ハルヒ「キョン、あんた明日からこなくていいから」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ジバニャン散歩に行くぞ」ジバニャン「い、いきなりどうしたニャン?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:08:12.01 ID:Mra1c9R20

キョン「それはどういう意味だ?」

ハルヒ「あんたはこのSOS団にはもう不要ってこと。解雇よ解雇」

キョン「そうかい。・・・・・一応聞いとく。理由は?」

ハルヒ「だってあんたいつも私の言うことにいちいち口出ししてくるんだもん。
やりづらいったらないわ。・・・・まぁ、それに」

キョン「・・・・なんだよ」

ハルヒ「なんか、飽きちゃったのよ。あんたに」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:16:01.61 ID:Mra1c9R20

谷口「あれ?お前今日あの部室いかねえの?」

キョン「もう行く必要はないさ。なんか知らんがクビだってよ」

谷口「クビぃ?!なんで?」

キョン「飽きたんだってさ。俺に。まったく、そっちから無理やり連れてきといて
勝手な話だ」

国木田「でも、何かちゃんとした理由はありそうだよね。今まであんなに一緒だったのに」

キョン「・・・・・」

谷口「まあ、いいじゃねえか!ならこれからは俺達と遊ぼうぜ!
そっちの方が絶対楽しいって!」

キョン「・・・・ああ、そうだな」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:23:07.78 ID:Mra1c9R20

キョン妹「キョンくんおかえり〜」

キョン「・・・・ああ」

妹「キョンくん元気な〜い」

キョン「気のせいだ。」

バタン

キョン「・・・・くそっ!・・・なんなんだ、突然・・」

キョン「・・・ん?ちょっと待てよ・・なんで悔しいんだ?おいおい、あんな理不尽な奴から
解放されたんだ。喜ぶべきだろ。ああ、そうだ!これは喜ぶべきなんだ!」

キョン「ははっ・・・・・・なんなんだよ。俺が何をしたってんだ・・・
飽きたって・・・・あいつは俺のことをおもちゃ扱いしてただけだったのかよ・・・
・・・・・ちくしょう・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:27:06.96 ID:Mra1c9R20

プルルルル

キョン「電話・・・?古泉からだ」ピッ

古泉「こんばんわ。今、お時間の方は大丈夫ですか?少し出てきて頂きたいのですが」

キョン「ああ、誰かさんのおかげで時間がすっぽりと空いたからな。
どこだ?」

古泉「学校の近くの公園でどうでしょう?」

キョン「ああ、わかった。すぐいく」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:43:41.44 ID:Mra1c9R20

古泉「こんばんは。すいません、こんなところに呼び出してしまって」

キョン「挨拶はいい。これは一体どういうことなんだ?教えろ!」

古泉「・・・単刀直入に言いましょう。彼女があなたのことを飽きた、といった発言。
あれは事実です」

キョン「・・・なぜだ」

古泉「もし彼女が望みもせずにあなたを飽きた、と追い出したりしたとしたら、
まず僕は閉鎖空間の発生を止めるためにここにいることはできないでしょう。
しかし閉鎖空間は現在発生していません。
今日、あなた抜きで活動しましたが、彼女は何一つ気にしている表情は見せていませんでした。
つまりあなたの解雇は彼女にとって何の不満もない、ということになるのではないでしょうか」

キョン「そうか。・・・なんか腹が立つな」

古泉「しかし、この事態は僕はもちろん、朝比奈さん、それに長門さんも予測していない事態でした。
なにせ今まであれほどあなたを気にしていた彼女が急に態度を変えたのですから」

キョン「そこまで俺のことを気にしてなかっただけだろ。所詮俺もあいつの使い捨てのコマみたいな
ものだったんだよ」

古泉「そんな人物を我々が「鍵」と称する訳がありません。
これはなにか事情があるはずです。とりあえずこれから、あなたはなるべく彼女を傷つけないように生活をしてください」

キョン「・・・・・ああ、わかった」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:56:35.12 ID:Mra1c9R20

次の日の教室

キョン「・・・・よう」

ハルヒ「・・・・・・なに?」

キョン「(ほう、どうやら返事は返してくるみたいだ)
どうだ?俺のいないSOS団は?邪魔ものがいなくなってせいせいしてるか?」

ハルヒ「ええ。おかげでスムーズに活動できてるわ。
やっぱりあんたをクビにして正解だったみたいね」

キョン「ああ、そうかい。(・・・・ちっ。なんだ、この腹立たしい気持ちは。
邪魔なら始めから巻き込むんじゃねえよ)」

谷口「おーい、キョン。飯食おうぜ!」

キョン「ああ」

ハルヒ「・・・・・(なによ、ちょっとは戻りたいような素振りをしたらどうなのよ)」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:08:05.42 ID:Mra1c9R20

キョン「(部活をしないだけでこんなに暇ができるとはな。余程、あのSOS団は
過密スケジュールだったというわけか)」

谷口「いや〜しかし俺は嬉しいぜ!キョン!」

キョン「なにがだ」

谷口「なにがって、高校に入学してからお前とこんなに遊べることなんてなかったからな!
ようやくお前もあの変人集団から脱出して普通の高校生になれたってことだ!」

キョン「確かにあいつらは変人だが、お前もたいして差があるとは思えんがな」

国木田「でも、結局涼宮さんがキョンをクビにした理由はなんだったんだろうね」

谷口「もうそのことはいいじゃねえか!キョンは自由になれた!そして俺達と遊んでる!
それでいいじゃねえか!」

キョン「・・・・そうだな。谷口、初めてお前の意見に同意ができた」

谷口「初めてってなぁ・・・。まぁいい、よし!ナンパいくぜ!ナンパ!」

キョン「(こういう生活も悪くないかもな)」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:15:41.36 ID:Mra1c9R20

SOS団部室

ハルヒ「・・・・・・はぁ」

みくる「(元気ないですね、涼宮さん)」ボソッ

古泉「(やはり、彼の存在は必要、ということでしょうか)」ボソッ

ハルヒ「・・・・帰るわ。最後の人は戸じまりと鍵よろしくね」バタン

古泉「さて、朝比奈さん。あなたから彼に戻ってくるように伝えておいてくれますか」

みくる「わかりましたぁ。古泉くんはどうするんですかぁ?」

古泉「おそらく、アルバイトの可能性が高いので、準備してきます」

みくる「なんか嬉しそうですね」

古泉「そうですか?おそらく、抱えていた疑問が解決したからでしょう。
では、行ってきます」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:26:15.15 ID:Mra1c9R20

谷口「ははっ!今日は楽しかったな!」

国木田「結局ナンパは0勝12敗だったけどね」

谷口「るせえ!今日はたまたま調子が悪かったんだよ!それじゃ、キョン!
明日は学校帰りカラオケ行こうぜ!」

キョン「ああ、またな」

キョン「(これが普通の生活ってやつか。なんだよ、全然楽しいじゃないか)」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:27:05.99 ID:Mra1c9R20

妹「キョンくんおかえりー」

キョン「ああ、ただいま」

妹「なんか嬉しそうー」

キョン「ああ、今日は久々に落ち着いて楽しめたからな」

妹「いいなー!あたしも連れてってー!」

キョン「また今度な」

妹「絶対ねー!あ、そうそうキョンくんお客さんきてるよー」

キョン「ん?誰だ?」

妹「みくるちゃん〜」

キョン「朝比奈さんが?」

妹「うん。キョンくんの部屋で待ってるよ〜」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:34:21.51 ID:Mra1c9R20

みくる「あ、キョンくん。おじゃましてます」

キョン「いえ、どうしたんですか。こんな時間に?」

みくる「はい。キョンくんに言っておかなければならないことがあるんですぅ」

キョン「なんですか?」

みくる「あの、キョンくんに、SOS団に戻ってきてもらいたいんですう」

キョン「あそこに?朝比奈さんが戻ってきて欲しいと言ってくれるのは嬉しいですが、
あいつが俺をクビにした以上、戻るわけにもいかないでしょう」

みくる「その涼宮さんが、今日キョンくんがいないから元気がなかったんですぅ。
戻ってきてくれませんかぁ?」

キョン「あいつが・・・・・?」

みくる「はい」

キョン「・・・・・・・・朝比奈さん」

みくる「なんですかあ?」

キョン「・・・・・・すいません。お断りします」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:45:12.25 ID:Mra1c9R20

みくる「な、なんでですか?」

キョン「俺、今日谷口達と遊んでたんですよ。・・・・すごく楽しかった。
なんか、普通の高校生だなって実感することができたんです。
俺は、やっぱり普通の高校生活を望んでたんだなって。だから・・・すいません」

みくる「だ、ダメです!キョンくんが戻ってきてくれないと・・・私・・私・・・
困ります・・・」

キョン「・・・・朝比奈さんはやっぱりかわいいですね」

みくる「え、あ、あの」

キョン「俺、本当は朝比奈さんのこと好きだったんですよ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 01:56:34.12 ID:Mra1c9R20

みくる「え、え・・?えぇ・・!?」

キョン「驚いたでしょうけど、本当の話です。
ずっと付き合いたいなって思ってました。ハルヒがいくら自分勝手な行動をとっても、
あなたがいたから俺は今まで我慢してこれたんです」

みくる「え・・・で、でも」

キョン「そうですね。ハルヒがいるから無理でしょうね。
そういうのも含めて嫌だったんですよ。なんであいつの望みどおりに動かなくちゃいけないんだって。
もううんざりなんですよ。あいつのストーリーに乗っかっていくのはね。
俺だって人間なんです。そのくらいの権利はあったっていいでしょう」

みくる「で、でも、涼宮さんはあなたを選んだんです。その時点で、あなたは
普通の人とは違うんです」

キョン「あいつが勝手に決めただけでしょう。俺にだって選ぶ権利はある。
それにあいつは戻ってきて欲しいといっても一度は俺のことをクビにした。
その時点で俺とあいつの関係は切れたんですよ。戻ってこないのも俺の自由です」

みくる「キョンくん・・・・どうしても、もどってきてくれないんですか?」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:04:18.91 ID:Mra1c9R20

キョン「ええ。戻るつもりは一切ないです」

みくる「・・・・・・わかりました。それでは今日は失礼します。」

キョン「すいません」

バタン



みくる「ど、どうしよう・・・・と、とりあえず古泉くんに連絡を・・」プルルル

古泉「はい。古泉です。どうでしたか?」

みくる「すいません・・・失敗です」

古泉「そうですか。仕方ないですね。彼も納得はしづらいでしょうし。
明日また何か作戦を考えましょう」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:21:35.95 ID:Mra1c9R20

次の日の教室

キョン「よう、ハルヒ」

ハルヒ「・・・・なによ」

キョン「そう敵意を見せるなよ。俺はSOS団はクビになったが、お前と絶交したって
訳じゃないぞ」

ハルヒ「・・・・それもそうね。で、何か用?」

キョン「別に用はない。元気か?」

ハルヒ「元気に見えるの?」

キョン「いや、全然。暗黒オーラを身にまとっているように見えるな」

ハルヒ「じゃあ聞かないでよ。こっちはパシリをクビにしてからというもの
仕事が増えて大変なのよ。あんたみたいのでもいないと困るものね」

キョン「そうか、そりゃ大変だな。まあ、あれだ。新しいパシリを探すの頑張れよ」

ハルヒ「・・・・・・そうね。どっかにいないかしら。あんたみたいに使いやすい人材は」

キョン「そこら中にいるさ。世界は広いからな。・・・・お、よっ!谷口」

谷口「ようキョン!なんだあ、今日はやけに元気じゃねえか!」

ハルヒ「・・・・・・・・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:31:19.17 ID:Mra1c9R20

谷口「んじゃ!また放課後な!居残りくらって遅れんじゃねえぞ!」

キョン「そんなんしねえよ。お前じゃあるまいし」

ハルヒ「・・・・・・ねえ」

キョン「ん?どうした」

ハルヒ「やけに楽しそうじゃない」

キョン「まあ、楽しいからな」

ハルヒ「SOS団にいる時よりも?」

キョン「さあな。あれはあれで楽しかったぞ?俺は」

ハルヒ「本当?!な、なら・・」

国木田「キョン、ジュース買いに行こうよ」

キョン「ああ。悪いなハルヒ。行ってくる。あ、よかったらたまには俺もまた
遊びに誘ってくれ。部外者で、ってことになるけどな」

キョン「おい、ちょっと待てよ国木田」タッタッタ

ハルヒ「・・・・・・・・なによ、バカ」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:41:17.59 ID:Mra1c9R20

SOS団部室

ハルヒ「はぁ。今日はなんかやる気になんないわ。もう帰るわ。戸じまりよろしく」バタン

みくる「涼宮さん元気ないですね」

長門「彼がいないから」

古泉「ええ、そうでしょうね。昨日は閉鎖空間も発生しましたし、
彼女はやはり彼の復帰を待ち望んでいるのでしょう。
しかし、自分から解雇したので自分で戻るように説得するのは気が進まない、と
いったところでしょうか」

みくる「どうすればいいんでしょうか。キョンくんは戻る気配はないようですし」

古泉「朝比奈さんは、昨日彼からどのようなことを聞いたのですか?」

みくる「あ、え、えっと・・・・・好きって言われちゃいました・・」

古泉「好き?彼からですか?」

みくる「はい・・」

古泉「その話、詳しく聞かせてください」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:49:46.19 ID:Mra1c9R20

古泉「なるほど。つまり彼はあなたに好意を寄せていて、そのおかげで頑張れた
時もあった、ということですか」

みくる「はい・・・あ、あの、あまりそういうこと言わないで下さい・・・恥ずかしいです・・・」

長門「・・・」

古泉「・・・・ひとつ良いことを思いつきました。まあ、これは朝比奈さんの努力が
必要になるのですが」

みくる「な、なんですか?私にできることなら、なんでもやります!」

古泉「そうですか。それではまず・・・」

みくる「え、え?えぇ〜・・・・!?」

長門「大胆」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 02:57:13.06 ID:Mra1c9R20

谷口「キョン、お前って意外と歌うまいんだな!」

国木田「僕も初めて知ったよ」

キョン「そうだろ。なにせ幼い頃は歌手を目指して・・・」

谷口「たのか?」

キョン「3分ほどな」

谷口「なんだそりゃ!お、俺こっちだから!またな!」

国木田「僕もこっちだから。またね、キョン」

キョン「ああ、またな」



キョン「今日は疲れたな。ボフッ
しかし、なんていうか、毎日が楽しいな。俺が望んでやってることだからだろうな。」


ピンポーン

妹「キョンく〜ん!お客さ〜ん!」

キョン「今行く。ったく、誰だ。人が休んでるときに」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:03:22.73 ID:Mra1c9R20

キョン「朝比奈さん・・・」

みくる「こ、こんばんわ・・」

妹「あーみくるちゃんいらっしゃ〜い」

キョン「とにかく、あがって下さい」

みくる「は、はい、おじゃまします」



キョン「今日はどうしたんですか?昨日も言いましたけど、俺はあいつの所には」

みくる「ち、ちがいます!今日は、あの、そんなんじゃなくて、その、キョンくんに会いに・・・」

キョン「俺に?」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:11:26.38 ID:Mra1c9R20

みくる「はい、あ、だ、ダメですか・・・?」

キョン「いえ、そういうのなら大歓迎です。というか断る理由がないです。
あ、そういえば髪型・・・」

みくる「え、あ、はい。あの、キョンくんポニーテール好きって聞いたから・・・・
似合いませんか?」

キョン「いえ、まるで天使のようです」

みくる「そうですか?よかった・・・」

キョン「・・・・・(ん?待てよ。誰から聞いたんだ?」

みくる「・・・・・・・(えっと、次にやることは・・・・

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:23:48.90 ID:Mra1c9R20

みくる「ああああの、な、なんか、あつ、暑いですね。」

キョン「そうですか?ああ、朝比奈さんそんな冬物のコート着てるからですよ。
今冷房入れます」

みくる「あ、い、いえ、大丈夫です。こ、これ脱ぎますから!」ファサ

キョン「ああ、そうですか?・・・・・って朝比奈さん?!なんでコートの下バニースーツ
なんですか?!」

みくる「あああああの、あの、その、きょ、今日着る服全部洗濯しちゃってて、その、じゃなくて、
きょ、キョンくんだけに、こここの姿を見てほしかったんです!」

キョン「え?・・・・・は?(いや、ちょっと落ち着け俺。今朝比奈さんが目の前にいて、
コートを脱いだらバニー姿で、俺だけの為に着てきた、ってことか。え、意味がわからん!
意味はわからんが、とにかくうれしい!)」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:35:55.92 ID:Mra1c9R20

キョン「いや、朝比奈さん。すごく嬉しいです、嬉しいですが、何で俺に?」

みくる「ええええと、えっと、その、きょ、キョンくん!」ギュッ

キョン「え、ええ?!ちょっ!朝比奈さん!?(いきなり抱きついてきただと!あ、しかし朝比奈さんいい香りだ〜。
そして柔らかい。うんもう最高!パーフェクト!)」

みくる「あ、あのキョンくん・・・その、私も、キョンくんのこと、好きだったんです」

キョン「え?・・・・ほ、本当ですか?!」

みくる「は、はい。だから、その、毎日会えなくて、とても寂しかったんです」

キョン「朝比奈さん・・・・」

みくる「だから、その、SOS団に、戻ってきてくれませんか?
あの、涼宮さんに内緒で会っている事が知れられたら、た、大変な事ですから。
SOS団に戻ってくれたら、あの、毎日会えますし・・・」

キョン「・・・・・・・・」


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 03:45:18.08 ID:Mra1c9R20

キョン「SOS団・・・・か・・・」

みくる「はい・・・・キョンくんが・・・いないと、私・・・寂しくて・・・
その・・・・」

キョン「・・・・・(どうする?戻っちまうか・・?なんだかんだで、楽しいこともあったし、
なにより朝比奈さんの気持ちを無駄にするってのは・・・・いや、しかし・・

みくる「(え、えと、最後は、あ、そ、そう。耳元で・・・)
き、キョンくん・・・・・あ、あいらーびゅー」

キョン「?!・・・・・・そういうことでしたか。」ガバッ

みくる「きゃっ・・・きょ、キョンくん・・・?」

キョン「古泉に言われてやってたんでしょう。今の一言は奴しか思い浮かばない」

みくる「え・・そ、その、それは・・」

キョン「すいません朝比奈さん。今日は帰って下さい。
送っていきますから」

みくる「え・・・・キョン・・・くん・・」

キョン「・・・・・・朝比奈さん。俺の気持ちを持て遊んで、楽しかったですか?」

みくる「ち、!ちがいます!わたしそんな!」

キョン「もういいです。行きましょう。あと、俺絶対にSOS団には戻りませんから」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:00:56.00 ID:Mra1c9R20

古泉「もしもし、古泉です。どうでしたか?」

みくる「ごめんなさい・・・失敗しちゃいました・・・」

古泉「そうですか。我ながら完璧なシナリオだと思ったのですが。
特に最後の口説き台詞など」

みくる「すいません・・・私のせいで・・・」

古泉「いえ、あなたは悪くありませんよ。むしろ身体を張って頑張って頂き、
ありがとうございます。」

みくる「はい・・・・・でも、私・・・キョンくんに嫌われちゃいました・・・」

古泉「そうなんですか?・・・それは困りましたね。こちらも少々まずい展開なんですよ」

みくる「ど、どういうことですか・・・?」

古泉「日に日に涼宮さんの閉鎖空間が大きくなってきているのです。
というわけなので、僕は明日からしばらく学校へは行けそうにありません。
なんとか、彼を説得するようお願いします。それでは」ピッ

みくる「え・・・あの・・・・ど、どうしよう・・・・」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:12:07.63 ID:Mra1c9R20

次の日の教室

ハルヒ「ねえ、キョン」

キョン「・・・・なんだ」

ハルヒ「元気なさそうじゃない」

キョン「ああ、昨日いやなことがあったからな」

ハルヒ「わ、私でよければ相談に乗ってあげてもいいわよ」

キョン「お前が?どういう風の吹きまわしだ」

ハルヒ「う、うるさいわね!たまには私だってこういう時もあるわよ!
いいからさっさと話しなさいよ!」

キョン「そうか。なに、SOS団に戻れって古泉や朝比奈さんに強引に言われてな。
ちょっとイラっときたんだよ。お前にとっても迷惑な話だよな。クビにした奴を
勝手に引き戻そうとして」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:19:09.00 ID:Mra1c9R20

ハルヒ「え、そ、そうなの?それで?」

キョン「俺は絶対に戻る気はないって言ってやったさ。まあ、もし俺がOKって言っても
団長のお前が許さないだろうから、どっちみち結果は一緒だろうけどな」

ハルヒ「そ、そんなこと・・・・!・・ない・・・わよ・・」

キョン「ん?今なんて言った?」

ハルヒ「な、なんでもないわよ!
それに許さないのは当然よ!SOS団は出戻り禁止なんだから!」

キョン「ははっ、お前は相変わらず厳しいな。じゃあついでにあの二人にも
そう言っといてくれ」

谷口「おっす!キョン!今日は国木田ん家でゲーム大会するぜ!」

キョン「ちょうどいい。今日はムシャクシャしてたんだ。
もちろん格ゲーなんだろうな」

ハルヒ「・・・・・・・・・(なんでこうなるのよ・・・・)」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:28:20.52 ID:Mra1c9R20

SOS団部室

ハルヒ「あれ?一樹くんがいないじゃない」

みくる「あ、そ、その。古泉君は今日は学校お休みするって・・・」

ハルヒ「ふうん。そう。・・・・それはそうとみくるちゃん。
あんたキョンにここに戻るよう説得してたらしいじゃない」

みくる「ええええええ!なななななんで知ってるんですか?!」

ハルヒ「そ、それは別にどうでもいいのよ!で、どんな風に説得したわけ?」

みくる「そそ、そ、それは・・・・・・」

ハルヒ「いいから!はやく言いなさい!」

みくる「は、はいぃ・・・・」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:36:10.62 ID:Mra1c9R20

ハルヒ「ふうん。みくるちゃん、そんな大胆なことできるんだ。
じゃあこれからはもっと過激な衣装持ってくるわね」

みくる「なななななななんでそうなるんですかあ!?」

ハルヒ「決定。団長命令よ。それじゃ、私は衣装そろえるためにもう帰るわ」バタン




ハルヒ「キョン・・・・もう、戻ってきてくれないの?
私があんなこと言ったのが悪いの?ちょっとした冗談だったのに・・・・
キョンなら・・・すぐ、気付いて戻ってきてくれると思ったのに・・・」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:45:57.30 ID:Mra1c9R20

谷口「なんだよキョン!はりきってた割に弱えぇなあ!」

キョン「俺はしばらくゲームに触ってなかったんだ。ブランクだよ。」

国木田「SOS団って大変そうだったもんね」



キョン「よし、今日はこのくらいにして、帰るか」

谷口「おい、なんだよキョン!もう帰んのかよ!泊まってけよ!」

国木田「ここ僕の家だけどね。でも、僕も泊まっていってほしいな」

キョン「そうか?じゃあ親に連絡入れとく」

谷口「さっすが最近のキョンはノリがいいぜ!じゃあ今からアレの鑑賞会といくか」

キョン「アレ?」

谷口「おいおいキョン!男子高校生だけで鑑賞会って言ったらアレしかねえだろ!」

キョン「まさか、アレか?」

谷口「そ!アレだよ!ア・レ!

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 04:58:25.56 ID:Mra1c9R20

谷口「それじゃあ!この谷口様秘蔵の特選北高女子ムービー上映会の開催だ!」

国木田「わあー」パチパチ

キョン「おいちょっと待て。アレってこれのことか?」

谷口「そうだけど?」

キョン「帰る」

谷口「おぉ〜い!ちょっと待て!おまえが何を期待していたのかは非常にわかる!
だが、これもなかなか面白いんだぞ!なんせこの俺がAランクをつけた女子のみを写した超とっておきだからな!」

キョン「一言言っておく。盗撮すんな。じゃあな」

谷口「おお〜い!キョン!国木田!あのシーンにしろ!」

国木田「了解。」ピッ

「ふえぇええ。やめてくださいいい」
「あははははっ!みくるおっかしい!」

キョン「?!」

谷口「どうだ!あの朝比奈さんまで写ってるんだぞ!すごいだろ!?」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 05:17:09.67 ID:Mra1c9R20

キョン「おまえ、こんなものいつどこで・・・」

谷口「朝比奈さんのは今日撮ってきた新鮮度100%だぜ!それに、これは盗撮じゃなくて
インタビューだ!ほら、ちゃんと俺質問してんだろ?」

「朝比奈さんは今彼氏、または好きな人とかいるんですか?!」
「ふえええぇぇぇ。そ、そんなの答えられませええん」

キョン「はは、あの人らしいな。(いつもなら可愛くて仕方がないんだが、
今日はちょっとそんな気にはならないな。)」

谷口「まあ、見とけって。この後が面白いんだ」

「あはははは!困ってるみくるも面白い!あのね、谷口くん。みくるはキョン君が
好きなのさ!」
「え!?キョン!!?キョンってあのキョンですか?!」
「そう!あのキョン君!」
「やややや、やめてくださいいい!」
「・・・・・」




294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 05:17:52.24 ID:Mra1c9R20

谷口「どうだ!キョン!驚いたか?!あの朝比奈さんは何とお前が好きだったんだ!」

国木田「まあ、結構一緒にいたんだろうから不思議ではないけどね」

谷口「俺としては朝比奈さんが好きな人がいると言ったらそいつを殺してやろうと思ってたが、相手がお前となっちゃ話は別だ!
よかったなキョン!」

国木田「よかったね。おめでとうキョン」

キョン「・・・・なあ、これ本当に今日撮ったのか?」

谷口「ん?ああ、そうだぜ」

キョン「すまん。やっぱ帰る。あと、このビデオカメラ借りてくぞ」

谷口「え、あ、おい!キョン!どうしたんだよ!」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 05:30:36.58 ID:Mra1c9R20

キョン「はあ・・・はあ・・」キキィー

キョン「・・・・」ピッピッピ プルルルル

みくる「キョンくん・・・?どうしたんですか?」

キョン「すいません急用があるんで会ってもらえますか?
今あなたのマンションの下にいるんです」

みくる「え?あ、は、はい。ちょっと待っててください」


みくる「キョンくん?どうしたんですか?」

キョン「とりあえず、これを見てください」

みくる「え・・・・・こここ、これ今日の昼の・・・!」

キョン「やっぱ谷口の言っていたことは本当だったんですね。
それで、これ。いったいどういうつもりなんですか?」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 05:39:33.55 ID:Mra1c9R20

みくる「ど、どうって・・・なな、なにがですか?」

キョン「なんで鶴屋さんが朝比奈さんは俺が好きって言った時に否定しなかったんですか?
本当は俺のこと、なんとも思っていないんでしょう。」

みくる「ち、ちがいます!私、私、キョンくんのことなんともなんて・・・」

キョン「そうですね。正確には仕事のために仕方なく好きでいるフリをしているんですよね。」

みくる「ち、違います!」

キョン「もういいんですよ朝比奈さん。俺はもうSOS団には絶対に戻らない。
だから俺のこと好きなフリなんてしなくていいんです。
これ以上俺の気持ちを弄ぶのはやめてください」

みくる「ちがう・・・ちがうの・・・」

キョン「何が違うんですか。とにかく、もう俺に関わるのはやめてください。
俺はもうSOS団とは何の縁もないんですから。では」

みくる「きょ、キョンくん?!待って・・・!ちがうの・・・!私・・・
本当にキョンくんのこと・・・・・・
うっぅぅ・・・・ふぇぇ・・・・・」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 05:53:32.09 ID:Mra1c9R20

次の日。ハルヒは学校へ来ていなかった。
聞くところによれば、朝比奈さんと古泉も来ていないようだ。
でも、今の俺にはそんなことは関係ない。
俺には普通の生活、普通の友達である谷口や国木田と一緒にいる方が
大事だったから。俺はそれでも幸せだった。

だが3日たってもハルヒ達は学校へ来なかった。
そしてその3日後

岡部「今日はみんなに言っとくことがある。涼宮がどうやら鬱病にかかってしまったらしい。
鬱病ってのは厄介な病気だから、涼宮の友達は、むやみに連絡しないように。
まあ、会いに行くのは大丈夫だろうから、会って少しでも元気にさせてやってくれ。
ただし余計なことは言わないようにな」


キョン「(は?・・・おい、ちょっと待てよ。ハルヒが鬱病・・・?何言ってんだ。)」

キョン「・・・・・・・(会って確かめるべきだな)」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:03:03.06 ID:Mra1c9R20

ハルヒ宅

コンコン キョン「ハルヒ、入るぞ」 ガチャ

ハルヒ「・・・・・・・・キョ・・・ン・・?」

キョン「は、ハルヒ・・・・」

俺が目にしたハルヒは、あの頃のように目を輝かせていたハルヒではなく、
痩せ細って、目も暗く沈んでいるハルヒの姿だった。


ハルヒ「キョン・・・・ごめんね・・・」

キョン「謝ることなんてない・・・・(こんな、こんなことになるなんて・・・
なんでだよ。一体ハルヒは何にこんなに苦しめられてたっていうんだ・・)」

キョン「(今の俺にはハルヒをどうにかする方法なんてない。古泉にでも聞いてみるか)」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:13:45.63 ID:Mra1c9R20

学校近くの公園

キョン「・・・・」プルルルル (おかけになった電話は、現在電波の届かないところにいるか、電源が・・・)ピッ

キョン「出ないか・・・・もしかしたらハルヒがあんな状態になっているから閉鎖空間も異常が起きているのかも
しれないな」

キョン「朝比奈さんは・・・・・・ええい、この際手段を選んでる場合じゃない。」プルルルル

みくる「きょ、キョンくん・・・ご、ごめんなさい・・・」

キョン「朝比奈さんですか?ごめんなさいって・・・」

みくる「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・・キョンくん・・・
全部私が悪かったです・・・・ごめんなさい・・・・ごめんなさい・・」

キョン「朝比奈さん、なにがごめんなさいなんですか?教えて下さい」

みくる「ご、ごめんなさいごめんなさいすいませんごめんなさいごめ・・」ピッ

キョン「(ま、まじかよ・・・朝比奈さん。どうしちまったんだ。
俺が朝比奈さんを追い込んじまったっていうのか・・・)」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:20:04.09 ID:Mra1c9R20

キョン「そうだ!長門だ!長門に聞くしかない!」


キョン「マンションにはいない・・・。となれば、今の時間帯でいるとしたら、
部室だ。」


SOS団部室

ガチャ


キョン「やっぱりここにいたか・・・」

長門「・・・・」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:26:20.56 ID:Mra1c9R20

キョン「長門、今の状況を・・」

長門「知ってる」

長門「古泉一樹は異常拡大した閉鎖空間の排除。朝比奈みくるは精神異常。
涼宮ハルヒも同様。」

キョン「なあ、なんとかならないのか?」

長門「あなたが素直にここに戻ってくればよかった。でももう遅い」

キョン「なら、どうすれば」

長門「方法は1つだけある」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:34:36.47 ID:Mra1c9R20

キョン「本当か?!それは、どんな方法だ?」

長門「3人の共通点はあなたが関係しているということ」

長門「あなたという存在を情報操作し、無かったことにすれば
3人は元に戻る」

キョン「つまり、俺がこの世から消えるってことか?」

長門「そう。涼宮ハルヒ、朝比奈みくるからあなたという存在が消えれば、
二人は元に戻り、閉鎖空間は閉じられる」

キョン「・・・・・もう、それしか方法はないのか?」

長門「・・・・ない」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 06:52:02.70 ID:Mra1c9R20

キョン「なあ、長門・・・」

長門「・・・・」

キョン「俺、普通の生活ってのに憧れてたんだ。普通に友達とバカやったり、
普通の女の子と恋愛したりさ。俺はお前らと違って何の能力もないただの人間
だからさ、そういう生き方しか知らないし、考えもないわけなんだ。」

長門「・・・」

キョン「なのに、だ。勝手にハルヒにここへ連れてこられて、気がつけば鍵だとか言われて、
ふざけんなって話だよな。俺には何一つ決める権利はないのかってな。
まあ、でもここの活動は俺は割と好きだったさ。知らない事ばかり起きるからな。」

長門「・・・」

キョン「でもやっぱり普通の生活ってのが送りたかったんだ。平凡に、何事もない人生を。
だからハルヒがクビって言ってきた時は正直、ようやく俺に飽きてくれた、解放されたと思ってた。
だから俺は普通の生活ってのを満喫してた。でも、結局はこれだ。
俺はどうやってももう普通の生活に戻りきる事はできなかったんだな」

長門「・・・・・」

キョン「なあ、長門。教えてくれよ。俺はどうしたらよかったんだ?
一生あいつのご機嫌とりとして生きていけば良かったのか?・・・・教えてくれよ・・・」


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 07:02:34.95 ID:Mra1c9R20

長門「閉鎖空間の拡大が本格的に始まった。もう時間がない」

キョン「そうか・・・・・」

長門「・・・・選ぶのはあなたの権利。誰のものでもない」

キョン「・・・・俺はバカだからな。自分の都合に悪い展開にしか持って行けない
タイプなんだ」

長門「・・・・」

キョン「やってくれ。なるべく苦しまない様に頼む」

長門「・・・・・了解」

キョン「・・・・はは。・・・身体が消えていってらぁ。
・・・・なあ長門」

長門「・・・・」

キョン「次・・・生まれ変わる時は・・・・今度は・・・・・・」シュン

長門「・・・・・」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 07:16:44.63 ID:Mra1c9R20

夏が終わり、涼しさも見えてきた初秋の頃。
親の突然の転勤で、こんな中途半端な時期に転校というのは、
なんともいえない気分だ。

「(・・・まぁ、なるようになれ、だ。)」




岡部「今日は転校生が来るぞー!みんな拍手で出迎えてやってくれ!」パチパチパチパチ

「どうも」

岡部「ちなみに、あだ名はキョン、だそうだ。みんな仲良くしてやってくれ。

キョン「どうしてそれを?」

岡部「この前学校に挨拶に来ていた時に一緒に来てたお前の妹が呼んでたからな。」

「よろしくーキョンくん」

「キョンよろしくなー!」

「ちっなんだ男かよ」

キョン「(くそっ!このあだ名だけは隠そうと思ってきたのに初日でバレてしまった。
それと、今なんだ男かって言った奴出て来い!)」

岡部「そうだなー席は・・・・。あ、ちょうど涼宮の前が空いてるな。そこ座ってくれ!」

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 07:24:14.94 ID:Mra1c9R20

キョン「(いきなりこんないい位置に座れるなんて、俺はツイてるな。
おまけに後ろには美少女とこりゃ誰もがうらやむシチュエーションだな)」

ハルヒ「・・・・・・・ねえ」

キョン「ん?」

ハルヒ「あんた、私とどこかで会ったことない?」

キョン「・・・・さあな」



おわり。

予想以上にクソな出来になってワロタww

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 07:32:46.36 ID:Mra1c9R20

こんな時間まで最初から見ててくれた人、乙。
そしてありがとうございました

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:01:49.35 ID:Mra1c9R20

ちょっとだけ時間空いてるから書いとく。

俺がこの高校へ入学して初日、当然だがあたり一面は分からないものだらけである。
トイレの場所や購買はもちろん、クラスで誰が仲良しか、なんてのに至っては知る由もない。

キョン「(ま、とりあえずは早く適当な話相手でも見つけるべきだな。)」
そんなこんなで時計は昼休みの時間へと針を動かしていた。

キョン「(とりあえずはクラスの奴に聞いて学校の仕組みは大体わかった。
まぁ、あとはこれで一緒に弁当でも食うやつが出てきてくれりゃ、文句はないんだが、な。ん?)」トン

俺は弁当を取り出し机の上に置いた。だが、その前に2つの弁当が俺の机に置かれていた。

「よう!転校生!元気してっか?!」
「こんにちは。よかったら一緒に弁当食べない?」

キョン「(今日の俺はどうやらとことんツイてるらしい)」


初日にして、同じクラスの友達を作ることにも成功した。
名前は谷口と国木田、というらしい。こういう見知らぬ土地でできる最初の友達ってのは、
なんともありがたいものだ。

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:08:08.41 ID:Mra1c9R20

谷口「へえ〜それでキョンって呼ばれてんのかあ」

キョン「俺は別に好きで呼ばれてるわけじゃあないんだけどな」

国木田「僕はキョンっていいあだ名だと思うよ、なんか知らないけど、君にしっくりくる」

キョン「そうか」

谷口「で!話は変わるがキョンさんよぉ?あんた、彼女、とかいたりはするのかい?」

キョン「彼女?都市伝説だろ。そんなもん」

谷口「おぉ!お前は親友だ!
よし、じゃあ親友である俺がお前にとっておきの情報を教えてやろう!」

キョン「へえ、それは気になるな」

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:23:41.24 ID:Mra1c9R20

谷口「でよお、3組の○○が、ランクB+と最近俺の中で評価を上げてきてるわけだよ!」

どうやら谷口のとっておきの情報、というのは自分が勝手に評価付けしたこの学校の女子の
ルックスのランキングだった。なんというか、暇人だな。

キョン「・・・・なあ、国木田。こいつはいつもこんなことしてんのか?」

国木田「そうだね。暇さえあれば、やってるね」

谷口「おいおい!俺のこの情報は結構アテになるんだぜ?ほら、キョン。
俺がこれがこれまで書き溜めたランク帳だ。参考にしな!」

キョン「(・・・なんとまあ丁寧に、授業のノートもこれくらい真面目に
書いてんのか?)・・・ん?このクラスにやけに評価高いのがいるな。
朝倉涼子?」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:34:47.36 ID:Mra1c9R20

谷口「ああ!朝倉かぁ!朝倉は学級委員長で美貌もよくて性格もいいという完璧な女だったんだぜ?
あれを見れないとはキョンは不運だねえ」

キョン「見れない?学校にいないのか?」

国木田「そうだよ。転校してね。もう結構前になるけどね。」

キョン「そっか。・・・あ、じゃあこの空いてた机はその朝倉って女の席だったんだな」

谷口「いや、それは違うんだよなあ」

キョン「そうなのか?」

国木田「うん。朝倉さんのはもう片付けられてるから。なんかそこは
いきなり空席になったって感じなんだよね。」

キョン「いきなり?どういうことだ」

谷口「確かにいきなり空席になったよな〜ここ。
前誰か座ってたっけ?」

国木田「ん〜。そんな記憶はないけどな〜。」

キョン「不思議なこともあるもんだな。ん?おい谷口。これ、涼宮は書かれてないのか?
あいつも結構かわいい顔してると思うが」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:41:48.94 ID:Mra1c9R20

谷口「キョン、お前もしかして涼宮にホレたのか?!」

キョン「いーや。ただこのノートにのっててもおかしくはないと思っただけだ」

谷口「・・・キョン、親友として一つ忠告しておく。あいつはやめとけ」

キョン「なんかあるのか?」

国木田「うん。まあ、彼女は、ちょっと変わってるところがあるよね」

谷口「ちょっとなんてもんじゃねえよ。ありゃれっきとした変人だ。
あいつの奇怪行動は語りだしたらキリがねえくらいだよ。中学の頃からそうだったが、
高校になってからは更にパワーアップしてやがる。」

キョン「そうなのか?」

国木田「まあ、確かにちょっと絡みづらいところはあるかもね」

キョン「ほーう。(どうやらこの学校でうまくやっていくためにはあいつと関わらないことが
得策のようだな。)」

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 11:51:24.76 ID:Mra1c9R20

時間の流れ、というものは意外と速いもので、気づけばあっという間に放課後になっていた。

キョン「(今日はすることもないし、早めに帰るか。学校へ行く近道も覚えとかないといけないしな)

ハルヒ「・・・・・・ねえ、ちょっと」

キョン「ん?」

話かけてきた人物は、今日関わるまいと決めた涼宮ハルヒだった。

ハルヒ「あんたどうせヒマでしょ?ちょっとこれから付き合いなさいよ」

キョン「ん?ああ、すまないな。今日はちょっと用事があるんだ(今のとこ変人には見えんが、
念のためだ。関わるのはやめとこう)」

ハルヒ「もう!いいからちょっときなさい!」グイッ

キョン「いてっ!お、おい!引っ張るな!(こいつ力強えぇ!ていうかなんて強引な奴だ)」


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 12:01:56.27 ID:Mra1c9R20

ハルヒ「着いたわ!ここが、我がSOS団の部室よ!」

キョン「俺にはどうやっても文芸部としか読めないけどな」

ハルヒ「それは仮の姿よ!実際は世界をおおいに盛り上げる涼宮ハルヒの団、SOS団なのよ!」

キョン「(谷口の言ってた通りだ。こいつは危なそうな奴だ。時期をみて
さっさと退散するとしよう)」

ガチャ

ハルヒ「みんな〜!新入部員連れてきたわよ!」

キョン「おい、俺はまだ入るなんて、
それに、用事あるからもう俺はかえ・・・・る・・」

みくる「ほんとですか〜」

キョン「(・・・・・ま、まあ。アレだ。もう少しならいても大丈夫だろ。うん)

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 12:17:58.93 ID:Mra1c9R20

ハルヒ「それじゃ、紹介するわね。まず、彼は古泉君。」

古泉「はじめまして。古泉一樹です」

キョン「(・・・なんか生け好かんな)」

ハルヒ「で、この子がみくるちゃん。」

みくる「は、はじめまして〜」

キョン「(なんでこんな可愛らしい人がこんなとこに。・・・無理やり
連れてこられたんだろうな。どうせ)」

ハルヒ「で、最後にこの子が有希。」

長門「・・・」

キョン「(こりゃまた無口な・・・・ん、なんだ。・・・こいつを見た途端
・・・寒気が・・・)」

ハルヒ「で、最後にあたしが団長の涼宮ハルヒ!ちなみにこの新入部員の名前はキョンだから!
みんなキョンって呼んであげて!」

キョン「(な、なんだ。このやな感じは・・ちょっとまてよ・・・・
俺は・・・ここを・・知ってる・・・?いや、そんなはずはない。
俺は今日ここに越してきたばかりなんだ。どういうことだ・・・?)」

長門「(なぜ彼がここにいる・・・・・)」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 15:43:36.58 ID:Mra1c9R20

今帰宅。
これから少しだけ書きます。

キョン「(・・・・はは、冷静に考えてみれば、そうだよな。
知ってるはずがない。俺は今日初めてこの部室に入ったんだからな。
おそらくなにかのテレビで似たような場所があったりしたんだろう。)」


ハルヒ「ところで、あんた」

キョン「な、なんだよ」

ハルヒ「パソコンとかわかる?」

キョン「まあ、それなりにな」

ハルヒ「そ。じゃあこのパソコンでホームページの更新とかよろしく。
あんたには今日からSOS団の雑用係になってもらうから」

キョン「勝手に決めるな。俺はここに入るとも言っとらん。
大体ホームページの更新なんかは、作った本人がやるもんだろ」

ハルヒ「その作った本人がわからないから言ってるんじゃない」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 15:56:03.16 ID:Mra1c9R20

キョン「はあ?ならそれは他人のホームページってことじゃないか。
そんなもん俺でもいじれん」

ハルヒ「違うわよ!ほら、見てみなさい!」

キョン「・・・・・確かに、SOS団と書いてあるな。
だがそれだけじゃ証明はできないぞ。管理用パスワードとか知らないのか?」

ハルヒ「もちろん知ってるわよ。」カタカタカタ パッ

ハルヒ「ほら、ちゃんと読み込んだでしょ」

キョン「・・・お前が作って忘れてただけか」

ハルヒ「違うって言ってるでしょ!私は団長だから知ってただけで、このHP
なんか作ってもないし、いじってもいないの!」

キョン「じゃあ他の部員が作ったんだろ」

ハルヒ「それも違うの!私は3人にHPのことなんて
頼んでないんだから!」

キョン「・・・・はぁ。(こいつは何が言いたいんだ?さっぱり意味がわからん
俺をからかってるのか?)」

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 19:08:28.36 ID:Mra1c9R20

いきなり抜けてごめん。今から再開します。

キョン「(まぁ、元々変人って聞いてたし、そう考えれば不思議でもないが、
これは変人というかただの知症だな。)」

ハルヒ「……私もわけわかんないわよ。……でも、何でかわからないけど、
すごく大切なの……だけど本当に私が作ったものじゃないから
いじりたくてもいじれないのよ」

キョン「(……まさかとは思うが、こいつ本当に知らないのか?
……一応見てやるだけ、見てやるか。)…ちょっと見せてみな」

573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 19:18:37.51 ID:Mra1c9R20

キョン「(……中身はごく普通のHPだな。これを見れば少しは作った奴のことが
わかると思ったが、どうやら全くそんな情報はないようだな。
……しかし、これ作った奴は相当手を抜いたな。所々すごく雑だ。
俺でもこんな手抜きしないぞ。)」

ハルヒ「……どう?できそうなの?」

キョン「……ああ、ちゃっちゃとやってやるからどう更新してほしいか言ってみな」




ハルヒ「よし!じゃあ今日はここまで!私は帰るから戸じまりよろしくね!」パタン

キョン「……はぁ、結局最後までこき使われたな」

みくる「あんなに元気な涼宮さん、初めて見ました」

古泉「ええ、僕もです。彼女もあんな笑顔ができたんですね」

キョン「あいつはいつもあんなんじゃないのか?」


577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 19:39:35.99 ID:Mra1c9R20

古泉「いいえ、僕の知る限り、彼女はいつもどこか物足りなさそうな顔をしていました」

みくる「私たちを連れてきた時は、少し嬉しそうな顔をしていましたけど、
それでも何か満足していない様子でした」

キョン「ふーん。そうなのか。でも、その方が大人しくていいんじゃないのか?」

古泉「いえ、そう言うわけにはいきません。我々は彼女を楽しませるために
ここにいるのですから」

キョン「どうしてそんなことする必要がある?無理やり連れてこられたん
だろ?ならそんなことをする義務なんてないんじゃないのか」

みくる「そ、それは……」

古泉「……朝比奈さん、彼になら、我々のことを打ち明けてもいいのではないでしょうか?
僕の見たところ、彼は我々にとっての救世主になるかもしれない存在です」

長門「ダメ」

古泉「……どうしてですか?長門さん」

長門「……彼は普通の人間。巻き込むわけにはいかない」

古泉「…………珍しいですね。いつもは観測に徹しているあなたが
そのような事を言うなんて。何か彼について知っているのですか?」

長門「………………知らない」

キョン「(一体何の話をしてるんだ?こいつらは)」

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 19:50:41.52 ID:Mra1c9R20

キョン「あー……何の話をしてるのかは知らんが、俺はあいつとはなるべく
関わりなく過ごしていきたいんだ。だから、もしお前らが言ってることが
俺をここに勧誘する話なら、遠慮しておく」

みくる「……残念です…………」

キョン「……いえ、たまにならいいですけどね。はい」

みくる「ほ、本当ですか〜?!」

キョン「ええ、たまになら、ですけど(おい、何言ってるんだ俺!きっぱり断れ!
でもこの人の泣きそうな顔を見て断れる人間がいるのか?いるなら出て来い!
ぶん殴ってやる!)」

みくる「嬉しいです〜!」

キョン「(ああ、なんなんだこの人は!かわいい!)」

古泉「(……彼について、機関に報告してみるとしましょう。)」

長門「(……彼は普通の生活を送るべき……)」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 20:01:53.09 ID:Mra1c9R20

妹「キョンくんおかえりー」

キョン「ああ。どうだ?新しい学校は?」

妹「んとねーもう友達できたー!」

キョン「ほう、そりゃよかったな」




キョン「(今日はなんか色々あったな。
気のよさそうな谷口と国木田、暑苦しいが気の良さそうな岡部先生。
そして、涼宮ハルヒ。……確かに谷口の言ったとおり変人だったな。
しかも強引で自分勝手だ。……だが、そこまで言うほど悪い奴とも思えなかったな。
まぁ、しかしあいつの仲間含めておかしいのは確かだ。あまり関わらない方が俺の今後の
人生の為にはいいかもしれないな。)」


キョン「(……眠い。もう寝よう……)」

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 20:18:29.36 ID:Mra1c9R20

次の日の教室

キョン「おっす。谷口、国木田」

谷口「おお!キョンか!おいっすー!」

国木田「おはよう、キョン」

キョン「しかし、ここの学校の通学路はアレだな。
嫌がらせとしか思えんきつさだな」

谷口「なんだぁ?遅刻してきそうになった言い訳かぁ?」

キョン「そんなんじゃねえよ」 キーンコーンカーンコーン

谷口「おっと、じゃあまた後でな。キョン、国木田」

キョン「ああ」

ハルヒ「…………」

キョン「(……ん?涼宮……)」


591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 20:23:52.49 ID:Mra1c9R20

授業中

キョン「…………なぁ、涼宮」

ハルヒ「…………なに」

キョン「お前、髪型変えたのか?」

ハルヒ「………あんたには関係ないでしょ。たまにこの髪型にすると、何だか
落ち着くのよ」

キョン「そっか」

ハルヒ「…………」

キョン「なあ、涼宮」

ハルヒ「…………今度はなに」

キョン「…………似合ってるぞ。ポニーテール」

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 20:34:25.95 ID:Mra1c9R20

放課後

キョン「さて、そろそろ行くとするか」

ハルヒ「………ちょっと」

キョン「ん?」

ハルヒ「…………あんた、部室来ないの?」

キョン「ああ、悪いな。今日は先約があるから行けそうにないわ」

ハルヒ「………そう。ま、最初からあんたなんかに期待してないから別に
構わないけどね」 スタスタ

キョン「相変わらず口の悪い奴だ。(しかし、今日はやけにすんなり退いたな)」

谷口「おぉ〜い!なにやってんだよキョン!早く行くぞ!」

キョン「ああ、今行く」

608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 20:47:09.62 ID:Mra1c9R20

谷口「ところでキョン、お前まさか涼宮と仲良くなっちまったのか?」

キョン「別に。昨日強引にあいつの部室に連れてかれただけだ」

谷口「の割にはやけに話しかけてたじゃねえか。授業中とか」

キョン「お前は授業を受けずに何を見てんだ」

国木田「キョンは優しそうだもんね。涼宮さんに変な噂があっても差別とかしないんだよ、きっと」

谷口「そんなもんかねえ。俺としては早くあいつと違うクラスに移りたいぜ、まったく」

キョン「(………本当に何なんだろうな。関わるまいと思っていたのに、いつの間にか
話しかけてた。なんか、昔から知ってるような…………ああ、もう。やめだやめだ)」


キョン「なあ、よかったら今日はこの街を案内してくれないか?」

谷口「ん?おお、いいぜ!」

国木田「僕も構わないよ」

キョン「(忘れることが一番だ。うん)

611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:02:22.99 ID:Mra1c9R20

SOS団部室

ハルヒ「じゃあ、今日はこれで終わりね。お疲れ様」パタン

みくる「……また、元に戻っちゃいましたね…」

古泉「……ええ。そういえば、昨日少し驚いたことがあったんですよ」

612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:04:25.23 ID:Mra1c9R20

みくる「なんですか?」

古泉「涼宮さんの能力が芽生えて以来、毎日といっていいほど発生していた閉鎖空間が、
昨日現れなかったんです」

みくる「ええ、本当ですか〜?!」

古泉「ええ。……それについて
機関にも報告した結果、やはり彼が関係しているようです」

みくる「キョンくん……でしたっけ?」

古泉「ええ。それに伴い、我々は彼の事を「鍵」として今後保護していく形に
なりました」

みくる「そ、そうなんですか?」

古泉「ええ。僕としても、
もう彼女を止めるのは彼しかできないと考えています」

みくる「……じゃ、じゃあやっぱり……」

古泉「……ええ、彼を何とかして招き入れましょう。このSOS団に」

長門「………………」


617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:23:28.04 ID:Mra1c9R20

みくる「で、でも、どうやって招くんですか?
キョンくんは、意欲的ではないようですけど」

古泉「………それについて考えたのですが、
昨日の彼を見る限り、どうやら彼は貴方に好意を抱いている様でした」

みくる「わ、私ですかあ?」

古泉「ええ。ですので、ここはあなたに一肌脱いで頂きたいと思っているのですが……」

長門「ダメ」

古泉「………何故ですか長門さん。何かいけない理由でも?」

長門「強制は良くない。彼がここに自分から来るのを待つべき」

古泉「しかし、必ず彼がここへ来るとは限らないでしょう。
ならば、少しでも彼がここへ来るように我々が動くべきでは?」

長門「…………」

古泉「………どうやら、異論はないようですね。それでは、僕の意見に賛成
という形で取らせて頂きます。朝比奈さんも、よろしくお願いします。」

みくる「は、はい。頑張ります」

長門「(歴史が繰り返されている…………何故……)」

624 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:33:11.14 ID:Mra1c9R20

谷口「ま、明日も学校だし、今日はこのくらいだな」

キョン「ああ、すまないな。わざわざ」

国木田「構わないよ。僕も楽しかったし、ねえ谷口」

谷口「ああ!友達に気なんて使うな!」

キョン「……ありがとな。それじゃ、また明日」




キョン「(今日2人に案内してもらった場所………何故かは分からんが見覚えがあった。
ここへ引っ越してきてからこんなことばっかりだ。一体俺は何を知ってるっていうんだ……?
少し考えてみるべきだな。いくらなんでも、おかしすぎる)」

632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:46:07.85 ID:Mra1c9R20

妹「キョンくんおかえりー」

キョン「ああ」

妹「ご飯できてるよー」

キョン「今はいらない。おいといてくれ」


キョンの部屋


キョン「(…………俺は、この街に昔いたのか?
いや、街だけじゃない。今行っている学校にも既視感はあった。
あの学校にも通っていた?……いや、そんなはずはない。俺は確かにここに引っ越してきた。
それまでは前に住んでいた街にずっといた。それで、地元の高校に通って、平凡な生活を送ってきた。
…………ちくしょう、なんなんだよ!)

コンコン 妹「キョンくーん。お客さーん」

キョン「客?誰だ?」

妹「んとねー。女の人ー」

キョン「(…誰だ?)わかった。今行く」

633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 21:51:56.65 ID:Mra1c9R20

キョン「あなたは………確か、朝比奈さん……?」

みくる「こ、こんばんわ。あの、や、夜分遅くにごめんなさい。」

妹「ねーねー。この人キョンくんの彼女ー?」

みくる「ええええ?!え、えと、あの、その」

キョン「………おまえはあっち行ってろ。
どうぞ、朝比奈さん」

みくる「は、はい。おじゃまします」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 22:34:49.09 ID:Mra1c9R20

>>644
ハルヒは最初冗談でキョンにクビ宣告して次の日にはキョンが戻りたいって言ってくると思ってたから不安はなかった。
でも次の日キョンが戻る意思を見せていなかったからハルヒが不安を覚えてその日から閉鎖空間が生まれたって
感じです。説明不足ですいません。


みくる「ここがキョンくんのお部屋なんですか?」

キョン「ええ。引っ越したばかりでまだ散らかってますけど。
ところでなんで俺の家の場所を知ってたんです?」

みくる「あ、す、すいません。岡部先生に聞いて、住所を教えてもらいました。
か、かってな真似してごめんなさい」

キョン「そういうことですか。いえ、構わないですよ。朝比奈さんは何年生なんですか?」

みくる「あ、わ、私は2年生です」

キョン「先輩ですか。なら敬語使っといて正解でしたね。(あれ?そういや俺なんで始めから敬語なんて
使ってたんだ?なんか使わないといけない気がしたから使ってたが。
……やっぱり何かあるのか?)」

652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 22:43:42.71 ID:Mra1c9R20

みくる「あ、あの」

キョン「はい」

みくる「え、と。その、あの、キョンくんは、なにか部活とか、入るんですか?」

キョン「いや、今のとこそんなつもりはないです。まずは学校に慣れてからって感じです」

みくる「そ、そうなんですか?………よかった……」

キョン「え?」

みくる「い、いえ、何でもないです!」

キョン「………俺もひとつ聞きたいことがあるんですけど、いいですか?」

みくる「は、はい。なんでしょうか」

キョン「朝比奈さん、以前俺とどこかで会いませんでした?」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 22:52:14.32 ID:Mra1c9R20

みくる「え、私と、キョンくんが、ですか?」

キョン「ええ。なんか初めて会ったのに、他人の感じがしないんです。
なんか、前もこうやって俺の部屋で2人で話したことがあったような………」

みくる「………ご、ごめんなさい。わからないです…」

キョン「いえ、いいんですよ。俺も確信があって言ったわけじゃないですから。
要件はこれだけですか?」

みくる「あ、い、いえ!まだあります。………あの、キョンくん。昨日の部室でのこと、
覚えていますか?」

キョン「ああ、涼宮が連れてきた、えーっと、SOS団、でしたっけ?」

みくる「は、はい。それです。………あの、キョンくん、どう思いました?」

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:00:02.23 ID:Mra1c9R20

キョン「どうって…どういう意味ですか?」

みくる「あ、あの。たとえば、面白そう、とか、興味がある、とか…」

キョン「…………正直言うと、面倒くさそうでした」

みくる「ふぇ?!」

キョン「涼宮は身勝手だし、古泉とかいう奴は顔近くて気持ち悪いし、朝比奈さんは文句なしですけど、
長門とかいうのは何考えてるのかわからなそうだし」

みくる「………ふぇぇ……」

キョン「…………でも」

キョン「不思議と、嫌ではなかったです」

662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:12:16.02 ID:Mra1c9R20

みくる「え…?」

キョン「よくわからないんです。俺も。普通ならあんな意味不明で面倒な所
絶対に御免なんですけど、あそこだけは何故かそんな気持ちにはならないんです。」

みくる「…………キョンくん…」

キョン「……今日は俺を勧誘しに来たんでしょ?朝比奈さん」

みくる「ふぇ?!な、なんで………わかったんですか…?」

キョン「(いや、話の流れで普通は分かるが)
朝比奈さんが俺に用があるっていったら、そんなことくらいしか思い浮かばないですから。
………どうして俺を入れたがるんです?他の奴でもいいんじゃないんですか?」

みくる「………キョンくんじゃないと、ダメなんです…」

キョン「…どうしてですか?俺は頭も運動も飛びぬけていいわけではない、
ごく普通の人間ですよ。」

みくる「そ、それは………」

664 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:23:16.87 ID:Mra1c9R20

キョン「少なくとも、理由を聞かないと俺も納得はできません」

みくる「………………ごめんなさい……」ギュ

キョン「あ、朝比奈さん?!」

みくる「今は…………言えないです…………でも、必ず、言いますから、だから、
信じて下さい……」

キョン「(な、なんだ!?このNOとは言えなくなるような魅惑の瞳は?!ていうか
いきなり抱きついてくるなんて、朝比奈さんは意外と大胆な人なのか…?!
…………ん?前もこんなことが………)」

みくる「…………キョンくん…」

キョン「(ダメだ、思考がまともに働かん!というかもう我慢できん!)朝比奈さん!」ギュ

みくる「?!きょ、キョンくん…?!」

キョン「すいません朝比奈さん……俺もう我慢できそうにないです…」

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:30:15.15 ID:Mra1c9R20

みくる「(え、えぇ?!キョンくん…顔を近づけてきてる…
古泉君がこの方法なら大丈夫って言ったからやったけど…
そ、そんな、私ま、まだ心の準備が…!)」


コンコン 妹「キョンくーん。またお客さーん」

キョン「…………」

みくる「…………」

キョン「…………すいません朝比奈さん。少し席外します」

みくる「はははははは、はい…………」

みくる「(まだ心臓ドキドキいってる…………)」

キョン「(………誰か知らんが殺す)」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:39:42.16 ID:Mra1c9R20

古泉「すみません、こんな夜分遅くに。」

キョン「すみませんで済むか!死ね!」

古泉「朝比奈さんがこちらへ来ていませんでしたか?」

キョン「………なんでお前がそんなことを知っている?」

古泉「そのことも含めて色々と説明したいことがあります、
朝比奈さんと我々3人で今から少し散歩に出かけませんか?」

キョン「…………いいだろう。だがお前は説明したらすぐ帰れ。そして死ね」

678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:51:26.29 ID:Mra1c9R20

キョン「なるほどな。つまりお前が朝比奈さんに俺ん家に行くように言ったわけか」

古泉「ええ。我々の中では、朝比奈さんが行くのが一番効果的だと思いましたので」

キョン「ああ。誰かが来なければ効果は抜群だっただろうな」

みくる「ごめんなさい、キョンくん……ご迷惑かけて…」

キョン「いえ、あなたが謝ることはないですよ。
………ところでだが、そろそろ話してもらえるか?」

古泉「ええ、何についてですか?」

キョン「なぜ俺をSOS団とかいうのに入れようとするかだ」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/13(日) 23:55:43.86 ID:Mra1c9R20

古泉「そうですね、あなたには話しておいた方がいいかもしれませんね。
…まず、あなたは我々SOS団は何の活動をしてると思われていますか?」

キョン「理解不能な行動をする変人集団(朝比奈さんを除く)」

古泉「ふふ、まぁ、普通はそう捉えられてもおかしくはありませんね」

キョン「普通じゃないのか?」

古泉「……ええ、我々は普通の人間ではありません」

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 00:26:52.25 ID:NKpiinFD0

キョン「ほう、じゃあ何だって言うんだ。まさか、宇宙人とか言うんじゃないだろうな?」

古泉「少し違いますが、発想は大体合っています。朝比奈さんは未来人、僕は超能力者、
そして、長門さんは情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース。
まあ、彼女こそ言ってみれば宇宙人みたいなものですね。」

キョン「すまん、何言ってるのかさっぱりわからん。
つまりはお前らは特別な能力を持った人間ってわけか?」

古泉「そう解釈してもらって結構です。」

キョン「そうか。なら証拠を見せてみろ。超能力者なら、何かできるだろ。
朝比奈さんも、未来人なら、タイムマシンみたいなものがあるはずですよね」

みくる「ご、ごめんなさい。それは禁則事項で………見せられないんです」

古泉「僕も、超能力と言っても、できることは限られています。
少なくとも今すぐに見せられることはできません」

キョン「そういうものなのか。いまいち納得できんが」

古泉「ええ。そして、彼女、涼宮ハルヒには、思った事を実現する能力。
願望実現能力が備わっているのです」

692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 00:37:51.40 ID:NKpiinFD0

キョン「なんだそりゃ?つまり、あいつが願えば、それが叶うってのか?」

古泉「その通りです。事実、僕がこの能力を身につけたのも、彼女のおかげということでしょう。
そして、僕と朝比奈さん、長門さんがこうやって集まったのも、彼女がそれを望んだからだと
考えられます」

キョン「なんだそりゃ、まるで神様みたいじゃないか」

古泉「そうです。いわば彼女は、神様そのものなんです。
世界は彼女によって作られているといっても過言ではありません」

キョン「ますます訳がわかんなくなってきたぞ。つまりなんだ、あいつがこんな世界はいらないと
思ったら、この世界は崩壊するってことか?」

古泉「その通りです。しかし、彼女は常識人なので今のところそのような心配は
いらないでしょう」

キョン「常識人?あんな非常識が服着て歩いているような奴がか?」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 00:49:54.65 ID:NKpiinFD0

古泉「あなたが思っているより、彼女はずっと常識人です。
そのおかげで、この世界は微妙なバランスで保たれているのですから。
彼女がもし非常識なら、この世界は滅茶苦茶になっているはずです」

キョン「そんなもんなのか。つまり、俺もお前も、あいつの頭の中で生かされてる
ってわけか。あいつがそんなおっかない存在だとは思いもしなかったぜ」

古泉「ええ。しかし、彼女も人間です。機嫌が悪くなったり、この世界に絶望したりしたら
このような世界などいらない、と考える可能性もあります。
だからこそ、彼女の機嫌を損ねないために、僕達は、
彼女を楽しませるよう努力しているのです」

キョン「なんていうか、大変なんだな」

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 01:06:32.70 ID:NKpiinFD0

古泉「そして、次に彼女が望んだのがあなたの存在ということになるのですが
…………ここで一つ疑問が浮かび上がるわけです」

キョン「なんだ?」

古泉「…先ほども申しましたように、彼女は常識人です。
なので彼女が一般人であるあなたを望むことは、普通に考えれば我々より先なはずなんです。
未来人や超能力者など、非常識な存在よりも」

キョン「あいつがただ単にそういう非常識な存在の方が欲しかっただけじゃないのか?」

古泉「それならば納得もいくのですが、
彼女は我々よりもあなたの存在に興味を示している、ということが昨日分かったのです。
いえ、もしかするとあなたは彼女にとっていなくてはいけない存在とまでになっている可能性もあるのです。
だからこそ、なぜ彼女が真っ先にあなたを望まなかったのかが、疑問なのです」

キョン「なぜそんなことがわかる?」

古泉「そうですね………ちょうど証明できそうなものが近くにありますね。
行きましょう。少し危険なので、朝比奈さんは今日はお疲れ様、ということで」

みくる「は、はい。わかりました〜」

キョン「危険………いったいなんだ?」

古泉「それでは、朝比奈さんをお送りした後、そこへ向かうことにしましょう」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 01:27:51.89 ID:NKpiinFD0

あれから朝比奈さんを送って行って、それから古泉がむかった場所とは
俺たちがいま通っている北高だった。

古泉「どうやら発生しているポイントはここのようですね。」

キョン「おい、こんなとこで何を証明するっていうんだ?」

古泉「少し待っててください……………………はい、もう入りました。
さっきと何か違うようなところは見えませんか?」

キョン「なんだって?……そう言えばさっきよりなんか空が灰色がかっているような…
……………ってなんだ?!あのでっかいのは?!」

古泉「神人です。いわば、涼宮さんのストレスの根源といったところです。
そして、僕の超能力というのは、あの神人を倒す力、この場所、閉鎖空間に侵入する力です」

キョン「…なんかその神人とかいう周りに赤いものが見えるが」

古泉「あれは僕の仲間です。僕たち超能力者はあの姿になって神人を攻撃し、倒すのです。
僕も協力してきますので、しばらく待っていて下さい」


古泉が神人と戦っている様子を見たとき、俺はこの状況にまた既視感を覚えた。

キョン「(こんなことが前にもあったような………)」

725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 01:46:21.88 ID:NKpiinFD0

古泉「…すみません、おまたせしました」

キョン「…………なあ、古泉。お前、以前も俺にこれを見せたことはないか?」

古泉「……いえ、今回が初めてだと思いますが。何故ですか?」

キョン「なんていうか、既視感があったんだよ。この状況に。
いや、今回だけじゃない。ここに引っ越してきてからずっとこんな感じなんだ」

古泉「……………ふふっ、なるほど、そういうことでしたか」

キョン「なにがおかしい?」

古泉「…………いえ、ようやく僕の中の疑問が解けた気がしたのでつい。
おそらく、あなたは昔からここに住んでいて、この学校に通っていた生徒だったんです。
そして、これは僕の予想ですが、あなたは涼宮さん、それに我々と共に行動していた
SOS団の一人だったのではないでしょうか」

キョン「な、なんだって?!そんなはずはねえよ!俺は確かにここに引っ越してきて、
ここに転校してきたんだ!」

古泉「ですが、そう考えると全てのつじつまが合うのです。涼宮さんは最後にあなたを望んだのではなかった。
むしろ始めから望んで、あなたを傍に置いていた。それを何者かが記憶操作し、あなたを涼宮さんの傍から消した。
しかし、涼宮さんの願いによって、あなたは再びここへと戻ってきた。こういうことではないでしょうか?」

732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:05:25.41 ID:NKpiinFD0

キョン「……………色々と納得がいかない話だが、まず、なんで涼宮が俺を
そこまで望んでいるってことがわかるんだ?」

古泉「それは簡単な話です。神人は涼宮さんのストレス、と言いましたよね?
つまり、この閉鎖空間は、涼宮さんの不満から生まれるものなのです。
涼宮さんはいつもどこかに不満を抱えているようで、この閉鎖空間は最初に発生して以来
発生しない日というものがありませんでした。しかし、昨日あなたが涼宮さんと出会った日、
あの日には閉鎖空間が発生しなかったのです。それはつまり、涼宮さんが一番望んでいたあなたが来たから、
という結論に結び付くわけです」

キョン「なるほどな……。朝比奈さんといた時に感じたアレもそういうことだったってことなのか……?」

古泉「朝比奈さんにも既視感を?……これはもう確実と言ってもいいかもしれませんね。
僕にはあなたに関する既視感は感じられません。どうやら、記憶操作した相手は貴方よりも周りの人間に
より強い操作をしたのかもしれませんね。いえ、もしくはあなたの存在を消されていたか」

キョン「俺の存在を消す?それなら俺はここにはいないはずだろう?」

古泉「一度あなたの存在を消し、我々の中からあなたの情報をすべてリセットした状態で、あなたを再構築
したのではないでしょうか。それならば違う場所の人間として、新しい情報を埋め込まれたとしても、直接的に情報をリセットされた訳ではないあなたに
多少の既視感が残っていてもおかしくはありません。」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:23:07.23 ID:NKpiinFD0

キョン「そして、涼宮が俺を望み、遠くにいた俺をまたここに戻らせたってことか?
でもそれならおかしくないか?俺の情報は消えているんだろう?涼宮だって俺の存在を
忘れているはずだろう」

古泉「それに関しては、これは予想でしかないのですが、涼宮さんの記憶の奥底に、
あなたに関する記憶がほんの少しでも残っていた、としか考えられませんね。」

キョン「そこの部分はまだ謎ってわけか……
次に、そんな記憶操作をした奴は何が目的だったんだ?そしてそれは何者だ?」

古泉「僕には、あなたの情報がありませんから、目的まではわかりませんね。
まぁ、あなたの存在が邪魔だったか、あなたが涼宮さんを混乱させたからやむを得ず、ってところじゃないでしょうか。
そして、何者か、の答えですが、あなたがここの生徒だったとしたら、このような記憶操作はあなたの身近にいたはずであるあの人
しかできないでしょう」

キョン「あの人?」

古泉「………………僕としても、非常に言いづらいのですが、長門さんしか考えられません………」

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:31:50.86 ID:NKpiinFD0

キョン「長門って、あの部室にいた無口の女か?」

古泉「ええ。実際に彼女以外でもこのような真似ができる方はいますが、
あなたを知らない人なら、その後あなたを再構築するなんてことはしないでしょう。
これは正直やる側においてメリットはありませんから。あなたを少しでも救うために取った処置
としか考えられませんね」

キョン「長門……………(あの、最初見た時の妙な寒気はそのせいだったのか…………
俺が身体のどこかであいつを記憶していたってことなのか?)」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:49:57.57 ID:NKpiinFD0

古泉「もう時間も遅くなってきました。
今日はこれくらいにしておきましょう。あなたも気持ちの整理をつけないと
いけないでしょうし」

キョン「……………なあ、古泉」

古泉「なんでしょう?」

キョン「俺がもし、記憶を取り戻して、長門にこのことを言ったら、俺はまた消されるのだろうか?
今度は再構築してはくれないだろうな…………」

古泉「…………その辺は僕は何も言えません。ご自分で考えて、行動してください。
ただ、僕はできる限りのお手伝いをさせて頂くつもりです。」

キョン「……………ありがとよ」

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 02:54:34.23 ID:NKpiinFD0

次の日の教室

谷口「おっすキョン!」

キョン「………ああ」

谷口「なんだぁ?元気ねえなあ?なんかあったのか?」

キョン「いや、ただの寝不足だよ」

谷口「ふぅ〜ん、あ、そうそう!今日国木田とゲーセン行くんだけどこねえ?」

キョン「…………悪いな。今日はやることがあるんだ」

谷口「ちぇっ。そうかいそうかい。じゃあまた今度な」スタスタ

キョン「悪いな」

キョン「……………なあ、涼宮?」

750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:00:33.87 ID:NKpiinFD0

ハルヒ「なに?」

キョン「今日、SOS団の部室、行ってもいいか?」

ハルヒ「?!………す、好きにすればいいじゃない!ただ来るならきっちり
仕事はやってもらうわよ!」

キョン「ああ、悪いな」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:04:54.57 ID:NKpiinFD0

SOS団部室

ハルヒ「さあ!じゃあ今日もはりきってやっていきましょー!」

キョン「相変わらず元気な奴だ」

みくる「(涼宮さん、すごく元気…やっぱりキョンくんの力ってすごいんだ)」

古泉「(彼が来た……ということは、彼もやはり自分の本当の記憶が気になる様ですね)」

長門「……………」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:16:37.89 ID:NKpiinFD0

ハルヒ「そういうことで、今年のSOS団の文化祭の出し物は、映画ということ
に決めたわ!役割はここに書いてるとおりだから!」

キョン「おい、涼宮。俺だけ役割が多いんだが。しかも全部雑用関係じゃないか。」

ハルヒ「当り前じゃない。あんたそのくらいしか役に立たないんだから。
それでも足りないくらいよ」

キョン「………なんつーやつだ…(ん?だが、この感じは…以前どこかで…)



ハルヒ「じゃーん!どう?!主演女優みくるちゃんのウエイトレス姿!」

みくる「は、はずかしいです〜…」

キョン「(これも見たことがある………やはり、俺はここにいた人間なんだろうか?
だが、まだ何か………何かが足りない…)」

764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:24:03.24 ID:NKpiinFD0

ハルヒ「じゃあ今日はここまで!みんなお疲れ様!」パタン

キョン「(結局思い出すことはできず、か。まぁいい。気長にやってくさ)」

長門「(なぜ………彼はここにくる…………)」

古泉「(頑張っているようですね。僕もあなたが元々いたこの部室というものが
見てみたい。頑張ってください)」

みくる「(あ、お茶の葉が切れてる。買いにいかなくちゃ)」



771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:36:26.76 ID:NKpiinFD0

あれから1週間の時がたった。
俺はあの日以来毎日部室に通っているが、あるのはかすかな既視感だけで、
一向に記憶が戻る気配はない。だが、数多くの既視感のおかげで、俺は
このSOS団の人間だったということが、少しだが、理解できるようになっていった。

そして、今の俺は映画上映に向け、少しでも宣伝するためにHPの模様替えというやつを
やっていた。

ハルヒ「なに、あんた?まだ終わってないの?もうみんな帰っちゃってるのに」

キョン「意外と難しいんだよ。HPで宣伝ってのは。まず背景やらを変えなきゃいけないしな。」

ハルヒ「ったく。使えないわね。今日はそれ終わるまで帰っちゃダメだから!わかった?」

キョン「へいへい」

ハルヒ「じゃあ私は帰るから。戸じまりと鍵よろしく。それじゃ」バタン

キョン「(ってお前は帰るのかよ!)…やれやれ」

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 03:51:41.65 ID:NKpiinFD0



キョン「……………ん………」

キョン「……………やべ…寝ちまってたか…終わって気抜いたせいだな…」

キョン「…………(ん…?背中に何か……上着が……誰がかけてくれたんだ
…………あれは…まさか…)………ハルヒ?」

ハルヒ「?!」

キョン「……この上着…お前が?」

ハルヒ「…か、返しなさいよ!!」バッ

キョン「(……ふーん。こいつも少しはいいとこがあるんだな。)
まだ帰ってなかったのか?」

ハルヒ「わ、忘れ物があったから取りにきたのよ!」

キョン「そっか。それで俺が寝てたから上着かけてくれたのか。
…………ありがとな、ハルヒ」

ハルヒ「!!べ、べつにそんなんじゃないわよ!」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 04:02:40.31 ID:NKpiinFD0

キョン「(………ん?俺いま、涼宮のことハルヒって……でも、何故だかこっち
の方が呼びやすいな…)…そういや、お前とこうやって2人きりで話すのって初めてだな」

ハルヒ「そ、そう?」

キョン「ああ、いつもお前と話す時は
クラスのみんながいる教室か朝比奈さんたちがいたここだったからな」

ハルヒ「そ、そうだったかしら。まぁ、別にあんたと話すことなんて何も
ないからどこだってかまわないけどね」

キョン「そうかい。…………ハルヒ、お前もうポニーテールはしないのか?」

ハルヒ「え?な、なんでよ?」

キョン「いや、ポニーテールのお前、かわいかったからさ。俺、ポニーテール萌え
なんだよ」


…………ん…?………なんだ…この感じは…?
「俺、ポニーテール萌えなんだよ!」
「最初にお前がポニーテールで学校へ来たとき、すげえかわいいと思ったんだよ!」


あ…………あ…………!
「似合ってるぞ、ポニーテール」

キョン「お…………思い出した………!全部思い出したぞ!!!!!」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 04:19:01.56 ID:NKpiinFD0

ハルヒ「な、なによ。いきなり大声出して…」

キョン「全部思い出したんだよ!おまえのことも!SOS団のことも!
全部!」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「ありがとうハルヒ!お前のおかげだ!」ギュッ

ハルヒ「ちょちょ、ちょっと!なにいきなりだ、抱きついてきてんのよ!
離しなさいよ!」

キョン「あ、すまん。つい興奮して。とにかく、俺は先に帰らせてもらう。
おつかれ、ハルヒ」パタン

ハルヒ「なによあいつ…
………でも…………………あったかかった……」

789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 04:25:30.26 ID:NKpiinFD0

キョン「(そうだ!俺はこの街に住んで、この学校に通っていたんだ!
転校生じゃなく、入学式を受けて!今住んでる家も、空き家を買い取ったって
聞いたが、あれは元々俺が住んでた家だ!ハルヒにSOS団に無理やり入れられて、
朝比奈さんがきて、古泉がきて、そして部室にはなが…!)」


キョン「……………そうだったな。まだ、最後にやることが残っていたな。
…………長門…」

819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 10:14:22.32 ID:NKpiinFD0

今起きた。ちゃっちゃと済ませます。

妹「キョンくんおかえりー」

キョン「ああ」

妹「キョンくん聞いてー。今日ねー。新しい学校でねー……」

キョン「(すまんな、俺のせいでお前まで記憶をいじられるハメになって……
もう少し待っててくれ。俺が絶対に元あった記憶に戻させてみせる。)」




キョン「俺の部屋だ………まぎれもない、昔から使ってきた…。
ちくしょう、こんなしょーもないただの部屋に感動する日が来るとは
思わなかったぜ」


キョン「(しかし、長門に会ってどうすればいい?元の記憶に戻せと言えばいいのか?
だが、元に戻したら、ハルヒ達は………またあの状態のハルヒや朝比奈さんも戻ってくるって
いうのか………?いや、何より、素直に元に戻してくれるとも限らん………。
最悪、俺だけじゃなく、俺の家族までもこの世界から抹消される可能性もある。
………どう、動けばいい…?)」


キョン「……………あいつに電話してみるか」

820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 10:20:04.03 ID:NKpiinFD0

古泉「はい、古泉です。どうかしましたか?」

キョン「……………記憶が戻った」

古泉「本当ですか?…………すいません、今からそちらに伺ってもよろしいですか?」

キョン「ああ、頼む」

古泉「わかりました、ではのちほど」ピッ

キョン「……………朝比奈さんも呼んでおこう」


825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 10:47:06.45 ID:NKpiinFD0

古泉「すみません。おじゃまします。」

みくる「おじゃましま〜す」

キョン「ああ、上がってくれ」




古泉「さて、早速ですが、あなたは元の記憶が戻ったらしいですね」

キョン「…………ああ」

古泉「どうですか?元の記憶には、この街や、僕たちは関係していましたか?」

キョン「関係大アリだ。この家は空家を買い取ったらしいが、俺が元々住んでた家だった。
証拠はそこの押入れの奥の壁に俺が小さい頃書いた落書きがある。そして、俺はやっぱりSOS団の一員
だった。それも、ハルヒがSOS団を作っその日からいた、SOS団最初の団員だ。そして、そのSOS団にはお前や朝比奈さん、
長門もそこにはいた。俺はハルヒに毎日のようにこき使われてたが、なんだかんだ楽しんでた」

古泉「そうですか。………では、何故あなたの記憶が消されるような事態になったのですか?」

キョン「それは…………わからないんだ。いきなり、あいつが俺をクビにして、だから俺は普通の生活を送ってて、
そしたらあいつは精神病にかかっちまって、色々あって朝比奈さんまで精神異常になって。
それで長門に相談したら、あいつが精神不安定になったせいで、閉鎖空間が異常なまでに拡大して危険な状態になっちまって、
それで、それをなんとかするには…………俺の存在を消すしかないってことになったんだ」

みくる「わ、私が精神異常に………?………ふぇぇ………」

古泉「……そういうことですか。」

828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:02:37.15 ID:NKpiinFD0

古泉「まず、気がかりなのは、なぜ涼宮さんがあなたをクビにしたか、ということですね」

キョン「それについては俺もわからん。いきなりだったからな」

みくる「あ、あの。もしかしたら、涼宮さんはキョンくんを試したんじゃないでしょうか」

キョン「試した?」

みくる「は、はい。あの、女の子は、たまに、自分がどれだけ大切に思われてるか確かめるためにわざと冷たくするって
人がいますから」

キョン「…そうだとしたら、つくづく面倒な奴だ」

古泉「………なにかあなたがクビになる前兆みたいなものがあればまだ楽に推理
できたのですが」

キョン「前兆ねえ………あ、そういえば、クビになる前の日、あいつにやる気が感じられないとか
うるさく言われてたような気がするな」

古泉「本当ですか?ならば理由はそれしかないでしょう。
涼宮さんはあなたにやる気を出させるために解雇したのですよ」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:14:32.76 ID:NKpiinFD0

キョン「どういうことだ?」

古泉「おそらく、あなたを一時的に解雇し、あなたが危機感を覚えて「次から頑張るから、
クビにしないでくれ」という言葉を涼宮さんは待っていたのではないでしょうか?
しかし、あなたは戻ろうとせず、普通に生活を送っていたのですよね?」

キョン「ああ。あの時は普通の生活ってのに憧れてたからな。
普通な生活を満喫してた」

古泉「それででしょう。涼宮さんは想定外の出来事に戸惑い、あなたに戻ってきてほしいけど
かける言葉が見当たらず、そして自分を追い込んでいって、精神病にかかったのではないでしょうか?」

キョン「なんだよそれ。全部あいつが悪いんじゃねえか。俺はあいつの自業自得の
ために存在を消されたのってのかよ…」

古泉「しかし、涼宮さんがそうなる前に我々が動かなかったっていうのも
不思議な話です。彼女の不満は形となって表れるので、とても分かりやすい
はずなのですが」

836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:26:20.18 ID:NKpiinFD0

キョン「朝比奈さんは度々説得にきてた。けど俺はその時普通の生活が楽しくて
邪魔をされたくないと思っていたし、朝比奈さんがお前の指示で俺のことを好きとか言わせた
ことに腹を立てて、意地でも戻らないって朝比奈さんについきつくあたっちまった。
多分朝比奈さんが精神異常を起こしたのはそのせいだと思う。すいません朝比奈さん」

みくる「え?い、いえ、あの、私に謝られても…困ります」

古泉「朝比奈さんだけを向かわせたのは、僕は閉鎖空間を止めに行ってたか、
その方が都合がいいと思ったからでしょうかね」

キョン「さあな。それは知らん。……………さて、それじゃあそろそろ本題に
入らせてもらってもいいか?」

古泉「ええ、どうぞ」

841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 11:41:16.92 ID:NKpiinFD0

キョン「みんなに元の記憶を戻してもらいたい。
長門にそう言えば素直に戻してくれるか?」

古泉「それはなんとも言えません。なにせ、長門さんのとった行動が
いまだに理解できないのです」

キョン「なぜだ?」

古泉「先ほどあなたから聞いた情報から考えますと、涼宮さん朝比奈さんを
元に戻すのに、わざわざあなたの存在を消す必要がないからです。」

キョン「………どうしてだ?」

古泉「本来、これは涼宮さんと朝比奈さんの記憶を数日分消すだけでも
解決できる問題なはずなんです。
なのに、長門さんはわざわざあなたの存在を消した」

キョン「……………俺が邪魔だったのか…?」

古泉「そうとも考えにくいでしょう。本当に邪魔なら、あなたを再構築など
するはずがありません。つまり、彼女の行動には色々と矛盾が発生しているのです。」

キョン「じゃあ、どうすればいい?」

850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:15:20.49 ID:NKpiinFD0

古泉「僕には何とも言えません。なにせ、今の僕にはあなたの関しての情報が
少なすぎます」

キョン「………直接、長門に聞くのが確実か」

古泉「それが一番でしょう。………ただし、くれぐれも慎重に行動してください。
下手をすれば、あなたに危険が及ぶ可能性も十分に考えられます」

キョン「………ああ、わかった」

古泉「………頑張ってください。僕には、もうこの言葉しか言うことはできません」

851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:19:09.26 ID:NKpiinFD0

次の日のSOS団部室

ハルヒ「じゃあ、私は帰るわ。最後の人、戸じまりよろしくね」パタン



キョン「………なあ、長門」

長門「…」

キョン「今日、時間あるか?少し話したいことがあるんだ」

長門「……わかった。私の部屋で聞く」

キョン「ああ」

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/14(月) 12:27:16.21 ID:NKpiinFD0

長門の部屋


長門「どうぞ」コト

キョン「わざわざすまんな」ズズッ

長門「………」

キョン「…………」

長門「……」

キョン「…………なあ、長門」

長門「………なに」

キョン「…………なんで、俺の存在を消して、
また再構築なんてしたんだ?」

長門「…………?!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」