ときめきハルヒメモリアル


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なんなのこいつ…」しんのすけ「ほっほーい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:19:52.21 ID:H8w6CQmX0

ハルヒギャルゲーネタの某良スレとは関係ないです
かぶってたり似てるとこあったらスマン



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:20:33.84 ID:H8w6CQmX0

長門「これ」

長門が唐突に手渡してきたのは一枚のDVD-Rだった。
マジックで『ときめきハルヒメモリアル』って書いてある。

キョン「なんだこれ?ハルヒの半生を収めた写真集
とかじゃあないだろな、いらんぞ」

長門「違う、ゲーム」

キョン「ゲーム?コンピ研が作ったのか?」

長門「涼宮ハルヒが作った。彼女の願望を大いに盛り込んで」

キョン「なに?ハルヒが作っただと?おいおい、あいつゲームなんて作れるのか」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:21:22.63 ID:H8w6CQmX0


長門「彼女の能力で私に製作させた。監督脚本:涼宮ハルヒ
その他:私 ということ。彼女はこのゲームの事は知らないが
プレイしないと涼宮ハルヒは暴走する。」

キョン「なんだよそれ、またあいつのワガママか。
つーかあいつが好きそうなゲームは大味で5分で終わりそうだ」

長門「総プレイ時間100時間以上。フルボイス。超大作」

キョン「それはそれで面倒そうな…まいいや、そのうちやるよ」

長門「帰ったらすぐプレイして」

キョン「あ、ああ。そりゃあいいが…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:22:09.90 ID:H8w6CQmX0

ハルヒのゲームか…なんか嫌な予感がするが……
ま、暇つぶしぐらいにはなるか。
そんなわけで帰宅してPCにゲームをインストールする。
ハルヒの顔のアイコンが作成された…ぽちっと。


ときめき☆ハルヒ☆メモリアル


 >はじめから
   つづきから
    えくすとら
      おぷしょん

   (C)2009 SOS団

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:23:55.70 ID:H8w6CQmX0


なんかギャルゲーみたいな感じだな…。
いっとくが俺はギャルゲーにはちょっとうるさいぜ?
さて、はじめから…と、

うお、なんかOPムービーが流れ出したぞ!すげえ

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

ハルヒの歌かよ!

飛ばすのはエンターでいいのか?よし。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:25:13.12 ID:H8w6CQmX0

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

……………。

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

わかったわかった。飛ばさないから勘弁してくれ。
さて、便所いってこ。

『あれもこれも未体験 いつだってトツゼン♪
まるでまるで未経験 それがどうしたの?♪』

『4月10日』

お、はじまったらしい。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:26:58.53 ID:H8w6CQmX0

ハルヒ「おっはよー!ってまだ寝てんの?
ほら!起きなさい!」

いきなりハルヒかよ!って、長門の言ってた通り
ほんとにボイス付きなんだな。

キョン「うーん、おお、おはよう……」

ちょっとまて、なんで俺までボイス付きなんだよ!
録音した記憶なんてこれっぽっちっもないんだが?
ええい、主人公のボイスはOFFだ!

ハルヒ「はやく行かないと遅刻するわよ!
まったく、あんたはほんとだらしないわね。
幼馴染として情けないわ!」

えーと、ハルヒ=幼馴染=メインヒロイン
って事なのか?ちょっと配役が気にくわんのだが。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:28:23.47 ID:H8w6CQmX0


ハルヒ「ほらほら、さっさといくわよ!
入学早々遅刻なんてカッコワルイわ!」

ところでハルヒが微妙に顔を赤く染めてるのが
気になるのだが……えーと、パラメーターは…これか…

☆好感度☆

涼宮ハルヒ llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllMAX
朝比奈みくるl
長門有希  l
妹ちゃん lllll
????
????


………………なんだこのチート状態。
妹が入ってるのも気になるんだが。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:30:11.17 ID:H8w6CQmX0


ハルヒ「そういやさ、キョン、
高校に気になる子っていた?可愛い子とか」

>‎ああ、いたよ
 いないかな
 お前が好きだ

むう…………。

>‎ああ、いたよ

ハルヒ「えっ?誰よ!気になるじゃない!
あたしに紹介しなさいよ!!」

>‎やなこった
 もうヤったよ
 冗談さハニー 君しか見えないよ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:31:08.25 ID:H8w6CQmX0

>‎もうヤったよ

ハルヒ「うわああああああ!!!!!!!」

なあ、ハルヒ、お前どっから斧なんて出したんだ?

ハルヒ「死ねっ!死ねっ!!あたしのものにならないなら死んじゃえっ!!」

『ザクッ ザクッ ザクッ グシャッ プシャー』

ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

画面が真っ赤に染まってBAD ENDと出た。
なんかジャンル間違えてないか?これ。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:33:05.62 ID:H8w6CQmX0

と、電話だ。

キョン「もしもし?…なんだ、古泉か」

古泉「あなた、バッドエンドになりましたね?
おかげで閉鎖空間が発生して大変なんですよ。困りますねえ」

キョン「なんでこのゲームと閉鎖空間が関係あるんだよ」

古泉「それは涼宮さんのゲームですので…そっちがバッドエンドに
なると涼宮さんも『なんだかよくわからないけどイライラ!』となるのですよ」

キョン「なんだよそりゃ。じゃーハルヒエンドに行けばいいんだろ?
好感度マックスだし楽勝そうだな」

古泉「それだけではありません、全ルートを攻略
しなければならないのです。そうしないと何が起こるか…」

キョン「なんだそりゃ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:34:52.51 ID:H8w6CQmX0

古泉「だってほら、自分の作った作品は最後まで遊んで
欲しいものでしょう?とにかくそういうことなので
よろしくお願いします」ガチャ

キョン「お、おいっ……仕方ねえな……」

ああ…めんどくせえ……なにが面倒って

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

またこれを聞かされるのがだな…

ハルヒ「そういやさ、キョン、
高校に気になる子っていた?可愛い子とか」

>‎ああ、いたよ
 いないかな
 お前が好きだ

とりあえず、ハルヒルートをとっとと終わらせるか。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:36:18.82 ID:H8w6CQmX0

>‎お前が好きだ

ハルヒ「ほんと!?あたしもキョンが好き!嬉しいわ!」

ハルヒ「なんだか今日は学校いきたくない気分だわ!
あんたの家でずっとイチャイチャしてましょう!」

おいおい、まさか

『ハルヒと二人してベッドに腰掛ける。凄く距離が近い

 ハルヒの良い香りで、頭がボーっとしてくる。』

『ハルヒ「ねえキョン…」ハルヒが体を預けてくる。

 体温と柔らかさで心臓がバクバクする。

 ハルヒ「あなたを……感じさせて……」』


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:37:15.95 ID:H8w6CQmX0


この展開は………………早送り、と

『ハルヒに軽く口付けをするハルヒはそっと俺の背中に手を回す体が震えているのがわかる
ブラウスのボタンを外し彼女の肌に触れるんっハルヒの体がピクッと脈打つ
俺は胸の膨らみに手を置きゆっくりと撫で回すハんっんっんむキョン好きハルヒの瑞々しい唇が
俺の舌に吸い付く俺は彼女の胸の突起を指で転がすハルヒの息が熱くなって俺の顔にかかる
夢みたいあたしキョンに抱かれてるのね嬉しいんっそこはっ俺の手がハルヒの秘所に伸び』

あー早くおわらねえかなあ。
それにしても俺のボイスOFFにしておいてよかったぜ。
自分で自分のあえぎ声なんて聞いたら多分自殺する。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:38:32.23 ID:H8w6CQmX0


『今度はバックからハルヒを抱くハすごいっ奥まで感じちゃうっああっキョンのおちんちんきもちいい
ハルヒの形の良い乳房を右手で乱暴に揉みしだきならハルヒを深く突くとハルヒはさかりのついた
猫のように激しくあえいだあああっきもちいいよおっんっんっああんっあたしおかしくなっちゃう
ハルヒの暖かい膣がギュウギュウに俺のペニスを締め上げるさっきイったばかりなのにもうイキそうだ
キョン熱いのを中にいっぱいちょうだいあたしキョンの赤ちゃんがほしいいくっうっドクドク』

それにしても長いなおい!現在4回戦目に突入している。
どんだけ欲求不満なんだよハルヒは。
モノローグは早送りできてもセリフはボイスが流れるまで
飛ばせない仕様のせいで、かれこれ10分はCTRL押しっぱなしなんだが。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:40:17.08 ID:H8w6CQmX0

妹「ねーキョンくーん。なんでハルにゃんとキョンくんが
はだかでプロレスごっこしてるのー?ハルにゃんくるしそう〜」

キョン「これはプロレスごっこじゃなくてだな、って、
おいいいいいいいいいいいい!!!!!なんで居るんだよ!!!」

妹「はさみかりようとしたら、キョンくんがゲームしてたから
いっしょにみてたの〜てへっ☆」

キョン「ほ、ほらっ!!さっさとでてけ!!しっしっ!!」

妹「え〜つまんない〜〜みたい〜〜〜〜じゃーシャミとあそぶ〜!
シャミいこ〜!」

キョン「そ、そうしろ!!ほらいったいった!」

妹「ねー、クリとリスってなあに〜?」

キョン「うっせえ!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:42:05.77 ID:H8w6CQmX0

部屋に鍵を掛ける。
妹よ、もしお袋に言ったら命はないと思え。

ところでハルヒとの濡れ場だが、5回戦目が始まっていたので
文鎮をCTRLキーに乗せて放置することにした。
ハルヒよ、何を期待してるのかは知らんが俺はそんなに絶倫じゃないぜ?

ハルヒ「今日からあなたと一緒に暮らすわ!」

ハルヒ「ねえキョン、あたし赤ちゃんができたの!嬉しいわ!」

ハルヒ「女の子だったわね!名前はどうしましょう!?」

12回戦が終わった後、その後も幾多の濡れ場を折り混ぜつつ
ラブラブ生活シーンが展開されたが割愛する。
だってそんなの興味ないだろ?なあ?

そしてまた例の歌が流れてエンディングとなる。
OPの使いまわしかよ。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:52:04.10 ID:H8w6CQmX0

さて、そんなわけで長い苦行は終了したので
いよいよ朝比奈さんルートをやることにする。

……ええと、ティッシュティッシュ。
用意しておかないとな。
トイレも行った、ちゃんとカギもしめた。
俺はフルチンでマウスをクリックした。

ハルヒ「おっはよー!ってまだ寝てんの?
ほら!起きなさい!」

ハルヒがぶつけてくるハードな難易度の選択肢を
巧みにかわし、怒らせず近寄らせず進んでいく。
ギャルゲーマーの腕の見せ所だぜ。

あー朝比奈さんの登場はまだだろうか。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:54:06.72 ID:H8w6CQmX0


『タッタッタ…ドン!
???「う〜ん、あいたた…わっ!ごめんなさい!大丈夫ですか?』

廊下でぶつかって出会うなんて古典の域である。
これがハルヒなら即座にALT+F4を押すところだが、

みくる「あたしよそ見しちゃってて…お怪我はありませんか?」

朝比奈さんである!それも、尻餅をついていらっしゃる!!
M字に開かれた足の間に輝く白いパンツ!!!
おお、なんてベタで素晴らしいCGであろうか!

それにしてもCGの朝比奈さんも可愛らしい、
ちょっぴり頬を朱に染めているのがなんとも言えない。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 21:59:11.20 ID:H8w6CQmX0


白くすらっとした足に、お尻の形が浮き出た小さめの下着。
真ん中のあたりがうっすらと窪んでいるあたりたまらない…!
俺の視線はモニタの中の半径数センチあたりに釘付けである。
もうこのままずっとこのシーンでいいぞ!あとでPCの壁紙に設定しとこう!

ああ…朝比奈さん……シュッシュッ

朝比奈さん…可愛い…シュッシュッ

あああああみくるうううう!!シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッポシュッポ

ふぅ…

さて進めるか。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:02:42.97 ID:H8w6CQmX0


朝比奈さんと会話していろいろと情報を引き出す。
ふむふむ、書道部に入っていらっしゃるんですね。
SOS団ではないのか。

朝比奈さん攻略のためには当然書道部に入るべきだよな。
よし、入部しにいこう。

ハルヒ「ねえキョン!部活作ったの!
当然入るわよね?返事は『はい』か『YES』よ!」

>‎はい
 YES

……なんか来た。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:05:51.14 ID:H8w6CQmX0

うーん。

うーん。

これハルヒルート以外攻略不可じゃないのか?

しばらくうんうん唸ったあと、
このまま言いなりになるのも悔しかったが
どうしようも無いのでYESを選択しようとすると…

ハルヒ「あんたそんなにあたしの部活に入るのが
イヤなわけ?許せないわ!力づくで入らせるんだから!!」

なるほど、選択せずに待つのが突破口だったわけか。
タイマーぐらいつけておけよ。ユーザーフレンドリーじゃないな

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:11:03.79 ID:H8w6CQmX0


そして画面が暗転し、
ハルヒが投げてくる斧を避けながら
朝比奈さんの投げるお茶をキャッチするという
古典的なミニゲームが突如開始されたのであった。

ハルヒが隣で一所懸命お茶を投げてる朝比奈さんを
斧でぶった斬らず無視してるあたりが、ゲームのお約束というやつである。

ハルヒ「くっ…覚えてらっしゃい!あたしは諦めてないからね!」

捨て台詞を残して敵キャラは帰っていった。
もう出てこなくていいぞ。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:14:34.13 ID:H8w6CQmX0


その後書道部に入部した俺は、
ひたすら朝比奈さんの好感度上げを試みたわけだが、
なかなか上手くいかない。なんせ選択肢がこんなのばっかである。

みくる「キョンくんって彼女とかいるんですか?」

>‎いるけど?それが?
 お前何か期待してんのか?淫売が!
 つまんない質問してんじゃーよ

超難易度のみくるルートを
好感度を上げ下げしながら悪戦苦闘し、
やがて季節は夏。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:16:38.41 ID:H8w6CQmX0


夏と言えばプール、海、水着である。
このゲームの製作者もせっかく用意した水着CCが
絶対に見れないのは不味いと思ったのか、
朝比奈さんとプールにいくイベントが出現する程度には
好感度の上昇を可能としてくれていたらしい。

みくる「この水着ちょっと恥ずかしいな…なんだかその…
布が少なくて……ひゃっ!どこ見てるんですかキョンくんったら〜」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:17:34.38 ID:H8w6CQmX0


ええ凄く見てますよ。   シュッシュッシュッシュッシュ

ああ…おっぱい…でけえ… シュッシュッシュッシュッシュ

おっぱいおっぱいおっぱいおっぱい!!!シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッポシュッポ


ふう…

さて進めるか。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:20:42.21 ID:H8w6CQmX0


みくる「水が気持ちいいですよ〜〜!キョンくんも
一緒に泳ぎましょう♪」

ああ、いいなあ、二人っきりでプールでデート。
もう朝比奈さんルートだけ延々とやりてえよ。

みくる「キョンくーん、こっちで……きゃっ!」

嬌声をあげ、突如水中に沈む朝比奈さん。
なんだ?どうした?

???「フッフッフ……キョン〜ずいぶん楽しそうじゃな〜い……
あたしがプールに誘っても断ったくせにねぇ……」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:23:53.83 ID:H8w6CQmX0


…………水面から頭を出してキラリと目を光らせる
タコ入道……ではなく、涼宮ハルヒ。
好感度常時MAXの超絶ヤンデレストーカーが朝比奈さんを
水中に引きずりこんで、亡き者にしようとしていたのであった。

ハルヒ「痛いじゃないの!」

ハルヒ「ぎゃっ!」

ハルヒ「ひでぶっ!」

ハルヒ「お、覚えてらっしゃい!!次は殺すわ!!」

水面から顔を出すハルヒに石を投げつけて倒すという
単純明快なゲームをなんとかクリアして、朝比奈さんを救出した。
何度かミスって一般客に当ててしまい、水中へと沈んでいったが
ゲームのモブキャラの生死など些末な問題なので忘れる事にする。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:29:47.85 ID:H8w6CQmX0


みくる「キョンくん〜怖かったぁ…ううぅ……
助けてくれてありがとう…キョンくんって頼りになるんですね」

ハルヒのおかげで好感度大幅アップである。
でももう出てこなくていいぞ〜。

その後、朝比奈さんとはどんどん親密になりデートを重ね、

花火大会でロケット花火を乱射して闇討ちしてくるハルヒや
球技大会でサッカーなのにアメフトのプロテクターを身にまとい突進してくるハルヒや
映画館にて大声で落語『時そば』を読み上げ妨害しようとするも係員につまみ出されるハルヒとの
ミニゲームに勝利し、たっぷり好感度の上がった状態で
クリスマスイブの夜を迎えた。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:35:55.03 ID:H8w6CQmX0


みくる「キョンくん……あたし……キョンくんが…好きです」

俺もですよ、朝比奈さん。

みくる「キョンくん…その…えっと……」

わかってますよ。そんなこと女の子に言わせません。

>‎抱きたい
 抱きたい
 抱きたい

みくる「うん……優しく……してね」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:37:06.31 ID:H8w6CQmX0



こちとらフル勃起で準備万端です!
ユンケル3本飲んだんで朝までリピートしますよ!!

『朝比奈さんの肩に手を掛ける。朝比奈さんは潤んだ目で俺を見つめ、
みくる「キョンくん…愛してる…」と小さく囁いて瞼を閉じた』

はぁっはぁっ…くるぞ…くるぞ…
いよいよ……朝比奈さんとのセックスシーン!くるぞっ!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:40:18.31 ID:H8w6CQmX0



『バリーン!スティーブン・セ○ールのごとく
窓を突き破り颯爽と現れたのは、我らがヒロイン涼宮ハルヒであった!』

ハルヒ「くるわけないでしょ!!!」

おい!!!!!!!!

ハルヒ「この泥棒猫!!ぶりっ子淫売の分際であたしの
キョンを盗ろうなんざいい度胸ね!!成敗してあげる!!」

みくる「ひゃわあああああ!!!!!!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:45:15.48 ID:H8w6CQmX0


『スーパービューティー涼宮ハルヒは、魔を打ち払う光り輝く聖斧を振り上げ、
愛するキョンを誑かす淫獣みくるの脳天めがけ!!!』

ちょっ!おいっ!待ちやがれ!!
そ、そうだ!ミニゲームやろうぜミニゲーム!!
こんどはなにがいい?格闘ゲームとか!な?

ハルヒ「死ねええええええええええええ!!!!」

『ザクッ ザクッ ザクッ グシャッ プシャー』

ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

『こうして巨悪は聖天使涼宮ハルヒの手によって滅びたのであった!
さすがだハルヒ!僕らはいつでも君を待っている!万歳ハルヒ!』

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:48:01.34 ID:H8w6CQmX0



ハルヒ「キョン!あなたはあのメス豚に騙されていたの!
危ないところだったわ!やっとあたしと愛し合えるわね!」

………………。

『ハルヒと二人してベッドに腰掛ける。凄く距離が近い
 ハルヒ「ねえキョン…」ハルヒが体を預けてくる。
 ハルヒ「あなたを……感じさせて……」』

………………。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 22:51:09.00 ID:H8w6CQmX0



『ハルヒに軽く口付けをするハルヒはそっと俺の背中に手を回す体が震えているのがわかる
ブラウスのボタンを外し彼女の肌に触れるんっハルヒの体がピクッと脈打つ
俺は胸の膨らみに手を置きゆっくりと撫で回すハんっんっんむキョン好きハルヒの瑞々しい唇が
俺の舌に吸い付く俺は彼女の胸の突起を指で転がすハルヒの息が熱くなって俺の顔にかかる
夢みたいあたしキョンに抱かれてるのね嬉しいんっそこはっ俺の手がハルヒの秘所に伸び』

………………。

『みくるルート 完 GOOD END』

………………。

ピッピッピ

古泉「もしもし、古泉です」

キョン「すまん、もう無理」ガチャ



おわり。


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:03:45.50 ID:H8w6CQmX0

読んでくれてありがとう!
需要あったら他のルートも書こうと思ったけど、無さそうだな……

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:07:21.01 ID:H8w6CQmX0

じゃあ書くよ!
落ちたらスマソ
無理に保守しなくてもいいよ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」