キョン「長門、風呂上がりのお前をバスタオルでふかせてくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「のわぁ!長門、乳首見えてるぞ!!」

ツイート

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:15:04.53 ID:0wlDSq0LO

>>4

キョン「ん?なんかつっぱるな……まさか!」

長門「何?」

キョン「長門、もしかしてコンディショナーは……」

長門「していない」

キョン「馬鹿やろう!!」

長門「!」ビクッ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:18:55.57 ID:0wlDSq0LO

長門「どうしたの……?」

キョン「どうかしてるのはお前だろ長門!コンディショナーしないで髪をふくなんて……」

キョン「キューティクルが痛んじまうだろ!!」

長門「ご、ごめんなさい……」

キョン「はぁ……もういいさ」

長門「………」

キョン「……じゃあ、トリートメントはしたよな?」

長門「え?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:22:55.31 ID:0wlDSq0LO

長門「コンディショナー……トリートメント……?」

キョン「お、おまえ……まさか違いが分かってないのか?」

長門「……ごめんなさい」

キョン「……もう一度風呂入ってこい、俺のやつ貸してやる」

長門「ありがとう……」

キョン「いいか?トリートメントを付けて蒸らしたタオルを巻いて10分」

キョン「そしたら洗い流して、つぎにコンディショナーだ」

長門「了解した」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:25:56.93 ID:0wlDSq0LO

バタン

長門「終わった」

キョン「よし、ほら、頭拭いてやる」ギュ

長門「………」

キョン「頭皮を揉むようにして水を拭き取るのが髪にダメージを与えないんだ」グシグシ

長門「そう」

キョン「……よくできたぞ、長門」

長門「……そう」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:29:20.77 ID:0wlDSq0LO

キョン「体もしっかり拭き取らなきゃな」ゴシゴシ

長門「……」

キョン「長門、バンザイ」

長門「了解した」

キョン「脇の下は湿りやすいからな」ゴシゴシ

長門「っ……」

キョン「くすぐったかったか?悪い悪い」ゴシゴシ

長門「平気」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:32:51.98 ID:0wlDSq0LO

キョン「長門、横向いてくれ」

長門「?」

キョン「サンドイッチみたいに拭くんだ」

長門「了解した」

キョン「……優しくしないとな」ギュッギュッ

長門「…っく……!」

キョン「わ、悪い!痛かったか?」

長門「大丈夫、少しこすれただけ……」

キョン「そ、そうか……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:35:31.68 ID:0wlDSq0LO

キョン「えーと……」

長門「……」

キョン「ここからは自分でやってくれるか?」

長門「なぜ?」

キョン「なぜって……大事なところだしな……」

長門「大事?」

キョン「あぁっ!とにかく、自分で拭いてくれ!」

長門「……了解した」ゴシゴシ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:38:11.78 ID:0wlDSq0LO

キョン「長門ー拭けたかー?」

長門「拭けた……なぜそっちを向いてるの?」

キョン「よし……いや、まあな」
長門「……」

キョン「んじゃ、パジャマに着替えてくれ」

長門「……了解した」スッ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:42:00.52 ID:0wlDSq0LO

キョン「おお!いいぞ長門!」

長門「そう」

キョン「ああいいとも!涼しげな浴衣をモチーフにしたショートパンツ!」

キョン「上もゆったりとしていて夏のパジャマとしては最高だな!」

長門「……ありがとう」

キョン「こちらこそ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:45:57.85 ID:0wlDSq0LO

キョン「よーしあとは髪を乾かすだけだな」

長門「その必要はない」

キョン「……へ?」

長門「この髪の長さならしばらくすれば自然かんs」

キョン「このうんこロボットがあぁー!!」

長門「ひっ!」ビクッ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:50:14.34 ID:0wlDSq0LO

長門「………」プルプル

キョン「長門……どうしてお前はそうやって自分を傷つけるんだ?」

キョン「トリートメントはおろかコンディショナーすらつけない、自然乾燥させてキューティクルを痛める……」

長門「ご、ごめんなさい……」

キョン「お前は可愛いんだから、もっと自分をいたわってやってくれよ……」

長門「!……コクン」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:52:31.54 ID:0wlDSq0LO

長門「髪……」

キョン「俺に乾かさせてくれるのか?」

長門「コクン……あなたが、いい」

キョン「はは、光栄だな、じゃあドライヤー借りるぞ」

キョン「ほら、椅子に座れ?」

長門「……了解した」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:55:35.93 ID:0wlDSq0LO

キョン「こうやってな、遠くから風を当てるんだ、近いと熱で髪が痛んじまう」ブオオオ

長門「うん」

キョン「どうだ?髪って案外繊細だろ?」

長門「びっくりした」

キョン「はっはっは、まあこれから頑張ればいいさ」

長門「うん……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:58:21.70 ID:0wlDSq0LO

キョン「よし終わり!」

長門「きれい……」

キョン「だろ?毎日こうやってればもっときれいになるんだ」

長門「……ありがとう」

キョン「いや、まあ俺が無理やりやっちまったみたいなもんだけどな……」

長門「そんなことはない、私はとても感謝している」

キョン「そ、そうなのか?そりゃ嬉しいな」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 01:00:50.84 ID:0wlDSq0LO

キョン「……なあ長門」

長門「なに」

キョン「抱きしめてもいいか……?」

長門「………」

キョン「……悪い、ちょっとふざけすぎたな」

長門「……構わない」

キョン「ほ、本当か!?」

長門「うん、むしろ嬉しい……」

キョン「長門……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 01:03:55.51 ID:0wlDSq0LO

キョン「長門……」ギュッ

長門「ん……」

キョン「暖かいな……」

長門「そう……」

キョン「風呂上がりでホカホカだ」ギュウ

長門「……」

キョン「髪も……サラサラですげぇいい匂い……」スウゥ

長門「む……ぅ…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 01:06:58.23 ID:0wlDSq0LO

キョン「はぁ……長門っ……」スンスン

長門「あ……っ」

キョン「鎖骨も可愛いぞ……」

長門「そ……う……」

キョン「……はぁっ、はぁっ……」

長門「………」

キョン「……悪かった、ちょっと興奮しすぎた……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/13(木) 01:09:39.93 ID:0wlDSq0LO

長門「大丈夫……」

キョン「本当に悪かった……」

長門「問題ない」

キョン「ああ……じゃあ、もう帰るな」

長門「待って」

キョン「へ?」

長門「明日も、髪を乾かしてほしい」

キョン「……ああ!もちろんだ!」



終わりで



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:リューク「デスノートをア○ルに仕込むだって?」月「ああ」