ハルヒ「にゃー♪」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で事件を解決するぜ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:30:11.54 ID:3QMVuAxD0

キョン「おーす」

ガチャ

ハルヒ「!」

キョン「なんだ、猫耳なんかつけて。バニーは飽きたのか?」

ハルヒ「ふにゃ?」

キョン「……」

ハルヒ「ごろごろ……にゃー!」

キョン「おいちょっと待て」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:33:40.49 ID:3QMVuAxD0

キョン「と、言うわけなんだ」

古泉「これはこれは」

長門「……ユニーク」

ハルヒ「にゃー!」

キョン「なんとかしろ」

古泉「そう言われましても……」

長門「……今の所打つ手はない」

キョン「このまま放って置くわけにも行くまい」

古泉「確かにそうなんですが」

キョン「とりあえず俺はトイレに行ってくる、帰ってこなくても気にするな」

古泉「あ!逃げる気ですね!?」

キョン「ちがう、旅に出るだけだ」

古泉「現実に目を向けてください!」

キョン「現実ってこれか!」

ハルヒ「ふにゃ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:37:15.61 ID:3QMVuAxD0

みくる「おそくなりましたぁ」

古泉「……」

キョン「……」

みくる「あれ?みなさんどうしたんですか、黙っちゃって……」

ハルヒ「にゃーお♪」

みくる「あ、猫耳ですか、かわいいですねぇ〜♪」

ハルヒ「にゃーにゃー」

みくる「あ、あの?」

ハルヒ「ごろごろ……なーお」

みくる「……」

キョン「お分かりいただけただろうか」

長門「……それにしてもこのハルヒ、ノリノリである」

みくる「ああ、なんだか頭痛が……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:42:20.05 ID:3QMVuAxD0

ハルヒ「にゃー」

古泉「さて、どうしましょうか」

長門「……とりあえず様子を見る」

キョン「しかしだな、長門……」

みくる「わー、耳もしっぽも本物なんですね、これ」

ふさふさ

みくる「かわいいなあ……」

なでなで

ハルヒ「フーッ!」

みくる「ひっ」

キョン「うかつに触らないほうがいいですよ、元がハルヒなんですから」

古泉「気性が激しいのは折り紙つきですか」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:48:34.00 ID:3QMVuAxD0

キョン「だいたい猫になるなら、いっそのこと完全になってくれた方が助かったんだ」

古泉「見た目では、せいぜいコスプレした人間にしか見えませんからね」

キョン「これだと、もし急に暴れらだしたらここにいる人間だけで対処できるかどうか……」

長門「……それは任せて」

キョン「お、おい。怪我はさせるなよ」

みくる「あ、あの……涼宮さんなんだか機嫌悪そうですけど」

キョン「言ってるそばからエマージェンシーですか!」

ハルヒ「ふーっ……ごろごろ」

古泉「お腹空いてるんじゃないんですか」

キョン「ベタな展開だな」

古泉「とりあえず打てる手は尽くしましょう、部屋の備品が壊れる前にね」

みくる「あ、あたし購買で牛乳買ってきます!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:54:49.64 ID:3QMVuAxD0

〜数分後〜

みくる「あとパンも一応買ってきたんですけど……」

古泉「猫ってパン食べるんですか」

キョン「シャミセンは多分食べないな」

長門「……現在、涼宮ハルヒの体の構成はほとんど人間と同じ」

キョン「なら、食べられないってこともないか」

みくる「紅茶のソーサーに牛乳を入れて見ました」

キョン「お、気が回りますね」

みくる「ど、どうぞ……」

ハルヒ「……?」

古泉「警戒してますね」

ハルヒ「……にゃー」

ぴちゃぴちゃ

キョン「お、飲んだ飲んだ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 14:59:10.89 ID:3QMVuAxD0

みくる「パンも食べるかなぁ……」

そーっ

ハルヒ「ぎにゃー!」

みくる「ひっ」

キョン「ああ、ダメですよ。食べてるときに頭上に何か差し出すと怯えますから」

みくる「は、はあ」

キョン「まだ警戒してますからね、一息つくのを待ってから、一口大にちぎって」

ハルヒ「ふー」

キョン「ちょっと離れた位置にこう、差し出してやれば」

ハルヒ「……にゃ?」

キョン「丁度食べやすい高さに掌を置くといいですね」

ハルヒ「にゃー」

かじかじ

みくる「おおー」

古泉「慣れてますねえ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 15:03:15.91 ID:3QMVuAxD0

みくる「けっこう食べますねえ」

古泉「お腹空いてたんですね、やっぱり」

ハルヒ「かぷかぷ」

ぺろぺろ

キョン「わわ!?まだあるから!手を舐めるな手を!」

ハルヒ「ふにゃ?」

キョン「(見た目が人間なだけに余計と心臓に悪いな)」

みくる「か、かわいい……」

古泉「さて、これで機嫌も直りそうですね。今後について話し合うとしますか」

みくる「かわいすぎます、もー!」

ぎゅっ

ハルヒ「ふぎゃ!?ぎにゃー!」

みくる「ひ、ひぃっ!?」

古泉「……また機嫌が悪くなりましたね」

長門「……台無し」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 15:14:18.01 ID:3QMVuAxD0

キョン「で、どうするんだこれ」

古泉「このまま家に帰すわけには行かないでしょう」

キョン「だからといって帰さないとそれはそれで問題だろう」

ハルヒ「にゃー、にゃー」

キョン「ほら、今大事な話をしてるんだからあっちに行ってなさい」

ハルヒ「うー!」

古泉「あまり適当に扱わないでくださいよ、暴れられたら困るんですから」

キョン「やれやれ」

ハルヒ「にゃーお」

もそもそ

キョン「自分の椅子に座れよ、まったく……」

古泉「猫は温かいところが好きですからね、あなたの体温が丁度心地いいんじゃないですか」

キョン「気持ち悪いことを言うな!」

みくる「膝の上で丸くなって、ほんと猫ですねえ……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 15:22:42.45 ID:3QMVuAxD0

長門「……」

キョン「どうした、長門」

長門「……対象はあなたに一番なついている」

キョン「おいおい、お前までそんなこと言うのか」

長門「qasedrftgyhujikolp;@:」

キョン「!?」

長門「……涼宮ハルヒの外見を、ここにいる人間以外には普通の猫に見えるようにした」

古泉「はあ」

長門「……あなたが飼って」

キョン「……何だって?」

長門「今、世間的には彼女は普通の猫。あなたが飼って」

みくる「いい案かもしれませんねえ」

キョン「ちょっと待て!おい、嘘だろ」

ハルヒ「ふにゃー……ごろごろ」

古泉「決まりですかね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 15:26:11.01 ID:3QMVuAxD0

キョン「だいたいそれなら俺じゃなくてもいいだろ!」

長門「……私のマンションはペット禁止。条件にそぐわない」

みくる「うちもそうですね……」

古泉「残念ながら、僕の家もペットはちょっと」

キョン「お前らはいつもそうだ!面倒なことは全部俺に押し付けて!」

古泉「ま、まあまあ」

ハルヒ「ふにゃぁ」

すりすり

キョン「ひっ」

みくる「ほ、ほら、やっぱりキョンくんがいいんですよ!ね?」

ハルヒ「にゃぁん……」

ぺろぺろ

キョン「ひぃぃっ!?」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:02:27.65 ID:cxnbKEUo0

さすがに24時間以上も経ってたら、もう戻ってこないよね
続き書いちゃおう

>>23の続きから

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:05:08.95 ID:cxnbKEUo0

古泉「それでは、よろしくお願いしますね」

キョン「はぁ、何で俺がこんな目に……」

ハルヒ「にゃ〜ん、ふにゃ〜ご」スリスリスリ

みくる「何だか羨ましくなっちゃうくらいキョンくんに懐いてますね」

キョン「迷惑ですよ……で、いつまで飼っていればいいんだ?」

長門「出来る限り早く原因を突き止める。それまで頑張って」

キョン「頼むぞホントに」

ハルヒ「うにゃ〜ん!」ギュウウ

キョン「うおわ! しがみ付くな!! 胸が! 感触が!! あああーー!!」

古泉「おやおや、微笑ましいですね」


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:09:14.74 ID:cxnbKEUo0

帰り道


キョン「どうしてお前はいつもいつもトラブルを持ち込むんだ?」

ハルヒ「ふにゃん?」

キョン「……今のお前に言っても意味無いよな。はぁ」

谷口「おっ、キョン。お前も今帰りか」

キョン「おお、谷口か」

谷口「ん? 何だよその猫は?」

キョン「ああ、こいつは」

ハルヒ「ふにゃーー♪」

キョン「おわああ!!」ドシーン

谷口「おいおいキョン、そんな猫に乗っかられたぐらいで倒れんなよ」


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:13:19.49 ID:cxnbKEUo0

キョン(このやろう! いきなり全体重かけてのっかかりやがって!!)

谷口「情けねー奴だな。ほら、手」

キョン「あ、ああ、すまん」スッ

ハルヒ「にゃん♪」ペロッ

キョン「ふおおお!! みみ耳を舐めるなぁぁぁ!!」

ハルヒ「むにゃにゃん♪ にゃん♪」ペロペロペロ

キョン「や、やめ、お、おおう……」

谷口「随分と懐いてるんだな、その猫……」

キョン「だーー!!! やめろっての!!!」グワッ

ハルヒ「にゃ!!」


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:17:20.11 ID:cxnbKEUo0

谷口「それじゃ、気をつけて帰れよー」

キョン「ああ、じゃあな……」

ハルヒ「ふにぃ?」

キョン「危なかった……新しい何かに目覚めるところだった……」

ハルヒ「ふにゅう」

キョン「こいつが他人には猫に見えてるってのがせめてもの救いだな」

ハルヒ「うにゃふにゃ」

キョン「しかし、それはそれで俺は猫相手にあんな醜態を晒してしまっているように見えるわけか……」

キョン「はぁ、最後までもつのか俺……」


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:21:14.02 ID:cxnbKEUo0

キョン自宅


キョン「ただいま」

キョン妹「おかえりキョンくん。今日お父さんとお母さん、帰って来れないって」

キョン「そうか、それは好都合だな」

キョン妹「え? 何が?」

キョン「あ、いや、こっちの話だ」

ハルヒ「にゃ〜ご!」

キョン妹「あれ? なにその猫?」

キョン「ああ、こいつはその、友達から預かった猫でな。しばらく家で預かることになった」

キョン妹「へ〜そうなんだ。名前はなんなの?」

キョン「え? 名前?」


225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:25:14.06 ID:cxnbKEUo0

キョン(名前なんてそんなの考えてねぇよ)

キョン(え〜とえ〜と、何か適当に……ハルヒ……猫……にゃ〜……)

キョン「……にゃんだ」

キョン妹「え?」

キョン「ハルにゃんだ」

キョン妹「ハルにゃん?」

キョン「そ、ハルにゃん」

キョン妹「ハルにゃん……そっかぁ、よろしくねハルにゃん!」

ハルヒ「にゃん♪」

キョン(……よく考えたら別にハルヒの名前と絡ませる必要ねーじゃねーか。馬鹿だろ俺)


229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:29:13.56 ID:cxnbKEUo0

キョン妹「シャミに友達ができたね〜」

キョン(そういえばシャミセンがいたな。喧嘩とかしないだろうな?)

キョン(考えてても仕方ない。俺の部屋に連れていくか)

ハルヒ「ふにゃ〜お、ふみぃ」スリスリスリ

キョン「くっつくなっての、もう……」

キョン妹「キョンくんとハルにゃん、とっても仲良しだね〜」

キョン「そういう言い方はやめてくれ」

キョン妹「キョンくん、晩ご飯はどうする?」

キョン「そうだな、出前でも頼んどいてくれ。3人分な」

キョン妹「3人分?」

キョン「あああいや、2人分な2人分!!」

キョン(こいつの飯は……冷蔵庫から適当に見繕って持っていくか)


231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:33:13.71 ID:cxnbKEUo0

キョンの部屋


キョン「はああ、やっと一旦落ち着ける」

ハルヒ「にゃん、にゃにゃん」スリスリ クンクン

キョン「……やっぱり全然落ち着けねえ」

ハルヒ「ふにゃあ、みゃあ」ゴロゴロ

キョン「見れば見るほど猫だよなぁ」

ハルヒ「にゃあ」ササッ

キョン「ん? 何で部屋の隅っこに移動したんだ?」

ハルヒ「ふにゅうう……」フルフル

キョン「なんだなんだ?」


チョロチョロチョロ・・・・・・


キョン「って、わーー!! こんなところでおしっこするなーー!!!」


235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:38:11.03 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「にゃん♪」

キョン「スッキリ♪って顔してんじゃねーよ! ああもう……」

キョン「とにかく掃除しないと……まさかトイレの躾までしないといけないとはな」


キョン「こんなもんかな。やれやれ」

ハルヒ「ふにゃああ……」

キョン「そういや漏らしたってことはお前の下着も濡れちゃってるのか。着替えさせないとな」

キョン「……着替えさせる?」

キョン「誰が?」

キョン「俺が?」

ハルヒ「にゃあご」

キョン「……」


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:42:13.75 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「にゃあん」ウルウル

キョン「何だよその目は……?」

キョン「いやいや無理無理!! いくら何でもやばいだろ!!」

キョン「けど妹には猫にしか見えてないしな……」

キョン「しょうがない。こんな時間だが長門か朝比奈さんに来てもらうしかない!」

キョン「そもそも俺1人で面倒みるのは無理があったんだよ」ピッピッ


長門『頑張って』

みくる『頑張ってくださぁい』


キョン「薄情者ーー!!!」


242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:46:11.08 ID:cxnbKEUo0

キョン「くそっ、やるしかないのか……」

キョン「いくらなんでもこのまま放っておくのは可哀想だからな」

ハルヒ「にゃー?」

キョン「待てよ。着替えさせるといっても替えの下着なんてないぞ」

キョン「いや、下着どころか着替えも何もない……」

キョン「妹のを……頼むにしてもこっそり拝借するにしても物凄い罪悪感……」

ハルヒ「にゃーにゃー」ゴロゴロ

キョン「しょうがない。俺のを着せるしかないか。たくっ、何でこんなことに」

キョン妹「キョンく〜ん」ガチャ

キョン「はああ!! 何ですか!?」

キョン妹「お客さんだよ」


247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:50:23.64 ID:cxnbKEUo0

古泉「どうも、こんばんは」

キョン「古泉? 何しに来たんだ?」

古泉「涼宮さんの着替え等でお困りだと思って、機関で用意していろいろ持って来ました」

古泉「あとさすがに女性を着替えさせるのは抵抗があると思われましたので……」

森「こんばんは」

キョン「森さん!?」

古泉「何かお手伝いをと来て頂きました」

キョン「……心の友よ」ガシッ

古泉「ははは、抱きつかないでくださいよ」

ハルヒ「にゃー……」


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:54:13.89 ID:cxnbKEUo0

森「あらあら、本当に猫さんになっちゃってますね」

キョン「森さんにはハルヒに見えてるのか?」

古泉「ええ、長門さんに頼んで」

森「猫耳もしっぽも可愛いですね。ん〜」モフモフ

ハルヒ「ふにゃーー!! にゃーご!!」

森「あらら、嫌われちゃいました?」

古泉「彼以外にはなかなか心を開かないようで」

キョン「ともかく俺の部屋へ。いろいろ相談したいこともあるからな」

ハルヒ「にゃーご♪」ピトッ

キョン「引っ付くなってのに!」

森「懐いてますねぇ」


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 22:58:21.98 ID:cxnbKEUo0

森「それでは着替えさせますので、待っててください」

ハルヒ「ふにゃーー!! にゃー!!」ジタバタ

森「もう、暴れないでください。では」パタン

キョン「ホントに助かったぜ」

古泉「いえいえ」

キョン「ところで明日からはどうすればいいんだ? いくらなんでもあの状態で学校に行くのは」

古泉「ええ。申し訳ありませんが、あなたと涼宮さんにはしばらく休んでもらうことになりますね」

古泉「理由や手続きについては任せてください。何なら休んでいる間の勉強も見て差し上げますよ?」

キョン「ありがたいが断らせてもらう」

古泉「そうですか、ふふ」

ハルヒ『にゃーーおぅ!!』

キョン「うおっ!!」


261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:02:17.44 ID:cxnbKEUo0

森『あんもう! 動かないでください!』

ハルヒ『ふにぃ! ふしゃーー!!』バリバリ

森『痛い! 引っ掻かないで!?』

ハルヒ『ふーー!!』

森『威嚇しないで……』

ハルヒ『にゃーー!!』

森『きゃー! ちょ、ちょっと!!』

森『や、ちょ、だめ、そこは!!!』

森『……あ…………』

『…………………………』


キョン「い、いったい何が起こったんだ……?」


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:06:21.49 ID:cxnbKEUo0

森「……」ガチャ

古泉「も、森さん、いったい何が?」

森「何とか着替えは終わらせました」

キョン「あ、ありがとうございます」

森「ですが、これ以上は無理です」

キョン「え?」

森「申し訳ありませんが、これはあなたにしかできません。頑張ってください」スタスタ

古泉「あっと、待ってください森さん」

古泉「えっと、というわけみたいです。僕らはこれで失礼します」

キョン「あ、ああ」

古泉「また何かあれば連絡を。では」スタスタ


ハルヒ「にゃー♪」

キョン「お前はいったい何をしたんだ……」


271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:10:14.46 ID:cxnbKEUo0

キョン「一応下着だけでなく、寝間着にも着替えさせてくれたみたいだな」

ハルヒ「にゃんにゃにゃん」

キョン「はぁ、これであと心配なのは……」

キョン妹「キョンく〜ん、出前届いたよ〜」

キョン「ああ、今行く」

キョン「ついでにこいつの晩飯も取ってこないとな」

ハルヒ「にゃ〜♪」スリスリスリ

キョン「……どんな時も離れないんだな、お前」

キョン「よしっと、こんなもんかな」

キョン「さすがにこんな状態で妹と一緒には食べれないな。部屋に戻るか」


キョン「ふう、やれやれ」ガチャ

キョン「ん?」

シャミセン「にゃあ」


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:14:14.47 ID:cxnbKEUo0

キョン「シャミセンか。俺のベッドに潜り込むなよな」

キョン「まあいい、それよりメシを……ん?」

ハルヒ「……」

シャミセン「……」

キョン「なんだ? どうしたんだ?」

ハルヒ「……」

シャミセン「……」

キョン「まさか喧嘩とかしないだろうな」

ハルヒ「きしゃーー!!」

シャミセン「ふーー!!」

キョン「だーー!! 喧嘩するなーー!!」


281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:18:14.01 ID:cxnbKEUo0

キョン「おい、妹よ!」

キョン妹「あれ? キョンくんどうしたの?」

キョン「シャミセンをお前の部屋から出さないようにしてくれ! 2匹の相性は最悪だ!」

キョン妹「うん、分かった〜。おいでシャミ〜」

シャミセン「ふぎゃ〜ご!」


キョン「まったく……誰彼構わず喧嘩を売るんじゃねーよ」

ハルヒ「ふにゃん♪」

キョン「ふにゃん♪ じゃねーての」

キョン「ともかくメシだメシ。いろいろありすぎて腹が減ってしょうがない」

キョン「メシは……置いといたら食べてくれるかな? 俺も自分のメシを食いたいんだが」


288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:22:16.69 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「くんくん」

キョン「そうそう、チャーハン(解凍済み)はうまいぞ〜」

ハルヒ「ふにゃーご!」

キョン「わっ! 何だ?」

ハルヒ「にゃーにゃーにゃー!!」ゴロゴロゴロ

キョン「……食べさせろってことか?」

キョン「よく考えたらこんな状態で箸やスプーンを使えるわけないよな」

キョン「しょーがないな。ほら、こっち来い」ポンポン

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「……だんだん慣れてきてる自分が怖い」


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:26:28.18 ID:cxnbKEUo0

キョン「ほら口開けろ、あーん」

ハルヒ「にゃーん♪」

パクッ

キョン「……普通じゃ絶対できないな、こんなこと」

キョン「誰かに見られでもしたら自殺モンだ。やれやれ」

ハルヒ「にゃーにゃー」

キョン「ああはいはい、あーん」

ハルヒ「にゃーん♪」

パクッ ガリッ!!

ハルヒ「ぎにゃーー!!」

キョン「あああ、スプーンごとおもいきり噛みやがったな」

ハルヒ「にゃん!!」バシッ

キョン「スプーンに八つ当たりするな!」


297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:30:21.14 ID:cxnbKEUo0

キョン「ああもう、これじゃあどうやって食わせればいいんだよ」

ハルヒ「にゃーお! ふにゃー!」

キョン「手で食わせろとでもいうのか?」

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「……」

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「ああもう! 分かったよ!」

キョン「指の先にチャーハンを掬って……ほれあーん」

ハルヒ「にゃーん♪」

キョン「指ごと食うんじゃないぞ」

パックン

キョン「指ごと食うなと言っただろーが!!」


301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:34:19.60 ID:cxnbKEUo0

キョン「こらこらこら! 離せ! それはチャーハンの具じゃない!!」

ハルヒ「ふにゅ〜♪」


ピチャピチャクチャ・・・


キョン「口に含んだまま舐めるな! 離せっての!!」

ハルヒ「ふにゅふにゅむにゅ〜〜」


クチャクチャニチャ・・・


キョン「ふおお何だコレ!! 初めて感じるこの感覚!!」

キョン「おおふぅ……何だか……何もかもが……どうでもよく…………」

ハルヒ「ふみゅ〜〜♪」

キョン「って、わーーー!! やめろーーー!!!」シュポッ

キョン「危ない……もっと気をしっかり持たないと」


306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:38:13.88 ID:cxnbKEUo0

キョン「どうにか全部食わせ終わったか……恐ろしく時間かかっちまったな」

キョン「ほら、コップに牛乳いれてあるから自分で飲め」

ハルヒ「にゃ〜ん〜」ガシッ

キョン「勘弁してくれ。俺も自分のメシを食いたいんだよ……」

キョン「あとでたっぷり相手してやるから。な?」

ハルヒ「む〜〜〜〜、にゃー♪」

キョン「はぁ、何とか分かってくれたか」

ハルヒ「にゃーん♪」ヒシッ

キョン「……まあ背中にしがみ付かれるのぐらいは我慢しよう」


キョン「うまい……カツ丼をこんなにうまいと感じたのは初めてだ……」


309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:42:15.27 ID:cxnbKEUo0

キョン「ごちそうさんっと。さて、これからどうするかな」

ハルヒ「にゃーー♪」ガバァ

キョン「ぎぶえっ!! お、おま、今、この状態で、腹に、乗っかるな馬鹿……」

ハルヒ「にゃーにゃーにゃー♪」ペロペロペロ

キョン「顔を舐めるなっての!! ていうかどけ!!」

ハルヒ「にゃーごにゃーご♪」ペロペロペロ

キョン「駄目か、何か脱出の方法は……」

キョン「ん? あれは……そうか! あれがあった!!」

キョン「何とかあれを……よし、取った!!」ガシッ

キョン「ほらほらハルヒ、これ見ろこれ」フリフリフリ

ハルヒ「ふにっ!! ふにゃにゃにゃにゃ!!」パシッパシッ

キョン「やっぱり猫なんだな。猫じゃらしにここまで反応するとは」


315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:46:17.83 ID:cxnbKEUo0

キョン「ほーれほれほれほれ」フリフリ

ハルヒ「ふにゃん! にゃんにゃにゃん!!」

キョン「ほらこっちだ、ほれほれ」フリフリフリ

ハルヒ「ふにゃーご! ごろにゃーご!!」

キョン「お、ボールがあった。そーら取って来いハルヒー」

ハルヒ「にゃー! にゃーにゃにゃー!!」シュパパ

パクッ

ハルヒ「にゃーにゃー!!」

キョン「よーしよし、いい子だいい子だ」ナデナデ

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「あれ? 何か楽しいぞ、これ」


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:50:16.86 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「ふにゃあ……あふ……」

キョン「随分と眠そうだな。あれだけ食って遊べば当然か」

キョン「時間も時間だし、そろそろ寝るか」

キョン「ん? 寝る?」

キョン「そういえば寝るときの事を考えてなかったな……」

ハルヒ「ふあああ……ふにぃ」

キョン「同じ部屋で寝るのはまずいよな。別々の部屋で寝るか」

キョン「んじゃ、布団を持ってと」

ハルヒ「ふにゅう……」

キョン「お前はベッド。よいしょっと」ポスン

キョン「じゃあなハルヒ、おやすみ」

ガシッ

キョン「……離せ」


320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:54:20.81 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「ふにゅうう……にゃあああ」

キョン「駄目だっての。大人しく1人で寝ろ!」

ハルヒ「にゃああ!!」ギュウウウ

キョン「離せって!! こんの!」ブンブン

ハルヒ「にゃ!?」パッ

キョン「よし、いまだ!!」ダダッ

バタンッ

キョン「ふう、何とか逃げ切ったか。ま、しばらくすれば大人しく寝てくれるだろ」

ハルヒ「にゃーー!!」バァン

キョン「わーーー!!!」

ハルヒ「にゃあん♪」ギュウウウ

キョン「今お前、普通に立って普通にドア開けて出てこなかったか、おい!!」


324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 23:58:16.35 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「にゃあにゃあにゃあ!」グイグイ

キョン「わっわっ! 引っ張るな馬鹿!!」

キョン「分かった分かった! どこにも行かないから!」

ハルヒ「にゃ〜♪」

キョン「まったくもう。お前がベッドで俺が床な」

ハルヒ「にゃーー!!」ギュウウウ

キョン「それも駄目と!!」

キョン「ま、まさか2人で一緒の布団で寝るとか言うんじゃないだろうな?」

ハルヒ「にゃん♪」

キョン「いやいやいや!! それだけは駄目だ! 絶対駄目だ!!」

ハルヒ「にゃあああ!!」グググッ

キョン「きょえええ!! くく首を絞めるな!! 分かった! 分かったから!!」


335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 00:06:12.90 ID:cxnbKEUo0

ハルヒ「にゃあにゃあ」フニョフニョ

キョン(平常心平常心)

ハルヒ「にゃーにゃー」ペロペロ

キョン(平常心平常心)

ハルヒ「……」

ハルヒ「にゃ」クチュ

キョン「ほわあああああ!!!」ガバァ

キョン「耳の中に舌を入れるなぁ!! びっくりしたぁ!!」ドキドキ

ハルヒ「にゃあ♪」

キョン「頼むからもう大人しく寝ろ!! 分かったか?」

ハルヒ「にゃん!」

キョン「本当に分かってんのか……?」

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 00:02:14.10 ID:FAjxZVYj0

キョン「しょうがない。こいつが寝たらこっそり抜け出すか」

キョン「電気消すぞ。おやすみ」パチッ

ハルヒ「にゃ〜〜」

キョン(はぁ、疲れた。いろんな意味で。頼むからもう何もしないでくれよ)

ハルヒ「ふにゃ〜ん」モゾモゾ

キョン「くっついてくるなよ、もう……」

キョン(いまさらこの程度で目くじら立てても仕方ない。こいつが寝るまで耐えるとするか)

ハルヒ「うにゃ〜」

キョン(平常心平常心)

ハルヒ「ふにゃふにゃ〜ん」ムニュムニュ

キョン(胸が当たってるが、平常心平常心)


342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 00:10:12.86 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「にゃあ」

キョン「はいはいおやすみおやすみ」

ハルヒ「すぅ……すぅ……」

キョン(……やっと大人しくなったか)

ハルヒ「ふにゃ……」ギュウウ

キョン(まあ、しがみ付かれるぐらいは我慢するか)

キョン(ともかく、これでやっと眠れる。長い1日だった)

ハルヒ「あふ……はぁ……はぁ……」ゴソゴソ

キョン(ん? 何か左足に妙な感触が……?)

ハルヒ「ふにゃあ……ふあ……にゃあん……」ゴソゴソ

キョン(おい……お前は何を擦り付けている……?)


347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 00:14:13.49 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「うにゃにゃ〜ん……」ヨジヨジ

キョン「おい、何で覆いかぶさる?」

ハルヒ「にゃ〜ご」ギラギラ

キョン「何だ、その獲物を狙う捕食者の目は……?」

ハルヒ「にゃ〜〜〜お〜〜〜」ヌオオオオ

キョン「何かおかしいぞお前!! どうしたんだ!?」

ハルヒ「はぁ、はぁ、にゃあお〜〜」ダラダラ

キョン「まさか……発情期?」

ハルヒ「にゃおーーー!!!」グワッ

キョン「だーーーー!!!」

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:08:11.21 ID:FAjxZVYj0

翌朝


キョン「な、何とか凌ぎきったぞ……」

キョン「結局こいつが離してくれなかったから、一晩中一緒だったが」

ハルヒ「すぅ……くぅ……」

キョン「暢気な寝顔だな、まったく」

キョン「今なら拘束も緩くなってるな。よっと……」ググッ

キョン「よし、脱出成功。とりあえず朝飯にするか」


キョン「冷蔵庫の中は見事に空っぽと」

キョン「どうすっかな。コンビニで何か買ってくるか」

キョン「……よく寝てるし大丈夫だよな」

キョン「しっかり鍵を閉めて。よし行くか」


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:12:12.32 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「……」パチッ

ハルヒ「ふにゃあ……」ボー

ハルヒ「にゃー!」ブンブン

ハルヒ「にゃあ♪」

ハルヒ「にゃー?」

ハルヒ「にゃーにゃー?」キョロキョロ

ハルヒ「にゃーにゃー!!」バタバタ

ハルヒ「にゃーにゃーにゃー!!!」バタバタバタ

ハルヒ「にゃあ……」クタッ


シーン・・・


ハルヒ「にゃー……」ジワッ


480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:16:14.38 ID:FAjxZVYj0

キョン「そういえば、調査は今どのくらい進んでるんだ?」

キョン「授業が始まるまではまだ時間があるな、携帯で聞いてみるか」ピッ

古泉『どうもおはようございます。あなたからの電話とは珍しいですね』

キョン「そんなことはどうでもいい。あれから何か分かったか? 長門から何か聞いてないか?」

古泉『今朝長門さんと会ったときに少し情報を仕入れましたよ』

古泉『どうやら今回涼宮さんが猫化したのは、涼宮さん自身の能力が原因のようです』

古泉『なんでもある願望を満たすために無意識のうちに能力を発現させたのだとか』

キョン「願望? 何だそれは?」

古泉『まだそこまでは分かっていないそうです。引き続き調査を進めると』

キョン「そうか。分かった、ありがとな」

古泉『いえいえ、それでは』ピッ

キョン「うーん、願望ねぇ」


483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:20:09.99 ID:FAjxZVYj0

キョン「ただいま」ガチャ

キョン「ハルヒー、起きてるかー?」

キョン「……あれ? ハルヒ?」キョロキョロ

キョン「おいおいハルヒ、どこ行ったんだ!?」

ハルヒ「にゃあ……」

キョン「おっと、何だ、いるじゃないか。何でそんな隅っこにいるんだよ?」

ハルヒ「ふにゃあ……」フルフル

キョン「ん? どうしたんだ?」

ハルヒ「にゃあああ〜〜!!」ガバァ

キョン「うわっとぉ!!」


485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:24:10.71 ID:FAjxZVYj0

キョン「いきなり抱きつくなって何回も言ってるだろう!!」

キョン「まったくお前は……ん?」

ハルヒ「ぐず……ひっく……ふにぃぃぃ……」

キョン「ハルヒ……お前、泣いてるのか?」

ハルヒ「にゃぁ……ふみぃぃ……」

キョン「……ひょっとして、俺がいなかったせいか?」

キョン「起きたら俺がいなかったから不安にさせちまったってことか?」

ハルヒ「ぅぅぅぅ……ふにゃぁぁぁ」

キョン「……悪かったよ。もう置いていったりしないから」ナデナデ

ハルヒ「……すん…………」


487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:28:12.66 ID:FAjxZVYj0

キョン「ほら、朝飯とついでに昼飯も買ってきたぞ。食おう食おう」

ハルヒ「にゃーご♪」

キョン「もう機嫌直ったのかよ」

キョン「ま、その方がいいけどな。ほら、おにぎり」

ハルヒ「にゃ〜ん♪」

キョン「ちゃんと行儀良く食べろよ」

ハルヒ「にゃん!」パックン

キョン「お前また指ごと……きちんと躾けたほうがいいのかこれは?」

ハルヒ「にゃ〜〜」

キョン「やれやれ」


490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:32:14.73 ID:FAjxZVYj0

キョン「さて、学校に行けないのは仕方ないとして、どうすっかな?」

キョン「特に何もすることがないよなぁ。暇だ」

ハルヒ「にゃああああ!!」バタバタバタ

キョン「わっ!! 何だ、いきなり走り回って!?」

ハルヒ「にゃん!! にゃー!! にゃあお!!」パシッ パシッ

キョン「何だ? 何をしてるんだ?」

ハルヒ「にゃあ♪」

キョン「ん? 止まったな」

ハルヒ「にゃあにゃあ♪」

キョン「何だ? 何か持ってるのか……んん?」


カサカサカサカサカサカサカサカサ・・・


キョン「わああああ!! ゴキブリぃぃぃ!!!」


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:36:12.18 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「にゃーにゃー」トコトコ

キョン「ちょ! ま! それ持ってこっち来るな!!」

ハルヒ「にゃー♪」ズイ

キョン「いいから! プレゼントとかしなくていいから!!」

ハルヒ「にゃーん♪」パッ

キョン「もう片方の手にも持ってたぁぁぁ!!!」

ハルヒ「にゃ〜〜にゃ〜〜♪」ジリジリ

キョン「ひいいい!! 助けてくれ!! 助けてくれぇぇ!!」

ハルヒ「うにゃーー!!」ガバァ

キョン「ああああああああああ!!!!」


496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:40:12.06 ID:FAjxZVYj0

北高 部室 昼休み


みくる「あの、古泉くん」

古泉「はい、何でしょう?」

みくる「本当にキョンくんに話さなくていいんですか?」

古泉「ええ、むしろ話さないほうがうまくいくと思われますので」

古泉「ですよね、長門さん?」

長門「……」コクリ

みくる「でもでも、やっぱり気が引けると言いますか……」

古泉「一応今朝彼が電話してきた時に、怪しまれない程度に少しだけ話はしましたが」

古泉「とにかく、今は見守ることにしましょう」

古泉「これは彼にしかできないことですからね」

みくる「はうぅ……」


499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:44:10.51 ID:FAjxZVYj0

古泉「それにしても長門さん」

長門「なに?」

古泉「もう少し早く連絡してほしかったですね。そうすれば彼の家に行くことはしなかったのですが」

古泉「もっともあの時点で本当に彼はお困りのようでしたので、結果的には行って良かったと思ってますけどね」

古泉「森さんは少し気の毒でしたが」

長門「朝比奈みくるへの説明が長引いた」

みくる「……すみません」

古泉「まあ特に支障はないですから大丈夫でしょう」

古泉「ところで長門さん、現在の状況はどうですか?」

長門「順調。このまま何事もなければ夕方には解決すると思われる」

古泉「そうですか、分かりました」


500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:48:14.50 ID:FAjxZVYj0

キョン「なぜだろう……? なぜか朝の記憶が一部とんでいる……」

ハルヒ「にゃーおにゃーご」クイクイ

キョン「ん? ああ、もう昼か」

キョン「はいよ、昼はパンな」

ハルヒ「にゃー♪」パクッ

キョン「……どうでもいいかもしれんが、お前普段は4足歩行なのにときどき2足歩行になるよな」

キョン「まあ身体は人間だからな。心が猫になっちまっても2足歩行のほうが楽なのかもな」

ハルヒ「うにゃん!」

キョン「お、食べ終わったか」

ハルヒ「にゃんにゃんにゃん!!」

キョン「分かった分かった、遊んでやるから」


502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:52:12.83 ID:FAjxZVYj0

キョン「日差しがポカポカして気持ちいいな」

ハルヒ「くぅ……すぅ……」

キョン「寝ちゃったか。あれだけ遊びまわればな」

キョン「俺も昼寝したいんだが何故か眠れん。気絶でもしてたかな?」

ハルヒ「ふにゅう……んん……」

キョン「本当に気持ちよさそうに寝てるな。俺の膝の上で」

キョン「……こいつも大人しくしてれば可愛いんだけどなぁ」

キョン「この猫耳と尻尾も結構……」サワサワ

ハルヒ「ふにぃ……んん……」

キョン「……何考えてんだ、俺は」

キョン「はぁ、こいつが起きるまで本でも読んでるかな」


506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 20:56:10.37 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「ふわあ……あふ」

キョン「お、起きたか」

ハルヒ「にゃー♪ にゃにゃー♪」スリスリ

キョン「何だ、まだ遊びたいのか? とことん元気な奴だな」

ハルヒ「にゃーお!」タタッ

キョン「どこ行くんだ、おい?」

ハルヒ「にゃーにゃー!」カリカリカリ

キョン「窓? ひょっとして外に出たいのか?」

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「いやいや駄目だ、中で大人しくしてろ」

ハルヒ「にゃー!!」

キョン「駄目!!」


508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:00:12.49 ID:FAjxZVYj0

キョン「ただでさえ大変なのに、外に出たらどうなることか」

キョン「とにかく駄目! 分かったか!」

ハルヒ「ふにゃー!」

キョン「むくれるなよ」

ハルヒ「にゃー」カチッ カチッ

キョン「ん? 何して……鍵開けようとしてんのか?」

ハルヒ「にゃあ!!」カチッ

キョン「おお! 開いた!」

ハルヒ「にゃあ〜♪」ガラガラ

キョン「窓を開けて」

ハルヒ「にゃん♪」ピョン

キョン「そのまま出て行くと……って、こらーー!!」


510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:04:13.99 ID:FAjxZVYj0

キョン「待て待て待て!! どうしてお前はこういう時だけ器用なんだ!!」ガシッ

ハルヒ「にゃーーにゃーー!!」ジタバタ

キョン「待てっての!! 特に必要ないからほっといたけど、お前まだ寝間着姿なんだぞ!!」

ハルヒ「にゃーご! ふにーー!!」

キョン「分かった分かった!! 連れてく! 連れてくから!!」

ハルヒ「にゃー♪」

キョン「恐ろしい奴だな、ホントに……」

キョン「しかし俺もとことん甘いな。もっと厳しく接しなければいけないんだろうが……」

キョン「どーしても押し切られてしまう。はぁ……」

ハルヒ「にゃ〜〜♪」

キョン「はいはい、今制服に着替えさせるから」

キョン「……着替えさせる?」


511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:08:11.19 ID:FAjxZVYj0

キョン「……」

キョン「いや、深く考えるのはよそう。どうせ無駄なことだ」

キョン「ハルヒ、今から着替えさせるが絶対に暴れたりするなよ。じゃないと連れて行かないからな」

ハルヒ「にゃあ♪」

キョン「さてと、平常心平常心」

キョン「夕べもあれだけの猛攻を凌ぎきったんだ。今さらこれくらい何でもない」

ハルヒ「ふにゃあ♪」

キョン「心頭滅却すれば火もまた涼し、心頭滅却すれば火もまた涼し」


ハルヒ「にゃお♪」ピョンピョン

キョン「凄いな俺、今なら悟りを開けそうな気がする」

キョン「何事も経験だな。ほれ、出かけるぞ」


518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:12:14.90 ID:FAjxZVYj0

北高 部室 放課後


長門「緊急事態発生」

みくる「え?」

古泉「どうかしたんですか?」

長門「予定よりも早く目覚めた」

みくる「ふえぇ!!」

長門「古泉一樹、あなたは彼に電話して。絶対に家から出ないようにと」

古泉「はい、分かりました」

長門「わたしは現場に向かう」

みくる「え、あ、あの、あたしは、えっと」

長門「邪魔をしないように」

みくる「はぁい……」


522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:16:14.14 ID:FAjxZVYj0

キョン「あ、しまった」

キョン「携帯を家に忘れてきちまった……」

キョン「結構遠くまで来ちまったしなぁ、取りに戻るのも面倒だ」

キョン「……しかし、古泉や長門から重要な連絡がくる可能性もあるし、う〜ん」

ハルヒ「にゃんにゃにゃんにゃ〜ん♪」

キョン「お前は心底楽しそうだな……」

キョン「猫ってこんな散歩好きな性格だったっけ? まあいい」

キョン「やっぱり取りに帰ろう。行くぞ」

ハルヒ「にゃーあー!!」

キョン「一旦帰るだけだって。すぐにまた出かけるから」


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:20:16.99 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「にゃ〜にゃ〜にゃにゃにゃ〜♪」

キョン「何がそんなに楽しいんだか……」

キョン「本当に今のコイツの状態ってなんなんだろうな?」

キョン「そういえば調査のほうはどうなってんだ?」

キョン「もうそろそろ夕方だし、何か進展があったかもしれん。帰ったら聞いてみるか」

???「あーー!!」

キョン「ん? なんだ?」

ハルヒ「ちょっとアンタ!! 何でこんなところにいるのよ!!」ズンズンズン

キョン「え?」

ハルヒ「え? じゃないわよ…………何よその顔?」


キョン「……………………え?」


530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:24:15.11 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「あたしついさっき起きたんだけど、気がついたらもう夕方よ夕方!!」

ハルヒ「それに日付みてさらにびっくりしたわよ!! なんと2日も寝ちゃってたのよあたし!!」

ハルヒ「タイミング悪く親は旅行に行ってるしさ。おかげで2日もずる休みしちゃったわよ」

ハルヒ「何でだろう? あたしそんなに疲れてたのかな?」

ハルヒ「とりあえず今からでも団活に出られるかもと思って、学校に行く途中なんだけど……」

ハルヒ「というか、あんた達も心配して電話かけるなり様子を見に来るなりしなさいよね!」

ハルヒ「まったく薄情なんだから……あれ? どうしたのよ?」

キョン「……」

ハルヒ「あんたさっきから様子がおかしいわよ。あたしの話聞いてるの?」

キョン「えええええええええええええ!!!!」

ハルヒ「きゃ!! 何よ!!」


535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:28:22.44 ID:FAjxZVYj0

キョン(なんだなんだ!? これはいったいどうなってるんだ!?)

キョン(え? ええ? ハルヒが2人? えええ?)

ハルヒ「ちょっとキョン落ち着きなさいよ。どうしたのよ?」

キョン「あ、ああ、すまん」

ハルヒ「あれ? あんたの後ろ、誰かいるの?」

キョン「ん? ああ、えと、その、この猫はだな、ハルにゃんといってだな……」

ハルヒ「え……?」

キョン「だからその……ん? どうした?」

ハルヒ「……あたし?」

ハルヒ「何で……あたしがもう1人いるの……?」

キョン「!!!」


539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:32:16.74 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「ちょっと! これどういうこと! 何であたしの偽者がいるのよ!!」

キョン「え? え? お前、これ猫じゃなくて人間に見えてるのか?」

ハルヒ「当たり前じゃない! 何よこの猫耳と尻尾は!!」

ハルにゃん「にゃー♪」

ハルヒ「何がにゃー♪よ!! 気持ち悪いわね!!」

キョン(どうなってる!? 長門の情報操作で猫にしか見えないはずでは!?)

ハルヒ「ちょっとキョン、説明しなさい!! こいつはいったい何なの!!」

キョン「いや、その、こいつはだな……」

ハルにゃん「にゃ〜ん♪」ギュッ

キョン「おい! こんな時に抱きついてくるな!!」

ハルヒ「……」ピキッ


546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:36:12.54 ID:FAjxZVYj0

キョン「おいこら! 離せって!!」ブンブン

ハルにゃん「にゃ〜にゃ〜♪」

ハルヒ「……随分と仲がいいみたいね、あんた達」

キョン「え? いや、違う! 違うぞ!!」

ハルヒ「ねえキョン、あたし今すっごいムシャクシャしてるの」

ハルヒ「だから1発だけ殴らせてくれない? いいでしょ?」

キョン「いやいや何でそうなる! やめろって!!」

ハルヒ「うるさい! 喰らいなさい!!」ブンッ

キョン「くっ……」

ハルヒ「ふにゃあ……」グラリ

ドサッ

キョン「え? 何だ?」

長門「……」

キョン「長門?」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:40:12.66 ID:FAjxZVYj0

長門「遅れた。すまない」

キョン「ああ、いや、助かった。ハルヒに何したんだ?」

長門「眠らせただけ」

キョン「そうか。ところで、いろいろ聞きたいことがある」

キョン「まず、なぜハルヒが2人いる? えっと、こっちの眠っているハルヒが本物なのか?」

長門「そう」

キョン「じゃあこっちの猫ハルヒはなんなんだ?」

ハルにゃん「うにゃ〜」

長門「古泉一樹と朝比奈みくるもこっちに向かっている。到着したら全てを説明する」

キョン「そうか……分かった」


551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:44:14.33 ID:FAjxZVYj0

長門「そろそろ」

キョン「え? 2人が到着するのがか?」

長門「違う」

ハルにゃん「ふにぃ〜」ギュウウウ

キョン「何だどうした? そんなに強く抱きついてきて」

ハルにゃん「ふにゃああ……」ギュウ・・・

ハルにゃん「……」

ハルにゃん「にゃー♪」ニパッ

キョン「え?」

シュウウウウウウウウウ・・・

キョン「な、何だ!? いきなり光りだしたぞ! どうなってんだ!!」


シュウウウ・・・・・・


キョン「ハルヒが……消えた……」


554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:48:12.24 ID:FAjxZVYj0

キョン「何で……どうして……?」

キョン「おい長門! これはどういうことだ!!」

「にゃー」

キョン「え?」

猫「にゃー」

キョン「……猫?」

キョン「えとハルヒが、ああ違う、ハルにゃんが消えて猫になった? ええ?」


ブロロロロ キキィ


古泉「どうも、お待たせしました」

みくる「きょ、キョンくん、長門さん!」

キョン「……」

古泉「どうやら、全て終わったようですね」


559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:52:16.25 ID:FAjxZVYj0

キョン「説明してくれ……なぜ猫ハルヒは消えた? この猫はなんだ?」

キョン「古泉、お前が今朝言ってたハルヒの願望ってなんだ? 全て説明しろ」

古泉「分かりました。まず、あなたがこの2日間を一緒に過ごした猫バージョンの涼宮さんですが」

古泉「もうお分かりでしょう。それは本物の涼宮さんではありません」

古泉「涼宮さんのとある願望がそこにいる猫に取り憑いて、具現化した姿だったのですよ」

キョン「とある願望? だからなんだそれは?」

古泉「……」

キョン「何だよ?」

古泉「これを言っても信じてもらえないでしょうから、あえて黙ってたのですがね」

古泉「涼宮さんの願望、それはあなたへの好意」

古泉「もっとぶっちゃけて言えばあなたとイチャイチャしたい、ということだったのですよ」

キョン「…………はぁ?」


564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 21:56:13.81 ID:FAjxZVYj0

古泉「以前あなたの家で団活を行ったことがありましたよね?」

キョン「ああ、団活という名のゲーム大会だったがな」

古泉「これは長門さんが気づいたことなんですが、涼宮さんはずっと見てたそうなんですよ」

キョン「見てた? 何を?」

古泉「朝比奈さんと楽しそうに会話するあなた」

古泉「しきりに長門さんを気に掛けるあなた」

古泉「口では悪くいいながらも、なんだかんだちゃんと妹さんの相手をしてあげているあなた」

古泉「そして、シャミセンのことを優しく撫でているあなたもね」

キョン「……それがどうしたってんだよ?」

古泉「要するに涼宮さんはみんなが羨ましかったんですよ」

古泉「同時にもっと自分もあなたと仲良くなりたい、という願望が芽生えていったのですよ」

キョン「ハルヒが? 俺に? まさかぁ」


569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:00:13.02 ID:FAjxZVYj0

みくる「キョンくん、それはちょっとひどくないですか?」

キョン「ええ!? そ、そうですか?」

長門「涼宮ハルヒはあなたに好意を抱いていた。それは紛れも無い事実」

キョン「あのハルヒがか? いくらなんでもそれはないだろ」

古泉「……本当はあなたにも事情を話して協力してもらおうという意見も出たんですがね」

古泉「事情を話しても絶対今みたいに言われるだろうと思ったので、あなたにだけ黙ってたんですよ」

キョン「ん? ちょっと待て! その口振りだとみんな最初から全て知ってたみたいじゃないか!!」

古泉「ええ、そうですよ」

古泉「最初に猫涼宮さんが見つかった放課後、その後解散してものの30分で長門さんは真相を掴みました」

古泉「そしてすぐに僕と朝比奈さんに連絡してくれたんです。僕への連絡は若干遅れましたが」

キョン「おい! 俺だけ仲間外れかよ!!」


577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:04:15.30 ID:FAjxZVYj0

古泉「まあその話は今は置いておきましょう」

古泉「それで先程言ったゲーム大会の帰りのことなんですが、長門さんがまた見たそうなんです」

キョン「今度は何をだ?」

古泉「猫です」

キョン「猫ぉ?」

古泉「ええ、かれこれ20分くらいその猫をじーっと見ていたそうです」

キョン「何考えてんだ、ハルヒは」

古泉「僕は心が読めるわけではないので詳しくは分かりませんが、おそらく涼宮さんはこう思ったのでは?」

古泉「『猫にでもなればキョンともっと仲良くできるかしら?』と」

キョン「なんじゃそりゃ?」

古泉「要するに涼宮さんはあなたのことが好きなのに素直になれなくて悩んでいたようですからね」

古泉「だから猫になることで理性のタガを外してしまえば、もっと仲良くなれると思ったのでしょう」

キョン「……いくら常識知らずのハルヒとはいえ、それはないだろう」


581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:08:11.18 ID:FAjxZVYj0

古泉「そう、それです。涼宮さんもそう思ったんですよ」

キョン「は?」

古泉「涼宮さんはプライドも高いですし、きちんとした常識というものも持っています」

古泉「ですから自分の抱いた願望に対し『ありえない』と考えたのでしょう」

キョン「そりゃそうだ」

古泉「しかし、1度抱いた願望は消えることなくむしろどんどん大きくなっていった」

古泉「そして涼宮さんの中で『願望』と『理性』が激しくせめぎあった結果」

古泉「『願望』だけが涼宮さんから離れ、1人歩きをしてしまったというわけですよ」

古泉「その『願望』がたまたま近くにいた野良猫に憑依したために」

キョン「……猫ハルヒが誕生しちまった、ということか?」

古泉「その通りです」


584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:12:11.51 ID:FAjxZVYj0

古泉「これは長門さんから得た情報を元に、僕が整理したものです」

古泉「僕の推論も混ざっていますが、概ね間違いはないと思いますよ」

キョン「だいたい分かった。で、なぜ猫ハルヒは消えちまったんだ?」

古泉「あなたに願望を叶えてもらったからですよ」

キョン「俺に?」

長門「あの猫涼宮ハルヒは願望の塊。何としても消滅させる必要があった」

長門「願望によって誕生した存在を消滅させる手段はただ1つ、その願望を叶えるしかない」

古泉「それで、あなた1人にお任せしたというわけですよ」

古泉「余計な先入観を与えないよう、事情は伏せたままでしたが」

キョン「さっき言ってた、俺にだけ事情を伏せていた理由……」

キョン「ハルヒが俺を好きだと言っても、俺は信じないからだと言ってたが……」

キョン「……ハルヒは本当に俺のことが好きなのか?」

古泉「この期に及んであなたは……」


587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:16:13.75 ID:FAjxZVYj0

古泉「この2日間、あなたと過ごした猫涼宮さんは楽しそうにしてたでしょう?」

キョン「おそろしいぐらいにな」

古泉「それだけ楽しんで満足したのでしょう。だからこそ願望が消え、消滅した」

キョン(猫ハルヒの最後の笑顔……あれはそういう意味だったのか)

古泉「しかし、今回はいろいろアクシデントも発生しました」

キョン「アクシデント?」

古泉「涼宮さんですよ。本当は夜まで眠っているはずだったのでしょう?」

長門「それはわたしの読みがあまかった。うかつ」

キョン「そういや何でハルヒは2日間も眠ってたんだ?」

古泉「さっきも言った『願望』と『理性』のせめぎあいによる疲労が溜まってたのだと思われます」

古泉「その間に閉鎖空間が発生しなかったのが救いでしたよ」


588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:20:13.74 ID:FAjxZVYj0

キョン「あともう1つ、ハルヒには猫ハルヒが普通に人間に見えてたみたいなんだが、あれはなぜだ?」

長門「分からない」

キョン「え? 分からない?」

長門「確かにわたしは涼宮ハルヒにも猫にしか見えないように情報操作を施した」

長門「しかし、実際には涼宮ハルヒには人間の姿に見えていた」

古泉「どういうことですかね? 願望という自身の分身だから情報操作による干渉を受け付けなかったということでしょうか?」

長門「分からない」

キョン「まぁそういうこともあるだろ。長門だって決して万能ではないってことだ」

みくる「あ、あのぅ」

キョン「あ、はい、何ですか?」

みくる「眠っている涼宮さん、どうするんですか?」


590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:24:13.46 ID:FAjxZVYj0

古泉「そうですね、せっかく眠ってもらっていることですし」

古泉「ベタですが、夢オチということにしてしまいましょう」

キョン「大丈夫か、そんなんで?」

古泉「口裏を合わせれば何とかなると思いますよ。では涼宮さんを自宅まで運びましょうか」

キョン「誰が?」

古泉「……」

キョン「……分かってるよ、よいしょっと」グッ

キョン「長門、鍵とか閉まってるだろうから頼むぞ」

長門「まかせて」

古泉「では、行きましょうか」

キョン「おっと、お前も災難だったな。もう帰っていーぞ」

猫「にゃー」


591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:28:13.53 ID:FAjxZVYj0

みくる「あの、キョンくん」

キョン「はい、何でしょうか?」

みくる「その、涼宮さんがキョンくんを好きってこと……」

キョン「あ、ええと、やっぱりそうなんですか……?」

みくる「うん、本当は涼宮さんが自分で言うべきことで、あたし達が言ってはいけなかったんだけど」

キョン「まぁ、こんな事態でしたからね……」

みくる「だからキョンくん、えっと、その……」

キョン「はい?」

みくる「もう少し、涼宮さんに優しくしてあげてくださいね」

キョン「……」


594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:32:13.36 ID:FAjxZVYj0

翌日 学校


ハルヒ「ちょっとキョン!!」

キョン「うわっ! びっくりした!!」

ハルヒ「何かあたし3日も眠ってたみたいなんだけど、どういうことよこれ!!」

キョン「知るかよ!! ずっと学校来ないと思ったら寝てたのかよお前!!」

ハルヒ「何よ!! あんたも団員なら起こしに来なさいよね!!」

キョン「何度も電話したし、お前ん家も行ったぞ。でもお前出なかったんだよ!!」

ハルヒ「あら? そうなの?」

ハルヒ「というかさっき聞いたけど、昨日はあんたも休んでたそうじゃない。何してたのよ?」

キョン「黙秘権発動」

ハルヒ「こら! 教えなさい!!」

キョン「……」


598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:36:12.20 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「あと何か変な夢見たのよ」

キョン「へー」

ハルヒ「何かあたしがもう1人いてね、しかも猫耳とか生えてたのよ」

キョン「ほー」

ハルヒ「何か妙にリアルな夢だったわ。今でもハッキリ思い出せるし」

キョン「はー」

ハルヒ「ちょっと! 真面目に聞いてんの!!」

キョン「夢の話だろ? そこまで気にすることじゃないだろうが」

ハルヒ「それはそうなんだけど……」

ハルヒ(その偽者のあたしがキョンと一緒にいたのが気になるなんて言えるわけないわよね。もう……)


603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:40:17.89 ID:FAjxZVYj0

放課後 部室


ハルヒ「何で今日は2人しか来てないのよ!!」

キョン「しょうがないだろ。3人とも用事があるって言ってたんだから」

キョン(このタイミングで3人とも揃って欠席ということは……そういうことなのか?)

キョン(ハルヒの気持ち……俺の気持ちはどうなんだろうな)

キョン(俺の気持ち……か)

ハルヒ「まったくもう! SOS団としての心構えがなってないわ!」

キョン(……よし、いくか)

キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「何よ!!」

キョン「どうせ2人しかいないんだ。今日は2人だけでどっか遊びに行かないか?」


604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:44:11.07 ID:FAjxZVYj0

ハルヒ「え?」

キョン「ああ、お前さえよければなんだけどな。どうだ?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「……まぁ、どうせ暇で暇でしょうがないし。うんしょがないわ!!」

ハルヒ「分かったわ、特別に付き合ってあげる。団長の心遣いに感謝しなさい!!」

キョン「分かった分かった。ほら、行こう」

ハルヒ「さぁ着いてきなさい!! たっぷり遊んでやるんだから!!」ダッ

キョン「置いてくな、こら!!」

キョン(はぁ、何か先が思いやられるな…………まぁいっか)


猫「にゃー♪」


おしまい


609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 22:46:14.13 ID:FAjxZVYj0

終わった終わった
乗っ取り初めてだったけど、慣れない事はするもんじゃないね
実力不足を痛感した
だけど後悔はしていない

支援、保守してくれた人、ありがとう
読んでくれた人、ありがとう

では



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:瑞鳳「島風ちゃんの服…」