森「古泉キリキリ働きなさい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ば、爆弾だとぉ!!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 16:58:40.20 ID:Z5zTjAZy0

古泉「はい?」

森「バイトよバイト」

古泉「……え、でもケータイ鳴ってませんけど」

森「ああ、いつもの閉鎖空間と違うのよ。今回は」

古泉「……いや、でも僕これから虫取りに」

森「はい、車乗った乗った」

古泉「え、ちょ、待ってくださいって」

森「さて、いざ行かん桃色空間へ!」

古泉「え、いいの? 桃色空間とか言っちゃっていいの!?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:01:12.38 ID:Z5zTjAZy0

http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1246728451/
に投下して途中で死んだやつの焼き直し
皆さんSSは酒の入ってないときに書きましょう
森さんとのお約束だぞ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:03:12.88 ID:Z5zTjAZy0

森「んで桃色閉鎖空間に着いたんだけど」

古泉「ちょっと待ってください いや、もっと待ってください」

森「何よ古泉」

古泉「えっと、僕らまだ閉鎖空間侵入してませんし、そもそも桃色って桃色は桃色だけどここ」

森「桃色で閉鎖された空間、ウソじゃないでよ」

古泉「そりゃ確かにここは閉鎖されてなきゃ困りますけど」

森「じゃさっさと付いてきなさい」

古泉「何で僕らがラブホテルに入っていかなきゃならないんですか!? 仕事は!?」

森「これが仕事だってば」

古泉「は?」

森「バイトよバイト」

古泉「何の?」

森「私たちの個人的な」

古泉「えっ」

森「っていうか、むしろ私の?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:06:37.55 ID:Z5zTjAZy0

古泉「何でよりによってラブホテルなんですか」

森「時給いいのよここ」

古泉「僕16なんですけど……」

森「あんた老けてるから大丈夫よ」

古泉(ひでぇ……)

森「私はフロント、あんたは部屋の後片付け」

古泉「すっごい格差ありませんか?」

森「普段と違ってヘタ打ったら死ぬわけじゃないんだから、四の五の言わんと来なさい」

古泉(貴重な夏休みの残り時間が史上最低の理由で潰れてしまう……)

ズルズル

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:11:33.21 ID:Z5zTjAZy0

古泉「……なんやかんやで着替えさせられてしまった」

森「じゃ、昼休憩までは開いた部屋から片付けてきなさい」

古泉(昼休憩まで……って今早朝でんがな)

森「一部屋に15分以上掛けちゃダメだから」

古泉「きつくないですか、それ……」

森「そんな立派な部屋じゃないんだから、ちゃっちゃと終わるわよ。じゃ、まず304号室行って来て」

古泉「ちくしょうわかりましたちくしょう」


古泉「……これは確かに、桃色閉鎖空間って感じですね……」

古泉「まずシーツを……目立った汚れはないな、直すだけでいいや」

古泉「ベッドメイクよし、あとは洗面所……」

古泉「布巾で拭いて、道具を元の場所に戻す」

古泉「そんでお風呂場……」

古泉「湯船のお湯ぐらい抜いてってくださいよ……」

古泉「適当に拭いとけばいいですよね……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:19:49.08 ID:Z5zTjAZy0

古泉「ゴミ箱回収、あと……化粧台の中の避妊具を補給……」

古泉「何やってんでしょう僕、せっかくの日曜に……」

古泉「今頃セミ取りしてるはずが、何悲しゅうてこんなゴム製の虫取り網を……」

古泉「って、やばい、時間オーバーしちゃうよ……ああもう、こんなもんでいいや! うん!」



森「ちょっと、お客さん、撮影とかダメだからねうちは」

古泉「終わりましたぁ」

森「13分か……まあまずまずってとこね。次、202号室」

古泉「はい……」

森「っと、もう30分か……」 ピポパ

森「……もしもしフロントです、ご利用時間オーバーしてますが……」

古泉(楽そうだなあ、フロント……)

森「延長いたしますか? かしこまりました」

古泉(カラオケかよ)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:25:49.37 ID:Z5zTjAZy0

古泉「うわ……シーツびっしょびしょ」

古泉「これって……いやいや、考えるな」

古泉「シーツを取り替えて……ひっで……これシーツ換えたってしょうがないんじゃ……」

古泉「……使い終わったゴムぐらい捨ててけよ……」

古泉「つーか四回って……」

古泉「……よし、お風呂場は……うわ、こっちもひどい」

古泉「はあ……やってらんない」

古泉「? 忘れ物かな、これ」

古泉「…………はぁ!?」


森「お客さん、うち男同士はちょっと―――」

古泉「森さん!」

森「うわ、びっくりした。なによ古泉」

古泉「あの、とんでもないもん拾ったんですけど……」

森「とんでもないもん? 何、人の小指の骨でも転がってたの?」

古泉「それもとんでもないけど! そうじゃなくてこれ、学生証……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:29:25.90 ID:Z5zTjAZy0

森「学生証?」

森「…………たしかにこらとんでもないわね」

古泉「どっ、どうしよう森さん!?」

森「よし、落ち着きなさい古泉。まず息をすって、吐いて」

古泉「そんな事してる場合じゃないよ!?」

森「いや、呼吸やめたら死ぬから。あと口調戻して。ここは自宅じゃないのよ」

古泉「……失礼しました」

森「これ、どこで拾ったのよ?」

古泉「えーっと、207号室……でしたか」

森「207……昨日の晩から長時間で入ってて、さっきチェックアウトしてるわね」

古泉「あああああああやばいってやばいですって」

森「口調だけ戻してもちっとも落ち着いてないわよ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:32:41.62 ID:Z5zTjAZy0

森「まず考えるのよ古泉。学生証がラブホの床に落ちる状況っていうのは、どういう条件下ならありうるものかしら?」

古泉「持ち主がラブホに入ること……ですよね」

森「ラブホには一人じゃ入らない」

古泉「えーっと……?」

森「……要するに。誰と入ったかによっては、あたしたちがあわてる必要はないわけで」

古泉「あっ……ちょ、ちょっと、確認してみます!」

森「……まあいいけど」

prrrrrr

古泉「あ、もしもし? 僕です、古泉です!」

古泉「え? いや、落ち着いてなんかいられません! いいですか、質問しますから、答えてください!」

古泉「あなたは昨日、ラブホに入りましたか?」

森(他に訊きようあるでしょうが……)

古泉「えっ? 冗談とかじゃないんですよ、大事なことなんです! あ、ちょっと!」

古泉「……死ねって言われて切られました」

森「そらそーよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:36:29.50 ID:Z5zTjAZy0

古泉「って、よく考えたら、たとえ相手が彼だったって問題は問題ですよ!」

森「いや、そらそうでしょうけど……でも、他の奴よりマシじゃないの?」

古泉「それは……まあ」

森「何、あんたまさか気になるってるの? こいつのこと」

古泉「そういうわけでもないですけど」

森「もう、これ直接返して、聴いちゃえばいいんじゃないの? 明日またなんか集まりあるんでしょ?」

古泉「今日だってあったんですよ、虫取り大会が」

森「なんで行ってないのよ、あんた」

古泉「森さんがバイトだからって無理矢理連れてきたんじゃないですか」

森「そうだっけ」

古泉「そうですよ!」

森「まあとにかくさ。相手が相手なんだから、妙な気を使うより、直接訊いちゃえばいいじゃない」

古泉「……僕がですか?」

森「当たり前でしょ。あたしはあんたよりもっと縁遠いんだから」

古泉「……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:41:10.69 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉「マジで翌日んなっちゃったよ……」

古泉「僕がこれを返すのか……彼女に」

古泉「嫌だなあ……」

ハルヒ「……古泉君?」

古泉「わ、お、おはようございます、涼宮さん」

ハルヒ「どないしたの、古泉君? なんか調子悪いん?」

古泉「いえ、そういうわけじゃ……」

ハルヒ「ウソやん、顔真っ白やで。疲れとるん? 昨日、急にバイト入ったんやって?」

古泉「ええ、まあ、疲れてるといえば、それなりに疲れてはいるんですが」

古泉(一日中他人の使ったコンドーム片付けてたら、疲れもするって……)

ハルヒ「なんや悪いなあ、2日続けてアルバイトさせるっちゅうんも。あ、今日の予定は聞いた?」

古泉「ええ、近所のスーパーでアルバイトでしたよね」

ハルヒ「そ。まあ、立っとったらええような仕事やから。でも、あんましんどかったら言うてな、休ましたるから。怠けすぎはあかんけどね」

古泉「どうもありがとうございます」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:43:44.06 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉(確かに立ってればいい仕事だったけど……この着ぐるみはいくらなんでも)

キョン「終わった……死ぬかと思ったわ」

みくる「Tシャツが絞れそうです……」

長門「……」フー

古泉(長門さんでさえ、さすがに暑そうにしてる……)

ハルヒ「みんなお疲れー! 店長のおっちゃんも感謝しとったわ」

キョン「おっちゃんの感謝はええから、バイト代をよこさんかい」

ハルヒ「あれ、言わんかったっけ? バイト代は、このカエルちゃん。現物払いやって」

みくる「へ? ……こ、これですか?」

ハルヒ「あたし、前からこれええなーって思っとったんよ。おっちゃんと交渉したら、みくるちゃんの可愛さに免じてくれるって!」

長門「……」

ハルヒ「記念に部室に飾っとくから、みくるちゃん、いつでも着たいときに着てええからね!」

キョン「……」ぱた

古泉(ひでえ……)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:47:46.08 ID:Z5zTjAZy0

森「……それで? 学生証はどうしたのよ」

古泉「え」

森「まさかまだ返してないの?」

古泉「だって……言い出しにくくて」

森「……はあ。あのね、古泉。まさかラブホに誘えって言ってるんじゃないのよ?」

古泉「分かってますよ! っていうか、そっちのほうが出来ません」

森「ウブなネンネがラブレターを渡し損ねてんじゃないんだから、さっさと返してきなさいよ」

古泉「森さんはいいですよ……そとからぐちぐち言うだけなんですから」

森「女々しいわね。いいわよ、じゃあ私が返してきてあげましょうか。あんたみたいに面倒くさくなく、今からでも直接家に……」

古泉「だあ、もう、やりますって! やりますから、明日! 明日のほうが都合がいいんで見送っただけです!」

森「明日、ね……で、あんた、その明日の用意は済んだの?」

古泉「用意? ……あっ、そうだ、天体望遠鏡! あれ、どこにしまったんだろ……」

森「おとなしく機関の金で買えばいいのに、何でわざわざふるいの引っ張り出すのよ?」

古泉「だって、なんていうか……僕で間に合うことは間に合わせたいんですよ、SOS団でのことは」

森「ふうん?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:50:18.22 ID:Z5zTjAZy0


―――

キョン「で、これも機関で用意したん?」ボソボソ

古泉「いえ、これは僕の自前です。少年時代の趣味の賜物ですよ……見えました、火星です」

ハルヒ「これ、火星? ふーん……よく見えん、地表に住居はなさそうやね。したら、いるとしたら地底か……」

キョン「何がや」

ハルヒ「火星人に決まってるやん。きっとつつましくて物静かな連中なんやろね、地底でひっそり暮らしてるなんて」

キョン「地上じゃ暮らせへんだけちゃうん……火星の温度って、どんなもんやったっけ?」

古泉「平均が-40℃前後程度だったかと。もっとも高い時で、15℃くらいになるそうですよ」

ハルヒ「ふーん、ちょい寒いぐらいやね。地球より暑くさえなければ、もうちょい暖かくてええのに。火星人だけやなくて、火星そのものも控えめな性分なんかな」

キョン「あかん、つっこみ切れん」

長門「……」

みくる「くー……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:52:05.69 ID:Z5zTjAZy0


―――

ハルヒ「すー……」

みくる「zzz……」

キョン「火星、木星、オレ、美声……アホちゃうか……むにゃ」

古泉(なんでまた都合よく、三人とも寝ちゃうかな……もう今しかないじゃないか)

古泉「あの、長門さん」

長門「何?」

古泉「あの……ですね」

長門「……」

古泉「何と言いますか、ちょっとした運命の手違いで。貴方にお返ししなければならないものがありまして」

長門「……」

古泉(考えてもみたら。夏休みのど真ん中で学生証を持ち歩いてるのなんて、年がら年中制服着てる、この人しかいないんだよな)

古泉「これ……なんですけど」

長門「……」

長門「……どこで?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:53:55.79 ID:Z5zTjAZy0

古泉「一昨日、バイト先で……」

古泉(……って、これじゃ僕がバイトと偽って、ラブホテルに行ってたみたいじゃないか?)

古泉「あの、違うんですよ。僕はちょっと、アルバイトで……ええ、あの、その……隣町の、ホテルの部屋で……」

長門「……」

古泉「……あの、僕には関係のないことだとは、分かっているんですが……」

古泉「どうしてあなたが、あんなところに……?」

長門「…………」

古泉「……」

古泉(三点リーダがあまりにも気まずい……)

長門「……これもまた、エラー」

古泉「はい?」

長門「私が学生証を紛失していたこと。本来ならば、ありえないこと」

古泉「……え、ええ。たしかに、長門さんは落し物をされるタイプではありませんよね」

長門「私があの施設を利用した回数は、これまでに3598回。……こんな例は、初めて」

古泉「は?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:56:44.36 ID:Z5zTjAZy0

古泉(今、なんて言った? 3598回? 何が?)

古泉「あの、仰ってる意味が分からないんですが……」

長門「……そのままの意味」

古泉「あのラ……ホテルを、そんなに何度も利用してらしたんですか?」

古泉(いや、バカな。3500って……毎日通ってたって10年近く掛かるじゃないか。たしか、長門さんが生まれたのはもっと最近だったはず……)

長門「……正確に、現時系列上の史実のみに限るなら、私があの部屋を訪れたんは、一度きり」

古泉(!)

古泉「……どういうことです? 時系列……時間が繰り返している、そう言うのですか?」

長門「……8月17日から8月31日までの14日間。今、私たちは、本来の時の流れから切り離された時空に居る」

長門「我々がその14日間を過ごした回数は……今回を含めて、丁度10000回」

長門「この事実を知ったんは……過去10000回の事例を通して、貴方が初めて」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 17:58:26.86 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉「つまり……涼宮さんが、何らかの不満を残したまま夏休みを終えることを拒んだがために、世界は延々と終わらないループを繰り返している、そう仰るんですね?」

長門「そう。この事実にたどり着く可能性としては……朝比奈みくるが、この期間内に、時空遡行を試みた場合に発覚する可能性が最も高いと考えてた」

古泉「……なるほど。この世界はたった今、僕らが17日以前に存在していた、大いなる時の流れとは切り離された場所にある」

古泉「この世界に、9月1日から先の歴史は存在しない……それゆえに、朝比奈さんが未来へ帰ることも出来ない。そういうことですね?」

長門「そう」

古泉「……僕らは31日を終えると同時に、世界そのものと共に、一切の記憶を削ぎ取られ、17日の朝へと廻り返ってしまう」

古泉「しかし、その大いなるリセットを免れ、ただ一人、記憶を引き継ぎ続けていた人物が居る……それが、長門さん。貴方なんですね?」

長門「そう」

古泉(…・・・14日間を、10000回……?)

古泉(えらく簡単な計算だ。140000日。時間にすると……うん、これ無理)

長門「……おそらく、ループを繰り返すうちに、私と言う個体にエラーが蓄積された」

長門「その結果……私はあの場所を訪れるようになった」

長門「一度のループにつき、一度。河原での花火を終えた後に」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:00:17.27 ID:Z5zTjAZy0

古泉「……一昨昨日の、夜ですか」

長門「そう」

古泉(よく覚えてる。長門さんはあの夜、僕と彼が自転車で送ろうかと提案したのを拒否した)

古泉(彼女は向かったのか……あの後、夜の繁華街へと)

古泉(其の相手が誰だったか……なんてのは、考えたくもない)

古泉(あの日、彼女は浴衣を買うのに付いて来なかった。用事があるから、遅れるという理由で)

古泉「……あの日の午前中、僕らと共に居なかったのは?」

長門「……自宅に居た。用事があるいうんは……嘘」

古泉「何のために」

長門「……9999回目のシークエンスに、私と共にあの施設を利用した人が、私が浴衣でなく、制服を着用しとることを望んだから」

古泉「……はは」

古泉(そんな、バカな)

古泉(そんな馬鹿げたことが原因で、彼女は学生証を落として……僕がそれを見つけ、この事実に気づいたって言うのか?)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:06:29.60 ID:Z5zTjAZy0

古泉「僕らは、どうすればいいのでしょう? ……まさか、僕がそのループに気づいたことで、この世界が元の時間軸へ還る、などということは」

長門「可能性は、ゼロやない。でも、低い。私が学生証を落としたこと、貴方がそれを見つけたこと、私が貴方にこの現象を話した事」

長門「どれもこれまでのシークエンスでは発生しなかったこと。それが引き金となり、ループを脱却する可能性はゼロやない」

長門「しかし、この現象は涼宮ハルヒの意識によって生じている」

長門「よって、涼宮ハルヒが認識しない事象が、ループの終焉の引き金となる可能性は低い」

古泉(……つまり、世界はまた廻るのか)

古泉(僕がこうして事実へ行き着いたことも……すべては発生しなかった歴史とされて、僕はまた、時が来たら、17日の朝へと帰る)

古泉(そしてまた、終わらない二週間は続いて行く……あと何度? ……わからない。もしかしたら、永遠に……)

古泉(そして、彼女はその度、誰かとあの場所を訪れ……きっと、体を重ねる。汚される。あと何度? 永遠に……?)

古泉「……このことを、彼や朝比奈さんに打ち明けることは」

長門「私は推奨も拒否もしない。……過去にそういった事例がない為、参照することが出来ない」

古泉「そう……ですか」

古泉(全ては僕次第。この時間……彼女曰く、10000回目に中るこの時間が、ループの脱却に繋がり得る事だとして)

古泉(僕は何をすればいい? 出来ることといえば、誰かにこのことを打ち明けること……あるいは)

古泉(涼宮ハルヒ……彼女の心を、このループに繋ぎとめている何かを解き明かすこと……)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:09:17.87 ID:Z5zTjAZy0


―――

森「おかえり」

古泉「……まだ、起きてらっしゃったんですね」

森「最近閉鎖空間もないからね。神様が夏休みに浮かれてて、こっちも夏休み気分よ」

古泉「浮かれて……はは、そうですね。確かに、涼宮さんはこのところ上機嫌のようです」

森「……なんかあったって顔してるわね」

古泉「そうですか? 特にこれといったイベントはありませんでしたが。僕の少年時代の趣味が役立って、何よりと言う気分です」

森「ふうん」

古泉(また嘘ついてるな、僕)

古泉(森さんにも、彼らにも嘘ばっかりついて……こりゃ、死んだときに地獄に落ちても文句言えないな)

古泉(死……か)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:11:43.84 ID:Z5zTjAZy0

森「あんたも飲む?」

古泉(!)

古泉「……どうしたんですか、今日は。せっかくですけど、遠慮しておきますよ。明日はバッティングセンターへ行くそうなんで、早めに……」

森「盗聴器」

古泉「!」

森「……私たちも、長門有希の動向には一目置いてるのよ。TFEIであるあの子が、あろうことか、ラブホで学生証を落としてくなんてミスを犯した」

森「そりゃ、調査の対象にもなるでしょ。……ああ、安心して。音声は、あんたの教育係である私が単独で聞いただけ。上層部は何も知らない」

古泉「……そう、ですか…………」

古泉(昔から、僕の嘘はすぐばれるんだ。……特に、この人には)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:16:13.09 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉「……どうなさるおつもりですか?」

森「別に、どうもしないわよ」

古泉「上層部に通達は」

森「しないわ。したってどうしようもないでしょ」

古泉「……確かに」

森「このことをどうにかできるのは、上層部の頭のはげた連中なんかじゃない。あんたと、あんたの友達3人。あんたこそ、どうするつもり?」

古泉「……わかりません」

古泉(わからないんだ、本当に)

古泉(このことを彼らに打ち明けて、ループを終える手立てを探すのが最善の方法なのか……)

古泉(何もしなければ、世界はまためぐり、10000回に一度の希有なこの事象は泡のように消えてしまう……)

古泉(だけど……僕らに、何が出来るだろう?)

古泉(予想も出来ない神様の憂鬱を見つけ出し、世界を正しい道へ導く……)

古泉(僕らにそんなことが出来るだろうか?)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:19:12.11 ID:Z5zTjAZy0


―――

森「あたしさ」

古泉「はい」

森「怖いよ」

古泉「……はい?」

森「……だってさ。31日を境に、あたしたちは記憶も何もかもを失って、過去に戻っちゃうんだろ?」

古泉(森さん……なんだろう? 彼女の声が震えてるような)

森「それってさ……死ぬのと同じじゃん」

古泉「!」

森「あたし……怖いよ、死ぬの。今生きてるあたしは、31日の夜に眠ったっきり、目が覚めないんだろ?」

森「……バカみたい。この何日か生きてたのが」

森「そんで……何も知らないバカなあたしが、9999回も、あの神様に、殺されて、るん、だってさ?」

森「そんなの……なくない?」

古泉「……」

森「ひっく……そんなのって、ひど、すぎない?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:27:31.78 ID:Z5zTjAZy0

森「どうせ、この世界も、巻き戻るんだろ?」

古泉「森さん、それは……」

森「あたし、神様のために振り回されて、戦って……なんで? なんであたし、こんな目にあってんだろ?」

森「あたしだって、制服着て学校行って、友達と遊んでたとき、あったのに」

森「いつの間にか……こんなんなってて」

森「そんでも、いつか終わるだろって思ってがんばってたのに……これだよ?」

森「ひどいじゃん、って、今思ってることも、もう少ししたら忘れて……」

森「また同じことに気づくときがあったって、また忘れさせられて……」

森「なにこれ、あたし、どうなるの? どこいくの? どこもいけないじゃん?」

森「何が10000回だよ……勝手にやってろよ宇宙人って感じ」

森「ひぐ……何なんだよ……あたし、何のために、生まれてきたのよ……うっく……ぐす」

古泉「森さん……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:32:58.65 ID:Z5zTjAZy0

古泉(初めて見たな、森さんが泣いてるの)

古泉(おかしくなって涙流してるのは、何度か見たことあるけど……)

古泉(こんな森さん……初めて見た)

森「……きっと無理なんでしょ」

森「あんたがループに気づいたって、そのループを抜け出せるわけない」

森「9999人もアンタがいたって見つけられなかったもんを、あんたが見っけられるわけないもん」

森「みんな死ぬんだ。……殺されんだ、神様に。31日……あと何日あんの? わかんないよ、もう……」

古泉(……そう)

古泉(涼宮さんの心の中で、一体何が引っかかってるのか……正直、見当も付かない)

古泉(彼女があの紙に書き出したすべてをこなす。それさえ叶えば、これ以上彼女を繋ぎとめることなんて……)

古泉(……あるとすれば。たった一つ、彼のこと……だけど)

古泉(彼女は彼と心を通わせることと、SOS団の存在を保たせること……一体どちらを望むのだろう?)

古泉(……分からない)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:38:40.87 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉(……夜が明けた)

古泉(雨が降るのかな……空が、灰色の雲に包まれてる)

古泉(ああ、そうか……ここは閉鎖空間だったんだ)

古泉(この空間の源を斃さなければ、いずれ世界を飲み込んでしまう灰色の空間……)

古泉(そして、僕らはその源を、見つけることさえ出来ずにいる……)

古泉(ここは……閉鎖空間だったんだ)

森「古泉……いる?」

古泉「ええ、居ますよ」

古泉(……もう、ずっとこうしていようかな)

古泉(これは、何かの間違いだったんだ)

古泉(この世界が終わるまで……待ってようかな)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:43:22.07 ID:Z5zTjAZy0



―――


古泉「これまでに、貴方がこれほど憤慨している様は見たことがありません。一体、何があったと言うのです?」

キョン「お前、いい加減にしとけよ」

古泉「……そう申されましても、思い当たる節がございません」

キョン「昨日はえらく盛り上がったぜ。隣町まで行って、安いカラオケ探してな。フリータイムで騒ぎまくった、妹までつれてってな」

古泉「妹さんの歌ですか。一度聴いて見たいですね」

キョン「どうして来ない?」

古泉「……主語を省かれてしまうと、いささか応対に困ります」

キョン「団活だよ」

古泉「……SOS団ですか」

キョン「他に何がある?」

古泉「はは。たしかに、"僕ら"にはSOS団以外にありませんね。神様の作った、鳥かごの中に居るわけですから」

キョン「……長門から聴いたよ」

古泉「そうですか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:49:43.12 ID:Z5zTjAZy0

古泉「察するに、朝比奈さんの時間遡行に弊害が生じたことが原因でしょうか」

キョン「ああ。朝比奈さん、絶望してたよ。真っ先にお前に連絡したらしいが、携帯はうんともすんとも言わないってな」

古泉「携帯電話ですか? ……それはそうでしょうね。僕の手元に、携帯電話はもう存在しませんから」

キョン「……長門から聴いたよ。俺たちより先に、お前がこの無限ループに気づいたってな」

古泉「そうですか……それでは、彼女の浴衣のこともご存知なのですか?」

キョン「浴衣? ……何だ、そりゃ。あいつが浴衣を着てるとこなんか見たことないぜ」

古泉「……そうですか。彼女にも、他人に知られたくない秘密があったと言うことですか」

キョン「説明しろ」

古泉「なかなかアグレッシヴな事象ですよ? 知りたいですか? 長門さんに少なからず好意を持っている貴方には、ショッキングな話だと思います」

キョン「……オレにケンカを売ってるのか?」

古泉「それも悪くありませんね。貴方をどれだけ憤慨させようが、絶望させようが、僕らはどうせ、31日に死ぬのですから」

キョン「死ぬ……?」

古泉「そのようなものでしょう? 僕らは生まれ変わるんですよ。14日間という短い人生を、永遠に廻り続けるんです」

キョン「てめえ」

古泉「事実ですよ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:53:27.44 ID:Z5zTjAZy0

古泉「長門さんの体は汚れています」

キョン「……なんだ?」

古泉「彼女は……何回でしたかね。正確な回数は覚えていませんが。3000何回かだったと思います」

古泉「彼女の体は、汚されているのですよ。どこの誰とも知らない、下賎な輩によって」

キョン「……」

古泉「彼女のボキャブラリを借りるなら、エラーです。彼女は14日という閉ざされた世界を、10000回繰り返し体感している」

古泉「あなたのおかげで、彼女は人間的な欲望や、思考を得ました。それも、彼女に言わせればエラーと呼ぶべきものなのでしょうが」

古泉「もっとあけすけに言って差し上げましょうか?」

古泉「彼女は立派な色情魔となっているんですよ。9999という、途方もない時空を過ごす上でね」

キョン「テメエ、本気で言ってんのか」

古泉「本気ですよ。彼女の口から直接聴かされた事ですから。……あるいは、長門さんがたびたび体を重ねた相手と言うのが、貴方であるという可能性もあったのですが」

古泉「どうやら、違ったようですね。安心しました。もし、彼女の体を幾度となく汚しているのが、貴方だったとしたら……また、色々な意味合いが違ってきますからね」

キョン「……本当なのか?」

古泉「はは、僕は其の顔が見たかったんです。……本当ですよ。何なら、彼女に聴いてみたらいかがです? きっと、僕に話したのと同じように」

古泉「彼女はありのままを、貴方に語ってくれるでしょう」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 18:56:55.18 ID:Z5zTjAZy0

古泉「どうせですし、教えて差し上げましょうか? 彼女曰く、今回は10000回目のシークエンスに中るそうですが」

古泉「それまでの9999回のシークエンスでは、彼女はあの日、盆踊りの日。涼宮さんの浴衣選びに同行し、卸したての浴衣を纏っていたそうです」

キョン「……オレの記憶が定かなら、あいつはあの日、制服のままだったが」

古泉「ええ、そうです。それは10000回目で、初めての試みだったそうですよ」

古泉「何故彼女が、この度、制服を着たまま盆踊り大会に出向いたのか」

古泉「彼女の体を幾度となく汚した下賎な輩が、この時間の一つ前のループで、求めたそうなんです」

古泉「長門さんの体をむさぼるに当たって、彼女が浴衣ではなく、制服を着用していることをね」

キョン「っ……てめえ」

古泉「僕に憤りを感じますか? ねえ、キョン君―――はは、こんな呼び方をするのは初めてでしたかね」

古泉「全ては彼女、長門有希の意思なのですよ? 彼女は自分の意思で……どこぞの下賎な輩の要望に応えたんです」

古泉「彼女らしからぬ、幼稚な嘘などをついてね。……どう思いますか? あなたがご執心だった長門有希が、どこかの下劣な男の好みに合わせて、僕らに嘘をついたのですよ?」

キョン「うるせぇ、黙れ、喋るんじゃねえ」

古泉「ふざけないでください。朝っぱらからこの部屋を訪ねてきたのは、貴方のほうです。……貴方に拒否権などはありませんよ」

キョン「…………」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 19:06:33.56 ID:Z5zTjAZy0

古泉「ですが、僕は少し安心していますよ。僕だけでなく、貴方がたがこの終わらないループにたどり着いたということに」

キョン「どういうことだ」

古泉「どういうことか? 本気で言っています? 説明するまでもないでしょう?」

古泉「これで公平です。涼宮さんの周りに居る僕ら全員が、残された時間を、絶望に食われながら生きる」

キョン「……俺はお前みたいにはならねえよ」

古泉「どうでしょうね? 貴方に何かできることがあるでしょうか?」

古泉「運命の日、31日まで、あと何日ありましたっけ? もう僕にはよくわかりません」

古泉「探してみたらいいじゃないですか? 彼女の心をこの八月に繋ぎとめている柵を」

キョン「……お前は、どうするつもりだよ」

古泉「……僕はここに居ますよ。運命の日がくるまで、ずっとずっと、この場所にね」

古泉「傍に居なきゃならないんです。僕は、彼女と共に、世界の終わりを迎える。もう、決めたことなんです」

古泉「どうせ巻き戻される時ですよ、あなたもお好きなようにしたらどうです?」

古泉「そうだな、たとえば……長門さんに、貴方のことを覚えてもらうとかはどうです?」

古泉「せっかくだから、どこかに生きた証を残したくありませんか?」

古泉「彼女もきっと悦びますよ。ほかならぬ貴方になら――――」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 19:12:08.44 ID:Z5zTjAZy0

古泉「……痛いですよ」

キョン「どうせ其の痛みだって、忘れちまうんだろう」

古泉「はは、ループを受け入れましたか? そうです、たとえ貴方が僕を殺そうと、時間はめぐり、また17日の朝に還る」

古泉「ははは、所詮貴方も神様の奴隷だったんですね。いいですよ、お好きなようにしていただいて」

古泉「もう僕に恐れるものなどありませんから」

古泉「誰が死のうが、どうなろうが、世界は巻き戻るんですよ。31日、その日の終わりが来れば」

古泉「あなたは馬鹿なんですか? まだ分かっていないんですか? 僕たちは殺されるんですよ、涼宮ハルヒという神様の手によってね」

キョン「うるせえっつってんだよ!」

古泉「僕の言葉が聴きたくないなら、この場から消えて頂けませんか」

キョン「っ……」

古泉「……貴方みたいな愚図に構ってるヒマなんて、ないんですよ」

古泉「僕は決めたんです。彼女と共に、世界の終わりを待つんです。」

古泉「……僕には誰も救えないんですよ。彼女の傍に居て差し上げることくらいしか、僕には出来ないんです」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 19:27:54.63 ID:Z5zTjAZy0

キョン「……もう、手遅れなんだな」

古泉「……物分りがよろしいんですね」

キョン「こんなぶっ壊れちまった時間、巻き戻ってくれないと困るだろ」

古泉「ええ、そうです。記念すべき一回目の奇跡は、残念な結果に終わってしまいました」

古泉「でも、もしも……これから先も、この二週間が巡り続けるとして」

古泉「僕らが今回のようにループに気づき、それを脱する手段を見つけられたとして」

古泉「それでも、長門さんは汚れたままです」

古泉「彼女は其の事実を僕らに知らせないまま、心にしまいこんだまま、そ知らぬ顔をして、あの部室へとやってくるんでしょうね」

古泉「どう思います、そういうの?」

古泉「今更長門さんを救えた所で、遅いんですよ」

古泉「僕らは騙され続けるんです、永久にね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 19:36:28.45 ID:Z5zTjAZy0


―――

古泉(救う、かあ)

古泉(一番救われたがってるのは……長門さんなんだよな)

古泉(何なんだろう、僕って)

古泉(……誰も知らなければ、それはないのと同じ)

古泉(僕があんなもん見つけなけりゃ……)

古泉(……)



古泉(いっか、もう)

古泉(どうせ忘れるんだから)



古泉(次は……もうちょっと幸せに過ごせたらいいな)





END

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/05(日) 20:05:17.45 ID:Z5zTjAZy0

やべえ俺が立てたスレんなかで一番短ぇ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:らき☆すたちの夜