橘「いらっしゃいま……うげぇ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「時代はミニ四駆よ!」キョン「ああ、最強だカーで勝負だ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 01:50:04.66 ID:zcxvf/egO

キョン「あれ?お前、バイトなんてしてるのか」

橘「わ、私の勝手じゃないですか!用がないなら帰ってくださいよ、もう…」

キョン「それが客に対する態度か?」

橘「知りません!」

キョン「ハァ…。もっとマシな受け答えしたらどうだ?」

橘「うぐぐ…!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 01:57:05.17 ID:zcxvf/egO

キョン「とりあえず、おにぎり三つ」

橘「……温めますか?」

キョン「こっちの二つだけ頼む」

橘「……少々お待ちください」

キョン「随分無愛想な接客だな?この店は」

橘「貴方の時だけですから…!」

キョン「おいおい、俺だけ特別扱いかよ?嬉しいね、こりゃ」

橘「ぐぐぐ……。こ、この〜!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:01:38.54 ID:zcxvf/egO

橘「……お会計、340円になります」

キョン「1000円で頼む。あ、レシートはいらないからな」

橘(釣りは直接手渡せって事ですか?陰湿な…。佐々木さんはこんな奴の一体どこに…)

橘「……660円のお返しです。…ありがとうございました」

キョン「おう、また来るぜ」

橘(二度と来るな!ウスラトンカチ!)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:12:27.61 ID:zcxvf/egO

橘(苛々するなぁ…。帰りは久しぶりにゲーセンでも行こう…)

―――――――

橘「………」

キョン「何だ、同じ日にまた会うなんて、奇遇だな」

橘「…今日は厄日。絶対そうです」

キョン「突っ立ってないで、座ったらどうだ?」

橘「遠慮します!他にやりたいゲームがありますから!」

キョン「そうかい。じゃ、またな」

橘「またなんてありません!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:16:33.40 ID:zcxvf/egO

橘(死ね、死ね!皆死んじゃえ!)

キョン「おいおい、撃ちすぎじゃないか?そいつ、もう死んでるだろ」

橘「いいんです!私の勝手……って、何でいるの!?」

キョン「いいのか?よそ見してると…」

橘「あ!あーっ!」

キョン「ゲームオーバー、だな」

橘「……うぐぅ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:22:30.69 ID:zcxvf/egO

キョン「機嫌直せって。ジュース奢ってやるから」

橘「そんな施し、いりません!」

キョン「施しって…、別に単なる贖罪の積もりなんだがなぁ」

橘「だったら、一生罪の意識を感じててください!」

キョン「いや、それはごめん被る。……仕方ないな、ちょっと着いてこい」

橘「や!ちょっと!放してください!警察呼びますよ!?」

キョン「呼べるのか?」

橘「あたりま……、くぅぅ……!」

キョン「一応重要人物らしいからな、俺は。ま、悪いようにはならんから、ちょっと付き合えよ」

橘(いつか痛い目見せてやるぅ……!)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:27:20.90 ID:zcxvf/egO

キョン「おまえ、学生証とか持ってるか?」

橘「……持ってたら何なんですか?」

キョン「たいしたことじゃないが、すぐ出せるようにしとけ」

―――――――

橘(映画館…)

キョン「高校生二枚」

「学生証はお持ちですか?」

キョン「はい。……ほら、お前も出せって」

橘「……どうぞ」

「確認致しました。御席の方は…」

橘(何見るんだろ…?)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:33:13.77 ID:zcxvf/egO

橘「意外と幼稚な物を見るんですね、仮面ライダーだなんて」

キョン「奢りなんだから文句言うな。それに、男ってのは、いくつになってもこういうのが好きなんだぞ?」

橘「貴方だけでしょう?世の男性方はもっと高尚な物を見るはずです」

キョン「そうか?あっちの席の人なんて、明らかに俺より年上に見えるが…」

橘「子連れかなんかじゃないですか?」

キョン「ま、そうかもな」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:39:02.66 ID:zcxvf/egO

キョン「ほぅ。なかなか愉快だったな?」

橘「…知りません」

キョン「そうかい。俺には、割と熱心に見てるような気がしたんだが」

橘「他に見る物がなかっただけです」

キョン「それでもいいさ。さて、いい具合に時間も経ったし、どこかで夕飯でもどうだ?」

橘「奢りですか?」

キョン「残念。奢りは映画だけだ」

橘「……そこの吉牛でいいです」

キョン「あいよ。今日は特盛でも食うかな」

橘「……ハァ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:48:37.13 ID:zcxvf/egO

キョン「豚丼はいいよなぁ。肉がどれも柔らかくて」

橘「吉牛で豚丼なんて邪道です。それに、牛だろうが豚だろうが、たいてい柔らかいでしょうに…」

キョン「いや、牛はちょっとだけ固いな」

橘「…ああ、そうですか」

キョン「ちょうどいい。俺のを少しやるから、食べ比べてみろよ」

橘「いいですよ、別に」

キョン「遠慮するなって。ほら、アーンてしてみ」

橘「……あ、あーん…」

キョン「どうだ?」

橘「わ、悪くはないんじゃないですか?」

キョン「柔らかさを聞いたんだが…、美味しかったならいいか」

橘「………ふぅ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:56:02.70 ID:zcxvf/egO

キョン「さて、飯も食ったし、今日の所は帰るか?」

橘「あ、じゃあ、私はこれで…」

キョン「なんだ、送ってってやるよ。夜道は危ないって言うからな」

橘「いいです。一人で帰れますから」

キョン「それで何かあったら後味が悪いだろ?送るのは、俺の精神衛生の為でもある」

橘「…ハァ。……わかりました、こっちです」

キョン「よーし、いざ鎌倉!」

橘「…ご恩なんてあげませんからね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:04:57.77 ID:zcxvf/egO

キョン「……なあ、学校はどうだ?」

橘「貴方は私のお父さんですか?」

キョン「何もお前だけとは限らんさ。佐々木達の様子とか、お前があいつと上手くやれてるか、とか」

橘(……1番気になるのは佐々木さんですか)

キョン「もちろん、お前の身の回りにも興味はあるがな」

橘「…なんだか変態臭いです」

キョン「そうか?上手い言い回しが見つからなくてな」

橘「……別に、普通ですよ。佐々木さんが力を行使するでもなく、平和なもんです」

キョン「それはいい。誰かさんに振り回されるより、よっぽど健全な学生生活だ」

橘「そうですかね…。私は…」

キョン「うん?」

橘「私は、ちょっと普通じゃないくらいの方が、羨ましいです」

キョン「普通じゃない、ねぇ…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:06:32.53 ID:zcxvf/egO

もう「キョン」じゃなくて「俺」でいいんじゃないだろうか?

早めに終わらせます

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:13:30.61 ID:zcxvf/egO

キョン「どれ、手でも組んでみるか?」

橘「………は?」

キョン「手だよ、手。こう、指と指を絡ませるようにだな…」

橘「な、な、な!何を言うんですか!?薮から棒に!」

キョン「いや、だって。普通はしないだろ?」

橘「当たり前じゃないですか!恋人って訳でもないのに!」

キョン「そうだが、だからこそ普通じゃないって事じゃないのか?」

橘「わ、私が求めてるのは、こういうのじゃ……」

キョン「…そっか。残念だな」

橘「……からかわないでください」

キョン「悪かったよ。もうしないさ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:20:36.50 ID:zcxvf/egO

橘「後100メートルくらいです、うち」

キョン「へぇ。思ったよりも近かったな」

橘「…ちょっとだけ、してみます?」

キョン「何をだ?」

橘「指、絡ませて……その…」

キョン「ほれ」

―――ギュッ……!

橘「あ………」

キョン「……」

橘「……意外と、普通ですね」

キョン「ダメか?」

橘「いえ、これはこれで…」

キョン「普通にいいだろ。普通に」

橘「まぁ、ちょっとは…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:29:04.56 ID:zcxvf/egO

橘「ここ、私の家です」

キョン「普通のいい家だな」

橘「はい。普通ですから」

キョン「嫌なんだろ?普通は」

橘「そうなんですが…、やっぱり、時と場合によりけりです」

キョン「そうかい。……んじゃ、俺も帰るよ」

橘「あ、あの…」

キョン「ん?なんだ?」

橘「明日もその、バイトがあって…」

キョン「6時半ぐらいか?終わるのは」

橘「え?…あ、はい」

キョン「そうか。そんじゃあまぁ、また明日な」

橘「は、はい!また、明日…!」

橘フラグが発生しました。
本日の行動を終了します。
おやすみなさい。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 09:05:45.14 ID:zcxvf/egO

保守と暇つぶしを兼ねて落書き

橘「いらっしゃ……あ」

キョン「よう。元気か?」

橘「はあ、それなりに」

キョン「そいつはよかった。とりあえず、弁当と飲み物一つ」

橘「温めますか?」

キョン「あぁ、頼むよ」

橘「はい。先にお会計、610円になります」

キョン「お、今日はちょうどあるな。レシートはいらないぞ」

橘「610円ちょうどお預かり致します。少々おまちください」

キョン「おう」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 09:14:19.77 ID:zcxvf/egO

橘「あの…」

キョン「ん?」

橘「私、まだ当分バイトなんですけど…」

キョン「ああ、知ってる」

橘「………そうですか」

キョン「弁当を家に置いて来たら、また来る」

橘「そ、そうですか。その、待ってますから…」

キョン「おう」

―――チン!

橘「あ……。お待たせしました」

キョン「サンキュー。じゃ、また後でな」

橘「……はい」


落書き終了

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:44:11.24 ID:zcxvf/egO

橘「お待たせしました…」

キョン「よし。じゃあどこか行くか」

橘「あ、はい。…それで、あの、私行きたい所があるんです」

キョン「いいぞ、お供しよう」

橘「……ど、どうも」

――――――

キョン「ケーキバイキングか。この街にもあったんだな、こういうの」

橘「先週開店したばかりなんです。ずっと行きたかったんですが、一人ではなかなか…」

キョン「佐々木達とは行かないのか?」

橘「ええ。佐々木さんは予備校通ったりでなかなか時間が取れなくて」

キョン「あの宇宙人は言わずもがな、か。未来人はどうなんだ?」

橘「男の人と行くなんて、恥ずかしいじゃないですか!」

キョン(俺も一応男なんだがなぁ…)

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:54:12.83 ID:zcxvf/egO

橘「……んぐ、んむ」

キョン「………」

橘「……あれ、食べないんですか?ここは割り勘でしょう?」

キョン「うん、まぁ、なんだ。何も食べるだけが楽しみじゃないだろ、こういう所は」

橘「はぁ、何だかわかりませんが、貴方がそれでいいなら、私はもう何も言いませんよ。……はむ、んぐ」

キョン「………ふむ、小動物的な可愛さがあるな」

橘「え、何ですって?」

キョン「いいや、何でもない」

橘「そうですか。……んくっ。んー、美味しいです…!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:11:26.89 ID:zcxvf/egO

キョン「さて、と。次に行きたい所はあるか?」

橘「いいえ、特には」

キョン「となると俺が行きたい所か。はてさて、カラオケへ行くには時間が半端だな。夕飯を食べるにしても、今しがたケーキをたらふく食べたばかりだし…」

橘「へ?夕飯、まだ食べてなかったのですか?」

キョン「ああ、まだだ」

橘「じゃあ、さっきコンビニで買っていたお弁当は…?」

キョン「あれは妹のだ。最近両親共に帰りが遅くてな。俺はたいした物も作れないんで、コンビニで買った物で適当に賄っている」

橘「それって栄養的にダメじゃないんですか?何なら、私が行って何か作っても…」

キョン「いいのか?」

橘「えっ?あ、はい。それくらいなら別に」

キョン「よぉし、次の行き先はスーパーだな。正直冷蔵庫の中なんてすっからかんなんだ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:28:35.76 ID:zcxvf/egO

橘(若い男女がスーパーへ…。奇妙な構図ですね)

キョン「なぁ橘。カレー粉はどれがいいんだ?」

橘「ジャワとバーモントでいいんじゃないですか?うちはいつも違う会社のカレー粉を混ぜて使ってます」

キョン「へぇ、そういうもんなのか」

橘「野菜もないんですか?」

キョン「えぇと、確か人参とじゃがいもはあったかな」

橘「じゃあ玉葱だけ買いましょう。肉は…」

キョン「鶏挽き肉だ。これだけは譲れん」

橘「はいはい、じゃあもうレジに行きますよ」

キョン「イエスサー、マム」

橘「………ばーか」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:29:17.03 ID:zcxvf/egO

飯食ってくる
落とすなり乗っ取るなり好きにしてくんなまし

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:33:51.12 ID:zcxvf/egO

ライダーの橘は知ってるけど、パワプロ君にもいるのか

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 13:00:15.59 ID:zcxvf/egO

妹「キョン君おかえりー」

キョン「おう、ただいま」

妹「あれ?そっちの人は誰ー?」

キョン「橘京子、俺の友人だ」

橘(友人…。まぁ、その通りかな)

橘「橘京子です。よろしくお願いしますね」

妹「うん!よろしくね、きょこたん!」

橘「きょ、きょこたん?」

キョン「あー、妹の悪い癖でな。人の名前を少し変な風に呼ぶんだ」

橘「さいですか…。あ、お邪魔しまーす」

キョン「おう、遠慮しないであがってくれ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 13:10:33.76 ID:zcxvf/egO

橘「すぐ出来る普通のカレーと、時間のかかる美味しいカレー、どっちがいいですか?」

キョン「そうだな…、俺としては美味しいカレーを是非とも食したい所なんだが、いいか?」

橘「自分から言った事ですから、いいも悪いもないのです」

キョン「スマンな。何か手伝う事はないか?」

橘「………いえ、いいです。テレビでも見て待っててください」

キョン「了解」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 13:26:17.03 ID:zcxvf/egO

玉葱は細かく刻む。

橘「染みるのです…」

人参は玉葱よりやや大きめに。
じゃがいもは一口大。

妹「ねぇねぇ、きょこたん」

橘「う…、な、なんですか?」

妹「きょこたんはキョン君ともうデートしたの?」

橘「してませんよ。そもそも、付き合ってる訳じゃないので」

妹「ふぅん」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 13:32:32.30 ID:zcxvf/egO

玉葱を飴色になるまで炒める。
挽き肉にも火を通しておく。

妹「じゃあ、付き合ってもないのにご飯を作ってあげてるんだ」

橘「それは、あの人には普段お世話に……、なってないけど…」

妹「世話にもなってないのにを作ってあげるの?」

橘「うう……」

鍋に水を入れ、野菜を投入。
煮込みながらアクを取る。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 13:39:31.22 ID:zcxvf/egO

野菜に火が通ったら、二種類のカレー粉を半々に入れ、玉葱と挽き肉も入れてゆっくり掻き混ぜる。

妹「キョン君の事、好き?」

橘「……知りません」

妹「嫌いなんだ」

橘「………」

カレー粉が完全に溶けたら完全です。
ご飯にかけて召し上がり。

キョン「なんだかいい匂いがしてきたな…」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 16:22:56.63 ID:zcxvf/egO

妹「きょこたんにコレあげる」

橘「何ですか?……遊園地のチケット?」

妹「優待券って奴だよ。上手く使ってね?」

橘「え、あ、こんなもの、渡されても…」

キョン「おーい、飯はできたのか?」

橘「!」

妹「出来てるよー!自分で取りに来てね、キョン君!」

キョン「あいよ、今行く」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 16:45:16.90 ID:zcxvf/egO

キョン「な、なんだこのカレーは…」

橘「ま、まずかったですか?」

キョン「いや、美味い!こんなに美味いカレーは初めてだ!」

妹「本当だぁ!きょこたん、キョン君のお嫁さんになってよ〜」

橘「お嫁さんですか……、アハハ…」

キョン「まぁ待て、妹よ。橘にも選択の自由はあるだろう。何しろ才色兼備を絵に描いたような奴なんだ、引く手は数多にあるはずだ。そうだろ?橘」

橘「はぁ…。そんなものですかね…」

キョン「ま、その手の中には俺のもあるだろうがな」

橘「え……?」

妹「もう、キョン君てば調子がいいんだから!」

キョン「なに、飯が美味い時は人間そんなものだ。よし、おかわり!」

妹「ずるーい!私もおかわり〜」

橘「………」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 16:56:23.90 ID:zcxvf/egO

橘「いいんですか?今日も送ってもらって」

キョン「なに、美味いカレーの例だ。このくらいはさせてくれ」

橘「そうですか。では、お言葉に甘えさせてもらいます」

キョン「そうしておけ。それなら、俺もおまえも安心だ」

橘(遊園地のペア優待券…)

橘「あ、あの…」

キョン「なんだ?」

橘「あの…、明日は祝日出すよね?」

キョン「そうだな、俺は予定もないし、明日は一日中暇だな」

橘「よかったら、私と遊園地、行きませんか!?」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 17:23:33.21 ID:zcxvf/egO

キョン「遊園地?」

橘「よかったら、ですけど…」

キョン「二人でか?」

橘「嫌ですか……?」

キョン「ふむ………」

橘「うう………」

キョン「…いいな。行くか、京子」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 17:24:20.19 ID:zcxvf/egO

橘「ふぇ?」

キョン「いや、その…わざとらしかったか……」

橘「へ?………あ。え?」

キョン「と、とにかく明日は朝から迎えに行くから。……ちゃんと支度しとけよ」

橘「は、はい!完璧に正装していきます!!」

キョン「よし。それじゃあ、また明日な!」

―――――――

橘「きょ、京子って呼ばれた……」

デートイベントが発生しました。
二日目の行動を終了します。
おやすみなさい。

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 17:30:42.65 ID:zcxvf/egO

代替機は凄く書きにくい…

てな所で、予定していた分は終了です。
糞スレ以下の落書きに最後までお付き合いいただき、感無量の思いです。
本当にありがとうございました。

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 21:18:23.39 ID:zcxvf/egO

この後は思いついてないので、>>1はもう書けません
落とすなり乗っ取るなり好きにしてくんなまし



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「光彦くん?」