キョン「やれやれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたの性処理に協力するつもり」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:19:46.28 ID:1wwn++G1O

ハルヒ「よし!今日は鬼ごっこする!」

キョン「しねぇよ」

ハルヒ「するの!」

キョン「……」

古泉「ふふ。面白そうですね」

キョン「どこがだ」

みくる「鬼ごっこって、あの捕まったら殺されるってやつですよね…」

キョン「あ、朝比奈さん?物騒ですよそれ」

古泉「安心して下さい。捕まっても何もされませんよ」

長門「……」

ハルヒ「という事で…みんな、今日は帰っちゃだめよ!」

キョン「学校でやるのか!?」

ハルヒ「あったり前よ!」

キョン「俺は今本物のバカを見た」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:21:29.12 ID:1wwn++G1O

古泉「平和でいいじゃないですか」

キョン「下校時間過ぎてから、鬼ごっこ始める事のどこが平和だ」

古泉「……平和そのものです」

キョン「……平和だな。呆れるぐらい」

ハルヒ「いいじゃない!学校貸し切りよ?」

キョン「よくねぇよ。お前、他人の都合とか…」

ハルヒ「有希!」

長門「構わない。いつでもいい」

ハルヒ「みくるちゃん!」

みくる「すぐ捕まっちゃうかもしれないけど…。頑張ります!」

ハルヒ「古泉君!」

古泉「今日はバイトの予定はありません。何時まででも結構ですよ」

ハルヒ「さぁ…あんたに拒否権は無いわよっ!」

キョン「…やれやれ…、わかったよ。やりゃいいんだろ、やりゃ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:24:14.43 ID:1wwn++G1O

―――
――


ハルヒ「みんな、始めるわよー」

キョン「なぁ、まだ先生方が残ってるんじゃないか?」

ハルヒ「その時はその時!」

みくる「ほ、ホントに…大丈夫ですか?」

長門「心配する必要は無い」

古泉「今回は、何か起きる気配がありませんし。案外、あっけなく終わりそうです」

ハルヒ「さあて、鬼を決めるわよ!」

みくる「くじ引きですか…」

ハルヒ「赤を引いた人が鬼だからね?」

長門「……」スッ

キョン「鬼にはなりたくないな」スッ

古泉「ふふ、どうでしょうね」スッ

みくる「ドキドキします…」スッ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:36:12.95 ID:1wwn++G1O

ハルヒ「白!」

長門「わたしも」

みくる「あ、よかったぁ」

古泉「やはりあなたですか」

キョン「……」

ハルヒ「キョンが鬼かぁ…。ま、いいわ」

キョン「なんだ、文句ありげだな」

ハルヒ「捕まえたら、逃げないように手でも繋いで、ここに連れて来る事!」

キョン「へいへい」

ハルヒ「7時までに全員捕まえられなかったら、罰ゲームだから」

キョン「んなっ…」

ハルヒ「場所は学校内ならどこに逃げてもいいわよ」

キョン「むしろかくれんぼに近いな」

みくる「どこに隠れようかな…」

古泉「朝比奈さん。隠れるんじゃなく、逃げるんですよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:39:02.68 ID:1wwn++G1O

ハルヒ「いい?本気出しなさいよ?あんたただでさえとろいんだから!」

キョン「…!」

ハルヒ「それじゃ、スタート!みんな、逃げなさぁい!」タタタ…

キョン「……」

みくる「涼宮さん早…」

古泉「さて、僕達も逃げなければ」

長門「…待って」

古泉「どうしました?」

キョン「……」

みくる「キョン君…?」

長門「…早く逃げて」

古泉「…?」

キョン「…くく」

キョン「くくく、」

キョン「あはははははははははははは!!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:48:54.40 ID:1wwn++G1O

古泉「!?」
みくる「!?」
長門「……」

キョン「ついに……」

キョン「真の力を使う時が来た…!」

古泉「ど、どうされたんです?」

キョン「目覚めたのさ」

古泉「目覚めた…?」

長門「……」

みくる「ふぇぇ…」

キョン「くくく…。ハルヒ。ハルヒ…!」

古泉「な、何を…」

キョン「あいつを仕留めれば、俺に敵はいなくなる」

キョン「馬鹿な奴だよなぁ…、てめぇがいけねぇんだぜ?ハルヒちゃんよ…!」

長門「涼宮ハルヒの能力で彼本来の力が覚醒したと思われる。とても危険」

古泉「んなあほな」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/20(日) 23:53:19.99 ID:1wwn++G1O

キョン「おい古泉」

古泉「は、はい?」

キョン「ハルヒはどこだ」

古泉「…涼宮さんに会って何をするつもりですか」

キョン「殺す」

みくる「ひっ…」

古泉「…させませんよ!いつものあなたに戻って下さい!」

キョン「……」

キョン「仕方ないな…」

キョン「お前も死ね!!」

ドカァァアン!

古泉「!!」

みくる「ひゃぁ!」

古泉「ぅ…」

古泉「うわあああああああああああ!!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:00:56.12 ID:JiWFq3r6O

みくる「ひゃあああああああああああああ!!」

長門「ちょっとわたしをおいてかないで」

キョン「……まあいい」

キョン「見つけ次第…殺してやる」









ハルヒ「ここまで来れば…大丈夫だよね」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:13:27.42 ID:JiWFq3r6O

古泉「無理!!無理ですってあんなの!なんで叫んだだけで壁が吹き飛ぶんですか!!」

長門「……」

みくる「や、やっぱり見つかったら殺されるんじゃないですかぁ!」

古泉「知りませんよそんなの!本物の鬼より怖いですよアレ!」

長門「……」

古泉「何で僕は無力なんだ…」

みくる「な、長門さん…何とか出来ないんですかぁ…?」

長門「出来ない。消す前にわたしが消される」

古泉「そんなぁ」

みくる「そこをなんとか」

長門「…無理」

古泉「じゃあ僕が行きます」スッ

みくる「いや、やっぱりあたしが」スッ

長門「……ここはわたしが」スッ

古泉「どうぞどうぞ」
みくる「どうぞどうぞ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:18:40.42 ID:JiWFq3r6O

キョン「ハルヒー。どこだよー」

長門「……」

キョン「ハルヒー」

長門「……」ビュッ!

ガキィン!

キョン「…ん?」

長門「しまった見つかった」

キョン「長門ぉ、んなもん、俺に効くとでも思ったのか?」

長門「…普通の人間なら、死んでおかしくない攻撃」

キョン「はははははは!!普通?人間?馬鹿かお前!?」

キョン「俺は普通でも人間でもない!」

キョン「そう、俺は…」

キョン「超!!最強の存在だ!!」

長門「だめだこいつ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:25:17.17 ID:JiWFq3r6O

長門「……」スッ

ガガガッ

キョン「はははははは!効かねぇっつうの!」

長門「……」

キョン「おらっ!!」

長門「…!」

ボコォォオン!

長門「……」

長門「一旦引く」タタタ

キョン「待てぇ!」ダダダ



古泉「よし、あっちに逃げましょう!とにかく、学校から出なければ!」

みくる「な、長門さんが!」

古泉「長門さんなら大丈夫です!多分!」

みくる「……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:45:01.90 ID:JiWFq3r6O

長門「……」タタタ…

長門「…やば」ピタ

キョン「追い詰めたぜ…!」

長門「…さよなら。涼宮ハルヒ。古泉一樹。朝比奈みくる。以下省略」

キョン「死ねッ!!」

長門「…今まで…」



長門「ありがとう…」

ドカァァァン!







ハルヒ「ここだとちょっと見つけにくいかしら…」

ハルヒ「や、やっぱり教室にしよ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 00:57:43.02 ID:JiWFq3r6O

玄関



ガチャガチャ

古泉「くそ…!ここも開かないのか!」

みくる「窓も全く開きませんし…。もしかして、涼宮さんがそう望んだとか?」

古泉「そう考えるのが1番現実的でしょう。職員室に誰も居ないのも…」

みくる「涼宮さん…」

古泉「僕達は、殺人鬼と同じ空間に閉じ込められてしまった訳ですね」

みくる「ははは。そうですねぇ」

古泉「殺人鬼て。殺人鬼ってなんですか」

みくる「ふふふふ」

古泉「はははは」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:02:43.00 ID:JiWFq3r6O

キョン「……」

キョン「……」キョロキョロ





ハルヒ「あ…あれ、キョンよね…?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…おーい!」

キョン「…!」

ハルヒ「来たっ!」タタタ…

キョン「くくく…見つけたぜ…!」



キョン「こらぁ待てハルヒー!!」ダダダダ

ハルヒ「あはは!捕まえられるもんなら捕まえてみなさいっ!」タタタタ…

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:05:02.56 ID:JiWFq3r6O

古泉「お腹空きましたねぇ」

みくる「ですね…。早く7時にならないかなぁ」

古泉「そしたら彼が外に出てしまいますよ?」

みくる「じゃあ、古泉君なんとかして下さいよ」

古泉「ははは。冗談でしょう」

ハルヒ「んにゃ!古泉君!みくるちゃん!逃げた方がいいわよ!」タタタ

古泉「え?」

みくる「ふぇ?」

キョン「…お?」

古泉「あ、どうも」

みくる「こんばんはぁ」

キョン「……」

古泉「……」

みくる「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:09:51.67 ID:JiWFq3r6O

古泉「ああああぁぁぁあああ!!」

みくる「ひえぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

キョン「ははははははははは!」

古泉「お助けぇぇ!!」

みくる「命だけは!!命だけは!!」

キョン「終わりだぁぁ!!」

バシュッ

キョン「!?」





長門「…人殺し、良くない」

長門「わかる?」

古泉「ながとさあああぁぁぁぁん!!」

みくる「ながとひゃああぁぁぁぁぁ!!」

キョン「…まだ生きてやがったか」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:16:38.44 ID:JiWFq3r6O

長門「ワープした」

古泉「な、長門さん!早くワープで逃げましょうよ!」

みくる「は、早くぅ!」

キョン「させるかっ!」グオッ

長門「ばりあー」ガキィィン!

古泉「うおおぉぉぉ!」

みくる「すげぇぇぇえですぅぅ!」

長門「無理。わたし含めて、同時に二人までしかワープ出来ない」

古泉「……」

みくる「……」

キョン「うおらっ」

バリーン

古泉「あ…!バリアが…」

みくる「バリアーだけにバリーン!」

長門「空間転移を開始する」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:21:17.30 ID:JiWFq3r6O

古泉「ぼ、僕を連れてって下さい!」

みくる「そんなぁ!」

長門「……」

キョン「はははは!死ね!」

ドコォオン!

古泉「あ、危な…」

みくる「ひゃああ!」

長門「準備完了。わたしに近い方を連れていく」

古泉「!!」

みくる「!!」

ヒュッ

キョン「……」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:33:56.14 ID:JiWFq3r6O

キョン「残念だったな」

古泉「はは。そんな言葉じゃ、今の僕の気持ちは言い表せませんよ」

キョン「ははははは」

古泉「ははははは」



キョン「……」

古泉「ふー…」

キョン「……」

古泉「…あ」

古泉「僕、実は超能力者なんです」

キョン「知ってる」

古泉「ではいきますよ。まっがーれ」クイッ

キョン「……」

古泉「……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:40:07.46 ID:JiWFq3r6O

シュン

長門「……」

みくる「た、助かったぁ」

長門「さよなら古泉一樹」

みくる「……」

長門「あなたの事は忘れない。多分」

みくる「私も忘れません!多分!」

長門「……」

みくる「はぁ…」

長門「…わたしがやるしかないのかもしれない」

みくる「な、何をですか?」

長門「彼を倒す」

みくる「そんなぁ!そしたらキョン君は…!」

長門「……」

みくる「長門さん…!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:46:43.30 ID:JiWFq3r6O

古泉「やあああぁぁ!」ダダダ

古泉「……あれ?追い掛けてきませんね」

古泉「……」

古泉「…もし、彼の事が涼宮さんにばれたら」

古泉「世界崩壊もいいとこ、宇宙崩壊です」

古泉「……」

古泉「……」スッ

古泉「……」ピッピッ

古泉「…あ、森さんですか?」

古泉「いえ。少々、厄介事が起きてしまいまして」

古泉「今から…、北高に来てくれませんか?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:50:12.41 ID:JiWFq3r6O

ハルヒ「……」テクテク

長門「……」

みくる「…あ、涼宮さん!」

ハルヒ「あら?有希とみくるちゃんじゃない」

長門「……」コク

みくる「あ、あの!キョン君が!」

長門「おいばかやろう」

ハルヒ「え?キョンが?」

長門「彼の大好物はほっけの塩焼き」

ハルヒ「ふーん…って、何で有希がそんな事知ってんのよ」

みくる「じょ、じょーずですよ、ジョーズ!」

長門「…ジョーズ?」

ハルヒ「じょー…ず?」

みくる「えっ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 01:56:39.60 ID:JiWFq3r6O

ハルヒ「ジョーズってあの…」
ハルヒ「でんでんでんでんでんでんってやつ?」

みくる「でんでん?」

長門「でんでん」

ハルヒ「…こういうふうに泳いできて、」ユラユラ

ハルヒ「…ぐあっと?」グァッ

長門「ぐぁっと」

みくる「えっ」

ハルヒ「えっ」

長門「えっ」

ハルヒ「バクバクっみたいな?」

長門「バクバク」

みくる「バクバク?」

ハルヒ「えっ」

長門「えっ」

みくる「えっ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:00:05.84 ID:JiWFq3r6O

キョン「ちくしょ…学校って何で無駄に広いんだ…」

キョン「あー何処にもいねぇ!」

キョン「……」

キョン「……教室行ってみるか」







古泉「よし、あとは森さん達が来れば…!」

古泉「……」

古泉「…ここは…?」

古泉「一年五組…?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:03:09.32 ID:JiWFq3r6O

ハルヒ「サメ!サメ?」

長門「さめ」

みくる「さめ?」

ハルヒ「えっ」

みくる「あっ!」

長門「……」

みくる「じょ、ジョーク!」

ハルヒ「ああジョーク!」

長門「ジョーク…」

ハルヒ「あれ?何がジョーク?」

みくる「ふぇ?」

長門「……」

ハルヒ「何の話してたんだっけ」

みくる「…あっ!そうですキョン君が」

長門「おいばかやろう」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:08:45.61 ID:JiWFq3r6O

長門「彼のストライクゾーンはあたまに黄色いリボン付きカチューシャ」

ハルヒ「!?」

みくる「!?」

ハルヒ「あ、あああたしもう行くわね!」

みくる「涼宮さん!?」

ハルヒ「あんた達も、捕まっちゃだめよー!」タタタ

長門「……」

みくる「……」

長門「……」

みくる「…長門さん、キョン君のストライクゾーンって」

長門「ジョーズ」

みくる「なんだジョーズですかぁ」

長門「……」

みくる「……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:13:06.54 ID:JiWFq3r6O

キョン「ちーす」ガララ

古泉「あ…」

キョン「よう古泉」

古泉「…ぅ、」

古泉「うわああ……なんて、もう叫びませんよ」

キョン「ん?」

古泉「…森さん、今です」ボソッ

キョン「……」

古泉「……」

キョン「どうした?何か策でもあんのか?」

古泉「森さん?もう出て来ていいですよ」ボソボソッ





森「あら…。鍵掛かってるわね」ガチャガチャ

新川「…窓も閉まりきってますが」ガチャガチャ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:17:33.14 ID:JiWFq3r6O

古泉「……」

キョン「いいのか?」

古泉「あ、あとちょっと待って下さい」

キョン「仕方ないな」

古泉「……」

古泉「森さぁん!早く来て下さぁい!」







森「……破壊も出来ませんね」

新川「侵入は無理なようですな」

森「あ……窓の隙間から、紙なら入るわ」スルスル

新川「古泉に紙に書いた応援の言葉でも送ってやりましょうか。届くかわかりませんが」

森「ですね。届くかわかりませんが」カキカキ

新川「ははは」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:21:14.04 ID:JiWFq3r6O

長門「……」

みくる「あ、あれ、森さんと新川さんじゃないですか?」

長門「…おそらく」

みくる「おーい!朝比奈みくるですよー!」ブンブン

新川「…あ」

森「朝比奈みくるですか」

新川「長門有希もいますね」

森「…何か言ってるようだけど、全然聞こえないわ」

新川「たった窓一枚挟んでいるだけなのに、不思議なものです」

みくる「ふぇぇ…何て言ってるかわかりません…」

長門「この特殊な空間のせい」

みくる「ん…?紙?」

ピラッ

『古泉へ
なんだかよくわからないけど頑張りなさい。
今日はほっけの塩焼きです。
森・新川より』

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:25:47.80 ID:JiWFq3r6O

古泉「うわあああああああああああああ!!!」

キョン「ちっ、逃げ足だけは速いんだな」

キョン「どいつもこいつも…」



古泉「な、なんで僕ばっかり…!」

古泉「……」

古泉「とりあえず、涼宮さんと合流したいものです」

古泉「長門さん達は…」

古泉「……」

古泉「…涼宮さーん!どこですかー!」タタタ…

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:30:32.23 ID:JiWFq3r6O

古泉「……」タタタ…

ドン

古泉「あっ、すみません!僕の不注意で…」

朝倉「…古泉君?」

古泉「…あ、朝倉涼子!」

朝倉「お久しぶり。って言っても、あんまり面識なかったよね」

古泉「ですね」

朝倉「一樹君って呼んでいい?」

古泉「…!か、構いませんが」

朝倉「そう、ありがとう」

古泉「それで、どうしてあなたがここに?」

朝倉「ふふ、長門さんに復活させてもらっちゃった」

古泉「まさかあなたは…」

朝倉「そ。何があったか知らないけど、今度こそ殺してあげるわ。キョン君、待っててね」

古泉「……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:35:45.09 ID:JiWFq3r6O

朝倉「あなたが止めないって事は、ホントにキョン君、変わっちゃったんだね」

古泉「…いえ、止めさせてもらいます」

朝倉「…?」

古泉「あなたの身を按じて言っているのですよ」

朝倉「え…、何それ、冗談のつもり?」

古泉「僕の顔を見て下さい」キリッ

朝倉「嫌よ」

古泉「……」

朝倉「……」

古泉「と、とにかく。折角復活できたんですから、その命、無駄にしないで下さいね」

朝倉「…一応、頷いておくけど」

古泉「……」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:40:51.38 ID:JiWFq3r6O

長門「暇」ボソッ

みくる「いいじゃないですか。暇なのが1番です」

長門「……」

みくる「……」

長門「……」

みくる「……」

長門「……」スッ

みくる「ふぇ!?す、涼宮しゃあん!?」

長門「そう」

みくる「ほ…ホントに涼宮さんなんですか?」

長門「そう」

みくる「……」ツンツン

長門「……」

みくる「長門…さんですよね…?」

長門「…そう」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:47:03.12 ID:JiWFq3r6O

みくる「やっぱり!すごいです、こんな事もできるんだぁ」プニプニ

長門「……」

みくる「ふふ、無表情な涼宮さんってなんか新鮮だなぁ」ツンツン

長門「…遊ばないで」

みくる「いいじゃないですかぁ。涼宮さんの顔、ぷにぷにするのってなかなかできないですよ」プニプニ

長門「……み、みくるちゃんやめて…や、やめなさい」

みくる「!!」

長門「……ものまね」

みくる「涼宮さんかわいー!」ギュ

長門「ぅあ」

みくる「もー!本物もこのぐらい静かだったらいいんですけど!とにかくかわいいです!」スリスリ

長門「…くすぐったい」





ハルヒ「あれ、みくるちゃん…?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:50:34.98 ID:JiWFq3r6O

長門「!!」シュン

みくる「ふぇ?」

ハルヒ「な、何で有希に抱き着いてるの?」

長門(セフセフ)

みくる「あ、あ!?涼宮しゃん!?」

ハルヒ「私も抱き着く!」ギュ

長門「ぅあ」

みくる「わ、私だって」

長門「ぅえ」

ハルヒ「有希ー、ホントかわいいわねー」スリスリ

みくる「ですねぇ」スリスリ

長門「……」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 02:55:36.12 ID:JiWFq3r6O

朝倉「一樹いいぃぃ!!!」ダダダ

古泉「おや、戻って来ましたか」

朝倉「な、ななな何なのあのキョン君!」

朝倉「見た目は普通だけど!」

古泉「びくともしないんですね」

キョン「不思議だよな」

朝倉「何でだろ。血ぐらい流してくれたっていいのに…」

古泉「物理攻撃は全く効きませんからね。長門さんで実証済みです」

朝倉「なんで教えてくれなかったのよぉ」

キョン「はは、全くだ」

古泉「……ん?」

朝倉「……ん?」

キョン「どうした?」

古泉「……」

朝倉「……」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:00:40.37 ID:JiWFq3r6O

古泉「出たああああああああぁぁぁぁ!!」

朝倉「一樹君落ち着いて!だ、だだだ大丈夫だから!」

キョン「俺、死の概念が理解出来ないんだ」

古泉「嘘付け!」

朝倉「つっこんでる場合じゃ無い!」

古泉「じゃあどうすれば…」

朝倉「……」

朝倉「物理攻撃が効かないのなら、やる事は一つでしょ…?」

古泉「ま、まさか…!」

朝倉「……」

古泉「……」

朝倉「な、何?」

古泉「いやそれこっちのセリフですから」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:03:59.43 ID:JiWFq3r6O

キョン「とう」バッ

古泉「うわっ」

キョン「よしマウントポジションとった!」

古泉「うわあああああああああ!!」

朝倉「あ、あはは…」

キョン「なあ古泉」



キョン「俺がお前におもいっきりデコピンしたら、どうなると思う?」

古泉「……」

朝倉「……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:09:02.06 ID:JiWFq3r6O

古泉「え…、まさか冗談ですよね?」

キョン「3」

古泉「うわああぁぁいやあああああああああああ!!!」

キョン「2」

古泉「ああああ朝倉さぁん!!助けて下さぁい!!」ジタバタ

朝倉「……」

キョン「1」ググッ

朝倉「こ、これが…」



朝倉「囮作戦!」

古泉「どうしてこうなった」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:13:02.56 ID:JiWFq3r6O

キョン「…ゼロ!」

喜緑「そこまでです」

キョン「…!」

朝倉「あなたは…」

喜緑「自己紹介が必要ですか?」

朝倉「…いえ」

古泉「何紳士的なやり取りしてんですか早く助けて下さいよ」

キョン「…やれやれ。また増えたのか」

喜緑「今すぐに彼を開放しなさい?でないと」

キョン「でないと?」

喜緑「手加減できませんよ?」

キョン「……ま、別にこんな奴、どうでもいいか」スッ

古泉「こんな奴?」

キョン「あ?」

古泉「すいませんでした」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:15:25.61 ID:JiWFq3r6O

古泉「あ、喜緑さん!彼は…」

朝倉「ちょっと一樹君!ここは内緒にしといて、私達は逃げよう?」

古泉「…ふむ。そうしましょうか」



喜緑「では私から行きま…」

キョン「どっち見て話してんだ?俺はこっちだぞ」

喜緑「な…」

キョン「はははははは!情けないなインターフェースさんよ!」

喜緑「長門さん…、こういう事だったんですね」

キョン「おら死ねワカメ野郎!」

喜緑「…!」シュン

キョン「…ワープしやがった」

キョン「くそ、次からは真面目にやんなきゃきりがないな」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:20:34.49 ID:JiWFq3r6O

みくる「そういえば、涼宮さんとよく会いますね」

長門「……」コク

みくる「捕まえたら手でも繋いで部室に…だって。ふふ、明らかに狙ってますよね」

長門「……」

みくる「…長門さん?」

長門「ここ。部室」

みくる「あ。いつのまに…」

長門「のどが渇いた」

みくる「それなら、中にはいりましょう!お茶いれますね!」

長門「感謝する」

みくる「いいんですよ。さ、どうぞ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:23:21.08 ID:JiWFq3r6O

古泉「なんとか逃げ切りましたか……」

朝倉「疲れてるわね」

古泉「あなたと違って人間ですからね。それに、僕ずっと走りっぱなしでしたし」

朝倉「あら?」

古泉「おや」

朝倉「あそこ、あなたたちの部室よね」

古泉「はい。元文芸部室です」

朝倉「ちょっと休もうか?」

古泉「そうですね。そうしましょう」

朝倉「中にキョン君がいたりして」

古泉「あー、いやいや休んでなんかいられませんよ」

朝倉「冗談よ」

古泉「あっ急に疲れが…」

朝倉「あそこの影にキョン君が潜んでたり」

古泉「やはり寄り道はいけませんよ」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:26:03.72 ID:JiWFq3r6O

長門「おいしい」ズズー

みくる「ありがとうございます」

シュン

喜緑「……」

みくる「ふぇ!?」

ガチャ

朝倉「やっぱりキョン君が居たり」

古泉「中庭で休みましょうよぉ」

長門「あ…」

朝倉「ん?」

喜緑「これはこれは」

みくる「ふぇ…」

古泉「え?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:29:56.83 ID:JiWFq3r6O

長門「……」

朝倉「な、なんかたくさんいるわね」

喜緑「ふふふ」

古泉「ふむ」

みくる「あ、今お茶いれますね」

朝倉「長門さん。もう手加減していられないわよ」

喜緑「その通りです」

長門「……」

長門「…わかっている」

古泉「もう彼女達に全て任せましょうか」

みくる「そ、それでいいと思います」

長門「……」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:32:37.70 ID:JiWFq3r6O

みくる「それにしても、キョン君って不思議ですよね」

古泉「何故です?」

みくる「あんな力があるなら、学校ごと壊しちゃえばいいと思うんですけど」

古泉「確かに、それなら僕達即死ですもんね」

長門「彼は根本的に馬鹿」

朝倉「やっぱり?」

喜緑「ですよねー」

古泉「ははは」
みくる「ははは」
朝倉「ははは」
喜緑「ふふふ」
長門「…ユニーク」


古泉「えっ」

みくる「えっ」

朝倉「えっ」

喜緑「えっ」

長門「…えっ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:36:22.02 ID:JiWFq3r6O

ガチャ

キョン「しゃーす」

長門「あ…」

古泉「ぎゃぁぁぁあああああああ!!」

みくる「ひぇぇぇええええええ!!」

喜緑「うるさい」

古泉「はい」

みくる「はい」

長門「……」

長門「やるしかないの?」

朝倉「長門さん。相手がキョン君だからって、手を抜いちゃだめよ」

キョン「なんだ、みんなここにいたのか」

喜緑「宇宙人の本気、見せてあげましょう」

長門「……」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:39:03.06 ID:JiWFq3r6O

キョン「ま、こっちの方が都合いいか」

朝倉「死になさい!」ビュオッ

キョン「ん」

喜緑「終わりです!」ドガガガッ

キョン「あー」

長門「でんきしょっく」バチィッ

キョン「お?」

朝倉「……」
喜緑「……」
長門「……」

キョン「それだけか?」

朝倉「ぜ、全然効いてないわ」

喜緑「理解出来ません…」

長門「もうだめかもわからんね」

古泉「王手!」パチ

みくる「しまった…角道が…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:43:10.38 ID:JiWFq3r6O

朝倉「それなら…」

朝倉「精神攻撃!」

喜緑「!!」

長門「おお」

キョン「精神攻撃?」

朝倉「キョン君の馬鹿!アホ!変態!」

喜緑「マヌケ!スケベ!童貞!すけこまし!」

長門「ユニーク」

キョン「……」

朝倉「うんこ!インポ!小心者!」

喜緑「風呂敷!ゴキブリ!過齢臭!」

みくる「エッチ!巨乳好き!鼻血!」

古泉「ホモ!ゲイ!バイ!」

長門「……」

キョン「……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:48:44.97 ID:JiWFq3r6O

朝倉「生卵!馬糞!目やに!」

喜緑「セロハンテープ!ガムテープ!すずらんテープ!」

みくる「大根!輪ゴム!コンドーム!」

古泉「尻穴!肛門!アナル!」

キョン「…うっ」

朝倉「効いてる!効いてるわ!」

喜緑「いっけええぇぇ!!」

みくる「洗剤!静脈!試験官!」

古泉「坊主!栗!雑食!」

キョン「ぅああああ!!やめろおおお!!」

朝倉「あちゃー」

長門「……」

長門「…使いたく無かった。でも」

長門「……」

長門「…情報連結の解除を申請する」


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:51:54.43 ID:JiWFq3r6O

キョン「!!」

古泉「情報…けつ…?」

みくる「なんなんですか?」

喜緑「まあ見てれば分かりますよ」

キョン「な、長門!やめてくれ!」

朝倉「無駄よ。残念だったわね、キョン君」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:55:37.43 ID:JiWFq3r6O

長門「……」

長門「…完了した」

キョン「くそ…」

朝倉「あーあ、もうおしまいかぁ」

喜緑「いいじゃないですか」

古泉「…?」

みくる「ふぇ…」

キョン「…ん?」

長門「あれっ」

朝倉「うそ」

喜緑「そんな」

キョン「消え…無い…?」

古泉「えっ」

みくる「あら」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 03:57:47.39 ID:JiWFq3r6O

キョン「…はは」

キョン「はははははははははは!」

キョン「そうだ!俺は無敵!何を恐れる事がある…!」

長門「だめだこいつ」

キョン「今から、この部室…いや、学校をも破壊する攻撃を仕掛ける!」

古泉「なにそれひどい」

朝倉「あーあもうおしまいかぁ」

喜緑「全然良くないですよこの終わり方は」

みくる「ひぇぇぇぇ」

キョン「…全員死ねぇ!!」グオッ



ボカッ

キョン「いだっ」



キョン「……え?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 04:01:17.29 ID:JiWFq3r6O

キョン「い、痛い?」

古泉「あ…」

ハルヒ「…なんで」



ハルヒ「なんであたしだけ捕まえてくれないのよぉ!!」ボカッ

キョン「いてっ!ハルヒ!やめろ!痛い!」

ハルヒ「ばかぁキョンのばかぁ」ポカポカ

キョン「……あれ?」

長門「お疲れ様」

朝倉「解散ですか?」

喜緑「私達の努力は一体…」

みくる「え?どういう事ですか?」

古泉「うわ…」



古泉「なんですかコレ!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 04:06:42.93 ID:JiWFq3r6O

キョン「な?…え?」

ハルヒ「ちょっとこっち来い!」ガシッ

キョン「ぅわっ」

古泉「ホントに迷惑かけましたね」

喜緑「困った時はお互い様ですよ」

朝倉「ま、わたしは復活出来た事だし…」

長門「朝倉涼子の情報連結解除を申請する」

朝倉「え」

みくる「さようならぁ」

キョン「こらハルヒ引きずるな!」ズルズル

ハルヒ「うるさいわねアホンダラ!」



キョン「はぁ…やれやれ」



終わり

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/21(月) 04:08:42.75 ID:JiWFq3r6O

眠いもうだめ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「朝倉涼子のお尻をなでるとご利益がある…」