こなた「牛角へ行こう!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古手梨花の決意

ツイート

1 名前: ◆rb7ZL.QpjU [] 投稿日:2009/08/26(水) 18:25:27.19 ID:BEnUmUJpO

立つかな?

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:30:13.94 ID:BEnUmUJpO

かがみ「なによ急に…」

つかさ「あたし知ってるー、焼き肉屋さんだよね」

みゆき「焼き肉美味しいですよね」

かがみ「美味しいのはわかるけど…何で焼き肉なのよ?」

こなた「夏と言ったら焼き肉でしょ!」

かがみ「はぁ…?別に焼き肉なんていつでも食べるじゃない」

こなた「わかってないなぁー!暑い夏こそ焼き肉なのだよかがみん!」

かがみ「要するに、焼き肉が食べたいって訳ね…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:33:40.90 ID:BEnUmUJpO


つかさ「でも焼き肉って、お肉高くないかな…」

こなた「心配無用!牛角にはビュッフェコースって言って、3000円で食べ放題のコースがある!」

かがみ「へぇー、それなら行ってみたいわね」

みゆき「そうですね」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:40:38.19 ID:BEnUmUJpO

数日後、店内にて

こなた「とりあえずタンとカルビとチキンバジルと…」

かがみ「ちょっと!いきなり頼みすぎじゃない!?」
つかさ「そうだよこなちゃん、90分あるんだし、ゆっくり食べようよー」

みゆき「頼みすぎても、食べきれなくなるかも知れませんしね」

こなた「まあまあ、頼み方にはコツがあるんだよ」

かがみ「なによそれ…」

こなた「まあいいからいいから、すいませーん!」

店員「はい!ご注文をお伺いします」

こなた「ビュッフェコースお願いします」

店員「かしこまりました」

こなた「で、注文はタンとカルビとry」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:45:56.87 ID:BEnUmUJpO

かがみ「…ちょっと時間かかるのね」

みゆき「そうですね」

こなた「だからまとめて頼んだんだよー」

つかさ「こなちゃん詳しいねー!」

こなた「まぁねー♪」

店員「お待たせしました、こちら失礼しまーす」

店員はそういうと、皿を並べ立ち去った

かがみ「へぇーこのカルビ専用ご飯って、海苔が乗ってるのね」

こなた「それだけじゃないよ、しっかり味も付いてるんだよ」

つかさ「へぇー」

みゆき「では、焼きましょうか」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:52:52.03 ID:BEnUmUJpO

肉が良い感じに焼けてきた頃

みゆき「では、そろそろ食べましょうか」

こなた「そだね」

一同「いただきまーす」


かがみは、まずチキンバジルを口に運んだ
ほのかなハーブの香りがし、鳥肉の肉汁がジュワーと口の中を広げ、バジルとスパイスの味が鳥肉と見事に調和し、とても合うのだ

かがみ「これ美味しい!」

つかさ「ほんと?あむっ……あ、本当だ!凄く美味しい!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 18:59:07.37 ID:BEnUmUJpO

みゆきも続けてチキンバジルを食べ、口の中に無くならぬ内にカルビ専用ご飯を口に運んだ

すると、焼き肉のタレか何かで味付けされていて、しかし、しょっぱくなく、程よい味付けのご飯と、上に乗せられた海苔が一気に口の中を占拠する。かといって、チキンバジルの味を邪魔する事はなく、見事にマッチするのだ

みゆき「このご飯も、大変美味しいですね、少しびっくりです」

こなた「だよねだよねー、あたしこのご飯大好きなんだー」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:04:29.00 ID:BEnUmUJpO

次に、つかさはタンを箸に取り、レモンに付けて食べた

レモンの味は酸っぱ過ぎず程よく、タンの味もしっかり強調するのだ
そして、タンは柔らかく、肉汁とレモンが口の中で混ざり合い、舌の上で踊るのであった

つかさ「タン美味しいー!お姉ちゃん食べてみて!」

かがみ「はむっ!うわ、これ美味しい!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:08:48.27 ID:BEnUmUJpO

カルビ、ハラミも一気に平らげ、かがみは炙り焼きベーコンを食べた

しっかり焼けたベーコンは、口の中でトロッととろける

かがみ「マスタードとベーコンの鉄板コンビが、美味しくない訳がないわ!」

つかさ「マスタードがなくても美味しい!肉汁が凄くて、お肉の味がしっかりする!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:13:50.48 ID:BEnUmUJpO

次はピートロの味噌ダレだ
まずこれを最初に食べたのはこなた

濃い味噌ダレとジューシーな肉が口の中を占拠する
味噌ダレの味は結構濃厚で実に美味しい

こなたはそれを飲み込むと、グラスの烏龍茶を飲んだ

こなた「ぐびぐびぐびっ…!ぷあああー!最高だね!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:19:25.72 ID:BEnUmUJpO

かがみの目に止まったのは、やみつきスパイシーチキンだ
早速口に運ぶと、表面はカリカリしていて、スパイスの味が濃厚だ
ところが、噛むと一気にカリカリした表面は割れ、プリッとしたチキンの身食感と同士に、一気にジュワァーと肉汁が溢れだすのだ
この食感とスパイスの味が、とてつもないバッテリーを組み、もはやどの口も不味いとは言わせない

かがみ「ああああ何これ!めちゃくちゃ美味しいじゃない…!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:24:30.01 ID:BEnUmUJpO

かがみ達は焼き肉を堪能し、その美味しさを思い出しながら食べた物について語りあっていた

すると

店員「すみませんお客様、ラストオーダーとなりますがよろしいでしょうか?」

こなた「あ、はい、もう大丈夫です」

店員「ではデザートは何になさいますか?」

つかさ「え!?デザートもあるの!?」

みゆき「これで3000以下は安すぎです!」

かがみ「牛角最高!」






終わり

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 19:31:55.69 ID:BEnUmUJpO

ちょっと牛角に行ったら美味くて感動したから書いちゃった

皆も行ってみてね


じゃあご飯いってくるノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「貴方が…好き…大好き」