古泉「やってらんねーわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】駆逐イ級とバイト艦の話

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:33:33.42 ID:BiHqdKtV0

古泉「ふう、学校をサボって飲むビールは最高です」

古泉「機関にも涼宮さんにも連絡をせずに学校を休む」

古泉「僕のささやかな夢が一つ叶いました」

古泉「そもそも、携帯がないので連絡は取れないんですけどね」

古泉「歩道橋からブン投げてぶっ壊しました。昨日」

古泉「ふふふ」

古泉「疲れましたよ、僕は」

古泉「いや……マジでやってらんねーわ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:34:45.98 ID:BiHqdKtV0

古泉「クラスの出し物が演劇とか……今時ないでしょ」

古泉「百歩譲って良しとします。でもな、僕は裏方が良かったんだ」

古泉「あの糞ビッチが『古泉くんに出てほしいでーす』とかぬかしやがるからこんな事に」

古泉「断ったら周りのビッチ共もギャーギャー喚きだすし……」

古泉「ニコニコ接してやったら調子に乗りやがって。さすがビッチだわ」

古泉「お前らに好意を持つなんてこと生まれ変わってもありえねーんだよブス」

古泉「しかも途中でストッパード版に変えやがるし。出番増やすんじゃねえよ!」

古泉「はあ……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:35:43.21 ID:BiHqdKtV0

古泉「というかSOS団の映画、何ですかあれ」

古泉「糞映画にも程があるだろ。金積まれても見ないレベル」

古泉「配役もな……あの口だけ上から野郎のせいで……」

古泉「役に立たないくせに口だけは一人前ですよね、あの人って」

古泉「死ねクソ」

古泉「昨日も疲れて寝てたのに機関の奴らに叩き起こされて」

古泉「わざわざ彼の家に言って意味不明な話して」

古泉「ぷっ、くく……あのときの彼の顔……」

古泉「全部僕の妄想の話なのに……若干信じちゃってましたね」

古泉「ふ、ふふ……あーっはっはっはっはっ!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:36:51.94 ID:BiHqdKtV0

ドンッ!

「うるせーぞ!」

古泉「んだとコラ! こんな時間に家に居るテメーが悪いんだろうが!」

ガンッ!

「うるせーってんだよ!」

古泉「どうせニートだろ! 出て来い、ボッコしてやんよ!」

「なんだとぉ?」

古泉「ふっ、僕を甘くみるな……」

ガチャガチャ

古泉「あれ……ドアが開かない」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:39:05.04 ID:BiHqdKtV0

古泉「あ、そうだ。森さん達が入ってこれないように固定したんでした」

古泉「おいニート野郎、窓から出やがれ」

「ちっ、しょうがねえな」

古泉「おらおら、ビビってんじゃねーですよ!」

5分後

「すみませんでした……」

古泉「分かればいいんです。こちらもうるさくしてしまって申し訳ありませんでした」

「いえ、そんな……それでは失礼します」

古泉「ふっ、弱すぎますね。僕はこの世で最強の人間だ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:41:37.86 ID:BiHqdKtV0

古泉「彼の家に行かなくてはならなくなった原因は朝比奈さんです」

古泉「デカ乳女が……いつか犯す」

古泉「そういえば、映画撮影中、もう少しで朝比奈さんとキス出来そうでした」

古泉「口だけ上から野郎が止めなければキス出来たのに」

古泉「くそっ」 ドンッ!

「ひっ」

古泉「壁殴っちまった……イライラするな……どいつもこいつも」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:44:45.87 ID:BiHqdKtV0

古泉「男の嫉妬ほど見苦しいものはありませんね」

古泉「長門さんは……無視されるだけなのでどうでもいいです」

古泉「喋ったところで何言ってるか分からないし」

古泉「機関の奴らが訳してくれなきゃ理解不能ですよ、あんなもん」

古泉「は〜あ、疲れた」

古泉「寝よ」

ピンポンポンポンピンピンポン

古泉「なんだ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:48:36.64 ID:BiHqdKtV0

森「古泉!!」

古泉「うわっ!!」

森「学校へ行かず何をしているの!」

古泉「ちっ、なんでバレたんだ」

森「開けなさい!」

古泉「うるせえ! 帰れクソババア!」

森「……」

古泉「年齢不詳とか言ってんじゃねーぞ!!」

バキバキバキ

古泉「あっ……家のドアが」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:50:48.46 ID:BiHqdKtV0

森「ちょ……古泉、どうして裸なの」

古泉「寝ようと思っていたからですよ。寝るときは全裸でしょう普通」

森「……とりあえず、今はそのことは置いておく」

森「なぜ連絡もなしに学校を休んだ」

古泉「全てにおいて疲れたからです」

古泉「連絡はできませんでした。携帯がないからです」

森「道理でGPSが反応しないわけだ……」

森「どうして携帯がない?」

古泉「落としました。昨日、彼と話した歩道橋で」

森「そういうことはすぐに言いなさい」

古泉「嫌ですよ。わざと落としたのに」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:54:29.79 ID:BiHqdKtV0

森「は?」

古泉「わざと落としたんです。落としたというかブン投げました!」

森「なんてことを!」

古泉「もういいだろ! こっちは疲れてんだよ! 出てけよババア!!」

森「こっちだって疲れてんのよ!」

古泉「すみませんでした」

森「まぁいい。それより、いつの間にこんな部屋を借りたんだ」

古泉「この前ですよ」

森「お前を監視している人間はなぜ気付かなかった?」

古泉「監視している奴らの秘密を僕が握っているからですよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:56:37.61 ID:BiHqdKtV0

森「秘密? どういうことだ」

古泉「秘密なんで言えませんよ」

森「言いなさい。命令です」

古泉「お断りします」

森「ちっ!」

古泉「寝かせてください」

森「今から学校に行きなさい」

古泉「あ? ふざけんなよコラ」

森「上司にそんな口の聞き方をしていいと思っているの?」

古泉「思ってませんけど、自然と出てしまうんです」

森「これだからゆとりは困る……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:00:49.21 ID:BiHqdKtV0

古泉「出ーてーけーよー!」

森「押さないの!」

古泉「もう嫌なんですよ。疲れたんです。しんどいです」

森「みんなも同じ気持ちなの」

古泉「嘘だっ!!」

森「うるさい! 静かにしろ!」

古泉「やだよー行きたくないーお腹痛いですー」

森「……」 イライラ

古泉「僕を転校させて、別の転校生を入れてはいかがでしょう?」

森「超能力者で涼宮ハルヒと年齢が同じ、もしくは近い人物はお前しかいない」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:04:23.88 ID:BiHqdKtV0

古泉「森さんでいいじゃないですか。若作り得意でしょ」

森「てめえ!」 ドゴッ

古泉「う……うぅ……」

森「ご、ごめんなさい古泉。大丈夫?」

古泉「怪我を負いました。しばらく学校には行けそうもありません」

森「大丈夫そうね。ほら、行くわよ」

古泉「裸のまま外へ出す気ですか? 捕まりますよ、僕」

森「服を着ろ!」

古泉「……分かりましたよ、学校へ行きます」

森「はあ、ようやくか」

古泉「行きますので、森さんは帰ってください」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:06:24.10 ID:BiHqdKtV0

森「そうはいかない。どうせわたしが帰ったらゴロゴロする気でしょう」

古泉「ちゃんと行くって言ってんだろババア! 飯そこに置いてどっか行け!」

森「あんまり調子にのると、この世から消しますよ?」

古泉「すみませんでした」

森「土下座はいい。ちゃんと学校へ行くんだな?」

古泉「行きます。約束します」

森「……」

古泉「……」 にぱー

森「分かった。信用する」

古泉「どうも」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:13:36.43 ID:BiHqdKtV0

古泉「……」

古泉「さて、寝ましょうか」

古泉「彼が涼宮さんを殴りそうになって、僕はそれをわざわざ止めたのに」

古泉「始末書を書かせるような奴の言うことなんか聞きません」

古泉「ばーかばーか」

古泉「全裸で布団に入るとヒヤッとして気持ちがいいです」

古泉「ふうー……」

古泉「zzZ」

森「古泉っ!!!」 ドガン

古泉「ぐあっ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:16:14.58 ID:BiHqdKtV0

古泉「あばら折れた」

森「学校へ行けと言っているでしょう!」

古泉「別のところへ逝ってしまいそうです」

森「制服!」

古泉「お」

森「鞄!」

古泉「おお」

森「靴!」

古泉「おおお」

森「はあ、はあ」

古泉「着せてくれるなんてありがたいですね。手間が省けました」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:18:20.28 ID:BiHqdKtV0

古泉「しょうがない、行きますか……」

森「古泉、髪」

古泉「めんどくさいです。いいでしょこのままで」

森「ダメに決まっている」

古泉「逃げるが勝ち!」 ダッ

森「古泉、待ちなさい!」

森「くそ、新川っ!」

新川「はっ」

森「死なない程度に」

新川「了解致しました」

キキー

ドンッ!

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:22:52.71 ID:BiHqdKtV0

古泉「……」 ぴくぴく

森「しっかり。生きていますか?」

古泉「うう……ひどいです」

森「あなたが言う事を聞かないからです」

古泉「痛いよーこんなんじゃ学校行けませんよー」

森「男のくせに泣くんじゃないっ!」 ゴスッ

古泉「ぐっ……」

森「まったく。ん? 古泉?」

新川「気絶しておりますな」

森「今のうちに学校へ運びましょう」

新川「承知」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:25:06.08 ID:BiHqdKtV0

古泉は死んだ





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ドラえもん「のび太君!GANTZって知ってるかい?」