ハルヒ「キョン、あんたよこちんしてるわよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「バレンタインね、キョン」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:18:59.91 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「なに?誘ってるわけ?」

キョン「いや、タダの事故だ…すまん…」

ハルヒ「あ、みくるちゃん…下乳出てるわよ…」

キョン「え…」

ハルヒ「嘘よ…」

キョン「なんだ嘘か…」

ハルヒ「ごめん…」

キョン「いいって…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:21:19.14 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「暇ね…」

キョン「そうだな…」

ハルヒ「なんかする…?」

キョン「いやいいよ…」

ハルヒ「そう…」

キョン「眠いし…」

ハルヒ「なんかごめん…」

キョン「いいってば…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:24:30.93 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「ゴ〜マ〜リソ〜ン…」

キョン「…」

ハルヒ「ゴ〜マ〜ッリ ソオ〜ン…」

キョン「…」

ハルヒ「うるさかった…?」

キョン「…」

ハルヒ「寝ちゃったか…」

キョン「続けてくれ…」

ハルヒ「…続きしらないの…」

キョン「…そうか…」

ハルヒ「なんか…」

キョン「謝るなよ…」

ハルヒ「うん…ごめん…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:28:11.00 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「ねえ…」

キョン「なんだ…?」

ハルヒ「パイナップルってあるじゃない…?」

キョン「ああ…」

ハルヒ「あれ…食べてると舌痛く…なるわよね…」

キョン「ああ…」

ハルヒ「…ごめん…それだけ…」

キョン「フフッ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:32:01.73 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「空…雲…海…砂…」

キョン「夏も終わるな…」

ハルヒ「まだまだ暑いわよ…」

キョン「…」

ハルヒ「キョン、蟹がいるわ…」

キョン「…」

ハルヒ「…夏も終わりかしら…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:35:23.44 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「ねえキョン…」

キョン「…」

ハルヒ「星が綺麗よ…」

キョン「…」

ハルヒ「ね…キョン…」

キョン「…」

ハルヒ「星がね…綺麗なの…」

キョン「…ん…寝てた…」

ハルヒ「キョン…星…」

キョン「ほお…綺麗だな…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:39:17.12 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「あ…ひこーき…」

キョン「ああ…」

ハルヒ「こっち見えてるかな…」

キョン「ここから見えてるんだ…」

ハルヒ「キョン 手を振ろう…?」

キョン「向こうからも見えるさ…」

ハルヒ「おーい…うふふ…」

キョン「ふっ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:42:20.99 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「今日何日だっけ…?」

キョン「確か15日…」

ハルヒ「そっか…」

キョン「日付がどうかしたか…?」

ハルヒ「え…?」

キョン「だから日付がどうかしたのかって…」

ハルヒ「ううん…ちょっと声聞きたかっただけ…」

キョン「なんだよそれ…ふふ…」

ハルヒ「ゴ〜マ〜リソ〜ン…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:49:00.81 ID:nfBwaiqG0

キョン「昼間は眩しいな…」

ハルヒ「はい キョンこれ…」

キョン「変わった葉っぱだな…」

ハルヒ「不思議でしょ…?」

キョン「ああ…不思議だ…」

ハルヒ「あたし、不思議なの好きよ…」

キョン「そうだったな…」

ハルヒ「不思議なの好きなの…」

キョン「ひんやりしてる…」

ハルヒ「え…?」

キョン「この葉っぱ…」

ハルヒ「不思議…?」

キョン「日除けにいいな…これ…」

ハルヒ「不思議…?」

キョン「不思議…ではないかな…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 00:55:09.39 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン、あんたまたよこちんしてるわよ…」

キョン「…」

ハルヒ「ねえ…よこちん…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「起きてたの?」

キョン「今起きた…」

ハルヒ「おはよう、キョン…」

キョン「おはようハルヒ…」

ハルヒ「キョン、もうお昼よ…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なぁに…?」

キョン「よこちんいじったろ…」

ハルヒ「ばれた…?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:03:35.18 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「雨…やまないね…」

キョン「…」

ハルヒ「キョン…寒くないの…?」

キョン「正直…ちょっと寒いな…」

ハルヒ「寒いよね…」

キョン「寒いな…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「こっち…」

キョン「ん…?」

ハルヒ「すこし暖かいよ…」

キョン「じゃあ…」

ハルヒ「おいでよ…」

キョン「お前がそこにいろよ…」

ハルヒ「おいでよー…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:08:42.29 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…あれ何…?」

キョン「あれは…犬という生き物だ…」

ハルヒ「おいで…」

キョン「飼い犬かな…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだ…?」

ハルヒ「犬が来てくれない…」

キョン「犬には犬の…」

ハルヒ「おいで、おいで…」

キョン「考えがあるのさ…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「どした…?」

ハルヒ「犬きたわ…」

キョン「ふふっ…よかったな…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:19:53.52 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…背中に虫がいるわ…」

キョン「あぁ…知ってる…」

ハルヒ「楽しそうね…」

キョン「虫がか…?」

ハルヒ「うん…」

キョン「そっか…」

ハルヒ「…」

キョン「どんなだ…?」

ハルヒ「てんとうむしよ…」

キョン「そっか…」

ハルヒ「綺麗ね…」

キョン「…ん…?」

ハルヒ「あ…飛んだ…」

キョン「…おお…あいつか…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:25:56.26 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだ…?」

ハルヒ「みかんとりんご…」

キョン「みかん…」

ハルヒ「どっち…が…好き…?」

キョン「みかん…」

ハルヒ「ふーん…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「お前どっち…?」

ハルヒ「あたしは…」

キョン「…」

ハルヒ「どっちも好きよ…」

キョン「なんだよそれ…」

ハルヒ「うふふ…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:32:17.62 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだ…?」

ハルヒ「何か飲む…?」

キョン「麦茶あるか…?」

ハルヒ「無いよ…」

キョン「何があるんだ…?」

ハルヒ「いろいろ…」

キョン「じゃあ…適当でいいや…」

ハルヒ「これでいい…?」

キョン「これ…麦茶じゃないか…」

ハルヒ「そうだった…?」

キョン「麦茶だ…」

ハルヒ「そっか…」

キョン「夏は麦茶だ…」

ハルヒ「おいしいね…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:38:31.23 ID:nfBwaiqG0

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「どうしたの…?」

キョン「スイカ貰った…」

ハルヒ「大きいね…」

キョン「そうか…?」

ハルヒ「スイカ割りしようよ…」

キョン「棒が無いぞ…」

ハルヒ「キョン、回って…」

キョン「…」

ハルヒ「右、右よ、キョン…」

キョン「ここか…?」

ハルヒ「そこよ…キョン…」

キョン「ここか…うん…スイカがあるな…」

ハルヒ「ふふふ…」

キョン「確かにあるな…うん…スイカだ…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:43:42.55 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「どうしたハルヒ…」

ハルヒ「さっきね…イルカが跳ねたの…」

キョン「いるのか…?」

ハルヒ「いたわ…」

キョン「そうか…見たいな…」

ハルヒ「キョン…一緒に海見よ…?」

キョン「もう暗いぞ…」

ハルヒ「イルカが来る…かも…」

キョン「…いくか…」

ハルヒ「いこう…?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:49:24.88 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン〜…」

キョン「どうした…ハルヒ…」

ハルヒ「こけた…」

キョン「…大丈夫か…?」

ハルヒ「痛い…」

キョン「怪我は…?」

ハルヒ「ない…」

キョン「そっか…」

ハルヒ「痛かったな…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「どっか怪我ないか…?」

ハルヒ「ここ擦りむいてた…」

キョン「痛そうだ…」

ハルヒ「えへへ…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 01:53:26.36 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…またよこちん…」

キョン「…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「よこ…ちんしてるよ…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「あ…また犬来た…」

キョン「…」

ハルヒ「よしよし…」

犬「……」

ハルヒ「みて…よこちん…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 02:02:09.24 ID:nfBwaiqG0

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「何か飲むか…?」

ハルヒ「甘いの…ある…?」

キョン「あるぞ…」

ハルヒ「甘いのがいいな…」

キョン「アイスコーヒーだけど…」

ハルヒ「オレンジジュースがいい…」

キョン「無いな…」

ハルヒ「じゃあ…」

キョン「コーヒーでいいか…?」

ハルヒ「うん…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 02:08:43.50 ID:nfBwaiqG0

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「どうしたの…?」

キョン「イルカがいた…」

ハルヒ「ね…いるでしょ…?」

キョン「ギーって鳴いた…」

ハルヒ「ほんと…?」

キョン「ギーて鳴くんだな…」

ハルヒ「ね…キョン…」

キョン「もう暗いぞ…」

ハルヒ「一緒に海見よう…?」

キョン「もう行っちまったよ…」

ハルヒ「ねえ…二人で海見たい…」

キョン「わかったよ…」

ハルヒ「ふふっ…ゴ〜マ〜リソ〜ン…」

キョン「ふっ…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 02:26:57.55 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「…」

ハルヒ「寝てる…?」

キョン「…」

ハルヒ「いい天気ね…」

キョン「…」

ハルヒ「昨日何食べたっけ…?」

キョン「…」

ハルヒ「ねえねえキョン…」

キョン「…」

ハルヒ「す…」

キョン「…」

ハルヒ「…きよ…」

キョン「…」

ハルヒ「キョン…?寝てるよね…?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 02:31:56.12 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「こいつはホントに寝てばかりね…」

キョン「…」

ハルヒ「あたしも寝よっかな…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「別に寝てないぞ…」

ハルヒ「そうだね…」

キョン「起きてた…」

ハルヒ「あたし…少し眠るね…」

キョン「…おう…」

ハルヒ「おやすみ…キョン…」

キョン「おやすみ…ハルヒ…」

ハルヒ「…」

キョン「俺も寝るか…」

俺も寝るわ…

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 08:36:16.25 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…朝だよ…」

キョン「…」

ハルヒ「起きて…」

キョン「…ん…おはようハルヒ…」

ハルヒ「おはようキョン…いいお天気よ…」

キョン「…快晴だな…」

ハルヒ「朝ごはん食べに行こう…?」

キョン「…」

ハルヒ「キョン…?」

キョン「…」

ハルヒ「…?」

キョン「…」

ハルヒ「あたしも…も少し寝よ…」

しかし俺は仕事に行かねばならん。
俺も女子高生と南の島行きたし。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 12:34:00.98 ID:nfBwaiqG0

キョン「ハルヒ…ほれ…」

ハルヒ「綺麗な貝殻ね…」

キョン「やるよ…」

ハルヒ「いいの…?」

キョン「俺が持っててもな…」

ハルヒ「綺麗…」

キョン「気に入ったか…?」

ハルヒ「ウン…」

キョン「そりゃあ…何よりだ…」

ハルヒ「…」

キョン「何してるんだ…?」

ハルヒ「こうするとね…波の音がね…」

キョン「ああ…」

ハルヒ「聞こえるよ…」

キョン「目の前が海だしな…」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 12:43:26.30 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「どした…?」

ハルヒ「こんなの貰っちゃった…」

キョン「葉巻…?」

ハルヒ「キョンにって…どうしよ…」

キョン「吸うか…?」

ハルヒ「ダメよ…」

キョン「そうさなあ…」

ハルヒ「かして…?」

キョン「どうすんだ…?」

ハルヒ「あたしが預かるわ…」

キョン「預かるって…いつまで…?」

ハルヒ「えへへ…」

キョン「ふふっ…ちゃんと取っとけよ…」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 12:50:52.02 ID:nfBwaiqG0

上司「君ってさ…」

俺「はい…」

上司「よく本読んでるけど…」

俺「えぇ…まあ…」

上司「たまに思うんだよ…」

俺「な、なんですか…?」

上司「私もね…若い頃からもっと…」

俺「はあ…」

上司「色んな本読んどけば良かったって…」

俺「…」

上司「それ…面白いかい…?」

俺「ええ…まあ…」

上司「それ…読み終わったら貸してくれないか…?」

俺「ど、どうぞ…」

上司「ありがとう…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 12:55:37.64 ID:nfBwaiqG0

上司「前に君から借りた本なんだが…」

俺「どうでした…?」

上司「すまん…」

俺「?」

上司「飲み物こぼして…」

俺「はあ…」

上司「このザマだ…」

俺「バリバリですね…」

上司「スプライトだったから…」

俺「ああ…糖分がね…」

上司「すまない…弁償する…」

俺「いや…もう読み終えてましたから…」

上司「ほんとごめん…」

俺「お気になさらず…」

再び仕事いてきま

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 18:47:18.73 ID:nfBwaiqG0

キョン「ゴ〜マリソ〜ン…」

ハルヒ「…」

キョン「ゴ〜マ〜ッリ ソオ〜ン…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…キョン…」

キョン「ん…起きたのか…?」

ハルヒ「もっと歌って…」

キョン「ここまでしか知らん…」

ハルヒ「…え〜…」

キョン「…すまん…」

ハルヒ「…ふふっ…」

キョン「…やれやれ…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 18:57:30.15 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…チョコとバニラ…」

キョン「迷うな…」

ハルヒ「溶けちゃうよ…」

キョン「じゃあ…バニラで…」

ハルヒ「あたしもバニラがいいな…」

キョン「なら聞くな…」

ハルヒ「えへへ…」

キョン「じゃあ俺はチョコか…」

ハルヒ「キョン…半分こしよ…」

キョン「チョコも欲しいのか…?」

ハルヒ「はんぶんこしたいの…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 19:07:13.57 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…」

キョン「…んん…?」

ハルヒ「見て…」

キョン「何だ…?」

ハルヒ「カニが…」

キョン「蟹が…?」

ハルヒ「いる…」

キョン「デカイな…」

ハルヒ「飼っちゃダメ…?」

キョン「飼えるのか…?」

ハルヒ「わかんない…」

キョン「ならやめとけ…」

ハルヒ「うん…」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 19:20:48.76 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「またよこちん…」

キョン「…」

ハルヒ「…わざとかしら…」

キョン「…」

ハルヒ「ねえ…ねえ…キョン…」

キョン「…」

ハルヒ「おきて…ねえ…」

キョン「んん〜……?」

ハルヒ「よこちんしてる…」

キョン「何か…」

ハルヒ「ねえよこちん…」

キョン「問題あんのか…?」

ハルヒ「よこち…特にないけど…」

キョン「じゃあ…いいじゃん…」

ハルヒ「…」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 19:46:31.78 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「最近いないわね…」

キョン「いないって…?」

ハルヒ「犬よ…」

キョン「そういや見ないな…」

ハルヒ「さみしいね…」

キョン「…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「ん…?」

ハルヒ「お腹へった…」

キョン「そうだな…」

ハルヒ「帰ろう…?」

キョン「ああ…」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 19:50:24.58 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン…くさい花見つけた…」

キョン「捨ててこいよ…」

ハルヒ「すごく臭いのよ…?」

キョン「捨ててこいって…」

ハルヒ「嗅いでみて…?」

キョン「やだよ…」

ハルヒ「なによ…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「貸してみろ…」

ハルヒ「ほい…」

キョン「……う…くさい…」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 21:14:49.41 ID:nfBwaiqG0

キョン「ハルヒ…起きてるか…?」

ハルヒ「なーにー…?」

キョン「あの歌…歌ってくれよ…」

ハルヒ「あの歌…?」

キョン「お前がよく歌ってる…」

ハルヒ「ゴ〜マ〜リソ〜ン…これ?」

キョン「ああ…」

ハルヒ「ゴ〜マ〜リソ〜ン…」

キョン「…」

ハルヒ「ゴ〜マ〜ッリ ソオ〜ン…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「続きは…?」

ハルヒ「知らないのよ…」

キョン「……続き…知りたいか…?」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 21:22:49.19 ID:nfBwaiqG0

キョン「ゴ〜マッリィソオ〜ン〜…」

ハルヒ「…」

キョン「ゴ〜マリソンッエレワン…」

ハルヒ「ごーまりそんしか無いの…?」

キョン「そうだ…」

ハルヒ「変なの…ふふ…」

キョン「これ…なんの曲か知ってるか…?」

ハルヒ「知らないわ…キョン…どうしたの…?」

キョン「昔…ジーンズの会社が打ったCMで使われた曲だ…」

ハルヒ「かいしゃ…?しーえむ…?」

キョン「ハルヒ…もう帰ろう…」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 21:32:07.38 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「…?キョン…?」

キョン「ハルヒ…俺達ここに何日いるか知ってるか…?」

ハルヒ「数えたこと無いわ…一週間くらい…?」

キョン「今日で503日目だ…」

ハルヒ「…」

キョン「どういうことか解るか…?」

ハルヒ「そんなのどうだって…」

キョン「聞け…学生の俺達がそんなことできるか?」

ハルヒ「キョン…やめて…今日のキョンこわい…」

キョン「食い物を買うにも金がいるだろう、いままでどうしてた?稼いだか?働いたか?」

ハルヒ「…」

キョン「一年以上ここにいても季節なんて無かった、ずっとこの天候だ」

ハルヒ「…でも…」

キョン「ハルヒ、お前朝比奈さんを覚えてるか?」

ハルヒ「アサヒナサン…?知らな
キョン「嘘付くなッ!!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 21:40:52.95 ID:nfBwaiqG0

キョン「お前は確かに以前『みくるちゃん』と言った!」

ハルヒ「言ってないよ…言ってないよ…」

キョン「いいや言ったッ!『みくるちゃん下乳出てる』と言ったぞ!」

ハルヒ「言ってない…アサヒナサンもミクルチャンも知らない…」

キョン「あの時からなにか引っ掛かってたんだ…!」

ハルヒ「ね、もう寝よう?一晩寝れば明日には…」

キョン「駄目だ!今寝たらきっと俺は、今夜の全て忘れて目を覚ます」

ハルヒ「…キョン…」

キョン「503日目なんだ。俺は全て思い出した」

ハルヒ「…」

キョン「大方、長門が手を打っておいたんだろうがな…」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 22:08:04.28 ID:nfBwaiqG0

キョン「長門にしては際どいヒントだったな…503…危なかった…」

ハルヒ「ナガト…?」

キョン「まあいい、お前は朝比奈さんを知っていた…」

ハルヒ「嘘よ…しらない…しらない…」

キョン「じゃあここに来る前はどうしてた?ここは一体どこだ?どうやって来た?」

ハルヒ「あう…」

キョン「ここは日本か?違うよな?女性がお前以外一人もいないのは何故だ?」

ハルヒ「あう…あう…」

キョン「…!ははは…見ろよハルヒ…空にヒビが入ってるぞ…」

ハルヒ「ああっだめ、ダメ…」

キョン「こんな現象、現実に起きるはずがない…」

ハルヒ「いやっ…いやっダメぇ〜…!」

キョン「ここは夢の中だ…お前と俺の…現実じゃない、作り物だ」

キョン「お前自身、もう薄々解ってるんだろ?認めろハルヒ!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 22:18:35.11 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「嘘よ…嘘…うそ…」

キョン「見ろハルヒ…ヒビがどんどん広がってるぜ…」

ハルヒ「だめ…うそ…だめ…やめ…」

キョン「ははは、口では嫌がっても心は正直だな…」

ハルヒ「なんで…キョン…」

キョン「ほれ、それだ」

ハルヒ「え…?」

キョン「その喋り方だよ!あの傲岸不遜の団長様がそんな乙女チックな喋り方するかアホ!」

ハルヒ「だって…だって…キョンが…だって…」

キョン「俺はいつものやかましいハルヒと会いたいんだっつーの!!」

ハルヒ「あわわ…あわわわわ…」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 22:31:49.06 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「キョン、キョン、助けて、悲しいのと嬉しいのが一緒に…怖い…」

キョン「ハルヒ、いつものハルヒに戻ってくれ…一緒に帰ろう…な?」

ハルヒ「ぅ、うん…ッ!うん!キョン!あたし、キョンと一緒に……

ギー ギー

キョン「…!!なんだ…?イルカが…あんなに…」

ハルヒ「あッあああッダメっまだダメっ!キョンと、二人でッ手を繋ぎながら見るのッまだダメ!」

キョン「ハルヒ…?」

ハルヒ「まだダメ!そうよ、まだ、まだなのよぉぉおお…まだ、まだここにいぃいいッ!!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 22:44:03.54 ID:nfBwaiqG0

キョン「イルカ…って…お前…」

ハルヒ「ね、お願いよキョン!もう少しだけ、もう少しだけここに…一緒にッ!」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「おねがいだがらあああああ〜っあっあっ」

キョン「くっ…ヒビが…治りかけてやがる…!」

ハルヒ「ねっ!?ねえっ!?いいでしょっ!?ね!?ね!?」

キョン「駄目だっ!そしたら俺は記憶を消される!そして恐らく次は無い!」

ハルヒ「もっとキョンといたいよおっ!一緒にお料理したいよおっ!」

キョン「ハルヒ、頼む!目を覚ますんだ!」

ハルヒ「一緒に花火したい!!花を植えたいっ!!もっとキョンの腕で眠りたいよおお〜っ!!

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 23:03:15.02 ID:nfBwaiqG0

キョン「わかった!料理でも盆栽でも、起きたら一緒にやろう!な!?」

ハルヒ「ねえええ!!どうしてそんな酷いこと言うのよおおォォオオオオぉおぉオお〜」

キョン「ハルヒ…!」

ハルヒ「ねえ、ひィ、ねえキョン?楽しいよね?ここのせいかつたのしいよね?ね?」

キョン「くっ…」

ハルヒ「あたし、あしたから頑張るから…フギッ あ、あたし、もっとツクスから…」

キョン「くるな…」

ハルヒ「ね?ねぇ〜?きょん…あたし、きょんがのぞむならなんだって…すす、するよ…」

キョン「こないでくれ…!!」

ハルヒ「でも…あし明日から…今日なんて日はは…ささ最初から…な無かったことに…なるの」

キョン「くるなあああっ!!うわあああ」

ハルヒ「きょん…逃げてもムダ…ウフフ…捕まえるまで…きっ今日は…オワラナイ…よ」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 23:20:43.41 ID:nfBwaiqG0

キョン「くそっ!くそっ!何てこった…!」

ハルヒ「エヘエヘへ…まって〜…きょーん…」

キョン「捕まったら終わりだ…はあ、はあ、どこか隠れるところ…」

ハルヒ「うふ、うふふ、うふ、浜辺の追いかけっこ…うふ、ふふう、ふふううふう」

キョン「ふざけんなあ!!不審者に追われてるんだよっ!!」

ハルヒ「酷いよきょおおおおん〜ででもきょんが言うなら、きょんが、望むならららら」

キョン「ちくしょおおお!何やってんだ俺はあああっ」

ハルヒ「うふうふぅふふうぅふ悪戯しちゃうぞ〜ふふふうふうひィィイィひヒイィ!!」

キョン「はあ、はあ、うわああああっ怖ぇええええ!!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 23:42:56.32 ID:nfBwaiqG0

キョン「はあ、はあ、変だ、足が…重い…はあ、はあ、」

ハルヒ「ねえ…キョン…大丈夫…痛くも何ともないわ…」

キョン「はあっはあっはあ」

ハルヒ「ただ今日の記憶がスッポリ無くなるだけなのよ…?」

キョン「はあっひいっはあっひい」

ハルヒ「そしたら…また…今までみたいに…一緒に…」

キョン「クハッ、はっ、走りながら、普通に喋んじゃねえ!バケモノが、はあ、うわっ」

ハルヒ「あはっ…キョン…怪我はない…?」

キョン「は、は、はあ、はあ、はあ、」

ハルヒ「大丈夫…?キョン…お水…いる…?」

キョン「はあ、はぁ、いらん…」

ハルヒ「どうする…?まだ続ける…?」

キョン「その喋り方をやめろ…虫唾が走る…はあ、はあ」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/15(火) 23:55:59.92 ID:nfBwaiqG0

ハルヒ「逃げてもいいよ…でも…今日は永遠に終わらないよ…?」

キョン「はあ、はあ、俺の記憶を消すのか…?」

ハルヒ「すぐ終わるわ…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なあに…?」

キョン「その前にこれを見てくれ…それが望みだ…」

ハルヒ「アルバム…?」ペラ

ハルヒ「……」ペラ

ハルヒ「……」ペラ

キョン「ヒビの隙間から落ちたのが見えてな…はぁ、はぁ」

ハルヒ「……」ペラ

キョン「ここまで拾いに来たのさ…ふぅ…」

ハルヒ「……」ペラ

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 00:12:51.60 ID:d/gJVnmv0

キョン「どうだ…」

ハルヒ「……」

キョン「SOS団の仲間だ…みんなハルヒの帰りを待ってるんだ…俺だって…」

ハルヒ「…?」

キョン「聞け…お前、ここが夢の世界だってことは流石に認めるよな…」

ハルヒ「認めるわ…でも、キョンと一緒なら何処だって…」

キョン「最後まで聞け…じゃあ何故お前はこんな長い間寝てるんだ?」

ハルヒ「……あ…」

キョン「お前はな、現実のお前は落ちてきた鉄骨が頭に直撃して…」

ハルヒ「……………」

キョン「それから意識を取り戻していないんだ…!」

ハルヒ「……………………………」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 00:14:21.78 ID:d/gJVnmv0

ID変わってるな…

因みに即死しなかったのは常識を超えた石頭だったから
普通の人は即死コースです

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 00:26:43.20 ID:d/gJVnmv0

キョン「俺はある方法を使ってお前の夢の中に入った…」

ハルヒ「…」

キョン「説明は長くなるから省くが…俺がここにいるのが証拠だ…」

ハルヒ「…………」

キョン「俺は人工的にお前と夢を見てる…この意味わかるか?」

ハルヒ「…………・ぁ、ぁああ……………」

キョン「そうだ」

ハルヒ「あっああっあっ………」

キョン「俺は一人でならいつでも帰れるんだよ…」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 00:41:06.84 ID:d/gJVnmv0

キョン「まあ入った時の衝撃とかなんやかやで、暫くボケてたけどな」

ハルヒ「キョン…キョン…行っちゃやだよ…行かないで…」

キョン「話は途中だ。で、だ。さっきお前、一瞬帰ろうとしたろ?」

ハルヒ「行かないで…いかないで…」

キョン「勝手に話させてもらうぞ…あの時できた空の隙間に…えー…まあいいか、長門が楔を打った」

ハルヒ「…へ?」

キョン「う…すまん、実は長門の説明が難解すぎてよく解らなかったのだが…」

ハルヒ「…」

キョン「大雑把に言うと、俺を緊急退避させる手筈はもう整ったようだ」

ハルヒ「…」

キョン「だから記憶なんか消しても無駄だ。消したところで、ある日突然夢の中から俺が消えるだけ」

ハルヒ「…ああう…ヤダ…ヤダ…消えちゃヤダ…」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 01:02:01.39 ID:d/gJVnmv0

キョン「だろ?だから記憶を消すなんてことはやめてくれ」

ハルヒ「うん…やめる…」

キョン「よしいい子だ、いいぞお〜」ナデクリナデクリ

ハルヒ「えへへ…ぐすっ…」グリングリン

キョン「それにな、お前を助けるために沢山の人が頑張ったんだぞ」

キョン「長門や喜緑さんも目にクマ作ってな、人手が足りないってんで朝倉まで連れてきた。」

ハルヒ「ナガト…有希…?」

キョン「そうそうそう!お前が可愛がってた長門有希だ!」

ハルヒ「有希…」

キョン「朝比奈さんはずっとお前の手を握ってたし、あの鶴屋さんはお前に抱きついてわんわん泣き出すし…」

ハルヒ「みくるちゃん…鶴屋さん…」

キョン「俺、森さん手作りの千人針もらっちまったよ。古泉はなんか血尿出したそうだ詳しくはしらん」

ハルヒ「古泉くん…森さん…みんな…」

キョン「みんなお前のことが好きなんだよ」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 01:10:35.12 ID:d/gJVnmv0

キョン「…ほれ…見ろよハルヒ」

ハルヒ「あ…星が…」

キョン「綺麗だな…」

ハルヒ「うん…」

ギー
     ギー

キョン「ハルヒ、イルカ」

ハルヒ「わあ…」

キョン「ホレ」

ハルヒ「…?」

キョン「手だろ」

ハルヒ「…!」ギュ

キョン「クライマックスだからな」

ハルヒ「キョン!見て!花火が!!」

ハルヒ「きれー…」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 01:21:49.58 ID:d/gJVnmv0

ドーン

   ドーン

キョン「誰が打ち上げてんだ…?」

ハルヒ「キョン…」

キョン「なんだハルヒ」

ハルヒ「あたし、みんなに会いに行くわ…」

キョン「ああ、みんなもお前に会いたがってる」

どーん
    ぱぱぱっ


どーん



キョン「そろそろ行こうぜ」

ハルヒ「うん、でも、あと少しだけ…」

ハルヒ「ほんの、もう、少しだけ…」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 01:37:17.17 ID:d/gJVnmv0

長門「涼宮ハルヒの記憶は消しておいた」

キョン「まあ…仕方ないか…怯える子犬ハルヒはもういないのか…」

みくる「お茶がはいりましたよー」ニコニコ

古泉「あ、刺激物は医者に止められてますので…」

長門「しかしあなたの話術と度胸には感心した」

キョン「フフフ、お前達のバックアップがあってこそだったがな…」

朝倉「呼んだ?」ガラッ
キョン「帰れ」ピシャ

長門「あなたが楔と表現した物、あれはあの程度の隙間では効果は無い」
長門「一歩間違えればあなたは生涯夢の中。どうすることもできなかった」

キョン「へええええそうだったんだー」ガタガタガタガタガタ


ハルヒ「みんないるー!?ねえねえ今度の合宿、南の島なんてどう!?って…」

ハルヒ「なんでみんなニコニコしてんのよ…変なの!」


おし まい

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/16(水) 01:49:43.95 ID:d/gJVnmv0

お付き合い頂いてあるが燈ございました。
ほんとは>>4書いて寝るつもりだったんだけどね…
いくつか書いて、ホメられたら辞めるにやめられなくなっちゃった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希、今日からあなたはSOS団専属ペットね」