キョン「すまんハルヒ、お前とはつきあえないんだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「ええんか、名取?」名取「うむ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/28(金) 05:26:27.73 ID:sLw05Xo40

みくる「キョンくん聞きましたよ。涼宮さんの告白断ったんですって?」

キョン「え、ええ」

長門「涼宮ハルヒが可愛いそう・・・」

みくる「そうですよ!どうして断るんですか!?」

キョン「そういわれても・・・」

みくる「信じられません!他の女子も呼んで来るからそこで待っててください!」

長門[私も呼んで来る」

キョン「えっ・・・ええ!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 06:41:29.09 ID:MIVtJ3saO

キョン「この流れは非常にまずいな…こうなったらこっちも」prrr prrr

―――――――――――

鶴屋さん「キョン君はヒドイ男っさ…ハルにゃんがどんな気持ちで…」

阪中「そうです。涼宮さんがかわいそうです」

朝倉「キョン君…涼宮さんに謝るべきね」

喜緑「そうですね。謝るのが妥当です」

キョン(……なんに対して謝るんだよ!?)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 06:57:42.74 ID:MIVtJ3saO

キョン「お、おい…お前ら気まずそうにしてないでなんか言ってやれ」ヒソヒソ

谷口「いや…でもなぁ;^^」

部長氏「…ギャルゲーならともかく現実ではちょっと」

キョン「このトゥーピュア ピュアボーイ共は…会長、お願いします」ヒソヒソ

生徒会長「あ、うん…おいキミ逹、いくら彼が女性を振っ…」

喜緑「…………」ギロリ

生徒会長「ヒィッ……やはり謝るのが妥当だな」ブルブル

キョン「弱ッ!?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 07:17:57.86 ID:MIVtJ3saO

みくる「決まりですね…じゃあ涼宮さん連れてきますね」ガチャ

ハルヒ「……………」ションボリ

キョン(気まずい)

長門「早く謝って」

キョン「俺は謝るなんて一言も言ってない」

朝倉「はぁ〜往生際が悪いわね…これだから男は」

みくる「ダサすぎでしゅ」

キョン「だいたい何に対して謝るんだよ!?ハルヒもハルヒだ。いつもは全部自分で片付けようとするのにこんな時だけ朝比奈さんや長門に頼るなんて」

ハルヒ「えっ!?……う、うん。ごめんなさい」シクシク

朝倉「泣かせたッ!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 07:30:59.87 ID:MIVtJ3saO

鶴屋さん「女の子を泣かせるなんて最低にょろ。見損なったっさ」

みくる「そうです…謝らないだけじゃなく泣かせるなんて……禁則事項でしゅ」

喜緑「校則にも抵触しているかもしれますん。後で調べておきます」

谷口「まずいぜキョン…とっとと謝っちまえって」ヒソヒソ

部長氏「そ、そうだよ…BAD ENDルートだよこれは」ヒソヒソ

キョン「お、俺は間違っちゃいない(と思う)」

朝倉「強情ね…ならいいわ。こっちにも考えがあるから…みんな行きましょ」ガチャ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 07:45:30.09 ID:MIVtJ3saO

みくる「行きましょ、涼宮さん」

ハルヒ「う、うん」グスグス

阪中「…………チッ」スタスタ

―――――――――――

キョン「ったく…なんなんだよ」

谷口「なぁキョン、悪いことは言わねぇ…謝っちまえって」

キョン「待て待て谷口、お前が女に告白して振られた後に俺たちで女のとこに押し掛けて謝れとかは言わないだろ?変だぞあいつら」

部長氏「そういうもんなんだよ。三次の女性ってのは」

谷口「とにかく俺は謝った方がいいって言ったぞ?じゃあな」ガラッ

部長氏「君も大変だね…まぁ現実に疲れたらコンピ研に来なよ。いい娘紹介するよ…ディスプレイからは出てこないけどねハハハ」ガチャ

見てるかどうか知りませんが仕事なので残ってたら暇みて書かせて下さい

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 07:57:52.79 ID:MIVtJ3saO

翌朝

キョン「おはよーっす…よぉ谷口」

谷口「お、おぅ…おはよ…」

朝倉「……」ギラッ

谷口「………ぅ」ビクビク

キョン「どうかしたか?……国木田、こいつどうかしたのか?」

国木田「あ、うん……」チラッ

阪中「………」ジロジロ

国木田「………(ヤスミジカンニトイレニキテ)」パクパク

キョン「?マスミジケンニシンテンアリ……(トイレに来いってことか)」

ハルヒ「………」ガチャ トコトコ

キョン「ハルヒ…お、おはよう」(目が真っ赤だな)

ハルヒ「うん…おはよう」

キョン(やはり気まずい)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 08:11:31.62 ID:MIVtJ3saO

キーンコーンカーンコーン

国木田「た、谷口。トイレでも行こうか」

谷口「お、おう。連れションだな、受けてたつぜ」

キョン(なんて棒読みなんだ。見ろ俺の演技力)
キョン「急に便意が…で、出りゅう(迫真の演技だな)」ヨロヨロ

朝倉「……最低ね」

―――――――――――

キョン「つまり朝倉の指示で俺を無視するように…ってことか」

国木田「うん、キョンには悪いとは思ってるんだけどさ」

谷口「だから謝っとけって言ったろ?」

国木田「キョンの気持ちもわかるけどさ…僕からも頼むよ。キョンを無視し続けるのは結構辛いからさ。謝ってくれないかな」

キョン「国木田、ありがとう…でもな…こんな話を聞いた後じゃ尚更謝ることなんて無理だ」

国木田「キョン」

キョン「国木田、谷口…俺は気にしないからあいつらの言う通り俺を無視してくれ。お前らまで巻き込んだら大変だからな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 08:21:45.97 ID:MIVtJ3saO

キーンコーンカーンコーン

キョン「やっと放課後か…平気とか言ったけど無視され続けるってのも結構キツいな」ヨロヨロ

―――――――――――

キョン「ちぃーっす」ガチャ

みくる「それでそこのカレー屋さんの店員さんがメチャクチャ格好良く」

長門「……シッ」クイッ

みくる「!?…………」
長門「…………………」シーン

キョン(露骨だな…ここもかよ)ハァー

長門「謝る気になった?」

キョン「全然だな」

長門「そう、残念…これよりphase2に移行する」

キョン「なん……だと!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 10:00:29.41 ID:MIVtJ3saO

今日に限って忙しい現実世界

キョン「phase2だと!?なんなんだよ」

長門「あなたが級友から朝倉涼子の指示について聞いたことは知っている」

キョン(バレてたのか)

長門「今度はクラス全体に強制フィールドを張る。級友は演技でなく本気であなたを無視するようになる」

キョン「キツいな」

長門「今ならまだ間に合う。謝って」

キョン「謝ったら楽になるのか?」

長門「楽になる。それは保証する」

キョン「だが断る」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 10:09:47.04 ID:MIVtJ3saO

長門「そうわかった」スッ

古泉「遅くなりました」ガチャ

みくる「古泉君どうしたんですか、ギプスなんか巻いて!?」

古泉「………」チラッ

キョン「まさか俺がハルヒを振ったから閉鎖空間が発生して…それで怪我を!?」

古泉「ええ…手酷くやられましたゴホゴホ」

キョン「そうか……俺のせいで」

古泉(本当は閉鎖空間は発生してませんけどね。この怪我は一昨日無理な体勢で自慰行為をしたせいです)

ハルヒ「……………ごめん、遅くなったわ」ガチャ

長門「さぁ……今がチャンス」ボソリ

キョン「ハ、ハルヒあのな……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 12:23:02.59 ID:MIVtJ3saO

ハルヒ「な、なに」

キョン(謝るべき、謝るべき、謝るべき)
キョン「……ちょっと具合悪いから今日は帰るわ」

長門「……」

ハルヒ「う、うん」

―――――――――――

キョン「やっぱり無理なもんは無理だ…俺は間違ってない」テクテク

長門「なにがあなたをそこまでさせるの」

キョン「……長門か。謝る必要がないのに謝りたくはない。確かにハルヒの想いに応えれなかったのはすまないと思う。でもだからって改めて謝るのは違うだろ」

長門「…………」

キョン「それにその話はハルヒと俺のことで回りが騒ぐことじゃない」

長門「ただの人間なら構わない。相手は涼宮ハルヒ…放置は出来ない」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 12:35:15.12 ID:MIVtJ3saO

キョン「お前は観測が目的だろ?そこまでするのは筋違いじゃないか」

長門「……筋違い?確かに私の使命は観測にある…この行動は越権行為に…」

朝倉「いいじゃない長門さん。こんな時は臨機応変に行くべきよ」

キョン「朝倉、お前か…なにを企んでる?」

朝倉「別になにも企んでなんかいないわ。ね、長門さん」

長門「そのような指令も意図も感じない。純粋にあなたを謝らせたい。不思議な感覚」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 12:44:16.72 ID:MIVtJ3saO

朝倉「そうよ、それが正しい感情よ。お友達が悲しんだから悲しませた相手に謝らせたい、ただそれだけ」

キョン「なんと言われようが俺はこの件に関して謝るつもりはない」

朝倉「強がりも明日までよ…あんまり強情だと謝っても許してあげないわよ。帰りましょ、長門さん」

キョン「なにが許すだ……ハルヒはどういったつもりだよ、まったく」

長門「涼宮ハルヒはあなたへの私たちの行いを知らない。これは我々の独断で行っている」

キョン「…ハルヒの力じゃないのか?」

長門「落ち込んでいる彼女を見たらそう感じた…このことを涼宮ハルヒに伝えるのは推進しない」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 12:51:02.60 ID:MIVtJ3saO

キョン「ハルヒに伝えたらどうなる?」

長門「phase3…あなた家も安息の場所じゃなくなる」

キョン(……こいつら本気かよ)

長門「…………」スタスタ

キョン「…そんなのおかしいだろ絶対」

――――翌日―――――

谷口「でこないだナンパした子がさ……」
国木田「ハハハ谷口は馬鹿だなぁ……」

キョン「…………おっす」ガタッ

谷口「……」プイッ

国木田「…………」

キョン(これで2か……演技じゃないだけ辛いな)

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 15:09:15.62 ID:MIVtJ3saO

ハルヒ「……おはよ」ガタッ

キョン「あぁ…おはよう」

ハルヒ「身体平気?無理なら今日も休んでいいわよ」

キョン「お、おう…大丈夫だ。ありがとう」

朝倉「あれ?キョン君体調悪かったんだ、ごめんね昨日は付き合わせちゃって。」

キョン「な、なに言ってんだ朝倉!?」

ハルヒ「え、どういうこと?昨日って」

朝倉「昨日キョン君に放課後付き合ってもらったんだけど…体調悪かったなんて知らなくて。ごめんね、元気そう見えたから」

ハルヒ「朝倉さんと……キョン嘘ついて帰ったんだ」

キョン「待てハルヒ…確かに体調不良は嘘だ。でもだな…それには深い理由が」

谷口「やいキョン…黙って聞いてれば言い訳ばっかで…恥ずかしくないのか?」

国木田「最低だよキョン」

キョン「」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 15:16:57.71 ID:MIVtJ3saO

朝倉「確かにお願いしたのは私だけど…てっきり涼宮さんにキチンと断ってきたものかと…涼宮さん。ごめんなさい」

キョン「朝倉嘘つくなよ、いつ俺がお前に付き合って…」

朝倉「あら、放課後会ったわよね。私たち…それも嘘だっていうの?」ニヤニヤ

キョン「…あ、あぅ」

級友「なんだキョンが嘘ついてんのかよ…ひどいよ」

級友「クラスの美人二人も捕まえて何様だよ」

キョン(phase2おっかねぇ)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 17:45:39.54 ID:MIVtJ3saO

朝倉「まぁ…次は体育の時間だしあとにしましょ」

キョン(そもそもお前がややこしくしたんだろうが)

―――――――――――

教師「よし、まずストレッチだ。二人一組で別れろ」

キョン「………こうなるとは思ってたさ」ポツーン

教師「なんだお前一人か?よし、先生と組むか」ガシッ

キョン「(´;ω;`)」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 18:14:52.83 ID:MIVtJ3saO

キョン「まさかこの年になって先生と組まされるとは」

――――――――――

キョン「やれやれ…やっと昼休みか」キョロキョロ

谷口「国木田一緒に食おうぜ」
国木田「そうだね」チラッ

キョン(このいたたまれない空気………外で食うか)ガタッ

ハルヒ「あっ…キョン待っ」

朝倉「涼宮さん良かったらみんなでお昼食べない?彼なんてほっときなさいよ」

ハルヒ「!?う、うん…そうね」

キョン(便所はやだな…部室にでも)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 18:27:05.76 ID:MIVtJ3saO

キョン「………」ガチャ

長門「………なに?」

キョン「失礼しました」ガチャ
キョン(やっぱり便所しかないのか!?)

部長氏「おや?奇遇だね…昼休みにこっちに来るなんて珍しいじゃないか」

キョン「部長さん…えぇ弁当を食べに来たんですがあいにく先客がいまして」

部長氏「良かったらこっちで食べるかい?お茶くらいなら出せるよ」

キョン「いいんですか?」

部長氏「構わないよ、来たまえ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 18:37:00.11 ID:MIVtJ3saO

部長氏「で結局謝ったのかい?その…団長さんには」コポコポ

キョン「いえ、謝ってないです。そのせいでクラス中から無視されたりで散々ですよ」

部長氏「そうか…辛いだろう」

キョン「部長さんも同じ経験が?」

部長氏「昔のことさ…中学生の頃にね…あの頃は邪気眼とか色々と孤高ぶっていてね……辛かった。悪いことは言わない、謝ってすむなら謝った方が楽だよ」

キョン「……謝るつもりはないです。さらに今さら謝ったところで解決するとは思えませんし」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 18:46:37.55 ID:MIVtJ3saO

部長氏「そうか…でも君みたいな強情な生き方も羨ましいよ。女子にあんなに言われても謝らない君を見て正直スカッとしたさ」

キョン「……ごちそうさまでした。ありがとうございます」

部長氏「また辛くなったら来なよ。コンピ研は独り身には優しいからね」

キョン「えぇ……じゃまた」ガチャ
キョン(俺はやっぱり間違えてなかった、ありがとう部長氏)

――――――――ガチャ

部長氏「……おや、忘れ物かい?あ、長門さんか。どうしたんだい?」

長門「…………邪魔をしないで」ピカッ

部長氏「えっ……なにをするッ……つまり彼が来たら追い返せばいいんだね?了解した」

長門「わかればいい」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 18:58:10.23 ID:MIVtJ3saO

キョン「放課後か……いかないとまずいよな」

―――――――――――

キョン「ちぃーっす、なんだお前だけか」ガチャ

古泉「そのようですね」

キョン「返事はするんだな、無視されるかと思ったぜ」

古泉「手酷い扱いを受けてるみたいじゃないですか、九組まで伝わってますよ」

キョン「お前も謝らせたい側か?」

古泉「それで済むならとっとと謝って欲しいのですが…」

キョン「もう謝っても遅いということか?」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:04:49.94 ID:MIVtJ3saO

古泉「内緒にしてくれますか?」

キョン「あぁ、言ってみろよ」

古泉「今回のあなたへの仕打ちは何らかの意図を感じますね。長門さんにしても朝比奈さんにしても正気とは思えないです」

キョン「そうだよな、いやお前もイカれてるかと思ってたぜ」

古泉「とにかく内情を探らないといけませんからね…僕もあなたを無視してあちらからの情報を仕入れます。あなたも合わせて下さい」

キョン「あぁありがとう…その怪我も済まなかったな」

古泉「うっふ…これも仕事ですから」キリッ

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:14:24.85 ID:MIVtJ3saO

古泉「あなたと話せて良かった…じゃあ二人で話したことがバレるとやっかいです。一度出直して様子を見てまた来ます」ガチャ

キョン「済まない、いやありがとう古泉」

―――――――――――

古泉「ふぅ……購買でも行って暇をつぶしますか」

長門「……古泉一樹……あなたに用がある。ついて来て」

古泉「な、長門さん…拒否したら?」

朝倉「拒否はム・リ」ニコッ

古泉(すみません…どうやらここまでのようです)

ピカッ

―――――――――――

みくる「遅くなりま……」ガチャ

キョン「…………」

みくる「……………」

キョン(非常に気まずい)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:20:58.62 ID:MIVtJ3saO

キョン「出てますね。着替えるでしょう」ガタッ

みくる「……着替えませんよ」シレッ

キョン「そうですか」ガタッ

長門「遅くなった」ガチャ

古泉「うっふ、遅くなりました」

みくる「もぅ、遅いじゃないですか。二人で来るなんて珍しいですね。すぐお茶煎れますから」イソイソ

キョン(このテンションの差はなに)

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:25:49.63 ID:MIVtJ3saO

古泉「長門さん、たまには読書より将棋でも一局いかがです?」

長門「構わない」スタッ

みくる「はい、お茶です」カタッ

古泉「うん、やはり朝比奈さんの煎れたお茶は最高です」ゴクゴク

長門「甘露甘露」

みくる「うふっありがとうございます」

キョン(まぁ予想通りだが俺のお茶は無しと…)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:33:18.79 ID:MIVtJ3saO

パチリ……パチリ

キョン(暇だな……帰ろうかな。でも古泉も頑張ってくれてるんだ。もう少しいるか)チラッ

古泉「すみません…チラチラ見られると気が削がれるのですが」イラッ

キョン「う、すまん」

長門「興醒め」ガタッ

古泉「ですね、やめますか…まったく困りものです」

キョン(古泉すごいな…演技だとわかってても心が折れそうだ)ゴクリ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:45:10.59 ID:MIVtJ3saO

鶴屋さん「おいっす…あ、キョン君もいるんだね」

みくる「どうしたんですか鶴屋さん?」

鶴屋さん「いやうちの親父から遊園地のフリーパスもらってね。良かったらみんなでどうかなって思ったんだけど……」チラッ

キョン(ここまで来るともう笑うしかないな)
キョン「俺、帰るな」ガタッ

―――――――――――

キョン「うおおおぉおぉお」ダダダダダダダ

キョン「辛い現実に負けない心が欲しぃ」ダダダダダダダ

―――――――――――

ハルヒ「遅くなったわ…あれキョンは?」

古泉「はて…今日は見ませんね」

長門「無断欠席」

ハルヒ「…そっか。避けられてるのかな?」

みくる「あ、そうだ涼宮さん。鶴屋さんから遊園地のチケット頂きました。みんなで行きましょう…キョン君は誘わなくていいですよね。チケットもここにいる人数分しかありませんし」




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 19:55:39.23 ID:MIVtJ3saO

――――三日後―――

キョン「古泉、どうだ?なんかわかったか?」

古泉「…部室といえどどこに仕掛けがあるかわかりません。気軽に話しかけないで頂けますかね」ツーン

キョン「す、すまない」
キョン(部長氏も急に冷たくなったし…さすがに限界が近いぜ)

キョン「(この話題ならいいだろ)日曜の探索はどうするって?」

古泉「今週はなしみたいですよ。みなさん都合がつかないそうで…」イラッ

キョン「そうなんだ…」

みくる「古泉君…日曜の遊園地ですが……あっ」ガチャ

キョン「日曜…遊園地…?」チラッ

古泉「そういうことです。我々は遊園地で楽しませて頂きますので」ニコッ

キョン「そ、そうか」グルルルル
キョン(なんか腹が痛むな)

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:05:20.54 ID:MIVtJ3saO

キョン「…………」ガタッ

古泉「お帰りですか?」

キョン「便所だよ」ガチャ

―――――――――――

キョン「くっそ下痢だよ…なんでまた急に………悪いもんでも食ったかな」ビチビチビチ フキフキフキ

キョン「!?け、血便だとッ」

―――――――――――

キョン「本当に体調が悪くなるとは…嘘から出た誠とは皮肉だな。んっ?」

古泉『で、彼は未だに僕が自分の味方だと思ってるわけですよ』

みくる『ユニーク』

古泉『んっふ、長門さんの真似ですか?そっくりですよ』

みくる『えへへ』

長門『ナンセンス』

キョン「こ、古泉…信じてたのに…う、また腹が」グルルルル

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:11:03.23 ID:MIVtJ3saO

ハルヒ「あれ、キョン今日も来てないの?」

古泉「そのようです…まったくやる気があるのでしょうか」

みくる「ハァ〜困り者ですね」

ハルヒ「あれ…でも鞄はあるじゃない?」

古泉「!!」

長門「トイレに行った。二人が来る前だから知らない筈」

みくる「そ、そうだったんですか〜」アセアセ

ハルヒ「…………?」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:26:55.71 ID:MIVtJ3saO

キョンの下痢は神経性の腸炎です

キョン「結局部室に戻らずに帰ってきちまった」フラフラ

キョン「寝て起きて昔に戻れたらいいな」

―――――――――――

キョン妹「キョン君〜朝だよ〜」

キョン「……」

キョン妹「遅刻するよ〜」

キョン「……行きたくない」

キョン妹「えっ?」

キョン「………学校行きたくない」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:35:03.70 ID:MIVtJ3saO

キョン「とは言ったものの妹と親には心配はかけれないからな。登校だけはしないと」トボトボ

キョン「でも学校は無理だ…う、考えたら腹が」グルルルル

―――――――――――

キョン「うぅ………下痢になるとなんで神様に祈ってしまうんだろう」ジャー

キョン「とりあえず公園で時間を潰すか」

キョン「はぁ…あの時に謝れば良かったのか?今じゃ自分のことすら信じれないぜ」キコキコ

???「君ッ…こんなとこでさぼって…高校生だろ?学校はどうした」

キョン「うっ…すいません…って」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:40:23.35 ID:MIVtJ3saO

佐々木「クックッ…なにしてんだいキョン」

キョン「佐々木か…お前こそどうしたんだ。遅刻するぞ」

佐々木「いや電車を待ってたら見たことある後ろ姿があってね…隣いいかい?」

キョン「あぁ…好きにしてくれ」キコキコ

佐々木「ブランコなんて久し振りだよ…なんかやつれたねキョン。ダイエット…ではなさそうだ」キコキコ

キョン「ちょっとな…」

佐々木「学校には行かないのかい?」

キョン「あぁ…今日は行かないだろうな」キコキコ

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:45:45.57 ID:MIVtJ3saO

佐々木「そうか…じゃあ僕も休もうかな」

キョン「……佐々木、いいんだ。気にしないでくれ。迷惑になる」

佐々木「迷惑?なにを言ってるんだい…こんなやつれた親友をほっとけるわけないだろ」

キョン「……親友……そうか。ありがとう」キコキコ

佐々木「でも無断欠席はまずいからね……キョン、悪いけど家族を騙って学校に休むって伝えてくれよ」

キョン「あぁ」

prrr prrr prrr

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 20:50:03.87 ID:MIVtJ3saO

佐々木「キョン…で、今日はどうするつもりだい?」

キョン「特に考えてないな。学校に行きたくなかっただけだ」

佐々木「……そっか、ならしょうがない。今日は楽しい逃避行だ。とりあえず終点まで行くかい?」

キョン「なんでか……聞かないのか?」

佐々木「言いたくないだろ?」

キョン「あぁ」

佐々木「ならいいさ。行こッ」


287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/28(金) 21:04:28.50 ID:MIVtJ3saO

キョン「…………」ガタンゴトン

佐々木「…………」ガタンゴトン

次は終点……

佐々木「降りようか」

キョン「…あぁ」

―――――――――――

キョン「佐々木、学校は楽しいか」

佐々木「どうだろう…退屈ではあると思うけど…いつぞやのお友達が関係してるのかい?」

キョン「…………」

佐々木「すまない、ついこっちから聞いてしまった」

キョン「いいんだ……この間ハルヒに……その、告白されてな」

佐々木「ほぉ、やるじゃないか」

キョン「まぁ断ったんたが」

佐々木「そ、そうなんだ。彼女は美人で聡明だけど…不満なのかい」

キョン「いや、不満とか嫌いではないんだ。ただ……」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:12:15.66 ID:MIVtJ3saO

佐々木「ただ?」

キョン「友達以上になるのが想像出来なくてな。それ以上になったらなにか大切なものが壊れるような…そんな気がして」

佐々木「で、断ったと」

キョン「あぁ…上手く伝えれなくてハルヒに辛い思いをさせたかもしれない。それがこじれてこのザマさ」

佐々木「そうか……難しいね。男女の仲は」

キョン「ありがとう佐々木、誰かに聞いて欲しかったかもしれない。明日からはちゃんと学校に行くことにする」

佐々木「……いいんだよ、キョン。無理しなくても…君はきっと明日も休む、そんな顔をしてる」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:19:01.45 ID:MIVtJ3saO

キョン「あぁ、きっと休むだろうな。佐々木には敵わないぜ」

佐々木「辛いんだね…そうだキョンいいところがあるんだ……まぁ僕は行ったことはないけどね」

キョン「?」

佐々木「………少し待ってくれよ」prrr prrr prrr

橘『もしもし佐々木さん、どうしたんですか』

佐々木「橘さん、少し君の力を借りたいんだ。時間は平気かい?」

キョン「……橘…京子…」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:26:08.30 ID:MIVtJ3saO

佐々木「まぁ彼女が来るまでご飯でも食べてよう」

キョン「……食欲がないんだ」

佐々木「連れないことを言わないでくれよ。僕が作った手作りのお弁当なんだ…一つしかないからね、半分づつだ。ほら、キョン……あ〜ん」

キョン「………いや、回りに人が…」

佐々木「気にすることはないさ…あ〜ん」

キョン「………お、おぅ」パクリ

佐々木「どうだい?マヅくはないだろう」

キョン「…うまいよ、とっても」ポロポロ

佐々木「おいおいキョン…泣くほどの味じゃないだろ…まいったな」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:32:14.86 ID:MIVtJ3saO

佐々木「クックッ…なんだ食欲はあるじゃないか。どんどん食べてくれよ」

キョン「ありがとう美味しいよ佐々木」パクパク

橘「私の分も残しといて下さいねッ……あっ、佐々木さん私にもあ〜んってして下さいね」

キョン「………」
佐々木「………」

橘「お待たせしました。佐々木さん、頼み事ってあれですか?」

佐々木「いや随分と早いね……キョンをあそこに連れてきたいんだ」

キョン「……閉鎖空間か…」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:39:27.23 ID:MIVtJ3saO

佐々木「一回行っただろう?僕の閉鎖空間さ」

橘「予定より早いですけどいいんですか?」

キョン「予定?どういうことだ?」

佐々木「本当はもっとあとに誘うつもりだったんだ…でもこんなに弱った君を見てたらね…」

橘「まぁ、行きましょうキョンさん」グイッ

キョン「お、おい」

―――――――――――

キョン「……相変わらず落ち着いた雰囲気だな」

橘「そうでしょう……凄く心地よい場所ですよね」

キョン「あぁ……あの時には何も感じなかったけど…いい雰囲気だ」

???「キョン、気に入ってくれたみたいだね」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:47:13.37 ID:MIVtJ3saO

キョン「えっと……佐々木か?見た目は違うが」

神人「あぁ僕さ……驚いたろう」

キョン「お、おう…想像もしなかったぜ」

橘「佐々木さんは自分の意思をこちらに持ってくることが出来るようになったんですよ」

神人「まぁ見た目はまだ良くはないけどね」

橘「最初は巨人でしたからね…だんだん小さくなってやっと人間サイズまできました」

神人「本当は完全に僕の姿になったら来てもらう予定だったんだ」

キョン「どうして俺を?」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 21:54:33.89 ID:MIVtJ3saO

神人「ここなら邪魔も入らないからね…それに誰もいない……僕たちだけさ」

キョン「………」

神人「……キョン、実は君のことは橘さんから聞いていたんだ」

キョン「!!??」

橘「…探るつもりはなかったんです…機関の人間を調べてるうちに知って…それで佐々木さんに」

神人「趣味が悪いことは承知してる…でも本当のことを言ったら君は来てくれないと思って」

キョン「…そうか、佐々木…心配かけちまったな」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:01:44.98 ID:MIVtJ3saO

神人「キョン…たぶん学校が辛いのは支えがないからじゃないかな?」

キョン「………」

神人「君が疲れたら僕がここで癒してあげる…今はこんな格好だけどすぐに良くしてみせるさ。だから早く元気になってくれよ」

キョン「ありがとう佐々木」ギュッ

神人「……キョン」

キョン「橘もありがとうな。もっと危ない奴かと思ってたぜ」

橘「ひ、ひどいですッ…まぁ私たちは佐々木さんの味方であってあなたの事なんて知ったことではありませんけどね」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:16:24.20 ID:MIVtJ3saO

橘「さ、そろそろ戻りましょうか」

キョン「あぁ」

神人「キョン…またね」

キョン「すぐ会えるだろう」

神人「クックッそうだった」

―――――――――――

佐々木「お帰りキョン…フフッ随分と生気が戻ってきたじゃないか」

キョン「ただいま佐々木…橘、それでお前の望みはなんだ?お前らに協力しろってことか?」

橘「そんなつもりはありませんよ。我々だって馬鹿の集まりではないですから…ただキョンさんが進んで協力してくれる体勢を整えるだけです」

佐々木「だそうだ…キョンまた会おう。それと学校が辛いならメールでもしてくれよ。それなら僕でも相手にはなるだろ?」

キョン「ありがとうな佐々木…ついでに橘もな」

橘「つ、ついでですか?」

佐々木「クックッまぁいいじゃないか」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:26:37.23 ID:MIVtJ3saO

キョン「おはよ…っていう相手もいない」ガタッ

朝倉「キョン君、無断欠席したことに岡部先生怒ってたわよ」ニヤニヤ

キョン「そうか、そりゃ大変だ」

垣ノ内くん「キョン、昨日見たぜ。朝っぱらから公園のブランコに座ってたろ」

手島くん「そんなに学校に来たくなかったか?」ゲラゲラ

キョン「心配かけたか?もう平気だ」

朝倉「ふ〜ん、なんか余裕そうね。なにかあったのかしら」

キョン「いろいろな…お前も俺のことより自分の眉毛でも心配したらどうだ?濃くなってるぞ」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:33:52.88 ID:MIVtJ3saO

朝倉「!!??」

谷口「おいキョン、なに調子こいてんだ?」

キョン「いや事実だろ?お前らこそ平気か?かなりヤバい目つきだぜ」

ハルヒ「ちょっとキョン、やめなさいよ。あんた今日おかしいわよ」

キョン「ハルヒ、止めんなって」

岡部「なにを騒いでる…ホームルームだぞ」

谷口「チッ…ぼっちのくせに…」

キョン(ふぅ…スカッとしたぜ)

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:43:42.25 ID:MIVtJ3saO

キョン(岡部から昼休み呼び出しくらったぜ…しょうがないか)

谷口「おうキョン…俺の天使朝倉さんに向かってゲジゲジ眉毛とは言ってくれるじゃねえか」

国木田「谷口、ゲジゲジ眉毛とは言ってないよ」ポツリ

キョン「最近の天使は質が落ちてるんだな…あとお前に凄まれてもな。怖くないんだ」

谷口「てめえっ」ガバッ

prrr prrr prrr

キョン「あ、悪い電話だ」

佐々木『クツクツ…キョン元気かい?思わず心配で電話をかけてしまったよ』

キョン「ちゃんと登校したって…大丈夫だ。ありがとうな佐々木」

ハルヒ「!?」
朝倉「!?」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:50:49.08 ID:MIVtJ3saO

ハルヒ「……キョン、昨日佐々木さんと会ってたの?」

キョン「あぁ、佐々木といた。あいつは相変わらずで安心したよ」

ハルヒ「そ、そっか…良かったじゃない」

キョン「そうだな。すっかり体調も元通りだ、今日からキチンとSOS団にも顔を出すからな」

―――――――――――

古泉「この感覚まさか」
ガタガタ
prrr prrr prrr

森さん『古泉、出勤よ』

古泉「」



433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 22:58:52.13 ID:MIVtJ3saO

キョン「さて部室に行くか」

―――――――――――

キョン「よぉ古泉、怪我はいいのか?」

古泉「おかげさまで。痛かったですよ、利き手が使えないのは不便ですし。少しは反省して欲しいものですね」

キョン「こないだの怪我、神人相手ってのは嘘だろ?」

古泉「!?」

キョン「ここんとこ閉鎖空間は出てなかったらしいじゃねぇか。ナニを相手にしたんだよ」

古泉(ど、どこまで知ってるのでしょうか?)ガタガタ

キョン「神人か?まさかチンチ…」

みくる「こんにちは〜あら今日は来られたんですね〜」


453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:08:18.19 ID:MIVtJ3saO

みくる「ちんち?なんか言ってませんでした?」

古泉「気のせいでしょう…それより日曜の件ですが…」チラッ

キョン「あぁ気にしないでいいぞ。俺のことは気にせず続けてくれ」

古泉「車の方はこちらで用意しますので…」

みくる「楽しみですね」

キョン(おっ…佐々木からメールだ)メルメル

長門「遅くなった…日曜の件、朝倉涼子も来れるらしい」

古泉「大勢のほうが楽しいですからね」

キョン(放課後駅前の喫茶店か…了解っと)メルメル



469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:17:37.29 ID:MIVtJ3saO

ハルヒ「遅くなったわね…ちゃんといるじゃない。感心感心」

キョン「おぉハルヒ、用事が出来たから帰るな。日曜は楽しんできてくれよな」ガチャ

ハルヒ「えっ…もう帰るの?」アセアセ

古泉「いいじゃないですか。日曜のことを煮詰めましょう、朝倉さんもいらっしゃるみたいですよ」

―――――――――――

キョン「悪い、遅くなった。急いで来たんだがな」ハァハァ

佐々木「その呼吸を見ればわかるよ…昨日の今日だけど、遂に出来たよ。見るかい?」

キョン「気持ちだけで充分さ…また疲れたら見せてくれよ」

橘「なんだ行かないんですか?せっかく来たのに…」

キョン「いや、橘。お前にも伝えたいことがあるんだ……決心がついたよ、お前たちに協力させてくれないか?」

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:24:36.86 ID:MIVtJ3saO

佐々木「キョン…自分の言ってることの意味がわかってるのかい?」

橘「そうですよ…確かにキョンさんがいてくれたら助かりますけど…こんな急に」

キョン「いいんだ…あいつらといたらどうかなっちまいそうだからな。ハルヒは何も知らないみたいだけど。佐々木…お前は普通の暮らしの方がいいんだろ?俺がいたら迷惑になるか?」

佐々木「クツクツ…僕が君と一緒にいて迷惑に感じると思うかい?」

キョン「なら決まりだな」

橘「うふふ…じゃあ顔合わせを兼ねて日曜にみんなでどこかに行きましょうか」

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:30:31.83 ID:MIVtJ3saO

キョン「じゃあ橘、俺は佐々木送ってくから」

佐々木「橘さん、また連絡を下さい」

橘「ええ…じゃあまた連絡しますね」

―――――――――――

藤原「……うまくいったみたいだな」スッ

橘「少し怖いぐらいにいきましたね」

藤原「女の習性を利用して鍵を引っ張るとは……無粋だな。理解しがたい」

橘「佐々木さんにばれないかドキドキしましたけどね。ま、結果オーライですね。そろそろ九曜さんも迎えに行きましょうか」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:44:16.74 ID:MIVtJ3saO

―――北高前―――

橘「九曜さん、迎えに来ましたよ」

藤原「フン…そのまま消えちまったか?」

九曜「―――作戦―――終了?」ヌルッ

橘「ええ、完璧ですよ。キョンさんも無事引き抜きました」

九曜「――――///」

藤原「まさか天蓋領域のイントルーダーが直々に本拠地に乗り込んで学校全体にフィールドを張り続けてたなんて思いもしないだろうな」

橘「発案者の私が言うのもなんですがすぐバレると思ってました」

藤原「総合思念体のデバイス複数よりこっちのイントルーダー一体の方が優秀ってことだな。まさか自分が情報操作されるなんて思いもしなかったんだろう。愚かだな」

九曜「―――改竄―――解除?」

橘「そうですね。解除しちゃいましょうか…自分たちがキョンさんにした仕打ちだけ残してね。驚きますよ…ま、今さら弁解しても信じてもらえることはないでしょ」


556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/28(金) 23:53:20.12 ID:MIVtJ3saO

長門「彼に嫌われた、嫌われた」ガタガタ

朝倉「長門さん、落ち着いて下さいって…まだキョン君に嫌われたって決まってはいないでしょ」

長門「本当に?」ピタッ

喜緑「いや、嫌われてるでしょうね」ケロリ

長門「ジーザス」バタッ

朝倉「きっ、喜緑さん…でもまさか学校全体に情報操作をかけてくるとは」

喜緑「そうですね、甘くみてました。よく考えると変でしたからね。特に朝倉さん、あなたですよ」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:00:45.01 ID:wVXcjLpdO

森さん「で、今までキョン君を無視したりイビっていたと…」

古泉「えぇ…我ながら最低なイビり方でしたね」

森さん「情報操作されたことに気づかず報告も異常無しのみ…と」

古泉「いや異常がありすぎて今思うと何が異常だったか…いやはや困ったものです」

森さん「これでキョン君が組織の手に渡ってみなさい…」

新川さん「薬剤部は新たな臨床試験のサンプルが欲しいそうです。あと諜報部も新しい拷問の確立と…」

古泉「んっふ…こいつはハードですね」

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:07:35.21 ID:wVXcjLpdO

みくる「つ、鶴屋さん…わ、わたし大変なことを…」

鶴屋さん「いやぁ〜なんだったんだろうねッ…あんなにキョン君が嫌いだったのに。悪いことしちゃったなぁ」ケロケロ

みくる「笑い事じゃありませ〜ん」

鶴屋さん「大丈夫っさ、いざとなったらみくるが恥ずかしながらシャツのボタン外してメチャクチャにしてーって言えば許してくれるにょろ」

みくる「………」ゴクリ

鶴屋さん「それは冗談でも日曜に改めて誘ってみようかねい」

585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:16:15.24 ID:wVXcjLpdO

―――日曜日―――

古泉「彼は電話にも出てくれませんね」

みくる「当然といえば当然ですよね」

長門「着信拒否」ズーン

朝倉「長門さん、元気出して」

鶴屋さん「まあまぁ明日謝ればいいっさ…今日は楽しむにょろ」

ハルヒ「お待たせ、いい天気ね、あらあたしが最後?」

鶴屋さん「遅いッ…罰金ッ」

ハルヒ「えっ?罰金?」

鶴屋さん「冗談にょろ、みくるから聞いたっさ。いつも遅くきたキョン君にこう言ってるって」ケタケタ

長門「ユニーク」

ハルヒ「自分が言われると結構ひどいことしてたのね」

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:23:52.05 ID:wVXcjLpdO

キョン「橘、妹も連れてきたけどいいのか?」

橘「構いませんよ、人が多い方が楽しいでしょ」

佐々木「久しぶりだね、妹ちゃん」

キョン妹「佐々木さん久し振り〜」ギユッ

佐々木「彼女は橘さん、でそこの無愛想なのが藤原君、そこの髪の長い彼女が九曜さん」

キョン妹「はじめまして」

九曜「―――かわいい―――欲しい」

藤原「ふん、子供は苦手だ…用があったら連絡しろ。園内にはいる」

佐々木「じゃあ今日は遊園地で楽しもうじゃないか」

612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:29:58.18 ID:wVXcjLpdO

佐々木「妹ちゃん何から行く?」

キョン妹「え〜とねう〜んとね」

キョン「ちゃんと佐々木のいうこと聞けよ?」

キョン妹「わかってますぅ〜佐々木さん、行こッ」

佐々木「じゃあキョン、またあとでね」

キョン「あぁ」

橘「今日は来て下さってありがとうこざいます」

キョン「なんか昨日からひっきりなしに電話が来てな…おおかた俺がこっちに付いたのを知って慌てたんだろ」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:38:29.84 ID:wVXcjLpdO

古泉「……なんですと。確かな情報ですか?」

みくる「どうかしましたか〜?」

古泉「長門さん、朝比奈さんよろしいですか?鶴屋さん、ちょっと先に行ってて下さい」

鶴屋さん「よっしハルにゃん、どっから攻める?」

ハルヒ「まずは……おばけ屋敷ね!!朝倉さんも行くわよッ」

朝倉「え、怖いのはちょっと…」

ハルヒ「大丈夫大丈夫、こんな場末のおばけ屋敷なんてたかが知れてるわ」

―――――――――――

古泉「彼がこの遊園地内にいるそうです」

長門「謝ってくる」
みくる「あたしもッ」

古泉「お待ちください。佐々木さんや組織、天蓋領域のイントルーダー、果ては未来人も一緒らしいです」

633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:46:50.92 ID:wVXcjLpdO

みくる「そ、そんな」

古泉「つまり彼は敵の手に落ちたということですね…ははは、帰ったらお仕置きが待ってますよ」

長門「……す……えす」ブツブツ

古泉「え?」

長門「取り返す」クワッ

―――――――――――

橘「まぁあとは涼宮さんの力が佐々木さんに移ればいいんですけどね」

キョン「あてはあるのか?」

橘「どうでしょう、これからよくブッキングしてみますけど…キョンさんには少し居心地が悪くなりそうですね」

キョン「構わないさ。ハルヒには悪いけど、他のやつらは散々な目に遇わせてくれたからな」



647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 00:55:35.64 ID:wVXcjLpdO

橘「安心しました。実はですね、早速今日…」

キョン「ちょっと待ってくれ…あれ長門か?もしかして」

長門「見つけた、この泥棒猫」

キョン「いきなりだな、俺の仲間に変なこと言うな」

長門「あなたは騙されている…あと先日のことは申し訳ないと…ごめんなさい」

キョン「今さらなにを言ってるんだよ、口には出さなかったが本当に辛かったんだ」

長門「私たちも操られていた」

キョン「お前が操られていたって…誰にだよ」

664 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:03:32.74 ID:wVXcjLpdO

長門「天蓋領域のイントルーダー…彼女の力によって私たちは正常な判断を行えなかった」

キョン「そうか、それは大変だったな」

長門「信じて」

九曜「―――それ―――無理」ヌルッ

キョン「九曜!!」

長門「朝倉涼子、対象を確認した。すぐに来て」

―――――――――――

ハルヒ「朝倉さん、後ろ後ろキャー」

朝倉「ひ、ヒィッ…こっち来ないで〜」ガタガタ

鶴屋さん「ひ〜めがっさ怖いにょろ」ニョロニョロ

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:11:22.23 ID:wVXcjLpdO

九曜「―――対象を―――殲滅?」

キョン「そこまでやらなくていい。聞きたいこともあるしな」

長門「私もあなたに伝えたいことがある…それまでは…負けない」

九曜「―――昆布―――パンチ」ドゴッ ボキボキ

長門「………ウグッ」バタッ

キョン(あれ、長門ってこんな弱いの?)

橘「九曜さん、消しちゃいましょ?」

キョン「そこまではしなくていいだろ」

橘「ま、まぁキョンさんがそういうんなら」

704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:21:29.19 ID:wVXcjLpdO

キョン「なぁ長門…すまないが俺はもうこいつらの仲間なんだ。確かに心残りもあるが今さら虫がよすぎるだろ?」

長門「…確かに私のした行いは度が過ぎていた、反省している。でもあれは…」

朝倉「長門さん、いいじゃないですか。いつか自分が騙されたことに気づきますよ」ハァハァ

佐々木「おや、みんな揃ってるね。あなた達も久し振り…そこの方ははじめましてだね、佐々木です」

朝倉「あ、朝倉涼子です」

キョン妹「あれ〜?有希ちゃんがいる…みくるちゃんとハルにゃんもいるの?」

朝倉「えぇ…すぐにこっちに」

ハルヒ「……キ、キョン…それに佐々木さんも」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 01:39:08.85 ID:wVXcjLpdO

佐々木「涼宮さん、久し振りだね。元気だったかい?」

ハルヒ「そ、そうね。佐々木さんも元気そうでなによりだわ」

佐々木「なら良かった…キョン、妹さんが元気すぎて疲れたよ。少しのんびりしたいな」

キョン「そうだな…じゃハルヒ、また明日な。佐々木、観覧車なんてどうだ?」

佐々木「いいな、そうしようか」テクテク

ハルヒ「うん…キョン…また明日ね…明日になれば…また…会えるよね?グスッ」ポロポロ

終わり

ご支援ありがとうございました

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 01:47:05.89 ID:wVXcjLpdO

最後に言わせてくれ。俺…>>1じゃないんだ

アデュー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「キョンくん、選んで」