キョン「あ、あの、鶴屋さん?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:圭一「ペロッ……これは夢精ッ!?」

ツイート

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:09:15.99 ID:jyIZ/BHV0

??「……ンくん、キョンくん!」

キョン「ん……ぅ……」

??「ほら、早く起きるっさ!」

キョン「……もうちょっとだけ、寝かせてくれ……って、え?」

??「そんなこと言ってたら遅刻しちゃうよっ? ほら、早く起きた起きた!」

キョン「な……!? つ、鶴屋さん……っ?」

鶴屋「ようやく起きたのかなっ? でも、その“鶴屋さん”って呼び方はいただけないねぇ」

キョン「え……?」

鶴屋「もぉ〜、まだ寝ぼすけさんかいっ? “つるねぇ”って呼んでくれないと!」

キョン「つ、つるねぇ……?」

鶴屋「ほらっ、早く起きた起きた! おばさんが朝ごはん作って待ってるよっ!」

キョン「あ、はい……お、起きます……」

鶴屋「ん、よろしい! じゃあ、私はお先に下に降りてるにょろ! 早く来るんだよ〜っ?」

キョン(な、何だこれは……朝起きたら鶴屋さんが目の前にいて……しかも、“つるねぇ”って何だ……?)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:16:14.90 ID:jyIZ/BHV0

ーキョン宅リビングー

キョン「い、いただきます……」

鶴屋「いただきますっ!」

キョン「…………」

鶴屋「ん〜、やっぱり朝ごはんはしっかり食べなきゃねっ!」

キョン(どうなってる……? 鶴屋さんが何の違和感もなく、我が家の食卓を囲んでいるというのに……誰も咎めようとしない)

鶴屋「ん〜? キョンくんっ?」

キョン「えっ? あ、はい……何でしょうか?」

鶴屋「……どうかしたのかなっ? いつもと違って敬語で喋ってるけどさ」

キョン「っ……いや、何でも、ない……さ」

鶴屋「そうかなっ? ん〜……体調は大丈夫にょろ?」

キョン「あ、えっと……あ、あぁ。別におかしいところはないが……」

鶴屋「じゃあいいけどねっ……何かあったら、私に言うんだよっ?」

キョン「……あぁ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:26:07.60 ID:jyIZ/BHV0

キョン「行ってきます」

鶴屋「行ってきまーすっ!」

キョン(同伴通学……もう、確定だな。またハルヒが何かやらかしたかと考えて間違いないだろう)

鶴屋「キョンくん、今日はどんな授業があるのかなっ?」

キョン「えっ……あぁ、今日は……何があったか覚えてないでs……いや、覚えてない」

鶴屋「そっかぁ〜、ちゃんと予習とかしたかいっ?」

キョン「まさか。そこまで勤勉な生徒でもないし、するわけないでしょう?」

鶴屋「それじゃあダメっさ! いつも言ってるにょろよ? やることはちゃんとやるっ!」

キョン「はぁ……」

鶴屋「そんな状態じゃ、幼い頃に交わした約束はお預けだよっ?」

キョン「約束……?」

鶴屋「いっつも言ってるじゃないか! えっと……し、“将来結婚しよう”って!」

キョン「……あ、あぁ」

鶴屋「もう、キョンくんは! は、恥ずかしいこと女の子に言わせるんじゃないよっ?」

キョン(ひょ、表情に出なくて助かった……俺と鶴屋さんが結婚、だと? またぶっ飛んだ筋書きだな……)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:34:23.27 ID:jyIZ/BHV0

ー学校、キョンの教室前ー

鶴屋「じゃあ、またお昼にねっ」

キョン「あぁ……」

『ガララッ』

谷口「おぉ、キョン! また今日もあの鶴屋さんと同伴か! てめぇ、このこのっ!」

キョン(……ふむ、下手に何か言うこともできないし、とりあえず状況を把握するだけの情報を集めないとな……)

国木田「でも、あんな美人な人、おまけにできる人が幼馴染なんてね。キョンが羨ましいな」

キョン「……なるほど、幼馴染、か」

谷口「どうした?」

キョン「いや、何でもないさ……それで?」

国木田「今日のお昼もかい?」

キョン「……今日のお昼?」

谷口「鶴屋さんと一緒に食べるのか、ってことだよ!」

キョン「あ、あぁ、そのことか…………えっと、確かその予定だが」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:40:43.18 ID:jyIZ/BHV0

国木田「いいよねぇ、僕もあんな豪勢なお弁当食べてみたいよ」

谷口「もはや愛妻弁当の域だよな。くぅぅっ、羨ましすぎるぜ、キョン!」

キョン「……そう僻むな」

谷口「僻んでねぇよ! 見てろ、キョン。俺だって鶴屋さんと同じくらい素敵な人を確保してみせる……!」

国木田「ふふっ、まぁ頑張ってよ」

キョン「だな、俺の予想では無理だと思うが」

谷口「余裕のあるヤツが言うことは全部憎い!」

キョン「……トイレに行ってくる」

国木田「行ってらっしゃい」



ー男子トイレー

キョン(……なるほど、俺と鶴屋さんが幼馴染の世界、ということになるよな……)

キョン(この状況、ハルヒにしては大人しい変化……というか、何かおかしい気がするが……)

キョン(この変化、ハルヒに与える影響があまりないんじゃないか? どうして俺と鶴屋さんが幼馴染なんだ?)

??「おや、おはようございます」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:48:25.85 ID:jyIZ/BHV0

キョン「……古泉か」

古泉「朝早くから何かお悩みのようですが」

キョン「……まぁ、ちょうどいいか。お前時間はあるか? 聞きたいことがある」

古泉「それは涼宮さん関連でしょうか?」

キョン「だと思うが」

古泉「分かりました、用を足したらまたお伺いしますよ」

キョン「……大か?」

古泉「えぇ」

キョン「……妙に爽やかな笑顔で肯定されてもな」



ー教室ー

阪中「キョンくん、今大丈夫ですか?」

キョン「……阪中さん? 何でしょうか?」

阪中「えっと……彼が呼んでいますが」

古泉「……んふっ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:53:22.23 ID:jyIZ/BHV0

ー部室ー

キョン「やれやれ、ここまで来ないと落ち着いて話もできないとはな……」

古泉「仕方のないことですよ、我々の事情を鑑みれば」

キョン「そうだな……で、だ」

古泉「はい……何でしょうか?」

キョン「……今回、ハルヒに何か変化はあったか?」

古泉「涼宮さんにですか? 特には変化は見受けられなかったかと思いますが……」

キョン「なに……? 世界を変化させたりしていないのか?」

古泉「そのような大事ともすれば、僕たちは間違いなく感知することができますし」

キョン「おかしいな……じゃあ、これは一体何なんだ?」

古泉「よろしければ、お伺いしてもよろしいでしょうか? あなたの周りで、何か変化が起きたのですか?」

キョン「あぁ……鶴屋さんが幼馴染、という状況になっているようなんだが」

古泉「…………」

キョン「……? どうした?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:59:57.84 ID:jyIZ/BHV0

古泉「……それは、僕をからかっていたりする類のものではないのですよね?」

キョン「当たり前だ、何を言ってるんだ? 俺は至って真面目だが」

古泉「……あなたと鶴屋さんは、昔から幼馴染だとお聞きしていますが」

キョン「…………何だと?」

古泉「我々機関が調べた情報も、あなたには昔から鶴屋氏という幼馴染がいるということですよ」

キョン「そ、そんなはずはないぞ。俺に幼馴染などという高尚な存在はいない」

古泉「ふむ……となると、これは一体どういう状況なんでしょうね?」

キョン「分からないからお前に聞いたというのに……お前にも分からないのか」

古泉「申し訳ありません、何しろ僕自身もあなたと鶴屋さんが幼馴染だと認識しておりますので……昨日までも仲良く下校なされていたのに」

キョン「……俺の記憶と違うな。そもそも、鶴屋さんと俺は家の方向が違うじゃないか」

古泉「……何を仰っているのやら分かりかねますが、鶴屋さん宅はあなたの家のお隣ではないですか」

キョン「…………何ですと?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:15:55.31 ID:jyIZ/BHV0

古泉「あなたのお宅の隣に、鶴屋さんのお宅があるではないですか」

キョン「そ、そんなはずは……いや、これも世界が変えられているのか? デタラメだろう、こんなのは……」

古泉「……ともかく、我々に言わせれば今回の件に涼宮さんが関わっている可能性は低いと思います」

キョン「そうか……しかし、ハルヒが関わってないとなると一気に分からなくなっちまった」

古泉「お役に立てなくて申し訳ありません」

キョン「仕方ないだろ、お前の場合はハルヒ専門なんだ。それ以外が原因なら、お前に聞いたところで解決にはならん」

古泉「もっともですね」

キョン「ん、時間取らせて悪かったな」

古泉「いえ……こちらからも協力した方がよろしいですか?」

キョン「……そうだな、長門もダメだった時には頼む」

古泉「長門さんですか、分かりました。いつでもお待ちしておりますので」

キョン(さて……昼休みは鶴屋さんと食べることになっているんだろうし、やはり放課後まで待つしかないのか……)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:28:54.77 ID:jyIZ/BHV0

ー昼休みー

鶴屋「お〜い、キョンくんっ!」

谷口「おいキョン。鶴屋さん待たせてるんじゃねぇぞ」

キョン「分かってるさ……じゃあ、また後でな」

国木田「うん、行ってらっしゃい」



ー中庭ー

鶴屋「今日のお弁当は和風にしてみたにょろっ!」

キョン「……美味そうだ」

鶴屋「ほら、早速食べてみてっ」

キョン「え、えぇ。いただきます」

鶴屋「ほい、あ〜ん……」

キョン「っ!?」

鶴屋「……ん? どうしたのかなっ?」

キョン(こ、これは……この世界の俺は、いつもこんな風に食べていたのか? だとすると、いきなり断るのも妙だよな……)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:31:29.26 ID:jyIZ/BHV0

キョン「あ、あ〜ん……はむっ」

鶴屋「……どうにょろ、どうにょろっ?」

キョン「……うん、凄い美味しいですよ!」

鶴屋「ほんと? よかったっさ!」

キョン「んぐんぐ……うん、ひじきも普通のより食べやすい」

鶴屋「そんなに褒めても何にも出ないよっ?」

キョン「何言ってるんですか、これは紛れもない俺の素直な気持ちですよ」

鶴屋「…………」

キョン「……? どうしました?」

鶴屋「キョンくん、また敬語になってるっさ。そういうのが流行ってるのかなっ?」

キョン「あ、いえ…………え〜っと、ですね、何というか、こっちの方が実は話しやすい、というか……」

鶴屋「敬語の方が? でも、それだとちょっと余所余所しい感じがするにょろ……」

キョン「わ、分かった! やっぱり普通に喋るから! 大丈夫、すぐ慣れる……と思う!」

鶴屋「慣れる?」

キョン「……気にしないでくれ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:37:54.84 ID:jyIZ/BHV0

ー放課後ー

キョン(思ったより鶴屋さんに敬語を使わずに接するのは難しいな……こっちに慣れてしまう前に、早いところ解決しなければ)

『コンコン』

??「はぁ〜い」

キョン「俺です、入っても大丈夫ですか?」

??「大丈夫ですよ〜」

キョン「失礼します……こんにちは、朝比奈さん」

みくる「こんにちは、キョンくん」

キョン「ふぅ……ハルヒのヤツにも困ったもんだ」

みくる「どうかしたのですかぁ?」

キョン「いえ、先程の授業中にですね……」

『コンコン』

朝比奈「あ、ごめんなさい……は〜い、どちら様ですかぁ?」

??「やっほ〜みくる! 鶴屋さんだよっ! キョンくんはいるかい?」

朝比奈「あ、いますよぉ〜! キョンくん、鶴屋さんが」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:43:10.21 ID:jyIZ/BHV0

キョン「はいはい、っと……なんだろう?」

鶴屋「キョンくんっ、今日もいつも通り校門のところで待ってるからねっ! それだけっさ!」

キョン「あ、そ、そうか。分かった」

鶴屋「それじゃあ、また後でねっ!」

『タッタッタッタッタ……』

みくる「仲良いですよね、鶴屋さんとキョンくんって」

キョン「え?」

みくる「ふぇっ? な、何か変なこと言いましたか……?」

キョン(……この感じだと、朝比奈さんも俺と鶴屋さんが幼馴染だという世界に疑問を持ってないようだな……)

キョン「いえ、何でもないですよ……そういえば、長門は?」

みくる「えっと、分からないですぅ……まだいらっしゃってないようですけど……」

キョン「そうみたいですね……仕方ない、待つか……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:48:32.48 ID:jyIZ/BHV0

『ガチャッ』

キョン「……!」

長門「…………」

みくる「こ、こんにちは、長門さん」

長門「…………」

キョン(あ、少しだけ頷いた……朝比奈さんは気付いてないのかな? 少し涙目になってるんだが……)

キョン「長門、少しいいか?」

長門「……私もあなたに話がある」

みくる「……??」

キョン「朝比奈さん、すみませんが少しの間だけ席を外してもらえますか?」

みくる「え? あ、はい、分かりました……すぐに終わりますか?」

キョン「はい、そんなに時間は取らないと思います」

みくる「分かりましたぁ、じゃあ外で待っていますので、終わったら呼んでください」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:58:47.93 ID:jyIZ/BHV0

キョン「……さて、俺が聞きたいことは分かるよな?」

長門「……今回の件は、私にも把握しきれていない」

キョン「……なに?」

長門「私の感知し得る情報の限界を超えた現象が起こっている」

キョン「……そんなにヤバイのか?」

長門「辛うじて私は記憶を保っているレベル。これ以上の情報の収集は望めない」

キョン「マジか……長門が対処できないうえに、ハルヒには関係がないのか……?」

長門「それは違う」

キョン「え?」

長門「涼宮ハルヒが直接起こした情報操作ではないが、彼女が間接的に関わっていることは間違いない」

キョン「どういう意味だ? あいつが無意識に引き起こしたとか?」

長門「分からない。ただ、恐らく彼女の力を利用した何者かの仕業と思われる」

キョン「なるほど、黒幕はいるんだな……」

長門「情報統合思念体の存在が確認できないため、私の力も低下している」

キョン「……何だと? お前の親玉まで消えちまってるのかよ……かなりの大事じゃねぇか」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:12:59.45 ID:jyIZ/BHV0

長門「私にはこれくらいしかあなたに協力することができない」

キョン「いや、それだけで十分だ。ここからは俺がやる」

長門「……頑張れ」

キョン「……! あぁ……頑張るよ」

長門「……」

キョン「よし……朝比奈さん! もういいですよ〜!」

みくる「はぁ〜い! あ、す、すずm」

『バタンッ!!』

キョン「うおっ」

ハルヒ「ちょっとキョン!? 何してたのよっ!? 団長である私を閉め出すなんて、よくそんなことができるわねっ!?」

キョン「は、ハルヒか……すまんかったな、ちょっと長門と込み入った話があったんでな」

ハルヒ「有希と……? まさか、団内恋愛とか……」

キョン「違う」

ハルヒ「……ふ〜ん、まぁそうよね。アンタには鶴屋さんがいるし」

キョン「……お前にはどういう風に見えるんだよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:14:47.11 ID:jyIZ/BHV0

ちょっと抜ける
どれくらいで戻るか分かんないです

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:09:47.68 ID:jyIZ/BHV0

お風呂入ってきた

エロないよ〜?
今実家でそんなに長くは書けないから、すぐ終わる

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:17:59.63 ID:jyIZ/BHV0

ハルヒ「何よ、どうせ付き合ってるんでしょ?」

キョン「いや、付き合ってはないけどな……幼馴染、だし」

ハルヒ「へ、へぇ……? 付き合ってないの……?」

キョン「あぁ、あの人は俺に凄い良くしてくれるから、俺も甘えてしまうんだけどな」

ハルヒ「……ふんっ、もういいわ。とりあえずみんな集まって……あれ、古泉くんは?」

キョン「さぁ……知らないが」

みくる「……えっと、涼宮さんにキョンくん、長門さん、お茶ですぅ」

キョン「あぁ、朝比奈さんありがとうございます」

ハルヒ「ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ……ぷはぁっ! しょうがないわね、古泉くんには後で言っておくとして定例会議を始めるわ!」

キョン「……はぁっ、また何か厄介事を持ってきたのか?」

ハルヒ「厄介事とは何よ!? 今回はね……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:26:35.32 ID:jyIZ/BHV0

ハルヒ「さて、今日のところはこれくらいよ!」

古泉「そうですね、今週末の探索の件に関してはこちらで手配すべきものを手配しておきます」

ハルヒ「よろしくね、古泉くん! 今日の遅刻は不問にしてあげるから、感謝しなさい!」

古泉「ありがたきお言葉」

キョン「……ニヤニヤ笑いやがって」

長門「…………」パタンッ←本を閉じた

ハルヒ「さて、じゃあ今日は解散にしましょう! 私も週末に向けていろいろと対策を立てておくから! それじゃあねっ!」

『ダッダッダッダッダ……』

キョン「対策、ねぇ……まぁ、好きなようにやらせておけばいいか。さて、俺も……」

古泉「少しよろしいですか?」

キョン「ん? 俺か?」

古泉「えぇ、そうです。朝比奈さんはどうします?」

みくる「わ、私ですかぁ? えっと……お邪魔でしょうか?」

古泉「……では、現在彼が抱えている問題のことをご存知ですか?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:40:28.65 ID:jyIZ/BHV0

みくる「キョンくんが? えっとぉ……何のことでしょうか?」

古泉「ご存知でないのなら、このお話をお聞かせすると余計に混乱を招くことになりかねませんので聞かない方がよろしいかと思います」

キョン「おい、古泉……!」

みくる「わ、分かりました。それじゃあ、私は帰りますね」

キョン「あ! 朝比奈s……」

『ガチャッ』

キョン「……古泉、朝比奈さんを除け者にするんじゃない」

古泉「申し訳ありません、しかし、今回のことに関しては朝比奈さんでは力になることはできませんよ」

キョン「何だと?」

古泉「彼女は思っていることを隠すのが不得手です。しかし、今回は特に何かしらの問題を感じているわけではないようです」

キョン「……お前も気付かなかったくらいだからな」

古泉「えぇ、そしてあなたが仰っていた件、やはり機関に問い合わせてもそのような痕跡は見受けられない、という返答でした」

キョン「……まぁ、そうだろうな」

古泉「ですから、何も知らない朝比奈さんに余計な負担をかけずに、我々だけで解決すればいいことですよ」

キョン「ふむ……言わんとすることは分かる。だが、多少の罪悪感が残るな」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:57:23.29 ID:jyIZ/BHV0

古泉「仕方のないことです。あなたも、余計な心配をかけたくはないでしょう?」

キョン「……分かった」

古泉「助かります。では、僕が伝えようとしていたことですが……」

キョン「あぁ、何だ?」

古泉「……最後に、もう一度だけ確認しますが、本当に鶴屋さんとは幼馴染ではないのですね?」

キョン「そうだな、俺の記憶が正しいのなら……いや、間違いない」

古泉「そうですか……分かりました。では、ここでは鶴屋さんの話題をあまり挙げないようにしてください」

キョン「はぁ……? どうしてだ?」

古泉「ふむ、どうやら私たちがもともと知っていたあなたと同じように、現在のあなたも相当鈍いようですね」

キョン「何だと?」

古泉「いえ、すみません……そういえばまだこのことを言っていませんでしたか」

キョン「あぁもう! 回りくどい!」

古泉「あなたが鶴屋さんの話題を口にした時、小規模ですが閉鎖空間が発生しました」

キョン「……ホントか?」

古泉「えぇ。これで分かりませんか?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:08:20.90 ID:jyIZ/BHV0

キョン「これで分かりませんかと言われても……何のことだ?」

古泉「ふぅ……僕も、たまにあなたはわざと気付いていないフリをしているのではないかと疑ってしまうことがあるくらいですよ」

キョン「おい、俺はそんなに鈍いのか? 自分ではそうだと思わないんだが」

古泉「……いえ、もう何も言いませんよ。では答えをお教えしましょう」

キョン「…………」

古泉「涼宮さんは、鶴屋さんに嫉妬しているのですよ」

キョン「……は?」

古泉「あなたと幼馴染という関係にある鶴屋さんを、羨ましいと考えているのでしょう」

キョン「……意味が分からないんだが。どうしてハルヒのヤツが嫉妬する?」

古泉「……それはあなたがお考えください。そこまで僕が教えるのは筋違いというものでしょう」

キョン「おい……」

古泉「ですから僕が言いたいことは、涼宮さんの前では鶴屋さんの話題を振ったりしないでください、ということですね」

キョン「……あぁ、お前の仕事が増えるからか」

古泉「そうですね。僕たちにしてみれば、涼宮さんのご機嫌を損ねることが一番恐ろしいですから」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:15:47.87 ID:jyIZ/BHV0

キョン「……分かった、それについては約束を守ろう」

古泉「ありがとうございます。それと、もう一つですが……」

キョン「まだあるのか?」

古泉「機関の方で、涼宮さんの力が行使された形跡がある、ということを掴みました」

キョン「……!」

古泉「僕たちには全く気付かれないまま涼宮さんの力を行使した。これは誰か黒幕が存在するということかもしれません」

キョン「あぁ、そのことについては長門から教えてもらった」

古泉「……そうでしたか。どうにかなりそうですか?」

キョン「誰がそんなことやったのか分からないが……いや、実はこの人じゃないかっていう心当たりはある」

古泉「ほぅ……でしたら、あなたに任せます。ご健闘をお祈りします」

キョン「あぁ、まぁ何とかするさ」

古泉「それでは、僕も失礼します」

キョン「……あぁ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:25:47.84 ID:jyIZ/BHV0

ー校門ー

鶴屋「キョンく〜ん!」

キョン「お待たせしました」

鶴屋「いいよいいよっ、じゃあ帰ろうか!」

キョン「ん〜〜〜っ、疲れた……」

鶴屋「ハルにゃんかいっ?」

キョン「あぁ、ハルヒに振り回されてばっかりで……疲れも溜まるってもんだ」

鶴屋「頑張ってるねぇ〜、若人よっ! じゃあ、今度一緒に温泉でも行くっさ!」

キョン「温泉?」

鶴屋「うん、温泉! 私の家が所有してる、“鶴屋温泉”にねっ」

キョン「はぁ……楽しそうだなぁ」

鶴屋「何を他人事みたいに言ってるのさっ、キョンくんも行くんだよっ?」

キョン「あはは……ひょっとして混浴ですか?」

鶴屋「なっ……!な、何を言ってるのさ、キョンくんっ!?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:39:38.75 ID:jyIZ/BHV0

キョン「冗談なので、そんな顔を赤くしないでほしいんだが……」

鶴屋「じょ、冗談って……もうっ!! キョンくんは意地悪だねっ!」

キョン「そんなことは……でも、つるねぇはスタイルいいから誰に見せても大丈夫じゃ」

鶴屋「っ……! よ、よせやいっ! 恥ずかしいっさ……!」

キョン「ははは……さて、そろそろ家に着くな」

鶴屋「キョンくん、今の放置はちょっと酷いにょろ……」

キョン「ごめんなさい」

キョン(……! あった、あれが鶴屋さんの家……確かに俺の家の隣にある。学校の反対側だから、今朝は気付かなかったのか……)

鶴屋「どうかしたのかい?」

キョン「あ、いや……相変わらず大きいな、と」

鶴屋「そんなことないっさ。確かにキョンくんの家に比べたら大きいけどねっ」

キョン「さて、と。それじゃあ、これで」

鶴屋「うん、またあとでねっ」

キョン「え……? また後でって……? あ、行ってしまった……」

キョン「どうしたもんか……いや、仕方ない。とりあえず荷物置いてくるしか……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:49:04.29 ID:jyIZ/BHV0

キョン「ただいま」

キョン妹「おかえり〜、キョンくん!」

キョン「あぁ、ただいま……」

キョン妹「今日はつるちゃんの家いつ行くの〜?」

キョン「つるちゃん……? あぁ、鶴屋さん……」

キョン妹「つるちゃんのお家のご飯美味しいよねぇ〜!」

キョン(なるほど……こういうことか)

キョン「そうだな……いつも通りでいいだろ。その時間になったら呼んでくれ」

キョン妹「分かった〜!」

キョン(これでいい……こうしておけば、普段と同じ行動が取れるからな)



ー7時頃ー

キョン妹「キョンく〜ん! そろそろ行こ〜!」

キョン「分かった、じゃあすぐ準備するから待ってろ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:56:31.91 ID:jyIZ/BHV0

ー鶴屋宅ー

キョン「お邪魔します」

キョン妹「いいなぁ〜! いつ見ても広いね!」

鶴屋「ようこそにょろ、じゃあ椅子座っていてっ」

キョン「ありがとうございます」



ー10分後ー

鶴屋「お待たせ〜っ、今日の料理はこちら〜っ!」

キョン妹「お〜!」

キョン「凄ぇ……流石と言わざるを得ないな……」

鶴屋「中華料理のフルコースにょろ! さぁ、たんと食べなっ!」

キョン「いただきます」

キョン妹「いただきま〜す!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 00:03:18.32 ID:8nUpRZCs0

ー2時間後ー

キョン妹「…………zzz」

キョン「ったく、こんなところで寝ちまって……ごめん、つるねぇ」

鶴屋「いいっていいって! それより、今日はキョンくんのお母さんは?」

キョン「今日は仕事で帰ってこないですよ」

鶴屋「そっかぁ、じゃあ今日もギリギリまでこっちにいるんだねっ?」

キョン「え……あ、はい……」

鶴屋「ん、それじゃあお風呂の準備とかしてくるっさ!」

『タッタッタッタッタ……』

キョン「…………何だと? いつも鶴屋さんの家で晩飯を食べ、お風呂まで入る間柄だったとは……」

キョン「……いや、別に一緒にお風呂に入るわけでもないんだから緊張する必要はないはずだ」

キョン「と、とにかく、えっと……そうだ、妹はどうすれば……?」

鶴屋「キョンくんっ? ブツブツと何を言ってるにょろ?」

キョン「のわっ!?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 00:19:51.30 ID:8nUpRZCs0

鶴屋「もうお風呂の準備はしてあったから、多分そろそろ入れると思うけど……キョンくん、いつも通り先入るかい?」

キョン「え、あ、はい! じゃあ先に入ります!」

鶴屋「う、うん……どうかしたのかいっ?」

キョン「何でもないです! じゃあ……えっと、着替えは……」

鶴屋「いつも通り、浴室に置いてあるよっ」

キョン「じゃ、じゃあお先に……」

鶴屋「行ってらっしゃいっ! ふぅ…………さて、仕返しの準備の前に、妹ちゃんにタオルケットをかけて、と……」



ー浴室ー

キョン「確かに俺のサイズぴったりだな……えぇい、迷っていても仕方ない! 腹を括って入るとするか」

『ガララッ!』

キョン「…………な、何だこれは……流石という言葉、今日だけで何回使ったのか分からないぞ」

キョン「だが、これは間違いなく……」

『ザバァァン……』

キョン「うぉぉぉぉ……広いっていいな……!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 01:23:20.51 ID:z4dbBD2pO

キョン「くぅぅぅぅ……毎日こんな広い風呂に入ってれば、ストレスも減るだろうにな……」

『カラカラッ……』

キョン「……何か音がしたような……気のせい……? まぁいいか……って、うおっ!?」

??「だ〜れだっ?」

キョン「な、なななななっなんだとっ!? つ、つるねぇ!?」

鶴屋「正解っ! やっぱり簡単に分かっちゃったかなっ?」

キョン「あっ、あなたしかいないでしょう!? こんなことするのは!!」

鶴屋「ふっふっふ〜。今日の帰り道で私をからかったお返しっさ!」

キョン「お、お返しって……そ、その前に! ここはお風呂なんだがっ!?」

鶴屋「ちゃんとタオル巻いてるから大丈夫だよんっ」

キョン「そ、そういう問題では……!」

鶴屋「それとも……鶴屋さんのは・だ・か、見たいのかなっ……?」

『フゥゥッ……』←耳に息を吹き掛ける

キョン「〜〜〜っ!?」

キョン(特殊プレイ、だと……っ? この鶴屋さん、やりおる……!)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 01:35:22.58 ID:z4dbBD2pO

鶴屋「にゃははっ! どうだ、参ったかっ!」

キョン「ま、参りました。参りましたから……い、いつまで目隠しを……?」

鶴屋「あ、えっと……わ、私の羞恥心が消えるまで……にょろ?」

キョン「恥ずかしいなら入ってくるんじゃないじゃないですかっ!!」

鶴屋「い、一緒に入りたかったからっさ! それとも、一緒に入っちゃダメ……かい?」

キョン「っ……!」

鶴屋「…………」

キョン(……ギャップ萌え、とはこのことか)

キョン「分かりました……一緒に入るか」

鶴屋「よかった! じゃ、じゃあ……あ、あまりじろじろ見ないこと。いいねっ?」

キョン「わ、かった……」

『フッ……』

キョン「……! ぱ……パラダァァァイスっっっ!!」

鶴屋「きょ、キョンくんっ!? は、鼻血が……」

キョン「我が人生、一片の悔いもなし……!」

98 名前:キョンって、たまにバカになるよね[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 01:48:01.01 ID:z4dbBD2pO

キョン「……ん、ぅ……?」

鶴屋「あっ! キョンくん起きたかいっ?」

キョン「ここは……浴室……ですか?」

鶴屋「そうだよっ、キョンくんがいきなり鼻血吹きながら倒れちゃったから、びっくりしたっさ!」

キョン「……そ、そういえば……つるねぇのタオル姿を見て……お、おぉぅ、また鼻血が出そう……」

鶴屋「もうっ、キョンくんは……わ、私の裸は、えっと……またの機会にお預けだねっ!」

キョン「……裸……またの機会に……ワンダホゥ」

鶴屋「お、お〜い、キョンく〜ん……? 戻ってくるにょろ〜……」



ーリビングー

キョン「度々迷惑をかけてすいません……」

鶴屋「い、いいって! 慣れないことをした私にも責任があるっさ」

キョン「……まぁ、自分がこんなに反応をしてしまうとは思わなかったんだが」

鶴屋「そうだね〜っ、キョンくんって意外と初なんだねっ!」

キョン「ぐっ……反論できん……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 01:58:51.94 ID:z4dbBD2pO

鶴屋「さて、とっ……妹ちゃんはまだ寝てるけど、もうこんな時間だし帰るかい?」

キョン「あぁ、その前に一つ聞きたいことが……」

鶴屋「何かなっ?」

キョン「あなたが改竄をした黒幕ですよね? 鶴屋さん」

鶴屋「……改竄?」

キョン「これは俺の直感ですけど……もう演技はやめにしませんか?」

鶴屋「……凄いなぁ、キョンくんは。いつから気付いてたのかなっ?」

キョン「やっぱり……いつからと言われるとですね、何となく最初からかもしれません」

鶴屋「えっ、ホントかいっ?」

キョン「ハルヒが鶴屋さんのことを羨んでいる、という情報を古泉から聞いたんですよ」

鶴屋「うんうん、一樹くんから。それでっ?」

キョン「ハルヒが自分に都合の悪い状況を望むはずがない。となると、他の人……しかも、俺の周りで一番変わった人が怪しい」

鶴屋「それは何でかなっ?」

キョン「以前、似たような経験をしたことがあるんですよ。幸か不幸か」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 02:13:06.51 ID:z4dbBD2pO

キョン「その経験上、一番変わった人は……鶴屋さん、あなたしかいないです」

鶴屋「そっかぁ……う〜ん、予想以上に早い幕切れになっちゃったにょろ」

キョン「なぜ……こんなことを? それに、鶴屋さんはなぜハルヒのことを知っているんですか?」

鶴屋「……前、私が“みくるは普通の人とは違うよね”っていう感じのことを言ったの、覚えてるかなっ?」

キョン「えぇ……あれを聞いた時、本気で鶴屋さんを勧誘しようかと思ったくらいですから」

鶴屋「それは光栄だねっ! それで、実はあれは嘘なのさっ」

キョン「……嘘、ですか?」

鶴屋「そう、嘘。みくるは未来人って知ってたのさっ」

キョン「……とすると、だいぶ以前から知っていたんですね」

鶴屋「私の親が、一樹くんの機関のスポンサーみたいなことをやっていてねっ。情報はいろいろ知ってるよっ」

キョン「じゃあ……ひょっとして、鶴屋さんは異世界人とか……?」

鶴屋「違うよっ、私は一般人にょろ。ただ、他の人より事情通ってだけかなっ!」

キョン「一般人……でしたら、どうやってハルヒの力を?」

鶴屋「……黄緑ちゃん、知ってるかい?」

キョン「……! なる、ほど……全部繋がりました……」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 02:27:41.82 ID:z4dbBD2pO

鶴屋「無理を言って、情報操作、だっけ? してもらったのさっ。ハルにゃんの力の一部を借りてね」

キョン「……どうして、こんなことを?」

鶴屋「キョンくんのことが好きだから、かなっ」

キョン「え……? な、何ですと?」

鶴屋「キョンくんのことが好きだから、だよっ。ちゃんと聞いてなきゃ、ダメにょろよ?」

キョン「……俺のことが?」

鶴屋「そう、初めは一樹くんの機関の情報で見たからだけど……キョンくんは普通の一般人、という結論だったのさっ」

キョン「いや、まぁ……事実その通りですから」

鶴屋「そうだねっ! それで興味を持ったかなっ、ハルにゃんが気に入った一般人って、どういう人なのかなぁ〜なんてっ」

キョン「…………」

鶴屋「見てるうちに段々気になっていって……私は、直接君たちには関われないんだよねっ」

キョン「どうしてですか?」

鶴屋「一応、そういう制約があるにょろよ。だから、裏技を使ってでもキョンくんと仲良くなりたかった」

キョン「……そうなんですか」

鶴屋「あっ、安心してっ! この仮初めの世界での記憶は、元の世界には戻らないようにしてあるからっ!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 02:43:46.39 ID:z4dbBD2pO

キョン「え……? それは……鶴屋さんが、俺のことを好きだと言ってくれたことも……?」

鶴屋「そうだねっ」

キョン「そ、そんな……!」

鶴屋「ホントは3日くらいこのまま過ごしたかったんだけどねぇ……うまくいかないものっさ!」

キョン「俺はどうすればいいんですか!?」

鶴屋「何もしなくていいよっ。ズルをしたのは私だし、やっぱり本当の世界でキョンくんにアタックかけなきゃ意味がないにょろ!」

キョン「でもっ……! って、これは……!? 朝倉の情報操作の時みたいに、粒子になって……!」

鶴屋「キョンくん、覚悟しておくっさ! 元に戻った明日、今日のことは覚えてないだろうけど……この鶴屋さんがアタックを仕掛けるからねっ!」

キョン「っ……わ、かりました……代わりに、約束してください!」

鶴屋「約束……? どんな約束かなっ?」

キョン「絶対に今日みたいに告白してくださいっ! 俺は鈍感で、全く気付きませんでした……記憶がないのだったら、俺からのアタックはないですから!」

鶴屋「……もぅ、キョンくんは……男の子から告白してもらいたかったなぁ〜……ホントは納得いかないけど、約束するっさ!」

キョン「消えちまう……! 約束……ですよっ…………………………」

鶴屋「…………うん。絶対に守るからね、キョンくん……」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 02:54:02.40 ID:z4dbBD2pO

ー翌日ー

キョン「……何か夢を見ていた気がするんだが……う〜む、大切なことだったような……?」

キョン妹「キョンく……キョンくんが起きてる〜!」

キョン「コラ、俺だって1人で起きる日ぐらいある」


ー学校の放課後、文芸部室ー

キョン(何か違和感があるな……この違和感はなんだ?)

古泉「どうかしましたか? 先ほどから、何かお悩みのようですが」

キョン「いや……何か違和感があるんだが、思い出せないんだ」

みくる「キョンくん、大丈夫ですかぁ……?」

キョン「大丈夫ですよ、朝比奈さん。ご心配をおかけしてしまって、すみません」

長門「……無事で何より」
キョン「……? 何か言ったか、長門?」

長門「……何も」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 03:14:44.46 ID:z4dbBD2pO

『ガチャッ!』

ハルヒ「みんな集まって……るわね! うん、大いに結構!」

キョン「またうるさいのが……」

ハルヒ「キョン! アンタにお客さんよ!」

キョン「俺に? 誰だよ?」

ハルヒ「鶴屋さんだけど……アンタ、何で鶴屋さんに呼び出されるのよ?」

キョン「いや、こっちが聞きたいくらいだ……とにかく、鶴屋さんはどこにいるんだ?」

ハルヒ「中庭で待ってるって言ってたわよ?」

キョン「……中庭? また何でそんな人気のないところに……とりあえず行ってみるしかないか」

ハルヒ「すぐ戻ってきなさいよ!?」

キョン「はいはい……じゃあ、行ってくる」

みくる「行ってらっしゃ〜い、キョンくん」



ー中庭ー

キョン「中庭に来たはいいが……鶴屋さんはどこだ?」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 03:23:04.23 ID:z4dbBD2pO

『ガバッ』

??「だぁ〜れだっ?」

キョン「うぉっと……鶴屋さん、ですよね?」

鶴屋「正解っ! キョンくんわざわざ来てもらってすまないねぇ」

キョン「いえ、鶴屋さんの頼みでしたら全然構いませんよ」

鶴屋「そう? 嬉しいこと言ってくれるねっ!」

キョン「えっと……それで、用件の方は何ですか? 正直、鶴屋さんが俺を呼び出す理由が見当もつかなくて……」

鶴屋「えっと……」

キョン「……? どうしました、鶴屋さ……あれ?」

鶴屋「ど、どうかしたかいっ?」

キョン(この違和感……朝から感じていたものだぞ。何かに反応している……んだが)

キョン「…………」

鶴屋「えっと……キョンくん?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/22(火) 03:33:52.65 ID:z4dbBD2pO

キョン「あぁ、すいません、“つるねぇ”」

鶴屋「……!?」

キョン「え……? つるねぇ……って、なんだ?」

鶴屋「キョン、くん……」

キョン「あっ……ご、ごめんなさい。さっきのはえっと……」

鶴屋「いいんだよっ、キョンくん。忘れてるみたいだけど……覚えててくれたんだねっ」

キョン「……? どういう意味でしょうか?」

鶴屋「気にしないでっ! 今度は、私が約束を守る番だからねっ」

キョン「はぁ……約束、何かしていましたか?」

鶴屋「うん、したんだよ……昨日ね」

キョン「昨日……? 昨日って……んん?」

鶴屋「キョンくん!」

キョン「えっ、は、はい!」

鶴屋「一度しか言わないから、よく聞いておくにょろよ? 私、鶴屋さんはね……キョンくんのこと、1人の男性として好きっさ!! 付き合ってくれないかなっ?」

ーfinー

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/22(火) 03:38:35.44 ID:z4dbBD2pO

キョンは果たしてどういう反応をするんだろうね
みなさん一人一人、キョンの返答がどんなのか想像してみてください

原作があるものは初めて書いたけど、鶴屋さんの言葉遣い難しいなぁ



環境が悪かったのでだいぶ短いものになったけどひとまずこのお話は終了
そもそも自分は>>1じゃないしねw

それでは、また



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】提督「お前らなんで俺の布団に入ってくるんだ」