キョン「なぁ古泉…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門が…ちっちゃくなった!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:19:04.50 ID:KISmQAxsO

古泉「なんですか?」

キョン「お前ってやっぱりモテるのか?」

古泉「どうしたんですか?いきなり…」

キョン「いやな…彼女でもいるのかと思ってな」

古泉「残念ながら…いませんね。そんなの」

キョン「そうか!」

古泉「その反応は喜んでいるものと思っていいですか…?」

キョン「すまんすまん。なに、お前に好意を持ってる奴がいてな…」

古泉「なんですと!!!!????」ガタッ!!

キョン「驚いたぁ!!!」ビクッ!!



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:25:34.99 ID:KISmQAxsO

古泉「それでどのような方なんですか!?」

キョン「中学の知り合い?でな…たまたま俺といるところを見つけて一目惚れらしいんだ」

古泉「なんですかその「?」は?」

キョン「いやな…知り合いというか話したコトもなくてな。友達を伝ってメールが来たんだ…」

古泉「そうなんですか。まぁそんなことはどうでもいいですから!性格や…容姿などは!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:28:23.44 ID:KISmQAxsO

キョン「そうだな…しっかり見たわけじゃないからな………顔はお楽しみで……」

古泉「お楽しみ!!??」

キョン「ちょっとポッチャリ……かな?」
古泉「ほうほう……」

キョン「性格は…いいんじゃないか??俺は知らん」

古泉「全く情報が無いに等しいですね…」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:32:31.42 ID:KISmQAxsO

キョン「それにしても嫌に元気だな」

古泉「当たり前ですよ!!!!」ガタッ

キョン「驚いたぁ!!」ビクッ

古泉「僕なんかに好意を持ってくれてるんです…嬉しいですよ!!」

キョン「そうか…まぁ意外だな。古泉も一応女の子に興味があるとは…もっと固っ苦しいと思ってたな」

古泉「いえいえ!僕も健全な男子!一応は!!……ただ……」

キョン「ただ?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:35:39.56 ID:KISmQAxsO

古泉「僕って知らず知らずに構うなオーラがでてるみたいで…だから………」

キョン「そうかそうかよしよし…」

古泉「それでその方のお名前は!?」

キョン「え…?名前?名前ね……」

古泉「はい!!」

キョン「なんだ…その…黒部……」

古泉「黒部?」

キョン「黒部…打六美………」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:38:52.85 ID:KISmQAxsO

古泉「ん?」

キョン「だから……黒部……ダ…ム美」

古泉「ん〜?何かな?聞き間違いかな?もう一度お願いします」

キョン「いや…だから…くろべ……だむみ……」

古泉「ん?何かな?耳でも遠くなったかな?ワンモア」

キョン「だから黒部ダム美だって!!!!」

古泉「なんですかそれはぁ!!!!!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:43:26.00 ID:KISmQAxsO

古泉「なんだ?そいつはダムか?ダムなのか?ん?それともダム出身者か!?」
古泉「ダム出身者ってなんだよ!!!!」

キョン「古泉…大丈夫か?なんだダム出身者って?俺が知りたいぞ?」

古泉「黒部ダム美ってあんた…黒部ダム美って…」

キョン「いや〜いい名前だ!心が広いのがにじみ出る名前だ」

古泉「いやいやいや。黒部ダム美って…」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:48:29.27 ID:KISmQAxsO

キョン「良いじゃないか!中身はいいかもしれないだろ!」

古泉「顔は秘密で、ちょっとポッチャリ…デブなんですよね?本当はポッチャリなんかじゃなくてデブなんですよね〜?」

キョン「コラ!ダム美さんに失礼だろ!」

古泉「初めての彼女がダムなんて嫌ですよ…ダム美さ〜んなんて、あなたなら街中で呼べますか?」

キョン「嫌…呼べないけど……」

古泉「ですよねー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:55:01.79 ID:KISmQAxsO

キョン「でも可愛かったらいいだろ?」

古泉「なぜそこまでダム美さんをプッシュするんですか!?ダム美ですよ!」

キョン「ダム美ですよ!ってあんた…」

古泉「しかも僕はポッチャリ好きでもありませんし!」
古泉「顔は秘密って時点で怪しいんですよ!あなたは!」

キョン「良いじゃないか良いじゃないか」
キョン「一度会ってみよう。な?一度会ってみようか?」

古泉「えーいいですよー僕には不釣り合いです」

キョン「そんなことないって!一度なら良いだろ!嫌だったらそれから会わなければいいんだし」

古泉「そうですかねー」

キョン「そいそう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 18:58:24.65 ID:KISmQAxsO

キョン「な?いいだろ?俺も行くし」

古泉「うーんじゃあ一度だけなら…」

キョン「よし決まり!決まりね!」

古泉「はい」

キョン「じゃあ日曜でいいな?」

古泉「んー…はい」

キョン「ありがとうな古泉!」

古泉「あー…はい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:03:04.41 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「みんな来てるー?」

古泉「あっ涼宮さん」

キョン「長門は何時も通りあそこで本を読んでるし…あと来てないのは朝比奈さんだけだぞ」

みくる「ここにいまーす。途中で涼宮さんに会ったんで一緒に来ました」

キョン「そうなんですか」



ハルヒ・みくる・長門(今の話全て聞いてしまった!!!!!!)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:08:40.79 ID:KISmQAxsO

ハルヒ(ちょっとユキ!!今のキョンと古泉君の話聞いてた!?)

長門(全て余すとこなく聞いていた)

ハルヒ(私とみくるちゃんで考えたんだけど…日曜日私たちも行かない?)

長門(それは一緒に参加するという意味?)

ハルヒ(違うわよ。後をつけるの!)

みくる(涼宮さん…でもいいですかね…?)

ハルヒ(いいのよ!楽しそうじゃない!)

長門(私は一向に構わない)

ハルヒ(決まりね!)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:11:49.81 ID:KISmQAxsO

そして日曜日(絶好のダム日和)

古泉「待ち合わせはここなんですが…」

キョン「よっ古泉!」ポン

古泉「遅いですよ…貴方がいないと……タイマンは勘弁ですから」

キョン「悪い悪い」
キョン「それより相手はまだなのか…」

古泉「そのようです」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:16:25.76 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「団員を影から監視するのも面白いわね!」

みくる「でも相手の方はまだなんですね」

長門「まだ待ち合わせ時間5分前。私達が早すぎる」

ハルヒ「そうね…張り切って来たものね」

みくる「あっ古泉君達に手を振ってる人がいますよ!あの人じゃないですか!?」

ハルヒ「本当!?どれどれ?」

長門「あれ」

ハルヒ「あ〜あれね!………!!??」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:17:08.68 ID:KISmQAxsO

気持ち悪くてごめんなさい……

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:23:11.52 ID:KISmQAxsO

キョン「お!あれじゃないか!?あの手を振ってる!」

古泉「どれどれ………!?」

キョン「ほほ〜俺の記憶と体型が三倍ほどに……」

ドス ドス ドス

古泉(魔物や魔物がきおった………!)

黒部ダム美「ごんにちは〜ダム美で〜ず!」

キョン「こ…こんにちは。まぁ知ってると思から俺は自己紹介いいか…ほら古泉!」

古泉「こっこここここんにちゅっこんにちわ!!!古泉です!!」

ダム美「あはっ!がわいい〜緊張じてるの〜ごいずみぐん〜」

古泉「違う意味で緊張が止まらない……!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:32:04.99 ID:KISmQAxsO

キョン(ははっ…可愛い子じゃないか…古泉……)

古泉(それはどんな意味でですか!?欧米!?欧米の方の感じ!?)

キョン(すまん古泉…俺もここまでとは…)

古泉(本当ですよ!土下座して下さい!!)

キョン(土下座てアンタ…)

古泉(モンスター!イッツ・ア・モンスターワールド!)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:35:05.22 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「なっなによあれ!!人間!?」

みくる「失礼ですよ!涼宮さん!」

長門「あの生き物を適正と判断」

みくる「長門さん!!」

ハルヒ「あれじゃ古泉君が可哀相だわ…」ハルヒ「ああ古泉君恐怖のあまり噛んじゃってる」

みくる「ふぇ〜」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:41:15.38 ID:KISmQAxsO

古泉「ダム美さん今日はどのような要件で…」

ブス美「え〜ど〜ダム美〜古泉君が好きな感じで〜ひどめぼれーキャーイッチャッタ!!」

古泉(ノリが古い…ノリが古いですよ………あっ…でも古泉の古と被るな…ってことはお似合いな2人…いやいや…でも……・・・)

キョン「おい大丈夫か古泉、古泉?」

古泉「はっ!!あ!あぁダム美さん、ありがとうございます。嬉しいですよ」ニコッ

ダム美(なにこの笑顔!)キュン

キョン(えっ?なにこの子?狙い定めだの?狙うの?え?)


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:47:33.72 ID:KISmQAxsO

古泉(あぁ何時もの作り笑いでやってしまった…!)

ダム美「じゃあどごいぐ〜?」

キョン「そうだな…取りあえず喫茶店でお茶しながら決めますか…?」

古泉「そうですね…」

ダム美「なんか外あづいし〜賛成〜」

古泉(いやいやいや!涼しいくらい!外涼しいくらいだよ!なんだ!貴方の活動期は冬か!?)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:51:12.19 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「あっ!移動したわよ!」

長門「追う」

みくる(道の半分を彼女が…!!)

ハルヒ「あっ!喫茶店に入ったわ!」

長門「向いの店に」

みくる「あっはいっ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:54:27.24 ID:KISmQAxsO

カランカラーン

キョン「はぁ〜涼しいな〜やっぱり」

古泉「そうですね」

デブ美「あっ」ガチャ

キョ泉「あっ…」

デブ「引っかかった」

古泉「え?そんなことあるんですか?そんな事って現実にあるんですか??」

キョン「落ち着け。古泉落ち着け。な?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 19:58:20.72 ID:KISmQAxsO

カランカラーン
ハルヒ「ねぇ………あれ…」

長る「え…?」

ハルヒ「あ…あれ…」

みくる「引っかかって…ますね」

長門「有り得ない。有り得ない事態」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:03:06.26 ID:KISmQAxsO

古泉「引っ張りますか?押しますか?」

キョン「普通なら引っ張るが…押さないと入って出るときも同じことになるぞ…」

古泉「ですよね」

デブ「引っ張って〜引っ張って〜」

古泉「でもあんなこと言ってますよ…」

キョン「知るか!今は恥ずかしさで胸が一杯だ!!」

キョ泉「そぉい!!!!!!!!!」

ブス(まさかの全力で押されたー…)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:06:17.86 ID:KISmQAxsO

ゴロゴロドグワッシャーン!!!
ブス「ぐぶぅぉ!!!!!!!」

ハルヒ「転がってきた!キョンと古泉君の全力突っ張りでこっちまで吹っ飛んできた!!!」

みくる「ふぇー」

長門「みんな見つかる。隠れて」

ハルヒ「あっそうね!!!みくるちゃん!顔伏せて!」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:14:25.94 ID:KISmQAxsO

古泉「なんとか…でましたね…」

キョン「そうだな…」

デス「いっだぁ〜い!なにずるのよ〜!!」

古泉「すっすみません!!大丈夫ですか!?」

キョン「すまんすまん!」

ブブ「まぁ助けてもらっだじ…いいわ!」

キョ泉「できれば今ので怒って帰って欲しかった……!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:19:12.58 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「あっ…起こしてもらってる…」
ハルヒ「キョンの手…握ってる…」

長門「まずい」

みくる「ハルヒさん大丈夫ですか?」

ハルヒ「…え?あぁ大丈夫よ!キョンも可哀相なもんだわ!笑っちゃう!!」

みくる「そっそうですか?」

ハルヒ「そうよ!あっ移動してく!」

みくる「喫茶店は諦めたんですね…」

長門「笑」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:27:23.36 ID:KISmQAxsO

古泉「それでは…どうしましょうか……っ」
prrrrrrr

古泉「もしもし…森さん?…はい…え?…ああ…はい…わかりました……はい…では…」

キョン「森さんからか?」

古泉「はい…小規模な閉鎖空間が出たらしくて…」

キョン「大丈夫なのか?」

古泉「まぁ小さなものとゆうのもあって休日なので報告だけで…」

キョン「そうか…ハルヒのやつなんかあったのか…?」

古泉「案外近くにいるかも知れませんね」

キョ泉「ははははははははは」

ブス美「ぢょっどぉ!」

キョ泉「ヒィぃ!!!!!!!」ビク-ン



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:34:01.37 ID:KISmQAxsO

魔物「ふだりぎりで話ざないでよ!」

古泉「すっすみません…」

キョン「それで…どうしますか…?」

古泉「どうしましょう?」

怪物「わだじ買いだいものがあるのよ!」

キョン「はぁ…なんですか…?」

魔王「いいがら!どっがお店いご!」

古泉「はい……」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:36:24.12 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「どこ行くのかしらね…」

みくる(さっき古泉くんに来た電話…バイトいいのかな…)

長門「あ、店に入る」

ハルヒ「追うわよ!」

みくる「はっはい!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:41:14.04 ID:KISmQAxsO

古泉「で…なにをお買いになるんですか…?」

ベヒモス「ふぐよ!ふっぐ!」

古泉「河豚…?」

キョン(えっ魚屋行くの??)

サタン「あっ!ごのふぐ屋でいいわ!」

キョ泉(え?河豚専門店なんてあるんだ…)

『古着屋』



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:44:08.96 ID:KISmQAxsO

キョン(なんだ服屋か…)

古泉(勘違いしてしまいました)

肉塊「私に合うサイズあるかじら〜」

キョン(ここのドアでかくて良かった〜)
古泉「取りあえず…適当に見ましょうか…」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:46:42.55 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「また向の店に入るわよ!」

長門「わかった」

みくる「えっでもここわ…」

ウィーン
カランカラーン

『ホストクラブJAPAN』



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:52:31.44 ID:KISmQAxsO

コレステロール「あっごの服いいわね!」

キョン「えっ…サイズが………」

霜降り「ぎるわ!!」

古泉「え………」

シャー



ビリっ!!!!!!!!

キョ泉「ビリっ!!!!!!!!!!????????」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 20:58:24.69 ID:KISmQAxsO

キョ泉「結局三着も破りやがった…!」

悪玉菌「もうーちょっどサイズがあわながったわ!!」

キョン(ちょっと!?聞き間違えか!?ちょっと!?)

古泉(破った服も全て僕達に買わされた…)


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:01:39.76 ID:KISmQAxsO



ハルヒ「ぷはぁ!!!!」

みくる「」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:03:40.90 ID:KISmQAxsO

誤爆

ガチャ!!!
カランカラーン
バタン!!!

ハルヒ「ぷはぁ!!!!」

みくる「危なかった〜怖かったですね」

長門「初体験」

ハルヒ「あっ!三人が!!!」

みくる「早く追いましょう!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:09:41.17 ID:KISmQAxsO

古泉(そもそも来たのが間違いだった…!)

キョン(挟まるは破るは……)

キョ泉(もう我慢できない!!)

古泉「あの……っ」
キョン「おい古泉……っ」

古泉「先言って下さい…!」

キョン「いやお前から…!」

古泉「じゃあ同時に…」

キョン「わかった」

キョ泉「逃げよう(ましょう)!!!」

キョ泉「え……?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:12:10.03 ID:KISmQAxsO

古泉「やっぱり同じ考えでしたか…」

キョン「まあな…」

古泉「そもそも貴方が誘わなければ…」

キョン「すまん!すまんって!」

古泉「もし無事逃げ切れたら、たっぷりお返しはしてもらいますよ…」

キョン「わかったよ」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:20:15.44 ID:KISmQAxsO

古泉「まずは土下座から入って…土下寝…」

キョン「わかった!わかったから古泉!今はどう逃げるか考えよう!!」

古泉「そうですね…彼女は決して細身の体型とは言えない……」

キョン「そうだな」

古泉「だからまず我々の脚力にはかなわないハズです…」

キョン「まぁそうだな…」

古泉「だからここはダッシュです」

キョン「まぁそれしかないか……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:23:19.19 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「なんかあの2人後ろで話してるわね」

みくる「なんでしょう…」

長門「彼らは脱出を試みている」

ハルヒ「逃げるの…?」

長門「そう」

ハルヒ「まぁ当たり前っちゃ当たり前か…」

みくる「ふぇ〜」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:24:06.16 ID:KISmQAxsO

ごめん
長門「脱出を試みるつもり」で

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:26:51.74 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「あっ…クラウチングスタート………」

みくる「スタートダッシュは2人とも早い!!」

長門「あれなら問題ない」

ハルヒ「あっ!!!捕まった!!」

長門「なぜ理解不能」

みくる「これは大変です…」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:32:49.03 ID:KISmQAxsO

古泉「いきますよ……」

キョン「おう……」

スッ………

キョ泉「ふっ!!!!!!」

ダッ!!!!!!!

キョ泉(よし!!!!)

ガシィィッッッ!!!!!!!

キョ泉(なぁぁぁにぃぃぃぃ!!!!!)

古泉「なんという反射神経っ…!」

キョン「見えなかったっっ!!!」

古泉「そうか…!!巨漢を生かしたリーチの差か……」

キョン「こっからが本当の地獄だ…!!」ガクガク

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:42:49.05 ID:KISmQAxsO

でかぶつ「ちょっど!!どごいぐ気!!??」

キョン「いゃ〜ちょっとトイレに…」

古泉「僕はバイトが……」

巨人「ぞう…ドイレにバイドね……行がずと思う?」

キョン「いえ…」

古泉「すっ…すいません……」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:46:06.00 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「あ!あいつ2人を持ち上げたわ!!」

長門「1人少なく見積もっても60キロ前後…人間ではない」

みくる「大変です〜どうしましょう!」

ハルヒ(キョンに馴れ馴れしく…)
ハルヒ「もう我慢できない!」

長門「同感」

みくる「そっそうですね…!」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 21:52:13.51 ID:KISmQAxsO

キョン「ぐっ…くるちぃーーーっ!!!」
古泉「堪忍え…堪忍え……」

マツコ「グハハハッッグハハハハハハハ!!!!!」


「ちょっとあんた!!!いい加減にしなさいよ!!!」


デラックス「?…なによあんだ!?」

ハルヒ「私は涼宮ハルヒ!!でこっちがみくるちゃんとユキよ!!!」

みくる「はっ!はい!朝比奈です!」

長門「…」

キョン「ハルヒ!!なんでこんな所に…!」

古泉「涼宮……さん……?」ガクッ

キョン「古泉ぃ!!古泉ぃーーーっっ!!!!!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:00:27.83 ID:KISmQAxsO

みくる「あっ古泉君!!!!」

トロール「ぞの涼宮さんがわだしになんの用!!??」

ハルヒ「その二人を離しなさい!!!」

みくる「そっそうです!!」

長門「引き渡してもらう」

鬼「返しでほじがったら奪い返じでみな!」

ハルヒ「そのつもりよ!!行くわよみんな!」

みくる「は!はい!」

長門「先手必勝」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:06:28.14 ID:KISmQAxsO

キョン「ハルヒ……ありがとな……」

ザワザワ

アノヒトタチナニヤッテルノ-

オクノオオキイヒト オトコノコフタリモ モチアゲテルヨ-

コエーアクマカ

イヤデビルダヨ

アクマモデビルモオナジダロ

アア?ヤンノカ?

ヤンノカ??

ザワザワザワザワザワザワザワザワ

キョン「恥ずかしい……」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:09:53.97 ID:KISmQAxsO

長門「先手必勝」シュ!!!

バコッ!!

長門「ボディに入った」

みくる「やっぱり殴りあいなんですか…」
ハルヒ「違うわ!取り合いよ!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:14:48.69 ID:KISmQAxsO

ムニュン

長門「?」

悪魔「ブハハハハッッ!!きかないわ!!」

長門「肉にダメージを吸収される…」

キョン「お前は魔神ブゥかよ!!!」

ハルヒ「物理的攻撃はダメね…」

みくる「倒すことより二人を助け出して逃げた方が…」

ハルヒ「そうね…作戦変更よ!!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:20:55.08 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「これでもくらいなさい!!」

ジャリ!!!

デビル「ぐっ!砂が!!目に!!!」

ハルヒ「ユキ!!!今よ!!!」

長門「了解」

キョン「長門!!引っ張ってくれ!」

長門「わかった」

びりっ!!!

キョン「うわぁ!!服が!!握力強!!」
キョン「でも助かった…!ありがとな長門!!」

長門「構わない…後は1人」

キョン「古泉……!!!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:25:12.14 ID:KISmQAxsO

曙「ぐぞーー!!!だが古泉ぐんがいればいい!!彼さえいればいいのよ!!!」レロォ

キョン「古泉っ!!!」

ハルヒ「はやくなんとかしないと!!」

長門「彼の時は一筋縄ではいかない…」

キョン「どうすればいいんだ…!!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:31:42.84 ID:KISmQAxsO

みくる「私が……私が囮になります!!」

ハルヒ「みくるちゃん!!!」

長門「確かに美しい女性はあの生き物の宿敵…」

キョン「妬みと嫉妬で真っ先に襲ってくるって訳か……だが朝比奈さんにそんな危険な事を……」

みくる「いいんです…!任して下さい!!」

ハルヒ「みくるちゃん…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:39:34.31 ID:KISmQAxsO

みくる「巨人さん!!」
みくる「そのでっかい体で私を捕まえられますか!?」

朝青龍「あー????」

みくる「行きますよ!!」

琴欧洲「でめーも胸の肉が邪魔じゃねぇがぁ!!!!」

ハルヒ「みくるちゃんが稼いでるこの時間…無駄に出来ない!」

キョン「よし!俺は右から!長門は左!で隙を作るから、後ろから回って古泉を引き抜いてくれ!」

ハルヒ「わかったわ!」

長門「わかった」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:46:06.25 ID:KISmQAxsO

キョン「まってろ古泉!!」

魔神「ゴイツの相手をしでる隙に古泉君を奪うづもりだろうが!!ぞうばざぜん!!!」シュ!

ボコッ!

キョン「ぐふっ!!!!」

長門「まだ」

大魔神「反対だって無駄無駄ぁ!!!」ヒョイヒョイ

長門「今!」

ハルヒ「古泉君!!!」

超魔神「まだいるが!!!だが無駄だ!!」ヒョイ

ハルヒ「くっ!後ちょっとで掴めたのに!!!」スカッ

キョン「まだだぁーーっっ!!!!!!!」

ガシィィッッッッ!!!!!


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:52:46.75 ID:KISmQAxsO

神魔王「なぁにぃいぃぃぃいいっっっっっ!!!!!!!!」

キョン「離さん!!離さんぜよ!!!」

ハルヒ「キョン!!ナイスよ!!!」ガシッ!!

超神魔王「ぐぞぉ!!離れろ!!!」スッ

長門「させない」パシィ!!!

キョン「長門!すまん!!!」

ハルヒ「ユキ!コイツの攻撃を全て防いで…!!」

古泉「たす……けちぇ………」

キョン「古泉!!!意識が!!!!」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 22:58:23.41 ID:KISmQAxsO

キョン「ハルヒ!!引っ張るぞ!!!」

ハルヒ「うん!!」

殿様蛙「くぞ!!!」ガシッ

古泉「首を………っぷ!……」

キョン「コイツ!さっきみたいに服が破れるのを恐れて首に持ち替えた!!」

ギュー!!

古泉「息が……息ガ………」

キョン「古泉!あとすこしだ!頑張れ!!」

ハルヒ「オーエス!!オーエス!!」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:10:54.27 ID:KISmQAxsO

ガイア「手が!!!汗で!!!」

ハルヒ「もうちょっとよ!!!」

オリバ「ちくじょう!!!ちぐじょう!!!」

キョン「うおぉぉおぉおおお!!!!!」」

ピクル「完全体に!!!完全体にさえなりさえすれば!!!」

長門「抜ける」

オーガ「ぢぐじょぉぉおおおおおおおおおっっっっっ!!!!!!!!!!!!!」





ぬぽん

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:16:26.34 ID:KISmQAxsO

古泉「ぬけたー」

ぬぽるん!

キョン「やったぞ!!!!!!」

ハルヒ「さぁ逃げるわよ!!!!!ユキ!!!みくるちゃん!!!」

みくる「はっはい!!!!!」

長門「私が彼女の攻撃を止めている。その隙に逃げて。」

キョン「長門!!!」

長門「必ず追いつく」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:20:33.62 ID:KISmQAxsO

30分後………

キョン「はぁ……はぁ……」

ハルヒ「ここまで来たら…はぁ…大丈夫でしょ」

みくる「疲れました……長門さん…大丈夫…ですかね?」

古泉「ナニ…彼女ナラ……ハァハァ…大丈夫デシ…ゴフゥ!!!喉がぁ!!!」

キョン「大丈夫か古泉ぃ!!!!!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:23:56.24 ID:KISmQAxsO

キョン「無理するな古泉…!」

古泉「スイマセン……なんとか日々の……鍛錬で腹筋を鍛えておいたお陰で……助かりまゴブファ!!!喉がぁ!!」

キョン「古泉ィィ!!!」

ハルヒ「古泉君!無理しないで!」

みくる「そうです!喋らないで!!!」

古泉「みなざん…ありがとう…ございまずぅ……」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:31:35.11 ID:KISmQAxsO

みくる「あっ!!!長門さん!!」

キョン「本当ですか!?」

ハルヒ「ユキー!こっちよー!!!」

キョン「なんか言ってるな…あいつ…遠くて聞こえん…」

ドスン ドスン ドスン ドスン ドスン ドスン

キョン「おいおいおいまさか…!」

古泉「悪魔がまた帰って………ゴフッ」

長門「作戦失敗」

キョン「逃げろおぉぉぉぉぉぉっっっっっ!!!!!!!!!!!」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:39:16.96 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「ここは二手に別れましょう!!」

キョン「それがいいかもしれん!」

みくる「ふぇー」

キョン「どうするか…長門!古泉を頼めるか!!」

長門「」コク

ハルヒ「でもアイツは古泉君を追ってるのよ!!ユキひとりで…!!」

長門「逃げるだけ…任せて」シュ!

古泉「長門さん早………ゴフッ」

キョン「アイツらなら大丈夫な筈だ!」
キョン「一先ず俺達はどこか安全な場所に…」

ハルヒ「考えてる暇はないわ!!走りながら考えるわよ!!」

みくる「ふぇー」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:42:46.39 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「取りあえずあの店の中に!!あそこなら死角よ!!!」

キョン「わかった!!!」

みくる「え……ここ……」

ガチャ
カランカラーン
イラッシャイマセー

『ホストクラブJAPAN』

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:45:24.28 ID:KISmQAxsO

ハルヒ「あぁ!また来てしまった!!」

キョン「なんで昼間からホストやってんだここ…?」

みくる「涼宮さーん。早く出ましょうよー」

イケメン「ちょっとー君たちー?」

ツケメン「冷やかしなら帰ってー?」

ラーメン「ここは子供の来るところじゃないんだよー?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:49:54.37 ID:KISmQAxsO

キョン「すみません…いや今追われてて…かくまって欲しいんです!」

オーナー「訳ありってワケか…OK!相手はどんなやつなんだい?」

ハョる「ありがとうございまず!」

キョン「どんなやつかは……」

ハルヒ「取りあえず太って大きくて……」

みくる「顔が怖いです…」

イケメン「もしかしてアイツ?あのうちの外走ってる…」

ハョる「ひぃっっ!!!!」ビクン!

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/07(火) 23:55:19.98 ID:KISmQAxsO

長門「あの生き物は今近くにいない」

古泉「涼宮さんたちの方に行ったようですね…ゴフッ」

長門「貴方はもうすぐ機関の迎えが来る…早く病院にいくべき」

古泉「すみません…でも長門さんは…?」
長門「助けに行く」

古泉「長門さん…」

キキーッ

森「古泉君!?酷い怪我!早く乗って!」

古泉「森さん!」

長門「安静に」

古泉「長門さんすみません…皆さんの方にもすぐ手を回しておきゃゴファッソ!!」

長門「行ってくる」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:00:53.79 ID:WrDUcbs/O

オーナー「あれ人間か…?」

ラーメン「コエー鬼か?現代に住む鬼か?」

ツケメン「それよりも彼女達を安全な所へ送ろう」

イケメン「あぁ…あいつの目は尋常じゃない…人殺しの目だ…」

ハルヒ「なにからなにまですみません…」

みくる「皆さんありがとうございまず」

ラーメン「良いってコトよ!お嬢さん達みたいな」

ツケメン「世の中の可愛い女の子を救うのが」

イケメン「ホストの仕事だからな!!」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:05:43.68 ID:WrDUcbs/O

長門「」シュタ

長門「あれ…?みんなは…?もしかして逃げれた…??」

ゴジラ「みづげだど小娘ぇ!!」

長門「完全に読み間違えた」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:09:02.95 ID:WrDUcbs/O

キョン「おいあれ!!長門だ!!」

ハルヒ「本当だわ!!大変!!」

みくる「きっと私達をたすけに…!」

キョン「ヤバいぞ助けに行かないと!!」

イケメン兄弟「なら俺達も加勢するぜ!」

ウォリャ-
バキ
ゴフウッ

キョン「ホストの人ぉぉっっっっっ!!!!!!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:15:17.65 ID:WrDUcbs/O

キョン「ちくしょう!!!なんてことを!!!」

モスラ「ぞごに隠れでいだが!!ざぁ古泉君を出ぜ!!!」

長門「彼はもういない」

ギャオス「いない…?」

長門「貴方が殺した」

ゴメス「ぞんな!!ぞんな!!ぞんなの嘘よ!!」

長門「嘘じゃない…あなたが首を絞めさっき病院で亡くなった」

ハルヒ「そんな古泉君が…」

みくる「うそ………!」

キョン(ナイスハッタリ!長門!)ビッ!

長門「」ビッ!



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:21:58.72 ID:WrDUcbs/O

長門「もうすぐ警察も来る…大人しく捕まるべき」



ウーウーウーウー

ガチャ

警官「貴方が黒部打六美さんですね…?」
ダム美「はい…」グス

警官「一緒に…きてもらいますよ」

ダム美「はい………」グジュ

みくる(あれは古泉の機関の…)
みくる(あ…そういうことか…!)

ハルヒ「古泉君…グス」

みくる「涼宮さん大丈夫ですよ」

ハルヒ「え…?」

キョン「あれだけ熾烈な戦闘を繰り広げたこの事件も…最後は長門の知恵が勝ったわけか…」





188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:30:06.86 ID:WrDUcbs/O

数日後…病室

キョン「古泉、喉の方はどうだ?」

古泉「まだ痛みはありますが…大体大丈夫です」
古泉「それより土下寝はもういいですから頭をあげてください」

キョン「今回のコトは本当にすまなかった…」

古泉「いいですよ。みんな無事ですし」

キョン「ありがとな…佐々木にも友達は選ぶよう言っとかなくちゃな」」

古泉「全くです」

キョン「それより七夕にSOS団で持ってきた笹…お前願い書いたか?」

古泉「はい」

キョン「どれ見せて見ろ」

ピラ

『普通の女性と付き合いたい』


終わり

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/08(水) 00:33:47.75 ID:WrDUcbs/O

七夕中に終わらせるつもりだったのに…

最後眠くてかなり適当になりました
読みづらいし文章力ないし
生きててすみません

でもみんなのレスが力になったぞ!!ありがとな!!そんじゃあな!!バイバイ!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ここが忍術学園か……」