キョン「谷口、逆ナンばっかりするなよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:「シンジー、バカシンジー」「何?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:22:26.41 ID:hBxahqU20

キョン「お前と谷口、なんだかんだいいながらいい感じだよな」

ハルヒ「谷口と私の仲のこと? 別に、あいつとは何もないわよ」

キョン「そうか? しかし、飯を食うときは嫌って程、お前の話が出るからな」

ハルヒ「なんでよ…気持ち悪い」

キョン「だからな、俺の推理だと、かつてお前と谷口は付き合っていて、谷口はまだお前に未練を抱いていると思うんだ」

ハルヒ「はぁ!? んなわけないじゃない!!」

キョン「だがあいつの口から、元東中の奴でも知らないような、お前の情報が出てくるんだ」

ハルヒ「谷口は他人以上、そこらへんの同級生以下よ!」

キョン「そうかぁ〜?」

ハルヒ「もう、知らないったら知らないの!!!」

キョン「あれれぇ? 顔を真っ赤にしてどうしたんだ、ハ・ル・ハ・ル?」

ハルヒ「うっさい! あんたに関係ないでしょ!?」

ガチャ、バン

古泉「…やれやれ…あなたも面倒なことをしてくれますね…」

キョン(少々、からかいすぎたか?)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:23:12.68 ID:hBxahqU20

次の日

キョン「ふわぁ…、眠いなぁ」

○○「やっほー、キョン」

キョン(可愛い女の子だな。しかし…)

キョン「…誰?」

○○「やだ、忘れちゃったの? 谷口よ、谷口」

キョン「悪いんだが、俺の知っているのは、ナンパ癖があって、冴えない"男"の谷口だけだ」

谷口「私、男なの!? しかも冴えないですって…!?」

キョン「待て待て待て、wait and stop! まさかこの娘が谷口なわけが…」

国木田「やっほーキョン、谷口」

谷口「あ、やっほー、国木田」

キョン「…」

谷口「これで文句ある?」

キョン(嘘だろ!?)

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:25:17.43 ID:hBxahqU20

キョン「おい、ハルヒ。谷口が女になっちまったぞ!」

ハルヒ「なっちまった? キョン、あんた頭おかしくなったんじゃない?」

キョン「え?」

ハルヒ「谷口は女じゃないの! キョンから見ると男なのかしら? だとしたら、もう一回あんたは眼科検診を受けなおす必要があるわね」

キョン「いや、そうじゃないけど」

谷口「……? なによ、キョン」

キョン(化粧してるし…やはり、女なのか…?)

谷口「…あんまし見ないでよっ!」

キョン「す、すまん」(いきなり怒られた…!)

キョン(ここはとりあえず…あいつらに聞くか)


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:27:21.25 ID:hBxahqU20

部室

キョン「かくかくしかじかまよいマイマイ―――――と、いうわけだ」

長門「…彼は、男だった」

キョン「そうだよな?」

古泉「…谷口さんですか? 男…だったんですか?」

長門「涼宮ハルヒのによって女性に変えられた」

キョン(そこまで谷口と付き合ってるって言われるのがいやなのか…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:29:26.83 ID:hBxahqU20

キョン(谷口が女になるとはな、ハルヒのやつめ…)

キョン(しかし、こっちの方がいいかもしれない)

キョン(モテない男の谷口が、まさかモテない美少女になるとは…!)

谷口「ちょっと、そこの人〜♪」

キョン「谷口、逆ナンばっかりするなよ」

キョン(女になってもナンパするのかよ…)

谷口「なんでよ、イケメンがいるのに…!」

キョン「お前はまず、そのナンパ癖を無くせ」

谷口「…無理よぉ。女の性なの」

キョン「あと、化粧もやめとけよ」

谷口「なんでよ!?」

キョン「自然が一番だからだ」

谷口「えっ…ふ、ふんっ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:32:23.99 ID:hBxahqU20

次の日

国木田「ねえ、キョン」

キョン「ん? どうした、国木田」

国木田「明日、映画見に行かないかい?」

キョン「お、いいな」

谷口「ちょっと、キョンも連れて行くわけ!?」

国木田「だめかい? 大人数でいった方が面白いと思うんだけどな」

谷口「ま、まあそうだけど…」

キョン「谷口がいやなら俺は別に行かなくてもいいけど…?」

谷口「そ、そういう意味で言ったわけじゃないわよ」

キョン「じゃあ、どうして?」

国木田「はは、谷口は素直じゃないなぁ。キョン、君が一緒に行くことをとても嬉しがってるんだよ。谷口さんは」

谷口「そんなこと…ないわよ」

キョン「…?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:35:43.25 ID:hBxahqU20


キョン宅

キョン「にしても、急すぎてハルヒに言い忘れてたな」

キョン(あの映画はかなり見たい! というわけで…)

ハルヒ「もしもし?」

キョン「俺だ、ハルヒ」

ハルヒ「あんたから電話なんて珍しいわね」

キョン「そうだな。 とりあえず、言っておくことがある」

ハルヒ「ちょっと待ちなさい! 私からも一つあるわ」

キョン「な、なんだ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:36:51.05 ID:hBxahqU20

ハルヒ「あんたが行きたかったって言ってた映画を、明日見に行くことになったわ!」

キョン「なんだってー!?」

ハルヒ「え? どうしたの?」

キョン「あ、ああ…わかった…うん…了解した」

ハルヒ「…あんまり喜んで無いような気がするんだけど…?」

キョン「き、気のせいだ。…じゃあな」

ハルヒ「今回は私がみんなの分五枚買っといたから、金はお菓子とかの分だけでいいわよ」

キョン「おう、わかった」

プツッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:37:46.07 ID:hBxahqU20

キョン(これは非常にまずい!)

キョン(国木田は、『キョンは、絶対行くと思ってたから、すでに予約しておいたんだ』って言ってたな…)

キョン(しかもめちゃくちゃいい席みたいだし…)

キョン(どっちを選んでも俺はダメだろ…!)

妹「どうしたのキョンくん?」

キョン「…妹よ、この映画見に行きたくないか?」

妹「ごめんなさい、私友達と遊ぶのー」

キョン(こういうときに限って使えん妹だ)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:39:30.98 ID:hBxahqU20

prrrr prrrr

キョン「!  もしもし?」

谷口「もしもし、キョン?」

キョン「谷口か、どうした?」

谷口「明日、来るんでしょ?」

キョン「あ、ああ、まあな」

谷口「絶対、来なさいよね」

キョン「…は?」

谷口「ほ、ほら、国木田と一緒に行ったら、カップルとかと間違えられちゃうから…」

キョン「…それでいいんじゃないか? 国木田とお前は仲良いわけだし。」

谷口「仲良くてもそれ以上の関係じゃないの!!」

キョン「むきになってどうしたんだ?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:42:31.28 ID:hBxahqU20

谷口「…とりあえず、来なかったらひどいわよ?」

キョン「わかったよ…」

プツッ…

キョン(やれやれ、理不尽なところはまるでハルヒみたいだな)

キョン「明日、どうするかな…」

キョン(ハルヒのほうは、後で金を返せばいいんだが、上映時間がどうかなんだよな…)

次の日

涼宮ハルヒ『あしたは△時から上映開始よ!』

国木田『明日は△時から上映だよ』

キョン「マジかよ…同じ上映時間なんて…」

キョン(やっぱりこれは行かない方がいいのかもしれないな、しかし! 俺はあの映画が見たい!!!)

キョン「しかし、谷口に行くって言っちまったわけだし、行くしかないか…」

キョン(上手くいきゃいいが…)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:45:14.49 ID:hBxahqU20

メールが2通届いています。

涼宮ハルヒ『今日、○時に駅前集合ね!!!!!』

国木田『今日は○時に駅前で^^』

キョン「ふぐぅ! マジかよ!」

キョン「とりあえず…ハルヒに行けないとメールしておけば…大丈夫か?」

送信

キョン「これで…大丈夫かな?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:47:31.57 ID:hBxahqU20



prrrr! prrrr!

キョン「ワオ! もしもし?」

ハルヒ「なんで行けないのよ!?」

キョン「いろいろ事情があるんだ!」

ハルヒ「何よ事情って!?」

キョン「妹が熱を出したんだ!!」

ハルヒ「妹ちゃんが!?」

キョン「だから、俺が看病するためにだな…」

ハルヒ「あ、そう…それなら、仕方ないわね…」

キョン「本当にすまんな…」

ハルヒ「気にすることないわ、それより早く、妹ちゃんの相手してあげなさい」

キョン「ああ、わかった」

プツッ…

キョン(…やっちまった)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:49:48.81 ID:hBxahqU20

駅前

キョン「よう、またせたな」

国木田「おそいよ、キョン。待ちくたびれちゃったよ」

谷口「…」

キョン「いやぁ、すまんな。色々あって…」

谷口「ふん、どうせ大した事じゃないでしょ」

キョン「行けるかどうかの瀬戸際だったんだぞ」

谷口「ふぅん、そう」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:51:57.12 ID:hBxahqU20

キョン「ん? 谷口…お前」

谷口「な、なに?」

キョン「化粧してないじゃん。どうした?」

谷口「べ、べつになんでもないわよ」

国木田「いつもなら五分に一人ぐらいにナンパしてたのに、今日はしなかったよね?」

谷口「国木田! あんた何言ってんのよ!」

国木田「僕が素直に驚いたところを言っただけだよ。そんなに顔赤くしなくてもいいじゃないか」

谷口「うっさい!」

キョン「まあまあ。とりあえず、行こうぜ」

国木田「あ、そうだね」

谷口「…ふんっ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:53:58.96 ID:hBxahqU20

映画館

キョン「…」ソワソワ

国木田「そわそわして…トイレかい?」

キョン「いや、それなら直行してるだろ…」

キョン(にしても、人込みすぎだろ…!)

キョン「!」(いた!!)

キョン(こっちに来る…!)

キョン「そうだ、俺、ポップコーンとか買ってくるよ」

国木田「そうかい?」

キョン「おう、飲み物どうする?」

谷口「コーラ」

国木田「じゃあ、僕も」

キョン「わかった。まかせろ」

キョン(これでなんとか大丈夫だろ…)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:56:34.11 ID:hBxahqU20

古泉「おや」

キョン「! …古泉」

古泉「来ていらしたんですね」

キョン「悪い、古泉実は…かっくかっくしっかじっかなでこスネイク―――――なんだ」

古泉「なるほど…んふ…わかりました。涼宮さんには内密にしておきます」

キョン「すまんな、古泉」

古泉「いえ、これは『僕のため』ということも、ありますから」

キョン(ったく、いいやつだと思ったのに、自分から貧乏くじ引きやがったな…)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:58:00.09 ID:hBxahqU20

キョン「またせたな」

国木田「ちょうどいい時間だね。じゃあ行こうか」

谷口「待ちなさいよ…」

キョン「ん? どうした?」

谷口「これ、オレンジジュースじゃない!」

キョン「す、すまん! 間違えた」

谷口「っもう、何よ…」チュー

キョン「俺のコーラと交換するか?」

谷口「…先に言いなさいよ!」

国木田「ははは、キョンもコーラだったんだ」

キョン「そういえばそうだった」

谷口(どうやったら間違えるのよ…)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:59:31.88 ID:hBxahqU20

谷口「もういいわ、それより、なんの映画見るのよ?」

国木田「ああ、谷口には言ってなかったね」

谷口「…?」

国木田「○○(こわーい映画)だよ」

谷口「!!!」

キョン「ん、いきなりどうした…?」

谷口「う、嘘でしょ!?」

キョン「怖いのか?」

谷口「そ、そんなわけないじゃない!」

国木田「なら、いこっか。そろそろ始まるし」

キョン「おう」

谷口「…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:02:04.95 ID:hBxahqU20

上映中

キョン「…」

谷口「…」

キョン「谷口、大丈夫か? 怖いなら出ていいんだぞ?」

谷口「こ、怖くないわよ」

キョン(それだったら早く腕を離してくれ)

国木田「…」

「キャー!!」

谷口「ひゃぁ!」

キョン(谷口、本当にお前は、女に生まれてたほうが良かったかもな)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:03:46.95 ID:hBxahqU20

国木田「いやーおもしろかったねぇ」

キョン「そうだな。特にあそこのところなんかすごい演出だったしな」

谷口「コワカッタ…」

キョン「谷口、そろそろ離れろよ」

谷口「やだ」

キョン「…やれやれ」

キョン(なんとか、でくわさなくて良かったな)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:04:52.14 ID:hBxahqU20

ハルヒ「おもしろかったわねぇ〜!」

みくる「はわわわ…怖かったですぅ…」

ハルヒ「どこが? とっても笑えたと思うんだけど」

古泉「それにしても、特殊メイクがとても凝っていましたね〜」

長門「…」

ハルヒ「キョンにいっぱい自慢してやろう!」

みくる「あれ…?」

ハルヒ「…? どうしたの」

みくる「あれって、キョンくん?」

ハルヒ「キョンなら家で妹ちゃんの面倒見てる……。 !!」

みくる「女の子と一緒にいますね」

ハルヒ「たに…ぐち?」(※ハルヒには国木田が見えてない)

みくる「凄くラブラブですねぇ…」

ハルヒ「…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:06:18.76 ID:hBxahqU20

ハルヒ「帰る」

みくる「え? 涼宮さん?」

古泉「ふぅ…やれやれです」

長門「…危険」

ハルヒ「今日は解散よ、解散!!」

みくる「は、はぁい」

古泉「やれやれ…バイトがありますので…では」

長門「…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:08:12.58 ID:hBxahqU20

>>41
それはやめてー!www
できればもっと愛らしい声に…

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:10:15.84 ID:hBxahqU20

学校にて

キョン「よう、ハルヒ」

ハルヒ「…」

キョン「どうしたんだ? ハルヒ」

ハルヒ「妹ちゃんはどうだったの?」

キョン「あ、ああ。大丈夫だ。大分良くなった」

ハルヒ「ふーん…」

キョン「…?」

ハルヒ「谷口と、何処行ってたのよ?」

キョン「!?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:12:41.39 ID:hBxahqU20

谷口「やっほー、キョン」

キョン「よ、よう、谷口」

谷口「あれ…どうかした?」

ハルヒ「…」

キョン「谷口、ちょっとこい」

谷口「な、なによ?」

キョン「昨日のことは、絶対に言うな」

谷口「なにが?」

キョン「いいから」

ハルヒ「なにコソコソ話してんのよ?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:14:20.25 ID:hBxahqU20

キョン「昨日はだな、俺は何もしてないぞ。家にいた」

ハルヒ「嘘つくな!」

キョン「谷口のことだ。俺に似た男とイチャイチャしてたんだろ」

谷口「!!」

ハルヒ「あんたに似た…ねぇ?」

谷口「私はキョンといたわ!」

キョン「! 谷口!?」

谷口「キョン、あんた、なんで隠してんのよ? 私とキョンと国木田で、映画を見に行ったわ」

ハルヒ「…映画?」

キョン「…」

谷口「それが真実。それだけよ」

ハルヒ「…そう。わかったわ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:15:25.98 ID:hBxahqU20

キョン「お、おい、ハルヒ?」

ハルヒ「…」

キョン「…」

谷口「…」

国木田「やあ、おはよう、キョン、谷口」

国木田「…どうしたんだい?」

キョン「…はぁ」

キョンはその後、ハルヒにひたすら謝ったが、返事は返ってこなかった。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:16:45.31 ID:hBxahqU20

部室内

キョン「おい、ハルヒ…」

ハルヒ「…」

キョン「…すまんかった」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「…」

キョン「……もういい。俺は帰る」

ガチャ、バン

ハルヒ「…」

ハルヒ「うっ…うっ…」

ハルヒ「なんで、谷口なのよ…」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:18:31.73 ID:hBxahqU20

キョン「…」

キョン(…俺にも、責任はある)

キョン(だけど、俺は絶対にハルヒのそばにいないと行けないなんて理由は、どこにもない)

谷口「キョーン!」

キョン「ん? 谷口か」

谷口「どうしたの、浮かない顔して」

キョン「いや、さっきのことだ…」

谷口「ああ、あれね」

キョン「…お前はなんで黙らなかったんだ?」

谷口「あんたが、涼宮にずっとくっついてるのが、いやなのよ」

キョン「は?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:21:29.00 ID:hBxahqU20

谷口「たしかに、涼宮は可愛いけど、あそこまで自己中な女と一緒にいたら、キョンが可哀想だもん」

キョン「谷口…」

谷口「で、でも、さっき私があんなこと言った理由は、あんたが、『男とイチャイチャしてる』って言ったからよ?」

谷口「ナンパは、最近やってないんだから」

キョン「…結局お前も自己中じゃねぇか」

谷口「っさいわね〜。涼宮よりはマシよ」

キョン(あんまし変わんないと思うんだが…?)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:23:57.83 ID:hBxahqU20

部室

ハルヒ「…うっ…うっ…ぐすっ」

ハルヒ「谷口なんか…」

ガチャ

みくる「こんにちわぁ〜」

ハルヒ「! みくるちゃん」

みくる「どうしました!? 涼宮さん」

ハルヒ「だんでもないわ、みぐるぢゃん」

みくる「全然なんでもなくないですぅ!」

長門「…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:33:30.39 ID:hBxahqU20

ガクン

谷口「?」

キョン「はは、いきなりへたれこむなよ」

谷口「…うるさいわねぇ…よいしょ…って、あれ?」

キョン「おいおい、何してんだよ?」

谷口「起き上がれないっていうか…なんていうか」

キョン「!?」

谷口「おっかしいわねぇ…力が入らない」

キョン「大丈夫か?」

谷口「平気よ、気にしなくて…。 !?」

キョン「どうした!?」

谷口「うぶっ…うぉえっ…」

キョン「お、おい谷口!?」

キョン(これは…血?)

谷口「ハァ…ハァ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:01:39.42 ID:hBxahqU20

谷口はぐったりと体をグラリと揺らし、気絶した。

キョン「はやく、病院へいかねぇと…!」

長門「待って」

キョン「! 長門」

長門「現在の人類では、治すことは不可能」

キョン「はぁ!? 何が原因なんだ?」

長門「涼宮ハルヒ」

キョン「予想通りだな…」

長門「私が治す。どいて」

キョン「あ、ああ…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:06:00.25 ID:hBxahqU20

長門「……」

長門が猛スピード早口言葉を言う。

キョン「おお?」

谷口「ん…?」

キョン「大丈夫か、谷口!」

谷口「…?」

キョン「助かったんだぞ、谷口」

谷口「…おにいちゃん だれ?」

キョン「!?」

長門「…」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:12:25.79 ID:hBxahqU20

キョン「長門、これは一体?」

長門「記憶を消去されている」

谷口「おにいちゃん?」

キョン「…うそだろ?」

谷口「わたしのこと しってるの?」

長門「彼女の知能は、4,5歳の幼児。さらに身体能力はかなり減少し、自分で立ち上がることは不可能」

キョン「谷口…」

谷口「なんで おにいちゃん なまえ しってるの!?」

キョン「…ハルヒのやつ…」

キョン(女にした挙句、記憶まで消すか…末恐ろしい奴だ)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:19:09.45 ID:hBxahqU20

谷口「おにいちゃん?」

キョン「谷口、大丈夫だ、俺が何とかしてやる」

谷口「…? うん!」

キョン(これが男の谷口だったらそのまま帰ってたかもな)

キョン「ほら、乗れ」

谷口「おんぶ?」

キョン「おう」

谷口「肩車 が いい〜!」

キョン「わがまま言うな!」

谷口「やだやだやだやだやだやだ〜!!」

キョン「あーもーわかったよ!」

長門「…滑稽」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:27:26.12 ID:hBxahqU20

ざわ…ざわ…

「高校生で肩車…?」

「スカートで肩車だなんて、いやらしいわぁ…」

キョン「…///」

谷口「あー ちょうちょー!」

キョン「あんまし動かんでくれ、谷口」

キョン(太ももが顔に当たって、変な気分になっちまう…)

谷口「あ おにいちゃん かお まっか だよ?」

キョン「気にするな。とりあえずあんまし動くな」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:33:26.99 ID:hBxahqU20

谷口「ここは?」

キョン「俺の家だ」

谷口「そういえば おにいちゃん なまえは?」

キョン「みんなにはキョンって呼ばれてるな、本名は…」

谷口「キョン!? おもしろい なまえ だねー」

キョン「こら、ちゃんとキョンさんと呼びなさい!」

谷口「わかったー キョンくん」

キョン「…」

キョン(まさか、俺の妹も、幼児並なのか?)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 04:36:19.25 ID:hBxahqU20

谷口「むむむ! おねえちゃんだれ?」

妹「ん〜? おねえちゃんこそ、だれぇ?」

キョン「こいつは俺の友達の谷口だ」

谷口「はじめまして! たにぐちです」

妹「はじめましてぇ〜! キョンくんがいつもお世話になってますぅ」

キョン「母さんに谷口がいること、言うなよ?」

妹「どうしてぇ?」

キョン「どうしても!」

妹「わかったぁ〜」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:40:43.40 ID:hBxahqU20

キョン「谷口、ここでじっとしといてくれよ?」

谷口「ふえ? なんでぇ?」

キョン「怒られたくなかったらここにいろ」

谷口「はうぅ わかったよ」

キョン(と、言うか、一人じゃ動けないか)


キョン「俺、ちょっと勉強するから飯、上で食べるから」

妹「それじゃあ私もぉ」

キョン「わかった。じゃあお前も来い」

妹「わぁい♪」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:42:27.56 ID:hBxahqU20

キョン「おい、谷口食いもん持ってきたぞ」

谷口「すぅ…すぅ…」

キョン「…寝ちまったか」

妹「谷口ちゃん起きてぇー。ごはんですよぉ?」

キョン「無理に起こさなくてもいいさ。寝る子は育つからな」

妹「そういえば最近良く寝てるよぉ〜。偉い?」

キョン「偉い偉い」

妹「えへへぇ〜」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:47:37.95 ID:hBxahqU20

谷口「キョンくん?」

キョン「ハッ…」(俺も寝ちまってたか)

谷口「キョンくん おなか すいたよう」

キョン「おう、ほら」

谷口「うわぁい あれ?」

キョン「冷めちまったか。待ってろ、温めてくるから」

谷口「うん」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:48:25.16 ID:hBxahqU20


キョン「おまたせ、ほら」

谷口「いただきまーす!」

キョン「美味しいか?」

谷口「うん! すっごくおいしい!」

キョン「それはよかった」(グゥ〜)

谷口「キョンくん はい あ〜ん」

キョン「あ、あ〜ん」(パクッ)

谷口「おいしい?」

キョン「うん、美味い」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:53:45.83 ID:hBxahqU20

キョン(…谷口、可愛いな)

谷口「…」

キョン「ん? どうした?」

谷口「ふくが べたべた する」

キョン「結構汗かいちまったもんな。風呂でも入るか?」

谷口「うん! キョンくんもいっしょにはいろっ♪」

キョン「…いや、それはちょっと」

谷口「えっ なんで?」(ウルウル)

キョン「妹が一緒に入るからさ。心配するな」

谷口「キョンくん と いっしょ が いい!!!」

キョン「しかしだな…」

妹「キョンくーん、次お風呂〜」

キョン「もう入ったのか?」

妹「うん」

キョン「…」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 15:59:26.23 ID:hBxahqU20

キョン「……んじゃあ、一緒に入るか」

谷口「わーい」

キョン(まあ、きっと大丈夫だろう)

キョン「んじゃあ、風呂までおぶってやるから」

谷口「かたぐるま…?」

キョン「頭ぶつかるからダメだ」

谷口「わかったぁ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 19:31:10.96 ID:hBxahqU20

キョン「自分で脱げるか?」

谷口「べたべた してて できない」

キョン「しかたないなぁ…」

ズルリ

キョン「!」

谷口「? ねえ キョンくん これなに?」

キョン「男の俺に聞くな!」(もろブラジャーだ…!)

谷口「んー むね が くるしいよう」

プチッ

キョン「うおい! こっち向いて脱ぐな!」

谷口「ご ごめんなさいっ」(ウルウル)

キョン「本気で怒ってないから目を潤ませるな」

キョン(くそう、なかなか大きい胸だな。おい)

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 19:39:20.67 ID:hBxahqU20

キョン(そういえば、俺、谷口を男に戻そうと思ってなかったな)

キョン(もういいか、こっちの方がみんな幸せだろう。うん)

谷口「ひゃあ! キョンくん くすぐったい」

キョン(ハッ! 触っちまった)

キョン「す、すまん!」

谷口「だいじょうぶ だよ」

キョン(にしても、この体で知能が子供って…反則じゃないか?)

谷口「あたま も あらってぇ」

キョン「へいへい」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 19:46:53.98 ID:hBxahqU20

ゴシゴシ

谷口「め にしみるぅ」

キョン「ちゃんと目つぶっとけ」

谷口「うわぁぁぁん いたいよぅ」

キョン(そういえば、妹が持っていたはず)「おーい、シャンプーハットとって来てくれー」

妹「は〜い」

妹「うわっ、キョンくんだいたーん」

キョン「黙ってろ」

谷口「ほえ?」

キョン「これで大丈夫か?」

谷口「これ なに?」

キョン「シャンプーハットだ」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:13:44.37 ID:hBxahqU20

谷口「すごい! め しみないよ!」

キョン「そうか、よかった」

谷口「キョンくん ありがとう」

キョン「/// あ、ああ」

谷口「わたし も キョンくん あらうー」

キョン「え?」

谷口「えんりょ しないで!」

キョン「お、おう…」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:21:48.31 ID:hBxahqU20

キョン(妹も、こんな感じのはずだが…)

キョン(谷口ってだけでこうもかわるもんなのか…)

谷口「ゴシゴシ!」

キョン「…」

谷口「ゴシゴシ!」

キョン(うおう、いかん! 胸が当たってるざんす!)

谷口「あれ? これ なに?」

キョン「気にするな、これが正常だ」

谷口「なにか よく しらない けど わたし には ないね」

キョン「あったら困る」

キョン(特に今のお前にはな…)

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:27:31.08 ID:hBxahqU20

谷口「あのね」

キョン「ん?」

谷口「わたし キョンくん すき!」

キョン「…」

谷口「4がつ に あって から ずっと すき!」

キョン(…四月から?)

谷口「キョンくん だいすき!」

キョン「いきなりすぎるけど、ありがとうな」

谷口「ふへへ…」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:31:57.53 ID:hBxahqU20

谷口「キョンくん…」

キョン「…」

谷口「…。!!」

キョン「ん!? どうした?」

谷口「…キョン…!?」

キョン「お、おい…まさか…」

谷口「きゃー!」

キョン「うおおお! 叫ぶな!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:42:05.48 ID:hBxahqU20

谷口「な、なんでキョンと一緒に私、風呂入ってんの? いみわかんない…」

キョン「多分何言ってもお前は怒るだろうな…」

谷口「…」

キョン「とりあえず、あがろう。谷口、先あがってくれ」

谷口「う、うん…」

キョン「…はぁ」

キョン(このタイミングで戻るか…)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 20:56:08.21 ID:hBxahqU20

キョン「谷口、いいか?」

谷口「う、うん」

キョン「…いや、すまんかった…って、なんで服着ないんだよ!」

谷口「なんか濡れてるからいやよ!」

キョン「…そうか、そうだったな」

谷口「着替えよこしなさいよ」

キョン「しかし、女物はないんだ」

谷口「はぁ? もう、これでいいわよ!」

キョン(妹のブラジャー…か?)

谷口「きっつ! なによこれ!」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:01:19.04 ID:hBxahqU20

キョン「やめろ、壊れる!」

谷口「とりあえず、つけときたいの!」

キョン「そう言われても…」

谷口「いいわよ! もう男物でもなんでも着てやろうじゃない!」

キョン「…いいのか?」

谷口「なんでもいいわよ」

キョン「じゃあ、これ」

谷口「…」

谷口(キョンの…パンツ?)

谷口「///」

キョン「? どうした?」

谷口「な、なんでもないわよ!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:07:00.66 ID:hBxahqU20

谷口(キョンのにおいがするぅ…)

キョン「顔赤いな」

谷口「うるさい!」

キョン「な、なんで怒ってんだお前」

谷口「あーもーいろいろむしゃくしゃする! 今晩泊めなさい!」

キョン「え」

谷口(な、なに言ってんの? 私…!?)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:10:53.95 ID:hBxahqU20

キョン「それは、かまわんが…」

谷口「そ、そう!」

キョン(なんで泊めなきゃならんのだ?)

谷口「な、なによ。その目は」

キョン「いや、なんでもない」

谷口「…」(あんまし、見つめないでよ…恥ずかしい)

キョン「とりあえず、俺の部屋、行くか?」

谷口「う、うん」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:18:03.23 ID:hBxahqU20

谷口「///」(キョンの部屋…)

キョン「なんもないが、まぁ、ここぐらいしかゆっくりできんからな」

谷口「…」

キョン「悪いな、本当に何もなくて」

谷口「まったくね、こんなに何もないなんて…それでも本当に高校生?」

キョン「そこまでいうか…」

谷口「エロ本のひとつやふたつぐらいあるんじゃないのぉ?」

キョン「ねぇよ。残念ながらな」

谷口「ふぅ〜ん…つまんないわねぇ」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:23:16.87 ID:hBxahqU20

谷口「どうせ妹ちゃんとか見て立ってるんでしょ?」

キョン「お前、それ本気で言ってんのか?」

谷口「ふふ、図星? 『妹、今日も可愛いぞ!』とか、言ってんの?」

キョン「ふざけるな!」

谷口の手首を強く掴む。

谷口「! なによ」

キョン「俺はなぁ…」

谷口「…いたっ」

キョン「す、すまん」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:29:48.35 ID:hBxahqU20

谷口「やっぱり、あんたも男よね」

キョン「…」

谷口「手おっきいし、力も強い」

キョン「…」

谷口「私も、男に生まれたかった」

キョン「…」

谷口「…しんみりしちゃったわね、ごめん」

キョン「いや…」

谷口「ねえ、キョン」

キョン「ん?」

谷口「男から見て、私ってどうなの?」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 21:40:45.42 ID:hBxahqU20

キョン「……」

谷口「…」

キョン(確かに、この谷口は、可愛い)

キョン(でも、これは俺から見てなのか? 全体的に、なのか?)

谷口「…ねぇ、どうなの?」

キョン「お前は、可愛い」

谷口「///」

キョン「でも、もっと一人の男を大事にしろ」

谷口「え?」

キョン「お前、だれかれかまわずナンパとかするからな。悪女にしか見えん」

谷口「な、何よそれ!」

キョン「正論だろ」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:01:41.65 ID:hBxahqU20

谷口「それはあんただけが思ってることでしょ!?」

キョン「きっと大半のやつはそう思ってるはずだぜ」

谷口「…」

キョン「気落としたなら、すまん」

谷口「大丈夫よ。あんたの言葉で傷つくほど私はやわじゃないもの」

キョン「そうか」

キョン(こいつは、やっぱりハルヒに似てるな)

谷口「ふん…」(あんたが、振り向いてくれないだけじゃない)

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:13:51.52 ID:hBxahqU20

キョン「…」

谷口「…何よ」

キョン「お前、男に生まれたかったのか?」

谷口「ま、まあね」

キョン「お前はそのままのほうがいい!!」

谷口「えっ///」

キョン「絶対いい!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:24:44.18 ID:hBxahqU20

谷口「…」

キョン(…あれ? 俺、悪いこと言っちまったか?)

谷口「…どうせ、あんたは涼宮がいればいいんでしょ」

キョン「は?…何言ってんだ?」

谷口「あんたは、涼宮が好きなんでしょ?」

キョン「ちょ、勝手に決めんなよ」

谷口「いつもいつも、あんたは涼宮と話してるときだけニコニコ…」

谷口「こうやって、私といても、面白くないわよね」

キョン「お、おい」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:32:27.12 ID:hBxahqU20

キョン「じゃあ、俺は、お前らと一緒に飯を食ってるんだ?」

谷口「えっ」

キョン「俺はお前らと一緒に、飯が食いたいからだ」

谷口「…キョン」

キョン「谷口の、飯をいつもぱくるのは、毎日の日課だしな」

谷口「なっ、なんですってぇ!?」

キョン「はははっ、怒るな怒るな」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:37:49.68 ID:hBxahqU20

谷口「…ふふふ…」

キョン「今度は学食じゃなく、お前の手料理が食いたいな」

谷口「え? ///」

キョン「まあ、お前不器用そうだからな」

谷口「あんた、なんで私に冷たいのよ!?」

キョン「からかいやすいからだ」

谷口「…あんたのそういうとこ、嫌いよ!」

キョン「すまんすまん、謝るよ」

谷口「…私だって、頑張れば…」

キョン「ん? なんか言ったか?」

谷口「何も言ってないわよ」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:45:27.27 ID:hBxahqU20

キョン「もう、こんな時間か」

谷口「けっこう話してたのね、私たち…」

谷口「…」

キョン「どうする? ベッドで寝るか?」

谷口「あんたが寝てるベッドで!?」

キョン「ああ、それがいやなら布団敷くけど」

谷口「ふ、布団よりベッドの方がいいわ!」

キョン「そうか、わかった」

谷口(キョ、キョンが寝てるベッド…///)

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 22:54:29.57 ID:hBxahqU20

キョン「俺はここで寝るから、トイレとかしたくなったら起こしてくれ」

谷口「うん」

キョン「んじゃ、おやすみ」

谷口「お、おやすみ」

キョン「…」

谷口「…」

谷口「…キョン?」

キョン「…」

谷口「寝ちゃったか…」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 23:01:47.77 ID:hBxahqU20

谷口「…ちょっとだけ、漁っても怒られないよね?」

キョン「…」

谷口「…」

谷口(これ、卒業アルバム?)

谷口「キョンは…これかな?」

谷口「うっわー無愛想ねぇ」

谷口「全然笑ってないじゃない…ふふ…」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 23:03:08.58 ID:hBxahqU20

すこし席はずします。
すぐに戻るはずなので、お気になさらずお待ちください。

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 23:40:42.76 ID:hBxahqU20

谷口「ん? これ…」

キョンの満面の笑み。

谷口「この女…だれ?」

そこには、中学から親しくしていた、佐々木であった。

谷口(この女が近くにいるときだけ、すっごく笑ってる…)

谷口「…」

谷口「キョン…」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 23:48:03.17 ID:hBxahqU20

谷口(昔のことだし、気にしなくてもいっか)

谷口「…寝よっと……」

谷口(あのすっごい笑顔…)

谷口(涼宮にも見せたことのない、笑顔…)

谷口「…なんで、気にしてんのよ…私…」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 23:53:44.80 ID:hBxahqU20

谷口(…トイレ行きたくなっちゃった…)

谷口「ね、ねえ、キョン」

キョン「…」

谷口「と、トイレ…」

キョン「…」

谷口(もう、なによこいつ!)

谷口(自分でさがそっと…)

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 00:01:28.16 ID:mJhKAsUN0

ベッドから脚を出す谷口。

キョン「むにゃ…」

谷口「うひゃあ!?」

キョン「ん…こりゃ大物だ…」

谷口「キョ、キョン…何処触ってんのよ…」

キョン「…これは…」

谷口「うわわわ!?」

キョン「…zzz」

谷口「ハァハァ…まったく、寝てるのに凄いな、キョン…!」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 00:33:00.99 ID:mJhKAsUN0

ギィー…

谷口(暗い…。怖いよぉ…)

ミシッっと、床がきしむ。

谷口「ひひゃあ!?」

谷口「…む、無理! トイレまで行けないようぅ…」

谷口(やっぱりキョンと一緒に…)

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 00:36:33.52 ID:mJhKAsUN0

谷口「キョン、キョン!」

キョン「ふわぁ…? なんだよぉ…」

谷口「トイレ、どこ?」

キョン「ああ…トイレね…わかったわかった」

谷口(よかったぁ…)

キョン「…」

谷口「寝るなぁ!」

キョン「…」

谷口「寝ないでよう…」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 00:47:55.89 ID:mJhKAsUN0

谷口(どうしよ…漏れちゃうううぅ…)

キョン「…」

谷口「おねがい…キョン…」

キョン「…こんなに俺は食えんぞ…」

谷口(…寝ぼけてる)

谷口(我慢できるかなぁ?)

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 00:56:07.49 ID:mJhKAsUN0

谷口「キョン! キョーン!」

隣の壁から、妹の声が聞こえる。
妹「キョンくんうるさーい…むにゃむにゃ…」

谷口(ご、ごめん、妹ちゃん!)

谷口「それにしても起きないなぁ…」

谷口「…キョン、そんなにお疲れ?」

キョン「チェックメイト!」

谷口「ぎゃうう!?」

キョン「どうだ、古泉、俺の勝ちだ…」

谷口「だめ、変なとこさわっちゃ…」

谷口(も、もう…)

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 01:04:32.45 ID:mJhKAsUN0

谷口「漏れちゃうう!!」

キョン「ハッ」

谷口「…キョン?」

キョン「谷口、お前何して…? うおっ」

キョンは起きると、谷口の体に手が当たっていることに気づく。

キョン「す、すまん」

谷口「と、トイレぇ…」

キョン「おお、わかった。行こう行こう」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 01:16:20.62 ID:mJhKAsUN0

谷口「ふぅぅ…」

キョン「そんなに我慢してたのか?」

谷口「誰のせいだと思ってんのよ」

キョン「え? すぐ起こしてくれりゃいいのに」

キョン「というか、一人で行けるだろ」

谷口「だって…怖かったんだもん…」

キョン「おやおや、そういえば、映画の時も俺から離れられなかったもんな?」

谷口「そのことはもう忘れてよ!」

キョン「わかった。とりあえず、早く済ましてくれ。寒い」

谷口「あ、ご、ごめん」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 01:24:50.63 ID:mJhKAsUN0

ジャー

谷口「ごめん」

キョン「いいさ、自然の摂理なわけだしな」

谷口「…」

キョン「そんなに怖いか?」

谷口「キョンの顔が暗くて見えない…本当に、キョン?」

キョン「当たり前だ」

キョン(これはすこし面白いかもしれん)

谷口「…」

キョンが、谷口の肩をポンポンと叩いた。

谷口「!! …キョン?」

キョン「ん? どうした?」

谷口「さっき肩叩いたの、キョン?」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 01:43:39.68 ID:mJhKAsUN0

キョン「は? 何言ってんだ?」

谷口「…気のせいかも」

もう一度、キョンは谷口の肩を叩く。

谷口「キョン!?」

キョン「なんだよ?」

谷口「さっきのは絶対キョン!」

キョン「だからなにが?」

谷口「もうっ、なによ…」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 01:53:37.94 ID:mJhKAsUN0

キョン「うおっ!」

谷口「きゃ! …なに?」

キョン「お前か? 谷口」

谷口「な、何が…?」(ビクビク)

キョン「俺の肩を…誰かが!!!!!」

谷口「…」

キョン「谷口?」

谷口「…」

キョン「気絶してやがる…」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:03:21.85 ID:mJhKAsUN0

キョン(やれやれ)

キョン「よいしょっと…」

谷口「…」

キョン(この怖がりも、女だから許されるよな…)

キョン(これがもし男だったら…うう、考えただけで吐き気がっ)

谷口「…」

キョン「おし、谷口め、トイレで起こして挙句の果てに気絶かよ…」

キョン(まあ、俺が悪いか)

キョン「…」

キョン「おやすみ、谷口」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:07:23.75 ID:mJhKAsUN0

チュンチュン…

キョン「ん…」

キョン「ふわぁぁ…」

キョン(…そうか、布団で寝たんだったな)

谷口「すぅ…すぅ…」

キョン「おい、起きろ、谷口」

キョン「…」

キョン(あとで起こしゃいいか)

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:11:52.81 ID:mJhKAsUN0

谷口「ううん…?」

キョン「おっす、谷口」

谷口「…キョン!」

キョン「ん?」

ギュ

キョン「!?」

谷口「キョン〜…むにゃむにゃ…」

キョン「寝ぼけてんのか…」

キョン(俺の一瞬のドキドキを返していただきたい)

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:17:35.32 ID:mJhKAsUN0

キョン「谷口ちゃ〜ん? おきなさ〜い??」

谷口「…んん…」

キョン「谷口! 起きないと…」

谷口「…」

キョン「しょうがない、たまに妹に使う技を使うか…」

キョン「必殺!」

コチョコチョ

谷口「ひゃはははっはははは!!! キョン、やめっ!」

キョン「むむ? まだ寝ているのかなぁ!?」(ニヤニヤ)

谷口「あははははははは!!! だめぇ、キョン〜!」

妹「何してるの…? ふわぁぁぁ…」

キョン「妹よ、手伝え、必殺くすぐり拳だ!!」

妹「わぁ〜い! コチョコチョ〜!」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:22:28.99 ID:mJhKAsUN0

谷口「おまえら…ころ…す…ひゃははははははは!!!」

キョン「お、起きたみたいだな」

谷口「ハァハァ…もう、最低!」

キョン「起こしてやったのにその言い方は酷くないか?」

谷口「っさい! …同級生の体触るなんて…変態!!」

キョン「…妹、準備はいいか?」

谷口「止マレ! 待って! なし! それはなし!」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:26:37.56 ID:mJhKAsUN0

妹「ふふふ…」

谷口(そうだ!)

谷口「妹ちゃん、あとでお菓子あげるからやめて!」

妹「朝はいらなーい」

谷口「!? その口の周りのものは…?」

キョン「悪いな、俺が先に買収しておいたのさ!」

谷口「そ、そんな…」

キョン「行くぜー!」

コチョコチョ…

谷口「ふひひゃああああああああ!!!!」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:35:21.41 ID:mJhKAsUN0

登校中

キョン「ほら、朝ごはん食えよ」

谷口「いらない…」

キョン「おいおい、腹が持たんぞ…」

谷口「変態の朝食など食えるか!」

キョン「俺の母親は変態じゃない!」

谷口「う…、うるさいうるさい!」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:39:53.59 ID:mJhKAsUN0

谷口「とにかく、今はいらないの!」

グゥ〜

キョン「…腹から何か…?」

谷口「/// よこしなさい」

キョン「いや、授業中とかも聞けそうだからあえてやるのやめる」

谷口「ちょ、ちょっと!」

キョン「悪いな!」

谷口「そ、そんな…」

キョン「…嘘だよ。そんなに落ち込むなよ」

谷口「別に落ち込んでなんかっ…」

ハルヒ「…」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:42:48.39 ID:mJhKAsUN0

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「おはよ」

キョン「お、おはよ」

谷口「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

キョン(気まずいっ!)

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:46:22.64 ID:mJhKAsUN0

キョン「谷口、これ、弁当だ」

谷口「えっ?」

キョン「俺の弁当やるっつってんだ」

谷口「なんで?」

キョン「だから、機嫌直してくれ」

谷口「不機嫌になったおぼえはないわよ」

キョン「じゃあ、さっきのは?」

谷口「そこまで怒ってないわよ!」

キョン「そ、そうだったか、すまん」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:51:30.82 ID:mJhKAsUN0

谷口(それにしても、弁当、大きいなぁ…)

谷口「こんなに食べれないわよ」

キョン「そうか、じゃあ、食えるだけ食ってあとは俺に返してくれ」

谷口「うん」

キョン(これからは、あんまし谷口と話すのは避けた方がいいかもな)

キョン(谷口にとっても、古泉にとっても、な)

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 02:58:04.79 ID:mJhKAsUN0

キョン「おっす、ハルヒ」

ハルヒ「…」

キョン「昨日は、先に帰ってすまんかった」

ハルヒ「…別に、怒ってないからいいわよ」

キョン「そ、そうだったか…」

ハルヒ「…」

キョン「今度、どこか行かないか?」

ハルヒ「えっ」

キョン「SOS団としてじゃなく、二人で」

ハルヒ「べ、別に行ってあげてもいいけど…」

キョン「よし、じゃあ決まりだな」

ハルヒ「…」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 03:04:21.81 ID:mJhKAsUN0

昼食

谷口「涼宮と二人で何処行くつもり?」

キョン「っ…聞いてたのか」

谷口「けっこう耳いいから」

キョン「ジゴクミミメ…」

谷口「なんか言った?」

キョン「何も言ってないです。すいません」

国木田「キョン、どこに行くんだい?」

キョン「まだ決めてない」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 03:07:48.93 ID:mJhKAsUN0

谷口「ふうん…? まぁ、何処行こうともうどうでもいいわ」

国木田「あれ? すっごく気にしてたじゃない、さっき」

谷口「! 何でここで言うのよ!」

キョン「谷口…まさかお前…」

谷口「な、なに!?」(まさか…ばれた!?)

キョン「ハルヒのこと、好きなのか?」

谷口(はぁ!?)

国木田「あらら、激しく勘違い」

キョン「そうなんだな、谷口?」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 03:12:20.66 ID:mJhKAsUN0

谷口「違うわよ! なんでそうなるのよ!?」

キョン「えっ、違うのか?」

国木田(本当にキョンは鈍いなぁ…)

キョン「じゃあ、なんで気になってるんだ?」

谷口「…理由なんてないわよ」

キョン「? そうなのか」

国木田(谷口も素直じゃないし…本当に)

国木田(面白いなぁ)

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 03:20:48.76 ID:mJhKAsUN0

一応、ここで区切りです。
残っていたら続き書きますが、多分見ている人も相当減っていると思いますので、
残っていることはないかもしれないです。

寝てしまった人には多大な迷惑をかけてしまったと、深く心に刻み、寝床につきたいと思います。

それでは、もし、スレが残っていれば会いましょう。

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:03:48.77 ID:mJhKAsUN0

キョン「谷口、おまえ…食欲ないのか?」

谷口「…あるわよ」

キョン「箸が進んでないぞ?」

谷口「…話しかけないで」

キョン「はぁ? なんで」

谷口「…」

国木田「あれ、谷口、今日は弁当かい?」

キョン「ああ、俺があげたんだ」

国木田「へえ、よかったね、谷口」

谷口「な、なんでよかったのよ!?」

国木田「キョンの弁当は毎回美味しそうだもん」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:11:55.68 ID:mJhKAsUN0

谷口「そ、それほど美味しくないわよ」

キョン「まあ俺が作ってるわけじゃないけど、傷つくなぁ」

谷口「…はい、返すわ」

キョン「そんなに美味くなかったか?」

谷口「美味しくなくわないわ」

キョン「…どっちだよ」

谷口「別にどっちでもいいじゃない!」

キョン「俺が毎日美味いものを食ってるのかまずいものを食ってるかが、かかってるんだ」

谷口「あーもーうざい!」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:19:41.16 ID:mJhKAsUN0

キョン「やれやれ…」

谷口「…」

国木田「なんだか、機嫌悪いね、谷口」

キョン「そうみたいだな」

国木田「なにかあったのかい?」

キョン「なにが」

国木田「キョンのことをやけに意識してる気がするんだよ」

キョン「意識してる…か」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:25:08.37 ID:mJhKAsUN0

キョン「どういうことだ?」

国木田「はぁ…さすがキョンだね」

キョン「?」

国木田「なんでもないよ」

キョン「谷口、俺のこと、意識してるのか」

谷口「は…はぁ!? なわけないでしょ!」

キョン「なぜ怒る!?」

キョン「お、おい、国木田、意識してなかったぞ」

国木田(ここまでくると、もう無理だね)

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:31:16.29 ID:mJhKAsUN0

放課後

キョン「うーっす」

長門「…」

キョン「おう、長門」

長門「…どうだった?」

キョン「ん? なんのことだ?」

長門「彼女」

キョン「ああ、谷口のことか。いきなりなおったからビックリしたぜ」

長門「そう」

キョン「もう、谷口は大丈夫か?」

長門「わからない、また突然発生する可能性はある」

キョン「そうか…」

ガチャ

ハルヒ「…」

キョン「おう、ハルヒ」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:35:07.83 ID:mJhKAsUN0

ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「あんたは、ここにいて楽しいの?」

キョン「…え?」

ハルヒ「だから、あんたはここにいて楽しいの?」

キョン「どういうことだ?」

ハルヒ「あんたは、谷口といたいんじゃないの?」

キョン「な、なんでそうなるんだ?」

ハルヒ「昨日、谷口を泊めたそうね」

キョン「あ、まあな」

ハルヒ「谷口から聞いたわ。すっごく自慢するみたいにね」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:41:32.80 ID:mJhKAsUN0

ハルヒ「なんで谷口が私に言ったかは知らないけど、一応これだけは確認しておきたくてね」

キョン「…」

ハルヒ「どうなの、キョン」

キョン「俺は、ここにいたい」

ハルヒ「…本当に?」

キョン「当たり前だ、じゃなきゃここには来てないだろうが」

ハルヒ「…そう、そーなの」

キョン「そうだ、ハルヒ」

キョン「今度、どこに行く?」

ハルヒ「そうね、どこでもいいけど? あんたは何処行きたい?」

キョン「そうだな…俺も、どこでもいい」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「んじゃ、あえて言うなら…」

ガチャ

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:44:21.42 ID:mJhKAsUN0

谷口「うえ〜ん キョンくん!!」

キョン「!? 谷口!?」

ハルヒ「!?」

谷口「キョンくん おしっこ漏れそう!」

キョン「す、すまん、ハルヒ! ちょっと待っててくれ」

谷口「ふぇぇ…」

ハルヒ「…」

ガチャ

ハルヒ「……」

長門「…」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 20:56:00.25 ID:mJhKAsUN0

キョン「よくここまでこれたな」

谷口「キョンくん の におい が したから」

キョン「そりゃすごいな…」

キョン(しかも、歩けるようになってるし…)

谷口「は はやく キョンくん! もれちゃうよう…」

キョン「あ、ああ、すまん」

谷口「おんぶ!」

キョン「ここではちょっと…やめとこう」

谷口「なんで?」(ウルウル)

キョン「はぁ…わかったわかった」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 21:05:56.84 ID:mJhKAsUN0

谷口「キョンくんごう しゅつどう!!!」

キョン「静かにしろ!」

谷口「ごめんなさい」

キョン「…はぁ」

谷口「…?」

キョン「どうした?」

谷口「なんだか へんなきぶん きもちわるいよぅ…」

キョン「大丈夫か!?」

谷口「ああ もらしちゃった」

キョン「嘘だろ!?」

谷口「でも ちがう」

キョン「?」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 21:10:26.27 ID:mJhKAsUN0

トイレ

キョン(さすがに女子トイレには入れんな)

谷口「…」

キョン「ほら、ここでしなさい」

谷口「うん」

キョン「じゃあ、待ってるからな」

谷口「キョンくん いっしょ に いてくれないの?」

キョン「/// 一人でできるでしょ」

谷口「わかったぁ」

キョン「…」

谷口「きゃああああ!?」

キョン「どうした!?」

谷口「ち でてる…」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 21:18:12.30 ID:mJhKAsUN0

キョン「血!?」

キョン(まじかよ!?)

谷口「こわいよう…」

キョン「と、とりあえず吹いとけ」

谷口「う うん」

キョン(…俺の専門外だ…)

キョン(? もしかして、それだからイライラしてたのか?)

キョン(…やれやれ)

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 21:23:27.90 ID:mJhKAsUN0

谷口「…」

キョン「おう、出たか」

谷口「ここ、どこよ?」

キョン「トイレだろ? お前が漏れそうだって言うから」

谷口「…ここ、男子トイレじゃない!」

キョン(!? 戻ったのか!?)

谷口「キョン…あんた、何するつもりだったの?」

キョン「何もする気はない! 信じてくれ!」

キョン(なんでこうタイミングの悪い時に…)

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 21:44:51.58 ID:mJhKAsUN0

谷口「もう、最悪!」

キョン「す、すまん」

谷口「……最近、変なのよ」

キョン「?」

谷口「記憶が、ブツ切れになるのよ」

キョン「そ、そうなのか」

谷口「もしかして、病気かしら…」

キョン「さあな」

谷口「もうすこし気にしなさいよ!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:16:26.01 ID:mJhKAsUN0

キョン「俺に言われても…」

谷口「友達が悩んでるのよ!?」

キョン「そ、そうだな、すまん」

谷口「っもう、いいわよ!」

キョン「さっきから、イライラしてるな…お前」

谷口「してないわよ!」

キョン「してるじゃないか。それに、言ってることもよくわからんし」

谷口「〜!!」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:33:03.20 ID:mJhKAsUN0

谷口「ひどい…」

ダッ

キョン「おいっ、谷口!」

キョン「…」

部室

ガチャ

キョン「…? 長門、ハルヒは?」

長門「先に帰った」

キョン「そうか」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:45:24.34 ID:mJhKAsUN0

キョン「…どんな感じだった?」

長門「わからない」

キョン「…」

長門「気をつけて」

キョン「? 何がだ?」

長門「あなたはこれから、大変な目に遭う」

キョン「おいおい、なんでそんなことわかるんだ?」

長門「…」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:48:54.38 ID:mJhKAsUN0

キョン「やれやれ…」

キョン「わかった。気をつける」

長門「どんな時も、冷静に行動して」

キョン「…わかった」

キョン「じゃあな、長門」

長門「…」

キョン(…)

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:54:16.15 ID:mJhKAsUN0

キョン(一体、何が起こるんだ?)

谷口「痛い! やめて!」

キョン「!?」(谷口の声か!?)

ハルヒ「ハァハァ…」

キョン(ハルヒ!?)

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 22:55:09.01 ID:mJhKAsUN0

ハルヒ「なんで、あんたなのよ!」

キョン「…」

谷口「痛っ! …」

ハルヒ「あんたに、何がわかるのよ!?」

キョン(あんなに髪を引っ張って…!!)

キョン「やめろ! ハルヒ!」

ハルヒ「…キョン」

キョン「何してやがる! 女に暴力なんて最低だぞ!」

ハルヒ「…」

ダッ

キョン「ハルヒッ!」

キョン「…くそっ」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:26:00.92 ID:mJhKAsUN0

キョン「谷口、大丈夫か?」

谷口「きょ、キョン…」

キョン「どうしたんだ?」

谷口「…なんでも、ないよ」

キョン「あれはどう見たってなんでもなくないだろ」

谷口(…言えないよ…)

キョン「谷口、本当に大丈夫か?」

谷口「へ、平気よ。気にしないで」

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:31:16.02 ID:mJhKAsUN0

キョン「にしても、ハルヒ、乱暴なやつだな」

谷口「私が悪いところもあるから」

キョン「あいつをかばうのか? それとも、お前から手を出したんじゃないだろうな?」

谷口「私の一言にカチンときたのかも」

キョン「おいおい、何言ったんだよ?」

谷口「…あんたには言わない」

キョン「なんで?」

谷口「女の子の話に男が入ってこないで!」

キョン「な、なんだよいきなり…」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:36:20.07 ID:mJhKAsUN0

キョン(お前も、ちょっと前まで男だったというのに…)

谷口「…これは、私と涼宮の問題だから」

キョン「…そうか」

谷口「キョンが気にすることじゃないから、大丈夫よ」

キョン「しかし、あそこまで感情的になるハルヒを、見たことがなかったんでな」

谷口「涼宮は確かに強引だけど、暴力は絶対にしなかったもんね」

キョン「俺は何度もされてるけどな…」

谷口「フフッ、あんたが悪いのよ、きっと」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:47:00.37 ID:mJhKAsUN0

キョン「谷口」

谷口「? なによ?」

キョン「お前はそれぐらいの方がいいと思うぞ」

谷口「はぁ? 意味わかんないんですけど」

キョン「もっと穏やかになれば、もっと男にもてると思うぜ?」

谷口(///)「そ、そう。ありがとう」

キョン「お、今日は素直に謝ったな」

谷口「う、うるさい! 謝って何が悪いのよ!?」

キョン「悪いなんて言ってないだろ。逆に、もっと素直になれよ。な?」

谷口「/// うん…」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:53:18.61 ID:mJhKAsUN0

キョン宅

prrrr prrrr

キョン「…ハルヒか」

キョン「もしもし?」

ハルヒ「もしもし、キョン?」

キョン「おう、どうした?」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「もう私に、話しかけないで」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/24(木) 23:55:19.76 ID:mJhKAsUN0

キョン「えっ」

ハルヒ「私のこと、忘れて」

キョン「何言ってんだ…? お前」

ハルヒ「電話番号も、メールアドレスも…全部、消して」

キョン「ちょっと…待てよ!」

プツッ…

キョン「今度の予定、どうするんだよ…」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 00:03:40.57 ID:Dpnj1Q1Y0

prrrr prrrr

キョン「ん、古泉…」

キョン「なんだ?」

古泉「もしもし、大変なことになりました」

キョン「どうした」

古泉「谷口さんが、重体です」

キョン「!」

古泉「さっき機関が絡んでいる病院から連絡が来ましてね」

古泉「北高の女子高生が、やってきた。と」

キョン「…どこかで落ち合おう」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:08:46.43 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「はぁはぁ…」

古泉「来ましたか…」

キョン「谷口は大丈夫なのか?」

古泉「言ってみなければわかりません。とりあえず、行きますよ」

キョン「ああ」

病院

キョン「こ、これは…」

古泉「ひどいですね…」

キョン(アザだらけじゃねえか!)

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:11:21.52 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口「…キョン?」

キョン「大丈夫か!?」

谷口「来てくれたんだ…」

キョン「どうしたんだ?」

谷口「べつに、転んだだけよ」

キョン「どう転んだらそうなる!?」

古泉「何か、理由があるのでしたら、僕達に話してください」

谷口「ほんとに、なんでもないって…つぅ…」

キョン(…)

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:15:58.47 ID:Dpnj1Q1Y0

古泉「…すいません。ちょっといいですか?」

キョン「ん? なんだ」

古泉「実は、涼宮さんが原因なんです」

キョン「!?」

古泉「そうでなければ、僕達に連絡など来ませんよ」

キョン「ハルヒが…やったのか?」

古泉「はい。おそらく」

キョン(嘘だろ…ハルヒが…そんなこと…)

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:21:12.30 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「それなら、なんでハルヒはここにいないんだ?」

古泉「おそらく、気が動転したのでしょう、逃げた…と考えています」

キョン「犯罪じゃねぇか」

古泉「機関の調べでは、何か精神的異常が見つかったとか、何とか」

キョン「?」

古泉「大切なものを、失ったのかもしれません」

キョン「…」

古泉「一体それがなんなのかは…わかりませんが」

キョン「…」

古泉「ストレスというものは恐ろしいものです。人をすぐに殺人犯にしてしまうんですから」

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:23:45.68 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン(そういえば…)

キョン「ハルヒから、電話、来たか?」

古泉「電話、ですか? いえ、来てませんが…」

キョン「あいつ、俺に、『私のことは忘れろ』って、言ってきたんだ」

古泉「!」

キョン「これも、関係あるのか?」

古泉「これは困りましたね」

キョン「?」

古泉「涼宮さんが、谷口さんを襲ったというのは、確実かもしれません」

キョン「なんでだ?」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:31:45.59 ID:Dpnj1Q1Y0

古泉「あなたが谷口さんと付き合っている、と思い込んでいるのでしょう」

キョン「は?」

古泉「それが彼女にはとても苦痛だった。そして、このような結果に到った…」

キョン「ハルヒ…」

古泉「そして、自分がやったことの償いとして、もう関わりを断ち切ることにしたんでしょう」

キョン「…」

古泉「彼女は今、世界を確実に崩壊へと導いています」

キョン「なんでだ?」

古泉「ここ最近、閉鎖空間の発生が止まらないんです」

キョン「なんだって…!」

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:34:12.39 ID:Dpnj1Q1Y0

古泉「当たり前でしょう」

古泉「大事な団員、仲間、クラスメイトを失うわけですから」

キョン「…」

キョン(なんだよ、それ…)

キョン(俺が、悪いみたいじゃないか)

キョン(ハルヒは、俺に全て押し付けてるだけじゃないか)

古泉「世界の崩壊…涼宮さんが望むのであれば、それが正しいのでしょう」

キョン「んなわけあるか」

キョン「こんなの、絶対間違ってる」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:36:46.28 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「そして古泉」

古泉「はい?」

キョン「悪いが、席を外してくれ」

古泉「わかりました」


キョン「谷口」

谷口「…なに?」

キョン「その、すまんかった」

谷口「…なにが?」

キョン「お前に、迷惑かけちまったな」

谷口「あんたが、迷惑かけた…。いつよ?」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:40:34.10 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「その…なんだ」

谷口「…」

キョン「とにかく、すまん」

谷口「な、なによ。気持ち悪いわね」

キョン「傷、大丈夫か?」

谷口「大丈夫って聞かないでよ。病院にいるんだから、大丈夫なわけないでしょ」

キョン「そ、そうだな」

谷口「…キョン」

キョン「なんだ?」

谷口「涼宮と、仲良くしてあげて」

キョン「…ああ」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 01:44:12.35 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン(すまん、谷口)

キョン(ハルヒとはもう、仲良くできそうにない)

谷口「私はすぐによくなるから。気にせずに帰って」

キョン「いや、今日は泊まっていく」

谷口「えっ/// いいわよそんなの…」

キョン「俺はお前の友達だ。いや、親友だと思ってる」

キョン「だから、いさせてくれ」

谷口「ふ、ふん…勝手にしなさい」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:01:03.81 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口(あんたは本当に、ダメなやつ…)

キョン「…」

古泉「そろそろ僕は帰ります。あなたはどうしますか?」

キョン「俺は泊まっていくよ」

古泉「…そうですか。わかりました」

キョン「ああ、じゃあな」

古泉「はい…」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:05:49.63 ID:Dpnj1Q1Y0

次の日

谷口「キョン、起きろ!」

キョン「ん? 谷口?」

谷口「早く学校行くよ」

キョン「まだ早いだろ…」

キョン「…」

キョン「!! おい、谷口…お前…」

谷口「な、なによ」

キョン「なんで、治ってるんだ?」

谷口「知らないわよ、私だってビックリしたんだから」

キョン(アザも全部、無くなってる…)

キョン(まさか、ハルヒか…?)

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:10:10.07 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口「この病院から学校まで行くのにけっこうかかるから早く行くわよ」

キョン「それにしたって早すぎるだろまだ日も差してねぇじゃねえか」

谷口「あんた、馬鹿?」

谷口「制服を取りに帰る時間も必要でしょうが」

キョン(そういえば、制服じゃないんだったな)

谷口「…早く行くわよ」

キョン「おう」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:12:21.66 ID:Dpnj1Q1Y0

学校

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

谷口「…イライラ」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:15:01.39 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「国木田、谷口、一緒に帰ろうぜ」

谷口「キョン、ちょっと来なさい」

キョン「あ、ああ」



キョン「どうした? こんなところに呼び出して」

谷口「あんた、なんで涼宮と仲良くしないのよ?」

キョン「それは…」

谷口「私のせい?」

キョン「違う」

谷口「じゃあ何よ!?」

キョン「…」

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:24:32.27 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口「これじゃあ…もう…」

キョン「…谷口?」

谷口「諦めた私が…みじめじゃない…」

キョン「谷口…」

谷口「キョン!!」

キョン「な、なんだ?」

谷口「この際言っとくわ!」

キョン「お、おう」

谷口「私はあんたのことが…」


谷口「好きなの!」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:29:12.82 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン(…!!)

キョン「…」

谷口「でも、私は諦めたの!」

谷口「涼宮が、あそこまで好きなら…」

谷口「私は諦めてもいいって思った」

谷口「それに、あんたは涼宮と一緒にいたほうが面白いだろうし、好きなんだと思ってた」

谷口「すっきり諦めようと思ってたのに…何よ!?」

谷口「なんで一言も話さないのよ!? なんで仲良くしないのよ!?」

谷口「引いた私は惨めだけど、それ以上に涼宮が可哀想よ!!!」

キョン「ッ……。谷口……」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 02:41:35.89 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口「だから、もう、私に関わらないで」

キョン「えっ」

谷口「あんたは、涼宮とくっついたらいいのよ! それでハッピーエンドじゃない!」

キョン「俺にも決定権はある!」

谷口「ど、どういうことよ!」

キョン「こういうことだ!」

チュ…

谷口「///」

キョン「…俺は、お前がいい」

谷口「な、なんで…?」

キョン「知るか、俺だってなんで今こんなことしたのか、わかんねえ」

谷口「なんじゃそりゃあ!?」

キョン「でも、お前に惹かれてるってことは、わかる」

谷口「! …キョン」

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 03:00:39.47 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「俺は、お前と一緒にいたい」

谷口「///」

キョン「だから、頼む……」

谷口「う…うぅ…」(グスッ)

キョン「! 谷口!?」

谷口「キョンなんかに…泣かされるなんてぇ…」

キョン「お、俺、何か悪いことしたか!?」

谷口「わ、悪い!? 嬉し泣きしちゃ…」

キョン「た…谷口…お前…」

キョン(可愛すぎるだろ!)

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 03:02:58.29 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「これでも、ハルヒと仲良くなって欲しいのか?」

谷口「えっ…」

キョン「どうなんだ? 谷口…」

谷口「いぢわる…」

キョン「俺は、谷口ともっと、仲良くなりたい」

谷口「…キョン」

キョン「だから、これからもよろしくな」

谷口「…うん」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 03:07:22.20 ID:Dpnj1Q1Y0

国木田「…そろそろ、いいかなぁ?」

キョン&谷口「あっ///」

国木田「ふぅ、やっと谷口も報われたね」

谷口「な…どういうことよ!」

国木田「だって、四月のころからずっとずっと、キョンに近づくにはどうすればいいかとか、よく聞いてきたじゃないか」

キョン「そ、そうなのか…?」

谷口「うわぁぁぁ!! 国木田! 言っちゃだめぇ!」

国木田「ふふ、お幸せに♪ キョン、谷口♪」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 03:10:25.20 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「お、おお。ありがとう」

谷口(くぅ…国木田…許さないからねぇ!)

キョン(こうして、俺と谷口は結ばれたわけだが…)

これでいいのだろうか…?

なにか、重要なことを忘れている気がする…。

まあ、それはまた別の話…。

END

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 03:13:39.39 ID:Dpnj1Q1Y0

えー、女谷口SS終了です。
いやーやっぱりにょくにのように伸びませんねぇ…。失敗だったかな?
谷口は見た目があれですから、あんまり女谷口は想像しづらかったってこともありますよねぇ。
しかも性格ハルヒwww

昔書いたにょくにスレをみて下さっていた方もいて、とても嬉しく思います。

誹謗中傷、質問、意味不明な点があればどうかご質問ください。

では。

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:00:03.56 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口が女になったわけだが…。

別に変わったことはなく、逆に幸せになってしまったかもしれない。

俺はSOS団に戻れずすこしだけ、心に穴ができた。

でも、谷口がいてくればいいと、思っちまう自分がいるのも確かである。

これで本当にいいのかは、まだ確かじゃないけどな。

キョン「谷口、逆ナンばっかりするなよ」後日談 開始

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:03:20.18 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口に告白された、次の日である。

谷口「キョン!」

キョン「なんだ?」

谷口「あの、ほら…これ」

キョン「? 弁当?」

谷口「作ったから…食べなさいよ」

キョン「おお、ありがとう」

谷口「感謝されるほど、たいしたもんじゃないわ」

キョン「昼食が楽しみになったぜ」

谷口「/// ふん」

まあ、谷口が俺の彼女なわけである。

493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:09:49.56 ID:Dpnj1Q1Y0

谷口「美味しくなかったら返しなさいよ?」

キョン「なんで?」

谷口「…あんたには、美味しいもん食べてもらいたいから」

キョン「/// おう」

谷口「なんで顔赤くなってるのよ…///」

キョン「お、おまえこそ」

谷口「わ、わたしのは発情しただけよ」

キョン「もっと危ない気がするんだが…?」

谷口「いちいち突っ込まないでよ!」

キョン「す、すまん」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:21:52.19 ID:Dpnj1Q1Y0

俺の席でこんな会話をしているのだが。

俺は、後ろに視線を送る。

涼宮ハルヒは、いなかった。

谷口「? どうしたのよ」

キョン「いや、なんでもない」

谷口「そう? あ、先に言っとくけど」

谷口「卵焼き、ちょっと失敗しちゃった」

キョン「そうか」

ハルヒは、昨日から、会話をしていない。

無理もない、あいつから、接触を拒否してるわけだから。

谷口「で、あんたはいつ涼宮と縒りを戻すの?」

キョン「戻して欲しいのか?」

谷口「なんだか、許せないのよ。このままの状態が」

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:33:21.24 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「まあ、確かに居心地がいいもんではないな」

谷口「今日、涼宮の家に行ってあげなさいよ」

キョン「えっ」

谷口「いやなの?」

キョン「というか、知らん」

谷口「うそ! 知らないの!?」

キョン「数ヶ月一緒にいたが、俺は長門の家しか知らん」

谷口「じゃあ、電話して会いなさい」

キョン「そこまでしなくても…」

谷口「学校来てないんだから、それ以外に会えないでしょ?」

キョン「まあ、そうだな」

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 21:51:20.13 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「…」

しかし、それもできないことに気づく。

あいつは、きっと俺を拒否する。

電話番号も、メールアドレスも…全部、消して―――――。

まだ、消してないけれど。

かかるのだろうか。

ピッピッ

キョン「…」

prrrr prrrr

キョン「…」

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:07:23.29 ID:Dpnj1Q1Y0

ハルヒ「はい」



繋がったか。

キョン「俺だ」

ハルヒ「…」

キョン「あの、さ」

ハルヒ「どなたですか?」

キョン「えっ」

ハルヒ「間違えてますよ」

キョン「ちょっ」

プツッ

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:16:15.51 ID:Dpnj1Q1Y0

確認してみたが、涼宮ハルヒで間違いない。

キョン「…あいつ」

まさか、わざとか?

ハルヒ「…」

キョン「おい、俺だ、キョンだ」

プツッ

キョン「…くそっ」

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:24:21.68 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「…」

ハルヒ…。

谷口「…どうだった?」

キョン「全然ダメだ。切られちまった」

谷口「…そっか」

キョン「谷口は、知らないのか?」

谷口「えっ」

キョン「同じ中学で、ずっと同じクラスだから」

谷口「ご、ごめん。知らない」

キョン「そうか…」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:31:00.52 ID:Dpnj1Q1Y0

あまり、使いたくなかったが、しょうがない。


キョン「よう、古泉」

古泉「おや、どうも」

キョン「ハルヒがいなくてもちゃんと来てるんだな」

古泉「ふふっ…涼宮さんならきっと、ケロッとした顔で戻ってきますよ」

キョン(…)

そう思えない。あいつは何か、きっかけがないと全然立ち直れないんだ。

古泉「…あなたが来たということは、何か、あるんですね」

キョン「…ハルヒの家を、教えてくれ」

古泉「…涼宮さんの個人情報を僕が、あなたに?」

キョン「黙って教えろ」

古泉「わかりました。ですが…」

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:38:31.11 ID:Dpnj1Q1Y0

古泉「彼女を、傷つけないでください」

キョン「…わかった」

そんなこと、する気はない。

キョン「ありがとよ」

古泉「いえいえ…。この行動が、吉と出るか、凶と出るか…」

古泉「あなたに、かかっているだけなので」

キョン「…おう」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 22:50:36.47 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン(…ここか)

俺の家よりも、少し大きい一軒家。

キョン「…」

ピンポーン

ハルヒ「はい?」

これは確認しなくてもわかる。ハルヒの声だ。

キョン「よう、ハルヒ」

ハルヒ「…」

キョン「なんで、学校に来ないんだ?」

ハルヒ「すいません、よく言ってることがわからないんですが…」

キョン「…ふざけるなよ」

このとき、俺は無意識に言葉を漏らしていた。

ハルヒ「…」

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 23:17:55.41 ID:Dpnj1Q1Y0

ハルヒ「ほっといてよ…」

キョン「ほっとけるかよ」

キョン「俺だって、SOS団の一員なんだぞ」

ハルヒ「…わかったわ」

キョン「…」

ハルヒが外に出てきた。

ハルヒ「入って」

キョン「おう」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 23:36:12.60 ID:Dpnj1Q1Y0

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ、今日はどうして、学校に来なかったんだ?」

ハルヒ「…あんたに会いたくなかったから」

キョン「…」

ハルヒ「でも、会いたくなかったけど、会いたかった」

キョン「え?」

ハルヒ「電話で声が聞けて、嬉しかった」

ハルヒ「それに、こうやって私に会いに来てくれたのも、嬉しいわ」

キョン(…照れくさいな)

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 23:44:34.76 ID:Dpnj1Q1Y0

ハルヒ「でも…」

ハルヒ「私はあんたと、いちゃいけない」

キョン「なんで?」

ハルヒ「私、実は…」

キョン「谷口のことか」

ハルヒ「…知ってたの?」

キョン「ああ」

ハルヒ「私もあんまり覚えてないんだけど…」

ハルヒ「谷口を、殺しかけてた」

キョン「…」

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/25(金) 23:59:04.85 ID:Dpnj1Q1Y0

ハルヒ「なんでかわかる?」

キョン「さあな」

ハルヒ「…あんたが好きだからよ」

キョン「…」

ずるいぜ、ハルヒ。

そんなこと言ったら、なにも言えなくなっちまう。

キョン「…そうか」

ハルヒ「谷口があんたにくっついたのが、相当ストレスになってた」

キョン「…」

ハルヒ「…でも、なんであんなことしたのか…わかんないわ」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 00:02:40.59 ID:Wqp4XQII0

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「あんたは、谷口と付き合うんでしょう?」

キョン「…」

ハルヒ「私は諦めるから、あんたは幸せを満喫しなさい」

キョン「…俺は、どうすればいい?」

ハルヒ「え?」

キョン「俺は、どうすれば、お前を笑顔にできる?」

ハルヒ「…」

ハルヒ「ここに来てくれただけで、私は満足よ」

キョン「そんなはずない」

ハルヒ「…キョン」

俺は谷口が好きだ。

でも、ハルヒはSOS団の団長として、元気でいて欲しい。

それに、このままじゃまた、あのなんちゃら空間が出ちまう…。



524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 00:09:16.28 ID:Wqp4XQII0

ハルヒ「あんたはそんなんだから、傷つけるのよ!」

ハルヒ「好きな子を幸せにするのが、男でしょ?」

キョン「しかし…」

ハルヒ「私は、好きな人ができたの!」

キョン「! 誰だ?」

ハルヒ「…………古泉…くん?」

…嘘だ。

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 00:16:57.43 ID:Wqp4XQII0

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「何よ…?」

キョン「好きだ」

ハルヒ「は、はぁ!?」

キョン「好きだと言ってるんだ」

ハルヒ「あ、あんた、谷口は…?」

谷口は元は男だ。

治す方法だって、絶対ある。

…あのとてつもなく可愛い谷口を失うのは悲しいが…。

元に戻れば、全て元通りだ。

キョン「谷口のことは、確かに、好きだ」

ハルヒ「なら…」

キョン「でもな、俺は…お前に笑っていて欲しい」

ハルヒ「…キョン」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 00:21:51.39 ID:Wqp4XQII0

ハルヒ「最低ね」

キョン「…わかってる」

ハルヒ「あーきもちわるい、キョン、最低すぎるわ」

キョン「…」

ハルヒ「私はなんでこんな男好きになったのかしら」

キョン「…帰るわ」

ハルヒ「もうあんたの顔なんてみたくないわ。でも、明日からちゃんと学校にも行くし、普通に接してあげるわ」

キョン「わかった。…じゃあな」

ハルヒ「はいはい、バイバイ」


ハルヒ「…」

ハルヒ「これで、いいのよね…」

ハルヒ「うん! いいに決まってる…」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 00:42:06.16 ID:Wqp4XQII0

表面上、よくなったが…。

谷口、お前を男に戻すことにした。

しかし、どうすればいいんだ?

ハルヒはどうせ谷口は前から女だと思っていただろうし…。

あいつらに頼むほかないが…。

朝比奈さん? 無理だ、過去の記憶すらすべて女なんだから。

古泉? 無理。

長門? …ぐらいしか頼みようがないか。

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:01:31.41 ID:Wqp4XQII0

長門「…」

キョン「もしもし、長門か?」

長門「…」

キョン「頼みがあるんだ」

長門「…」

キョン「今から家に行っていいか?」

長門「…かまわない」

534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:04:01.93 ID:Wqp4XQII0

キョン「すまんな、急に来て」

長門「…いい」

キョン「それで、谷口のことなんだが…」

長門「なに?」

キョン「どうすれば治すことができる?」

長門「あなたが性別を変換する」

キョン「…は?」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:06:54.26 ID:Wqp4XQII0

キョン「どういうことだ?」

長門「あなたが性別を変換しないといけない」

キョン「な、なんで?」

長門「古泉一樹によって、谷口の性別パーツをロックされている」

キョン「古泉が!?」

長門「そう。古泉一樹が上手く涼宮ハルヒを誘導した結果、治すことができない」

キョン「…俺は、女になってどうすればいいんだ?」

長門「簡単、古泉一樹と付き合う」

キョン「…それ、簡単か?」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:11:04.40 ID:Wqp4XQII0

長門「…」

キョン「悪いんだが、聞いていてまったく簡単だとは思えないんだが…」

長門「あなたなら、大丈夫」

キョン「…そんなもんか?」

長門「大丈夫、あなたならいつでも治せるから」

キョン「そうか…」

長門「やる気がないのなら…違う方法もある」

キョン「どうする?」

キョン「俺は…」
>>540
する
しない

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 01:13:17.51 ID:XXbOE44r0

しない

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:17:17.73 ID:Wqp4XQII0

キョン「いや、やめとく」

長門「そう」

キョン「ほかの方法ってなんだ?」

長門「…あなたが涼宮ハルヒを説得する」

キョン「どちらにしても、難易度は高いわけか…」

長門「どうする? 最終決定を」

キョン「じゃあ、俺は…」

>>550
古泉を(恋愛的な意味で)攻撃する
ハルヒを説得する

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:23:39.65 ID:ierDLJ110

ハルヒを攻撃する

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:27:44.78 ID:Wqp4XQII0

>>555
どちらかでない場合はさらに再安価+5

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 01:31:42.64 ID:u9/nVqrl0

ハルヒを説得する

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:33:19.49 ID:Wqp4XQII0

キョン「ハルヒを説得する」

長門「わかった」

長門「私もできる限りサポートする」

キョン「ありがとう、長門」

長門「…」

キョン「さて、明日から、頑張ろう!」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 01:56:01.82 ID:Wqp4XQII0

次の日

キョン「おっす、ハルヒ」

ハルヒ「…おはよ」

キョン「昨日はその…なんだ」

ハルヒ「最低限の会話以外は受け付けないわ」

キョン「…すまん」

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:00:17.47 ID:Wqp4XQII0

谷口「やっほー! キョン」

キョン「おう、谷口」

ハルヒ「おはよ、谷口」

谷口「あ、お、おはよ、涼宮」

キョン(なんだとぉ!?)

キョン(なぜハルヒが谷口に挨拶を…!?)

谷口(///)

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:10:17.48 ID:Wqp4XQII0

キョン(なぜ顔を赤らめる、谷口!)

谷口「…なによ、そんなに睨んで」

キョン「いや、なんでもないが…」

キョン(しかし、それよりも、ハルヒと会話ができんぞ…)

ハルヒ「…」

キョン「なあ、ハルヒ」

ハルヒ「なによ」

キョン「今日は、部室で活動か?」

ハルヒ「そこ以外でしたことがないでしょうが。あんた馬鹿?」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:14:21.53 ID:Wqp4XQII0

キョン「す、すまん」

キョン(ここまで怒られるとは…)

ハルヒ「…」

キョン「…」

谷口「ねえキョン」

キョン「ん?」

谷口「ちょっと来て」

キョン「おう」

565 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:20:05.86 ID:Wqp4XQII0

谷口「涼宮のことなんだけど…」

キョン「ああ、あのあとちゃんと話をして、仲直りしたぞ」

谷口「…違うわよ」

キョン「ん? なんだ」

谷口「涼宮って…あんなに可愛かったっけ!?」

キョン(おいおい、谷口、お前は女だぞ?)

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:25:01.97 ID:Wqp4XQII0

キョン「俺というものがありながら…」

谷口「うるさいわよ! なんだか変…」

キョン「もとからだろ」

谷口「ちゃんと聞きなさいよ」

谷口「涼宮をみてると…ドキドキするの…」

キョン(なんで、今頃レズに目覚めてるんだよ)

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:32:50.94 ID:Wqp4XQII0

谷口「どうしよう、私…」

キョン「俺を見てくれ、谷口」

谷口「う、うん」

キョン「…」

谷口「…な、なによ…」

キョン「よし、異常なし」

谷口「ど、どういうことよ!?」

568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/26(土) 02:40:16.75 ID:Wqp4XQII0

サーセン…明日早いんでここで死にます…。

保守はしてもしなくても結構です。

では…。

本当にすいません



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「男は素直で可愛らしいのが好き・・・ツンデレは時代遅れ」