古泉「僕が安価でメール…ですか」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ロン「いやwww悪いねハリーwwww」ハーマイオニー「ごめんねハリー」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:39:50.58 ID:wPitgV4q0

機関のお偉方の命令とは言え、なぜこのような事を?
……ぼやいていても仕方ありませんね。
早速メールを送る相手を>>4に指定していただきましょう。
できる限り僕の知っている方でお願いしますよ。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:42:13.61 ID:czeR98OdP



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:42:59.25 ID:wPitgV4q0

>>4
よりにもよって彼女ですか……。
しかし、指定されたからには任務は遂行しましょう。
では、内容を>>8にお願いしましょう。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:44:45.53 ID:RCerCECAO

今から単騎で乗り込む
覚悟しろ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:46:26.56 ID:wPitgV4q0

>>8
明らかな敵意の見える内容ですね。
単独での突入は自殺行為ですが…。
まぁ、メールですから問題ないでしょう。送信

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:49:39.21 ID:wPitgV4q0

返信が来ました。
彼女は割りとマメな性格のようですね。
毛嫌いしているはずの僕にすぐに返信をくれるとは、正直意外でした。

『こちらはいつでも臨戦態勢に入れます!
 死ぬ覚悟がおありなら、いつでもいらしてください!

            京子    』

…ふむ。彼女もいまどきの女子高生にありがちな、署名つきのメールでしたか。
相手がわかっているメールに署名が必要なのでしょうか?
理解できませんね。返信を>>12にお願いしましょう

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:50:23.48 ID:KmuC+miZ0

あなたは処女ですか?

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:51:18.50 ID:wPitgV4q0

>>12
ふむ。興味深い内容ですね。僕の品格は問われるでしょうが、挑発にはもってこいでしょう。
送信しました

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:53:44.50 ID:wPitgV4q0

これまた返信がはやい。
こうもわかりやすく挑発に乗ってこられると、少々拍子抜けですね。

『当たり前なのです!私達に恋愛なんてしてる暇はありません。
 少なくとも私達の組織に関しては。
 あなた方の組織…機関でしたっけ?そちらはよっぽど暇なんですね?

                   京子           』

んっふ、彼女も大人げないというか…。
さて、彼女が処女だという情報は得られました。
次はどうしましょう?>>18

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:55:12.56 ID:sjJ5F8i5O

僕が男というものを教えて差し上げましょう。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:56:09.76 ID:wPitgV4q0

>>18
これはまた男らしい。
涼宮さん達相手には間違っても言えないせりふですね。
ふふ、僕のストレス発散にもなりそうだ。
送信完了です

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:58:56.48 ID:wPitgV4q0

『はぁ〜?なんで私があなたみたいな貧相な男の子の相手をしなきゃいけないんですか?
 おあいにくさま、間に合ってるのです!
 そんなに飢えてるなら、そちらのインターフェイス?長門さん?でしたっけ?
 あの人のおっぱいでも吸わせてもらうといいです!無反応でしょうけど!
                      京子                 』

…ほう、なるほど。
少しばかりイラッとくる内容ですね。
いやはや、文章というのは恐ろしい…
では、次を>>25に。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:01:59.11 ID:KmuC+miZ0

実は俺はキョンなんだ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:03:04.47 ID:wPitgV4q0

>>25
おやおや。彼に成りすますというのですか。
それはまた危険な……いや、彼女にとっては好都合かも知れませんね。
送信しました。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:05:00.03 ID:wPitgV4q0

『え!?キョンさん!?ホントに!?
 だったらちょうど良いです。この間のお話、考えてくれました?
 絶対ぜったい、ぜ〜ったい!佐々木さんを選ぶべきです!
 わかりますよね?だから、はやくこちら側について欲しいのです!

                 京子             』

…どうやら彼女は少し足りないようですね。
なぜそうすぐに信じられるのでしょう?それに加えて、交渉力のなさ……
困ったものです。>>33

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:07:22.64 ID:alP7eyU+0

古泉とヤってくれるなら考える

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:08:32.15 ID:wPitgV4q0

>>33
さすがにこれは怪しまれるのでは?
…とも思いましたが、少し足りない彼女のことです。
もしかしたら信じてもらえるかもしれませんね。
送信しました

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:10:22.24 ID:wPitgV4q0

『本当ですね?ほんとのホントですね?
 私が古泉君と…すれば、こちらに協力してもらえるんですね?
 でも、どうして?

                京子                 』

…おや?風向きが怪しくなってきましたね。
これはもしかすると、僕がたいへん美味しい思いをするのでは?
さて、理由を聞かれましたが、>>45

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:12:39.06 ID:KmuC+miZ0

古泉君と…すれば

何をするのか具体的に言ってもらえるか?

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:14:15.94 ID:wPitgV4q0

>>45
ふふ、これでは彼に変態の汚名をかぶってもらうことになりそうだ。
しかし安価は安価。実行せねばなりません。
送信完了

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:16:04.80 ID:wPitgV4q0

『え…?えっと、だから…古泉くんと
 ……セックス、ですよね?

             京子            』

処女である彼女が顔を赤くしてメールを打っているのを想像すると…。
ふふ、まったくけしからん、というやつですね。
けなげすぎて泣けてきます。
>>65

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:19:04.90 ID:Ofjea4awO

あいつエイズだけどな

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:19:58.25 ID:wPitgV4q0

>>65
失礼な、僕はHIV感染者ではないはずです。
しかしまぁ…メールでの、所詮嘘の会話ですからよしとしましょう。
送信、と。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:22:08.34 ID:wPitgV4q0

『……それでも、わたしが古泉君とセックスしたら、こちらについてくれるんですね?
 約束ですよ?きっとですよ?約束破ったら、恨むのです!

                    京子                 』

…あちらの組織も必死なようですね。
自分ひとりの体でなんとかなるなら喜んで、ということでしょうか?
健気ですね…。もちろん僕が彼女の立場ならそうするんでしょうが。
>>80

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:25:44.35 ID:lbcekzUBO

もちろん生でな

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:27:43.73 ID:wPitgV4q0

>>80
ますます彼に鬼畜の疑いが……。
まぁ、あくまで冗談ですので後で謝ることにしましょう。
これはさすがの彼女も断るでしょうしね。では、送信

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:29:47.33 ID:wPitgV4q0

『……生では、無理です。それだけは許して欲しいのです。
 病気になっちゃうし、赤ちゃんできちゃいます……

                京子           』

ふふ、きっと泣きながら、決死の覚悟でメールを打っているのでしょうね。
しかし……赤ちゃんときましたか。
>>100

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:31:07.03 ID:IPjnVnql0

古泉「僕が安価でメール…ですか」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1251898790/

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:32:20.75 ID:wPitgV4q0

>>100
ほう?このスレの存在を知らせるわけですか。
いったいどういう反応を返してくれるのでしょう?
送信

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:34:51.72 ID:wPitgV4q0

『なんなんですか?このURLは…。ゆとり?怪しすぎるのです。
 機関の携帯を使っているから、こんな怪しいサイトにアクセスなんてできません!

                        京子                』

懸命な判断、といっておきましょう。
さて、僕との行為から話題が遠ざかったところで、話を変えて彼女をからかいましょうか。
くふっ、なんだかだんだん楽しくなってきました。
>>120

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:35:11.63 ID:Ofjea4awO

ちなみに俺はゲイだ女に興味はない

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:37:04.47 ID:wPitgV4q0

>>120
これは…彼女だけでこの情報がとどまればよいのですが。
万が一佐々木さんや、涼宮さんの耳に入るとまずいですね。
まぁ、なんとかなるでしょう。送信!

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:39:34.52 ID:wPitgV4q0

『……そうですか。個人の嗜好にとやかく言うつもりはありません。
 佐々木さんとも、友人として好きでいてくれるなら何も言いません。
 がんばってくださいね。

                 京子              』

なんと心の広い人なのでしょうね、彼女は。
同性愛に対する偏見がなくなりつつあるとは言え、こうまで寛容な女性はまれでしょう。
さて、そんな心優しい彼女になんと返信しましょう?>>135

135 名前:兄者の妹 ◆kXrxgKt5Bs [sage] 投稿日:2009/09/02(水) 23:41:08.07 ID:1lSYsaxT0

でも男女でしてるところを見るのは興味があるんだ
つまり、な?

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:43:31.65 ID:wPitgV4q0

>>135
彼女の中での彼のイメージがどんどんゆがんでいきますね。
まぁ、すべてが終わったら謝っておきましょう、お二人に。
送信。

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:46:11.62 ID:wPitgV4q0

『私が、古泉君とするのを……見たいんですか?
 …お願いです。ゴムはつけさせてください。一生のお願いですから

                   京子            』

ふむ。ここまでいくともう、フリとしか思えませんね。
どうしましょうか?>>155

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/02(水) 23:52:38.31 ID:bXdCv4BR0

う〜ん……橘の大事なところを撮って送ってくれないか?
それが出来たらピルは飲んでもいいぞ
ゴムは自分で交渉しろ


今のあいつに言葉が通じれば……だがな……

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 23:54:07.28 ID:wPitgV4q0

>>155
言葉が通じればって…いったい僕はどういう状態なのでしょうか?
まったく、困ったものです。
まさか彼女も写真なんて送ってくるはずもありませんしね。
では、送信。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:01:04.64 ID:HHxcYK3n0

『……写真はだめです。こればっかりはダメなのです。許してください。
 なんとか古泉君に交渉して、ゴムをつけてもらいます。
 これなら病気にもならないし、赤ちゃんもできないのです!

                    京子            』

なるほど、そう来ましたか。
ところで、コンドームは避妊率と性病の予防は100%ではないそうですね。
はてさてどうしましょう?>>175

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:03:30.23 ID:gDyv9bxT0

じゃあ終わりだな。佐々木にはっきり言ってくる
「お前たちより、SOS団の方が楽しい」ってな

それか古泉にサービスするかどっちがいい?

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:03:30.23 ID:gDyv9bxT0

じゃあ終わりだな。佐々木にはっきり言ってくる
「お前たちより、SOS団の方が楽しい」ってな

それか古泉にサービスするかどっちがいい?

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:08:43.99 ID:HHxcYK3n0

『古泉君にサービスします。だから佐々木さんには何も言わないで。
 できるなら、あなたを勧誘するためにこんなことをすることも…

                 京子               』

…だそうです。彼女も切羽詰まっていますね。
さて、決断はくだりました。あとはどうタネ明かしをするか?
お任せしますよ、>>190

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:11:36.23 ID:gDyv9bxT0

ちょっとこの写真を見てくれ。こいつをどう思う?

顔写真添付

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:14:35.94 ID:HHxcYK3n0

了解しました。
ちなみに撮影も完了しました。
それでは送信いたしましょう。
さて、どのような反応が返ってくるのでしょうか?

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:16:07.50 ID:HHxcYK3n0

『……今、古泉君と一緒にいるんですね。
 どう思うかって……良く思うはずがないのです。
 憎くて憎くてしょうがないです

                京子             』

でしょうね。至極当然の意見です。
さて、憎いそうですがいかがいたしましょう?
>>207

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:18:37.01 ID:gDyv9bxT0

で、だ。古泉の相手をするなら、そっちの集まりに参加してやってもいい。
そうじゃないなら今後一切この話は無しだ。

決心がついたら、全裸にロングコートで駅前に来い
三分間だけ待ってやる

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:19:52.71 ID:HHxcYK3n0

>>207
ふむ?僕はもうそろそろタネ明かしの時期だと思ったのですが…。
仕方ありませんね、送信します。
しかしこうなると、彼女は駅で待ちぼうけを食らうハメになりますが…

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:21:18.88 ID:HHxcYK3n0

……?返信が来ませんね。
まさかとは思いますが…。いや、きっと彼女は全裸にロングコート姿で駅に全力疾走しているのでしょう。
困ったことになりましたね、どうしましょうか?
>>225

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:23:43.79 ID:gDyv9bxT0

キョンに「橘さんが駅前でトラブルに巻き込まれているようです、助けては頂けませんか?」

橘に「今から俺が確認しに行く。そこで待ってろ」

佐々木に「橘さんが駅前で彼を誘惑しようとしています。貴女の手で止めていただけませんか?」

古泉は影から観察

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:25:12.04 ID:HHxcYK3n0

>>225
一気に参加する人数が増えましたね。
これはなかなか困ったことになりました。
それではお三方にメールして、僕も駅前に向かうことにしましょう。

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:27:10.79 ID:HHxcYK3n0

佐々木さんからの返信

『まさか、彼女がそんな事をする人間ではないことを僕はよく知っている。
 夜中のいたずらメールにしては少し質が悪いと思うのだが…』

おや、佐々木さんは意外にもあまり興味をしめしてくれませんね。
あ、彼からの返信も来ましたよ。

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:29:17.55 ID:HHxcYK3n0

彼からの返信

『また面倒事か……。勘弁してほしいぜまったく。
 そもそもあいつは朝比奈さんを誘拐した犯人だろ?なんで助けるのかね…。
 まぁ、とにかく駅前に行けばいいんだな?』

ふむ、彼はなんだかんだ言いつつも駅前に向かってくれるようです。
それでは、僕も駅前に向かいましょう。

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:30:57.36 ID:HHxcYK3n0

古泉です。
ここからはどうやらメールだけでは収まらないようなので、
隠しビデオカメラにて中継しながら続けたいと思います。
そしてどうやら駅前に一番乗りは僕のようですね。
それでは引き続き任務に当たります。

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:32:25.09 ID:HHxcYK3n0

…おや、彼が到着しましたね。
向こう側から自転車でこちらに向かっています。
さて、なんと声をかけましょうか?
>>253

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:32:56.43 ID:gDyv9bxT0

隠れる

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:34:00.32 ID:HHxcYK3n0

>>253
了解しました。
手ごろな隠れ場所は…ありませんね。しかたありません。
ベンチの上の屋根みたいなところに上ることにします。
暗いし、ばれないでしょう。

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:35:58.72 ID:HHxcYK3n0

さて、彼は到着しましたが…。
そこに僕の姿も、トラブルに巻き込まれていると思っている橘さんも居ません。
あたりをきょろきょろと見回しています。

あ、どうやら橘さんもあちらから走ってこられましたね。
遠めでは良くわかりませんが、本当にロングコートを着ているようです。
時間はとうに過ぎているのに、全力疾走…。とことん健気ですね。
さて、どうしましょう?>>270

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:38:40.52 ID:bVm30ZiA0

佐々木に知らせる

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:39:57.20 ID:HHxcYK3n0

>>270
了解しました。さっそく佐々木さんにメールを送ってみましょう。

彼女も駅前に到着しました。彼はまだ橘さんに気づいていないようです。
かわいそうに、この暑い中ロングコートなど着込んで、さぞ汗をかいたでしょう。
ロングコートの中は汗と熱気でエライコトでしょうね。
前髪も汗でへばりついています。

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:41:46.18 ID:HHxcYK3n0

おや、佐々木さんからメールの返信が届きましたよ。
『まだそんな冗談を続けるのかい?
 そこまで言うのならば証拠を見せて欲しいな。
 こんな夜中に家を出るのだから、やはりそれなりの理由と確信が欲しい』

だそうです。
ふむ、証拠と言われましてもね…。どうしましょうか。
>>290

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:43:26.77 ID:sBiyyKsvO

橘が裸をキョンに見せてる場面の写真を取り送る

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:45:20.97 ID:HHxcYK3n0

>>290了解しました。
しかしそのためには、橘さんにそのような命令を下さなければ…。
メールでも送りましょう。

あ、彼が橘さんに気づきましたね。
彼女もいまだ体中から汗を流し、顎からも汗が滴っています。
しかも肩で息をしていて、彼の顔を見るなり悲壮な表情に……。
事情を知るものとしては、当然のことなのでしょうが…彼はやはり驚いているようです。

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:47:52.90 ID:HHxcYK3n0

彼女は僕からのメールに気づいたようです。
内容は『裸を見せろ』と送ったのですが……。

よくよく考えてみると、彼女がメールをしていたと思っている彼は目の前に居るのですから
不自然といえば不自然ですね。
彼女も全力疾走した疲れと緊張で正常な判断はできなくなっているようですが。


あ!ロングコートの前をはだけさせて、彼に裸を見せ付けましたね。
見事に全裸です。撮影も滞りなく完了しました。
ただいまから佐々木さんにこれを送信しましょう。

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:50:40.81 ID:HHxcYK3n0

彼は我を失ったように呆然としています。
橘さんも羞恥で顔を真っ赤にして立ち尽くしています。
…これは、いまこの場に警察官がきたら問答無用でアウトでしょうね。

あ、佐々木さんから返信がきましたよ。
『……どういうことか説明して欲しい。それから、僕も今すぐにそちらに向かおう』

淡々とした文章ですが、佐々木さんのあせりが伝わりますね。
さて、僕はどうしましょう?>>310

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:52:43.23 ID:bVm30ZiA0

二人の会話に聞き耳を立てる

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:54:38.06 ID:HHxcYK3n0

>>310
了解しました。
ビデオカメラの集音も最大にしましょう。
あ、橘さんが何か彼に向かっていってますね。
何々…?

『い、言われたとおり、全裸にロングコートで来たのです!
 約束は守ってもらいます!』

と顔を真っ赤にして叫んでいますね。
ようやく彼も正気に戻ったようです。

『お前、なんて格好してるんだ!早く隠せ!』

などといっています。
まずいですね…二人の会話がかみ合っていませんよ?
どうしましょうか?>>320

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:56:22.35 ID:IVj15Dt/0

ハルヒにメール

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 00:57:33.86 ID:HHxcYK3n0

>>320
ふむ、涼宮さんにメールでしゅか…。それだけは避けたかった…。
しかし、内容が指定されていませんね。
では、内容を>>333にお願いします

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 00:59:35.67 ID:lyhCvEKY0

今度の週末団活でみんなでミ○キーに会いに行きません?
チケットが人数分取れそうなんですが

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:01:46.58 ID:HHxcYK3n0

>>333
これはまたなんの脈絡もないメールですね。
涼宮さんは喜んでくれると思いますが…。
送信しました。

そんな事をしてる間にも彼と橘さんはなにやら言い合っています。

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:05:02.47 ID:HHxcYK3n0

涼宮さんからのメールが来ました。
『本当!?ありがとう古泉君!
 じゃあさっそく明日の団活で打ち合わせしないとね!
 明日はぜぇっったい休んじゃダメよ?いい!?』

はい、かしこまりました。

彼と橘さんの話は平行線ですね。
『かか、か、覚悟はしてきたのです!実質、命を捨てることになろうとも!』

『だからお前は何を言ってるんだ』

『あとは…私にできるのは、ゴムをつけてもらうよう懇願するだけです!』

これは、傍目からみたら橘さんが狂ってしまっているようにも見えますね。
おや?あの人影は佐々木さんですね。
やっと到着されましたよ。どうしましょうか?>>355

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 01:07:20.66 ID:6Z3s00jd0

ながもんと朝比奈も現場に向かわせる

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:09:59.40 ID:HHxcYK3n0

>>355
長門さんと朝比奈さんですか。
とりあえず連絡は取ってみますが、彼女達がこんなことに付き合ってくれるかどうか…。
メールを送信しておきました。

ああ、そうこうしている間に佐々木さんが近づいてきます。
お二人はまだ気づいていないようです…

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:11:32.56 ID:HHxcYK3n0

おや、返信が来ましたよ。
長門さんは『向かう』とだけ。
どうやらここにきていただけるようです。
まぁ、そう遠くありませんしね。

朝比奈さんもどうやら協力してくれるようです。
今こちらに向かわれているとのことでした。

さて、彼女達が到着するまでにこちらもどうにかしなければ。
>>375

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 01:07:21.38 ID:gDyv9bxT0

キョンに「彼女は多少混乱しているかもしれません。手でも握って落ち着かせてあげてください」

キョンが携帯をいじり始めたら橘に「黙ってコートをはだけて股を開け。今すぐにだ」

佐々木に「今は危険です。少し見ていてもらえませんか?」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 01:13:07.79 ID:6Z3s00jd0

>>356

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:16:08.39 ID:HHxcYK3n0

>>375
了解しました。
今日はすごいスピードで携帯を打っているので親指が痛いです…。
とりあえずお二人にそれぞれメールを打ちました。
佐々木さんは気づいたようですね。やはりこの場面は誰が見ても尋常ではない。
物陰に隠れてくれましたよ。

彼も…気づいてくれましたね。
そして携帯をいじりだした……このタイミング!
橘さんにも送信完了です。

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:21:02.53 ID:HHxcYK3n0

橘さんが決心したように唇をかんでいます。
……やってしまいました。佐々木さんの目の前で、コートをはだけて…

そしてそこに手を差し伸べた彼。
タイミングはこの上ないものだったはずです。

この気温の中全力疾走してきた橘さんの体はいまだに汗でぬれていますね。
街灯の光を汗が反射してなんとも艶かしい状況です。
彼もそんな彼女の艶を帯びた肢体を驚いて凝視しています。

一方佐々木さんは……。
お二人を冷静に見つめていますね。
少し怖いです。どこか、天蓋領域に似た雰囲気を感じさせるほどの冷たい目です。

さて……どうしましょうか?>>405

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 01:25:34.17 ID:gDyv9bxT0

キョンに「彼女は今特殊な状態にあります。何か異常な行動をしたら、『自分でしろ!!』と言ってください」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:27:09.86 ID:HHxcYK3n0

>>405
了解しました。
彼にメールを送ればよいのですね?
それでは、送信しました。
しかし、これが実行されたら色々とまずいような気もしますが。

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:30:19.05 ID:HHxcYK3n0

おっと……。彼がメールに気づいてくれました。
橘さんは携帯をいじりはじめた彼を見ておびえた様子。
次は一体どんな命令を下されるのかと思うと、居ても立ってもいられないのでしょう。

おや?彼女が彼になにやら泣きつき始めましたよ。
『こんなところで裸で晒されるのはあんまりです。約束は果たします。早く古泉くんを…』

などと言っていますね。
彼は怪訝そうにそんな彼女を見下ろしています。
あ、このタイミングで…
『自分でしろ!!』

…おみごと。

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:33:03.47 ID:HHxcYK3n0

ビクッと彼女は体を竦ませましたね。
しかし、条件が条件だけに受けるしかないようですね。

彼女は立ったまま足を開いて、そこに腕を持っていきます…。
本当に、こんな道端ではじめるつもりでしょうか?
まずいですね。取り返しのつかないことになりつつある。

彼もまさかの事態に混乱しています。
佐々木さんも、物陰から信じられないといったような表情で見つめています。

さて……困りました。どうしましょう?>>425

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:33:21.10 ID:JzkD4f6/0

「何をしているんですか、あなた達は」とたまたま通りがかった感じに乱入
そして橘とセックス

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:35:05.64 ID:JzkD4f6/0

>>417

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:37:04.14 ID:HHxcYK3n0

>>425
ついにこのような指令が出てしまいましたね。
……いたし方ありません。実行するしかないでしょうね。
それでは、降りてさりげなく隣に行き、
『何をしているんですか、あなたたちは』と言って来ましょう。


435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:40:47.39 ID:HHxcYK3n0

さて、降りてきました。
彼らとの距離は10メートルもありません。
しかし、この光景は異常ですね。
こんな真夜中に、駅前の広場で女子高生が裸コート、しかも足を広げて自慰に勤しむ。
そしてそれを唖然と見つめる男子と、物陰から信じられないものを見るような目で見つめる佐々木さん。

…困ったものです。

『何をしているんですか、あなたたちは』

おっと、彼は驚いて振り返ってくれました。
橘さんは…
いよいよと言った顔でおびえていますね。
顔を見ておびえられるというのは、なかなかショックです。

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:44:56.14 ID:HHxcYK3n0

『おい。どういうことなんだ、わけがわからん』
おっと。彼が口走って矛盾が生まれないように取り次ぎましょう。

『ご心配なく。僕は約束を果たしにきたまでです。ねぇ、橘さん?』
…ふむ。彼女はどうやら恐怖のあまり涙を流してしまいましたね。
良心は痛みますが、安価指令なので仕方がありません。

おや?橘さんが僕の足元にすがり付いてきました。
『お願いですっ…えぐっ…ぐす…ゴムを……ゴムをつけて…!お願いです…!』

……なるほど。すっかり忘れていましたね。
さて、どうしましょうか?>>445

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:45:37.20 ID:Z115wXh/O

いいえ、おことわりします

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:49:10.22 ID:HHxcYK3n0

こういったことはにこやかに言った方がいいのでしょうか?
きっとそうだと思います。なので、できる限りのスマイルで言いましょう。

『いいえ、おことわりします』

…?
どうしたことでしょう?
彼女は泣き崩れてしまいました。
このままではまるで強姦のような形になってしまいますね。
しかし、それも目的の達成のためには致し方のないことです。
ここは少しばかり我慢していただくことにしましょう。
なに、彼女は僕からの病気の感染を怖がっているのですから。
病気など真っ赤な嘘ですから、なにも怖がる必要はありません。

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:51:02.90 ID:HHxcYK3n0

こういう時にもきちんと手順は踏むべきでしょう?
なにせ、彼女は処女だという確かな情報をつかんでいるのですから。

相手の大切なものを奪うわけですから、それなりに礼儀というものがある。
と、僕はそう考えます。

さて、どうしましょう?
なにからはじめましょうか?>>465

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 01:52:17.04 ID:gDyv9bxT0

橘に「落ち着いてください、奴は機関が処理しました。もう大丈夫です」といいながら近づき、耳元で

「自分からお願いしろメス豚。彼に聞こえるようはっきりとな」と言う

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 01:56:15.23 ID:HHxcYK3n0

>>465
なるほど。
その発想はありませんでしたね。
彼女に自ら懇願させることによって、彼も邪魔に入ることはないでしょう。
また、相手が僕であることからして、佐々木さんの反感を買うとも思えない。
そしてなにより、強姦罪が適応されない。
いやはや、ここの人たちの発想力にはたびたび驚かされます。

それでは。
もう大丈夫ですよ、橘さん。やつは機関が処理しました。

おや?どうしたことでしょう?
彼女はいまだに怯えて涙を流しています。しかし、安価は実行しなければ、ね?

『自分からお願いしろメス豚。彼に聞こえるようはっきりとな』

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:01:01.85 ID:HHxcYK3n0

ふむ。彼女はどうやら相当に悔しいようですね。
それもそうでしょう。普段から敵対している組織の組員に向かって、
自らの純潔を散らしてくださいと懇願しなければならないのですから。
しかも彼女には、断るという選択肢は選べない。
佐々木さん側に彼を引き込むという条件を目の前に提示されているのですから。

んっふ、困ったものです。

ましてや、性病だと信じている相手に頼むのですからね。
自ら絞首台から飛び降りるようなもの。

しかし、橘さんは気丈な女性ですね。
この場においても逃げ出さず、
『お願いします、古泉君…!私とセックスをしてください!』といってくれました。
良心が痛みます。

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:02:15.56 ID:HHxcYK3n0

泣きながら懇願してくれた彼女ですが、僕もあまり経験が豊富なわけではありません。
それでは初手、なにをしましょう?
期待していますよ、>>490さん

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:02:27.31 ID:D+t7+YYcO

また騙されたな

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:04:45.06 ID:HHxcYK3n0

>>490
これは…いったいどういう解釈をすればよろしいのでしょうか?
だまされたな…。つまり、ここに来て種明かしということですか?
種付けもせずに?
いや、失礼。とりあえずこの安価のせりふを橘さんに言ってみることにしましょう。

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:08:14.54 ID:HHxcYK3n0

『まただまされたな』

え?という声をあげてくれましたが、時すでに遅しというやつでしょうか?
なにせ、橘さんは自分から僕に懇願してしまっている。
頼まれたからにはその願いを聞き入れる義務があります。
そういう意味でのだまされた、ということでしょう。

では、改めて初手を。>>525さん、ご教授よろしくお願いします

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:08:56.29 ID:Z115wXh/O

ちんこをしゃぶらせる

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:12:58.94 ID:HHxcYK3n0

しゃぶらせる……。
いや、参りましたね。ここでは彼も見ていますし、佐々木さんも物陰から見ている。
しかし安価は絶対。
困ったものです。

しかたありません、ズボンを下ろしましょう。
チャックを下ろすなんてちゃちな真似はしませんよ?
きっちりと下着ごと足首まで下ろします。

『きゃ……!いや……なのです……』

さぁ、橘さん。よろしくお願いしますよ。
なにせ敵とはいえ、美少女が裸で泣きながら抱いてくれと懇願されているので…
恥ずかしながら、その……ふふ、勃起してしまいましてね。
あなたの口でしゃぶっていただきたいのですが?

『わかり……ました。しゃぶるのです……』

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:15:08.87 ID:HHxcYK3n0

正直に言いましょう。ものすごく気持ちがいいです。
処女と言っていた橘さんのおぼつかない舌使いでも、十分すぎるほどですね。

さて、このまま続行してもよろしいのですが、次に移ってもよさそうですね。
いかがいたしましょう?>>545

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:15:34.35 ID:JzkD4f6/0

おっぱい揉む

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:19:01.38 ID:HHxcYK3n0

>>545
了解しました。
意外にも手順を踏んでいるようで踏んでいませんね。
いきなりしゃぶっていただきましたし。
それでは失礼して、橘さん?立っていただけますか?
ああ、寝転んでいただいても結構です。

『な…なにをするのですか……今度はなにを……えぐっ……』

ご心配には及びません。
その、性格に反して控えめで綺麗に整った胸を少しばかり揉ませていただきたいと思いまして。

『こ、これも…ひぐっ…佐々木さんのためですから。すきにしてください…』

はい。それでは失礼して。

『うぇぇん……』

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:21:36.86 ID:HHxcYK3n0

この柔らかさに、なんと名づければよいのでしょう?
筆舌に尽くしがたいとはまさにこのこと。
小さいながらも素晴らしい胸でしたね。

さて、そろそろと考えているのですが。
どうでしょうか、>>570

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 02:23:19.06 ID:gDyv9bxT0

やさしく抱きしめて「本当に……僕でいいのですか?」





と言いながら耳元で「『私を蹴ってください!!』と言え。蹴った後は『もっと!! もっと!!』と言い続けろ」

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:30:21.46 ID:HHxcYK3n0

>>570了解しました。
暴力は僕の好むところとはしないのですが…。
んっふ、冗談です。

橘さん、本当に僕でよろしいのですか?

『そ…そんなこと…!!』

いやぁ、まったく、そんな顔をされるとどうしようもないですね。
僕も自分が男だということをつくづく実感しますよ。
ですので橘さん、少しお願いがあるのですが、よろしいでしょうか?

『こ…今度は……なに……』

『私を蹴ってください!!』と言ってほしいのです。蹴った後は『もっと!! もっと!!』と言い続けてはくださいませんか?

『!!』

609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:34:27.38 ID:HHxcYK3n0

『私を蹴ってください!!』

『はい?いや、まさか僕はそんな事は…』

『蹴ってください!!』

しかたありませんね。
それでは、橘さんたってのお願いですので、聞き入れましょう。
お尻を突き出していただけますか?

ではいきますよ?3、2、1

はっ!!!!

『うぐっ…!!もっと…!』

ふん!!

『もっと!!もっと!!』

もっとですか?こまりましたね……ではつま先でもう少し強く。
ふんもっふ!!!

『うぐっ…!も、もっと…!!』

『おい、古泉!!!やりすぎだ!!何考えてんだお前!!』

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:36:16.04 ID:HHxcYK3n0

おっと、さすがに度が過ぎましたね。
彼もさすがに正気を取り戻したようです。
このままけり続けるわけにもいきませんし…。
もうすぐ長門さんたちも到着するでしょうしね。
では、そろそろ。>>620

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:37:01.18 ID:Z115wXh/O

kskst↓↓

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:37:01.65 ID:gGznxhvk0

キョン君、君もやりたくないかい?と話しかける

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:39:33.40 ID:HHxcYK3n0

>>620>>621
了解しました。
しかし正常に戻ってしまった彼にもちかけても無駄のような気はしますが…
一応誘ってみることにしましょう。

すみません。止めていただいたところ恐縮なのですが、
あなたもやってみたくはありませんか?

『なに?』

ですから、あなたもご一緒に、と。
もちろん強制はしませんが、これはなかなかいいものですよ?

『バカやろう。断る。それ以上は俺も黙ってみてられん』

…やはり、そうきましたか。
どうしましょうか?>>635

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:37:07.02 ID:6DaXj8HV0

大丈夫です、ゴムはつけますから
と言って挿入直前にはずす

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:41:11.03 ID:JzkD4f6/0

>>623

640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:45:17.96 ID:HHxcYK3n0

>>635了解しました。
橘さんはお尻を押さえて泣きじゃくってしまいましたね。
佐々木さんは…いまだに茫然自失です。目の前の出来事が信じられないといったようですね。

『橘も泣いてるじゃないか。いい加減やめてやれ』

『キョン…さん……。うえぇぇん…』

わかりました。あなたがそこまで仰るのなら、ここまでにしておきます。
それでは、橘さん。最初のあなたの願いを聞き入れましょう。
さぁ、足を開いてください。

『……ついに……私………ああ、病気に……赤ちゃんも……』

ふふ、そんな絶望しないでください。
ご心配なく。ゴムはきちんとつけますよ。

『えっ…!?つ、つけてくれるのですか!?』

ええ、もちろん。あなたが生を望まないなら、喜んで装着しましょう。

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:48:28.93 ID:HHxcYK3n0

『あ、ありがとうございます。…ありがとう……古泉くん……感謝するのです……!』

そんな風に涙を流して喜んでいただけると光栄ですね。
それでは、参りましょう。
よろしいですね?

『はい…。これも、佐々木さんのため……ひいては、世界のためなのです…悔いはありません…!』

そんな決意のこもったまなざし…。
僕はあなたのことを誤解していたようです、橘さん。
あなたは強い女性です。

ですから、こんなもの必要ありませんね?

スポッ

『えっ』

それでは、失礼します。よっ、と

『うっ…いやぁぁぁあああああああ!!!!!』

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:53:51.72 ID:HHxcYK3n0

これは…。
僕自身初めての体験ですが、素晴らしい感触ですね。
ひどく熱く、強く締め付けてきて、それでいて形がない。

『いやぁあ!!やめっ…!!うそつっ…うあぁぁぁぁぁ…!!!』

おっと。せっかくの感動も、そんな大声で泣かれては台無しですね。

『…いやっいやぁ…!!赤ちゃんが……病気が……!!!』

病気病気とそこまで連呼されたらさすがに気分が悪いですね。
しかし、それも打ち消してしまうほどのこの壮観。
信じられないような快感です。

さすがに初めてだと、射精感も早く訪れますね…。

『たすけ……助けてぇ…!!うわぁぁぁん……!!』

そろそろ限界も近いかも知れません。
さて、最後はどのようにいたしましょう?>>660

660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 02:55:54.80 ID:6DaXj8HV0

びつは僕余命半年ほどなんですニコ
と言いながら中田氏

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:01:53.22 ID:HHxcYK3n0

>>660
びつは?
ああ、すみません。興奮のあまり噛んでしまいました。

さぁ、橘さん。そろそろ僕も限界のようです。
もちろん膣内に射精しますが、よろしいですね?

『あー……うあぁ……』

おやおや。かわいそうに、きっと病気が感染したと思って絶望しているのでしょうね。
これにとどめを刺さない手はありませんね。

橘さん、じつはね…僕、残り半年の命なんです。なぜだかわかりますか?

『いや……いやです……』

ふふ、お察しの通り。ぼくは病気が原因で死にます。
そして、僕と交わったあなたも、当然。
いわゆる道連れですね。ふふ、歓迎しますよ、橘さん。

『うぇぇぇん……ママぁ……佐々木さん……やだぁ……』

それでは、いきますよ?僕の子供、妊娠したら産んでくださいね?

『うわぁぁぁぁん…!!!!!』

672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:05:37.18 ID:HHxcYK3n0

……ふぅ。
現状をおさらいしましょうか。

膣内射精と感染と、そして望まない処女喪失で呆然としている橘さん。

今起こった事態を理解できずに、立ち尽くしている彼。

物陰から、今の惨劇を目の当たりにして歯を鳴らして震えている佐々木さん。

そして、長門さんと朝比奈さんがここに向かっている。

そろそろ夜も更けてきました。収集にむかいましょう。>>685

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:07:30.21 ID:h1K6qOEDO

夢オチ

685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:08:22.11 ID:dketxB9t0

>>679

707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:15:51.66 ID:HHxcYK3n0

>>685

『古泉……!!古泉!!』

聞きなれた声です。
僕は…どうしたんでしょうか?夢を見ていた…?
それにしては、妙に現実感のある夢でした。
細部までしっかりと覚えています。

『しっかり…しっかりして…!!』

……ああ、なるほど。
ここは閉鎖空間でしたね。そうだ、神人の攻撃の直撃を食らって僕は…

ねぇ、森さん。僕、夢を見ましたよ。

『しゃべらないで…!!』

機関からおかしな命令が下って……僕はそれにしたがって、いろんなことをして…
楽しかった…んです、森さん。

『……古泉……』

ああ、とても……楽しい夢でした。
森さん……たのしかっ……


『……古泉。お疲れ様』

723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:18:21.13 ID:HHxcYK3n0

視界がひどくぼやけます…
ここは…どこでしょうか?

僕はたしか、夢を見ていたはず。
ああ、そうだ。そして夢から覚めて、死んだんだった。

つまりここは、死後の世界……?

『残念ながら、ここは天国じゃないみてーだぞ』

!?

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:21:26.75 ID:HHxcYK3n0

身体を起こして、あたりを見渡すと…
そこには、ついさっき夢で見た光景がそのまま。
さっきと違うことといえば、長門さんと朝比奈さんがここに居るということ。

…つまり、夢ではなかったということですか…?

『そういうことだ。お前はまだなにかやらかそうとしてたから、長門にとりあえず気絶させてもらった』

……そうでしたか。
いやぁ、ご迷惑をおかけしました。

『まったくだ。で、どうしてくれるんだ?どう責任をとるつもりだ』

責任…とおっしゃいますと?

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:26:07.92 ID:HHxcYK3n0

『惚けるな。この惨状を見てみろ』

『お前にレイプされ、蹴られ、壊れちまった橘を』

『その光景を目の当たりにして、さっきから様子がおかしい佐々木を』

『どうしてこんなことをしたんだ?なにか理由があるんだろうな?』

もちろんです。
詳しくはいえませんが…機関のお偉方の命令であったのは本当です。
そして…反省しています。

長門さん、なんとかこの惨状を回復させるのに協力願えませんか?

『いい。条件もある』

条件?

『反省して』

『そうだぞ古泉。反省しろ。お前はとんでもないことをしてくれたんだ。わかってんのか?』

………もちろんです。僕の最後の反省の言葉を、そうですね…
>>755、お願いします。僕を、なんとか助けてください。

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 03:29:40.35 ID:gDyv9bxT0

……僕を去勢して、橘さんの処女膜を復元してください。もちろん彼女の記憶は消して

775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:34:47.33 ID:HHxcYK3n0

…わかりました。反省を、示しましょう。

……僕を去勢して、橘さんの処女膜を復元してください。もちろん彼女の記憶は消して

『な…!なにもそこまでしなくても…』

いいのです。僕は取り返しのつかないことをしてしまった。
これくらいでしか、彼女に償うことはできません。

『いいの?』

ええ。お願いします、長門さん。

『わかった。パーソナルネーム・古泉一樹の男性機能を停止』

『並びに、橘京子の処女膜を再生、記憶を改ざんする』

…ありがとうございます、長門。これで…
僕の息子とも、今日でお別れですね。短い間ですが、よくついてきてくれました。
今までありがとう。もしも生まれ変わったら、また僕の股間にぶらさがってください。

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:42:48.80 ID:HHxcYK3n0

あの忌まわしい事件から数ヶ月。
ぼくの陰茎はもはや用を成すことなく、惨めに頭を垂れています。
それはなんだか、死して尚忠立ったまま弓矢を身体に受け姫君を守ったとされる
忠誠を貫いた中世の騎士、ライアンを思い起こさせます。


記憶を改ざんすることを頑なに拒んだ佐々木さんも、順調に回復しているらしいです。
僕はもはや直接会ってはもらえませんし、会おうとも思いません。
彼から聞いた話です。

そして…憎むべき敵組織に身を置く橘京子は、あの事件の事は忘れ、
今は熱心に彼を勧誘しているそうです。

よかった、などと言える身分ではありませんが、やはりほっとします。
すべてが終わったと思っていた僕に、長門さんから突然の報告を受けたのは、ついさっきのことです。

『受精卵の除去を忘れていた』

また少々忙しくなりそうですね。
…んっふ、こまったものです。

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:44:31.56 ID:HHxcYK3n0

あ、そうそう。
最後に皆さんに言わなければならないことを忘れていました。
まずは、こんな時間まで付き合っていただいたことに感謝を。
本当にありがとうございました。


そしてもうひとつは…

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/03(木) 03:45:35.64 ID:HHxcYK3n0

                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|    釣りでした
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:フリット「安価でヴェイガン滅ぼす」