キョン「懐かしいな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのギャルゲー

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:17:25.38 ID:qIswmR08O

ある晴れた日のこと

ハルヒは純白のドレスを着、バージンロード を歩いてる



思えば長いようで短い学生時代だった

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:21:29.58 ID:qIswmR08O

時は遡り高校3年の冬

俺はまたしても無難な大学に進学することに決めた

キョン「なぁハルヒ、SOS団はどうするんだ?」

ハルヒ「決まってるじゃない、後輩に受け継がせるのよ!」

キョン「また拉致るのか?」

ハルヒ「私がいつそんなことしたのよ!」


まぁ いつものことか・・・

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:27:21.13 ID:qIswmR08O

キョン「話変わるが、お前進路どうするんだ?」

ハルヒ「〇×大学に行くことに決めたわ あんたは?」

キョン「残念ながら俺も同じ大学だ」

ハルヒ「ホントに!? じゃあ『SOS団INキャンパス』よ!」


やっぱ馬鹿ですこいつ




そして時は動き出す

俺たちSOS団はなんとか全員卒業式を迎えた


ちなみに朝比奈さんはと言うと〇×大学の近くのカフェでウェイトレスをしているらしい


毎日通うと心に決めた

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:31:56.46 ID:qIswmR08O

当たり前と言っちゃ当たり前だが長門と古泉も同じ学校だ


こうして俺のキャンパスライフが始まった訳だが・・・なんだかなぁ


あぁあと
谷口はミュージシャンになるとかで
ギター片手に東京へ行ったらしい



俺とハルヒがほぼ同じ授業を取っていることに疑問はもうない

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:38:12.71 ID:qIswmR08O

入学3週間後
大学版SOS団が設立

瞬く間に涼宮ハルヒの名は校内に広まった

もう慣れたさ・・・


活動内容は・・・言わなくてもわかるよな


グダグダと1週間が過ぎたある日

ハルヒ「おまちかね新入部員よ!」

誰も待ってなんか・・・

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:41:00.85 ID:qIswmR08O

キョン「さ、佐々木・・・?」

佐々木「やぁキョン、久しぶりだね」

キョン「お前もこの大学だったのか、知らなかった」
クックック
佐々木「君が全く連絡をよこさなかったからね」


この笑い方
懐かしい笑い方だ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 20:46:47.29 ID:qIswmR08O

日曜日

不思議探索らしい
高校気分が抜けないなぁ

とりあえず朝比奈さんの働くカフェに集合

俺の奢りは暗黙のルールらしい

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:00:23.06 ID:qIswmR08O

お馴染みくじ引きだ





俺、ハルヒ

古泉、長門、佐々木




ハルヒパワーか


そういえばハルヒ一緒になったことなかったな・・・
古泉「ではまた」

ハルヒ「4時に落ち合いましょ」


なんだかハルヒの機嫌がいい様に見えた

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:03:50.80 ID:qIswmR08O

向こうチームが見えなくなった途端

ハルヒ「キョン!ちょっとは、話があるんだけど」


キョン「なんだ?早速不思議発見か?」


ハルヒ「違う、もっと大事な・・・ここじゃ何だからあのベンチに行きましょ」

ベンチか朝比奈さんの話を聞いた場所だ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:08:29.82 ID:qIswmR08O

キョン「で、話ってのは?」
どうせ新企画とかなんかだろな

ハルヒ「その、えと」


なんか変だな

ハルヒ「わ、私とつ、付き合・・・付き合いなさいっ!」


・・・予想外だ



って訳でもない

佐々木からも聞いていたからな

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:12:37.76 ID:qIswmR08O

この前日の夜
佐々木から電話が来た

佐々木「僕が思うに君は鈍感だ」

キョン「いきなりなんの話だ?」

佐々木「涼宮さんのことだよ!やっぱり鈍感だねキョン」

佐々木の口調からして少し怒っている

キョン「ハルヒがなんだって?」

佐々木「涼宮さんは君のことが好きなんだよ!」


キョン「・・・いやいや冗談だろ、それはない」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:15:16.73 ID:qIswmR08O

佐々木「とにかく、明日の不思議探索で君は告白されるからちゃんと返事するんだ、いいね!」ガチャッ



あいつ、ハルヒに影響されてきたのか・・・


ハルヒがな・・・


そして
今に至る

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:20:12.30 ID:qIswmR08O

・・・
沈黙の嵐

キョン「それはマジなのか?」

ハルヒ「ま、マジ・・・」

ハルヒの顔が赤面している

キョン「じゃあ、付き合うか」

ハルヒ「ほ、ホントに!?」
キョン「ああホントに」

おもむろに立ち上がるハルヒ

ハルヒ「つ、付き合ってるからと言って特別扱いはしないからわよ!」


キョン「へいへい」

団長様の命令は絶対だからな

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:26:39.41 ID:qIswmR08O

無事不思議探索を終了し

また月曜が回ってきた

コンコン
ハルヒ「どうぞー」

キョン「なんだお前だけか」

ハルヒ「私で悪かったわね」

不機嫌そうな顔

昨日の帰り道でキスしたのが原因かな

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:35:56.33 ID:qIswmR08O

俺たちのキャンパスライフも淡々と過ぎていった

佐々木にも彼氏が出来たらしい
長門は相変わらず本をよんでいる
古泉は・・・しらん


もうそろそろ卒業か

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:40:21.14 ID:qIswmR08O


キョン「なぁハルヒ」

パソコンをいじりながら怠そうに返事をするハルヒ
カチカチ
ハルヒ「なにー?」


キョン「俺たち結婚とかさ・・・」

ガタッ
ハルヒ「!!!」





(こういう話は二人のときしかしません)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:45:52.79 ID:qIswmR08O

24歳春

只今僕は教会にいます

ハルヒが時代のドレスを着バージンロードを渡りこっちへ向かって来る

とても綺麗だ

キョン「綺麗だな、特にポニーテールが」

ハルヒ「アホキョン」



END

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/25(火) 21:47:12.55 ID:qIswmR08O

いろいろおかしいとこがあると思いますが気にすんな
くようたちはよくわかんないんで



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジ、四十八手ってなに?」