キョン「大変だ!ハルヒが引き籠もった!」古泉「俺はもう知らんよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「レイプされた……」ハルヒ「……」長門「……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:06:50.28 ID:pKwIabxnQ

ハルヒが引き籠もってから一ヵ月以上が経った
今日俺と古泉は映画館に来ている

古泉「キョン君!どうやったら劇場へ入れるのでしょうか!」

キョン「落ち着け、先ずは」

先日、何の前触れもなく古泉がハリィー・ポッターが見たいと騒ぎ出した
クラスの人達が話してたのを聞いた後、CMを見たそうだ
俺はそういや前作見てないなと呟くと
え?続編だったんですか?と来たもんだ
俺達はTATSUYAで全5作を借りて、古泉の家に泊まり込みぶっ続けで観賞した
古泉の奴えらく興奮してたな
まぁ確かに面白かったが、はしゃぎ様が小学生のそれと何ら変わらなかった


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:09:28.86 ID:pKwIabxnQ

※注意果てしなくぬるい



古泉「F25……F25…2…あった!ありましたよ!」

そりゃあるだろ、なかったら酷い

古泉「早く座って下さい!始まりますよ!」バンバン

椅子を叩くな
それにまだ15分あるだろ

キョン「トイレ行ってくる」

古泉「何悠長なこと言っ」

キョン「ポップコーンでも食ってろ」スタスタ

古泉「うー」ポリポリ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:10:57.72 ID:pKwIabxnQ

先月

ハルヒは一切の連絡も無しに三日も学校に来なかった
メールも電話も無視された
放課後、俺達SOS団(長門を除く)は、ハルヒ宅へ直接見舞いに行く事にした
長門は「行く必要がない」と言い残して帰ってしまった
ただの風邪は宇宙人にとって取るに足らない些細な事なのか
と思うより長門は裏で得体の知れない何かと懸命に闘ってくれていて
今それどころではないのかと、またカマドウマの時みたいになるの
ではないかと不安だった


ハルヒ宅の呼び鈴を鳴らすと、数分後なんとハルヒが出て来た


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:12:22.09 ID:pKwIabxnQ

ハルヒ「うー、何よ、あんた達」

ハルヒはパジャマ姿だった
やっぱり体調が優れないのか、不機嫌なようだ

キョン「すまん、無理矢理起こしちまったか?」
ハルヒ「べっつに、起きてたわよ」

みくる「ふぇ、涼宮さんご飯ちゃんと食べてますかぁ?」

ハルヒ「あらみくるちゃん、良いもん持ってるわね」

手ぶらで行くのもあれなので、来る途中適当なもん買ってきた
プリンとか牛乳プリンとか

ハルヒ「せっかく来たんだし上がってきなさいよ、お茶ぐらい出すわ」

キョン「いや俺達はすぐ」

ハルヒ「拒否権はないわ、あと私体調はすこぶる好調よ?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:14:07.69 ID:pKwIabxnQ

ハルヒが淹れたお茶も旨いものだな
ハルヒはプリンをバクつきながら、俺達とたわいない話をした後

キョン「それで、どこか悪い所とかはないのか?」

ハルヒ「言ったでしょ?至って健常者よ」

キョン「じゃあなんで…」

ハルヒ「今ゲームにハマってんのよ」

キョン「…ゲーム?新しい不思議か?」

ハルヒ「違うわよ、こっち来なさい」グイ

キョン「これは……………FF11…」

ハルヒ「そ、最初は程々にしてたけど」

ハルヒ「最近は学校に行くのも億劫になっちゃって…さ……」

キョン「………ハルヒ」

ハルヒ「言いたい事は分かるわよ……でも…学校って一回休むと…」

ハルヒ「さ!もう今日は帰って!ゲームの続きやるから!!」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:16:16.77 ID:pKwIabxnQ

団活は無期限停止、もう見舞いに来なくていいと言われ
俺達は半ば強引に放り出された
ハルヒがゲーム………そんな事で学校を休む奴じゃないよな
何か裏が…

古泉「ないですよ」

キョン「………」

古泉「学校を休まざる得ない理由なんて他にありませんでした」

古泉「機関が逐一監視していますからね」

古泉「涼宮さんは本当にゲームしかやってないようです」

みくる「ふぇぇ」

キョン「古泉…」

古泉「今まで黙っていてすみません」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:17:16.01 ID:pKwIabxnQ

キョン「いやハルヒは何か悩んでいてゲームに…」

古泉「この三日間閉鎖空間は一つも発生していません」

古泉「これが指し示す意味はわかりますね?」

古泉「涼宮さんがゲームをしている間は特に機嫌が良いようです」

古泉「鍵はあなたではなくFF11……んふっ」

キョン「………」

古泉「それでは、僕は帰ります」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:18:12.90 ID:pKwIabxnQ

プルルルルガチャ

長門「何」

キョン「長門……ハルヒのことなんだが」

長門「涼宮ハルヒは今FF11に興じている」

長門「涼宮ハルヒに異常は見られない」

長門「私にエラーは発生していない」

キョン「……………長門は……ハルヒについてどう思うんだ?」

長門「観測対象が大きな動きを見せない」

長門「少し暇」

長門「だから今週末は朝倉涼子と買い物に出掛ける」

長門「あなたも来る?」

キョン「いや…………ありがとう、じゃあな」

長門「そう」

ガチャ


長門………今日は寝よう

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:19:37.56 ID:pKwIabxnQ

谷口「よぉ!キョン!」

キョン「よぉ谷口」

国木田「おはようキョン…………涼宮さんは今日も休みなんだね」

キョン「……………」

国木田「キョンは、涼宮さんが休んでる理由知ってるんでしょ?」

キョン「…………昨日ハルヒん家行ったんだ」

キョン「………風邪だってさ…………」

国木田「………………ふーん………ごめん」

キョン「何で謝んだよ…………」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:20:53.81 ID:pKwIabxnQ

キョン「……………」

谷口「キョン!」

谷口「これ貸す!!」バンッ

キョン「……………月野定規……」

国木田「キョン!僕もこれ貸すよ!!」バンッ

キョン「………ナイショのよりみち…………」

谷口「涼宮と何があったかしらねぇが!早く涼宮と!な!」

国木田「僕達は二人を応援してるよ!!」

キョン「ハハッ…何勘違いしてんだよ………ありがとな、二人とも」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:22:36.46 ID:pKwIabxnQ

放課後俺は文芸部室へ足を運んだ
無期限なんて言ってたが皆きちんと揃ってるんだろうな
俺はわざと20分遅れて行ったが
他意は…………ない…



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:24:19.43 ID:pKwIabxnQ

コンコン

キョン「………」

キョン「………」ガチャ

長門「………」

キョン「…………長門……………一人か」

長門「………」ペラ

キョン「ハハ……相変わらず本好きだな」

キョン「皆遅いなー俺遅れちまったからてっきり最後かと」

長門「古泉一樹、朝比奈みくるは部室に寄らずそのまま帰った」ペラ

キョン「………………そうか」

長門「………」ペラ

キョン「俺も…………今日は帰るよ」

長門「そう」


バタン


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:25:21.01 ID:pKwIabxnQ

それから二週間が経ったが部室へは行ってないし
ハルヒの家にも行ってない
これもハルヒパワーなのか、ハルヒを放っといても
不思議と心が痛まなかった

谷口「ほら!今日はP-FORESTだぜ!」

キョン「毎度すまんな谷口」

国木田「キョン!それより桜川みな」

キョン「すまん国木田、俺は桜川みらい派なんだ」

DOKKANDOKKANツーイテールー

ん、メールか

キョン「(………古泉)」

今度の土曜空いてますか?

キョン「(あぁ……送信)」

DOKKA

それでは朝9時に駅前でお願いします

キョン「(了解っと……)」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:26:52.87 ID:pKwIabxnQ

古泉「んふっ久し振りですね」

キョン「そうだな」

古泉「取り敢えず、喫茶店に入りましょう」

キョン「………」

カランコロンイランシャンセー

キョン「今日呼んだのは、ハルヒ……だよな?」

古泉「コーヒー二つで、近からずも遠からずってとこですね」

古泉「涼宮さんがあぁなってくれなければ、今日の目的は有り得ませんでしたし」

キョン「ハルヒはどうしてる?」

古泉「FF11やってますよ、やめて下さいよ、そんな心にもない事聞くの」

古泉「涼宮さんなんか……もう何も思ってないでしょう?」

キョン「……………」

古泉「以前のあなたなら、『涼宮さんなんか』って言った時点で」

古泉「僕の胸倉掴んできたでしょうね」

キョン「……………」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:28:51.69 ID:pKwIabxnQ

古泉「涼宮さんの力でしょうね、こんな事言えるのも」

古泉「私に構わないでという」

キョン「………閉鎖空間はあれから出てないのか」

古泉「えぇ、FF11様様ですよ」

古泉「御陰で我々機関は暇を持て余していましてね」

古泉「しかしスポンサーから資金がDOKKANDOKKAN」

古泉「我々機関もそこまで金に飢えてませんからね」

古泉「当分の間は遠慮を申し出たのですが」

古泉「ならそのお金で慰安旅行にでも行ったらいいにょろ!」

古泉「今まで頑張ってきた君達への神様からの贈り物なんだよっ!」

古泉「と、返されまして、んふっ、スポンサー様には逆らえません」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:31:03.87 ID:pKwIabxnQ

古泉「今日呼んだのもその暇をもらったからこそです」

古泉「森さんは家でニート同然飲んだくれてますし」

古泉「新川さんは趣味の家庭菜園に精を出しているようです」

古泉「多丸兄弟はハーマンの追っかけでして」

古泉「キャーイケメン!抱いて!と一言残して行方を眩ましてしまいました」

古泉「森さんはたまにレトルト食品持って行ってあげないと」

古泉「栄養失調で死ぬんじゃないかってくらい落ちぶれてます」

古泉「みんな好き勝手してますよね」

古泉「でも僕は……………」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:33:52.64 ID:pKwIabxnQ

古泉「あんなに欲しかった自由が…………………」

古泉「いざ手に入れたら説明書がない…………」

古泉「なくて当たり前、自由の取り扱い方法は」

古泉「読んでその字の如く自由」

古泉「飲んだくれても、家庭菜園に勤しんでも、アイドル追っかけても良いんですけどね」

古泉「僕がまだ小学校低学年の時でしょうか…………」

古泉「友達と皆でセミ捕りに出かけまして………」

古泉「楽しかったなぁ………」

古泉「機関は……過去は忘れろなんて無理難題吹っ掛けてきますが………」

古泉「あの恍惚を取り戻す今回の未曾有のチャンス………」

古泉「逃さないわけにはいきません………」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:34:49.26 ID:pKwIabxnQ

古泉「僕の自由のプレイ方法は…………!」

古泉「キョン君!」

古泉「明日!僕と一緒にどこかへ遊びにいってもらえないでしょうか!!」

古泉「お願いします!!」バッ

キョン「…………………………」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:36:27.83 ID:pKwIabxnQ

キョン「頭上げろ………お前さ…………………」

キョン「中学の時、閉鎖空間に追われて普通の暮らししてなかったんだっけ」

古泉「えぇ……その頃は既に親元を離れて機関に居ましたし」

キョン「どうりで、キモ過ぎ、みぞゆうって何だよ」

古泉「えっ…」

キョン「今日もそうだが今までハルヒの事でしかお前と関連付けれなかった」

キョン「俺も悪いが、そんな頼み方しないと遊んでもらえないような仲だと」

キョン「お前に思われてる事に俺は傷ついてる」

キョン「普通な誘い方も教われなかった不幸な生立ちのお前を」

キョン「俺はかわいそうに思って友達になったんじゃないぞ」

キョン「単純にお前が好きだから友達でいるんだ」

古泉「キョンくん…」

キョン「明日と言わず、今からカラオケでも行くか」

古泉「ギョ゙ン゙ぐ〜〜ん」ポロポロ


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:37:58.10 ID:pKwIabxnQ

キョン「泣くなよ気持ち悪い」

古泉「だっでぇ〜〜えふんえふん」ポロポロ

古泉「僕ごの二週間断られたらどうじようどうしようっで」エグエグ

キョン「分かったから、泣きやめ、皆見てる」

店員「コーヒーのお客…お客様!?どうなさいましたか!?」

キョン「いや大丈夫です、こいつミュウツーの逆襲思い出したとかで」

古泉「ビガァ〜〜〜〜」ボロボロ


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:41:28.37 ID:pKwIabxnQ

カランコロンアリャー

古泉「カラオケ!カラオケですね!どこにしましょ!げへへ!」

キョン「駅前で良いだろ、近いし」

古泉……なんだか馬鹿になったな………
これもハルヒパワーのせいなんだろう
まぁこれぐらい馬鹿さ加減が古泉には必要なのかもしれんな
ハルヒは私の事なんか放っといてあんたら勝ってに楽しんでなさい!
とでも思ってんのか
そういや長門も朝倉と出かけるって言ってたな
じゃあ朝比奈さんも鶴屋さんと遊びにでも行ってるのだろ
もしかしてハルヒなりに俺達の事を思って……………
ならなんでFF11?

古泉「キョンくん早くーー!」

キョン「あーはいはい走ると転ぶぞー」

ファッ

キョン「言わんこっちゃない」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:43:39.60 ID:pKwIabxnQ

古泉「5時間で」

店員「それでは4号室へどうぞ」

キョン「お前歌う気満々なのな」

古泉「えぇ!あなたとのカラオケなん」

キョン「そういうのいいから、ほれ何か選べ」

古泉「それでは」ピッ

チャッチャッーチャラ♪

キョン「(そういやSOS団でカラオケ行った時こいつ歌ってなかったな)」

キョン「(何歌うんだ?)」

古泉「熱くなれっ!!夢見たー明ー日を!!必ーず」

キョン「正直読めてた」

古泉「誰かーが胸で!!叫んでるのに!!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:45:48.29 ID:pKwIabxnQ

キョン「一歩前のぉ〜〜〜」

古泉「HEYHEY☆彡☆彡☆彡☆彡」

キョン「こぉ〜の道をぉ〜〜〜〜」

古泉「WOWWOW∵・∴・★」

キョン「行かな〜けれ〜ばぁ〜〜〜〜」

古泉「HUUUUUUUUUUUUUU☆*:・°★:*:・°」

キョン「ウザ過ぎワロタwwwwwwwwwwwww」


こうして俺達は毎週遊ぶ仲になった
古泉といるとハルヒ?なにそれ美味しいの無双だった
長門や朝比奈さんも誘おうとしたが古泉に止められた
何でも男同士で遊ぶというのに意味があるらしい
キモいなぁ


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:47:24.57 ID:pKwIabxnQ

古泉「こっちです!始まりますよ!」

キョン「席ぐらい分かる」ヨッコラセックス

トゥートゥルトゥートゥー

古泉「始まった!画面でかい!」

キョン「ガチで黙れ」


遊ぶ金は古泉が出してる
財布みたいな言い様だが、古泉曰くそこだけは譲れないらしい
そのためのスポンサーです、だそうだ
鶴屋さんには後々御礼をしておこう
とぼけられそうだが


キョン「はぁー、凄かったな」

古泉「スペクタクル過ぎ!映画館ってすごいですね!」

キョン「お前ん家の14インチよりは迫力あったな」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:50:03.47 ID:pKwIabxnQ

古泉「それではキョン君、来週はどうしますか?」

キョン「いつも通りお前が決めていいよ」

古泉「そうですね、あっ名古屋ドーム行きたいです!」

キョン「野球観戦か?お前中日ファンだっけ?」

古泉「はい!青ってかっこいいですよね!」

小学生か
名古屋か…とうとう県外進出したな……
こうなりゃどこでも行け行けドンドンだ
オラ何だかワクワクしてきたぞ!


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:52:59.26 ID:pKwIabxnQ

古泉「博多へ行くなら新っ幹っ線♪」

古泉「あっ来週は博多行きましょう!」

キョン「博多かぁ、明太子たい焼きってなかったか?」

古泉「そういや僕新幹線初めてですね」

キョン「俺はこれで2回目だわ、通過列車怖過ぎワロタ」

プァーン

キョン「着いたな、案外早かった」

キョン「野球って何時から始まるんだ?」

古泉「5時くらいじゃないですか?」

キョン「笑っちゃう程時間あるな、他に何かしたい事あるか?」

古泉「エヴァの映画見たいです!」

キョン「名古屋まで来て……またCMの影響ね」

キョン「そういや序ってテレビでやってたな、見たのか」

古泉「破?」

キョン「イラッ☆」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 00:56:21.89 ID:pKwIabxnQ

キョン「今CMでやってるエヴァは破っていって続編だ」

古泉「マジマージ?」

キョン「まぁいい、漫喫で序見てから破見よう」

古泉「贅沢だぁ〜」


使徒「キェーー」

古泉「ハハッこの四角い奴リアクション芸人としてキラリと光る所がありますね」

古泉「ぎゃあ!グロ中尉」

キョン「破見に行くぞ」


二号機「ジュワッ」

キョン「あれ…ツノ生えてる…弐波……?誰だこの眼鏡………」

古泉「ミサトが森さんだったら襲ってた」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:00:06.42 ID:pKwIabxnQ

古泉「ドーム行きますよ!もう始まってます!」

キョン「それより腹減ったな、朝から食べてねーわ」

古泉「せっかく名古屋来たんですし、ドームで味噌カツ食べましょう!」

キョン「あんなとこの味噌カツなんて出店と変わんねーよ」

古泉「大切なのは何を食べたかじゃなくて誰と食べたかですよ!」

キョン「何言ってんのお前」

ワーワー←ドカベン風

古泉「あっ青い!中日が攻撃のようですね!」

キョン「俺甲子園しか興味ないのよ」

古泉「頑張れー!頑張れー!誰だあいつは!青っ!打てー!」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:01:59.80 ID:pKwIabxnQ

グワラゴワガキーーーン

キョン「おぉ!」

古泉「わ!こっち飛んで来ましたよ!」

古泉「こんなこともあろうかとグローブ持ってきました」サッ

キョン「用意いいな」

古泉「うぉらー!背面キャッチ!」バッ

バチィッ

キョン「うぉ、小気味良い音!」

古泉「ぐう…う」

キョン「しかし白球を掴みたるは小泉がケツ!コロコロで見たぞそんなギャグ!」

古泉「やった!ホムーランボール!ハハッ嬉しいです!」

キョン「後でサインもらいに行こうぜ」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:03:40.98 ID:pKwIabxnQ

古泉「楽しかったですね!」

キョン「あぁ、おっと、もう10時か」

古泉「ちゃんとホテル予約してますよ」

キョン「用意がいいのな」

古泉「明日は朝早く起きて名古屋港の海釣り公園に行きましょう!」



キョン「何でベッド一つなんだよ!」

古泉「ははっこやつ」

キョン「どこだよ孔明!出てこいよ!」

古泉「私は一向に構わん」ポンポン

キョン「ジャーンジャーン!」


キョン「やめろ!抱き付くな古泉!」

古泉「人の温もりに飢えてます」ギュー


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:05:38.09 ID:pKwIabxnQ

チュンチュン

古泉「スナメリって手生やせばニンゲンみたいですね」

キョン「メリおっと見てんじゃねぇ、朝食行くぞ」


キョン「ホテルの朝食って何でこんな清々しいんだろな」パクパク

古泉「食べ終えたら出発しましょう、釣具ってあっちで貸してくれますよね?」

キョン「釣果でちょうかって読むんだぜ、知ってた?」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:07:32.54 ID:pKwIabxnQ

古泉「着きましたが」

キョン「しかしあっついなぁ」

キョン「微妙な時間帯だが釣れるんだろうか」

古泉「貸し釣具店もあり、無事釣具借りれましたし」

古泉「釣りなんかした事ありませんが餌付けてぶん投げりゃ」

古泉「あんなイカにも劣る硬骨魚簡単に騙されるでしょう、それでは」

古泉「名前忘れたけど太陽に晒されると消滅する洞窟に住む大魚フィーーシュッ!!!」ビシュー

キョン「今回はサビキ釣りだ、投げるな」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:10:36.95 ID:pKwIabxnQ

キョン「おお、また釣れた、3匹だ」ビチビチ

古泉「なんでキョン君ばかり、釣りって釣れなきゃデメリットしかないですよね」

キョン「そんなことないぞ、この潮の香りがだな、まず自然に触れ」

古泉「キョン君って他のSSでもよくジジくさいって言われますよね」

古泉「だからちゃっかり童貞守っちゃうんですよ、あんな環境に居ながら」

古泉「俺は好意を持ってる人にしか〜キリッだっておwwwwww」

古泉「はぁ、何だよゲ泉って、お前らも昔自分の名前でからかわれた事あんだろ」

古泉「DQNは人の痛みを分からないクズとか言っておいて」

古泉「無抵抗の二次キャラいじめんじゃねぇーつうの、特に俺」

古泉「大体森っうおっ重い!フィ、フィーーーーシュッ!!!」シャシャシャ

古泉「って空き缶かよ!!リアルどうぶつの森してんじゃねぇよ!アロワナ釣れろ!」

キョン「釣りはかくも人を醜くく…」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:13:21.70 ID:pKwIabxnQ

キョン「もう夕方だな…そろそろ帰ろう」

古泉「魚類死ねスナメリ生きろ」

キョン「そういやまた昼飯食ってないな」

古泉「新幹線で鰻パイ買って乗車飲食しましょう」

プァォーン

古泉「来週は博多ですね!」

キョン「来週は博多ツアーに参加しよう、今日は名古屋を軽んじ過ぎた」

古泉「みんなと同じ事はしたくない」

キョン「というみんなと同じセリフ」

古泉「でもツアーには参加しませんよ!」

キョン「わかったよ、じゃあもうちょっと計画的動こう」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:15:48.87 ID:pKwIabxnQ

古泉「さてその来週とやらが来ました訳ですが」

キョン「あぁ」

古泉「いつの間にか夏休み入っちゃいましたねぇ」

キョン「俺もびっくりだよ」

古泉「くふふっ、ふふふふ」

古泉「夏休み、夏休みですよ…!」

古泉「まさか今年の夏休み、こんな自由に過ごせるとは!」

古泉「ははっ、リア充です!僕はリア充デビューしたんです!」パンパン

段々古泉がおかしくなってきてるな……ハルヒパワーか
最初の頃はよつばみたいなかわいさがあったと言うのに

古泉「はぅあ!新幹線来ました!」

プァーン

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:18:12.30 ID:pKwIabxnQ

古泉「着きましたね」

キョン「何処行くか大体目星ついてんのか?」

古泉「………天神です!食べ歩きましょう!」

キョン「ほぉ、その後は?」

古泉「福岡ドームです!見るだけです!中には入りません!」

キョン「ほほう、それでそれで」

古泉「締めは幽霊坂です!」

キョン「………いまいちパッとしないな」

古泉「福岡ってネットで調べてもよく分からなくて…あのCMを恨みますよ」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:19:47.68 ID:pKwIabxnQ

古泉「天神です、早速そこらの店に入って豚骨ラーメンでも食べましょう」

キョン「俺濃い味ダメなんだよね」

古泉「…」

イランシャンセー

古泉「んー」ズルズル

キョン「…」ズルズル

キョン「案外旨いのな、俺いつも醤油か塩しか食わんかったけど」ズズズ

古泉「美味しいですねー、やっぱ本場なのか値段張るもんですね」ズー



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:21:08.73 ID:pKwIabxnQ

ガヤガヤ

キョン「あー結構腹膨れるもんだ、食べ歩きなんてとてもだな」スタスタ

キョン「まぁでも俺はこう賑やかなとこは嫌いじゃないよ」

古泉「僕は人多いのは苦手です」

キョン「野球観戦行ったくせになぁ」

古泉「基本苦手なだけで、楽しみを抑える程強くありませんよ」

キョン「おっ!なんだこのお面!」スチャ

キョン「古泉!こっち見ろ!」

古泉「ん、うわ、何ですかそれ、オチョナンさん?」

キョン「おま……俺のトラウマを………」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:23:42.31 ID:pKwIabxnQ

古泉「福岡ドームに来ましたね」

古泉「でかいなぁ」

キョン「本当に見にきただけなのか、てか名古屋ドームも大きかったろ」

古泉「福岡のほうが多少大きいんですよ」

古泉「ここで岩鬼が……プロ野球編今何巻だろ…」

キョン「スーパースターズ編と言ってだな」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:25:11.31 ID:pKwIabxnQ

古泉「そういやソフトバンクのCMに出てるカイ君ですが」

キョン「あぁ犬のお父さん」

古泉「最初は迷走迷走言われてましたけど、今ではすっかり馴染んじゃいましたよ」

キョン「犬に罪はないからな、よく見るとかわいいよなカイ君」

古泉「生粋の日本犬だからたくましいですよね、どっかの死んだチワワと違って」

古泉「カイ君を見ると僕、いつも南極物語思い出しちゃって……うぅ」ポロリ

キョン「自分から話振っといて急に泣くなよ、俺は相槌打ってるだけでいいのか?」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:26:48.81 ID:pKwIabxnQ

古泉「幽霊坂です」

キョン「幽霊でも出んのか?」

古泉「違います、ここに空き缶を寝かせます」

キョン「?」

古泉「見ててください」

ツーーー

キョン「うぉっひっわっゆっ幽霊か!ハルヒ!こここに幽っ!長門ーー!」

古泉「…」スチャ

キョン「ぎゃあぁぁぁっオチョナンさん!!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:29:24.65 ID:pKwIabxnQ

キョン「ここが今日泊まる旅館か」

古泉「そうです、キョン君!一緒にお風呂入りに行きましょう!」

キョン「はいはい」

キョン「〜」ヌギヌギ

古泉「…」ジー

キョン「なんだ」

古泉「キョン君、大きいですね……」

キョン「ふっ、男の価値はこれでは決まらんよ」ブラブラ

古泉「僕だって本気を出せば……森さん森さん森さん森」グググ

キョン「おいちょっとカメラ止めろ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:31:05.72 ID:pKwIabxnQ

古泉「あーご飯美味しいですねー」パクパク

キョン「旅館のご飯は何か旨く感じるよな、実際旨いんだが、1,3倍って感じ」

古泉「この小さな鍋の下で燃えてる燃料は何でしょうね」

キョン「メタンハイドレードだ」

古泉「あぁ、あの燃える氷とか言う、最近の旅館はエコなんですね」

古泉「確かメタンハイドレードが出す二酸化炭素って化石燃料の半分で」

古泉「こんなんが日本の下に大量に眠ってて、それを掘り出せば」

古泉「燃料資源が安泰だーなんて言ってますけど」

古泉「あんな海底地下深くにある物取り出すのにどんだけの資金が必要だと」

古泉「しかもまだメタンを空気中で安定させるには」

キョン「ごめんさっきの嘘だけど何か懐かしいからもうちょっと続けていいよ」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:34:03.91 ID:pKwIabxnQ

古泉「じゃあ電気消しますよー」パチ

キョン「んー」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「明日!」

古泉「明日どうするか聞かないんですか?」

キョン「いや今聞こうとしてたよ」

古泉「明日は沖縄行きます!」

古泉「ちゅら海水族館でジンベイザメ見たいです!」

古泉「フェリー乗って行きます!」

古泉「バナナボートにも乗」

キョン「ふーん、おやすみ」

古泉「…」ザザザ

キョン「だぁっ!自分の布団で寝ろ!」

古泉「なんでそんな冷たくするん?」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:35:26.55 ID:pKwIabxnQ

チュンチュン

キョン「んー旅館の白味噌汁はやっぱいいもんだな」ズー

古泉「キョン君、福岡から沖縄へのフェリーはありませんでした」

キョン「そうか」

古泉「貨物用なら出てるそうですが、どうし」

キョン「いや、やめとこう」パクパク

古泉「やんわりと断りますね」

古泉「鹿児島からしか出てないそうです、ご飯食べたら電車で行きましょう」

キョン「電車でか」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:37:16.95 ID:pKwIabxnQ

ガタンゴトン

キョン「また君ーにーーー恋してるー今まーーでよーりも」

古泉「オチョナンさん付けてビリーバンバン歌わないで下さいよ」

古泉「ビリーバンバン、バンバン、何時の日か森さんと脱衣17歩やりましてね」

キョン「無理があるぞ……話してみろ」

古泉「負けましたよ、コテンパンに」

キョン「えっ」

古泉「服全部ひん剥かれちゃいました」

キョン「………終わり?」

古泉「えぇ」

キョン「死ね」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:39:39.31 ID:pKwIabxnQ

古泉「こっからフェリーです!」

キョン「沖縄遠いなー、日本のくせして」

古泉「というかでか!フェリーでかいですね!」

キョン「俺も乗るの初めてだわー」

ブォーザザザ

キョン「いい景色だな」

古泉「あー揺れますね、うぅ」

キョン「そうか?全然感じないが」

古泉「わざと言ってますよね?確か売店に酔い止めがあったはず、買ってきます」

キョン「おぉー、トビウオ」

キョン「えっ!そんな飛ぶの!?おいっ古泉ーー!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:42:08.91 ID:pKwIabxnQ

キョン「古泉!さっきトビウオがっ!」

古泉「あぁはいはい」

キョン「すげー飛ぶの!速いし!距離長いし!」

キョン「俺トビウオなんてイルカみたいに跳ねあっーーっ!!!古泉!」

古泉「あうあー?」

キョン「見ろあそこ!ほら飛んでるよ!超低空飛行!!」

キョン「すげーよなーあんな小さい体して紅の豚真っ青の」

古泉「あー下向いてたら……うべぇぇ」ゲロゲロ

キョン「…………………………さすってやる」サスサス

古泉「…うぅ……………後でいあいぎりあげます」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:44:00.41 ID:pKwIabxnQ

古泉「着き…………なんですかこれは」

キョン「暑…………………」

キョン「夏に沖縄なんて自殺しに来たものだろ…」

古泉「でも沖縄で熱中症で倒れたって話聞きませんよね」

キョン「知らんガーナ」

古泉「母は強しって事ですね、原住民は慣れてるんでしょう」

古泉「でもアメリカ軍は不満たらたらでしょうね」

古泉「どうせなら軽井沢に基地造れよファッキンジャップ!」

古泉「あっ!米軍基地見に行きましょう!」

キョン「何か不謹慎の悪寒」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:45:43.63 ID:pKwIabxnQ

古泉「うわっ基地でか!」

キョン「広いな」

キョン「…………俺正直米軍滞在に好印象持ってなくてな」

キョン「こいつらがひめゆりぶち殺したと思うとなぁ」

キョン「最近では中学生レイプしたし公園にゴルフボール飛んで来たりさ」

キョン「小さい頃見た防空壕に火炎放射ぶっかける映像が衝撃的でな」

キョン「学校の先生が沖縄出身でさ、小学生の時米軍に捕まったらしくて」

キョン「収容所へ運ばれる途中の車の中で渡されたビスケットに」

キョン「毒が入ってるんじゃないかって、でも捕まるくらいなら死んでや」

古泉「あっ飛行機!おーーい!」

キョン「すまんこんな話して」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:50:14.75 ID:pKwIabxnQ

古泉「ここが美ら海水族館ですか」

キョン「おーウミガメ、優雅だな」

古泉「ラブひなにこんなのいませんでしたか?」

キョン「景太郎が無人島に流された時ついてきたあれか」

古泉「あいつ空飛んでなかったですか?5巻以降読んでないので知りませんが」

キョン「赤松昔世界バリバリバリュー出てたよな」

古泉「ネギ君は胸貫かれた後どうなったのでしょうか、あそこで読むのやめちゃいまして」

キョン「一コマで色々な事考えるとかいうバトル漫画にありがちな事してた」

古泉「恐竜の肉食ったアレン君や粉塵爆破かつみんのあれですか」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:52:43.43 ID:pKwIabxnQ

古泉「ネギまはどうしてあんな方向に……」

古泉「今思えば麻帆良ドッジ部が最盛期でした」

キョン「俺はバトルも好きだぞ」

古泉「バトルなんてロボアニメで十分ですよ」

古泉「バトル漫画見る度にこれがアニメだったらどんな動きするかなぁ」

古泉「って妄想しちゃいますよね、しかも監督別で」

キョン「ところで古泉はどうしてそんな漫画やアニメに詳しいんだ?」

古泉「よく聞いてくれました、それはですね」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:55:22.49 ID:pKwIabxnQ

古泉「機関って待機の間漫画やアニメ見るくらいしかなかったんですよ」

古泉「当時閉鎖空間の頻度が大体30〜60分間隔でしてね」

古泉「寝るのもなんだし皆本読んでましたよ、僕は大抵アニメですが」

古泉「新川さんO・ヘンリ、多丸兄弟はボンボン」

古泉「森さんはふたりエッチばっかでしたね、よくニヤニヤしてました」

古泉「僕は夏休みにやってたマキバオー録画して見てました」

古泉「その辺りから熱血ロボアニメに目覚めましてね」

古泉「Gガン、ガオガイガー、真ゲ、トップを狙え」

古泉「しかし高校に入ると閉鎖空間が落ち着いてきましたので」

古泉「自然と見る機会も無くなり今至ります」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:57:07.97 ID:pKwIabxnQ

古泉「つまるところ赤松はToLoveるを見習って」

古泉「コミックスで乳首を描けばいいんですよ!!!」

古泉「あの絵なら爆発的に売れます!!!」バンバン

キョン「水槽叩くな、言ってる事が支離滅裂だ」

ヤダーナニアノヒトヒソヒソコラッミチャイケマセンザワザワ



古泉「うわっ何ですかこのムーミン谷に住んでそうな奴は!」

キョン「ニシキアナゴって言うらしい、カラフルでかわいいな」

古泉「アナゴって確か超凶暴でしたよね」

古泉「ウミヘビとこいつ、どっちが強いんでしょうか」

キョン「さぁな、世界まる見えにでも検証してもらえ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 01:59:05.54 ID:pKwIabxnQ

古泉「あれ、ここってシャチいないんですか」

キョン「そうみたいだな」

古泉「シャチのセクロスを前動画で見たんですがそれはもう優雅で」

古泉「必死な四足獣をあざけ笑うかのようなあの白い目」

キョン「あれは模様だ」

古泉「しかもチンコすごい長いんですよ」

古泉「そして勃起した状態で先っぽを自由に動かせれるんです」

古泉「まんまんを探し当てるためなんですって」

古泉「昔カブトムシ飼ってたんですが」

キョン「えっまだ続くの?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:00:33.84 ID:pKwIabxnQ

古泉「オスとメスをかごに入れてたらまぁセックスしてましたよ」

古泉「メスはキィーキィーって喘いでました」

古泉「ハンタのキメラアント思い出しながらその日は寝ました」

古泉「次の日見てみるとまだ繋がったままでして」

古泉「どうやら抜けなくなっちゃたみたいですね、こんな顔(゚д゚)してましたし」

古泉「オスもご飯食べれなくてかわいそうだよなと抜いてあげる事にしましたが」

古泉「カブトムシにも膣痙攣あるんだななんて余所事考えてたら、ポキッて」

古泉「チンコ、折れちゃいました」

古泉「数日後2匹とも死にましたよ」

古泉「業務上過失致死ってこういう事でしょうか」

キョン「全然違うよ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:02:18.82 ID:pKwIabxnQ

古泉「サメかっこいいですね」

キョン「お前ムカシホオジロザメってまだいると思う?」

古泉「あんなん海にいたら誰も海水浴楽しんでませんよ」

古泉「さてそろそろお昼ご飯にしましょう、確かレストランがありましたよ」



キョン「カレーと夏野菜ってあうのな」パクパク

古泉「豚の角煮美味しいです」パクパク

キョン「マンタでかいなぁ」

古泉「この水槽もでっかいですね、もし割れたら僕達どうなるんでしょう」

キョン「死ぬんじゃないか」パクパク

古泉「キョン君ご飯食べてる時はそっけないですね」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:04:23.15 ID:pKwIabxnQ

古泉「バナナボート乗りにいきましょう、バスに乗ります」

古泉「ちゃんと予約してますよ」

キョン「用意いいのな」

ブルルル

古泉「あっサトウキビ畑」

キョン「背ぇ高いな、トウモロコシみたいだ」

古泉「なんかとなりのトロトロ思い出しました」

古泉「明日はサトウキビ狩り体験でもしましょうか」



キョン「おぉー、エメラルドグリーンってこういうのを言うのか」

古泉「綺麗ですねー」

インストラクタ「ではこのウェットスーツに着替えて下さいねー」

古泉「どうやらシュノーケリングもするようです」

キョン「あーきつ」ギツギツ

古泉「締め付けられますねぇ」グググ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:05:04.84 ID:pKwIabxnQ

/(^o^)\古泉ジンベイザメと触れ合ってない

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:08:14.20 ID:pKwIabxnQ

インスト「では船に乗りまーす」

ザザー

キョン「結構沖にいくのな」

古泉「えっボンベとかないやつなんですか!?」

キョン「どうやら浮かびながらサンゴ礁とか見るみたいだ」

ザバーン

キョン「おー気持ちいい」ザブザブ

古泉「そういや僕泳げないんですよー」ザブザブ

古泉「海に入ったらパニック起こすかもと思ってましたが」

キョン「洒落にならんぞ」

古泉「ウェットスーツって浮力強いですねー」

インスト「こちらのサンゴ礁はクマノミの巣にー」

キョン「初めてみたが綺麗だな」シュコー

古泉「グロい色してますねこの魚」シュー

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:10:55.68 ID:pKwIabxnQ

古泉「母なる海って言いますけど見渡す限り海って恐怖に駆られますよね」シュー

キョン「まぁわからんでもないな」コー

古泉「しかも沖縄ってイタチザメやシュモクザメいましたよね」

キョン「たまにニュースで襲われたって聞くしな」

古泉「しかも海って霊がウヨウヨってテレビで前見ましたよ」

古泉「ただえさえ戦死者バリバリなのに足でも引っ張られたら」

キョン「おい、祖国のために戦ってくれた人がそんなことをだな、不謹慎だぞ」

インスト「何この空気」

古泉「明日平和の礎でも行きますか」

インスト「次はバナナボートに乗りまーす」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:12:22.82 ID:pKwIabxnQ

インスト「それではしっかりしがみついて下さいねー」

古泉「僕は女の子がバナナに跨がってるってだけでもう満腹ですよ」

キョン「思春期か」

ゴォーー

古泉「ぎゃあ速い!」

キョン「うぉ!何これ楽しい!」

古泉「利根川先生エンジン止めてギブアッーーーーーープ!!!」

キョン「うるせぇ」

古泉「あぁああんお尻の穴がめくれちゃうよぉぉぉぉぉぉ!!!」

インスト「ハイドロプレーニングイナーシャルドリフトォォォォォ!!!」

古泉「つぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」ドバシャーァ

キョン「うわっ事故映像みてぇ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:14:16.21 ID:pKwIabxnQ

キョン「よぉ、お帰り」

古泉「なんで僕だけ置いてかれて泳いで帰らなければ……」ゼェゼェ

古泉「今日はもう疲れました、ホテルに行きましょう」ヒィヒィ

古泉「なんとホテルハイビスカスですよ、サチコねぇねぇが僕らを待ってます」

キョン「多分誰も知らないぞそれ」



キョン「普通のホテルなのな」

古泉「何僕のギャグ真にうけてるんですか、夕食食べに行きますよ」


キョン「ゴーヤチャンプルうめぇwwwwwwww」バクバク

古泉「海ブドウってこんな味なんですか」

古泉「キョン君、部屋に戻ったらひとりかくれんぼしましょうよ」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:16:01.49 ID:pKwIabxnQ

キョン「あーうまかった」

古泉「キョン君、人形の準備はできました」

キョン「その用意はしなくてよかった」

古泉「はい、これ爪切りです、キョン君の爪もらえますか?」

 _,,_  パーン
(‘д‘)
 ⊂彡☆))Д´)

古泉「ブッ、あっ鼻血」ツー

キョン「…」グシグシ

古泉「あふん人形に僕の鼻血を擦りつけないで」

キョン「…」チクチク

古泉「キョン君お裁縫上手ですねー」

古泉「鼻血が止まらない…」ダラダラ

キョン「早くも霊呼んだのか、流石古泉の血」グルグル


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:17:50.46 ID:pKwIabxnQ

キョン「風呂に置いてきたぞ」

古泉「さて寝ますか」

キョン「おい隠れたらどうだ」

古泉「とは言っても隠れる場所ありませんし……あっトイレに」

キョン「トイレは風呂場にあったぞ」

古泉「もう寝ます!今日は疲れてるんです!」

キョン「そうかい、電気消すぞ」パチスチャ

古泉「…」

キョン「…」

古泉「…」

キョン「…」スゥスゥ

古泉「キョンくーん」サササッ

古泉「ぎゃあぁぁぁオチョナンさん!!!!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:19:46.39 ID:pKwIabxnQ

古泉「朝食美味しかったですね!」

古泉「ではサトウキビ畑へ向かいましょう!」

古泉「あっ!古泉君人形!」

キョン「多分もうボッシュートされてるぞ、バス乗るか」

ブロローン

キョン「なご〜り雪〜も〜降る〜時〜を知〜りふざ〜け〜」

古泉「そこはざわわ〜でしょう、早くそのオチョナンさん外して下さい」


キョン「着いたな……広っ」

古泉「えじきってB級映画思い出しますね」

キョン「死霊のえじきの事か?」

古泉「違います」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:21:27.96 ID:pKwIabxnQ

インスト「それではノルマは一人100本、張り切って刈っちゃって下さい」

インスト「終わったら黒砂糖20gあげます」

キョン「こいつ…………!俺らを………ッ!!」

古泉「20gたぁなんだ…!な…なめてんのか……!」

インスト「とんでもない、20gは非常にリーズナブル」

インスト「良心的スクロースでございます………ククク」

ざわざわ…


ザクザク

キョン「案外楽しいもんだな」

古泉「えぇ、西部開拓ってこんな感じなんでしょうね」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:23:19.33 ID:pKwIabxnQ

インスト「皆さんお疲れ様です、できたての黒砂糖ですよー」ホカホカ

キョン「おぉっ、湯気立ってる」

古泉「そしてこの甘い匂い!糖糞病患者のうんこですか!?」

キョン「……………」

古泉「ハムッハフッ甘い!」バクバク



ブロローン

キョン「さて次は平和の礎だな」

古泉「いえ、キョン君、このバスは那覇空港行きです」

キョン「?」

古泉「もう正直言って沖縄暑すぎです、早く本土に帰りたい」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:26:44.02 ID:pKwIabxnQ

キョン「何だよ、お前の事だから屋久杉見に行きたい!とでも言い出すと」

古泉「さすがに赤道には敵いません…」

キョン「ハハッ、じゃあ今度は北海道でも行くか」

古泉「良いですねそれ、そうしましょうか」

キョン「まぁお前が平和の礎なんて行ったら」

キョン「これドミノにして倒したら壮大ですね!なんて言いそうだしな」

古泉「キョン君、世の中には言って良い事と悪いことがあるのです、不謹慎ですよ」

キョン「なんかごめん」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:28:20.13 ID:pKwIabxnQ

古泉「うはっーー!空港涼しいーーーー!」

キョン「ほれ、待ってる間暇だろ、サーターアンダギー買ってきた」

古泉「何ですかこれ?金玉?」

キョン「うるさい食べてみろ」

古泉「ふーん、ミスドにでも売ってるような味ですね」モグモグ

古泉「まぁ姿形が睾丸じゃ女子高生受けはしないでしょう」

キョン「ちくしょう言い返せない」



古泉「さて飛行機乗りましょう、僕初めてなんですよ」

キョン「ショック死しろ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:29:49.29 ID:pKwIabxnQ

シートベルト着用の際は〜

古泉「何だかドキドキしますね!」

キョン「お前酔い止めは飲んだのか?」

古泉「?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

古泉「おおお…ぉぉぉ……」

キョン「大丈夫か?」

古泉「…………トイレ行きます」カチャスッ

キョン「おい」

スッチー「お客様!?離陸中は立ち上がらないで下さいまし!」

古泉「うるさい金髪八重歯、その口まんこ犯すぞ」フラフラ

スッチー「ひぃ!?」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:33:39.57 ID:pKwIabxnQ

ガチャ

古泉「うぇ…………げぇぇぇぇ」ゲロゲロ

ガクン

古泉「うばっ!!」ビチャ

古泉「………………アNAル………何て事をしてくれたんだ」

ガチャ

古泉「うぅ…」

キョン「古泉、勝手に立っちゃ…………服はどうした」

古泉「ちくしょう、これも全て精巣のせいだ」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:35:19.41 ID:pKwIabxnQ

こうして俺たちは本土に帰って来た
まだ夏休みは30日近くあるが、全て古泉に連れ回されるのだろう
そんな事考えても少しも苦に思わないのは
きっとハルヒパワーのお陰だ
そろそろ二人旅も飽きてきたところだ
男同士なら谷口や国木田を誘っても文句あるまい
…………そういや俺谷口のアドレス知らないな






第一部完!!!

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:37:19.56 ID:pKwIabxnQ

なんだこれ眠過ぎ
なんで俺こんな時間にスレ立ててんだよ


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:39:40.02 ID:pKwIabxnQ

次回予告!!!


森「そう………脱衣17歩のサンマ…………!」

キョン「………………!」

古泉「………………!」
森「振り込んだら一枚脱ぐ……………!」

森「それは………貴方達のルールだ……」

キョン「……………」

森「私は……………………」

森「一翻につき一枚脱ぐ………………!!」

キョン「な……………!」

古泉「に………………!」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:40:39.98 ID:pKwIabxnQ

森「今日くらい労ってやろうじゃないか……………」

森「慈悲の心で…………!」

森「もし貴方達が役満で上がったりした時にゃあもう…………」

森「貴方達の視線を遮る物は…………脆くも飛散する…!」

キョン「………………!」

古泉「………………!」

森「ククククク………………」


妖艶の森さん脱衣17歩北海道編――――放送日未定

つか誰か書いて下さいお願いします

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:51:55.50 ID:pKwIabxnQ

第二部なんて今後8年は書く気が起きんがな
古泉書いてるとハルヒが恋しくなる…………不思議
今度ハルヒで色んな所行くやつ書こうかな…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ドラえも〜ん!」