橘「ア〜イ〜ス〜」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「キョン吉」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 17:19:52.21 ID:yq4dPgEuO

橘「アイスもないんですかこの家は!」

キョン「無茶言うな。急に来といて」

橘「全く…今度からはちゃんとアイス用意しておきやがれです」

キョン「…ったく。で、なんの用だ」

橘「え?」

キョン「なんか用があってきたんだろ」

橘「あ…え……あ、佐々木さんと最近どうです?」

キョン「佐々木?…まぁ特に何も」

橘「何もってなんですか!おおお男なら思ったらすぐ行動です!」

キョン「何を慌ててるんだ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 17:23:29.68 ID:yq4dPgEuO

キョン「はぁ…茶でも持ってくるよ」

橘「あっ手伝いますよ」

キョン「…」

橘「なんですかジロジロ見ないでください…」

キョン「いや…どっかの誰かと違って気が利くというか」

橘「………別にこのくらい普通です」

キョン「(…なんで俯くんだ)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 17:27:02.10 ID:yq4dPgEuO

キョン「(いや…今の会話で変な事言ってないよな…?)」

橘「(うぅ…どうしよう。思い切りって来てしまったです…)」

キョン「…橘?」

橘「なっ……なんですか?」

キョン「あー…いや、なんでも(怒っているようには見えないな)」

橘「(う、顔赤くなったのばれてしまったです…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 17:29:55.25 ID:yq4dPgEuO

橘「御家族の方はいらっしゃらないんですか?」

キョン「あぁ。家族で温泉旅行、俺は遠慮しておいた」

橘「なんでですか!?もったいない…いいなぁ温泉」

キョン「土日に行くとなると必然的に団活と被るからな。まぁいいさ」

橘「…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 17:57:23.40 ID:yq4dPgEuO

橘「…嫌じゃないんですか?」

キョン「…貴重な休日を潰されてるなら佐々木に早く移れ、と」

橘「そ、そうは言ってないじゃないですか…ただ」

橘「えと…」

キョン「?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:00:13.98 ID:yq4dPgEuO

橘「…やっぱりいいです。早くお茶がのみたいです!」

キョン「はいはい。あ、コーヒーじゃ駄目か?今茶葉切らしてるんだ」スッ

橘「構わないです。牛乳があれば」

キョン「ブラック飲めないのか」

橘「子供で悪かったですね」プイ

キョン「そうは言ってないだろ」スッ

橘「(あっ…)」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:03:53.00 ID:yq4dPgEuO

橘「…」ジー

キョン「なんだ?」

橘「あ…いえ…」

キョン「砂糖いくつ?」

橘「6杯くらいお願いします」

キョン「いや…もうそれコーヒーじゃないだろ」

橘「(…手に浮き出る血管…男性特有の匂い…だるそうな目…)」

橘「………」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:06:52.35 ID:yq4dPgEuO

キョン「あちち…ほい」

橘「どうもです…」

橘「……」ジー

キョン「うん。苦い」

橘「……」ジー

キョン「ああもう。なんだよさっきから」

橘「…勘違いしすぎです……自意識過剰です」ジー
キョン「見られてるとしかおもえん」

橘「(やだ…なんだろ…なんか……変な…気持ちに…)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:10:35.15 ID:yq4dPgEuO

橘「と…トイレ借りてもいいですか?」

キョン「断る」

橘「なっ!?なんでですか!」

キョン「冗談だ。そんな切羽詰まってたのか?我慢はよくないぞ橘」

橘「違います!!はっ…さてはキョン君女の子が漏ら…」

キョン「あーーわかったすまんすまん。廊下出てすぐ右だ」

橘「むぅ……」ガチャ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:14:27.78 ID:yq4dPgEuO

橘「…人の気も知らないッ…で…」

橘「ふんっ……どれだけアホなんですかあッ…いつは…んッ…」

橘「…ゃあッ……ふッ………ぁ……」

橘「………」

橘「………」

橘「何してるんだろ私…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:17:12.63 ID:yq4dPgEuO

キョン「しまった…牛乳入れたのに苦い…」

キョン「かっこつけて飲むんじゃなかった…」

キョン「………」スッ

橘「飲み物に変なの入れたりしてないですよね?」ガチャ

キョン「おっと………まぁな」

橘「怪しいですね…」

20 名前:電波わるいんだよちくしょう[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:19:37.79 ID:yq4dPgEuO

橘「………」ジロジロ

キョン「入れるにしたって物がないだろこの部屋には」

橘「わからないですよ?もしかしたらキョン君のパンツが…」

キョン「ありえん」

橘「…………」

橘「どうやら変わった様子はないようですね」

橘「………!!」ゴクッ



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:22:47.54 ID:yq4dPgEuO

橘「苦い…まさか……」

キョン「…!!」ゴクッ

キョン「さすがに甘すぎるな…」

橘「そ、それって……」

キョン「一口くらい構わないだろう」

橘「(間接キスじゃないですかー!!!)」

キョン「すまん。やはり苦いほうでいいや」

橘「ま、待ってください!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:25:56.23 ID:yq4dPgEuO

橘「私も一口頂きます」

キョン「ほぉ。苦いぞ」

橘「別に大丈夫です。苦いのがコーヒーのいいところなんじゃないですか」

キョン「お前が言える台詞ではないな」

橘「(どこから飲んだんだろ…)」

橘「(ここかな……いや、…でも…)」クルクル

キョン「コップを回しても甘くはならんぞ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:29:07.37 ID:yq4dPgEuO

橘「(よし…)」

橘「それじゃ頂きます」ゴクリ

橘「………」

キョン「どうだ?コーヒー本来の味は」

橘「………ぁぇ…」

キョン「?」

橘「にひゃいへふ…ぁぅ…」

キョン「あーもーほらティッシュ」

橘「ふみまへん…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:32:59.16 ID:yq4dPgEuO

橘「こんなの飲む奴なんて頭おかしいんです!」
キョン「砂糖6杯よりもか…」

橘「それはいいんです!甘いは正義ッ…ッ……!」ドクン

橘「(やだ…もうなんなの…さっきから……)」

橘「(……か、体が暑い……おかしいよね…)」

キョン「?」

橘「なんでもないです」

橘「(……さっきしたばかりなのに…なんで…)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 18:36:56.08 ID:yq4dPgEuO

橘「す…少し暑くないですかこの部屋?」

キョン「むしろ寒い方だと思うが…」

橘「(……どうしよう…頭がぼーっとしてきちゃった…)」

橘「(暑い………)」

橘「……んッ……」

橘「!!」

キョン「本でも読むかな」ゴソゴソ

橘「(聞かれてない…よかった…でも)」



キョン「………」

37 名前:スマソ[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:11:52.79 ID:yq4dPgEuO

数日前




キョン「素直になれる薬?」

古泉「えぇ」

キョン「怪しい雰囲気まんまんだな」

古泉「効き目は抜群ですよ。勿論涼宮さんによろしくお願いしますね」

キョン「素直になれるねぇ…」





38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:15:32.64 ID:yq4dPgEuO

キョン「で、今日はなんの目的で来た?」

橘「目的…?そんなの…特にないです」

キョン「(薬効いてないぞ古泉…)何かあるんだろ…?」

橘「しいて言えば…貴方に会いに来たんです……」

キョン「だから目的を…」

橘「それよりも………暑いです」ヌギヌギ



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:18:06.07 ID:yq4dPgEuO

キョン「エアコンつけるぞ」ピッ

橘「…んッ……ね、ねぇキョン君…」

橘「私…ね……その…」

キョン「…(妙に色っぽいな)」

橘「もう…駄目………かも…」ドサッ

キョン「おいっ…どうした急に…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:20:38.78 ID:yq4dPgEuO

キョン「どうした…熱でも…」ピト

キョン「大分あるな…(あの薬…)」

橘「大丈夫…はぁ…はぁ……大丈夫だから…」

橘「大丈夫だから……ごめんね…」

キョン「?……………………!!!…………」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:22:39.13 ID:yq4dPgEuO

橘「………んッ…」

橘「ごめんね……でも……もう我慢できないの…ねぇ…お願い…」

キョン「橘……」

橘「お願い…









腹筋…して…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:24:54.46 ID:yq4dPgEuO

キョン「わ、わかった腹筋する」シュッシュッ

橘「あぁ…キョン君が腹筋してる」ハァハァ

キョン「…しっ…しっ…」シュッシュッ

橘「あぁんもうだめぇー!!」

キョン「!!」

橘「わたしもー!!!」シュッシュッ

キョン「くっ…負けるかぁぁあ!!!」シュッシュッシュッシュッ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:28:19.07 ID:yq4dPgEuO

キョン「はぁ…はぁ…98…99…」シュッシュッ

橘「100…っと…ふーっ!いい汗かきましたね!」バタッ

キョン「久しぶりだなこんな身体動かしたのは」

橘「えっへん!」

キョン「何故お前がいばる」

橘「だってー私が来なかったらまた家でゴロゴロしてたんですよね?」

キョン「まぁな」

橘「だったら腹筋でもしてたほうがましなのです!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:30:02.48 ID:yq4dPgEuO

橘「まぁまぁたまにはいいじゃないですかこんなのも」

キョン「運動不足にはちょうどいいくらいだな」

橘「そうですね…それで、なんですけど…」

キョン「?」

橘「あぅ…………その…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:32:44.03 ID:yq4dPgEuO

キョン「なんだ。まだ足りないのか」

橘「いえ、そうじゃなくて…」

キョン「……?」

橘「…」チュッ

キョン「!!」

橘「腹筋の後はマッサージが…大切ですよ…?」





FIN

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/07(水) 19:35:58.48 ID:yq4dPgEuO

まぁなんだ すまない

別に橘じゃなくてもいいとかそんな事言わないで 短いのがやりたかった後悔はしてる 今度は長門やりたい 見てた人どうもありがと

58 名前: ◆6pkM.5OafE [sage] 投稿日:2009/10/07(水) 20:14:36.60 ID:yq4dPgEuO

すまん 今実は違う橘SS書き溜めてるんだ…また2日後ぐらいにこのコテでラブラブちゅっちゅかきたいんだ…ごめん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「何だ?こんな所にチンコが落ちてる」阿笠博士「ワシじゃよ」