キョン「俺、オナニー見せるの好きなんだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「そうか・・・・・・これが答えだったんだな・・・・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:13:27.18 ID:GQl0yFQk0


書いてはみたけど別におもしろくはなかった。
でも見せる。いや見ろ。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:15:18.51 ID:GQl0yFQk0


キョン「俺、オナニー見せるのが好きなんだ」

キョン「その上ぶっかけたら更に興奮する」

キョン「さて、誰から見せようかね」

キョン「最初はあえて通好みの人選にしよう」


キョン「喜緑さん、お願いがあるんですが」

喜緑「はい、なんでしょう」

キョン「オナニー見てもらっていいですか?」

喜緑「あのう、それはあなたの自慰行為を観測しろということでしょうか?」

キョン「はいそうです」

5 名前:>>3 リクエストあれば誰でも書きます書きます[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:16:46.74 ID:GQl0yFQk0


喜緑「なぜそんなことをされるんですか?」

キョン「喜緑さんみたいな清楚で綺麗な方の前でシコシコしたいんです」

喜緑「お気持ちはありがたいのですが、出来れば別の方に
   お願いしていただきたいのですが」

キョン「喜緑さんじゃないとダメなんです」

喜緑「どうしてもですか?」

キョン「どうしてもです。手伝ってもらえるならもっと嬉しいですが」

喜緑「わかりました。見るだけなら……お手伝いは遠慮しておきます」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:18:27.45 ID:GQl0yFQk0


キョン「見てもらえますか。じゃチンコ出しますね」

喜緑「はい、ご勝手に」

キョン「触ってみたいですか?」

喜緑「いいえ、まったく」

キョン「それは残念です。喜緑さんの手でしてほしかったなー」シコシコ

喜緑「その機会は無いと思います」

キョン「チンコ見たことないんですか? もしかして処女ですか」シコシコ

喜緑「ホモサピエンスの身体データはデータバンクに記憶しています」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:19:56.00 ID:GQl0yFQk0


キョン「じゃあ、キンタマの画像呼び出そうと思ったらすぐ出てくるんですか?」シコシコ

喜緑「ええ、そうですね」

キョン「俺が今シコシコしてるのも記録してるんですか?」シコシコ

喜緑「はい。すぐに破棄しますが」

キョン「実は保存しておいて後でオナるとかじゃないんですか?」シコシコ

喜緑「そのような事はいたしません」

キョン「ところで喜緑さんって長門と違ってハキハキ喋るけど、
    発生練習とかしてるんですか?」シコシコ

喜緑「特にいたしません」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:21:22.52 ID:GQl0yFQk0


キョン「喜緑さん、発声練習しましょう。アーっていってください。アーって」シコシコ

黄緑「あー」

ドピュッ ドクドク

キョン「もしかして読んでました? 咄嗟にノートで防ぐなんてやりますね。
    喜緑さんに飲んで欲しかったんですが」

喜緑「あのう、次このようなことをなされたら、死んでいただこうかと思います」

キョン「どうもすいませんでした。あの、先っぽティッシュで吹いてもらえます?」

喜緑「情報連結を解除しましょうか?」

キョン「失礼しました」

キョン「相当怒ってたな。怒った顔の喜緑さんもたまらんからオカズに使おう」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:23:19.60 ID:GQl0yFQk0


キョン「次はあいつにしよう。普通にやらせてくれそうだし」


キョン「なあ朝倉」

朝倉「どうしたの? キョンくん」

キョン「俺のオナニーを見てくれないか?」

朝倉「うん、それ無理」

キョン「なんでだよ、お前はこういう時エロキャラだろ?」

朝倉「意味がわからないわよ。頼まれても無理なの」

キョン「そこをなんとか頼む。このまま溜まってたらハルヒをレイプしちまいそうだ」

朝倉「私にはそうしてくれたほうが都合いいんだけど」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:24:44.07 ID:GQl0yFQk0


キョン「じゃあお前をレイプする」

朝倉「やれるものならやってみたら?」

キョン「チンポ切られそうだからやめておく」

朝倉「そういう卑猥な言葉はやめてほしいわ」

キョン「じゃちんちんをシコシコさせてくれ」

朝倉「うん、それ無理」

キョン「な、頼むからさ。一回だけ見てくれ、な」

朝倉「しつこいわね。わかったわ。じゃあさっさと終わらせてね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:26:10.16 ID:GQl0yFQk0


キョン「助かるぜ。お前を見てたら興奮しちまってもうビンビンなんだ」

朝倉「へえ、よかったわね」

キョン「俺のちんこ見てどう思う?」シコシコ

朝倉「よくそんなもの見せ付けられるわね」

キョン「触ってみてもいいんだぜ?」シコシコ

朝倉「つまらない冗談ね」

キョン「人間はさあ、よく『やらなくて後悔するよりも、やって後悔
    したほうがいい』っていうよな。これ、どう思う?」シコシコ

朝倉「言葉通りの意味じゃない?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:27:41.29 ID:GQl0yFQk0


キョン「とりあえず何でもいいからかけてみようと思うんじゃないか?
    どうせ今のままでは何もかけられないんだし」シコシコ

朝倉「何をかけるの?」

キョン「精子をぶっかけて朝倉涼子の出方を見る」シコシコ

ドピュッ ドクドク

朝倉「きゃっ!」

キョン「ふぅ……いい化粧だぜ朝倉」

朝倉「…………」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:30:50.06 ID:GQl0yFQk0


キョン「どうだ? 嬉しいか? 食べてもいいぜ」

朝倉「じゃあ死んで」

キョン「冗談はやめろ」

朝倉「冗談だと思う?」

ガシャーン

長門「ひとつひとつのプログラムが甘い」


キョン「ふう、長門のおかげで命拾いしたぜ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:32:21.82 ID:GQl0yFQk0


キョン「次はオーソドックスにあいつでいいか」

キョン「ハルヒ、オナニーするから見ろ」

ハルヒ「は?」

キョン「俺のオナニーを見ろといってるんだ」

ハルヒ「嫌よ。谷口にでも見せれば?」

キョン「お前に見て欲しいんだ。お前を見てオナニーしたいんだ」

ハルヒ「あんた、頭がおかしくなったんじゃないの?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:34:11.22 ID:GQl0yFQk0


キョン「もう俺、ハルヒじゃないとオナニーできないんだ。
    な、頼む! このままじゃ授業中に夢精しちまう!」

ハルヒ「……もう、わかったわよ……じゃあ今回だけだからね」

キョン「それでこそハルヒだぜ。ほんとは見たかったんじゃないのか?」

ハルヒ「アホか。ほら、ちゃっちゃと終わらせなさいよ気持ち悪い」

キョン「お前って前に『健康な若い女だから体をもてあます事もある』
    とかいってたよね」シコシコ

ハルヒ「さあ、言ってたかもね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:35:34.52 ID:GQl0yFQk0


キョン「あれってオナニーしてるってことだよな?」シコシコ

ハルヒ「どうだっていいじゃないそんなこと」

キョン「オナニー気持ちいいか?」シコシコ

ハルヒ「別に」

キョン「今ここでしてもいいんだぜ」

ハルヒ「ぶん殴るわよ」シコシコ

キョン「そもそも俺だけオナニーしてるのにお前がしないのは不公平だ」シコシコ

ハルヒ「あんたが見ろっていったんじゃないの」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:37:02.61 ID:GQl0yFQk0


キョン「お前ずーっとちんこ凝視してるもんな。 触りたいか?」シコシコ

ハルヒ「触った瞬間に変なの出そうだし嫌よ」

キョン「出ないからちょっと触ってみろって。ほら」シコシコ

ハルヒ「…………」

キョン「ほらほら、今がチャンスだぞ」シコシコ

ハルヒ「さ、触ったわよ……」

ドピュッ ドクドク

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:38:15.70 ID:GQl0yFQk0


キョン「ハルヒっ! お前の手で絞り出してくれえ!」

ハルヒ「う……」

キョン「ほら、今が旬だぞ!」

ハルヒ「うわあああああああぁぁぁ!!」


キョン「たかが精子ぐらいであんなに殴るなよ……いてて。
    あいつのことだから平気な顔すると思ったが、可愛いとこあるじゃないか」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:39:52.98 ID:GQl0yFQk0


キョン「次はちょっと難易度高そうなのいくか」

キョン「朝比奈さん、お願いがあるんですが」

みくる「なんでしょう?」

キョン「俺のオナニー見てください」

みくる「へ…………」

キョン「おちんちんをシコシコするので見てください」

みくる「や、やです……どうしたんですかいきなり……」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:41:00.92 ID:GQl0yFQk0


キョン「実は俺、オナニーを見てもらわないと死ぬ病気なんです」

みくる「そそそんな病気、ありませぇん!」

キョン「本当なんです。うっ……苦しくなってきた!」

みくる「えぇぇえっ、だ、大丈夫ですか?」

キョン「オナニーを! オナニーを早く……!」

みくる「わ、わかりましたよぅ……ううぅ……」

キョン「ほら、もうこんなに大きくなってます」

みくる「きゃあっ!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:42:25.74 ID:GQl0yFQk0


キョン「あー朝比奈さんに見てもらうと格別だなあ」シコシコ

みくる「ぅぅうぅ……やだぁ……」

キョン「もっとちゃんと見てください朝比奈さん。はっきり見ないと効果ないんです」シコシコ

みくる「は、はい……ひっ!」

キョン「どうです? 興奮してきましたか?」シコシコ

みくる「し、しませぇん……もうやだ……ふぇぇええん」

キョン「泣くほど嬉しいですか?」シコシコ

みくる「嬉しくありませぇん……うっ……なんでこんなことするのぉ……」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:43:26.80 ID:GQl0yFQk0


キョン「それはですね朝比奈さん」シコシコ

みくる「ぐすっ……ううぅ……」

キョン「あなたにぶっかけたいからです」シコシコ

ドピュッ ドクドク

みくる「ひっ!」

キョン「ふぅ……熱くて気持ちいいでしょう?」

みくる「…………」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:44:14.45 ID:GQl0yFQk0


キョン「嬉しいですか?」

みくる「…………」

キョン「朝比奈さん?」

みくる「…………」


キョン「朝比奈さん、嬉しすぎてずっと固まってたな。感想は今度聞いてみるか」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:45:00.64 ID:GQl0yFQk0


リクエストシリーズ 佐々木から書いていく!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:50:22.73 ID:GQl0yFQk0


キョン「佐々木、親友のお前に頼みがあるんだ」

佐々木「なんだい、キョン」

キョン「俺のオナニーを見てほしいんだ」

佐々木「…………」

キョン「佐々木に見て欲しいんだ。いいだろ?」

佐々木「キョン、君は病気なのかい? 精神科に行くことをお薦めするよ」

キョン「俺はマジだ。お前にどうしてもシコシコしてるとこを見てほしいんだ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 12:53:36.72 ID:GQl0yFQk0


佐々木「キョン、君は思春期にありがちな性の葛藤をこじらせているんだよ。
    僕が君のマスターベーションを観察するのは簡単だが、それでは解決にならない」

キョン「今簡単って言ったな? じゃあ見れるはずだ。な? 頼むよ」

佐々木「揚げ足を取られるとは参ったね……分かったよ、見ればいいんだろう?」

キョン「実は見たかったんじゃないのか? ほら、ちんこだぞ〜」

佐々木「僕だって男性の体やそのような行為に興味が無いとは言えないが、
    一応恥じらいというものを持ち合わせているのでね」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:02:08.65 ID:GQl0yFQk0


キョン「お前中学時代、俺の股間ばっか見てただろ。なあ? 欲しかったんだろ」シコシコ

佐々木「さて、たまたま見ていた事もあるかもしれないね。
    若い女性である以上、無意識のエロスを抑える事はできないよ」

キョン「お前はぐらかすの好きだな。触りたかったら触っていいんだぞ? ほれ」シコシコ

佐々木「遠慮しておくよ。君のマスターベーションを見せられているだけで
    頭が混乱しているのに、接触なんてしたら昏倒してしまうよ」

キョン「実はもう興奮して濡れたりしてるんじゃないのか?」シコシコ

佐々木「生憎とそのような状況には至っていないさ。
    僕はマスターベーションを見て興奮するようなフェティシュでは無いよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:09:50.69 ID:GQl0yFQk0


キョン「なあ佐々木、マスターなんとかじゃなくてオナニーって言ってくれよ。
    俺はオナニーに誇りを持っているんだ。ほら、オナニー!」シコシコ

佐々木「…………キョン、知っているかい。旧約聖書に登場する
    オナンという男が語源になって、Onanieという言葉ができたんだよ」

キョン「おいそこ、なんで英語なんだ。ほら、オナニー。さんはい」シコシコ

佐々木「う……キョン、君はそんなに意地悪な男だったかい?」

キョン「俺は意地悪じゃないぜ? 出す前に一声かけるぐらいの優しい男だ」シコシコ

佐々木「何を出すんだい?」

キョン「3、2、1、ファイヤー!」

ドピュ ドクドク

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:13:31.71 ID:GQl0yFQk0


佐々木「え……」

キョン「佐々木、ほら、お前の顔にかかってるそれの語源を語るんだ」

佐々木「うっ……うう……」

キョン「どうした佐々木? 感動したのか?」

佐々木「ひどいよ……なんでこんなことするよ……ひどいよ……」

キョン「佐々木?」

佐々木「ひどい……もうやだ……やだよ……」


キョン「なるほど、泣くときは女言葉なのか。メモメモ……。可愛い奴め」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:19:04.97 ID:GQl0yFQk0


キョン「さて、次もリクエストにお応えして長門といくか」


キョン「長門、ちょっといいか」

長門「なに」

キョン「俺のオナニー見てくれないか?」

長門「構わない」

キョン「お前あっさりしすぎだろ。もっと逡巡してくれないと萌えないだろ」

長門「別に抵抗はない。観測するからどうぞ」





81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:22:38.49 ID:GQl0yFQk0


キョン「張り合いがないやつだなあ。ほら、ちんこちんこ」

長門「あなたの男性器がどうかした」

キョン「これ見て興奮しないか?」シコシコ

長門「特に」

キョン「触ってみたいと思わないか?」シコシコ

長門「別に」

キョン「お前って性欲ないのか? 普通の女なら触るもんだぜ」シコシコ

長門「触れと言うのなら構わない」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:26:36.06 ID:GQl0yFQk0


キョン「じゃあ頼んだ。ほれ、ギュっとこい」シコシコ

長門「わかった」

キョン「……触るだけか?」

長門「何かするの?」

キョン「手で擦ってくれ。気持ちよく頼むぞ」

長門「わかった」シコシコ

キョン「なんかぎこちないな。お前男のオナニーの事しらないのか?」

長門「男性器を摩擦して刺激するというのは知っている。観測したことはない」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:30:23.08 ID:GQl0yFQk0


キョン「なあ長門、趣旨に反するけど咥えてくれないか?」

長門「…………」シコシコ

キョン「フェラチオ。いいだろ?」

長門「それではスレッドタイトルと異なる」シコシコ

キョン「細かいこと言うなよ。なんだ、フェラは恥ずかしいのか?」

長門「別に恥ずかしくないけどしない」シコシコシコシコシコシコ

キョン「ちょ、そんなに早くされたら。うっ……」

長門「…………」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ドピュッ ドクドク

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:33:35.56 ID:GQl0yFQk0


キョン「おい、どうしてよけるんだよ。ぶっかけたいのに」

長門「洗浄に手間がかかる」

キョン「な、ちんこ口で綺麗にしてくれないか?」

長門「それはできない」

キョン「なあ、恥ずかしくないならいいだろ?」

グニグニ

長門「…………」

バン!

キョン「ぎゃあ! す、すまん!! じゃあまた!!」


キョン「いてて……顔に分厚い本投げられた……かなり怒ってたなあいつ。
    もしかして長門って普段はクールなキャラ演じてるのか?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:37:53.03 ID:GQl0yFQk0


キョン「じゃ、次のリクエストは…………古泉だと?」

キョン「あまり、いやかなり気が進まないのが」

キョン「というか誰得なんだが」

キョン「しょうがない……」


キョン「なあ古泉。嫌ならいいんだが」

古泉「なんですか?」

キョン「俺のオナニー見てくれないか。嫌ならいいんだが」

古泉「…………」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:40:49.51 ID:GQl0yFQk0


キョン「嫌か。だよな。じゃ!」

古泉「別に構いませんよ」

キョン「ちょ、おい」

古泉「あなたにそのような趣味があったのは意外ですが……
    そのような欲求を溜め込むのはよくありません。いいでしょう」

キョン「お前って空気読めないよな」

古泉「そうですか?」

キョン「あー……勃つのかねこんなん」シコシコ

古泉「なんならお手伝いしましょうか?」

キョン「いらん。やめろ」シコシコ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:45:26.40 ID:GQl0yFQk0


古泉「へえ。あなたのはこういう感じなのですね」

キョン「古泉、お前ってホモなのか……?」シコシコ

古泉「いいえ、違いますよ」

キョン「なんでそんな顔を近づけて真剣に見てるんだよ!」シコシコ

古泉「あなたが見ろと仰ったので見てるだけですよ」

キョン「くそ……男色野郎め……」シコシコ

古泉「大きくなりましたね。興奮しておられるんですか?」

キョン「物理的に刺激したらこうなるにきまってるだろ……」シコシコ



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:50:06.88 ID:GQl0yFQk0


古泉「僕も彼女がいないもので、手淫はよくするのですよ」

キョン「ああそうかい」シコシコ

古泉「ですが、他の人の手淫を見たことがないもので、
    自分の方法が正しいのかどうか悩んだりするのです。
    だからあなたの手淫は勉強になりますよ」

キョン「あっそう」シコシコ

古泉「次、僕がするので見ててもらえませんか?」

キョン「絶対に嫌だ。やめてくれ」シコシコ

古泉「それは残念です。まったく、ズルいお人です」

キョン「お前マジでホモだったんだな」

古泉「いいえ違いますよ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:54:18.50 ID:GQl0yFQk0


キョン「ほら、もうイクぞ。かけたくないからどいてろ」シコシコ

古泉「射精の瞬間を見たいじゃあないですか」

キョン「やめろ。キモい。見なくていい」シコシコ

古泉「アダムとイブですよ。出せや掛けろでいいじゃあないですか」

キョン「意味がわからん死ね。
    く……やばい、ティッシュ、ティッシュとってくれ!」シコシコ

古泉「まったく、しょうがないですね」

ドピュ ドクドク

キョン「…………」

古泉「いやあ、実に気持ち良さそうでした。また見せてください」

キョン「…………」


キョン「なんだこの敗北感。死にたい……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:58:42.50 ID:GQl0yFQk0


キョン「…………」

キョン「次は口直しに鶴屋さんにしよう……」


キョン「鶴屋さん、あの」

鶴屋「なんだいっ? 何か用かい?」

キョン「俺のオナニー見てもらえませんか?」

鶴屋「え? オナニー? アハハ! そんなに溜まってるのかいっ?
    若いって素っ敵だねー!」

キョン「そうなんです、凄く溜まってるんです」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:05:37.87 ID:GQl0yFQk0


キョン「そういうわけで鶴屋さんに見てほしいんです。いいですよね?」

鶴屋「やーごめんねぇ。あたしも一応女だからさ! 恥じらいってもんがあるにょろ?
    ハルにゃんに見てもらうといいさ! きっと見てくれると思うよっ」

キョン「鶴屋さんじゃないとダメなんです。鶴屋さんの綺麗な顔じゃないとオナニーできないんです!」

鶴屋「アハハ! 気持ちは嬉しいけどさ、めがっさ恥ずかしいからよしとくれよっ!
   悪いけど他あたってくれないっかな〜」

キョン「そこを何とか! オナニーしたくてたまらないんです!」

鶴屋「あのさ、キョンくん。イヤだって言ってるの。わっからないっかなー?」

キョン「(うわ、もしかして怒ってる?) そこをなんとか! このとおり!」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:09:55.93 ID:GQl0yFQk0


鶴屋「女の子にそういうこと言うの? セクハラって知ってるかい?
    いい加減にしないと怒っちゃうよ?」

キョン「(もう逃げだしたいけど、みんなの期待に応えねばならん! 土下座作戦だ!)
     お願いします! 鶴屋さん! ちょっとだけでいいんで!」

鶴屋「あのねぇ……」

キョン「どうか! どうかこの通りーー! ううう……うううう……(ええい、泣き落としだ!)」

鶴屋「ああもうわかったよ。勝手にしなっ!」

キョン「ありがとうございます! 一世一代のオナニーをやらせていただきます!」

鶴屋「…………」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:14:05.29 ID:GQl0yFQk0


キョン「もうこんなになってるんです、ほら」

鶴屋「さっさとしてくれないかな」

キョン「は、はい! ただちに!」シコシコ

鶴屋「…………」

キョン「鶴屋さん、本当は見たかったんじゃないですか?」シコシコ

鶴屋「手が出るよ?」

キョン「すいませんなんでもありません(手でしてくれるんですか? って言いかけたぜ)」シコシコ

鶴屋「…………」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:16:40.77 ID:GQl0yFQk0


キョン「鶴屋さんって……」

鶴屋「黙ってできないかな?」シコシコ

キョン「すいませんすいません」

鶴屋「…………」

キョン「(怖すぎるからさっさと終わらせよう)」シコシコシコシコ

鶴屋「…………」

キョン「あの、顔に……」

パン!

鶴屋「…………」

キョン「(ポケットティッシュ投げつけられた)」シコシコシコシコ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:18:36.07 ID:GQl0yFQk0


キョン「出、出ます……」

ドピュ ドクドク

鶴屋「…………」

キョン「あ、ありがとうございました……」

鶴屋「もう帰っていいかな?」

キョン「は、はい……」

キョン「…………」


キョン「こええええええええええええええ!!」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:25:11.20 ID:GQl0yFQk0


キョン「さて次は……ええと、橘か……」

キョン「……あまりよく知らないんだが……面識的にもキャラの性格と口調的にも」

キョン「ま、いいや。なんとかなるだろ」



橘「どうしたんですか? こんなところに呼び出して。
  あたし達の提案を受けてくれる気になったんですか?」

キョン「実はその事なんだが……」

橘「はい」

キョン「俺のオナニーを見てくれたら考えるかもしれない」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:28:58.20 ID:GQl0yFQk0


橘「……今、なんて言いました?」

キョン「だから、俺のオナニーを見て欲しいんだが」

橘「すいません帰ります。失礼しました」

キョン「ま、まってくれ。オナニーを見てくれ! オナニー! オナニー!」

橘「誰かーー! 変態がいます! 助けてぇーー!」

キョン「お、落ち着け。冗談だ。冗談……」

橘「もう……そういう冗談は好きではありません!」

キョン「で、本題なんだが……」

橘「はい」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:36:08.16 ID:GQl0yFQk0


キョン「実は……ここでは言えないんだ。機関の目があるかもしれないからな」

橘「ええ? どういうこと? 森さんたちに聞かれると不味いんですか?」

キョン「ああ、なんせ奴らを裏切る事になるからな。秘密の場所に案内したい」

橘「うーんそういうことなら、わかりました。お供します」



キョン「ここだ」

橘「こんな人気のないところ、なんだかちょっと怖いですね」

キョン「実はだな……」

橘「はい……」

キョン「大人しくしろ!!」

橘「きゃぁぁぁあ!!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:41:12.05 ID:GQl0yFQk0


橘「やだ! 犯されるっ! いやっ! 助けてぇぇぇええ!」

キョン「レイプは俺の主義に反するからしない。安心しろ。
    ふう、なんとか縛りつけたぜ」

橘「いや……なにするの……やめて……きゃあっ!!」

キョン「橘が暴れるから俺の暴れん棒も反応したじゃないか」

橘「お願い! 犯さないで下さい……いやだいやだいやだいやぁ!」

キョン「オナニーを見てくれといったろう? みてればいいんだ」シコシコ

橘「うっ……誰が見るもんですか……うう……」

キョン「目を開けないと口にねじ込んじゃうぞ?」シコシコ

橘「あなたって……最低……うう……」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:48:27.57 ID:GQl0yFQk0


キョン「本当は欲しいんだろ? 濡れてるんだろ? でも今日は見るだけで我慢してくれよな」シコシコ

橘「いらない……してない……もうやめてよ、こんな事して何になるの……」

キョン「俺、オナニー見せるの好きなんだ」シコシコ

橘「あなたがこんな人だったなんて……もう、あなたとは関わりません」

キョン「そんな寂しいこと言うなよ。なあ、仲良くしようぜ」シコシコ

橘「やだっ……近づけないで! やめてよ! やめて!!」

キョン「イヤよイヤよもスキのうちってか、よっこらせ」シコシコ

ピト

橘「いやぁぁぁぁぁあああぁぁあああぁああぁっ!!」

ドピュッ ドクドク

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:52:55.18 ID:GQl0yFQk0


キョン「ふぅーーー。暴れるから口の中に入ったじゃないか。さては狙ってたな?」

橘「……ぐ……うう……おぇっ……」

キョン「でもさすが超能力者だけあって鍛えられてるな。泣きはしないんだ」

橘「………………」

キョン「泣いてもいいんだぜ? 可愛い子の涙は武器だからな」

橘「うっ……ぐすっ……うゎああああ……」

キョン「あ、やっぱり泣くんだ」

橘「うわああああぁん!! うわぁぁあぁああああん!!」


キョン「ちょっと心が痛んだがリクエストだからしょうがない。うん、そいつが悪い」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:58:48.57 ID:GQl0yFQk0


キョン「さて、妹のリクエストが多いがそれはもうちょっと待ってくれ。
    なぜならそれをやった時点で俺は親に殺されるからだ」

キョン「そんなわけで国木田にしよう」

キョン「国木田……?」

キョン「あのさ、みんな勘違いしてるかもしれないが、あいつ男なんだぜ?」

キョン「…………」

キョン「ま、いいか」


キョン「なあ国木田」

国木田「ん? なあにキョン」

キョン「俺のオナニーを見てくれ?」

国木田「バカじゃないの?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:05:42.19 ID:GQl0yFQk0


キョン「自分でもバカだとわかってるがどうしようもないんだ。
     なあ、見てくれよオナニー」

国木田「やだよ、気持ち悪いなぁ……涼宮さんに見せればいいじゃん」

キョン「ハルヒよりお前の方が見たいっていう変態がいっぱいいるんだ!
    な、いいだろ? 見てくれよ」

国木田「ねえ、キョンってホモだったの? なんかショックだよ……」

キョン「断じてホモでは無いがオナニー見てもらいたい時ってあるだろ?」

国木田「ないよそんなの……」

キョン「じゃ、見てくれたら朝比奈さんの秘蔵写真コレクションやるから! な?」

国木田「ほんとに? もう……わかったよ、約束だよ?」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:12:01.82 ID:GQl0yFQk0


キョン「ありがたい。じゃあ始めるぜ」

国木田「やだなぁ……はぁ……」

キョン「正直、お前ならオカズにならんこともないな」シコシコ

国木田「本気で言ってんの? 勘弁してよ」

キョン「冗談だ。そうとでも思わないとやってられん」シコシコ

国木田「ねえ、いつもこんなことしてんの?」

キョン「俺、オナニー見せるの好きなんだ」シコシコ

国木田「それ、死んだ方がマシだと思うよ……」

キョン「お前だってオナニーぐらいするだろ?」シコシコ

国木田「するけど……見せるわけないじゃん」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:15:59.18 ID:GQl0yFQk0


キョン「な、国木田。いつもどんなオナニーしてるんだ?」シコシコ

国木田「別に、普通だけど」

キョン「普通ってどんなだ? ちょっとやってみてくれよ」シコシコ

国木田「やだよ。キョンって前からこんなだったっけ? かなり引いたよ……」

キョン「男子校ならこれぐらい普通だぞ?」シコシコ

国木田「どこにそんな学校があるのさ。もう、そこに転入すればいいじゃん……」

キョン「ところでさ、国木田」シコシコ

国木田「なに? まだおわんないの」

ドピュッ ドクドク



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:19:40.55 ID:GQl0yFQk0


キョン「おっとすまん暴発した」

国木田「…………」

キョン「自分ので慣れてるから大丈夫だろ?」

国木田「あ……ああ……」

キョン「と、誰かが言えっていってたんだ」

国木田「わぁぁあああああ!! なにすんだよぉおおおおおお!!」

キョン「お、おい、暴れるな俺につく」

国木田「わぁぁあああああああああ!! バカヤロぉおおおお!!」


キョン「いたた……ったく、国木田って意外と力強いんだな。
    ボコボコにされたじゃねえか……。
    男に見せた上に殴られるとか誰得だよ」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:29:35.39 ID:GQl0yFQk0


キョン「さて、連続で野郎は勘弁して欲しいから
    次は九曜にするか」



キョン「なあ、九曜」

九曜「――用件……なに――」

キョン「俺のオナニーを見て欲しいんだが」

九曜「――オナニー――それは……――どういう行為――」

キョン「ちんちんを擦って出てきたものをお前にぶっかけるんだ」

九曜「それは――楽しい――行為?」

キョン「ああ、楽しいぜ。凄くな!」

九曜「――わかった……あなたの――オナニーを――楽しむ――」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:35:43.44 ID:GQl0yFQk0


キョン「ほら、見たことあるか? ちんこ。触って良いぞ」

九曜「ちんこ――? これは――生殖器?」

キョン「そうだ、人体の神秘だ。ほれほれ、触れ触れ」

九曜「――とても――熱い……肥大化――してきた」

キョン「シコシコするともっと大きくなるぞ。な、手で上下に擦ってくれ!」

九曜「――シコ……シコ? ――こうするの?」シコシコ

キョン「おお、いいじゃないか。幼女にやらせてるような感じでたまらん」

九曜「シコ――シコ――これは……楽しい――」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:40:22.96 ID:GQl0yFQk0


キョン「はぁはぁ……もっと強く! いいぞいいぞ!」

九曜「――シコシコ。――シコシコ。――もっと強く」シコシコシコシコシコ

キョン「おおおおっ!! 九曜、お前シコシコマスターになれるぞ!」

九曜「――シコシコ――シコシコ――シコシコ――シコシコ」シコシコシコシコシコシコ

キョン「もうらめええええええええぇ!!」

ドピュッ ドクドク

キョン「あーーーー! たまんねえ!」

九曜「―――――」

キョン「もう一ラウンドいっとくか? シコシコ!」


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:46:15.48 ID:GQl0yFQk0

九曜「――髪……」

キョン「どうした? なんで震えてるんだ? 感動しちゃったのか?」

九曜「――髪――私の……汚された――」

キョン「おう! 豪快にベットリついてるな!」

九曜「あああ……私の――髪……あああ」

キョン「あのー、どうしたんですか?」

九曜「ああああ……――髪――殺す――あなたを殺す」

キョン「…………」

キョン「な、長門ーーーーー!!」

キョン「…………」

九曜「――殺す」

キョン「…………」


キョン「土下座して俺が丸坊主にすることでなんとか許して貰えたぜ……
    長門のやつ、助けにこないとかまだ怒ってんのかよ」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:52:15.47 ID:GQl0yFQk0


キョン「ええと……次は……ENOZかな……」

キョン「……あの人たち、あんまり知らないんだが」

キョン「ま、いいか……どうにでもなれ」



キョン「すいませーん」

岡島「はぁい。あら? あなたは確か涼宮さんのお友達の……
    キョンくんだっけ?」

キョン「はい、ちょっと軽音楽部の見学がしたくて」

榎本「え? なんとか団とかいうのはいいの?」

キョン「ええいいんです、お邪魔しますね」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 15:58:10.17 ID:GQl0yFQk0


財前「あれ、キョンくんって坊主だったっけ?」

キョン「いやあ、これは、ははは……」

中西「ところでキョンくんって何か楽器できる?」

キョン「ええと……楽器ですか……。
    あ、そうだ、ギターが得意です」

榎本「え、ほんと? ねえねえ! 弾いてみて!」

中西「わ、聞きたい! あたしの使っていいよ!」

キョン「あ、大丈夫です。自分のありますんで」

岡島「ん? 外に置いてきたの? とってきなよ」


キョン「いえ、外じゃなくて中にあるんですよ。よっこらせと」

ボロン

榎本「…………」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:02:06.98 ID:GQl0yFQk0


キョン「チンダーのシコラスコスッターです。
    俺の相棒なんですよ」

財前「…………」

キョン「あ、ジミー・チンココスリックスでも弾きましょうか?」

中西「…………」

キョン「フォーーーウ!!」シコシコシコシコ

岡島「…………」

キョン「レフトハンド奏法!!」シコシコシコシコ

榎本「…………」


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:07:57.39 ID:GQl0yFQk0


キョン「チンコウェイ・マンコニーインの真っ青の早弾きをご覧下さい」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

財前「…………」

キョン「あ、誰か演奏します? 歯ギターしてくれません?」シコシコシコシコ

榎本・中西・岡島・財前「い、いやぁあああああああああああああああああああ!!」

キョン「イェェェイ!! ロックンロォォォォォォォォル!!」

ドピュ ドクドク



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:11:57.78 ID:GQl0yFQk0


岡部「……お前、病気か?」

キョン「あ、いえ、そういうわけでは……」

岡部「お前の精子がかかったギター、弁償してほしいそうだ。20万」

キョン「……ちょっと厳しいっすね、それ」

岡部「学校やめて社会に出て更正した方がいいんじゃないか?」

キョン「いやほんと勘弁してください、マジで」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:19:55.19 ID:GQl0yFQk0


岡部「何であんな事したんだよ。先生と一緒に病院行くか?」

キョン「病院はちょっと……(ほんとに入院させられそうだし)」

岡部「もう……俺情けないよ……うちのクラスの生徒がこんな……」

キョン「先生……俺……どうしてもオナニーを見て欲しくて……
     欲求を抑えられないんです……ううう……」

岡部「おいおい、いくら溜まってるからってそりゃあおかしいだろ……」

キョン「オナニー! オナニーーー! オナニー見てええええ!!
    せんえええええ! 保健体育の個人授業してえええええええ!」

岡部「お、おい、落ち着け! ……わかった、見てやるから、な?」

キョン「さすが岡部先生」


248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:28:06.06 ID:GQl0yFQk0


キョン「先生、正しいオナニーの方法を教えてください」シコシコ

岡部「正しい方法とか言われてもだな……」

キョン「間違ったオナニーを正すのが教師の役割じゃないんですか?」シコシコ

岡部「そんな役割はないぞ……」

キョン「先生、俺先生がオナニー教えてくれないと……またあんな事しちゃいます……」シコシコ

岡部「うう……わかったよ! どうすりゃいいんだ?」

キョン「オナニーの見本を見せてほしいんです先生!」シコシコ

岡部「見本っておい……俺にしろっていうのか?」

キョン「うわああああん!! 間違ったオナニーで非行に走ってしまううううう!!」

岡部「わかった! わかったよもう!!」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:31:42.75 ID:GQl0yFQk0


岡部「う……その、ペニスをだな……こう握って」

キョン「さすが岡部先生、体育教師なだけあって様になってますね」

岡部「こういう風に……擦れば……ううう……」シコシコ

キョン「いやあ勉強になります、先生」

岡部「なあ、もういいだろ? わかったろ?」シコシコ

キョン「あ、ちょっとそのままシコシコしててください」

岡部「お、おい、何する気だ?」


キョン「わぁああーーー!! 岡部先生がオナニーしてる!! オナニー見せられる!!
    助けてくれええええええ!!」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:35:51.67 ID:GQl0yFQk0


岡部「お……おい!!」

キョン「誰かぁーーー!! 岡部先生がシコシコしてるーーー!! わあああぁあー!!」

教頭「な、何事だね……うぉっ!」

女教師「きゃぁああーーー!!」

キョン「岡部先生に無理やり見せられて!! 助けてください!!」

岡部「ち、ちがうんですこれは!! ちがうんです!!」

教頭「なんという事をしてくれたんだ……君は……」

校長「お、岡部くん……何をしとるんだ……」

岡部「ちがう!! ちがう!! おいいい!! ちがうんだあああ!!」



キョン「これでうるさい教師は消えたぜ」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 16:46:51.62 ID:GQl0yFQk0

さすがに精神がやばくなってきた。


↓続き頼んだ

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:50:18.23 ID:GQl0yFQk0


キョン「精神が限界に近づいてるが、みんなのために頑張るぞ」

キョン「……みんなって誰だ?」

キョン「まいいや、次はそうだな、森さんにしよう」


キョン「あの、森さん。お願いがあるんですが」

森「はい、無理です」

キョン「あの、まだ何も言ってませんが」

森「噂は聞いております。無理でございます」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:51:39.44 ID:GQl0yFQk0


キョン「そこをなんとか」

森「聞こえませんでしたか? む・り・で・す・い・や・で・す」

キョン「笑いながら怒らないで下さいよ。どうしてもダメですか?」

森「新川に頼んでくださいますか? 見てくれると思いますが」

キョン「それは遠慮しておきます。もうわかりました、こうしましょう」

森「なんでございましょう?」

キョン「ハルヒにジョン・スミスオナニーを見せてきます」

森「…………」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:53:30.43 ID:GQl0yFQk0


キョン「じゃあ、そういうことで」

森「わかりました。見ればよろしいのしょう。見ますよ、もう……」

キョン「見たかったなら見たいっていってくださいよ。ははは」

森「…………」

キョン「(あ、血管ピクピクしてる)ちんこ、美味しそうでしょう?」シコシコ

森「汚らしいですね」

キョン「ああ、言葉攻めもいいもんですね」シコシコ

森「では黙っておきます」


298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:55:27.50 ID:GQl0yFQk0


キョン「それは困ります。森さんて何歳なんですか?」シコシコ

森「あなたのご想像にお任せします」

キョン「ちんこぐらい見慣れてる年じゃないんですか?」シコシコ

森「あなたのご想像にお任せします」

キョン「いい年してちんこ見て恥ずかしがるとか高齢処女ですか?」シコシコ

森「すいません。もう切れてしまったので殺害しますね♪」

ドピュ ドクドク

森「きゃあああああああああぁぁああああ!!」


キョン「ふう、目潰しのおかげでなんとか逃げ切れたぜ」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:59:59.94 ID:GQl0yFQk0


キョン「そろそろ女がいなくなってきたぞ……」

キョン「同じ奴2回はやばいだろう?」

キョン「だって……」



キョン「よう、佐々木。元気か!」

佐々木「…………」

キョン「また、いいか?」

佐々木「……僕の目の前から消えてくれ……」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:04:54.92 ID:GQl0yFQk0


キョン「あれは何かの間違いだ! な、いいだろ?」シコシコ

佐々木「…………」

キョン「事故だよ事故、ほんとすまん! この通り!」シコシコ

佐々木「もういやだっていってるでしょ……」

キョン「謝る! 本当にすまん! 土下座する!」シコシコ

佐々木「帰ってよ……もう、帰って……」

キョン「お前が許してくれるまでずっと土下座してるから! マジで!
     なあ、顔を上げてくれよ! 頼むよ!」シコシコ

佐々木「キョン……もうやめ……」

ドピュ ドクドク

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:07:37.80 ID:GQl0yFQk0


佐々木「…………」

キョン「ドッキリでしたー」

佐々木「…………」

キョン「スタードッキリ(秘)報告!
    って昔やってたよな?」

佐々木「あああああああああああああああああ!!」

キョン「ぐ、やめろ、苦しいって! ぐるじ……」



キョン「あやうく殺されるとこだった。これ以上やると佐々木が廃人になるからやめておこう」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:11:34.85 ID:GQl0yFQk0


キョン「阪中か……」

キョン「あいつ絶対親にチクるぞ……」

キョン「わかったよやるよ……」



ルソー「ハッ ハッ ハッ」

キョン「おーよしよし」

ルソー「ハッ ハッ ハッ」

キョン「よしよし、よしよし」





323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:15:48.18 ID:GQl0yFQk0


阪中「あれ、キョンくんいつきてたの?」

キョン「ああ、ルソーの顔が見たくなってね」

阪中「そっかあ、キョンくんもルソーを可愛がってくれてるのね」

キョン「ああ、ほんと可愛いなルソーは」

ルソー「ハッハッハッハッハッハッハッ!」

阪中「ルソーもキョンくんに撫でられて嬉しいのね。ね、ルソー」

キョン「いやあ、撫でまくってやったらルソーのここ、こんなになっちまったよ」

ルソー「アウーーーーン!」

阪中「…………」



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:20:09.34 ID:GQl0yFQk0


キョン「おーよしよし、気持ちいいか? ルソー」シコシコ

ルソー「ハッハッハッハッハッハッハッ!」

阪中「…………」

キョン「ほら、ご主人様にお前の芸を見てもらえ」シコシコ

ルソー「ハッハッハッハッハッハッハッ!」

阪中「…………」

キョン「ルソービィィィィィィッム!」シコシコ

ルソー「アゥッゥゥゥゥーーーン!」

ドピュ ドクドク

阪中「…………」

キョン「どうだ阪中? 面白いだろ?」

阪中「あ……あ……おかあさああああああああああああああん!! いやあああああああああああああああ!!」


キョン「危ない危ない、ダッシュで逃げてきたぜ」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:25:13.34 ID:GQl0yFQk0


キョン「シャミセン? 猫だぞ?」

キョン「まあいいけど……」

キョン「猫だぞ?」



キョン「おいシャミセン。オナニーするから見ろ」

シャミセン「オナニーとはせんずりの事だろうか」

キョン「そうだ、せんずりするから見ておけ」

シャミセン「ああ、よかろう」

キョン「いいのかよ!」

シャミセン「君がしたいならすればいい。飼い猫である私に拒否する発言権もあるまい」



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:32:24.48 ID:GQl0yFQk0


キョン「なんで俺は猫にオナニーを見せてるんだ」シコシコ

シャミセン「それを私に問われても困る。だが人間は猫がいようと
       いまいとせんずりをするだろう。君は私が同伴してようと
       いつもしているではないか」

キョン「するけど、見せてはいねーよ」シコシコ

シャミセン「それは君にとって、私が庭石の如く、有って無きが存在として
       認識されているからだ。君はせんずりをするときに庭石を邪魔だと思わないだろう」

キョン「そりゃまあそうだろ」シコシコ

シャミセン「君にとって無意識のうちに、庭石はせんずりの世界観から除去されているからだ。
       だが君の言っていることは、庭石を見ながらせんずりは出来ないということではないか」

キョン「確かにそれはちょっとやだな」シコシコ

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:39:06.25 ID:GQl0yFQk0


シャミセン「私にはそれが理解しがたい。庭石がたまたま視界に入っただけで、
       意識してしまいせんずりに支障がでるのはおかしい。
       人間は高度な知能を持っているのに、何故そのような意味のない葛藤をするのか」

キョン「あのよ、シャミセン。そんなこと語られるとちっともイケないんだが」シコシコ

シャミセン「これは失礼した。次の機会までに射精を促す知識でも蓄えておこう」

キョン「猫のエロトークなんていらん」シコシコ

シャミセン「言葉は誰が喋っても同じ意味であろう? もし私の台詞の前に
       私の名前でなく『みくる』と書いてあれば、君は興奮するのか?」

キョン「ええい、そろそろイキそうだから黙っておけ」シコシコ

ドピュ ドクドク

シャミセン「いや、いい暇つぶしになった」


キョン「哲学オナニーはかなり疲れる……」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:43:37.57 ID:GQl0yFQk0


キョン「ええと、次は朝比奈さん(大)か」

キョン「俺が朝比奈さん(小)に何をしたか知っているだろ?」

キョン「……やるよ、やるけど期待すんなよ?」



キョン「朝比奈さん、ちょっといいですか」

みくる「…………」

キョン「朝比奈さんの上司の方に会いたいんですが」

みくる「…………」

キョン「ちょっと連絡つけてもらえます?」

みくる「触らないでください!」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:48:39.68 ID:GQl0yFQk0


キョン「頼みますよ、朝比奈さーん」

みくる「…………」

キョン「呼んでくれないと、またシコシコしますよ」

みくる「……最低ですね」



みくる(大)「…………」

キョン「あ、どもども大きい朝比奈さん」

バチン!

キョン「いでっ! なにするんですか」

みくる(大)「今の私は、あなたに何度掛けられた私だと思いますか? キョンくん」


351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:53:24.65 ID:GQl0yFQk0


キョン「ええと、5回ぐらいですか? ははは」

バチン!

みくる(大)「もっとですよ? された回数×10回お仕置きしましょうか?」

キョン「はは……エッチなお仕置きなら是非」

バチバチバチバチバチバチ!

キョン「あの、鼻血出てるんでもう勘弁してください」

みくる(大)「じゃあさっさとオナニーしてください。早く帰りたいんです」

キョン「え? いいんですか! ひゃっほう!」

みくる(大)「どうせ見せるまで納得しないのは分かってます……」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:57:43.63 ID:GQl0yFQk0


キョン「朝比奈さん意外とはっちゃけてますね。
    もう処女は捨てたんですか?」シコシコ

みくる(大)「禁則事項です」

キョン「もしかして初めての相手は俺ですか?」シコシコ

みくる(大)「禁則……絶対違います」

キョン「じゃあ俺が朝比奈さんをレイプしたらいいんですね」シコシコ

みくる(大)「あなたを禁則事項しますよ?」

キョン「冗談ですよ。いやあ、そんな性格になるとは、さぞ苦労があったんでしょうね」シコシコ

みくる(大)「はい、誰かさんのおかげで色々と」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:03:51.99 ID:GQl0yFQk0


キョン「ところで俺って誰とくっつくんですか?」シコシコ

みくる(大)「誰ともくっつきません。あなたは友達さえいなくなります」

キョン「またまたご冗談を。禁則事項っていってくださいよ」シコシコ

みくる(大)「規定事項です。死に様をお教えしましょうか?」

キョン「いいえ遠慮しておきます。あ、そろそろいきそうです。
    顔にかけていいですか?」シコシコ

ゴスッ!

キョン「うげ!」

ドピュ ドクドク

みくる(大)「お疲れ様でした。また2億年後ぐらいにお会いしましょう」


キョン「ぐぐ……思いっきり蹴られた……Sな朝比奈さんも悪くないな」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:17:16.32 ID:GQl0yFQk0


キョン「ミヨキチか……」

キョン「逮捕エンドになるけどいいのか?」

キョン「…………」

キョン「もう楽になりたかった所だ」


キョン「あ、もしもしミヨキチ?」

ミヨキチ「あ、キョンくん。ご無沙汰してます」

キョン「なあ、デートしないか?」

ミヨキチ「デート? あ、はい……私でよろしければ」

キョン「じゃあ、あとでな」

ミヨキチ「はい、わかりました」



369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:21:34.13 ID:GQl0yFQk0


キョン「いやあ、悪いねきてもらって」

ミヨキチ「いいえ、前に付き合っていただきましたし」

キョン「ところでミヨキチは勉強の方どうなんだ?」

ミヨキチ「勉強ですか? うーん、一応ついてはいってます」

キョン「俺、保健体育を教えるのが得意なんだ」

ミヨキチ「保健体育……ですか?」

キョン「ああ、性教育とかさ」

ミヨキチ「せ……あの、何を……」

キョン「レェェェッツ! スタディィィィ!」

ボロン

ミヨキチ「キャアアアアアアアアァァァ!!」



376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:27:59.92 ID:GQl0yFQk0

  \
:::::  \
\:::::  \          キョン「刑事さん、オナニー見てください……」
 \::::: _ヽ __   _
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_ 刑事「その話は署でゆっくり聞いてやるから、な?」
   // /<  __) l -,|__) >
   || | <  __)_ゝJ_)_>
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )
   ヾヽニニ/ー--'/
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂
       6  ∂
       (9_∂


キョン「小学生に声かけただけで捕まるのに、精子はやっぱまずかったようだ」         

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:34:31.87 ID:GQl0yFQk0


平成2X年、俺は出所した。

キョン「もういいだろ……?」

キョン「最後に妹だけやって終わろう……」

キョン「…………」

妹ちゃん「あ、キョンおかえり〜。しょーねんいん楽しかった〜?」

キョン「なぜか小学生のままの妹」

妹ちゃん「へ? あたりまえだよ〜? キョンくんなにいってるのー?」

キョン「だよな、当たり前だよな」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:39:59.92 ID:GQl0yFQk0


キョン「少年院の奴らで俺のオナニー見てない奴はいないさ」

キョン「もう男に見せるのはイヤだ……」

妹「おなにぃ? なにそれー? みたいー! みせてー!」

キョン「もうお前でいいや。性別が女ならなんでもいい」

妹「はやく〜! おーなーにー!」

キョン「ほら、ちんこちんこ。ちんこだぞ」

妹「わ〜」

キョン「あーシコシコ。あーシコシコ」シコシコ

妹「すごーーい! どんどん大きくなってる〜!」


387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:44:06.40 ID:GQl0yFQk0


キョン「ほら、もっとよく見ろ。触ってもいいぞ〜」シコシコ

妹「わぁい。さわる〜! さわりたい〜〜!」

キョン「こいっ! お前の手でシコシコしてくれっ!」シコシコ

妹「とでもいうとおもったの〜? バカだねキョンく〜ん」

キョン「へ……?」

妹「オナニーぐらいしってるよぉ! キョンくんあったまおかしいんじゃないの〜?」

キョン「え、え……」

妹「おかーーさーーん! キョンくんがまたしょーねんいんもどりたいって〜!
  あたしにおちんちんみせてる〜〜! おかーさーーーん!」

キョン「…………」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 19:48:09.59 ID:GQl0yFQk0

  \
:::::  \
\:::::  \          キョン「刑事さん、オナニー見てください……」
 \::::: _ヽ __   _
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_ 刑事「お前またか。今度のお勤めは長いぞ?」
   // /<  __) l -,|__) >
   || | <  __)_ゝJ_)_>
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )
   ヾヽニニ/ー--'/
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂
       6  ∂
       (9_∂

キョン「今度はお前らの前でオナニーしてやるからな!」


                                    糸冬   



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さん、頭からウサギが生えていますよ?」