橘「さ、さ、さ、キョンさん!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「なにそれ」コナン「これね、光彦の苗木」

ツイート

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 08:21:24.70 ID:TGCFrjBWO

橘「・・・というわけでこちら側に来ませんか?」

キョン「断る」

橘「ちょ、即答しないで少しは考える振り位してくださいよ!」

キョン「その行動に及ぶ事さえ面倒だからな」

橘「もう!・・・でも断る割にはいつも呼び出しに応じてくれるんですね。もしかして私に会いたくて・・・」

キョン「いや、タダで喫茶店の珈琲が飲めるからな」

橘「なっ、そ、それが目的だったんですか!」

キョン「それ以外に何があるんだ?」

橘「・・・もう!今日は帰ります!次から喫茶店は無しです!」

キョン「何怒ってるんだ、あいつ・・・」


ピンポーン
ガチャ
橘「どうもどうも!昨日までの反省を活かして今回からキョンさんのお宅d」
バタン

橘「あぁ!そんなぁ、閉めないでくださいよぉ!あちこち迷いながらやっと着いたのに〜!」

キョン「はぁ・・・やれやれ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 08:57:08.36 ID:TGCFrjBWO

キョン「ほれ、お茶」

橘「あ、どうもです!いや〜歩き続けて喉が乾いてて、キョンさん気が利きますね!あ、ずるい妹ちゃん!」

キョン妹「えへへ〜京子ちゃんが油断してるからだよぉ」

キョン「・・・」(何故俺はこいつとスマブラしなければいけないんだ。っていうか既に妹と仲が良くなってる。・・・まぁ普段のこいつを見ると小学生並の知能指数しかなさそうだしなぁ・・・まぁ少し似てるし何か通じたのかもしれん)

キョン「・・あっ」

キョン妹「やった〜!キョン君倒せた〜」

橘「上手いですね!妹ちゃん!」

キョン「・・・」


橘「それじゃあキョンさん失礼します。またね妹ちゃん!」
キョン「あぁ」

キョン妹「バイバイ〜また来てね〜」

バタン


キョン「・・・あいつ何しに来たんだ」

橘「あ、勧誘を忘れてました・・・ま、いっか♪」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 09:30:23.89 ID:TGCFrjBWO

キョン「確かにまた来てと妹は言ってたが翌日にまた来るか、普通?」

橘「ち、違います。今日は勧誘の話をしにきたのです!遊びにでは決してありません」

キョン「ほー、でも悪いが、今日は宿題をやらなければいけないから橘の相手は出来ないぞ」

橘「ご心配なく!終わるまで静かにお待ちしてます」

キョン「勝手にしてくれ」

〜10分後〜
キョン「・・・」カリカリ
橘「・・・」キョロキョロ

〜20分後〜
キョン「・・・」トントントン
橘「うーん・・此処にもないか、流石にベットの下はベタですよねぇ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 09:36:47.51 ID:TGCFrjBWO

キョン「こら、さっきから何をしてる」

橘「え、ほら、男性ならHで卑猥でいやらしい雑誌とか持ってそうじゃないですかぁ」

キョン「仮に見つけたらお前はどうするんだ」

橘「そりゃあ・・その・・好みとか知れれば勉強でも・・そ、それよりさっきから手が動いてないんじゃないですか!?」

キョン「ぐ・・少し休憩してただけだ」

橘「本当ですかぁ?解らないなら教えてあげますよぉ?」
キョン「分かるのか?」

橘「見せてください、どれどれ・・・あぁこれなら簡単ですよ。此処がこうなってこうなるんです」

キョン「なるほど、それじゃあこれは?」

橘「これはこうしてこうするんですよ」

キョン「ほう、じゃあ此処は・・・」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 09:50:20.16 ID:TGCFrjBWO


キョン「悪かったな、殆ど宿題手伝ってもらって、助かった」

橘「いえ、気にしないで下さい。私も色々見れてたのしかったです」

キョン「俺の頭の悪さとかか?」

橘「あはは、きつい自虐ネタですねぇ。それじゃそろそろ失礼します、お休みなさい。」

キョン「あぁ、おやすみ」


〜翌日〜
キョン(というか小学生並知能指数とか言ってた奴に勉強教わった俺は一体・・・)
ハルヒ「キョン!アンタ宿題やってきたの?どうせやってないんでしょ」

キョン「残念ながら完璧といっても過言じゃない出来だ」

ハルヒ「ウソ!?ちょっと見せてみなさいよ!・・・確かにちゃんと出来てるわね・・・でもこれ誰の字よ?どう見ても女の子の字じゃない!」

キョン「え、あぁ・・・それは・・だな」

ハルヒ「・・・キョン、じっくり話聞かせてもらうわよ!」


橘「・・・また勧誘忘れた・・・まぁいいか!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 10:03:42.40 ID:TGCFrjBWO

キョン「これで完でもいいよな?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 10:28:16.56 ID:TGCFrjBWO

ピンポーン・・・ガチャ

キョン妹「あ!京子ちゃんだ〜!いらっしゃい!」

橘「こんにちは妹ちゃん!キョンさん居るかな?」

キョン妹「ううん〜キョン君出かけちゃったよ、毎週この日は出かけてるの」

橘「毎週?・・・あぁ、今日はSOS団の不思議探しの日でしたか、仕方ありません。日を改めましょう」

キョン妹「えー京子ちゃん帰っちゃうの?遊んで行かないのぉ?」

橘「うっ・・・じゃあちょっとだけ」(このおねだりは中々のものです・・・)

キョン妹「わーい!じゃあ入って入って!」

橘「お邪魔しま〜す」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 10:39:32.25 ID:TGCFrjBWO

キョン妹「何して遊ぼうかぁ?またゲームする?」

橘「そうですねぇ、あ!そうだ、その前に妹ちゃんに聞きたい事があったんです!・・・キョンさんの好みとかわかるかな?」

キョン妹「好み?うーん、ハンバーグとか唐揚げとか・・・」

橘「そ、そういうのじゃなくて、こんな子が可愛いとかタイプだとか」

キョン妹「・・・あ!前にキョン君の部屋でねポニーテールの女の子が写った写真見たことあるよ」

橘「ポニーテールですかぁ、意外な好みですねぇ、他にはわかりますか?」

キョン妹「ううん、分からない〜」

橘「そうですか、ありがとう妹ちゃん」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 11:01:18.49 ID:TGCFrjBWO

キョン妹「京子ちゃん、キョン君の事好きなのー?」

橘「え!!いや、その、好きというか、気になると言うか・・・」

妹「でもキョン君昨日も京子ちゃんの話してたよぉ」

橘「・・・え?本当ですか?」

キョン妹「うん、だからキョン君も好きなんだよ〜私も京子ちゃん大好きだもん!」

橘「妹ちゃん・・・ありがとう!・・・よーし、それじゃあゲームでもしよっか!」
キョン妹「うん!」

橘(妹ちゃんはこんなに素直でいい子なのに。キョンさんもこれ位、素直にならいいのに、良いところは似ないものです)


キョン「はっくしょん」
古泉「おや、風邪ですか?」キョン「噂でもされてるのかもな」
古泉「涼宮さんが何か考えてるのかもしれませんよ」
キョン「やれやれ・・・」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 11:17:22.76 ID:TGCFrjBWO

橘「それじゃあまたね!」

キョン妹「バイバ〜イ」

橘(結局夕方まで遊び続けてしまいました。・・彼がポニーテール好きだったとは意外です。私はしたことがないからなぁ・・・似合うかなぁ)
橘「ちょっとだけ・・ん・・っと・・よし!チェックチェック・・・って、鏡を忘れた!」

キョン(ふぅ、今日も平和なのか不思議のかけらも見つからずに終わった終わった。帰って飯食って風呂入って・・・ん?あれは・・!)

キョン「橘」

橘「あ、キョンさん今お帰りですか?ご苦労様です。って・・どうかしました?」

キョン「え?あ、いやなんでもないぞ。家に来てたのか?」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 11:38:18.35 ID:TGCFrjBWO

橘「ええ、キョンさんが居なかったので妹ちゃんとずっと遊んでました」

キョン「そうか、そりゃ悪かったな・・所で髪型変えたのか?」

橘「え!あ、これはですね、・・ちょっとした気分転換です!あはは〜」
(まさか会うとは、めんどくさがらず直せば良かった・・)
橘「あ〜・・私似合いませんよね・・」

キョン「いや、かな・・」

橘「お、遅くなるんでそろそろ帰りますね!それじゃ!」

キョン「あ、おい!・・・全く」



キョン「ふぃーさっぱりしたぁ、疲れた時の風呂は堪らんな・・携帯携帯と・・・・・「・・おしっ寝る!」


橘「はぁ〜・・・はぁ〜・・・溜息しかでない、直ぐに戻すべきでした・・・はぁ〜」
♪〜♪〜
橘(誰から・・)
[今日の髪型かなり可愛かったぞ]
橘「・・・・・これは・・ずるい・・です」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 12:06:08.52 ID:TGCFrjBWO

ハルヒ「・・・」ジー
キョン「・・・」パチンカチカチピッ
古泉「んふっこれは中々厳しい・・」
ハルヒ「・・ちょっとキョン、あんたさっきから何してんのよ?」

キョン「見てわからんか?メールだが」ピピピ

ハルヒ「今日1日ずっとしてるじゃない!何処の誰とよ!?」

キョン「この国にはプライバシーの保護って法があるんだぞ」

ハルヒ「ふんっ!このSOS団では団長こそ法王、法なのよ!だから教えなさい!!」

キョン「知り合いだ」

ハルヒ「ぎぎっ・・バカキョン!勝手にしなさい!私は帰る!!」バタン

古泉「おやおや、これは今日もアルバイトになりそうですね」
キョン「悪いな、迷惑かけて」
古泉「そう思うんでしたら控えてほしいものです」
キョン「残念ながら無理だ」古泉「んふっそういうと思ってましたよ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 12:22:59.75 ID:TGCFrjBWO

橘「お待ちしてました!今日こそ勧誘のお仕事をしなければ上から怒られそうなのです!覚悟はよろしs」

キョン「まぁ中にどうぞ」

橘「あ、お邪魔しま〜す・・あれ妹ちゃんまだ帰ってないんですか?」

キョン「ん、あぁ、妹も両親も今日は居ない。法事で親戚の家にいっててな」

橘「へぇ〜それじゃあ今日の晩御飯とかどうするんですか?」

キョン「多分カップ麺にでもなるだろう」

橘「そんなのダメです!」パーン

キョン「あたっ!さりげなく叩くな!」

橘「全くそういう事こそメールで教えてくださいよ!私が一肌脱いであげるのに」


オラねみぃぞ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 13:00:16.09 ID:TGCFrjBWO

キョン「一肌脱ぐって何してくれるんだ?」

橘「晩御飯くらい作ってあげましょう!何か食べたいものはありますか?」

キョン「そうだな・・・じゃあカレーが食べたいな」

橘「カレーですね、任せてください!出来るまでゆっくりしてて下さい。あ、冷蔵庫の中身使わせてもらいますね」

キョン「おう、好きなだけつかってくれ」

〜2時間後〜
橘「さぁ召し上がれ」
キョン「いただきます」
橘「・・・」ドキドキ
キョン「・・・うん、美味い」
橘「本当ですか!?よかったぁ。沢山あるんでドンドン食べてくださいね」
キョン「あぁ、所で橘、こんな時間まで大丈夫なのか?」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:09:28.88 ID:TGCFrjBWO

橘「え?・・あ!もう7時過ぎてるじゃないですか!ピッタリに出来あがるはずだったのにぃ」

キョン「いや、そこじゃないだろ」

橘「へ?他に何かありましたっけ?見たい番組も特にないし」

キョン「・・・お前、帰らなくていいのか?」

橘「あぁ、そうでしたね。でももう夜も更けますし泊まっていっても問題ないd」

キョン「いや、問題だらけだろ」

橘「えーダメなんですか!!・・仕方ないですね、ここは」シュルシュルパサッ
キョン「!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:23:38.89 ID:TGCFrjBWO

橘「んっ・・っしょ、よし!今日だけでも・・・泊めてもらえないですか?」

キョン(ぐっ、ポニテに上目遣いのお願いなんて・・・どっかで見たことあるおねだりだが)
キョン「まぁ・・今日だけだぞ」

橘「ありがとうございます!」(流石妹ちゃん直伝おねだり)



キョン「まぁ風呂でも入ってくれ、食器は俺が洗っとくから」

橘「はーい、それじゃお言葉に甘えて」



キョン「・・・あいつ毎回何しに来てるんだか」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:42:27.96 ID:TGCFrjBWO

キョン「さて、風呂も入ったことだし寝るとするかね」

橘「その前に、朝ご飯の下準備をしてからです」

キョン「いや、流石に悪いしいいぞ」

橘「どうせ、ついでですから良いんですよ」

キョン「?そうなのか、そりゃ助かる」

橘「どう致しまして、さぁさぁキョンさんは先に休んでてくれて良いですよ」

キョン「あぁそうさせてもらう。今日も神様相手に疲れたからな・・・おやすみ橘」
橘「はい、おやすみなさいキョンさん」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 13:56:32.93 ID:TGCFrjBWO

キョン「ふぁ・・珍しく目覚めが良いな、早く寝たからかな」


キョン「あれ、橘のやつどこ行ったんだ・・・」
キョン「・・・置き手紙」
[私も今日は学校ですので着替える為に帰りますね。朝ご飯は用意してあるので温めて、お昼のお弁当も作っておきましたので忘れずに!では今日も頑張って行きましょう!愛しのキョンさんへ]

キョン「愛しのキョンさんね・・・今度お礼も兼ねてこっちから誘ってみるかね」


〜学校〜


谷口「おいキョン飯食おうぜ」
キョン「おう」

國木田「あれ、今日のキョンの弁当包いつもと違うね」

キョン「ん、あぁまぁな」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 14:07:17.64 ID:TGCFrjBWO

ハルヒ「・・・」ジー

キョン「なんだハルヒ、今日は学食にいかないのか?」

ハルヒ「今日は私もお弁当なのよ」

キョン「ほぉ、珍しいもんだ」

ハルヒ「ふんっ!」パクパク

キョン「さて、俺も食べるか」
パカ
キョン「・・・」
パカン
谷口「んあ?どうしたキョン?」
キョン(なんだ、ご飯の上にピンク色のものが見えたが気のせいか?こんなラブコメ漫画のような話があるのか?)

キョン「ちょっと腹が痛くてな、今日は飯はいいy」
ハルヒ「ギョン・・・今のは一体何かしら?」
キョン「な、なんだ?何の事だ?」
ハルヒ「良いから貸しなさい!!」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 14:18:54.05 ID:TGCFrjBWO

キョン「あ!」
パカ

・・・・・
キョン(終わった)
國木田「へぇ〜流石キョンだね」

谷口「キョオオオオオン!貴様!愛妻弁当か!?どこの愛妻だ!え?!何処までいったんだ!?どうすれば愛妻が出来るんだ!!教えてくださいいいい!」

キョン(うむ、予想通りの反応だ。ここまでは良い、問題は・・・)

ハルヒ「ギョン・・・きっちりSOS団の部室で話きがぜて貰おうかしら・・フフフ」

古泉、今日が俺とお前の命日かもしれんな

あとお礼の話は取消だ・・・おぼえとけよおおおおおおおおたちばなあああああ!

〜その頃橘宅〜
橘「キョンさ〜ん・・・ムニャ・・・エヘヘ・・Zzz」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 14:20:46.71 ID:TGCFrjBWO

今度こそ完だと信じる
疲れたよ橘・・・おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「はぁ......アスカの口臭いよ.......」