ハルヒ「みくるちゃん、足を舐めなさいって言ってるでしょ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「安価で別のアニメの世界へ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:18:26.82 ID:P9jmjFaO0

みくる「ふぇぇ・・・ど、どうしてもですかぁ〜?」

ハルヒ「団長命令よ!早くしなさい!」

みくる「うぅ・・・わかりましたぁ・・・」

ぺろ・・・ぺろ・・・ちゅぷ・・・

ハルヒ「そう・・・上手よ、みくるちゃん!」

みくる「(うう・・・恥ずかしいですぅ・・・)」

ハルヒ「みくるちゃん、あなた今すっごく輝いてるわよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:26:44.02 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「足の甲だけじゃないわ、指のマタまでしっかり舐めるのよ?」

みくる「ふぇぇ、ふぁかりまふぃた・・・」

ちゅぷ・・・ちゅぷ・・・


ガチャ

ハルヒ「あら、有希。遅かったじゃない」

長門「・・・・・・・」

みくる「ふぇぇ、ながとひゃん・・・助けてくらさい・・・」

長門「ユニーク」

ハルヒ「ちょっと、みくるちゃん!口が休んでるわよ!」

みくる「あい・・・」

ちゅぷちゅぷ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:32:35.02 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「今日はみくるちゃんに一日足を舐めて過ごしてもらう事に決めたわ!」

みくる「ふぇっ、このままですか!?」

ハルヒ「そうよ、みくるちゃんの輝いている姿を皆にみてもらうわ!」

みくる「みゅぅ・・・恥ずかしいれふぅ・・・」

ハルヒ「古泉君とキョンも早く来ないかしら。」

長門「・・・・・・・」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:37:25.92 ID:P9jmjFaO0

コンコン

みくる「!」

ハルヒ「どーぞー」


ガチャ

古泉「遅くなって申し訳ありません、掃除当番でして・・・」

古泉「うわっ、何ですかコレ」

みくる「ふぇぇ〜ん、見ないでくらひゃい・・・ちゅぱれろ・・・」

ハルヒ「みくるちゃんの意外な才能よ、足を舐める姿がこんなに似合う子はそうはいないわ!」

古泉「成る程、さすがは涼宮さんですね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:42:52.82 ID:P9jmjFaO0

古泉「足を舐めるという行為に対してのこの恥らった表情・・・潤んだ瞳・・・
   メイド服も相まってか、なかなか様になっていますね」

ハルヒ「やっぱり、古泉君もそう思うわよね!」

古泉「ええ、素晴らしいですよ朝日奈さん」

みくる「うれしくないれひゅ・・・ちゅるちゅぱろん・・・」

ハルヒ「謙遜することないわ、みくるちゃん!ああ、早くキョンも来ないかしら!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:48:40.73 ID:P9jmjFaO0

古泉「その事なんですが、涼宮さん」

古泉「彼は担任の先生に呼び出されていて、遅くなるとの伝言を受けています」

ハルヒ「あらそうなの?
    まったくキョンの奴、教師に呼び出されるなんて団員の恥ね」

ハルヒ「まぁいいわ、折角だからキョンが来るまでみくるちゃんには舐め続けてもらいましょう!」

みくる「ひ〜ん・・・あんまりでふ・・・ぴちゃぴちゃちゅ・・・」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 00:55:39.83 ID:P9jmjFaO0

バンッ

鶴屋「やっほー!みくるはいるかい?」

ハルヒ「あら、鶴屋さん」

古泉「こんにちは」

長門「・・・・・ペラ」

みくる「ふぇぇ〜ん、ちゅるやひゃん・・・」

鶴屋「おんやぁ?みくるは取り込み中かいっ?」

ハルヒ「みくるちゃんには今足を舐めてもらってるわ!」

鶴屋「へぇ〜!みくるにぴったりの姿だね!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:04:27.71 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「そうなのよ、みくるちゃんのこの表情・・・見てるだけでもゾクゾクするわね」

鶴屋「うんうん!みくるは少しくらいブザマな方が似合ってるねぇ!」

みくる「!?ひどいれふ・・・ちゅるりら・・・・」

ハルヒ「ところで鶴屋さん、みくるちゃんに何か用かしら?」

鶴屋「みくるに頼みたい事があったんだけど・・・取り込み中なら仕方ない、また今度にするっさ!」

ハルヒ「そう?悪いわね」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:09:05.78 ID:P9jmjFaO0

鶴屋「それにしても、みくるぅ〜。こんな部室の真ん中で足舐めて恥ずかしくないのかい?」

みくる「うう・・・ぺろちゅぷ・・・」

鶴屋「皆に見てもらって嬉しいのかい?みくるは変態だなぁ、まるで雌ブタだね!あーっはっはっは!」

古泉「んっふ、鶴屋さんの罵り方も素晴らしいですね」

ハルヒ「いいわよ鶴屋さん、もっとみくるちゃんに汚い言葉を浴びせて頂戴!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:14:32.18 ID:P9jmjFaO0

みくる「ふぇぇ・・・もうゆるしてくらひゃい・・・れろりろれろ・・・」

鶴屋「許してだって?そんな事言いながら足を舐める舌は休まないんだね」

鶴屋「みくるはやっと自分にぴったりの場所を見つけたんじゃないかっ!」

鶴屋「こんな姿SOS団の底辺だね、お茶汲みなんかより数倍素晴らしいと思わないっかな?」

古泉「同感です」

ハルヒ「ごめんね、みくるちゃん。今までみくるちゃんの隠れた才能に気付いてあげられなくて!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:18:52.92 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「ほらほら、みくるちゃん!同じ方ばっかり舐めてもダメよ!」

鶴屋「そう!反対の足も均等に舐めなくっちゃね!」

古泉「左足はもう朝比奈さんの唾液でてっかてかですね」

長門「とてもユニーク」

みくる「(うう・・・誰か助けて・・・)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:25:11.69 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「ロリ顔巨乳メイドの足舐めなんて、見てるだけで体を持て余しちゃうわね古泉君!」

古泉「ふんもっふ!・・・ふぅ、まったくです」

鶴屋「古泉くんイカくさいにょろ!」

みくる「ひっぐ・・・死んだ方がマシでふ・・・ぺろろろん・・・」

長門「・・・彼の接近を感知」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:28:11.36 ID:P9jmjFaO0

みくる「!!」

みくる「ひぃ、嫌です!キョンくんにだけは見られたくないです!!」

鶴屋「何言ってるんだいみくる?一番見てほしい人なんじゃないのっかな!」

ハルヒ「そうよ、キョンだってきっと絶賛するわ!」

みくる「いやぁぁ!キョンくんこないでぇ!!!・・・ちゅるりん・・・ちゅぷぷ・・・」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:32:59.63 ID:P9jmjFaO0

ガチャ

キョン「悪いハルヒ、遅くなった・・・」


キョン「ってぇ!何だこりゃぁ!!」

ハルヒ「キョン、遅かったじゃない!」

鶴屋「キョン君、みくるの晴れ姿にょろ!」

古泉「素晴らしいとは思いませんか?」

長門「ワンダフル」

みくる「だめぇぇ!キョン君みないでぇぇ!!・・・ぴちゃりんぴちゃりん・・・」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:35:32.47 ID:P9jmjFaO0

キョン「何で朝比奈さんが、自分の足を舐めてるんだ!!?」


ハルヒ「・・・・・」
鶴屋「・・・・・」
古泉「・・・・・」
長門「・・・・・」

みくる「・・・・ぺろ・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:39:08.23 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「え、何?どういうこと?」

キョン「だから、何故朝比奈さんがメイド服着て床に座って
    自分の足をぺろぺろ舐めてるんだと聞いてるんだ!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:42:30.26 ID:P9jmjFaO0

鶴屋「キョン君、言ってる事が良く分からないにょろ」

古泉「困ったものです」

長門「情報の伝達に齟齬が発生、理解できない」

ハルヒ「そうよ!キョンどういうことよ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:46:42.70 ID:P9jmjFaO0

キョン「どうもこうもあるか!
    せめてこういうシチュエーションはハルヒの足を舐めさせるとかだろ普通!」

ハルヒ「・・・・・ああ、そっち?」

鶴屋「何だ、キョン君はそっち系だったのかい?」

古泉「困ったものです」

長門「常軌を逸している」

みくる「・・・ちゅぱ・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:50:23.73 ID:P9jmjFaO0

キョン「自分の足を舐める方がおかしいだろ!」

鶴屋「キョン君にはがっかりだにょろ」

古泉「困ったものです」

長門「きしょい」

ハルヒ「まったく、興ざめね」

ハルヒ「もういいわよ、みくるちゃん」

みくる「ひゃ、ひゃい!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:53:31.74 ID:P9jmjFaO0

ハルヒ「今日はもう解散!各自IDの数だけ腹筋!団長命令よ!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:56:28.63 ID:P9jmjFaO0

ごめん、最初はみくるあっちこっちぺろぺろ罵倒の嵐で行こうと思ったけど眠すぎて無理だった。

こんな時間に始めるんじゃなかったと反省している。

因みに俺は9回腹筋した。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:03:40.22 ID:P9jmjFaO0

いいとこから誰か続き書いてくれ・・・

俺はもうちょっと良いコンディションの日に出直すわ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:碇シンジが調子に乗った模様。「二十一世紀のスキッツォイドマン」