長門「蝉はうらがえって死ぬ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あんた、有希に何かしたんじゃないでしょうね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 15:57:31.67 ID:42EK+8wlO

虫の声が鳴り響く夜彼女は炬燵の前に
一点を見据え座っていた。
目の前にある炬燵のふとんの皺を数ええながら。

 長門「1、2、3、4、5、5、6…うかつ、濃さを考えていなかった」

そう思うと急に炬燵から出て冷蔵庫のほうに向かう。
冷凍室から製氷皿を取り出し扉を
閉めずに急いで炬燵に戻る。

長門「喉が渇いていいことはない」

製氷皿をグイグイとねじり氷を取り出すと
炬燵の皺の影に一つずつ置いていった。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:01:31.99 ID:42EK+8wlO

氷が溶け布団に染みこんでいく
過程をまじまじと眺めていると、ふと背後から
冷気を感じ、振り返る。
冷凍庫が空いている。

長門「一体誰が」

彼女の脳内に『解析不明』が示された
彼女はこの空間は危険因子が極めて高いと判断し、
すぐさま部屋を飛び出した。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:04:53.12 ID:42EK+8wlO

廊下に出ると男がエレベーターから出てきた。
年の頃は35歳、独身。
記憶が正しければ二つ隣の部屋の住人だ。
少しくたびれた足取りでこちらに向かってくる。
軽い会釈をしてきた。彼は自室の前にたどり着き
自室の鍵を取り出した。

長門「敵性とみなし排除する」

見る見るうちに光の塵となり消え去った

男はただのサラリーマンだった。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:08:30.64 ID:42EK+8wlO

長門「危険領域の沈下…」

彼女は部屋に戻ろうとした。

チャリン

再び警戒態勢に移行する。男が取り出した鍵が
情報解除されず落ちた音だった。
すぐさま鍵を取り上げ彼女はマンションを飛び出した。

辺りは夜の帳が降ろされ、街頭が心もとなく灯っている。

長門「…」

彼女は電話ボックスに駆け込み彼の番号に掛けた。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:11:44.40 ID:42EK+8wlO

妹「は〜いもしもし」

長門「彼に代わって欲しい」

妹「有希ちゃん?うんわかった〜」

………

キョン「ふわ〜、どうしたんだ長門?」

長門「緊急事態、すぐに会いたい」

キョン「…!わかったすぐにいく。マンションの下でいいか?」

長門「それは危険、あなたの家に向かう」

返事も聞かずボックスの中から
飛び出し足早に彼の元に向かう。
駆け足で向かう途中、衣類の
空気抵抗を感じた彼女は素早く何かを唱えた。
すると見る見るうちに身に纏っていたものは消え去った。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:14:32.04 ID:42EK+8wlO

途中幾人かの人が驚きを隠せない表情で見ていたが
彼女は気にもせず目的の場所に急いだ。

女性「君!どうしたの、その格好!?」

女性に声を掛けられ、立ち止まる。

長門「沈黙よりも勝る言葉でないなら黙って」

女性は一瞬何を言われたのか解らなかったが
解ったときにはすでに彼女は目の前に居なかった

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:16:49.65 ID:42EK+8wlO

さっきまで眠りの国にいた俺がなぜこうして
玄関前に立っているかというとあの長門から
緊急だという電話を貰ったからだ。

妹「…ん…くん キョンくん、でんわ、でんわだよ〜」

ぐわっ
まさか夜にこれを喰らうとはな
 時計を見ると後数時間で明日になろうとしていた。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:20:49.34 ID:42EK+8wlO

キョン「…おいおい、子供は寝る時間だろ」

覚醒していない脳をフル回転させる

 妹「だって〜テレビが面白かったんだもん〜。めはくちほどにものをいう〜」

キョン「まったく。…えらく難しい諺を知ってるな」

妹「うん、さっきテレビでやってた、あとね、
めをてんにする〜、めをくばる〜とか」

キョン「意味知ってるのか?」

妹「…てへ」
まったく、誰に似たんだか
 キョン「で、誰からだ?」

妹「有希ちゃんだよ」
長門から?めずらしいな
キョン「そうか、早く寝ろよ」

妹「あ〜、めがわらってないよ〜」
ふん
俺は鼻でわらってやった

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:25:55.03 ID:42EK+8wlO

妹「そういえばさっき、ながれぼしがでたんだよ!
それもみ3つも!」

キョン「へえめずらしいな、何かお願いしたのか?」

妹「うん、いっぱいおねがいしたよ!」

キョン「それはよかったな、かなうといいな」

そんな事を話しながら俺は玄関先にでた


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:28:35.02 ID:42EK+8wlO

玄関の前で待っていた俺は
中々来ない長門の言葉を気にしていた。

「緊急事態か、またあいつ絡みだろうな」
空を見つめた。

「流れ星か…」

そう思っていると流れ星が落ちた。

「流れ星に願いよ、か。あいつなら
あんなものに頼らなくてもいいんだもんな…」
一瞬の内に三度願いを掛けるなんて事は無理だな。
そう思いながら空を見つめていると
また流れ星が落ちた

「…やっぱり無理だな」

願いを叶えるチャンスを逃した俺は
少し悲しくなり空を見つめるのを止め前を向いた。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:31:04.34 ID:42EK+8wlO

すると少し先に俺は何か妙なものが
こちらに向かってくるのを確認した。

人だという事と長門だと言う事は理解できたが、
全裸で走ってくるというのは理解できなかった

キョン「ど、どうした、一体何があったんだ?というかなんで何も着てないんだ!?」

俺は顔を赤らめながら、目を逸らした。

が、衝撃的な映像は眼に焼き付けられたままだった。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:33:23.09 ID:42EK+8wlO

か細い肢体に肉付きのない胸。
鎖骨は浮きでており腰周りはくびれ、
力を入れて抱きしめたら壊れてしまいそうな体だった。
走ったせいか、胸を上下し息を整えており発熱により
体中がすこし赤らんでいた。
俺は着ていたシャツを脱ぎ彼女に渡した。

長門「緊急事態だった」
裸と関係があるのだろうか…

キョン「そ、そうか……す、少しでかいが、今はちょうどいいだろ」

受け取ったシャツを着る長門。
袖は肘に差し掛かり、下半身がぎりぎり

隠れる位の大きさだった。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:37:38.05 ID:42EK+8wlO

キョン「とにかく部屋に上がっててくれ」

そういうと、彼は家族と会わないよう確認しながら
部屋に案内した。

なんとか家族に遭遇することなく部屋にたどり着く。

キョン「今着替えを持ってくる、話はそれからだ」

そういって長門を残し、俺は部屋を後にした

……
長門「鍵が無い」

それは服を情報解除したときに
一緒にしてしまったからであった。

長門「…これで安心」

不安の種が無くなり彼女はようやく
落ち着きを取り戻したので
机の引き出しを全部開けていった。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:43:49.47 ID:42EK+8wlO

中には教科書や小物、筆記用具などが入っていた。
次に彼女は机にあったガムテープを取り出し
隙間と言う隙間に目張りしていった。
ドアの隙間にテープを貼っている途中、

コンコンとドアのノック音がした。

キョン「長門、入るぞ。ってあれ」

ドアが少し動くだけで中に入れない。

キョン「すまない、まだ入っちゃいけなかったか?」

長門「いい、入って」

そうはいうものの扉は相変わらず拒絶している。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:48:31.88 ID:42EK+8wlO

キョン「開けてくれないか」

長門「どうぞ」

キョン「いや、何か中で抑えられてるんだが」

彼女は仕方なくドアのガムテープをベリベリとはがしていった。

(ベリベリって…何の音だ?)

長門「…蝶番」

キョン「どうした、蝶番が壊れたのか?」

長門「そうではない、私は蝶番を食べてみたい」

キョン「…何言ってるんだ長門」
ガチ ガチ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:51:06.42 ID:42EK+8wlO

キョン「おい、何してるんだ!」
ガチ ガチ ガギィン!
キョン「おい、いい加減にしろ!」

ドンドン ドーン
何とか扉を開けるとしりもちをついている長門が居た。

キョン「・・、大丈夫か?」

長門「蝉は裏返って死ぬ」

キョン「は?」

長門「蝉は裏返って死ぬ。それは蝉が最初から最後まで
 鳥の餌という性を背負っているから」

キョン「頭でも打ったのか?」

長門「私は蝉だ」ジジジジジッ ジジジジジジィ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:53:33.13 ID:42EK+8wlO

俺は部屋の異質さに気づく

キョン「長門、なんでこんなことしたんだ…」

長門「隙間から視線を感じた」

キョン「隙間に人が入れるわけ無いだろ」

長門「そうではない、視線を感じた」

キョン「…」

彼の体中に冷や汗が出る。
ひとまず彼女をほっておきガムテープを剥がそうとした
ベリ ベリリ

長門「深淵を覗くときは気をつけて」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 16:56:56.59 ID:42EK+8wlO

ベリ ベリ
長門「なぜなら、深淵もまたあなたを覗いているのだから」

キョン「…哲学書でも読んでるのか?」

長門「カタツムリの渦は終着点を持たない」

キョン「は?」
なんだ藪から棒に。

そういうと、長門は胎児のようにひざを抱え部屋中を回り始めた
ゴロン ゴロン
長門「私には終着点がある。
だから回り続ければ決して終わる事は無い」

回り続ける彼女を尻目に、ガムテープを剥がし終えた。
ふと、回転が終わり手に持ったガムテープの残骸を
見つめている

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:02:02.69 ID:42EK+8wlO

長門「…丸めたガムテープ」

キョン「…こいつがどうしたんだ長門」

彼女の方を見る。黒目がちな瞳が
いつもより怪しく写る。恐怖していた。異常
いかに鈍感な彼でも感じ取れていた。

(長門がいった緊急事態ってのは長門自身の事か?)
ピンポン球ほどの大きさになったガムテープを
貼っていった彼女の奇妙な行動もさることながら
今までの言動は彼が知りうる彼女のなかでは無かった。

長門「中身は何?」

キョン「ふあ?」

考え込んでいたせいもあってか俺は少しおおげさに震えて
変な声をあげてしまった


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:04:19.72 ID:42EK+8wlO

キョン「これのか?ガムテープに決まってるだろ」

長門「なぜ解る?」

キョン「そんなモン、ガムテープで包んで
 いったんだから当たり前だろ」

長門「それはさっきまでの事、今はどうなっているのか 解らないはず」

キョン「…」
(ここはとりあえず彼女の要望に答えておくか)
視線を戻した。
残骸は野球ボールくらいの大きさになっていた


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:07:10.52 ID:42EK+8wlO

(!!?)
さっきまでの大きさと違う。
心なしか少し重くなってもいた。

キョン「…お前がやったのか?」
答えてはくれない。
ただ無言の中に
『開けてみればわかる』
と訴えていたような気がした。

長門「あなたはまだ猫を飼っているはず」
唐突に聞いてきた

キョン「…ああ、お前も知っているだろ」

長門「そう」
なんだ、一体。なんでいきなりそんな事聞くんだ?


プルルルルルルル

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:15:19.10 ID:42EK+8wlO

体中の血管が一気に噴出した。

キョン「やっぱり何かあったんだな?あいつがらみか?」

古泉「やはり、ということはそちらでも何か起きてるようですね…」

キョン「ああ、…ん?そちらでも…?」

古泉「ええ、先ほど朝比奈さんから呼び出されて
今公園にいるんですが、どうも話す内容に一貫性がなく
支離滅裂な状態でして」

(なんて事だ…すでに朝比奈さんもこうなっているのか)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:17:47.38 ID:42EK+8wlO

ご無礼、貼り間違えだ

(!!?)
携帯が無機質に鳴り響く
プルルルルルルル
ディスプレイには『古泉一樹』と書かれていた
 手に持ったガムテープを机に置き彼は縋るように
通話ボタンを押した

キョン「もしもし」

古泉「夜分遅くすみません僕です」
なにか嫌な予感がした

古泉「唐突ではありますが、そちらで何か
 変わった事はおきてませんか?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:19:20.11 ID:42EK+8wlO

体中の血管が一気に噴出した。

キョン「やっぱり何かあったんだな?あいつがらみか?」

古泉「やはり、ということはそちらでも何か起きてるようですね…」

キョン「ああ、…ん?そちらでも…?」

古泉「ええ、先ほど朝比奈さんから呼び出されて
今公園にいるんですが、どうも話す内容に一貫性がなく
支離滅裂な状態でして」

(なんて事だ…すでに朝比奈さんもこうなっているのか)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:20:34.74 ID:42EK+8wlO

キョン「さっきの質問なんだが…」

古泉「恐らくお察しのとおりです。
彼女以外ありえないでしょう」
それを聞いて安心だよ
古泉「ひとまず合流しましょう。すみませんが
 こちらに来てくれると助かるんですが」

キョン「解った、すぐ行く」

古泉「ああ、それと何か衣服を持ってきてくださると
 ありがたいです、それとニッパーも」

俺はニッパーが気になりつつも事の次第を理解しバックを手に取った。
きっとあちらでも何か予想以上の事が起きてるに違いない。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:24:11.59 ID:42EK+8wlO

キョン「長門、今すぐ公園に集合だ。付いてきてくれ。
 あとそろそろ下も着てくれ。」
長門「…」
コクリ、と小さくうなずき、持ってきていた
俺の着替えを受け取り、恥ずかしげも無く目の前で
着替え始めた・・今さら恥ずかしさも何も無いか。
それでも俺は一応部屋を一端出て少ししてからまた入った

部屋の中にいた長門は俺のシャツと短パン…といっても
長門には大きすぎるのか膝まで隠れそうな格好に
なっていた。

部屋の中にあった衣服を詰め込み、出発の用意は出来た

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:27:00.64 ID:42EK+8wlO

キョン「よし、行くぞ」

長門「解った、しかし…」
長門「その中身を確かめて欲しい」

一瞬何を言ってるのか解らなかったが
視線が机のガムテープにいっていた。

確かに気にはなるが今はそれどころではない

キョン「わかった、だが早く行きたいんだ」
いつまでもこうして二人で居る事が怖かった俺は
その不気味なゴミをバックに入れた。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:29:30.35 ID:42EK+8wlO

キョン「だから向こうに着いてからでもいいか?」

長門「いい」

意外にあっさりと意思の疎通ができ
肩透かしを食らっていると彼女は窓を開けて飛び降りた。

何が起きてもおかしくないのは覚悟していたが
ここまでは予想できなかった。

キョン「長門!!」

少し遅れて窓から身を乗り出すと
彼女は何事も無かったようにこちらを見ていた

俺は急いで階段を駆け下り玄関を開けた

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:32:30.78 ID:42EK+8wlO

キョン「長門!!」

少し遅れて窓から身を乗り出すと
彼女は何事も無かったようにこちらを見ていた
 急いで階段を駆け下り玄関を開ける。

キョン「何をしてるんだ!危ないだろ!」

長門「早く行きたいといったのはあなた」

キョン「だとしてもだ!飛び降りるのはだめだ!
 先に行かれても困るんだ」

長門「問題ない、あなたはアキレス」

キョン「へ?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:34:47.34 ID:42EK+8wlO

長門「そして私は亀」
今日は色々変身して忙しいな 長門

キョン「二度とやっちゃだめだ 解ったな」

長門「解った」

自転車を出し、後ろに長門を乗せ公園を目指す



長門「私はアキレス、あなたは亀」

さっきと違い今度は俺がアキレスか

 キョン「…長門、実際アキレスが亀を追い抜くなんて簡単なんだよ」

長門「それは違う。」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:38:25.82 ID:42EK+8wlO

長門「現に今、私はあなたを追い抜けない」
長門「あなたは常に前、あなたが進んだ分
私も同じだけ進むが…」
長門「私はあなたを永遠に追い抜けない」

…俺はもう何も言い返せなかった
その後も、長門は何やら意味深な事を言っていたが
今はとりあえず合流するのが先決だ


そうこうしていると目的の公園に到着した。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:43:30.22 ID:42EK+8wlO

古泉達を探すまでも無く二人と合流できた。
朝比奈さんの叫び声が聞こえていたからだ。

「あれ、どうして!なんでキョン君がそこに?!」

そういって朝比奈さんが駆け寄ってきた


ジャケット一枚で

長門とは違い朝比奈さんは出るところは出て
引っ込むところは引っ込んでいるまさに完璧な
プロポ−ションをしていた。
しかも袖は通していたが前のボタンは掛けておらず
胸がはだけていた。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:47:48.02 ID:42EK+8wlO

ここまでやってきましたがパソコンで見てる方
見づらくないでしょうか?
携帯なもので確認出来ないため、もしなにか
あったらいってくだされば幸いです

書き込むのが初めてに近いため迷惑掛けていたら
すみません

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:55:12.80 ID:42EK+8wlO

そんな天使のような格好をした人が
今こちらに向かって駆け込んできている。

俺はこの瞬間、無神論者であったが初めて
「神様ありがとう」と心の底から思った。

しかし古泉を見るなり目の前の天使が
実は悪魔の使いなのかも知れないと思うほど
こいつの顔は疲弊していた

キョン「古泉、苦労してるみたいだな」

いつものにやけ面が今日は一段としっくりきた

古泉「そちらこそ、いや…お互い様といったところでしょうか」

古泉が長門を見てそう答えた。
長門は自転車の後輪を無表情で回し続けていた。
自転車をひっくり返して。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 17:59:13.10 ID:42EK+8wlO

古泉「さっきまで寝ていたんですが
 急に呼び出されてしまいまして」

キョン「ほうお前もか、実は俺もだ」

古泉「ええ、この所めっきり閉鎖空間が起きてないものでして
 寝る時間が増えたんですよ」

そういえば最近はバイトの呼び出しがないな

古泉「ふふ、寝ていた男が姫に起こされる
 まるで、何かのおとぎ話のようですね」
そんなおとぎ話は知らん

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:05:34.59 ID:42EK+8wlO

そんなことよりまずは…
キョン「とりあえずこれを着させてくれ。
俺は向こうを向いてる」

古泉「おやおや、それを僕がやってしまって
よろしいのですか?」
俺に聞くな、俺に

古泉「そうしたいのも山々なんですが、ほら」
そういうと古泉はくるりと振り返った。

キョン「なんでそんなもんしてるんだ?

そういう趣味でもあったのか?」
俺はいつもどおりの皮肉を言い、自分が狂ってないかを
確認でき落ち着いた

古泉「まさか。思った事もありませんよ」
そういった古泉の両手には手錠が掛けられていた

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:09:01.29 ID:42EK+8wlO

古泉「呼び出されて一番にこれですよ。」

古泉が言うには朝比奈さんは全裸で現れたという。
ただ一つ長門と違っていたのは女性が持つには
少し大きめでうすいピンク色のエナメルバックを掛けていた。

古泉「いきなり裸の女性が、しかもバックだけというのは
なかなかにショッキングでしたよ、知り合いとも
なれば、尚更ね」

だろうな、気持ちはわかるぞ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:12:41.07 ID:42EK+8wlO

古泉は慌てて着ていたジャケットを朝比奈さんに渡したという

古泉「ジャケットを着る間になにやらごそごそと
 したもので気になりましてね」

古泉は朝比奈さんの唯一の持ち物を見ている

 古泉「着替えにしては少しだけ
時間がかかり過ぎていたもので
振り返ろうとしたら

『悪い事をするのはいつでも手なんです』
と言いまして…」

片手首にガキンと掛けられたらしい

 朝比奈「染めてしまう前に」

と悲しそうに言うと、もう一方の腕を後ろに回されて
今に至るらしい。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:17:00.97 ID:42EK+8wlO

キョン「なんとかならんかったのか?」

古泉「情けない話ですが、まさか朝比奈さんが
そんな事するとは思ってもみなかったもので」

悔しそうに笑う


「はい?呼びました?」
いきなり声がした
びっくりして声の方を見ると
朝比奈さんがキョトンとした顔でこちらを向いていた

古泉「いえいえこちらの話です、何でもないんです」と軽くいなすと、

朝比奈「そうですか」と静まり、すぐさま来た時から持っていた何かに石を殴りつけていた。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:21:07.16 ID:42EK+8wlO

キョン「あれは何やってるんだ?」

朝比奈さんは手のひらに収まるサイズの
何か硬いものを一心不乱に叩きつけていた。

古泉「今はほっといたほうがいいです」

そうか、とは素直に思えなかったが今は話を聞いておこう。



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:22:04.37 ID:42EK+8wlO

そういえば…

キョン「てことは電話するのが大変だっただろう」

古泉「いえ、実際にやってもらえればわかりますが」
そういって後ろの手を器用に回して
左のポッケに手を入れた。

キョン「ほう、上手いもんじゃないか」

古泉「携帯をとるのは簡単でした、ただ…」
そういってる最中、自分でもやってみたが
ポッケに届きもしなかった。もう年だな


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:24:12.80 ID:42EK+8wlO

古泉「その後が大変でしたよ」

朝比奈さんはいきなり泣き出したのだという。

古泉「そして泣き出したままどこかに消え去っていったと思いきや、
いきなり木の枝を持ってコッチにやってきたんです」
その木の枝がこれか。
古泉「そして僕の後ろに周りこんできて」
古泉「それをいきなり僕の手に刺そうとしたんです」
枝の先端がいい感じに刺さりやすそうだ


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:26:41.17 ID:42EK+8wlO

「うぅ、やっぱり思ったとおりでした」

幾度となく背後をとろうとするが
警戒した僕に四角は無かった。

古泉「そして閃いたんです。
『朝比奈さん!足は使ってはいけないんですか!?』
ってね」

朝比奈「呼びました?古泉君?」

またこちらを向いて尋ねた

古泉「いえいえ何でも無いんですよ」

朝比奈「そうですか…」

キョン「…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:28:11.61 ID:42EK+8wlO

俺は朝比奈さんの今の行動が
何かの前兆のような気がしてならなかったが、
今の彼女達の考えなど解るわけも無かった

キョン「大丈夫なんだろうなほんとに?」
おれは朝比奈さんを一瞥する

古泉「えぇ、恐らく、としかいいようがありませんが」

こいつだってわかる訳ないか

キョン「…まぁいい、それでなんで足なんだ?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:29:39.61 ID:42EK+8wlO

古泉「彼女は手で何かをする事を非常に恐れてましたので
足ならば大丈夫かと思いまして」

キョン「そしたらどうなったんだ?」

古泉「はい、彼女はいきなり泣き止んで笑顔で
『足ならいいですよ』
 と」

キョン「すまん、まったく理解できない」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:32:04.46 ID:42EK+8wlO

古泉「僕だってわかりませんよ、
ただ彼女がそれでいいなら いいではないですか」

そんなもんかね。
まあ長門も常識が通じなくなっていたし
似たようなもんだろ

古泉「そして何とかあなたに電話を掛けたという次第なんですよ」

そういって足元を見ると靴はもちろん靴下まで
脱いだ古泉の足が覗いていた。

するといきなり長門が古泉に向かって来て
手錠を消し去った。

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:34:20.39 ID:42EK+8wlO

キョン「どうしたんだ、まさか戻ったの…」

長門「私は靴が欲しい」
そういうと今まで裸足だった長門は
古泉の靴を半ば強引にとっていった。
そしてそれを手にはめ込み逆立ちをし始めた。
その状態からベンチに座った。

古泉「器用な事ができるものですね…」

キョン「奇妙の間違いだろ」

それはえびぞりのような形で
座る面に胸を降ろし本来股間がある場所に
顔を生やした格好になっていた。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:36:48.30 ID:42EK+8wlO

古泉「等価交換といったところでしょうか…?」

キョン「等価かどうか解らんがな」

古泉「…話が途中でしたね、まぁその後は 特筆するところはないんですが…」

そういって朝比奈さんを見た
 なんだ?どうしたというんだ?


キョン「…そうだ!機関とやらに連絡はしたのか?」
なぜ気がつかなかったのか!
彼らなら助けてくれるかもしれないじゃあないか

古泉「少し難しいですね」

そういった古泉はまだ朝比奈さんのほうを見ていた

視線の先に何があるんだ?

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:38:18.34 ID:42EK+8wlO

そう思い古泉が見つめる先を追うと何かを殴っていた
それは古泉の携帯だった

古泉「あれでは電話はおろか
ライト代わりにもならないでしょうね」

ベコベコにへこんだ物体を寂しそうに見つめる。

キョン「連絡先の電話番号は?」

古泉「すみません、覚えていないないんです」

機関の方々、今後指導マニュアルに
連絡先を暗記させる練習も取り入れたらどうだ

古泉「それよりも」

そういって少し力強くこちらに向きなおす

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:40:35.90 ID:42EK+8wlO

古泉「一刻も早く原因となっている問題を
解決したほうがいいかと」

キョン「そうか…」

古泉「ええ、このままでは長門さんも朝比奈さんも見ていられませんしね」

そういえばまだ朝比奈さんに服を着せていなかったな。
そんな事を思ったその時だった

古泉「ぐわっ」

横にいた朝比奈さんがいきなり古泉にポールギャグを噛ませた。
そしていつもの彼女からは比べ物にならないほど
素早く動き、後ろに回りこんだ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:42:30.35 ID:42EK+8wlO

朝比奈「仏の顔も三度までなんていいますよね?」

その見慣れぬ道具を手馴れた手つきで付けていった。
しかもそれは普通のポールギャグではなかった
全身鋼鉄性で出来ており、
ご丁寧に口にはめ込む球状のものまで鋼鉄だった。

朝比奈「口は災いの元です。用も無いのに
三度も呼ばれたら神様でも怒りますよ」

カチリと何か古泉の後頭部で音がした朝比奈さんの
手には何かのマスコットのついた鍵が握られていた


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:45:10.52 ID:42EK+8wlO

朝比奈さんは上をむいてあーんと口を開け
鍵をポイッと口に投げ込んだ。

古泉「ガガグガッ!」

古泉が焦ったところをまるで母親の諭すような目で
見つめた。それを確認すると朝比奈さんは
ゴクリ
と飲み込んだ

マスコット付きの鍵は食道を無理やり通り過ぎ
胃の中に落ち着いた。

古泉「フガグガアアッ」

いともたやすく行われるえげつない行為。
俺と古泉は唖然とするしかなかった。

狂人と化した半裸の朝比奈さんは月明かりに照らされ
含み笑いをしたすがたは妖艶な悪魔を彷彿とさせた。

長門は足で靴紐を結んでいた。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:48:10.97 ID:42EK+8wlO

朝比奈「だからいったんですよいつだって悪い事をするの手だと。
だからあえて手を使って口で飲み込んだんですよ、ふふふふふふ」

『あえて』の使いどころがおかしいが今は
気にしてる場合じゃない。
俺はすかさずバックを取り上げた。

朝比奈「きゃあ!」

キョン「なんだこれは…」

中身を確認するとたくさんの手錠の中に

大き目のナイフや千枚どうし、万力等など
何に使うのか解らないものまで入っていた。

朝比奈「ああ、やっぱりキョン君も…」

なにか言い切る前に俺は素早く朝比奈さんに手錠を掛けた。

朝比奈「あぁ」

さっきまでの勢いが消え朝比奈さんは大人しくなった。


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:51:18.31 ID:42EK+8wlO

キョン「すみません、女性にまして
朝比奈さんにこんな事したくは無かったんですが。」

うなだれた朝比奈さんに俺と古泉は持ってきた服を
ひとまず着せようとした。俺はなるべく見ないようにしていたが
どうしても上手くいかず

キョン「朝比奈さん、自分で着てくれたら手錠を外しますよ」といった

すると急に息を吹き返し持ってきたジーンズに着替え始めた。
やれやれ、女性の着替えを生で見るはこれで二回目だな


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:53:06.63 ID:42EK+8wlO

しかしいかんせん手錠をしている性か、

それとも彼女がもつドジな性格の性か朝比奈さんは
よろけそうになった

キョン「危ない!」

俺は両肩をしっかり抱きかかえ力強く抑えた。しかし
俺と朝比奈さんはなだれ込むように倒れた。
砂埃が舞い、下になった朝比奈さんは気絶していた。

古泉「フガグガガガグガ」
何を言ってるのかわからなかったが
手を貸してくれるところを見ると
「大丈夫ですか」
とでも言うとこか。

手を取り合って俺達は再度着替えを試みた。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:55:31.91 ID:42EK+8wlO

古泉が肩を持ち上げ俺は前にしゃがみこみ
俺は下からジーパンを履かせた。

石膏のように滑らかな彼女の足がスルスルと通っていく。

ある程度通ったジーンズは朝比奈さんの肌を
どんどん侵食していく。後少しのところで
何か柔らかいものが親指と人差し指の付け根辺りに触れる

「何だ」
と思い見上げてしまった俺はすぐに
女性が最も見せてはいけない部分をも見てしまった事とに

気づくと興奮と罪悪感がない交ぜになっていた。

触れたのは朝比奈さんの柔らかなお尻だった。

古泉はこちらをみて

「不可抗力です、仕方ありません」

と目で訴えかけていた、と思いた


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 18:58:29.35 ID:42EK+8wlO

ジャケットのボタンを掛けとりあえず着替え終わった
俺達は朝比奈さんをベンチに寝かせた。

次は…

キョン「長門」

長門「何」

長門はすでに靴を脱いで、普通に立っていた。
変わっている事といえば自分の影をみつめながら
手を上に上げたり片足で立ったりしていた
目線は一挙手一動真似する影を不思議そうに見ていた。

キョン「朝比奈さんの中にある鍵をとって欲しい」

恐る恐る聞いた

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:00:43.84 ID:42EK+8wlO

長門「かまわない、しかし条件がある」

影遊びをしながら言った

長門「等価交換」

そう言って、指を刺したのは俺ではなく古泉のほうだった

キョン「等価交換ってさっき言ってた奴か…?」

長門「そう、先ほどそういっていた 等価交換なら引き受ける」

俺と古泉はポカンとしながら見つめ合っていた。
少したって古泉が長門を見た

古泉「(解りました、しかし何をあげればいいんでしょうか?)」
コクリとうなずいたがその目は不安で一杯に見えた 

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:02:17.91 ID:42EK+8wlO

長門は目線を動かし古泉の全身を見た

長門「…仮面」

キョン「仮面?」
そんなもんがこの辺にあるのか?

長門「そう、仮面が欲しい」


古泉「(僕の?解りました)」
逡巡の内にうなずく

キョン「おい古泉、そんなあっさり承諾していいのか? 仮面ってなんだ?」

古泉「(解りませんがおそらくこの口にはめられた ものの事でしょう)」
古泉は首をかしげ、人差し指でポールギャグをつついた

キョン「だといいんだが…」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:03:39.27 ID:42EK+8wlO

長門「…」

長門は無言で俺のバックのほうに歩き出した

長門「…」
そして朝比奈さんのほうには目も向けず俺のバックから
あのガムテープのゴミを差し出した

キョン「どうしたんだ、早くしてくれ」

長門「もう済んでる」

俺はわけもわからず手渡されたあのガムテープの塊を受け取った。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:06:14.79 ID:42EK+8wlO

このタイミングで渡されたあのゴミを今あけるというのか?

古泉は訳もわからないという表情でそのゴミを見ている。

俺は半ばやけくそ気味にガムテープを剥がしていった

我が目を疑った。

ガムテープの中心には金魚のマスコット付きの鍵が張り付いていた。

古泉は不思議がっていたが俺の不思議がる様をみて
何を今さらという目をした。

果たして、その鍵はポールギャグの鍵であった。


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:07:46.46 ID:42EK+8wlO

古泉「ふう、しばらくこのままかと思いましたよ
ありがとうございます長門さん」

軽口をたたく古泉はいまだに驚いている俺をみて
ますます不思議そうにしている。

古泉「どうしたんです?長門さんの力を使えばこのくらい…」

キョン「いや、恐らく長門は力を使ってない…」

古泉「それは一体…」

俺はこのガムテープがどうしてあるのか

またどうやって出来たのか説明した

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:09:54.47 ID:42EK+8wlO

古泉「なるほど。それはシュレディンガーの猫に
似ていますね」

長門は微動だにしない

キョン「シュレディンガー?」

古泉「ええ、箱の中に猫を入れ毒ガスを入れ一時間
ほど置くとどうなるかとう実験です」

キョン「そんなことしたら死ぬに決まってるだろう?」

古泉「そうですね、しかしその箱を開け無ければ
猫は生きているかどうか解りません。

だから、箱の中の猫が生きているかどうかは
開けてみるまで解らない」

じゃああの時すでに鍵がこの中に存在してたって言うのか

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:12:20.21 ID:42EK+8wlO

古泉「だから生きているかどうかは解らない
つまり生死の確率はどちらも100%なんです」

キョン「なら開ければいいじゃないか」

古泉「そう思うなら、なぜあなたは
 あの時開けなかったんです?」

キョン「…それはだな」
こいつのにやけ面で落ち着く日がこようとはな

古泉「解りますよ。だれだって一瞬のうちに
中のものが変化したら気味悪いですよ

こんな時ならなおさらね」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:16:00.45 ID:42EK+8wlO

話が長くなりそうだ

古泉「まあ、実際は箱の中には核分裂する原子と
それを検出する装置、そして検出すると動き出す装置があり…」

キョン「もういい、つまり確認するまで何が起きているのか

解らないって事だろ」

古泉「少し違いますが…止めときましょう」

前言撤回だ、こいつのにやけ面はイラつく

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:21:36.27 ID:42EK+8wlO

古泉「そうですね…それではこうしましょう
 やはり長門さんが力を使ったという事で」
…それが一番落ち着くな。
この話はやめだ

長門「そろそろ仮面が欲しい」

キョン「長門、やっぱりお前が…いや、止めておこう」

これ以上気味の悪い事は勘弁してもらいたい

古泉「はい、どうぞ」

さっきまでつけていたものを渡す

長門「違う、それではない」

古泉「ほう、では何が仮面なのでしょうか…」

そういうと長門はなにやらつぶやき始めた
そして古泉の顎の辺りから何かをゆっくりと剥ぎ取った

ss書くはじめてです。文章は多目にみてください

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:23:33.68 ID:42EK+8wlO

古泉「!?」

古泉は自分から浮き出てきたそれに驚いている。

キョン「おい!何してるんだ、長門!?」

長門「彼から仮面を頂いた」

キョン「頂いた…?」

長門曰くその仮面は、なんとも不思議であった
まず色に目がいった。青白く発光してとても人間から
採取できるような物ではなかった。
しかし、形はどこか見た事があった。

それは子供の頃テレビで見た怪獣を倒す

三分しか戦えない宇宙ヒーローに似ていた。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:25:44.30 ID:42EK+8wlO

古泉「長門さん…それはとっても大丈夫なんですか…」

俺は古泉を見たが、そこにはいつも通りの顔があった

古泉「どうしたんです?…まさか!?」

キョン「いや、とくに変わりはないぞ」

長門はその仮面を顔にはめ込んでいた

長門「これはあなたの中にいるもう一人のあなた」

キョン「そんなものとってしまっていいのか」

長門「わからない、だからすぐに返す」

長門が「わからない」と言うと古泉が狼狽しはじめた

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:30:41.20 ID:42EK+8wlO

古泉「うう…返してください…なんだか…うぅ、怖い…」

キョン「おい!長門!しっかりしろ!」

古泉「ないんです…何かが…それがないと…ああぁ…」

自分の両腕を抱えこんだままブルブルと震えだした。

長門は数秒静止した後、仮面を取り外すと

すぐさま古泉の顔にはめ直した

古泉はその場にひざを突いた

古泉「はぁはぁはぁはぁ…」

キョン「おい!しっかりしろ!古泉!」

肩に手をやると古泉の体温は酷く
上昇していたが顔は真っ青だった。
俺はベンチに古泉を寝かせた。


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:34:07.87 ID:42EK+8wlO

キョン「おい!やりすぎだ!」

おかしくなっていたとは言えいままで危害を
加えなかった長門が始めて暴挙に出たので、
怒りがこみ上げてきた。

長門「そうではない、それは彼が決めた事」

なんだと

長門「彼は先ほど私の力を使うのは等価交換でいいと
了解した」
長門「だから私はそれに従い力を使った」
長門「そして彼の等価となるものを頂いたまで」

キョン「そんな馬鹿な話がだな…」

古泉「いいんです…僕はもう大丈夫です…」

そういった古泉は汗だらけになりながら

上半身を起こしていた。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:36:09.02 ID:42EK+8wlO

長門「あなたの中を覗いた時にそれが等価と
判断したのはあなた」

さらっと怖い事をやってのけるな、長門

古泉「そうですね」

キョン「おい、さっきと言ってる事が違うぞ」

俺は落ちているポールギャグを拾った。

古泉「ええ、確かにそう思っていました。
しかしどうでしょう、果たしてそれに等価の
価値があるでしょうか?」

キョン「……」

こいつが納得してるならまあいいか。
それにしても
いつの間にか長門と意思疎通ができてるな


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:38:10.22 ID:42EK+8wlO

キョン「長門、もしかして戻ったのか」

長門「戻ったという表現は適切ではない」
おお!これはいつもの長門…か?

長門「これはむしろ進んだというほうが適切」

古泉「その様子だと戻ったようですね長門さん」

キョン「ほんとか?古泉!?というか大丈夫なのか?」

古泉「ええ。おかげさまで少し良くなりました。
長門さん、質問してもよろしいですか?」

小さくうなずいた

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:42:26.93 ID:42EK+8wlO

古泉「あなたは先ほどまで涼宮さんの
影響下にありましたね」
また小さくうなずく

古泉「そして今はその影響はなくなったんですね?」
またうなずく これは間違いなくいつもの長門だ

古泉「つまりあなたの中にあった結末を迎えたということですね?」

長門「そうとってもらって構わない」

キョン「?…どういうことか説明してくれ…ついていけない」

古泉「ええ、もちろんさせていただきますよ」

さっきまでの体調が無かったかのように生き生きしている。

古泉「おそらく今回の騒動は「願望」と

いうのがキーワードなんです」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:46:25.18 ID:42EK+8wlO

キョン「願望?」

古泉「ええ願望です。」
願望といえばあいつの能力か…

古泉「そうです、長門さんや朝比奈さんが
今までしてきた不思議な行動はすべて彼女達が思った望みが

引き起こした結果なのです」

キョン「そうなのか、長門?」

長門「そう」

古泉「長門さんの場合ですと、
『人間という生態を知りたい望み』
と言った所でしょうか」

長門「正解ではないが間違いでもない」

古泉「そして朝比奈さんの場合は…
おそらくどこかで『得た知識を確認したい望み』
といったところでしょうか」
なんだかややこしいな

キョン「朝比奈さんはどうしてわかるんだ?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:23:21.88 ID:42EK+8wlO

古泉「彼女があれほどまでに目や口にまつわる事に
固執していたでしょう?まずそこがおかしかった」

キョン「おかしくなかった事のほうを探すのが難しいがな」

古泉「ふふ、それもそうですね。
しかし朝比奈さんはとりあえず置いておき
まずは僕達がなぜ影響されなかったかという点に
移らせていただきます」

リンクありがとうございます

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:24:06.36 ID:42EK+8wlO

そういえばそうだ、なぜ俺達は影響されていないんだ?

古泉「それは二人の共通点があったからなんです」

もったいぶっていうな

古泉「失礼、癖でしてね。失礼ついでに

もう一つもったいぶらせていただくと
僕達はすでに願望を充足していたんですよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:25:06.08 ID:42EK+8wlO

古泉「睡眠ですよ」

キョン「睡眠?」

我ながら滑稽なオウム返しだ
そういえばこいつも寝ていた時に呼び出されたと
いっていたな

古泉「ええ、そうです。そうなると朝比奈さんはすでに
無害ですよ。
確認の為、試しに起こしてみましょう」

大丈夫なんだろうな

古泉「さあ、神のみぞ知る、って奴です」
顔が近いぞ、おい

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:28:17.41 ID:42EK+8wlO

朝比奈「う〜ん…」
ペチペチ

古泉「なかなか起きませんね」

それにしても寝顔もすてきだ朝比奈さん

さっきまで悪魔とか思って済みません

古泉「悪魔が来たのなら笛を吹きましょうか?」

下らん事を言うな

古泉「これは失礼、おや…」

朝比奈「う〜ん、あれ、みなさんおそろいで
…でもどうして?」

キョン「よかったなんともないんですね?








10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:30:53.84 ID:42EK+8wlO

朝比奈「え?ええ…とくに何も感じませんが…」

キョン「朝比奈さん!年齢は!?」

朝比奈「ふぇ?えぇ〜と禁則事項です」

良かった、戻ったんだ…すこしだけ残念だが

古泉「そんなことでは戻ったか解りませんよ」

古泉「朝比奈さん、失礼ですが
ここ数時間の記憶を思い出してください」

朝比奈「は、はい…えぇっと〜…あれ?」

古泉「では記憶が飛んだ前何をしていましたか?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:32:28.82 ID:42EK+8wlO

朝比奈「あ、それなら…
確か家でテレビを見ていました
 なんだか体の諺の特集みたいなので
『目が笑ってない』 だとか
『手癖が悪い』だとか…」

『目が笑ってない』?どこかで聞いたセリフだな…
そうか!妹が見ていた番組か!

朝比奈さんも同じものを見てたのか!

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:34:42.80 ID:42EK+8wlO

朝比奈「あのう…できれば今まで
あった事を説明してくれませんか〜?」

俺達は今までにあったことを総括しながら説明した
主に長門と古泉が

朝比奈「す、すみませんでした!古泉君にひどい事を…」

古泉「いいんですよ、気になさらないで下さい」

朝比奈「でも…」

キョン「それよりも、早く原因となった事を
解決しなきゃいけないんじゃないか?」

このままだと街中がパニックだ

長門「その必要は無い」
久しぶりだな、おい

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:37:10.58 ID:42EK+8wlO

キョン「なぜだ?長門」

長門「すでにみんなの望みはかなえられている」

キョン「他の人たちに影響は…」

長門「皆無。今回は涼宮ハルヒを除くSOS団団員だけに
及ぼしたもの。そして原因は彼女の願望実現能力の
受け皿からあふれ出したものと推測さる。」

そうか、そういえば妹はなんともなかったな

古泉「つまりある程度フラストレーションを高めて
閉鎖空間を生み出していただかないと
願望が生まれないということですか…
やれやれ せっかく休みが増えてよかったのですが…
皮肉なものです」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:38:42.54 ID:42EK+8wlO

長門「本来ならば自発的に能力を使って力を
バランスよく減らしていくのが望ましい」

キョン「しかし叶えたい願いがそうそうあるとは思えんがな」

俺は今さらながらあいつの能力がぶっ飛んだものだと認識した

古泉「ふふ、それは今後の僕達にかかっているんですよ」

キョン「どういうことだ?」

古泉「人は一人でも生きられますが
一人では何も起こりえません
 僕らが適度に刺激しあえばこのような事は
二度と起こりえませんよ」

そんなもんかね。まったく不完全な神様もいたもんだ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:40:16.49 ID:42EK+8wlO

古泉「ふふ、涼宮さんだって能力を除けばただの
女の子ですからね」

朝比奈「そうですね。なんだかわかりませんが…
そうだ、今から涼宮さんの家に遊びに行きませんか?」

古泉「いいかもしれませんね、では早速連絡を…」

キョン「いや、俺が掛けるよ」

古泉「ほう…珍しいですね、どういう風の吹き回しです?」

キョン「俺にも解らん、なぜだか無性にあいつの
声が聞きたくなったのさ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:42:02.15 ID:42EK+8wlO

ピポパポ プルルルルルル

キョン「あ〜俺だ……そうだな、確かに… いや、今から皆でお前の家に…………



(…彼にだけ他の者より少し多く与えられていた
不完全な願望能力……
大半が睡眠によって消化されたが僅かに残った能力で
彼がしたかった事………
……それは涼宮ハルヒが望んだのか、それとも
彼が望んだのか私にはわからない)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:43:24.11 ID:42EK+8wlO


電話を終え、三人のほうを見て指で小さく丸を作った。

やれやれ、といった表情で首をふった彼の顔は
いつもと違い少し綻んでいた。

空には流れ星が二つ落ちていた

おわり

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:50:21.74 ID:42EK+8wlO

おわった
すみません 九時までになんとか終わらせたかったもので
次スレ立ててしまった。
本当は中盤の世界感を書きたかっただけで
終わりのほうの和気あいあいした
終わりかたで納得してないんだよなー

あと伏線とミスリードを一杯いれたんで

暇なら読み返してみて下さい

まとめに載って上手く編集でもしてくれたら
この上なくありがたいです

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 20:55:41.12 ID:42EK+8wlO

さるさんはせういうものだったのか
何にせよ完走できたんでよかった

サラリーマンが消されたのは
狂気の世界で最後までいこうとした
名残です

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 21:00:05.68 ID:42EK+8wlO

家にあった本をネタに入れたりしてるんで
なんか混沌としてます

哲学からもとってます
ユング心理学入門ってやつです
面白いんで機会ガあれば是非

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 21:11:23.55 ID:42EK+8wlO

流れ星は春日が零した願望能力で
数は5つ(だったはず)
団員の数より一つ多い分がキョンにいきました

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/09(日) 21:13:55.63 ID:42EK+8wlO

この辺でお暇させていただきます んじゃね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「>>3」