古泉「キョンとハルヒを密室に閉じ込めてみた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「僕の頭にうさぎの耳が……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 03:51:47.89 ID:mq3BzhXc0

みくる「え」

古泉「ビジネスホテルのシングルルームに閉じ込めてきました」

長門「……独断専行?殺すぞ」

古泉「こわっ!どっから出したんですかその槍!」

みくる「でも、ちょっとやりすぎかと……」

古泉「まあまあ、隠しカメラも設置してきたので、楽しく観察しましょう」

長門「……」

古泉「ちょっとした育成ゲームでもやる感じで、必要に応じてアイテムを投与してうまく二人をくっつけるんですよ」

みくる「ちょっとおもしろそうですね……」

長門「……早くモニタールームに連れて行って」

古泉「そうそう、その意気です」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 03:59:05.62 ID:mq3BzhXc0

みくる「わ、モニターいっぱいあるんですね!」

古泉「全部で12台仕掛けてありますから、死角はありませんよ」

長門「……大き目のメインモニターをひとつ置くべき。状況に応じてカメラを切り替えて詳しい情報を得る」

古泉「いいですね、さっそく用意しましょう」

みくる「あ、さっそく涼宮さんが暴れてますよ!」

古泉「いきなり閉じ込められたわけですから、当然の反応でしょうね」

長門「……このストレスによる閉鎖空間の発生の可能性は」

古泉「ストレスですって?彼と二人きりなのに?」

長門「……愚問だった」

古泉「僕にも考えがあって今回こういったことの運びを思いついたんです」

みくる「え?」

古泉「僕は、擬似的に閉鎖空間を作り出したんですよ……あの世界崩壊寸前の日です」

みくる「二人っきりの、邪魔されない空間……?」

古泉「ええ、ま、小さな部屋ひとつと、規模は比べるまでも無いですが」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:05:37.95 ID:mq3BzhXc0

古泉「あの日のあの出来事を境に、涼宮さんの精神は以前と比べ物にならないほど安定しました」

長門「……確かに」

古泉「それなら、もう一度似たような状況を作りだして、この世界に完全に満足してもらおうと思ったんですよ」

みくる「なるほど……」

古泉「あくまでこれは実験ですから、どういう結果が得られるかわかりませんが……決して悪い話じゃないでしょう?」

古泉「あなた方には、この実験が最悪の結末を迎えないよう、外側からのサポートを手伝って欲しかったんです」

長門「……理解した。協力する」

みくる「がってんしょうちです!」

古泉「さて、少しばかり様子を見てみましょう……」

みくる「なんだかわくわくします〜」

長門「……音声は?」

古泉「すいません、いくつか集音マイクを仕込んでいるんですが、セッティングが終わっていないのでしばしお待ちを」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:10:59.63 ID:mq3BzhXc0

古泉「……」

みくる「……」

長門「……」

古泉「予想通りですが、見事に当り散らしてますね」

みくる「キョンくん……なんかちょっとかわいそうですね」

長門「……興味深い」

みくる「うわ!今投げたリモコン、頭に直で当たりましたよ!」

古泉「これはこれは」

長門「……何か手助けは?」

古泉「んー、もうちょっと様子を見ましょうか」

みくる「んふふー、人が悪いですよっ!」

古泉「フフフ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:17:24.66 ID:mq3BzhXc0

古泉「あー、今度はドアを蹴飛ばしてますねえ」

みくる「壊れたりしないんですか?」

古泉「まさか!そんな安い作りじゃないですよ」

長門「……確証は?」

古泉「心配性ですね……出入り口の戸の厚さは5センチのものを用意しました」

みくる「特注ですか!」

古泉「それにあの部屋は六階にあって窓も開きませんから、脱出は無理ですね」

長門「……それなら安心」

古泉「お、どうやら二人で口論を始めたようですよ」

みくる「マイクがまだ使えないのがもどかしいですねえ〜」

長門「……三番のカメラをメインモニターに」

古泉「(それにしてもこの長門、ノリノリである)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:23:07.36 ID:mq3BzhXc0

みくる「騒ぎ立てる涼宮さんと、ため息をつくキョンくん……なんだか見慣れた光景ですねえ」

古泉「あ、たぶん彼、今『やれやれ』って言いましたよ」

みくる「うふふ、ぜったいそうですよね〜」

長門「……固定パターン」

古泉「……さて、と」

みくる「?」

古泉「ここらでひとつ芝居を打つ事にします。いつまでも脱出のことばかり考えられても困りますから」

長門「……そう」

古泉「あの部屋には携帯が使えないように、いい感じに妨害電波を出しているんですが」

みくる「用意周到ですねえ」

古泉「それを少し弱めて、彼と連絡を取ろうと思います」

長門「……何を伝えるの」

古泉「まあ、見ててください」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:31:17.76 ID:mq3BzhXc0

古泉「もしもし……ええ、僕です」

古泉「わかりますか?ええ、緊急事態です」

古泉「……今あなたはどこに……え?ホテルの一室に?涼宮さんと二人ですか?」

古泉「詳しい場所は……そうですか、やはり……助けに行きたいのはやまやまですが……」

古泉「他のお二人も、ええ……それぞれ一枚岩の組織というわけでは、ええ……」

古泉「とにかく二人の無事が確認できてよかったです……こちらも問題を早急に片付けて……」

古泉「すいません、どうも電波が悪いようで……そうです、あなたたちに危害は加えないと思いますから」

古泉「どうか、少しの間……ええ、彼女を頼みます……それでは」

古泉「……」

みくる「……おおー」

長門「……迫真の演技」

みくる「また、モニターであっちの様子を確認しながらだと信じきってるのがわかりますねえ」

古泉「いやあ、楽しくなってきました」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:41:40.24 ID:mq3BzhXc0

みくる「あ、少し涼宮さん大人しくなりましたね」

古泉「あれだけ暴れたから疲れたんでしょう」

長門「……自分の置かれた状況を冷静に判断しているようにも見える」

古泉「さて、これで一歩前進ですね」

みくる「後は二人が急接近するような状況をつくるんですね!」

古泉「一緒に考えてくださいね」

長門「……パターンを考案中」

みくる「あれ」

古泉「どうしました?」

みくる「涼宮さん、フテ寝しだしましたよ」

古泉「まあ、することないですもんね」

みくる「どうしましょうか」

古泉「いや、このままでいいと思います。彼と二人きりで、涼宮さんが寝付けるとは思いませんから」

長門「……なるほど」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:46:53.67 ID:mq3BzhXc0

みくる「キョンくんも退屈そうですねえ……」

古泉「僕の予想だと、テレビでも見るんじゃないかと思うんですよ」

みくる「あ、ほんとにテレビつけますよ!」

長門「……何か仕掛けを?」

古泉「ええ、少し下品なんですがひとつ罠を」

みくる「へえ」

古泉「テレビをつけると、いきなり成年向けの映像が流れるようにしてあります」

みくる「な、ななな!?」

古泉「僕も詳しい内容は知りませんが、森さんが適当なものを選んでくれたようです」

みくる「……そ、そうですか」

長門「……番組の内容が気になる、7番カメラをメインモニターに」

古泉「これはこれは」

みくる「え、えっちなのはいけないと思います!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 04:56:55.95 ID:mq3BzhXc0

みくる「ひぃぃ……」

古泉「あの、指の隙間から覗くギャグは、もう古いかと」

みくる「え」

長門「……古典を通り越して陳腐」

みくる「……」

古泉「しかし、森さんもマニアックなものを」

長門「……性行為は一切確認できない」

古泉「主に男女のキスですね……というか、そればっかりです」

みくる「で、でもこれって」

古泉「ただひたすら舌を絡めあっているというのも、なかなか濃厚なものがあります」

みくる「わ……すご……」

古泉「そんなことより、2番モニターを見てください。ははは、二人とも大慌てですよ」

みくる「あ、さっき涼宮さんがリモコン投げて壊しちゃったからチャンネル変えられないんですね」

古泉「あれはラッキーでしたね」

長門「……二人とも相当衝撃を受けている様子」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:05:08.01 ID:mq3BzhXc0

古泉「ああ、ようやくテレビを消しましたね。コンセントごと引き抜くとは……フフフ」

みくる「『ちょっとエロキョン!何考えてんのよ!』、『知・る・か!付けたらいきなりこの有様だったんだ!』、みたいな」

古泉「あはは、絶対そんな感じですねえ」

みくる「涼宮さん耳まで真っ赤にして枕に顔うずめてますよお!かわいいですぅ!」

長門「……彼も気まずそうに椅子に座っている」

古泉「お互い意識には強く残るでしょうよね、こういう性的な刺激は」

長門「……後々ボディブローのように効いてくる」

みくる「ちょっと強引でしたけどね」

古泉「何を言ってるんですか、この計画自体が強引なものなんですから」

みくる「うふふ、それもそうですね」

古泉「まだまだ行きますよ」

みくる「こういうのを傍観するのすごく楽しいかもしれないです……♪」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:12:38.86 ID:mq3BzhXc0

古泉「さて、次の作戦です」

みくる「今度は何をするんですかあ?」

古泉「これを使います」

長門「……空調の操作パネル?」

古泉「ええ、あの部屋のエアコンにつながっています」

みくる「それで何を?」

古泉「単純に、温度を上げるんですよ……あの部屋は窓も開きませんからね」

みくる「ふぇ?」

長門「……あなたは暑いとき、どうする?」

みくる「えっと、まず……あ!」

古泉「そういうことですね」

みくる「単純だけど効果ありそうですねえ……」

古泉「とりあえず、温度28度に設定します」

みくる「え?割と普通じゃ……」

古泉「……ああ!僕としたことが、間違えて暖房に切り替えてしまった!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:23:35.75 ID:mq3BzhXc0

古泉「さっそく羽織ってたものを二人とも脱ぎましたね」

みくる「これはちょっとかわいそうな気も……」

古泉「何もこのまま暖房をつけっぱなしにしようってわけじゃありません」

長門「……あくまで目的は、二人を薄着にすること」

古泉「そういうことです。特に男からしてみれば、そういう視覚的な変化には敏感ですよ」

みくる「またこんな日に限って涼宮さん、タイトなTシャツですね……」

長門「……さっそく汗をかいている様子」

古泉「一応あの部屋に二人分の浴衣を用意してあるので、それに着替えても面白いかもしれません」

みくる「ああいう宿泊施設の浴衣って、すぐはだけるんですよねえ……」

古泉「そうですかね」

みくる「ええ、ちょっと歩いただけですぐずれて」

長門「……そんなことはない」

みくる「あ、長門さんは凹凸がないから……」

長門「……あ?」

みくる「い、いや!その、あの、スリムでいいなあって!あ、あはは!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:32:28.69 ID:mq3BzhXc0

長門「……パーソナルネーム、朝比奈みくるを敵性と判断」

みくる「ひっ!?」

古泉「ちょ、ちょっと二人とも!」

長門「……なめんな」

みくる「ごめんなさいごめんなさい……うう」

古泉「いらんことで二人が喧嘩してどうするんですか!ちゃんとモニター見張っててください!」

長門「……次は無いと思え」

みくる「(ひがみって怖い……)」

古泉「はあ、まったく……(これだから女は嫌いなんですよ……)」

みくる「あ!二人とも何か探してますよ!」

古泉「え?カメラバレましたかね!?」

長門「……これは、違う。おそらく何か、飲み物を探している」

古泉「なるほど……ああ、心臓に悪いですね」

みくる「部屋にはあるんですか?ドリンクの類は」

古泉「一応ポットとお茶の葉は用意してあります……あと、小さな冷蔵庫がテレビの下の戸棚に」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:40:44.12 ID:mq3BzhXc0

みくる「部屋が暑いんじゃ、熱いお茶は飲めないだろうなあ……」

古泉「フフ、実はそれも考慮して室温を上げたんですよ?」

長門「……?」

古泉「先ほど冷蔵庫があるといいましたが、中身は全てアルコールの類です」

みくる「え」

古泉「こういう風に環境を外堀から埋めて行こうと考えてまして」

長門「……確かに安定した効果は望める」

古泉「種類のチョイスにも気を使いました。アルコールでもソフトドリンク感覚で飲めるものばかりを用意したんです」

みくる「確かに、いくら暑いとはいえ、あんまりお酒って感じのものだと飲んでくれないかもしれないですもんね」

古泉「ええ、まあその分アルコール度数も控えめですが……泥酔してもらっても困りますから」

長門「……酩酊状態では勃起不全に陥りやすい」

みくる「ふぇ!?」

古泉「いや、あの、それだけじゃないですけど」

長門「……そう」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:47:21.25 ID:mq3BzhXc0

みくる「あ、でも」

長門「……?」

みくる「普通、そういう時ってお水飲みませんか?ホテルの部屋ならお風呂も洗面台もありますし……」

古泉「そうなんですよねえ……うーん」

みくる「古泉くん?」

古泉「僕もそれに部屋の仕掛けを終える直前に気づきまして」

長門「……それで?」

古泉「さすがに風呂場を撤去するわけにも行かなくて、色々考えたんですが……」

古泉「こんなものを洗面台に張ってきました」

長門「……シール?」

みくる「この水は飲まないでください、だって」

古泉「こうやって書いてあれば、普通なら飲まないと思うんですが」

みくる「たまにありますもんねえ、こういうホテル」

古泉「まあ、大丈夫でしょう」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 05:57:54.48 ID:mq3BzhXc0

古泉「あ、ちゃんと思惑通りドリンク飲んでくれてますね」

みくる「しぶしぶって感じですけど、まあ成功ですよね!」

長門「……ただ、もう少し内容に気を使うべきだった」

古泉「と、言いますと?」

長門「……精力剤や媚薬を混ぜたものを用意するべきだった」

みくる「え……」

古泉「(さっきからこんな感じですけど、もしかしてなんか溜まってるんでしょうか?)」ヒソヒソ

みくる「(意外とこういうの好きなだけかも知れませんよ)」ヒソヒソ

長門「?」

古泉「い、いえ。なんでもないです」

みくる「あはは……」

長門「……そう」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 06:07:09.50 ID:mq3BzhXc0

長門「……それより、集音マイクの方は」

古泉「ええ、それなんですが。何しろ急な準備だったもので、マイクは無線のものしか用意できなくて」

みくる「はあ」

古泉「それで、あの部屋に携帯電話を使えないように妨害用の強力な電波を流してるもんですから……」

みくる「あー」

長門「……もう妨害電波の必要性は感じない」

古泉「まあ、僕も電話で大人しくしてろって彼に言いましたからね……いいっちゃいいんですけど」

みくる「?」

古泉「やっぱり現実とあの部屋を遠ざけたいというのがありまして」

長門「……なるほど」

古泉「二人きりの世界だとか、雰囲気だとか、そういうものにでも飲まれないと彼は何もアクションを起こしませんから」

みくる「メールチェックするだけでも、現実との接点になりますもんねえ」

古泉「僕らが今仕掛けている作戦なんかも、そういうものに乗っかった上での話なので、なんとも……」

長門「……なら、もう少し検討してからにする」

古泉「そうですね、二人が携帯電話のことなんか忘れる頃合を待ちましょう」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/06(木) 06:19:20.63 ID:mq3BzhXc0

長門「……それはそうと、二人が比較的リラックスしているように見える」

古泉「そろそろ自分達の置かれた状況を把握するころですからね」

みくる「お酒も入ってますしねえ……確かに落ち着いてる感じがします」

古泉「でもやっぱり不安が見え隠れしていますよ、特に涼宮さんの方ですかね」

みくる「なんだかんだ言ってキョンくんは、いろいろ経験してきてますから……」

古泉「たしかに。間違いなく世界で一番非現実的な日常を送っている高校生でしょうね」

長門「……ところで」

古泉「?」

長門「……そろそろ夕方」

古泉「はあ、そうですけど」

長門「……空腹」

みくる「そうですねえ、私もちょっとお腹空きました」

古泉「ここを離れるわけにも行かないですから、ルームサービスで何か頼みましょう」

古泉「……それに、あっちの二人にも食べ物を支給しないと」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:14:05.77 ID:BlTaqCrH0

みくる「あ、そういえば、食料はないんですよね、あの部屋」

古泉「そうですね、ハンバーガーでも買って持っていきましょうか」

長門「……渡す方法は」

古泉「もちろん、ドアを開けて部屋の中にお邪魔しますよ」

みくる「いいんですかぁ、そんなの」

古泉「何も僕らが持っていくわけじゃありませんよ、当然、組織の人間に行ってもらいます」

長門「……その際に、脱出を図られる」

古泉「さて、それはどうでしょう。監禁されている時に、知らない人物がいきなり部屋侵入してくるとなると……」

みくる「た、たしかに身を守ろうとすることで精一杯で、それどころじゃないかもしれないですね……」

古泉「組織の中でもそれはもう、強面の人を選んでおきます」

長門「……わかった。あと」

古泉「こ、今度はなんです?」

長門「……私はカレー、大盛りで」

古泉「そ、そうですか。頼んでおきます」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:18:01.33 ID:BlTaqCrH0

みくる「なんかこういう風にモニターを眺めながらご飯食べるのって、新鮮ですね」

古泉「はは、それはそうでしょう」

みくる「なんか仕事してるんだあたし!って気分になります」

古泉「(こいつ普段何もしてねえからな)」

長門「ぱくぱくもぐもぐ」

古泉「さて、そろそろあちらにも食事が届く頃ですかね」

長門「ぱくぱくもぐもぐ」

古泉「……」

長門「……おかわり」

古泉「あの」

長門「……なに」

古泉「も、もう7杯めですよね」

長門「……そう」

古泉「……」

長門「……おかわり」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:24:47.64 ID:BlTaqCrH0

みくる「あ!ドアが開きましたよ!」

古泉「すごい慌ててますね、二人とも……いや、当たり前なんですけど」

みくる「いったいどんなお顔の人なんでしょうか」

古泉「6番モニターをメインに」

みくる「……ひっ!?」

古泉「これはこれは」

みくる「あ、あの……これって本職さんですか?」

古泉「い、いや……ちょっと威圧感のある格好で、とは指示したんですが」

みくる「絶対Vシネとか出てますよこの人ぉ……ひぃぃ……」

古泉「Vシネ見るんですか、あなたは」

みくる「この時代の文化の勉強にって……」

長門「ぱくぱくもぐもぐ」

古泉「これはちょっと恐怖心を煽り過ぎですね……かわいそうなことをしてしまいました」

長門「ぱくぱくもぐもぐ」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:33:20.42 ID:BlTaqCrH0

古泉「部屋の隅まで逃げてしまいましたね、お二人とも」

長門「……壁を背にするのはこの場合得策ではない」

古泉「まあ当然の反応ですよ、こんなの」

長門「……画面端では通常不可能なコンボも決められる恐れがある」

古泉「何の話ですか!」

みくる「す、涼宮さんが怯えてる所なんか初めて見ました……」

古泉「ここは心を鬼にする所ですよ、ほら、5番カメラをズームに」

長門「……!」

古泉「腕を広げて涼宮さんを庇う彼と、彼の背中にしがみつく涼宮さん!はい、これいい画ですよ!」

みくる「こ、古泉くん……」

古泉「おそらく本能的に守らなきゃいけないってことを自覚してるんでしょうね!これポイント高いです!」

長門「……デザートはまだ?」

古泉「お前ちょっと黙ってろ」

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:43:48.02 ID:BlTaqCrH0

みくる「ほ、本当にハンバーガーだけ置いて帰っちゃいましたね」

古泉「当たり前でしょう、危害加えてどうするんです」

みくる「い、いえ……あまりにも怖かったので」

古泉「それはまあ、否めませんが……」

長門「……ティラミスを要求する」

古泉「さて、でもこういう危機を乗り越えてこその企画ですからね!」

みくる「は、はあ」

古泉「言ってみれば吊り橋理論ですよ、女性は恐怖による興奮を性的興奮と勘違いしやすいと言います」

みくる「でも、実際吊り橋の上で告白してくるような男性って頭おかしいですよね……」

古泉「そ、それはまあそうですけど、実際そういう実験で成功例が多かったわけですから」

長門「……※ただし、イ」

古泉「言わせねえよ!?」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 03:52:57.57 ID:BlTaqCrH0

みくる「あ、ほら!涼宮さん泣きそうな顔してますよ!」

古泉「そ、そう責めないでください……でも、ひとつ言っておきますが」

長門「……?」

古泉「こんな状況下でも、閉鎖空間は全く発生していません。これがどういうことかおわかりですか?」

みくる「……楽しんでるっていうんですか?」

古泉「それはないでしょう。ただ、彼と一緒にいることに何か絶対の安心も感じているんでしょうね」

みくる「はぁ……なんかそう言われると甘酸っぱい話ですね」

長門「……こんな時には甘酸っぱいフルーツケーキを要求する」

みくる「あらら……涼宮さん、ふてくされてまた布団に潜っちゃいましたよ」

古泉「彼に泣いているところを見せたくないんでしょうね……」

長門「……フル」

古泉「それに比べて、まだ彼の方は落ち着いていますね、さすがというか」

みくる「さっそくハンバーガー食べてますね」

古泉「彼も彼で、今非常に困っていることかと思います」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 04:04:38.75 ID:BlTaqCrH0

みくる「キョンくんのため息が聞こえてきそうです」

古泉「ん、どうやら涼宮さんを宥めているようですね」

みくる「枕で顔隠してますよ……やっぱり泣いてるんですね」

古泉「あ、ハンバーガーを差し出しましたよ」

長門「……おいしそう」

みくる「『食べたら、元気でるぞ』って感じですかね」

古泉「……」

みくる「……」

長門「……」

古泉「泣き止むまでずっと差し出してるつもりでしょうか」

みくる「どうしていいか、キョンくんもわかんないんですよ」

長門「……ハンバーガーが冷める」

古泉「……」

みくる「……」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 04:17:11.35 ID:BlTaqCrH0

みくる「あ、ああっ!あたま!頭なでましたよ、キョンくん!」

古泉「はい!ちょっと不機嫌を装った優しさ、ばっちり頂きましたッ!」

長門「……こうかは ばつぐんだ!」

みくる「涼宮さんも顔拭いて、ハンバーガー受け取りましたよ!」

古泉「これまた『フン』って感じのいい顔ですね!このこの!本当は嬉しいくせにッ!」

長門「……」

みくる「(古泉くんって本当はこういう性格なんでしょうか……)」

古泉「……す、すいませんつい取り乱しました」

みくる「でも、なんか見入っちゃいますねえ……ただハンバーガー食べるだけなのに」

長門「……」ニコッ

みくる「あっ!?別に私も食べたいわけじゃないですよ!その仲間を見るような目はやめてください!」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 04:27:51.14 ID:BlTaqCrH0

古泉「涼宮さんも一口かじりましたね」

みくる「むしゃむしゃ食べ始めましたよ、お腹空いてたんですね可哀そうに……って、あれ?」

古泉「え?あ……また泣いちゃいましたね……」

みくる「あんなにぼろぼろ涙流して……」

長門「……おそらく極度の緊張状態から開放されたせい」

古泉「ホッとして、色々溜め込んでたものが堰を切ったように流れ出た訳ですか」

みくる「誰だって、急にあんな部屋に閉じ込められたらああなりますっ!涼宮さんだって普通の女の子なんですよ!」

古泉「誰ですか、さっきまで楽しいですう♪とか言ってた人は」

みくる「……う」

長門「……カマトトぶんなや」

古泉「僕らは世界のためにやっているんです、さっきも言いましたが心を鬼にしてですね」

みくる「は、はい」

古泉「一生懸命楽しむんです!」

みくる「(こ、こいつ……)」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 04:45:20.55 ID:BlTaqCrH0

みくる「本当にわんわん泣いてますね涼宮さん」

長門「……貴重なシーン」

みくる「キョンくんも涼宮さんのこと心から心配してるって表情ですね……」

長門「……普段流さない人の涙には説得力がある」

みくる「ん?どういう意味ですか?」

長門「……」

古泉「あ、待ってください!何か動きがありますよ!」

みくる「ふぁ!?だだだ、抱きしめちゃいましたあああ!」

長門「……こんな時くらい音声」

古泉「い、急いで繋ぎます!」

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 04:59:48.74 ID:BlTaqCrH0

古泉「よし、できました!ヘッドセットをつけて下さい!」

長門「……wktk」

ハルヒ「ひっぐ……うぇ……どうなっちゃうのよ、あたしたち……ぐす……」

キョン「大丈夫だ、大丈夫だから……あんまり泣くな、また腹減るぞ」

ハルヒ「ぐず……何を根拠にそんなこと……ひっく」

キョン「根拠なんか無いが……ううむ、そうだな」

ハルヒ「ぐすん……ひっく……うぇっ」

キョン「なんとなくそんな気がするんだ……意外と当たるんだぞ、俺の勘は。何せテストの度に鍛えてるからな」

ハルヒ「なによ……ばっかじゃないの……ひっく……いっつも悲惨な点取ってるくせに……」

キョン「はは、それもそうか。……まあ、考えすぎても仕方ないだろう?」

ハルヒ「……うん」

キョン「はー……落ち着いて、気楽にな」

なでなで

ハルヒ「あ……」

キョン「あーあ、俺のTシャツぐじゅぐじゅになっちまった」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 05:12:27.29 ID:BlTaqCrH0

みくる「はぅぅん……なんですかこれ!もおおおおおお!」

古泉「甘いですね……激!甘いですねえ……」

長門「……録画テープと音声のコピーを、後で」

古泉「おや、まだまだこれからもっとすごいのが見られるかもしれませんよ」

長門「……!」

古泉「ようやく計画が動き出しましたね……フフフ」

みくる「二人ともまだくっついてますよ!きゃー!きゃー!」

古泉「もうこのままガバッと行きませんかね」

長門「……この二人ではありえない」

みくる「あ、離れますよ……はぁん、見てくださいあの涼宮さんの名残惜しそうな顔!カメラもっと寄ってください!」

古泉「誰ですか、さっき涼宮さんかわいそう!とか言ってたの」

みくる「はて?」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/07(金) 05:44:19.98 ID:BlTaqCrH0

古泉「さて、一旦音声は切りますね」

みくる「もういいんじゃないですかあ?」

古泉「念には念を入れるべきなんですよ。例えば想像してみてください」

長門「……?」

古泉「さっきのような大事なシーンの最中に電波がつながると、空気の読めない着信が」

みくる「ああ、なるほどー」

古泉「それに、電波が通じない状態だと携帯の電池は異常に消耗しますから」

長門「……バッテリー切れを待つ作戦」

古泉「そういうことです。もし、どうしても必要!な場合の時だけは検討しますけどね」

長門「……」

古泉「どうしました?」

長門「……正直に二人の会話なしで二人の状況を作者が見せたかっ」

古泉「おい黙れ」

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/08(土) 04:51:47.87 ID:Nh5BVVGL0

みくる「……」

古泉「……」

長門「……」

みくる「何も起きませんねえ」

古泉「なんか山場をひとつ越えてしまった感はありますね」

長門「……暇」

古泉「お腹が膨れたからなのか、ひとしきり泣いたからなのか、涼宮さんもいつも通りです」

みくる「すっかりテレビ見てくつろいでますよ……」

古泉「涼宮さんがテレビのコンセントを入れたときは、彼さすがに慌ててましたけどね」

長門「……つまらん」

古泉「まあまあ、こういうクールダウンも必要ですよ。それに、見てください」

みくる「?」

古泉「もうすっかり油断して、普通にチューハイのんでます」

みくる「あ、たしかに」

古泉「こういうの後からボディブローのように効いてきますよ!」

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/08(土) 04:58:15.32 ID:Nh5BVVGL0

みくる「でも、そうは言っても……このまったりした雰囲気じゃ」

古泉「よく考えてみてください、まだまだイベントはたくさんあるんですから」

長門「……まだ何か作戦を?」

古泉「いえ、そういうことではなくてですね」

長門「……?」

古泉「夕食を食べて、テレビを見て。あなた方ならこの後どうします?」

みくる「それはもちろん、お風呂入って歯を磨いて寝るだけで、特に何も……あ!」

古泉「脱衣所もないような風呂を二人で交代で使って、寝ようにもベッドはシングルがひとつだけです」

長門「……これはハプニングの予感」

みくる「んふふ……ぐへへ……」

古泉「さて、何が起こることやらわかりません。気を引き締めていきましょう」

みくる「がってんしょうちです!」

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/08(土) 05:06:52.70 ID:Nh5BVVGL0

長門「……ちょっと待って」

古泉「なんです?」

長門「……どうやら様子がおかしい」

みくる「さっそくですか!」

古泉「どれどれ……2番カメラをメインに回して、ズームにしてください」

みくる「うわ!涼宮さんもう顔赤いですよ!」

古泉「そんなに強いお酒は置いてなかったと思いますが……」

長門「……人間のアルコール分解に関しては、精神的なコンディションも大きく関係する」

古泉「ははあ、色々と疲れてしまっていて、すぐに酔ってしまったわけですね」

みくる「ヘラヘラ笑いながらベッドに寝転がってますよ……ああ、そんなに足広げちゃ」

古泉「これはこれは、お腹も見えてしまってますね」

長門「……これは好展開」

637 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 05:11:55.36 ID:Nh5BVVGL0

偽者じゃないよ!
と言ってもあまり説得力は無いけれど
でも本物だよ!

一応酉つけておこう

650 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 05:47:51.64 ID:Nh5BVVGL0

古泉「なんかバツが悪そうですね、彼」

みくる「やっぱり、目のやり場に困ってるんじゃないですか?」

長門「……もう少しカメラ、寄って」

古泉「やれやれ、って感じの顔ですかね」

みくる「でも、チラチラ見てますよ」

長門「……思春期の男性なら、仕方がない」

古泉「彼も言おうか言わないか迷ってるんです、きっと」

みくる「たしかに、パンツ見えてるぞ、なんて言われたら恥ずかしいですもんねえ」

長門「……減るものではない」

古泉「精神的に磨り減るんですよ!いろいろと!」

みくる「でもどうするんでしょうか……このままだと涼宮さん寝ちゃいますよ」

古泉「うーん、彼次第ですねえ」

長門「……もどかしい」

652 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:06:59.57 ID:Nh5BVVGL0

みくる「うあ!キョンくん涼宮さんに布団掛けちゃいました!」

古泉「あー、このまま寝かせてしまうつもりですね、きっと」

長門「……酔っ払いの相手は面倒」

みくる「ええ!?じゃあこれでおしまいですか!」

古泉「うーん……」

みくる「何かこっちから働きかけてみましょうよ!」

古泉「どうやってですか?まさか、電話を掛けてもっと仲良くしろ、なんていうわけには行かないでしょう」

長門「……?」

古泉「どうしました、長門さん」

長門「……彼の姿が見えない」

みくる「え?」

古泉「あ、ああ……きっと洗面台の方ですかね」

みくる「ユニットバスなんですよね」

古泉「ええ、おそらく騒がしい人が片付いたからシャワーでもあびるんじゃないでしょうか」

654 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:12:18.09 ID:Nh5BVVGL0

長門「……映像は」

古泉「え?まさか浴室のモニターを出せって言うんですか」

みくる「さすがにそれはちょっとプライバシーの問題が……」

古泉「今更プライバシーもへったくれも無い気がしますけどね、さすがにそっちのカメラの電源はオフにしてあります」

みくる「仕掛けてはいるのかよ!」

古泉「ええ、二つだけですが」

みくる「マルチアングルじゃねーか!」

古泉「一応、彼らの動きを把握するものがこれしかないもので……でも、緊急を要するとき以外は使用禁止です」

長門「……付けて」

古泉「え」

長門「……電源、入れて。今は緊急事態」

古泉「それはちょっと……さすがにお二人の前で彼の裸体を晒す訳には」

みくる「!」

みくる「おい早く電源入れろ」

657 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:22:07.27 ID:Nh5BVVGL0

古泉「こわ……わ、わかりましたよ。その代わり、シャワーカーテンの手前の映像だけですからね」

長門「……興味深い」

古泉「まあ、特に他に追うべき動きもありませんから」

ポチッ

古泉「って、うわああああ!まだだめです!手前で服脱いでる最中でした!」

みくる「画面から手をどかしてください!モニターが見えません!」

古泉「見んなっつってんだろ!」

長門「……どけ」

古泉「ごぼっ!?み、みぞおちに……」

みくる「きゃあ!きゃあ!ハプニングですよ!」

長門「……観察モードに移行する」

みくる「……」じー

長門「……」じー

みくる「な、なんか思ったより……普通ですね」

長門「……平凡」

659 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:33:54.05 ID:Nh5BVVGL0

みくる「普通に腰にタオル巻かれると、形とか大きさってよくわからないですねえ」

長門「……もう浴槽に入ってしまったから姿も確認できない」

古泉「息が……できなっ……ひ」

みくる「あ、あれえ?どうしたんですか古泉くん!」

長門「……きっと不注意で転んだに違いない」

みくる「お茶目さんですねえ、あ、あはは」

長門「……はっはっは」

古泉「(こいつら……)」

みくる「ちょ、ちょっと休憩しましょうか。私達も」

長門「……今何もすべきことはない」

古泉「まったく……とにかくゆっくりお風呂ぐらい入らせてあげましょう」

663 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:41:10.77 ID:Nh5BVVGL0

〜十分後〜

みくる「あ、あれ」

古泉「どうしました?」

みくる「いえ、涼宮さんが急に起き上がったから」

長門「……6番をメインモニターへ」

古泉「目がうとうとしてますね……ほんとに寝てしまう前にトイレにでも行くんじゃないですか?」

みくる「ふぁぁ……もうそういう時間ですもんねえ、私も眠たくなってきました」

長門「……」

古泉「……」

みくる「……」

古泉「あかんがな!」

みくる「い、いいい、今キョンくんお風呂入ってますよ!」

長門「……彼女は今、酔っ払っている上に寝ぼけている。部屋に彼の姿がないことなど気にしていない様子」

みくる「えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!」

665 名前:1 ◆cf0GecHoulwZ [] 投稿日:2009/08/08(土) 06:49:32.76 ID:Nh5BVVGL0

古泉「いや、でもさすがに彼も鍵くらいは……」

長門「……涼宮ハルヒがドアノブを回したのを確認」

古泉「しめてなかった!」

みくる「あああ、開いちゃいますよ!」

古泉「と、とにかく浴室のモニターをメインへ!」

みくる「……」

長門「……」

古泉「……ああ」

みくる「なんとも、完璧なタイミングでしたね」

長門「……彼が丁度シャワーを終えて、浴室のカーテンを開けた」

古泉「ええ、全裸で」

みくる「間がありましたね、少し」

長門「……一瞬時間が止まった」

古泉「ばっちり、目が合いましたからね」

みくる「ええ、全裸で」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:出来杉「女装楽しいなぁ」