おかずのり眉毛番外編・朝倉涼子のお手軽キッチン


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン妹「3、2、1・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:17:52.84 ID:88Re50aZ0

朝倉に誘われるまま、のこのこと部屋までついていったキョン

果たして朝倉が作る料理とは!?

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:19:00.22 ID:88Re50aZ0

朝倉「ちょっとテレビでも見て待っててくれる?すぐに作るから」

キョン「ああ」キョロキョロ

朝倉「あんまりあちこち触らないでよー」

キョン「ああ」

キョン「・・・・・・」

キョン「“女の子”の部屋・・・」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:23:06.32 ID:88Re50aZ0


ガラガラピシャッ

朝倉「それでは早速参りましょう、『朝倉涼子のお手軽キッチン』!!!」

朝倉「このコーナーでは、それほどお手軽というわけではないけれど、料理と呼ぶのはおこがましい」

朝倉「そんな一品の作り方を紹介しちゃいま〜すっ!」

朝倉「さて、それでは一品目」

朝倉「スパゲッティ・中華風の作り方です」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:27:31.91 ID:88Re50aZ0


朝倉「材料は、スパゲッティ・ねぎの白いところ・卵・ごま・サラダ油・ごま油・塩、お好みで中華味の素があるといいですね」

朝倉「まずスパゲッティを茹でます。茹で方は、袋の裏を見てね♪」

朝倉「その間に錦糸卵を作ります。よく温めたフライパンにサラダ油をひいて、よくといた卵を流し込みます」

朝倉「卵のとき方で焼きあがりが変わるので、しっかりと混ぜておいてくださいね」

朝倉「カチカチに焼きあがったら、細く切ります。限界まで細く切りましょう」

朝倉「空いたフライパンにごま油を入れて、中火でじっくりねぎの白いところに熱を通します」

朝倉「ねぎは2cmくらいに切っておいてね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:30:56.52 ID:88Re50aZ0


朝倉「さあ!スパゲッティが茹で上がりました!」

朝倉「ざるにあけて、フライパンに投入しましょう」

朝倉「茹で汁があったほうが油と麺がなじみやすいから、神経質に水を切らなくてもOKよ♪」

朝倉「そうしたら、塩と中華味の素で味を付けます」

朝倉「一気に強火にして、ねぎの香りを出したごま油を、スパゲッティにからめましょう」

朝倉「よく混ざったら火を止めて、作っておいた錦糸卵を麺にからめます」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:32:57.54 ID:88Re50aZ0


朝倉「お皿に綺麗に盛り付けたら、上からごまを適量振りかけて完成♪」

朝倉「茹で時間8分の麺で、調理時間はおよそ12分」

朝倉「きざみのりかもみのりをトッピングしてもいいわね」

朝倉「・・・のり」

朝倉「・・・・・・おかずのり眉・・・毛・・・」

朝倉「さ、さあ!気を取り直して最後の仕上げよ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:34:24.63 ID:88Re50aZ0


朝倉「出来た料理を食べる人を思い浮かべて・・・」

チュッ

朝倉「込めた真心あなたに届け!愛情たっぷり特製中華スパ、完成!!!」クルクルクル

キョン「おーい朝倉、水を一杯・・・」ガラッ

キョン「あ」

朝倉「ひあ!?」

キョン「・・・何も・・・見てないから・・・・・・」カラカラカラ

朝倉「〜〜〜〜〜〜///!!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:38:12.38 ID:88Re50aZ0


朝倉「はいどうぞ・・・///」

キョン「ああ、ありがとう・・・(気まずい)」

キョン「いただきます」クルクル パクッ

キョン「!」

朝倉「味はどう?」

キョン「うまい!」

朝倉「よかった♪」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:42:24.51 ID:88Re50aZ0


キョン「錦糸卵が口当たりを柔らかくしてるな」

朝倉「わかる?」

キョン「ああ。あと、ねぎの香りが香ばしくていい感じだ」

朝倉「ふふ、食べてくれる人がいるっていいわね」

朝倉「そうだ、時間・・・え、嘘!もうこんな時間!?」

キョン「もうって・・・まだ八時くらいだけど」

朝倉「ああ!ダメだわ!間に合わない!!!」シュワシュワシュワ

キョン「朝倉ーっ!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:45:58.33 ID:88Re50aZ0


りょうこ「省エネモードに移行・・・見られちゃった・・・」

キョン「朝倉が・・・縮んだ!?」

りょうこ「人に見られることが無い時間帯には、無駄なエネルギー消費を抑えるためにこの姿になってるんです」

りょうこ「朝倉涼子Type−B、あちゃくらりょうこです」

キョン(おおお・・・ひざに乗せて頭を撫でくり回してえ!!!)

りょうこ「この姿を見られたからには仕方ありません。ちょっと記憶を消させてもらいます!」

キョン「・・・・・・へ?」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:49:22.01 ID:88Re50aZ0


りょうこ「キョンくんは硬いものはお好きですか?」

キョン「その土鍋が俺の後頭部にストライクすることを前提とした問いなら、答えはNOだ」

りょうこ「ふふふ、イエスもノーも関係ないんですよー!」

りょうこ「あっ、あれは!?」

キョン「えっ?」クルッ

りょうこ「今です!とうっ!」バッ

キョン「なんのっ!」ガシッ

りょうこ「あっ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:53:17.96 ID:88Re50aZ0


キョン「それー」グルグルグル

りょうこ「きゃー」

キョン「たかいたかーい」ポーン

りょうこ「きゃー、もう一回!もう一回!」パタパタ

キョン「それー」ポーン

りょうこ「きゃー♪」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:54:36.77 ID:88Re50aZ0


りょうこ「柄にもなくはしゃいでしまいました///」

キョン(はしゃぐ姿がはまりすぎてて怖いくらいだな)

りょうこ「キョンくん。中華スパだけで足りますか?」

キョン「そういやちょっと物足りないかな」

りょうこ「そうでしょうそうでしょう。他にも作ってあげますよー」テトテトテト

キョン「ああ、それじゃ待ってるから・・・」

ガラガラピシャッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 21:57:25.22 ID:88Re50aZ0


ガターン

ガタガタガタ

カシャーン

パタパタパタ

ガラッ

りょうこ「キョンくん!手伝ってください!!!」グスッ

キョン「あー・・・はいはい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:00:42.03 ID:88Re50aZ0


りょうこ「そうです。腰の両側をはさむように」

キョン「こうか・・・おうっ、水平支持はけっこう辛いぞ」

りょうこ「それじゃまずはまな板の前に行ってください」

キョン「おう」

りょうこ「もう半歩前です」

キョン「おう」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:03:16.07 ID:88Re50aZ0


りょうこ「はい、焼き飯の完成です」

キョン「卵とパックのきざみねぎを入れただけで、味は市販の炒飯の元じゃないか」

りょうこ「ふふふ、フライパンに卵を入れたあとのご飯投入のタイミングこそ、焼き飯の真髄ですよ?」

りょうこ「仕上げに、醤油とお酒を秘密の割合で混ぜた調味料を入れて香り付け・・・」

りょうこ「最高の仕上がりです!」

キョン(言われてみれば・・・卵とねぎの色彩もちょっと焦げた醤油の香りも、ひどく食欲をそそるな)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:06:02.64 ID:88Re50aZ0


キョン(うまい!なんだこれ、卵にこんな旨みがあったっけ!?)バクバクバク

りょうこ「  」ジー

キョン(ご飯の粒が一粒ずつ主張してる。さらにオコゲ部分との歯触りのコントラストが・・・)バクバクバク

りょうこ「  」ジー

キョン(あとこれは・・・酒の香りか?一口ごとに鼻腔を・・・ん?)

りょうこ「  」ジー

キョン「・・・・・・あーん」スッ

りょうこ「あーん♪」パクッ

りょうこ「はっ!?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:10:19.03 ID:88Re50aZ0


りょうこ「  」モグモグゴックン

りょうこ「違います!欲しいわけじゃ・・・」

キョン「あーん」

りょうこ「あーん♪」パクッ

りょうこ(きゃー♪幸せですよー!!?)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:13:25.67 ID:88Re50aZ0


りょうこ「はっ、今は何時ですか!?」

キョン「今?8時55分だけど」

りょうこ「いけない!お洗濯とかお風呂とかまだ済ませてないわ!」

キョン「え?」

りょうこ「いつもは省エネのためにこの姿で家事をこなしてるけど、今日はお料理してて何にも出来てない!」

キョン「えっと、どういうこと?」

りょうこ「9時になったら今よりさらに省エネモードになっちゃうってことですよー!」

キョン「なんと!省エネルックに磨きがかかるわけか!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:17:35.11 ID:88Re50aZ0


りょうこ「はうー、しゃべってる間に9時ですー!」シュワシュワシュワ

キョン「おおおお!?」

キョン「なんか・・・顔のディティールがかなり雑・・・?」

あしゃくら「ひどいキョンくん・・・朝倉涼子Type-C、あしゃくらりょうこです」

キョン「・・・・・・」

あしゃくら「あれ・・・いきなり黙らないでよー」

キョン「・・・・・・」

あしゃくら「・・・ひょっとして、こんなちんちくりんは嫌いになっちゃった?」

キョン「・・・これはこれでっ!!!」ビシッ

あしゃくら「ひゃい!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:22:59.32 ID:88Re50aZ0


あしゃくら「えっと、キョンくん。おねがいがあるんだけど・・・」

キョン「なんだ?遠慮せずになんでも言ってみなさい」キラキラキラ

あしゃくら「キョンくん、お父さんみたい・・・。えっと、おふとんをしいてほしいの」

キョン「そして隣で添い寝を?」

あしゃくら「ふええ!?それは・・・またこんど///」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:25:25.90 ID:88Re50aZ0


黒キョン『ふおおおおおお!!おおおおお持ち帰りいいいいいいいい!!!!!!』

白キョン『いかん!いただくならこの場で、だ!!!』

キョン「正義はおらんのか!」

あしゃくら「ひゃっ!?」

キョン「あ・・・すまん」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:29:19.21 ID:88Re50aZ0


キョン「ほら、布団しけたぞ」

あしゃくら「ありがとうキョンくん。おさらとかはあしたあらうから、そのままかえっちゃっていいから」

キョン「あ、ああ・・・」

あしゃくら「もうおきてられないくらいねむいの。おやすみ、キョンくん」

キョン「おやすみ、朝倉・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:34:26.88 ID:88Re50aZ0


チュンチュンチュン

あしゃくら「むにゃむにゃ。しょうえねもーどかいじょ。Type−C⇒Type-Aにいこう」シュワシュワシュワ

朝倉「ふああ・・・よく寝た・・・」

朝倉「ああそうだ、今朝は昨夜の洗い物からしないとだったわね・・・」ガラッ

キョン「ぐー」

あちゃくら「   」

キョン「むにゃむにゃ。冷奴には生姜を・・・」

朝倉「・・・はっ、あまりのことに一瞬省エネモードになってたわ」

朝倉「ちょっと!なんでいるのよ!!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:38:27.73 ID:88Re50aZ0


キョン「やあ、おはよう」

朝倉「おはようじゃなくて」

キョン「あんな小さな子が一人ぼっちなんて、防犯上問題があるだろ」

朝倉「心配しなくてもこのマンションのセキュリティは大丈夫よ。っていうか、小さな子ってあたしのこと?」

キョン「そうか。小さくたってげんげん元気だちびっこマン、だもんな」

朝倉「同い年!ナイスバディ!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:43:53.04 ID:88Re50aZ0


朝倉「台所の床で寝て、腰とか痛くない?」

キョン「若いからな・・・よっこい庄一」トントン

朝倉「極限までジジ臭いわよ・・・」

キョン「さて、食器の片づけくらい手伝うぞ」

朝倉「え?」

キョン「食うだけ食って何もせずに帰るのも何だしな。勝手に触って配置が変わったりしても嫌だろうし」

朝倉「え?ええ??」

キョン「早起きしてここに来るのもめんどくさかったから泊めてもらったけど」

朝倉「あ、ありがと・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:46:28.33 ID:88Re50aZ0


朝倉「おかげで思ったより早く片付いたわ」

キョン「悪いな、俺の分まで弁当作ってもらって」

朝倉「気にしないで。一人分も二人分も、手間は一緒だから♪」

キョン「あ、そうだ忘れてた。今日の授業でいる教科書ないから、見せてくれ」

朝倉「それは涼宮さんに見せてもらったら?」

キョン「それもそうか・・・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:49:40.40 ID:88Re50aZ0


キョン「ペチャクチャ」

朝倉「ペチャクチャ」


長門「あれは朝倉涼子と・・・何故、彼が一緒に?」

長門「また私だけ仲間はずれなの・・・・・・?」

長門「・・・・・・・・・」






長門「 」ギリッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 22:56:42.88 ID:88Re50aZ0

キョンと朝倉が仲睦まじく登校する姿を長門に見られてしまった!

また仲間はずれにされたと感じた長門が次にとった行動は!?

そしてまったく出てこないハルヒとみくるに出番はあるのか?

すべては作者の胸三寸!

次回もまたおかずのり眉毛でお会いしましょう!

さようなら!!!






というような書き方をすると、
調子に乗ってると思われるんだろうなぁ・・・

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/07/05(日) 23:14:47.76 ID:88Re50aZ0

それでは次のおかずのり眉毛はいつになるかわかりませんが、さようなら

っていうか誰もおかずのり眉毛はクレヨンしんちゃんだろって突っ込んでくれない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「こなたのばか!!」