:38 デパート内 本屋

みゆき「古泉君はどんな本を読むんですか?」

古泉「そうですね…普通の小説も読みますが、歴史物とか、エッセイも読みますね」

古泉「高良さんはどうですか?」

高良「れ、恋愛小説とか…あ、あと、少女漫画とかも…」

古泉「へえ、よろしいじゃないですか」


ハルヒ「…なんか普通にいい雰囲気ね」

みくる「楽しそうですね…」

キョン「アレ?長門がいない…あ、普通に本読んでる!」

長門「……」パラパラ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:49:57.26 ID:T91mxgAQ0

PM 2:12 デパート内 CD&DVDショップ

〜♪シャカシャカ

みゆき「コレが最新の曲ですか…」

古泉「音楽はお聴きにならないので?」

みゆき「あ、J−POPとかはあんまり聴かないんですけど、他は…」


ハルヒ「会話も普通に成立してるわ…」

キョン「とはいえ、只の買い物してるんだろ?」

みくる「…長門さん、そのCD気になるんですか?」

長門「…」

「生ーまーれーまーたー育ーつー♪」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 13:59:56.45 ID:T91mxgAQ0

PM 2:46 デパート内食品売り場

古泉「高良さんは、和菓子が好きなんですか?」

みゆき「はい…お恥ずかしながら…」

古泉「僕も和菓子は好きですよ」

みゆき「え、本当ですか?」

古泉「はい、特に…」


みくる「お菓子見てますね…」

ハルヒ「みたいね」モグモグ

キョン「何平然と試食してんだ」


店員「あ、あのお嬢ちゃん?確かに試食なんだけど…」

長門「…」モグモグモグモグ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:03:56.14 ID:T91mxgAQ0

PM 3:10 デパート内 ファッションショップ

みゆき「コレ、可愛い…」

古泉「着てみたらどうですか?」

みゆき「いいんですか?」

古泉「ええ、お待ちしてますよ」


キョン「もう、普通のデートじゃねえか…なあハル」

ハルヒ「みくるちゃん、コレなんてどう!?」

みくる「あたしはコレがいいですー」

キョン「お前ら…」

長門「…」

キョン「あとお前服には無関心なのな」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:10:18.24 ID:T91mxgAQ0

PM 4:31 喫茶店

みゆき「今日はありがとうございました」

古泉「いえ、こちらこそ」

みゆき「済みません、私の行きたいところばっかりで…」

古泉「とんでもない、今日は貴女の買い物だったのですから…」



ハルヒ「…普通に終わったわね」

みくる「普通に終わりましたね」

キョン「見事なまでに普通だったな」

長門「…」ヂュルルル

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:13:57.33 ID:T91mxgAQ0

ハルヒ「キスの1つも無かったわね」

キョン「そりゃ友人どうしの買い物だからな…だいたいあの2人が恋仲になったら
困るんじゃなかったのか?」

ハルヒ「それはそれ、これはこれよ…見せ場の1つも無かったし」

キョン「何が見せ場だ(恐ろしく勝手な奴…)」

ハルヒ「でも…」


ハルヒ「いいなあ…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:18:52.73 ID:T91mxgAQ0

キョン「いいなあ…ってあの2人がか?」

ハルヒ「!!ち、違うわよ!そういうつもりじゃ…」

キョン「そうか…そいつは知らなかったぜ…」

ハルヒ「違うわよ!だいたい恋愛なんて精神病みたいな…」



キョン「お前が古泉を好きだったとはな」

ハルヒ「…は?」

みくる「…」

長門「…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:25:52.22 ID:T91mxgAQ0

キョン「古泉はあの顔だからな、それにしてもお前まであいつに惚れてたとは」

ハルヒ「…」

キョン「ま、なんだかんだお前も女だからな、気持ちはわからんでもないぞ」

みくる「きょ、キョンくん…」

キョン「お前は告白しないのか?あ、団内恋愛は禁止とか言った手前何も言えないのか」

長門「…」

キョン「心配するな、別にお前が規則破ったって今更…」

ハルヒ「…の…」

キョン「?」



ハルヒ「こんの…バカキョオオオオオオン!!!」

バコーン!!

キョン「痛え!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:29:56.22 ID:T91mxgAQ0

キョン「何しやがる!!」

ハルヒ「うるさい!!あんたなんか死んじゃえこのアホキョン!!」

スタスタスタ

キョン「お前金払ってから…」

ハルヒ「あんたが払え!!」

バタン カランカラーン


みゆき「ビックリしました…何でしょうか?」

古泉「さあ…大方痴話喧嘩といったところでしょう(貴方達は僕を尾行してたんじゃないのですか?)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:35:52.36 ID:T91mxgAQ0

キョン「てて…何だあいつ…」

みくる「あの…キョンくん…」

キョン「はい?」

みくる「涼宮さんは…古泉くんが好きという意味で言ったんじゃ…」

キョン「…そうなんですか?」

みくる「はい…」

キョン「だからってあんなに怒る事ないだろ…」

みくる「いえ…その…好きな人は多分いると思うんですけど…」

キョン「そうなんですか?一体誰なんですか?」

みくる「…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:40:16.24 ID:T91mxgAQ0

みゆき「あの…今日はありがとうございました」

古泉「はい」

みゆき「それで…その…言わないでおこうと思ったんですが…」

古泉「…?」

みゆき「私、…やっぱり古泉君の事…!」


ピリリリリリ

みゆき「・・・え?」

古泉「…!」


みくる「あ…!」

長門「…」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:46:15.31 ID:T91mxgAQ0

古泉「済みません、急用が出来ました」

みゆき「あ、あの…?」

古泉「お代はここに…では、失礼します」

タタタタタ…

みゆき「古泉君!?あ、御馳走様でした!」

カランカラーン


キョン「何だ?」

長門「局地的非侵食性融合異時空間の単独発生を確認」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:50:45.31 ID:T91mxgAQ0

キョン「それって…古泉の言う『閉鎖空間』の事か?」

長門「そう」

キョン「もしかして…」

長門「原因は貴方の不用意な発言」

長門「それにより涼宮ハルヒは精神的な不調和をきたした」

キョン「(古泉ィィィィィィ!!済まん!!!)」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:55:14.86 ID:T91mxgAQ0

キョン「でも…いくらなんでもあそこまで怒る事…」

みくる「あの…キョンくんは本当に分かってないんですか…?」

キョン「何がです?」

みくる「…もういいです、知りません」プイ

キョン「朝比奈さん!?(俺何かまずい事言ったか!?)」

キョン「…で長門、問題は無いのか?」

長門「現時点では特に問題は無い、古泉一樹達に任せれば…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 14:59:06.57 ID:T91mxgAQ0

長門「…訂正、問題が発生した」

キョン「え?」

長門「高良みゆきの消失を確認した」

キョン「!?」

長門「恐らく局地的非侵食性融合異時空間に送られたと思われる」

キョン「何でだ!?」

長門「理由は不明」

みくる「ど、どうしましょう…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:05:33.66 ID:T91mxgAQ0

長門「イレギュラーな事態、恐らく古泉一樹達も把握していないと思われる」

キョン「マジかよ…」

長門「…今から局地的非侵食性融合異時空間に向かう」

キョン「長門!?」

長門「高良みゆきを救うべきだと判断 違う?」

キョン「…いや、違わない!!頼む長門!!」

長門「了解」

長門「@9mpawotgrjg83j4kpw[a041pq]3-.b5@-4k2」

ブワッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:12:45.29 ID:T91mxgAQ0

閉鎖空間内

みくる「なんかコワイです…」

キョン「…それより、長門」

長門「高良みゆきはこちらの方角」

キョン「行くぞ!」


神人「オオオオオオ」

ドゴーン…

古泉「(たいした事は無いようですね…)」

古泉「それ!!」グワッ

ズパッ(神人の腕を斬る)

神人「ギャオオオオ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:16:51.63 ID:T91mxgAQ0

古泉「(仲間の皆も頑張っている様ですし…すぐに終わらせて…)」



みゆき「…古泉君!?」

古泉「た…高良さん!?(何故閉鎖空間内に!?)」

みゆき「ここはどこですか!?なんで古泉君は飛んでいるんですか!?」

古泉「それは…!」

神人「ギャオオオオ」

ドコーン!!!!

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:22:11.51 ID:T91mxgAQ0

みゆき「きゃあああああああ!!」

古泉「高良さ…!」

ガラガラガラ

古泉「(しまった、ビルの瓦礫が!!)」

古泉「間に会わ…!!」


長門「mlvq3-0:pi2:-sfvawhjyjrsb41mfabdh」


ドドドドドーン…

古泉「…!長門さん!?」

長門「防御壁の構成をした」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:25:12.65 ID:T91mxgAQ0

キョン「しっかり…大丈夫か!?」

みくる「どこかぶつけたんじゃ…」

長門「意識を失っているだけ、問題ない」

古泉「良かった……後は神人を!!」

グオオオオオオ…

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:33:47.25 ID:T91mxgAQ0

PM 4:57 近くの公園

長門「…高良みゆきが空間内に送られた原因は、貴方が彼女の事を考えていたため」

古泉「…」

長門「貴方はあの空間内に入る時は、自身の精神と空間との波長をシンクロさせる」

長門「今回は、突入の際に彼女の事を強く考えてしまったため、近くにいた
彼女自身の精神ごとリンクしてしまい、結果、彼女も取り込んでしまった」

古泉「そうですか…」

キョン「済まん古泉!!俺がハルヒを怒らせなければ…」

キョン「余計な人も巻き込ませてしまった…」

古泉「いえ…高良さんの事自体は、僕が至らなかったせいです…」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:37:30.04 ID:T91mxgAQ0

古泉「…長門さん、1つお願いがあります」

長門「何?」

古泉「…彼女の、この数十分の記憶…それと、僕に対する特別な感情を消すことはできますか?」

みくる「!?」

キョン「古泉!!それは…」

古泉「僕が何をしようとしてるのか、分かっていないわけではありません」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:42:39.78 ID:T91mxgAQ0

長門「…」

古泉「いずれ彼女には諦めて貰うつもりでしたから…」

キョン「古泉…」

古泉「やはり、僕は女性とお付き合いをするわけにはいきません」

古泉「実際、機関の仕事はいつ入るか分かりませんし、デートだって満足には出来ませんよ」

古泉「何より、滅多に起こってほしくはありませんが、今回の様な事に巻き込みたくは無い…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:48:34.06 ID:T91mxgAQ0

長門「・・・了解した」

古泉「最後にいいですか…?」

スッ

みゆき「スー…スー…」

古泉「…高良さん、申し訳ありません、やはり貴女とお付き合いするわけにはいきません」

キョン「…」

古泉「…しかし、今日の貴女との時間は、とても楽しかったですよ…」

みくる「古泉くん…」

古泉「今に、貴女の前に、素敵な男性が現れる事を祈っています…」

古泉「…長門さん」

長門「l;gf0ojrmegn@9:q:-klfnhjqga/lo」

シュワアアアアア




みゆき「古泉、く…」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:52:31.19 ID:T91mxgAQ0

数日後 AM 8:15 北高 教室

キョン「な、なあハルヒ、ここに映画館のチケットが2枚あるんだが…」

ハルヒ「…はあ?」

キョン「今度の休み、一緒に行かないか!?」

ハルヒ「…何それ、デートの誘い?」

キョン「まあ、デートというか…その…」

キョン「(くそう…)」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:55:44.77 ID:T91mxgAQ0

古泉『確かに、楽しい時間を邪魔されたのはいささか怒りを感じます…』

キョン『う…』

長門『私に余計な仕事をさせた』

キョン『長門…』

みくる『キョンくんは、あたしを怒らせました…』

キョン『(それはいまだに分からないんですが…)』

古泉『罰として…』

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 15:59:38.84 ID:T91mxgAQ0

古泉『涼宮さんを、デートに誘って下さい』



キョン「(なんちゅう罰ゲームだ…)」

ハルヒ「あんたが、あたしを…?」

キョン「ま、なんだ、その…」

ハルヒ「…あたしを口説くなんて、1000年早いのよ!!」

キョン「いや、あのな…?」




ハルヒ「でも…あんたがどうしてもって言うなら、行ってもいいわよ…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 16:09:55.25 ID:T91mxgAQ0

キョン「ほ、本当か!?」

ハルヒ「か、勘違いしないで!あんたが誰かとデートに行くなんて、未来永劫ありえないから、
仕方なく団長のあたしが機会を与えただけなんだからね!!」

キョン「何だよそりゃ…じゃあ映画観にいこうな(ま、よしとするか)」

ハルヒ「ふん!(キョンとデート…嬉しい…って何考えてるの私!)」

谷口「お前ら…やっぱりそういう仲だったんだな…」

国木田「お似合いだもんね」

キョンハルヒ「違う!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 16:15:35.97 ID:T91mxgAQ0

ギャーギャー…

みくる「上手くいったみたいですね」

古泉「どうでしょうか?あのお2人ですから、簡単には行かないと思いますが」

長門「同意する」

みくる「そうですね、キョンくん、涼宮さんの気持ちは全く分かってないみたいですから」

長門「彼の鈍感さは異常」

古泉「まあ、これで涼宮さんの機嫌も直るでしょうし、罰ゲームも兼ねられますから一石二鳥ですよ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 16:31:59.52 ID:T91mxgAQ0

みくる「でも、本当に良かったんですか古泉くん?」

古泉「はい?」

みくる「高良さんとお付き合いすれば、きっと楽しい思いができたと思うんですけど…」

古泉「…まあ、確かにそれもそうでしょう」

古泉「でも、皆さんと、SOS団で活動する事の方が、僕にとっては貴重に思えてならないんです」

みくる「古泉くん…」

長門「…」


だって、こんな素晴らしいメンバーと一緒にいられるんですよ?

これ以上、望むものなどありはしませんよ




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/21(水) 17:01:37.55 ID:T91mxgAQ0

昨夜ラジオでアッー!ネタ聴いたからかな…朝起きたらケツがメチャ痛かった
…汚くてすいません>>1です

元は「古泉ってモテるっぽいけどそういう描写あんまりないよな」
「じゃあ自分で書けばいいんだ!!」という思考からきてます
でも思ったより短くなっちゃった…

SSの案はいくつかあるし書きたいけど時間が無いのでそうもいかず
誰か1ヶ月位変わってくれないかな…

というわけでこんな駄文見ていただいてありがとうございました
消失映画化オメ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド「そこに3つのエネマグラがあるじゃろ」